前頭側頭葉変性症

36の発症因子

小胞体ストレスと神経変性疾患 作成中

小胞体 概要 小胞体は、真核生物の細胞小器官のひとつ。発見された当初は細胞核で作られたたんぱく質をゴルジ体へと橋渡しする輸送のための廊下程度にしか考えられていなかったが、その後の研究で多くの細胞機能に関わっていることがわかってきた。 小胞体の主な役割 タンパク質
2020.02.06
アミロイド

神経変性疾患プリオン仮説と10の治療候補

プリオンタンパク質とアルツハイマー病 ※ 概要 プリオン プリオンとはタンパク質でできた感染性因子。プリオン仮説によると異常に折り畳まれたタンパク質(ミスフォールディングプロテイン)が、DNAや核酸を介さず正常な構造のタンパク質を同様の異常構造に変えていくことで伝播す
2020.01.09
前頭側頭葉変性症

アルサプ 前頭側頭葉変性症/筋萎縮性側索硬化症 回復プログラム(オプション)

アルツハッカーサプリメント 前頭側頭葉型認知症/筋萎縮性側索硬化症回復プログラム 追加オプション はじめに 前頭側頭型認知症 重要な4つの因子 1. 毒素の検査と対策(リコード法、CIRSのメソッドを用いる) 2. タウ凝集、タウリン酸化の阻害、タウクリアラン
2020.01.27
睡眠

アミノ酸・L-セリンの神経保護作用

アミノ酸 L-セリン L-セリンの役割 セリン L-セリンは非必須アミノ酸のひとつとして分類される。 しかし、脊椎動物は特定の状況下では必要な量を合成することができないため、条件付き非必須アミノ酸とも考えられている。 重要なアミノ酸の前駆体 L-セリンは哺
2020.03.15
適応外薬

認知機能と記憶を改善するメチレンブルー

メチレンブルー・メチルチオニニウムの効果(認知症・アルツハイマー) 概要 神経保護の歴史をもつメチレンブルー メチレンブルー メチレンブルー(塩化メチルリチオニウム)は1876年にドイツの科学者Heinrich Caroによって作られた。20世紀初頭に
2019.05.17
前頭側頭葉変性症

前頭側頭葉変性症/FTLD 分類(覚書)

前頭側頭葉変性症/FTLD 臨床分類 概要 FTLD(前頭側頭型認知症)とFTD(前頭側頭型変性症)が混同されがちだが、FTLDは前頭葉や側頭葉の神経変性が目立つ病理学的な広義の概念であるのにたいして、FTDは前頭葉や側頭葉の神経変性による症状で分類されたFTLDのサブク
2019.06.10
前頭側頭葉変性症

TDP-43 FTLD&ALS(覚書)

概要 TDP-43は前頭側頭葉型認知症(FTLD)、家族性筋萎縮性側索硬化症(ALS)の発症原因タンパク質と考えられている。 ALSでは、TDP-43が90%以上関連する。 FTDではタウとTDP-43が約半々存在する。 アルツハイマー病患者の20~50%
2019.02.20
タイトルとURLをコピーしました