『陰謀論』 キャス R. サンスティーン
Conspiracy Theories Cass R. Sunstein Adrian Vermeule

操作された反対派、認知浸透、分断統治陰謀論

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=1084585C

Cass R. Sunstein Adrian Vermeule

シカゴ大学ロースクール

シカゴ・アンバウンド

コース・サンダー法経済学ワーキングペーパー・シリーズ

コース・サンダー法経済研究所

2008 陰謀論

概要

何百万人もの人々が陰謀説を唱えている。彼らは、ある重要な慣習や恐ろしい出来事に関する真実を隠すために、権力者たちが協力していると信じている。最近の例では、9.11同時多発テロはアルカイダによるものではなく、イスラエルやアメリカによるものだという考えが、世界の一部で広まっている。陰謀論を信奉する人々は、暴力のリスクを含む深刻なリスクを生み出す可能性があり、そのような理論の存在は、政策や法律にとって重要な課題を提起している。

第一の課題は、陰謀論が繁栄するメカニズムを理解することであり、第二の課題は、そのような理論をどのように弱体化させることができるかを理解することである。このような陰謀論は一般的に、情報的影響や風評的影響と連動して、認識上の失策が特定された結果として広まる。

陰謀論の特徴は、その自己封印性にある。陰謀論者は自分たちの理論を否定しようとしても説得されることはなく、その試みそのものを陰謀のさらなる証拠とみなすことさえある。陰謀説を唱える人々は一般的に、そのような説を唱えることが合理的であるという「不自由な認識論」に苦しんでいるため、最善の対応は過激派グループへの認知的浸透である。

政府は陰謀論に反論するのがよいのか、それとも無視するのがよいのか、といったさまざまな政策的ジレンマが、このような観点から検討される。

はじめに

「真実はそこにある」1 陰謀論は私たちの身の回りに溢れている。2004年8月、ゾグビー・インターナショナルの世論調査によると、ニューヨーク市民の49%が、誤差3.5%の範囲内で、米政府当局者は「2001年9月11日前後にテロが計画されていたことを事前に知っていたが、意識的に行動しなかった」と考えていることがわかった2。 「2 2006年のスクリプス・ハワード世論調査(誤差4%)では、回答者の約36%が「連邦政府当局者が世界貿易センタービルへの攻撃に加担したか、阻止するための行動をとらなかった」という主張を支持している3。また、16%が「ニューヨークのツインタワーの倒壊は、2つのビルに密かに仕掛けられた爆発物に助けられた可能性が非常に高いか、ある程度高い」と答えている4。

陰謀論は決して国内だけの現象ではない。2006年9月の世論調査では、冷静なカナダ人のうち22%が「2001年9月11日のアメリカ同時多発テロはオサマ・ビン・ラディンとは無関係で、実際には影響力のあるアメリカ人による陰謀だった」と考えていることがわかった5。イスラム圏7カ国で実施された世論調査では、回答者の78%が「9.11テロはアラブ人によるものだとは思わない」と答えている6。

このような説が生まれ、広まる原因は何だろうか?このような説が生まれ、広まる原因は何なのだろうか。それは重要なことなのだろうか、脅威的なことなのだろうか、それとも些細なことなのだろうか。政府はそれに対して何ができるのか、何をすべきなのか。ここでは、このような陰謀論を生み出し、維持し、広める心理的・社会的メカニズムを概説し、その中にはかなり重要なものもあり、真剣に受け止めるべきものもあることを示し、政策として、また法律として、政府の対応策を提案することを目的とする。

1)分析哲学者、特に認識論と科学哲学の研究者による、何が「陰謀論」にあたるのか、またそのような理論が方法論的に疑わしいのかどうかを問う研究8。前者は、概念的な問題が社会的・制度的な問題に比べて扱いにくく、興味も薄いからであり、後者は、陰謀論化の原因に光を当てる社会心理学や行動経済学の新しい研究を軽視しているからである。概念的な議論に関与するよりも、実際の事例とそれらがもたらす政策問題に忠実に、折衷的な方法で、ほとんどゼロから議論を進めていく。

われわれの主要な焦点は、テロリズムに関連する陰謀論、とりわけ9.11同時多発テロ以降に生まれた陰謀論である。このような陰謀論は米国内にも存在するし、さらには外国、特にイスラム諸国にも存在する。国内外に陰謀論が存在することは些細なことではなく、後者がどのようなものであれ、政府の対テロ政策に現実的なリスクをもたらすものである。従って、テロリズムに関連する理論は、広範な陰謀論化の意義、原因、政策的意味合いを検証する上で極めて重要な実験場となる。多くの誤った判断は、陰謀論を生み出すのと同じ力の産物であり、そのような陰謀論に対抗する方法を見出すことができれば、より一般的に広まった誤りを正す方法について、何らかの手がかりを得ることができるだろう。

第1部では、陰謀論の定義に関するいくつかの問題を検討し、陰謀論と陰謀論者を生み出すメカニズムについて説明する。まず、陰謀論の本質に関するさまざまな理解と、陰謀論を持つ人々による誤りの種類に関するさまざまな説明について議論する。われわれの主な主張は、陰謀論は一般的に、非合理性や精神的な病からではなく、(関連する)情報源の数が極端に限られているという形で、「不自由な認識論」から生じているということである。陰謀説を唱える人々は、自分が読んだり聞いたりしたものからそう考えるのである。その意味で、そのような理論を受け入れることは、それを信奉する人々の立場からすれば不合理なことではない。この点に関するわれわれの主張と、テロリストの行動と市民権や市民的自由の欠如との間の経験的関連性との間には、密接な関係があることをわれわれは示唆している10。市民権や市民的自由が欠如している場合、人々は複数の情報源を欠き、陰謀論を受け入れやすくなる。

例えば、陰謀説を正当化する危険を冒してでも反論するのがよいのか、それとも反論されないまま放置する危険を冒してでも無視するのがよいのか、というような問題である。陰謀論には自己封印的な性質があり、反論を免れることができない。私たちは、陰謀論を生み出す硬派の集団に多様な視点や新たな事実の前提を導入することで、陰謀論の供給を弱めることができるいくつかの政策的対応を提案する。ここでの主要な主張は、過激派グループへの認知的浸透の潜在的価値であり、そのようなグループに情報の多様性を導入し、擁護不能な陰謀論をそのようなものとして暴露することを目的としている。

I. 定義とメカニズム

A. 定義

陰謀論とはいったい何なのか、陰謀論を持っている人のどこが悪いのか、多くの議論がなされてきた11。もちろん、陰謀論に必要かつ十分な条件を明示し、適切な区別ができるようにすることは重要である。ここでは最も難しい問題を括り、より直感的に、陰謀論は一般に、ある出来事や慣行を、権力者の策略に言及して説明しようとする努力であり、その権力者が自分たちの役割を隠すことにも成功していれば、陰謀論とみなすことができると提案する。この説明は、最も著名で影響力のある陰謀論の本質を捉えているように思われる。例えば、ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺は中央情報局に責任がある、医師が意図的にエイズウイルスを製造した、1996年のTWA800便墜落事故は米軍のミサイルによるものである、地球温暖化説は意図的な詐欺である、国際経済の重要な動きは三極委員会に責任がある、キング牧師は連邦捜査官によって殺された、といったものである、 民主党のポール・ウェルストンが死亡した飛行機墜落事故は共和党の政治家たちによって仕組まれたものであり、月面着陸は演出されたもので、実際には起こらなかったというものである12。

もちろん、われわれの定義によれば、いくつかの陰謀説は真実であることが判明している。民主党全国委員会が使用したウォーターゲートホテルの一室は、実際にはホワイトハウスの命令で共和党関係者によって盗聴されていた。1950年代、中央情報局(CIA)は「マインド・コントロール」の可能性を調査するため、MKULTRA計画でLSDや関連薬物を投与していた。国防総省がテロ行為をシミュレートし、それをキューバになすりつけるという噂のある計画「オペレーション・ノースウッズ」は、実際に高官によって提案された(計画は実行に移されなかったが)13。1947年、宇宙人は実際にニューメキシコ州ロズウェルに降り立ったが、政府はすべてを隠蔽した。(まあ、そうではないかもしれないが)私たちは全体を通して、真実の陰謀論ではなく、偽の陰謀論に焦点を当てている。我々の最終的な目的は、公務員がそのような説をどのように弱体化させるかを探ることであり、一般的なルールとして、真実の説明は弱体化されるべきではない。

また、偽の陰謀説の中でも、潜在的に有害な説に焦点を絞る。クリスマス・イブにプレゼントを作って配るのは、謎めいた「サンタクロース」の指導の下、人里離れた場所で働く妖精たちの秘密集団であるという、社会の若い世代の多くが持つ誤った陰謀説を考えてみよう。この説は誤りであるが、それ自体、権力者である親たちの広範な陰謀によって植え付けられたものであり、親たちはこの出来事全体における自分たちの役割を隠している。(イースター・バニーや歯の妖精についても考えてみよう。)ほとんどの陰謀論が同じように良性であるかどうかは未解決の問題である。

この説明では、陰謀論は虚偽の信念という大きな分類の一部分であり、虚偽 であると同時に有害な信念というやや小さな分類の一部分でもある。例えば、日光に長時間当たることは健康に良いという信念や、気候変動は起きていないし、起きる可能性もないという信念を考えてみよう。これらの信念は(われわれの見解では)虚偽であり危険でもあるが、前述の通り、陰謀論に依存しているわけでも、陰謀論を提唱しているわけでもない。陰謀論を説明するメカニズムは、怒りや憎しみを煽るものを含め、あらゆる種類の虚偽で危険な信念を説明するメカニズムと重複していることがわかるだろう。

陰謀論は一般に、計画を立てる、他人をコントロールする、秘密を保持するなど、特定の工作員に並外れた力があるとする。そのような力を持つ工作員がいると信じている人たちは、特に論破者に敬意を払おうとはしない。彼らは結局のところ、陰謀を最初に引き起こした張本人の手先かカモかもしれないのだ。政府にとって、自己封印的な陰謀論ではなく、単純な誤情報や脆弱な社会的コンセンサスに基づいている、誤った危険な信念を払拭するのは比較的容易である。誤った(そして有害な)信念を払拭するための最も単純な政府の手法、つまり信頼できる公的情報を提供することは、陰謀論に対しては、どんな単純な方法でも機能しない。この単純な手法による修正に対する特別な抵抗が、陰謀論を際立って憂慮すべきものにしているのである。

陰謀論についてのさらなる疑問は、それが真実であれ偽りであれ、有害であれ良性であれ、それが正当化されるかどうかである。正当化と真実は別の問題である。真実の信念は正当化されないかもしれないし、正当化された信念は真実でないかもしれない。地球の核の中に火があることを私は正しく信じているかもしれないが、バルカン神が夢の中で私にそれを明かしたからそう信じているのだとしたら、私の信念は根拠がない。逆に、サンタクロースに対する誤った信念は正当化される。なぜなら、子どもは一般的に、親の言うことを信じる十分な理由があり、分別のあるヒューリスティック(「親が言うのなら、きっと本当なのだろう」)に従うからである。子どもは、サンタが親たちの間で広まっている陰謀の産物だと気づいたとき、陰謀が働いていると正当化された真の信念を持つのである。

陰謀論は一般的に正当化されないのだろうか?どのような条件下でだろうか?ここでは、認識論と分析哲学において、競合する説明と多くの論争がある。ここでは、最も難しい問題について最終的な見解を示さないが、その理由の一つは、関連する見解が相互に排他的であるとみなす必要はなく、それぞれが地形の一部を説明しているからである。しかし、可能性のある説明を簡単にまとめておくことは、後の議論に役立つだろう。

カール・ポパーは、陰謀論は政治的・社会的行動の意図せざる結果を看過していると論じたことで有名である。陰謀論は、すべての結果は誰かによって意図されたものでなければならないと仮定している15 。基本的な考え方は、経済における大きな動きを含む多くの社会的影響は、多くの人々の作為・不作為の結果として生じるが、そのような影響を引き起こすことを意図した人は誰もいないというものである。失業率やインフレ率の上昇、ガソリン価格の上昇は、意図的な行動というよりはむしろ、市場からの圧力を反映しているのかもしれない。それにもかかわらず、人間には意図的な行動、特に利益を得る立場にある人々による行動によって結果が引き起こされると考える傾向が蔓延しており(「cui bono?」の格言)、このため陰謀論はかなりの、しかし不当な魅力を持つのである16。ポパーの説明の一読によれば、陰謀論を受け入れる人々は、結果は意図されたものであるという、賢明なヒューリスティックに従っている。このヒューリスティックはしばしばうまく機能するが、特に多数の人々の社会的相互作用の産物である結果という文脈では、体系的な誤りを生むこともある。

ポパーは陰謀論の重要な特徴を捉えている。陰謀論の魅力は、不可解な出来事を意図的な行動に帰結させること、そして、重大な不利な結果が誰の計画によるものでもなく、見えざる手のメカニズム(市場原理や進化の圧力など)や単純な偶然の産物である可能性を受け入れたがらないことにある18。ポパーは、人間心理に関するさらに一般的な事実を取り上げている。つまり、ほとんどの人は、重要な出来事が不運(あるいは幸運)によって引き起こされたとは信じたがらず、より単純な因果関係の話を好むということだ19。政治家の暗殺や9.11同時多発テロを含む多くの陰謀論は、実際に意図的な行動の結果である出来事を指摘しているのであり、陰謀論者は意図的な行為者を仮定することによってではなく、それを誤認することによって間違っているのである。

陰謀論の特徴は、陰謀の主体に絶大な権力があるとすることである。陰謀の主体は通常あり得ないが、そのため陰謀論は特に反論を受けやすい。自国の領土でテロ攻撃を引き起こしたり、政敵の殺害を企てたりする政府の役割を隠し、隠蔽するために行わなければならないあらゆる作業を考えてみよう。閉鎖的な社会では、秘密を守ることは難しくなく、公式の説明に対する不信は大いに意味を持つ。このような社会では、陰謀論は真実である可能性が高く、また入手可能な情報に照らして虚偽であることを示すのも難しい21。しかし、報道が自由であり、チェック・アンド・バランスが機能していれば、政府は陰謀を長く隠し続けることは容易ではない。これらの点は、自由な社会であっても陰謀論が真実であることが論理的にあり得ないということを意味するものではない。しかし、そのような社会では、少なくともその秘密が社会的に重要な意味を持つ重要な出来事に関わるものであれば、制度的なチェックによって、強力な集団が長期間にわたって秘密にしておくことはありえないということを意味している。

特に有用な説明によれば、(正当化されない)陰謀論を正当化できないのは、それを受け入れる人々が、あらゆる知識生産機関に対する一種の拡散した不信感をも受け入れなければならないからであり、それは何かをまったく信じることを困難にするものである22。例えば、米国政府当局者が世界貿易センターを破壊し、その後その痕跡を隠したと考えるには、9/11委員会、議会指導者、FBI、メディアが陰謀の参加者か、そのカモであるという、ますます拡大した陰謀論が必要である。しかし、それを信じる人は、政府や社会が作り上げた知識創造機関への信頼によってのみ正当化される、他の多くの信念の根拠を根底から覆すことになる。これほど多くの多様な主体によって受け入れられているものを信じるなというのなら、他にどれだけのものを信じるべきではないのだろうか。ここに論理的矛盾はないかもしれないが、陰謀論者は、彼らが当然だと考えているような命題の数々を疑わなければならないかもしれない。ロバート・アントン・ウィルソンがホロコースト否定論者の陰謀論について述べているように、「6,000,000人の死についてわれわれを欺くことのできる陰謀は、何についてもわれわれを欺くことができる。」

これは、陰謀論が正当化されない、あるいは不当であるという一般的な主張ではない。多くのことは、知識生産機関の背景的状態に左右される。そうした制度が一般的に信頼に足るものであれば、その理由のひとつは、制度が思想市場と自由な情報の流れを備えた開かれた社会に組み込まれているからであり、陰謀論は一般的に(常にとは言わないが)正当化されないだろう。他方、組織的に機能不全に陥っていたり、知識の制度が歪んでいたりする社会、例えば、報道の自由がない権威主義的な政権に住む人々は、耳にする公式の否定のすべて、あるいは大部分に不信感を抱く十分な理由があるかもしれない。このような人々にとっては、真実かどうかにかかわらず、陰謀論が正当化されることが多くなる。同様に、孤立した集団や小規模で自己閉鎖的なネットワークに組み込まれ、偏った情報しか得られない人々も、その限られた情報環境に照らし合わせれば、陰謀論を正当化することが多いだろう。ホロコースト否定論は、このような観点から考えられるかもしれない。孤立した集団が、より広く、より開かれた社会の中で活動している場合、その集団の理論は、より広い社会の立場からは正当化されないが、孤立を保っている集団の立場からは正当化されることがある。このような状況では、より広い社会にとっての問題は、小さなグループやネットワークの情報的孤立を打破することである。

われわれの説明によれば、陰謀説の特徴は、政府高官による直接的な否定や反論によって修正されることに極めて強いことである。このような陰謀説を受け入れる人々は、陰謀の手先が異常な力を持っていると信じているため、一見して反対の証拠も、たいていは陰謀そのものの産物であることを示すことができる。陰謀論は、逆証拠がエピシクルを追加することで説明され、重要な信条の改竄に抵抗するという、「退化する研究プログラム」24の特徴を示している25。このような改竄への抵抗は、陰謀論を改竄する証拠を意図的に植え付けようとする陰謀家がいることも信じていれば、異論がないと主張する認識論者もいる26。哲学的な問題としてはそうかもしれないが、陰謀論が持つ自己封印の性質は、政府にとって深刻な現実的問題を引き起こす。陰謀論を払拭しようとする直接的な試みは、通常、自分たちの痕跡を隠すための強力な工作員によるもうひとつの策略として、陰謀論そのものに組み込まれてしまう。例えば、否定は肯定と受け取られかねない。このようにして、陰謀論は、誤っているが危険な信念(日光を長時間浴びることは体に良いという信念や、気候変動は起きていないという信念を思い出してほしい)がもたらす課題とは異なる課題を生み出す。したがって、陰謀論を弱体化させる間接的な手段、主に陰謀論を生み出す閉じた情報ネットワークを破壊することに焦点を当てる。

ここまでは、陰謀論の認識論的特徴を抽象的に論じてきた。次に陰謀論化の社会学に目を向け、そのような理論が生まれ、拡大するメカニズムを検証する。

B. 陰謀論はどのようにして生まれ、広がっていくのか

1. 不自由な認識論

なぜ人々は、虚偽であることが判明し、証拠が弱い、あるいは存在しない陰謀論を受け入れてしまうのだろうか。おそらく陰謀論は、パラノイアやナルシシズムといった精神疾患の産物なのだろう。そして実際、陰謀論を受け入れている人の中には、精神的に病んでいて妄想に陥っている人がいることは間違いない28。しかし、多くの地域社会で、さらには国家でさえ、このような陰謀論が広く信じられていることを我々は見てきた。しかし、多くの地域社会、さらには国家において、そのような理論が広く信じられていることを見てきた。そのような地域社会の構成員のすべて、あるいはほとんどが精神病に罹っているというのは、もっともな話ではない。最も重要な陰謀論は、何らかの病理に苦しむ人々に限定されたものではない。

私たちの目的にとって、陰謀論の普及を理解する最も有益な方法は、人々がどのように情報を得るかを調べることである。多くの過激派がこのカテゴリーに入る。彼らの過激主義は非合理性からではなく、(関連する)情報をほとんど持っておらず、彼らの過激な見解はわずかな情報によって支えられているという事実から生じている31。9.11同時多発テロはイスラエルに責任がある、あるいは中央情報局がケネディ大統領を殺したと考える人々は、彼らが受け取る情報信号に対して極めて合理的に反応している可能性がある。

テロリズムは政治的抗議の極端な形態であり、人々が抗議の意思を表明するための通常の手段を欠いている場合、暴力に訴える可能性がある33: 公民権や市民の自由が制限されると、情報はほとんど入手できなくなり、政府からの情報は信用できなくなる。信頼できる情報が陰謀論や過激主義を正当化し、(したがって)暴力を正当化するのであれば、テロが発生する可能性は高くなる。

2. 噂や憶測

もちろん、陰謀論が具体的にどのように始まるのかを特定する必要がある。そのような陰謀論は、多くの異なる社会的ネットワークにほぼ同時に出現し、自然発生的に湧き上がるものもあれば、陰謀論を広めることで直接的または間接的に利益を得る陰謀起業家によって、極めて意図的に始められ、広められるものもある。後者の例としては、フランスの作家ティエリ・メイサンが挙げられる。彼の著書『9.11: 9.11のペンタゴンの爆発は、アメリカン航空77便によるものではなく、軍産複合体によるクーデターの口火として発射されたミサイルによるものだという主張でベストセラーとなり、センセーションを巻き起こした。陰謀論起業家の中には、まったく誠実な者もいれば、金や権力、あるいは一般的な社会的目標を達成することに興味がある者もいる。それでも、陰謀起業家たちによって語られる陰謀論であっても、重要な問題は、なぜある理論が定着する一方で、多くの理論が定着せず、無名のまま消えていくのかということである。

悪い出来事が起こるたびに、噂や憶測は避けられない。なぜ飛行機が墜落したのか、なぜ指導者が暗殺されたのか、なぜテロ攻撃が成功したのか、ほとんどの人は個人的あるいは直接的な知識に基づいて知ることはできない。このような出来事の後では、数多くの憶測が飛び交い、その中には何らかの陰謀を指摘するものもあるだろう。ある人々にとっては、それらの推測はもっともらしく見えるだろう。おそらく、怒りや非難の適切なはけ口を提供してくれるからだろうし、おそらく、その推測が自分の持つ他の深く根ざした信念とうまく合致するからだろう。恐ろしい出来事は憤りを生み、人々が憤慨すればするほど、その出来事を意図的な行動によるものだと考える傾向が強くなる。さらに、陰謀説が成功するか失敗するかは、先行信念が鍵を握っている。公民権運動の指導者の暗殺がCIAの仕業だと考えるのは、どうしようもなく衝撃的だと思う人もいるだろう。また、CIAがそのような暗殺に関与していたという指摘によって、そのような他の判断が強く支持され、肯定さえされると思う人もいるだろう。テロ攻撃の場合と比較してみよう。ほとんどのアメリカ人にとって、合衆国政府が何らかの付随的な目的のために自国民を攻撃したという主張は、他のさまざまな判断を保持することを不可能にするだろう。この点がイスラム諸国の多くの人々には当てはまらないことは明らかである。彼らにとっては、責任は米国(あるいはイスラエル)にあると考えることは、耳障りなことこの上ない。

他の場所でもそうであるように、ここでも人びとはさまざまな信念の中である種の均衡を見出そうとする34 。陰謀説を受け入れるか拒否するかは、多くの場合、どちらが均衡をもたらすかによって決まる。陰謀説を受け入れる(あるいは拒否する)ことは、その意味で動機付けされることが多い。政治指導者の暗殺、国内外での残虐行為の実行、またはそれを許すという陰謀の主張に対する反応は、その主張を聞いた人々の動機によって決まることが多い。

これらは、社会的影響を除いた個人の判断に関する指摘である。しかし、何らかの悪い出来事が起こった後では、こうした影響は極めて重要である。アルカイダが9.11同時多発テロを引き起こしたのか、リー・ハーヴェイ・オズワルドがケネディ大統領を単独で殺したのか、飛行機事故と思われる悲劇的な死が本当に偶発的なものだったのか、どれだけの人が直接、あるいは個人的な調査に基づいて知っているだろうか。必然的に人は他人の信念に頼らざるを得ない。陰謀説を受け入れるために多くの証拠を必要とする人もいれば、もっと少ない証拠ですむ人もいる。従って、そのような説を受け入れるか否かや、その説に基づいて行動するか否かの「閾値」は、人によって異なる36 。もう一つの方法は、ある人、多くの人、あるいはほとんどの(信頼された)人がその理論を受け入れ、あるいは拒否していることを示すことである。これらは社会的カスケード、特に情報カスケードに適した状況であり、その力学は陰謀論が広く受け入れられていることを説明するのに役立つ。

3. 陰謀論カスケード

1:情報の役割

情報カスケードがどのように機能するかを見るために、ある人命損失の責任を決めようとしているグループを想像してみよう。グループのメンバーが順番に自分の意見を発表していると仮定する。各メンバーは、他のメンバーの判断に十分に注意を払う。アンドリュースが最初に発言する。彼は、この事件は権力者の陰謀によって引き起こされたと示唆する。バーンズは今、アンドリュースの判断を知っている。もしアンドリュースと独自に同意するなら、彼女はアンドリュースの説明に従うべきだ。しかし、もし彼女の独自の判断がそうでないなら、彼女は-アンドリュースを彼女が自分自身を信頼するのと同じように、それ以上でもそれ以下でもなく信頼しているならば-どうすべきかについて無関心であり、単にコインをひっくり返すかもしれない。

さて、3人目のチャールトンに話を移そう。アンドリュースもバーンズも陰謀説を支持しているが、限られた情報に基づくチャールトン自身の見解は、おそらく彼らが間違っていることを示唆しているとする。その場合、チャールトンは自分の知っていることを無視して、アンドリュースとバーンズに従うかもしれない。結局のところ、アンドリュースもバーンズも彼らの結論の根拠を持っていた可能性が高い。チャールトンが自分の情報が彼らより優れていると考えない限り、彼は彼らのリードに従うべきだ。そうすれば、チャールトンは連鎖する。もちろん、アンドリュースとバーンズが愚かだと考える十分な根拠があれば、チャールトンは抵抗するだろう。しかし、そのような根拠がなければ、彼は彼らに従ってしまうだろう。

ここで、チャールトンが自分自身の情報に基づいてではなく、アンドリュースとバーンズの行動に対して発言しており、また、後の人々がアンドリュース、バーンズ、チャールトンの発言を知っているとする。合理的な前提に立てば、彼らの個人的な情報(ここでは、関連性はあるが決定的ではないとしている)に関係なく、彼らは同じ結論に達するだろう。これは、たとえアンドリュースが当初、事実にそぐわない推測をしていたとしても同じことである。この例では、その最初の推測が、多くの人々がカスケードに参加し、事実の基盤が脆弱な陰謀説を受け入れるように誘導されるプロセスを始める可能性がある。

もちろん、この例は高度に様式化されたものであり、その意味では非現実的である。陰謀のカスケードは、多様な閾値が重要な、より複雑なプロセスを通じて生じる。標準的なパターンでは、陰謀論は当初、それを受け入れる閾値が低い人々によって受け入れられる。時には情報圧力が高まり、閾値がやや高い多くの人々もその説を受け入れ始める。陰謀カスケードの実例として、エイズの起源と原因に関するある種の判断が存在し、一部のグループが、ウイルスは政府の研究所で生産されたと、ありえないほど信じていることを考えてみよう。

4. 陰謀のカスケード

2:評判の役割

陰謀論が定着するのは情報によるものだけではない。人々が陰謀説を信じると公言したり、少なくとも疑念を抑えたりするのは、好意を得ようとするためである。評判の圧力は陰謀説を説明するのに役立ち、陰謀のカスケードを形成する。

評判カスケードでは、人々は何が正しいか、何が正しい可能性が高いかを知っていると考えるが、それでも他人の好感度を維持するために群衆に従う。アルバートがケネディ大統領暗殺の責任は中央情報局にあると示唆し、バーバラがアルバートに同調したとする。もしアルバートとバーバラが、ケネディ大統領暗殺の責任はCIAにあると言えば、シンシアは公の場で二人に反論せず、二人の判断に同調するようにさえ見えるかもしれない–その判断が正しいと信じているからではなく、二人の敵意に直面したり、二人の好感度を失ったりしたくないからである。このプロセスがどのように連鎖を生むかは、容易に理解できるはずだ。ひとたびアルバート、バーバラ、シンシアがこの問題で一致団結した態度を示せば、彼らの友人であるデイヴィッドは、たとえ彼らが間違っていると思っていても、彼らに反論するのをためらうかもしれない。アルバート、バーバラ、シンシアが共有しているように見える見解には情報があり、その見解は正しいかもしれない。しかし、たとえデイビッドに彼らが間違っていると信じる理由があったとしても、彼は公の場で彼らに反論したくないかもしれない。彼自身の沈黙は、後に続く人々に対する情報的、評判的圧力を高めるのに役立つだろう。

5. 陰謀のカスケード

3:利用可能性の役割

情報カスケードや風評カスケードは、特にきっかけとなる出来事がなくても起こりうる。しかし、そのような事象が非常に顕著であったり、認知的に “利用可能 “であったりする場合には、独特のカスケードが生じる。テロリズム、原子力発電、放置された危険廃棄物投棄場など、多くのリスクの文脈では、特定の事象がカスケードを引き起こし、その懸念が正当化されるか否かにかかわらず、国民の懸念を正当化する引き金やシンボルとして機能する38。利己的であれ利他的であれ、政治的アクターはしばしばこのようなカスケードを生み出そうと努力する。

陰謀論もしばしば同じメカニズムによって引き起こされる。ある出来事が利用可能になると、それを説明する際にも、より広範な社会的勢力の象徴として利用する際にも陰謀論が唱えられ、多くの領域で受け入れられている常識に疑念が投げかけられる。特定の国家や集団の中では、9.11同時多発テロはアメリカやイスラエルに責任があるという主張は、一連の争いの中で誰が侵略者であり、誰が嘘つきであるかという一般的な物語にうまく適合している。陰謀論はしばしば、利用可能性の連鎖の産物である。

6. グループの分極化

カスケードと集団の分極化という確立された現象との間には、明確な関連性がある。集団の分極化とは、熟議を行う集団のメンバーが、熟議開始前の傾向に沿って、より極端な立場をとるようになることである39。

最も明確な例として、米国を不支持で、その意図に疑念を抱いている人々が、意見の交換を行えば、不支持と疑念を強めるという発見を考えてみよう。フランス市民の間にも、この現象を示す具体的な証拠がある: 対外援助に関して、彼らは互いに意見を交換した後、米国への信頼を大幅に減らし、米国の意図を大幅に疑うようになるのだ41。9.11同時多発テロはイスラエルに責任があると考える傾向のある人たちが、互いに話をすることで、その信念へのコミットメントが高まることになる。

集団の二極化は、カスケードを生み出すメカニズム と類似した理由で起こる42 。最初に何らかの傾向がある集団では、必然的に、その集団のほとんどの人の見方が、その傾向の方向に偏ることになる。様々な議論を聞いた結果、社会的相互作用によって、人々はグループのメンバーが最初に信じていたことに沿った、より極端な点へと導かれる。評判の要素も重要である。人々は通常、他のグループのメンバーから好意的に思われたいと考える。他の人が信じていることを聞けば、自分の立場を少なくとも支配的な立場の方向に少しは調整する人もいる。陰謀論の広がりを理解する上で特に重要なのは、集団の分極化が特に起こりやすく、特に顕著なのは、人々がアイデンティティの感覚を共有し、連帯の絆で結ばれている場合である。後述するように、このような状況は、支配的な陰謀論に対して政府が直接反論しても効果がないことを示唆している。政府は代わりに、認知浸透のさまざまな戦術を駆使して、内部から分極化した情報集団を分断するのが最善であろう。

7. 選択効果。

分極化が起きたり、カスケードが生じたりして、グループの中央値がある方向に動き始めると、疑い深い人や中途半端な信者は離れていくが、熱心な信者は残る傾向がある。グループ全体の規模は縮小するかもしれないが、さらに熱心な新しい信者が加わるかもしれない。集団の成員は一種の二重思考に陥り、物理的な意味でも情報的な 意味でも、自分たちの信念を部外者からの挑戦から守るために、自 分たちを隔離することがある45 。たとえ階層と階層が首尾一貫してこのようなこ とができなくても、集団指導者は、指導者の集団に対する支配力 を損なうような情報や議論から階層と階層を隔離するために、隔離を強 制することがある。

情報的にも社会的にも孤立した集団の構成員は、一種の偏執的認知46 を示す傾向があり、他者やより大きな社会の動機に対してますます不信感や疑心暗鬼を抱くようになり、「不吉な帰属エラー」47 に陥る。このエラーは、人々が自分が広汎な監視下に置かれていると感じ、それゆえ個人主義的な動機を部外者に帰属させ、自分が受ける注目の量を過大評価するときに起こる。このような状態は個人レベルの病理に似ているが、集団の社会的・情報的構造、特に閉鎖的なネットワークや緊密に結びついたネットワークで活動する集団から生じるものであり、精神疾患の一種として理解するのは有益ではない。このような病態の社会的病因は、適切な治療法は個人的治療ではなく、過激派理論を供給する孤立したネットワークに認知的、情報的、社会的多様性を導入することであることを示唆している。その結果生じる政策的問題を次のパートで取り上げる。

II. 政府の対応

陰謀論に対して政府は何ができるのか。できることの中で、政府は何をすべきなのだろうか。考えられる一連の対応を容易に想像することができる。

  • (1)政府は陰謀論を広めることを禁止する。
  • (2)政府は陰謀論を広める人々に対して、金銭的なものであれなんであれ、何らかの課税を行う。
  • (3)政府自身が反論を行い、陰謀論を信用させないような議論を展開する。
  • (4) 政府が信頼できる民間団体を正式に雇い、反論に従事させる。
  • (5)政府は、そのような当事者と非公式なコミュニケーションをとり、彼らに協力を促すかもしれない。

どの手段も、潜在的な効果、つまりコストと便益に特徴があり、想像しうる条件のもとでは、それぞれにふさわしい場所があるだろう。しかし、われわれの主な政策アイデアは、政府が陰謀論を生み出すグループへの認知的浸透に取り組むべきだというものであり、これには(3)、(4)、(5)のミックスが含まれる。

陰謀論はある意味で取るに足らないものだと考えるならば、政府は陰謀論を無視するのが最善の答えだろう。子どもたちがサンタクロースやイースター・バニーを信じるなら、政府が解決すべき問題は何もない。ロズウェルで宇宙人が着陸したことを政府が隠蔽したという信念は、悪いテレビ番組という可能性のある例外を除けば、目に見える害を引き起こしているようには見えない。(政府がロズウェルの宇宙人着陸を隠蔽したという信念は、悪いテレビ番組を除けば、目に見える害を引き起こしていないようだ(これは、政府は陰謀論が取るに足らないものである場合のみ無視すべきだということを意味しているわけではない。後述するように、ある条件下では、たとえ政府が陰謀論や陰謀論者が有害な影響を及ぼすことを正当に恐れていたとしても、政府は陰謀論や陰謀論者を無視するのが最善かもしれない。) しかし、セクションAでは、陰謀論が実に結果的なものであると考える理由をいくつか挙げる。

セクションBでは、陰謀論や陰謀論者に対する政府の対応について、いくつかのジレンマを取り上げる。陰謀論が反証されないまま広まってしまう危険性をはらみながら無視するのが最善なのか、それとも、陰謀論に対処することが正当化され、さらにはそれを肯定することにさえなってしまう危険性をはらみながら対処するのが最善なのか。予算の制約や限られた資源を前提とすると、政府の努力は陰謀論者自身を論破することに重点を置くべきなのか、それともより多くの人々の間で陰謀論が広まるのを防ぐことだけに重点を置くべきなのか。陰謀論の特徴である、政府の否定を陰謀のさらなる証拠として陰謀論そのものに取り込んでしまう自己封印性に対して、政府はどのように対処すればいいのだろうか?

明白な答えは、開かれた社会を維持することである。その社会では、陰謀論を購読する誘惑に駆られた人々が、すべての知識創造機関に不信感を抱かず、修正にさらされる。しかし、開かれた社会であっても陰謀論はある程度支持されている。そして、開かれた社会は、閉じた社会でそのような陰謀論が発生し、危害をもたらす恐れがある場合、それを論破することに強い関心を持っている。ここでは、このような陰謀論への対応を試みる政府関係者に、2つの具体的なアイデアを提案する。

第一に、陰謀説を少なくするよりも多く取り上げる方が、一種の相乗効果がある。陰謀説のどれかひとつに取り上げることで、反論のない説との対比が希薄になり、正統性を高める効果が減るからだ。

第二に、陰謀論を提供する過激派のハードコア(もっとも熱心な人々)を分断するための特徴的な戦術を提案する。それは、過激派グループへの認知的浸透であり、政府諜報員やその同盟者が(仮想または現実空間で、公然または匿名で行動し)、陰謀論を支持する人々の無力化した認識論を弱体化させるのである。そのような集団の中で流布している理論や定型化された事実に疑念を植え付けることで、有益な認知の多様性を導入するのである49。

セクションCでは、政府の対応を形成する上での法律と裁判官の役割を検証する。情報公開法のような法令を行使して、陰謀説を否定するような事実の開示を政府に強制することによって、裁判官が害よりも利益をもたらすかどうかを問う。我々の結論は概して懐疑的である。このような状況において、裁判官が行政の選択を改善できると信じる理由はほとんどない。セクションDでは最後に、外国人、特にイスラム圏の人々が抱く陰謀論を払拭するための政府の取り組みについて簡単に述べる。

全体を通して、われわれは、そうすることで社会厚生が改善される場合に限り、陰謀論を排除する、あるいはその毒を抜くことを目指す、十分に動機づけられた政府を想定している。(われわれは社会福祉について特定の説明をするのではなく、正しい説明のためのプレースホルダーとしてこの用語を用いる)。これは政策分析における標準的な仮定であり、政策課題を明確にするために有用であるが、現実世界の政府がかえって陰謀論の提供者になりうることに注意したい。エジプトでは、政権が実質的に支配している新聞が定期的にユダヤ人に関する陰謀論を広めている50。ブッシュ政権は、サダム・フセインがアルカイダと共謀して9.11テロを支援したという、一種の誤った不当な陰謀論を意図的に広めたという説もある51。しかし、これは陰謀論が世間に流布している別のケースに過ぎず、以下に述べる考察に照らせば、対応する価値があるかもしれないし、ないかもしれない。ここで取り上げる問題は、(現実であれ想像であれ)十分に動機づけられた政府側の陰謀論に対する最適な対応に厳密に関わるものである。

A. 陰謀論は結果的か?

陰謀論が重要であることを否定する考え方もある。第一に、陰謀論は人口のごく一部にしか支持されていない可能性がある。おそらく、9.11の事件に米政府関係者が何らかの役割を果たしたと考えているのは、ほんの一握りの変人だけだろう。第二に、ある陰謀論が世論調査の際に多くの人が告白するような意味で広く信じられているとしても、陰謀論は一般的に「準信仰」として信じられている可能性がある。ロズウェルやUFOの宇宙人を信じるような、持つことにコストはかからず、場合によっては楽しくさえあり、行動の前提を形成しない信念である53。おそらく多くの人が陰謀説を擬似的に信じているにもかかわらず、その擬似的な信念のために行動を起こさないのと同じである。

どちらの場合も、もちろん、どの陰謀論をどの集団が論じているかにすべてがかかっている。しかし、第一部で論じたように、陰謀論が一部の層に限定されたものではないことを示す証拠は十分にある。海外では、「2002年にイスラム圏9カ国で実施されたギャラップ世論調査では、調査対象者の61%が2001年9月11日の同時多発テロにイスラム教徒は無関係だと考えていた」54。偽情報対策を担当する匿名の国務省高官によれば、「人々がこうした嘘を信じ、その間違った信念に基づいて行動した場合、大きな弊害が生じる」。たとえば、「アルカイダのメンバーは、『少なくとも部分的には偽情報によってジハードへの参加を促された』」55。

準信仰についての指摘は、多くの人が実際には間違った信念に基づいて行動を起こすことはないことを示唆している。しかし、だからといって陰謀論が取るに足らないものだということにはまったくならない。特定の陰謀説の信奉者のうち、信念に基づいて行動するのはごく一部だとしても、そのごく一部が重大な被害を引き起こすには十分かもしれない。オクラホマシティの爆弾テロ事件を考えてみよう。犯人は連邦政府に対する複合的な陰謀論的信念を共有していた。信念を共有する多くの人々は、その信念に基づいて行動することはなかったが、少数の行為者は行動し、恐ろしい結果をもたらした。ジェイムズ・フィーロンをはじめとする研究者たちは、技術革新によって大量破壊兵器による攻撃を実現するためのコストが下がり、少人数のグループであっても重大 な脅威をもたらすことができるようになったと論じている。

この種の場合、陰謀論そのものが、(実際に行動を起こすのはごく一 部の信者にすぎないが)信者の暴力的な行動を肯定的に支える。連邦政府は敵対的で道徳的に忌避すべき組織であり、外国からの侵略者のように国を乗っ取ろうとしている、と信奉するメンバーがいるネットワークでは、少なくとも信奉者の一部には武力抵抗が賢明な行動に見えるだろう。他の、おそらくより一般的なケースでは、陰謀論は異なる性質を持ち、そのような行動を直接示すことはない。しかし、このような陰謀論は、政府の主張に対する国民の懐疑心を不当に広めるか、政府主導の取り組みへの国民の動員や参加を減退させるか、あるいはその両方によって、政府の立場から見れば依然として悪質な効果をもたらす可能性がある。米政府関係者が故意に9.11の発生を許した、あるいは引き起こしたという考えが広まったことで、将来のテロ攻撃に対する対策に社会的資源や政治的支持を動員する政府の努力が妨げられたのかもしれない。

物事の本質として、そのような可能性についての証拠を見つけるのは難しい。しかし、そのような証拠がないからといって、潜在的に有害な陰謀論に対して政府は何もすべきではないというのは、ほとんど賢明とは思えない。というのも、この問題のあらゆる側面に不確かな害が存在し、オクラホマシティの爆破事件のように、それらの害のいくつかは壊滅的なものに近づく可能性があるからである57。

B. ジレンマと対応

ある陰謀論が広まりつつある国民に直面する政府を想像してみよう。ここでは、繰り返される2つの基本的なジレンマを明らかにし、政府がどのように対応すべきかを考える。1つ目のジレンマは、陰謀論を無視するか反駁するかということである。2つ目は、陰謀論の支持者を誹謗中傷したり無力化したりすることによって陰謀論の供給側に対処するか、第三者の聴衆を陰謀論の影響から免除することによって需要側に対処するか、あるいは(資源の制約が許せば)その両方を行うかということである。

いずれの場合も、問題の根底にあるのは、陰謀論が多者間ゲームであるという構造である。政府は陰謀論の供給者に直面しており、少なくとも部分的には、それらの供給者を説得し、誹謗し、あるいは黙らせることを目的としているかもしれない。しかし、この2人のプレーヤーは、第三者、特に、未公約数の大衆の心を奪い合っている58。さらに配役を拡大すると、このゲームには4人のプレーヤー、すなわち、政府高官、陰謀論者、大衆の聴衆、独立した専門家(主流派の科学者や『ポピュラー・メカニクス』の編集者など)が関わっていると見ることもできる。

– 政府関係者、陰謀論者、大衆視聴者、そして独立した専門家–たとえば主流派の科学者や『ポピュラー・メカニクス』の編集者など–である。以下の議論では一般的に3者構成を想定しているが、関連する場合は4者構成を参照する。

1. 無視か反論か?

第一のジレンマは、陰謀論を無視するか反駁するかには独特のコストがかかるということである。陰謀説を無視すれば、その支持者は政府の沈黙から不吉な推論を導くことができる。陰謀説が反論されずに放置された場合、一つの可能性は、反論の必要がないほど滑稽だということだが、もう一つの可能性は、政府がそれに反する関連証拠を提出できないということだ。この考え方によれば、誤情報(最初の陰謀説)にはすべて反証が必要である。

一方、陰謀論に反論することは、その陰謀論を正当化することであり、その陰謀論を、議論するにはあまりに滑稽な主張のゾーンから、真実かどうかは別として、ある意味で議論に値する主張のゾーンへと移動させることになる。この正当化効果は、次の2つの方法のいずれかで生じる。第一に、第三者の聴衆は、政府の反論努力から、政府が陰謀説をもっともらしいと推測し、第三者自身が説得されることを恐れるかもしれない。第二に、聴衆の何人かは、他の多くの聴衆がその説を信じているに違いない、さもなければ政府はわざわざ反論するはずがない、と推論するかもしれない。市民が他の市民が何を信じているのかわからない「多元的無知」の状況を考えてみよう59。市民は反論の事実そのものを、他の市民の信念に関する情報を提供するものと受け止め、自分自身の信念を形成する際にこの情報を利用することさえあるかもしれない。政府の反論は、他の市民が陰謀説を信じているというシグナルかもしれない。

– したがって、陰謀説の信憑性を高めることになる。このような認知戦略に従って陰謀説を信じる人が、反論によって説得される人を上回れば、反論の逆効果が信者を増やすことになるかもしれない。

政府はこのジレンマにどう対処すべきだろうか?典型的なパターンでは、政府は様子見戦略をとる。陰謀論が広く支持される閾値に達するまで無視し、それから反論するのだ。この戦略にはわかりやすい論理がある。第一に、政府が陰謀説を無視すると、関連する聴衆はその説は馬鹿げていると推論するか、さもなければ政府は効果的に否定できないと推論する。政府が沈黙しているにもかかわらず陰謀論が広まらない場合、おそらく前者の推論が支配的であり、対応は不要である。第二に、陰謀説を無視する戦略にはオプション価値60がある。今反論を公にすることはコストがかかるか、元に戻すことが不可能だが、今黙秘を保つことで、政府がそうすることを選択すれば、後で反論するオプションが残る。このアプローチでは、陰謀説の拡散に直面した場合、政府は、それ以上遅らせることで期待される限界利益が、反論せずに放置することで期待される限界費用にちょうど等しくなるまで待つべきである。最後に、最も一般的なことだが、政府が注目する陰謀説をすべて追いかけて反論するのは馬鹿げているし、実行不可能に思える。

しかし、この論理は重要な相乗効果を見落としている。多くの陰謀論に反論することで、どれか一つの陰謀論に反論することの正当化効果を減らすことができるのだ。政府が特定の説に反論する一方で、他の説のほとんどを無視する場合、正当化効果は少なくとも部分的には、前景と背景の対比から生じる。背景となる説全体のうち、より多くの説を反証すればするほど、反証のために選ばれた各説に対するこの推論の強さは弱まる。政府が反論する理論が多ければ多いほど、反論という事実そのものが発する暗黙の正当化シグナルは弱くなる。

この相乗効果がどれほど大きいかは、抽象的にしか言えない。どこかの誰かが提唱した(政府関係者の目に留まった)陰謀論が、すべて反論を正当化するわけではないことは事実である。しかし、理論ごとに反論の期待コストと便益を評価するならば、政府はそうでない場合よりも多くの陰謀論に反論すべきだということになる。相乗効果のため、一連の、あるいは様々なケースを考慮した政府の行動は、それらのケースを1つずつ考慮した場合とは異なる総コストと便益をもたらすかもしれない。現実的に言えば、政府は、そうでなければ反証されないような多くの陰謀説を特定し、反証するような、そうでない場合よりも精力的な情報対策体制を維持することができるかもしれない。それでも政府の対応には最低限の閾値が必要だが、その閾値は、多くの陰謀説に反論するという相乗効果が存在しない場合よりも低くなるだろう。

2. どの聴衆を対象にするか?

もう一つのジレンマは、陰謀論の供給側と需要側のどちらをターゲットにするかということである。政府の対応は、供給側を説得したり黙らせたりすることを目的として供給側に向けられるべきなのか、それともむしろ、悪質な理論から大衆を接種することを目的として大衆に向けられるべきなのか。もちろん、この2つの戦略は論理的な問題として相互に排他的なものではない。おそらく最善のアプローチは、1つの回答で2つの聴衆にまたがるか、単に複数の回答を提供することであろう。しかし、資源に制約がある場合、政府はどこに重点を置くかという選択に直面するかもしれない。問題は、(サプライヤーに向けた)第二者的な対応と(マス・オーディエンスに向けた)第三者的な対応をどのようにミックスするのがベストかということである。さらに、リソースの制約とは別に、これらの戦略には本質的なトレードオフがある。大衆にとって最も説得力のある議論は、陰謀論者にとっては最も説得力のないものかもしれないし、その逆かもしれない。

まず、供給側への対応について述べておこう。陰謀論の供給側に政府の対応を投げかけることの基本的な問題は、陰謀論がその性質上、自己封印的な性質を持っていることである。陰謀論は、(1)反対証拠に対して抵抗力があり、極端な場合には不死身である61。また、(2)政府の反論が陰謀論そのものに組み込まれているため、政府の提示する反対証拠に対して特に抵抗力がある。陰謀論者が信頼する人々から与えられる情報シグナルに反応しているのであれば、政府による反論の努力は効果がありそうになく、もともとの信念を弱めるどころか、むしろ強固にするのに役立つかもしれない。(可能な解決策は、政府が民間の反論を取り入れることである。この点については後ほど触れる)。危険な陰謀論に対する最も直接的な対応は検閲である。このような対応は、表現の自由の原則と矛盾するため、開かれた社会では利用できない。陰謀論が蔓延し、検閲が考えられるほど危険な状況になることは想像できる。しかし、開かれた社会では、検閲の必要性はそれに応じて減少するだろう。いずれにせよ、検閲は自滅的であることが判明するかもしれない。その理論を検閲しようとする努力は、その理論が真実であることの証拠と受け取られかねない。

9.11の後、ハイジャック犯がペンタゴンに墜落させたアメリカン航空77便をめぐる陰謀論が錯綜した。国防総省がペンタゴンに接近する77便とその後の爆発雲を映したビデオを公開した後も、飛行機はペンタゴンに衝突していないという主張を貫くために、理論家たちは実際の衝突の瞬間がビデオに映っていないことを指摘した。(さらに、77便陰謀説が間違っていると説得された陰謀論者でさえ、その見解をより大きな陰謀説に折り込んだ。ペンタゴンに飛行機が衝突しなかったという説の問題点は、その説があまりにも見え透いた虚偽であり、複数の目撃者と多くの物的証拠によって反証されていることだと彼らは言った。したがってこの説は、他の陰謀説や理論家の信用を失墜させるために、政府が最初に仕組んだ藁人形に違いないのだ63。

政府は、陰謀説に反論するために非政府関係者を参加させれば、こうした問題を部分的に回避することができる。政府関係者自身ではなく、信頼できる独立した専門家が反論を行うようにすることもできる。しかし、信頼性と統制はトレードオフの関係にある。信頼性の代償として、政府は独立専門家をコントロールすることはできない。このトレードオフを別にしても、陰謀論者は第三者と政府との関係を陰謀的に主張することで、独立した第三者による反論を自説に組み込むことがある。ポピュラー・メカニクスが9.11陰謀説への反論を行ったとき、陰謀論者たちは、同誌の記者の一人であるベン・チェルトフはマイケル・チェルトフ国土安全保障長官のいとこで、チェルトフの命令で偽情報を流していると主張した65。

このような困難のため、多くの政府関係者は、陰謀論者の仕入れ先への直接的な回答を無駄な行為として退けている。むしろ、彼らは暗黙のうちに、第三者である大衆を対象として対応を組み立て、供給を減らすのではなく、需要を減衰させることで陰謀論の蔓延を食い止めようとしている。9.11委員会の事務局長であるフィリップ・ゼリコウは、「筋金入りの陰謀論者は完全にコミットしている。そのようなものを受け入れないためには、人生のアイデンティティの多くを否定しなければならないだろう。それは私たちの心配事ではない。私たちが心配しているのは、物事が伝染するようになったとき、このようなことが世間の理解を深く腐食させる可能性があるということだ。」

同様に、国立標準技術研究所が、世界貿易センタービルが制御された解体によって倒壊したという説を否定するファクトシートを発表したとき、広報担当者は、「このファクトシートが、代替説を支持する人々に、我々の調査結果が正しいことを納得させるものではないことは理解している」と述べた。「実際、このファクトシートは彼らのために作られたものではない。代替説の主張を見聞きし、バランスを求める大衆のためのものである」67。

しかし、この主張の問題点は、ハードコアの存在を前提にしていることである。これは時期尚早である。後述するように、ハードコアが特定の特定可能な理由によって発生した場合、それは政府の行動によって解体されるか、少なくとも沈静化される可能性がある。さらに、ハードコアをあきらめ、政府の努力を大衆への予防接種のみに向けるという戦略には、本質的なコストがある。ひとつには、ハードコア層そのものが最も深刻な脅威となる可能性があることだ。もうひとつは、大衆向けの対応策(名目上は陰謀論者への対応策であろうとなかろうと)は、政府が反駁しようとしている陰謀論を否定するのではなく、むしろ受け入れるように仕向けることになる。これは再び正当化のジレンマである。予防接種プログラムを始めることは、病気がすでに蔓延し、脅威となっていることを知らせることなのだ。多元的無知のもとでは、陰謀論がさらに広まるという逆効果になりかねない。

3. 認知的浸透

ハードコアの継続的な存在を制約条件とし、第三者の大衆にのみ対処するのではなく、政府は、ハードコアによって生み出され、それを順番に強化する過激派の理論、議論、レトリックの緊密な認知的クラスターを分断するための(合法的な)戦術をとるかもしれない。有望な戦術のひとつは、過激派グループへの認知的浸透である。これは、監視や情報収集を目的とした1960年代型の潜入という意味ではない。むしろ、こうしたネットワークやグループを構成するイデオロギー的・認識論的複合体を弱体化させ、あるいは崩壊させることに政府の努力が成功するかもしれないという意味である。

この戦術はどのように機能するのだろうか。陰謀論を煽るグループを含む過激派のネットワークやグループは、一般的に一種の麻痺した認識論に苦しんでいることを思い出してほしい。政府の行動に関する陰謀論的な説明ばかりを聞いていると、メンバーはますますそのような説明を信じ、作り出す傾向が強くなる。情報と評判のカスケード、集団の分極化、選択効果から、こうした集団の中で、より過激な見解が生み出されることは、認知の多様性を導入することで抑制または逆転できることが示唆される。このような多様性を導入する上で、政府の取り組みやエージェントの役割が示唆される。政府の諜報員(とその同盟者)は、チャットルームやオンラインのソーシャルネットワーク、あるいは現実空間のグループに入り込み、その事実の前提や因果関係の論理、政治行動への影響に疑念を呈することで、浸透しつつある陰謀論を弱体化させようとするかもしれない。

ある変形では、政府諜報員は公然と、あるいは少なくとも組織的な所属を隠そうともしない。最近の新聞記事によると、国務省のアラビア語を話すイスラム教徒職員が、イスラム過激派のチャットルームやウェブサイトでの対話に参加し、そのようなサイトに集まる集団の間では通常聞かれないような議論を展開し、一定の成功を収めたという68。それぞれのアプローチには明確なコストとメリットがあり、後者の方がリスクは高いが、高いリターンをもたらす可能性がある。前者の場合、政府関係者が公然と参加すると、関連するネットワークやコミュニティ、陰謀論的な組織の筋金入りのメンバーは、最初から政府関係者の発言を完全に否定する可能性がある。逆に、匿名で参加する戦術のリスクは、その戦術が知れ渡った場合、疑問を呈する関連団体の真のメンバーが、政府とのつながりを疑われる可能性があることだ。このような困難があるにもかかわらず、2つの認知浸透の形態は、異なるリスクとリターンの組み合わせを提供し、どちらも潜在的に有用な手段である。

潜入工作員による陰謀家グループへの物理的な浸透を現実世界で行うか、それともサイバースペースで厳密に行うかということである。後者の方が安全だが、生産性は低くなる可能性がある。前者は、陰謀論を広めるグループ(そしておそらく彼ら自身も陰謀を企んでいる)が、バーチャルなネットワークではなく、現実空間の情報ネットワークを通じて自分たちの見解を形成している場合、時として不可欠となる。どのような種類の潜入であれ、潜入にはよく知られたリスクが伴う。諜報員がその善意を証明するために犯罪行為を要求されるかもしれないし、(あまり信憑性は高くないが)諜報員自身が潜入先の陰謀論的見解に説得されてしまうかもしれない。しかし一般に、現実の世界への潜入の方がリスクは大きく、諜報員はより深刻な被害にさらされる。

こうしたリスクとリターンのトレードオフはすべて、慎重な検討に値する。特定の状況下で、特定の戦術がコスト的に正当化されることもあれば、そうでないこともある。われわれの主な提案は、戦術の詳細がどうであれ、陰謀論を生み出す集団に認知的多様性を導入する政府の努力には十分な理由があると思われる、ということだけである。社会的カスケードは時に非常にもろいものだが、それはまさに小さな情報の断片に基づいているからである。ひとたび正しい情報が導入されれば、大勢の人々が異なる見解に転換する可能性がある。政府が信頼性を持ち、あるいは信頼できる代理人を通じて行動することができれば、誰も反論しないからという理由だけで信じられている信念を覆すことに成功するかもしれない。同様に、グループ内で異なる見解が発言されると、分極化は減少する傾向にある69 。認知的多様性の尺度を導入することで、陰謀論を生み出す認識論的ネットワークやクラスターを壊すことができる。

C. 法と裁判所の役割?

ここまで、政府関係者が直面するいくつかのジレンマについて詳述し、いくつかの政策的対応を提案してきた。このような問題において、法と裁判所の役割があるとすれば何だろうか。法制度とここで取り上げた問題の主な接点は、情報公開法(FOIA)である。FOIAは、行政機関や行政機関が保有する文書の透明性を推定するものである。政府は、要求された情報が指定された例外リストのいずれかに該当することを示さない限り、開示を求める法的権利が存在し、最高裁判所は、利害関係団体や市民がこの権利を行使することを認めるために、「情報的地位」70という広範な概念を設けた。

情報公開法は、陰謀説を否定しうる情報を政府が保有し、開示を拒否している場合に意味を持つ。例えば、9.11のペンタゴンへの77便墜落に関する国防総省のビデオ開示がある。透明性を求める団体ジュディシャル・ウォッチは、このビデオを入手するために情報公開請求書を提出したが、国防総省は、ビデオはザカリアス・ムサウイの裁判で使用されるものだとして拒否した。ジュディシャル・ウォッチは、77便にまつわる陰謀論に反論するためにビデオを使用することを公言し、開示を強制するために訴訟を起こした。しかし、ムサウイの裁判が終わると、政府は訴訟が決着する前にビデオを公開した71。

この裁判の詳細は、この裁判が提起しているより大きな問題を示唆しているにすぎない。裁判所や法律は、訴訟当事者が陰謀論に反論するのに役立つと主張する情報を、行政府に開示させるべきなのだろうか?もし答えが「イエス」なら、行政府の対応戦略のタイミングや性質に対するコントロールは、部分的に訴訟団体や裁判官に委ねられることになる。もし答えが「ノー」なら、行政は完全な支配権を保持することになる。

重要なのは制度的な比較問題である。訴訟グループの決定によって部分的に決定される司法の関与を加えることで、政府の対応戦略全体が正味で改善されるのだろうか。一般に、そうなるためには2つの条件が成立しなければならない。第一に、陰謀説を覆す可能性のある情報を公開するかどうか、いつ、どのように公開するかについて、行政府が組織的に最適とはいえない決定を下すようなメカニズムが存在しなければならない。第二に、行政府が予測可能な誤りを犯していたとしても、訴訟手続はこの点である程度の相対的な制度的優位性を持っている必要がある。ベンチマークとなるのは、最適な情報開示ではなく、行政府の決定に訴訟に基づく監視を加えることによって実際に得られる情報開示である。

一般的に、これらの条件の両方が通常満たされると考える理由はほとんどない。77便のケースにおいて、Judicial Watchは、(1)77便陰謀説に反論する政府の努力に期待される利益、(2)国防総省の監視活動や方法に関する詳細を開示することで国家安全保障に期待されるコスト、(3)今ではなく後で開示することで失われるオプション価値など、情報を直ちに開示することの相対的な利益とコストのバランスを行政府が誤ってとる具体的な理由を提示しなかった。Judicial Watchは、(2)は低いと指摘した。なぜなら、ほとんどの情報はすでに何らかの形で公開されていたからであり、これはもっともらしい。しかし、(1)も低かった。上記で詳述したように、ビデオの公開は77便陰謀論者をほとんど鎮圧せず、彼らはすぐにビデオを自分たちの理論に組み込んだ。要因(3)を見積もるのは難しいが、裁判所がこのような状況で情報公開を要求した場合、後に情報公開を行うという選択肢の価値が体系的に破壊されることは明らかである。仮に行政がこれらの要素について間違いを犯したとしても、後知恵に照らしてみれば、その間違いはランダムに分布する傾向があると考えるのが妥当である。いずれにせよ、Judicial Watchは、訴訟プロセスが組織的にうまくいくと考える理由は何も提示していない。一般に、強制開示の論拠が最も強いのは、行政府が利己的な理由で開示に組織的に偏る可能性が高い場合である。陰謀論が働いている場合、開示に対して組織的な偏りがあるとは考えにくく、行政府には陰謀論を修正する強い動機があるからだ。

確かに、これまで述べてきた2つの条件のうちの1つ目、つまり行政府の情報公開が陰謀説の抑制に最適化されていないという条件は、ある条件下ではもっともらしく思える。というのも、行政府は部分的には “彼ら “であって “それ “ではないからである73。陰謀論に対応するための行政府(の努力)は、省庁や行政部門間の連携が不十分であることによって妨げられる可能性がある。たとえば、ある省庁が、陰謀論に対抗するために別の省庁や別の部局が必要としているにもかかわらず、その情報を開示することも、行政府内で伝達することさえも拒否している。このような場合、一種の行政内外部性が発生し、ある行政機関は、その行動が他の機関に与えるコストを完全に考慮することができない。さらに、過剰な分類や政府の過剰な秘密主義に組織的な誘因があるとすれば–この主張はよく耳にするが、具体的なメカニズムが示されることはほとんどない–、政府の対応に組織的な誤りが生じ、情報開示が少なすぎたり、開示が遅すぎたりすることになる。

しかし、このような可能性は、他の方向にも同じように推測される可能性があり、バランスがとれている。行政が “it “ではなく、”they “であるならば、ある行政機関が、他の行政機関のミッションに対する情報開示の害を十分に考慮していない場合もありうる。行政内部の外部性と行政機関のインセンティブは、どちらの方向にも働く可能性がある。それらの正味の効果を抽象的に評価することは難しく、それらが必ずしも一方向に系統的な偏りを生じさせると考える理由はほとんどない。さらに、陰謀論に対処することだけが行政の仕事ではない。ある機関がその目標に関して最適に行動していないとしても、全体として(何らかの形で定義された)良い政策を促進するように行動しているかもしれない。

最も重要なことは、第二の条件(訴訟団体や裁判官が行政の選択を改善できること)がしばしば満たされると考える一般的な理由はほとんどないということである。第一に、もし行政機関が情報開示に対する最適なアプローチを歪めるような動機を持っていたり、インセンティブに直面していたりするのであれば、裁判所は専門知識と政策立案能力の不足に苦しみ、事態を改善する努力を妨げてしまう。ここで深刻な問題は、裁判所が一度に一つの案件を決定することである。この慣行には多くの利点があるが74 、裁判所の判断が組織的に歪められているかどうかを判断したり、行政間の外部性が生じているかどうかを評価したりするために、裁判所が様々な事例75 を横断的にとらえることが難しくなっている。

第二に、裁判所が(行政機関よりも)陰謀説に反論するための情報開示の方法とタイミングを知っているとする。問題は、裁判所がいかなる場合にも最適な行動をとらないという法的制約を受ける可能性があるということである。訴訟のタイミングと、関連する陰謀論に対処するための最適な情報開示のタイミングとの間には、必要な関連性はない。Judicial Watchのケースでは、利益が少ないことを考えれば、最適な開示のタイミングはなかったかもしれない。しかし裁判所は、その自由な評価に基づいて行動することを法的に制約されている。原告が勝訴し、開示が行われると判断することも、開示が行われないと判断することもできるが、一般的には、開示のタイミングを自由に微調整することはできない。

以上、FOIA訴訟について一般的な説明をしたわけではないが、分析に必要な2つの前提を置いた。まず第一に、Judicial Watch訴訟と同様に、原告の公然の目的は、広まりつつある陰謀論を覆すような情報開示を強要することであると仮定した。最高裁は、FOIAの開示を得るにあたって、審査裁判所は請求者の特定の利益を考慮すべきではないと繰り返し述べている76。

しかし、対外的な観点からは、関連する関係者の制度的能力をどのように評価するかが問題となる。原告を含むすべての関係者の目的が、他の利益を主張することではなく、陰謀論に対する最適な対応を提供することである場合、訴訟プロセスが行政府の選択を改善できるかどうかを疑う特別な根拠がある。

また、我々は、関連する法令が十分に曖昧または漠然としているため、行政機関も裁判所も、単純な意味で法律を執行するのではなく、少なくとも部分的には政策的な選択を行っていると仮定してきた。そうではなく、情報公開法の命令が明確である場合、裁判所はそれを執行すべきである。その結果、開示のタイミングが最適でない場合、問題は(適用された)法令にある。しかし一般的に、このようなケースはこのような状況ではない。むしろ政府機関は、曖昧な、あるいは広範な文言の情報公開法適用除外の下で開示に抵抗し、またおそらくは「モザイク理論」77のような原則を援用することで、それ自体は無害だが、国家安全保障に有害な全体像に組み立てることができる開示に抵抗する可能性がある。もし審査裁判所が明確な法的命令に直面せず、(私たちがそうであるように)訴訟プロセスが陰謀論に対して平均してより良い対応を生み出すという確信に欠けるのであれば、裁判所は手をこまねくべきではないだろうか。

D. 海外の陰謀論について

我々は国内の陰謀論に焦点を当ててきたが、関連する考察のいくつかは国内外を問わず不変である。陰謀論は中東やイスラム教徒の多い国の多くで盛んであり、イスラム教徒がなぜ陰謀論に傾倒しやすいのかを問う小さな文献があるほどである78(フロイト派の心理学者によるある論文では、この「事実」をイスラム教徒の育児習慣のせいだとさえしている79。我々は懐疑的である)。海外の多くのイスラム教徒が陰謀論に傾倒しやすいのであれば、米国の多くの非イスラム教徒も同様である。その一方で、陰謀論が蔓延することと、市民的自由や思想市場が相対的に機能していないこととの間には因果関係があると我々は推測している。全体として、陰謀論がイスラム世界で猛威を振るっているのは間違いなく、反米的な傾向も強い。

診断的な側面から言えば、イスラム諸国における陰謀論の蔓延は、社会的カスケードや集団の分極化、そしてこれらの国の多くにおける弱い市民的自由や強固な思想市場の欠如と大いに関係している可能性が高い。われわれが提案する政策対応という点では、アメリカ政府にとって外国の環境は悪くもあり良くもある。より悪いのは、イスラム世界における関連機関や聴衆の性質が、これまで述べてきたジレンマやトレードオフの多くをより鮮明にしているという点である。一般的に、聴衆は米国政府高官の発言には極端なまでに懐疑的である。このことが、米国がさまざまな形で秘密裏に、あるいは匿名で言論活動を行うことに大きな圧力をかけていることは、まもなくわかるだろう。多くのイスラム諸国では、思想市場は制度的に脆弱であるか、強力な政府によって支配されている。言論の自由を含む市民の自由はしばしば揺らいでいる。しかし、アメリカ国内政治が、国内では許されないような国外での行動を許容するため、米国はある側面において、より大きな行動の自由を享受している。

まず困難な点から始めよう。陰謀論を否定する言論の信頼性を高めるためには、政府は言論機関に対する統制をある程度放棄しなければならない。2004年、アメリカ政府は中東向けの放送ネットワーク「アル・フラー」(「自由なるもの」)を設立し、ニュースや第三者の意見を発信している。2007年5月、下院小委員会は公聴会を開き、アル・フラーが「テロリスト」のコンテンツを放送していたとの報告を調査した。そのなかには、「テロリスト集団ヒズボラの幹部によるイスラエル人に対する武装を呼びかける68分間の放送」、「イランのマフムード・アフマディネジャド大統領のホロコースト否定会議の擁護的な報道」などが含まれていた。「81 議員たちは、アル・フラーに最終的な資金を提供している政府機関である放送総局の役人たちに鋭く質問し、その役人たちは議員たちの懸念に対処することを約束せざるを得なかった。しかし、こうした問題は、他の視点や声を放送に取り入れることで信頼性を高めようとする、より広範な戦略の一環であった。一般的に、懐疑的なイスラム教徒の聴衆からの信頼性を高めるためには、アメリカ政府は言論の内容に対するコントロールを放棄する方向に進まなければならない(あるいは匿名で話さなければならないが、これは次に述べるようにリスクを伴う戦略である)。しかし、このエピソードで明らかになったように、国内の政治的制約が、陰謀説を抑えたり、より一般的な米国の広報目標を促進したりする観点から、信頼性と統制のどのような組み合わせが最適であるかを妨げる可能性がある。

信頼性を高めるために政府の対応内容の統制を放棄する選択肢は、政府高官や諜報員が匿名で発言することである。2006年、「影響力サービス」の独立請負業者であるリンカーン・グループが、イラクの新聞社に米軍関係者が書いたとはわからない「ニュース記事」を何百本も掲載するよう金を払っていたことが米紙によって明らかになり、ミニ・スキャンダルが勃発した。リンカーン・グループは、このやり方に対する明白な道義的反対意見に対して、米軍情報源から発信されたとされる言論は、たとえ真実で信憑性があり重要であったとしても、イラクの聴衆には完全に割り引かれ、陰謀論的で敵対的な噂に全面的に委ねられることになると主張した。この見解によれば、真の情報源が特定できない「ニュース」を流すという暗黙の嘘は、すでにゆがんでいる審議環境において、準合理的な聴衆の前にすべての関連情報を並べるという目標のために必要なのだ。思想市場がすでに機能不全に陥っているところでは、関連する聴衆が、積極的な重みを持つべき発言をゼロに割り引いてしまうという意味で、十分に発達した自由主義国家では許されない慣行も、二番煎じ的な理由で許されるかもしれない。

この慣行に対するよりよい反論は、むしろ戦術的なものかもしれない。遅かれ早かれ明るみに出るであろう独立請負業者にこのような形の準プロパガンダを委託することで、米国政府は、完全な透明性による信頼性の利点も、完全な匿名スピーチによる信頼性の利点も得られない、二つの便の間に落ちたのである。元CIAケースオフィサーのロイエル・マルク・ゲレヒトは、「歴史的には、冷戦時代に(CIAが)西側が共産主義に勝利すべきであると信じる雑誌や新聞、ジャーナリストに資金を提供する努力をしたことが類似している」とコメントしている。あなたがしていることの多くは秘密裏に行われるべきであり、もしあなたがそれを外部に委託しているのであれば、そうではないことは確かである」83。

ここまでは、対外的な舞台における独特の難しさについて述べてきた。しかし別の側面では、海外という環境はさまざまな法的・政治的制約を緩和し、米国政府が陰謀論に対応する際の自由度を高めている。2004年、L・ポール・ブレマー駐イラク米行政官は、バグダッドにある週刊紙を閉鎖するよう軍に命じた、 このような行為が、同じような環境において、益よりも害をもたらすかどうかは、陰謀論の病因、検閲の結果、米国の対抗言論の効力に関する難しい判断に左右される複雑な問題である。一方では、検閲によって検閲された言論や出版物に注目が集まり、陰謀論がさらに煽られるというお馴染みの議論もある。おそらく、米国が特定の噂に対して動いているのは、それが真実だからだ、あるいは特定の論文に対して動いているのは、それが実際の米国の陰謀を暴露しているからだ、という推論が成り立つかもしれない。さらに、検閲は陰謀説を地下に追いやり、集中的な反論を受けにくい個人的な噂話によって広まり、変異させるだけかもしれない。

他方、ブレマーが行動した特殊な環境は、陰謀説の公表を検閲する方針に有利に働くかもしれない。ある社説は、「占領当局には、自分たちのテレビ局を含め、もっと好意的なメッセージを伝える手段がいくらでもある」と論じた85。しかし、これは、イラク人視聴者の先入観に基づく懐疑心が非常に強いため、たとえ真実で信頼性が高く重要な内容であったとしても、米国のいかなる声明も完全に無視されるという、前述した効果を無視している。聴衆がすでに陰謀論にどっぷり浸かっている以上、公然と反論することは、陰謀論者にとっては単なる肥やしにしかならないかもしれない。アル・フーラがその運営を開始したとき、アル・フーラの職員に与えられた短期契約は、この放送局がジョージ・W・ブッシュの再選キャンペーンを強化するためだけに設立されたことを示しており、選挙が終わればおそらく閉鎖されるだろうという陰謀説がすぐに流布したことを考えてみよう86。このような環境における米国のカウンター・スピーチの効果がきわめて低いことを考えると、現実的な選択肢は、検閲と、リンカーン・グループのようなスタイルの匿名または準匿名のカウンター・スピーチに限られるかもしれない。こうした実利的・戦術的な問題の是非はともかく、検閲が利用可能であることは、外国で活動する米当局者に、陰謀論に対処するための余分な手段を与えることになる。

結論

ここでの目的は、陰謀論の発生源を理解し、政府の対応策を検討することである。ほとんどの人は、恐ろしい出来事の説明に関する直接的または個人的な情報が不足しているため、そのような出来事を何らかの悪意ある行為者のせいだとする誘惑に駆られることが多い。その誘惑に抵抗できる可能性が最も低いのは、他の人々も同じような帰結を下している場合である。陰謀のカスケードは、多くの種類の社会的誤りに拍車をかけるのと同じプロセスを経て生じる。このようなカスケードが最も特徴的であり、虚偽であり有害でもある信念を含む他のカスケードとは異なるのは、その自己絶縁性である。陰謀のカスケードを解消するような発言や事実が、陰謀のカスケードのさらなる証拠となりうるのだ。これらの点から、政府を含む部外者が陰謀を論破するのは特に難しい。

陰謀論の中には、深刻なリスクを生み出すものもある。それらは単に民主的な議論を弱体化させるだけでなく、極端な場合には暴力を生み出したり煽ったりする。政府がそのような陰謀論を払拭できるのであれば、そうすべきである。陰謀論に反論する努力は、陰謀論を正当化することにもなるため、その努力が逆効果になりかねないという問題もある。しかし私たちは、政府は陰謀論に反論する数を減らすよりもむしろ増やすことで、また独立したグループと協力して反論を提供することで、また陰謀論に傾倒するグループや情報的に孤立した社会的ネットワークの認識論を崩壊させるような認知的浸透を図ることで、この影響を最小限に抑えることができると提案してきた。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました