四肢の冷えは女性の健康問題?日本人女性における四肢冷え性の疫学的評価

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

その他の疾患

Are cold extremities an issue in women’s health? Epidemiological evaluation of cold extremities among Japanese women

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6333389/

https://www.lifehack.org/494101/having-cold-hands-and-feet-doesnt-only-mean-poor-circulation-but-more-serious-health-problems

要旨

背景

東アジアの伝統医学とは異なり、西洋医学では四肢の冷えに対する医療サービスの必要性がまだ認識されていない。本研究では、日本の女性を対象とした疫学的評価を目的とした。

材料と方法

2016年2月から 2017年4月にかけて横断的研究を実施し、全国の女性238名のデータを分析した。質問紙を用いて、参加者の人口統計学、健康関連行動、健康状態、過去 1 年間の自覚症状の頻度を調べた。四肢の冷えとその他の自覚症状との関連を重ロジスティック回帰分析で検討した。

結果

軽度の四肢冷感症の有病率は49.6%,重度の四肢冷感症の有病率は35.3%であった。寒冷肢の重症度によって体温や医療サービスの利用率に有意な差はなかった。四肢冷えと有意に関連していた随伴症状は、肩こり、疲労、腰痛、頭痛、鼻づまり、かゆみ、けが、聴力困難であった。多重ロジスティック回帰分析の結果、腰痛(OR:4.91)と聴力障害(OR:4.84)は有意性を保った。四肢の冷えに関連する因子(精神的生活の質、睡眠の質、習慣的飲酒など)は、他の随伴症状と有意に関連していた。

結論

女性の四肢冷感症には様々な症状や健康リスクを伴う行動がある。四肢冷感に対する対症療法は十分ではなく、総合的なケアが必要である。

キーワード:四肢冷感、手の冷え、フランマー症候群、血管調節障害、患者層別化、危険因子

序論

1,2 逆に、東アジアの伝統医学では、四肢の冷えは様々な疾患の引き金と考えられている1,3。 -また、いくつかの定性研究では、疲労、頭痛、不眠、精神状態の低下などの他の症状も冷え性に伴うものと推測されている3,9。人口ベースの疫学調査が必要である10。

四肢冷感症に対する医療サービスの必要性はまだ認識されていないが、西洋医学において四肢冷感症を扱う新しい概念、すなわちフランマー症候群が発見された11-13。フラマー症候群は、痩せていて活動的で血圧が低くても、四肢の冷え、疼痛感受性の亢進、睡眠時間の延長、概日リズムの変化などの症状を呈する人に多くみられる12,13。しかし、女性の四肢冷感症に対する医療サービスの必要性や適切性については不明確な点が多い。

本研究では、日本の冷え性四肢症女性の疫学的評価を目的とした。四肢冷感症が女性の健康上の問題とされているかどうかは、健康への負担の程度が重要であり、その情報が不足していると、医療従事者や研究者はその重要性を無視してしまう可能性がある。本研究では、四肢冷感症を訴える女性はかなりの数にのぼり、様々な症状を伴っており、医療サービスが十分に受けられていないのではないかという仮説を立てた。本研究では,女性の健康における四肢冷感症の負担を理解し,四肢冷感症の女性に適切な医療サービスの内容を探る。

資料と方法

スタディデザイン

2016年2月~2017年4月に日本で実施された横断的研究。

データの収集

国土交通省の補助事業の一環として、全国の女性283名を公募した。この事業では、参加者の生活環境や健康状態を詳細に調査した上で、二酸化炭素削減住宅の建設に対して報奨金を支給した。アンケート用紙に回答方法を記載し、血圧・脈拍・体温測定器を同封して送付した。また、本研究の説明リーフレットと同意書を同封し、返送されてきた署名入りの同意書で参加者の同意を確認した。自動血圧計と耳式体温計を使用した14 。質問票への回答はその期間中に 1 回だけであった。7 名の女性が研究への参加を拒否し、他の 3 名の女性とは連絡を取ることができなかった。そのため、272名の女性が参加した(参加率96%)。この 272 名のうち 34 名は、期間中に 2 回参加していたこと、血圧、脈拍、体温の測定値の半分以上に誤差があったこと、70 歳以上であったことなどを理由に除外された。したがって、238名の参加者を分析した。質問票には、参加者の人口統計(年齢、教育状況、配偶者の有無、職位、世帯年収)健康関連行動および健康状態(ヘルスケアサービスの利用、習慣的喫煙、習慣的飲酒、体重、身長、生活の質)が含まれていた。と睡眠の質)過去12ヶ月間の自覚症状の頻度(四肢の冷え、肩こり、疲労感、腰痛、頭痛、鼻づまり、かゆみ、咳・痰、関節痛、けが、難聴、じんましん、食欲不振、感冒)を調査した。(過去12ヶ月間の自覚症状頻度調査票を日本語原文から英訳し、表S1に示す)。睡眠の質は、Pittsburgh sleep quality index(日本語版)16 を用いて評価した。

定義

四肢の冷えの重症度は、重症、軽症、無の3つのグループに分類された。重度は週に1回以上四肢の冷えを感じること、軽度は年に1回以上(ただし週に2回以下)なしは年に2回以下または四肢の冷えを感じたことがないことで定義された。その他の症状については、症状の発生頻度を月に1回以上を有とし、月に2回以下を不在とした。医療サービスの利用状況は、鍼灸、マッサージ、柔道整復などの東洋医学のサービスを定期的に利用しているグループと、西洋医学のサービスを定期的に利用していないグループに分類した。世帯年収は、400万円以上と400万円未満の2つのグループに分類した。学歴は、大卒以上と大卒以下の2つのグループに分類された。婚姻関係は既婚者とそれ以外の人に分類された。職業は、無職とそれ以外の2つのグループに分類された。喫煙については、習慣的喫煙とそれ以外の喫煙に分類した。習慣的喫煙とは、前月に喫煙したことがあり、6ヶ月以上吸ったことがあるか、100本以上吸ったことがあることと定義した。飲酒については、習慣的飲酒とそれ以外の飲酒に分類した。習慣的飲酒とは、時々または毎日飲んでいることと定義した。BMIは、アンケートで参加者が報告した身長と体重から算出した。17,18 身体的生活の質、精神的生活の質、睡眠の質について、それぞれ身体的構成要素要約(PCS)精神的構成要素要約(MCS)睡眠の質のグローバルスコアを算出した:QOLと睡眠の質は、先行研究に準じて評価した。PCSとMCSは、SF-8の8つのドメイン(一般的な健康、身体機能、役割-身体的、身体的苦痛、活力、社会的機能、役割-情動、精神的健康)で測定した。PCS は、一般的な健康、身体機能、役割-身体的、身体的苦痛を重視するように加重されたドメインによって算出された。睡眠の質のグローバルスコアは、主観的な睡眠の質、睡眠潜時、睡眠時間、習慣的な睡眠効率、睡眠障害、睡眠薬の使用、日中の機能不全の7つの要素のスコアの合計によって算出された18 。逆に、睡眠の質のグローバルスコアが高いほど、睡眠の質が低いことを意味する。

統計的分析

連続変数(年齢、BMI、血圧、脈拍、体温、身体的生活の質、精神的生活の質、睡眠の質)については、算術平均を算出し、四肢冷感の重症度の傾向分析を行った。血圧、脈拍、体温は、データが得られた日数で割った。名目変数(医療サービス利用率、教育状況、婚姻状況、職位、世帯年収、喫煙習慣、飲酒習慣)については、その割合を算出し、四肢冷感症の重症度の傾向分析を行った。また、四肢冷感症の重症度にまたがる傾向のノンパラメトリック検定として、四肢冷感症と他の症状との関連性を探るために、Wilcoxon 位相和検定を拡張した19 。四肢寒冷症の重症度を説明変数としてモデルに入力し、交絡関係の可能性を示すために年齢と四肢寒冷症と有意に関連する一連の変数を用いた。平均収縮期血圧を算出してモデルに投入した。拡張期血圧は含まれなかった)関連する各症状の存在についてORを計算した。四肢冷感の重症度のORは主に無群のオッズを参考にしたが、無群の参加者がいない場合は軽度群のオッズを別の参考とした。

統計解析はすべてSTATA(バージョン13.1 for Mac; StataCorp, College Station, Texas, USA)を用いて行った。P値<0.05は統計的に有意であると考えられた。

結果

参加者238名のうち、軽度の四肢冷感は118名(49.6%)重度の四肢冷感は84名(35.3%)に認められた。四肢冷感を訴えなかったのは36人(15.1%)であった。

四肢冷感の重症度別(なし、軽度、重度)の人口動態を表1に示した。年齢(P=0.20)学歴(P=0.99)婚姻状況(P=0.06)職業(P=0.98)世帯年収(P=0.26)に有意差はなかった。年齢層は22歳から68歳までであった。

表1 四肢の冷えの重症度別の特徴

合計(n = 238) なし(n = 36) 軽度(n = 118) 重度(n = 84) トレンドのP

平均(95%CI)

年齢 39.7(38.6–40.8) 40.5(37.3–43.7) 40.3(38.6–42.0) 38.5(36.8–40.8) 0.20

パーセント(95%CI)

学歴a 37.9(31.6–44.5) 35.3(19.7–53.5) 39.5(30.4–49.1) 36.7(26.1–48.3) 0.99
婚姻状況b 96.2(92.9–98.3) 91.7(90.4–98.6) 95.8(90.4–98.6) 98.8(93.5–100) 0.06
職業上の地位c 32.4(26.4–39.0) 21.9(9.3–40.0) 38.4(29.4–48.1) 28.4(18.9–39.5) 0.98
世帯年収d 12.9(8.9–17.9) 17.1(6.6–33.6) 13.8(8.1–21.4) 9.9(4.4–18.5) 0.26

備考

a学歴:大学卒業以上をカウントしている。
b婚姻関係:結婚していることをカウントしている。
c職業:無職をカウントしている。
d世帯年収:400万円未満(4万ドル前後)をカウント。


健康関連行動と健康状態を表2に示す。四肢の冷えと有意に関連する変数は、習慣的飲酒(P=0.04)BMI(P=0.048)精神的生活の質(P<0.01)睡眠の質(P=0.03)朝の収縮期血圧と拡張期血圧(ともにP<0.01)と夕方の収縮期血圧(それぞれP<0.01,P=0.02)であった。習慣的な飲酒率の高さと睡眠の質の低下は、四肢冷感症の重症度の悪化と関連していた。一方、血圧、BMI、精神的生活の質は四肢冷感症の悪化に伴って低下した。ヘルスケアサービスの利用は、四肢冷感症の重症度によって有意差はなかった(P=0.23)。

表2 四肢の冷えの重症度別にみた健康関連行動と健康状態

合計(n = 238) なし(n = 36) 軽度(n = 118) 重度(n = 84) トレンドのP

パーセント(95%CI)

ヘルスケアサービスの活用 21.3(15.9–27.6) 16.1(5.5–33.7) 20.0(12.2–28.9) 25.7(16.2–37.2) 0.23
習慣的な喫煙A 1.3(1.8–7.5) 2.9(0.1–15.3) 3.6(1.0–8.9) 5.1(1.4–12.5) 0.55
習慣的な飲酒b 32.8(26.8–39.2) 22.9(10.4–40.1) 29.9(21.8–39.4) 41.0(30.3–52.3) 0.04

平均(95%CI)

BMI 20.5(20.1–20.8) 21.1(20.1–22.2) 20.7(20.2–21.2) 19.9(19.5–20.3) 0.048
身体的生活の質c 49.2(48.3–50.1) 50.8(48.9–52.7) 48.4(47.0–49.9) 49.5(48.1–50.9) 0.51
精神的な生活の質d 46.5(45.6–47.3) 48.0(45.5–50.5) 47.3(46.2–48.4) 44.6(43.0–46.3) <0.01
睡眠の質e 6.1(5.8–6.5) 4.8(3.8–5.7) 6.4(5.9–7.0) 6.3(5.8–6.9) 0.03
 収縮期血圧(mmHg) 111.7(110.4–113.1) 114.4(111.2–117.6) 113.0(111.0–115.1) 108.8(106.8–110.8) 、0.01
 拡張期血圧(mmHg) 69.5(68.6–70.5) 71.1(68.6–73.5) 70.5(69.1–71.9) 67.5(66.1–68.9) 、0.01
 脈拍(1分あたり) 70.6(69.8–71.4) 71.8(69.5–74.1) 70.7(69.4–71.9) 70.0(68.8–71.1) 0.14
 温度(°C) 36.1(36.0–36.1) 36.0(35.9–36.1) 36.0(36.0–36.1) 36.1(36.0–36.2) 0.16
イブニング
 収縮期血圧(mmHg) 110.1(108.8–111.3) 112.0(108.9–115.2) 111.4(109.6–113.3) 107.3(105.4〜109.2) 、0.01
 拡張期血圧(mmHg) 66.7(65.8–67.6) 67.2(64.8–69.6) 67.8(66.4–69.1) 64.9(63.6–66.2) 0.02
 脈拍(1分あたり) 71.1(70.2–72.0) 71.7(69.1–74.2) 71.6(70.3〜73.0) 70.1(68.8–71.3) 0.14
 温度(°C) 36.1(36.1–36.1) 36.0(35.9–36.1) 36.1(36.0–36.2) 36.1(36.1–36.2) 0.14

註:習慣的喫煙は、喫煙者が喫煙していた。

a習慣的喫煙とは、最近1ヶ月以内に喫煙したことがあり、6ヶ月以上喫煙したことがあるか、100本以上喫煙したことがあることである。
b習慣的飲酒には飲まない人は含まれていない。
c身体的生活の質は、8項目の短形健康調査(SF-8)の身体成分要約の式で算出した。スコアが高いほど身体的生活の質が高いことを示す。
d精神的生活の質は、SF-8の精神的要素の要約の式に基づいて算出した。スコアが高いほど精神的な生活の質が高いことを示す。
e睡眠の質はPittsburgh sleep quality index(日本語版)で測定した。スコアが高いほど睡眠の質が悪いことを示す。

略語 BMI、body mass index。


随伴症状を表3に示す。四肢の冷えと有意に関連する症状は、肩こり(P<0.01)疲労(P=0.02)腰痛(P<0.01)頭痛(P<0.01)鼻づまり(P<0.01)かゆみ(P=0.047)けが(P<0.01)聴力障害(P<0.01)であった。これらの症状の有無は、四肢の冷えが悪化するにつれて増加する傾向にあった。

表3 四肢の冷えの重症度別に症状に付随するもの

合計(n = 238) なし(n = 36) 軽度(n = 118) 重度(n = 84) トレンドのP

パーセント(95%CI)

肩こり 65.0(58.5–71.0) 52.8(35.5–70.0) 59.3(49.9–68.3) 78.3(67.9–86.6) <0.01
倦怠感 47.0(40.5–53.6) 29.4(15.1–47.5) 46.6(37.2–56.0) 54.8(43.5–65.7) 0.02
腰痛 44.1(37.7–50.7) 16.7(6.4–32.8) 44.1(34.9–53.5) 60.0(44.7–66.8) <0.01
頭痛 28.7(23.0–34.9) 11.1(3.1–26.1) 28.2(20.3–37.3) 36.9(26.6–48.1) <0.01
鼻詰まり 28.7(23.0–34.9) 22.2(10.1–39.2) 21.2(14.2–29.7) 42.2(31.4–53.5) <0.01
かゆみ 12.6(8.7–17.5) 5.6(0.7–18.7) 11.0(6.0–18.1) 17.9(10.4–27.7) 0.047
咳または痰 10.9(7.3–15.6) 8.3(1.8–22.5) 9.3(4.7–16.1) 14.3(7.6–23.6) 0.25
関節痛 10.5(6.9–15.1) 5.6(6.8–18.7) 8.5(4.1–15.0) 15.5(8.5–25.0) 0.07
けが 8.8(5.5–13.2) 5.6(6.8–18.7) 3.4(0.9–8.5) 17.9(10.4–27.7) <0.01
難聴 6.3(3.6–10.2) 0 4.2(1.4–9.6) 11.9(5.9–20.8) <0.01
じんましん 5.9(3.3–9.7) 5.6(0.7–18.7) 5.1(1.9–10.7) 7.1(2.7–14.9) 0.64
食欲不振 4.7(2.3–8.2) 5.7(0.7–19.2) 3.4(0.9–8.5) 5.9(2.0–13.3) 0.75
風邪 3.8(1.8–7.1) 2.8(0.1–14.5) 3.4(0.9–8.5) 4.8(1.3–11.9) 0.55

各重回帰モデルの結果を表4に示す。客観変数としては、上記の8つの有意に関連した症状を用いた。説明変数は、四肢冷感の重症度と一連の他の変数(年齢、BMI、精神的生活の質、睡眠の質、収縮期血圧、および習慣的飲酒)であった。これらのモデルは有意な関連を示した:四肢寒冷症は腰痛(OR:4.91,重度の四肢寒冷症ではなし、基準としてはなし)および聴力障害(OR:4.84,軽度の四肢寒冷症では軽度)と関連しており、年齢は聴力障害と関連していた(OR:1.11);BMIは聴力障害と関連していた(OR:1.11)。 11)BMIは肩こり(OR:1.16)腰痛(OR:1.23)かゆみ(OR:1.21)精神的生活の質は疲労(OR:0.90)睡眠の質は腰痛(OR:1.18)頭痛(OR:1.30)習慣的飲酒は頭痛(OR:3.02)と関連していた。

表4 四肢の冷えと他の調整変数の付随症状に対するOR

肩こり 倦怠感 腰痛 頭痛 鼻詰まり かゆみ 難聴 けが

冷たい四肢
 重度 3.03(0.94–9.78) 3.04(0.81–11.48) 4.91 *(1.31–18.42) 6.49(0.73–57.40) 4.59(0.92–22.95) 2.38(0.85–6.66) 4.84 *(1.13–20.78) 3.66(0.38–35.00)
 軽度 1.73(0.59〜5.07) 3.21(0.89–11.53) 2.86(0.80–10.21) 5.65(0.64–49.62) 2.21(0.45–10.90) 参照 参照 0.73(0.06–8.21)
 無し 参照 参照 参照 参照 参照 (データなし) (データなし) 参照
年齢 1.03(0.98–1.08) 0.99(0.94–1.03) 1.01(0.97–1.06) 0.98(0.93–1.03) 0.99(0.95–1.04) 1.01(0.95–1.08) 1.11 **(1.03–1.20) 0.94(0.85–1.03)
BMI 1.16 *(1.00–1.35) 0.98(0.85–1.13) 1.23 **(1.06–1.43) 1.00(0.85–1.18) 1.00(0.85–1.16) 1.21 *(1.00–1.46) 1.05(0.78–1.42) 1.02(0.79–1.32)
生活の精神的な品質A 0.95(0.89–1.01) 0.90 *(0.84–0.96) 0.98(0.92–1.04) 0.97(0.92–1.04) 1.01(0.95–1.08) 1.00(0.92–1.09) 0.98(0.88–1.09) 0.96(0.87–1.05)
睡眠の質b 1.00(0.85–1.17) 1.12(0.96–1.31) 1.18 *(1.01–1.37) 1.30 **(1.09–1.54) 1.13(0.97–1.33) 1.03(0.83–1.28) 1.07(0.83–1.38) 1.07(0.83–1.39)
収縮期血圧(mmHg) 0.99(0.94–1.03) 1.01(0.97–1.05) 0.98(0.94–1.02) 0.97(0.92–1.02) 0.99(0.94–1.04) 0.99(0.93–1.05) 0.96(0.89–1.04) 0.99(0.91〜1.07)
習慣的な飲酒c 0.72(0.33〜1.55) 0.98(0.46〜2.09) 1.21(0.57–2.59) 3.02 **(1.29–7.03) 1.11(0.49–2.49) 1.02(0.35〜2.95) 1.89(0.49–7.36) 1.76(0.55–5.71)

注)

a精神的生活の質は、8項目の短形健康調査(SF-8)の精神成分サマリーの式で算出した。スコアが高いほど精神的生活の質が高いことを示す.
b睡眠の質はPittsburgh sleep quality index(日本語版)で測定した。スコアが高いほど睡眠の質が低いことを示す。
c習慣的飲酒には飲酒しない人は含まれていない。
*P<0.05,および
**P<0.01. 括弧内の数字はORの95%CI。
略語  BMI、body mass index。


議論

本研究では,四肢冷感と健康関連行動,健康状態,随伴症状との関係を記述した。四肢冷え症の女性は、血圧が低い、BMIが低い、精神的生活の質が低い、睡眠の質が低い、飲酒の習慣がある傾向があった。また、肩こり、倦怠感、腰痛、頭痛、鼻づまり、かゆみ、難聴、ケガなど様々な随伴症状があった。これらの徴候・症状のうち、血圧低下、BMI低下、肩こり、腰痛、頭痛、難聴、傷害はフランマー症候群に関する先行研究11,12ですでに言及されており、四肢の冷えが悪化するにつれてこれらの症状が現れやすくなっていた。睡眠の長期化や概日リズムの変化は以前にも言及されているが、四肢冷え症の女性における精神生活の質、睡眠の質、飲酒習慣についてはあまり研究されなかった。精神生活の質の低下、睡眠の質の低下、飲酒は、うつ病を含む精神疾患の兆候と考えられている20-24 。一方、医療サービスの利用率は 20%程度であり、四肢冷え症の重症度による有意差は見られなかった。また、現在の医療は専門性が高いため、個々の専門医がフラマー症候群と推定される患者の病歴をすべて把握しているとは限らない21 。このような女性の現在の医療サービスに対する認識を理解し、効果的なケアを開発するための研究を軽視してはならない。

このようなサービスの質を向上させるためには、四肢冷感症の対症療法だけでは不十分である。本研究で報告されているように、四肢冷感症の女性は先行研究と同様に多くの随伴症状を有している可能性がある26,27。また、基礎疾患や健康リスク行動の確認を省略してはならない。先行研究では、慢性鼻炎、胃十二指腸潰瘍、慢性胃炎、突発性難聴、甲状腺機能障害、正常眼圧緑内障などの眼疾患など、多くの疑わしい潜伏疾患が指摘されている1,8,20。睡眠障害は、感染症、心血管疾患やがんを含むいくつかの主要な医学的疾患、うつ病の発生率の危険因子として知られている28 。有害なアルコールの使用は、精神障害や行動障害を含む200以上の疾患や傷害状態の原因因子です29 。

四肢冷え症の女性の健康を効果的に認知し、促進するためには、四肢冷え症との因果関係を理解するための前向き研究が必要である。多重ロジスティック回帰分析の結果、四肢冷感症は腰痛や難聴などの症状と有意に関連していることが示された。このことから、四肢冷感症とこれらの症状には根本的な共通障害がある可能性が考えられる。21,25 これらの影響と慢性炎症、創傷治癒の遅れとの機能的な関連性は、研究が必要であるが、これらの症状の発症には一役買っている可能性がある25,30,31 。もう一つの可能性としては、四肢の冷えとこれらの症状との間に因果関係があることが考えられる。この場合、その原因(四肢冷え性または本症状のいずれか)を治療することで、患者の健康状態が改善されると考えられる。また、疲労は精神生活の質の低下と有意に関連しており、四肢寒冷症と負の関係にあった(傾向のP:<0.01)。同様に、頭痛は睡眠の質の低下や習慣的飲酒と有意に関連しており、これらは四肢冷え症と正の関連を示した([傾向に対するP:0.03]、[傾向に対するP:0.04])。これらの因子間の関係は複雑であるが、メンタルヘルス、睡眠の質、飲酒の管理が四肢冷感症の改善に有効な介入であるのか、あるいは四肢冷感症の改善が間接的に疲労や頭痛を改善するのかを判断するためには、これらの因子間の関係を理解することが不可欠である。さらなる研究が必要である。

本研究にはいくつかの強みがある。第一に、この疫学的評価は、臨床現場で行われたほとんどの先行研究とは異なり、一般的な分野で行われたことである1,26,27。1,26,27 これらの先行研究では、四肢冷感症の有病率は48%から66%であったが、本研究では軽度または重度の四肢冷感症の有病率は85%であった。さらなる研究が必要であるが、研究分野(臨床現場か一般現場か)の違いが有病率の違いに寄与していると考えるのが妥当である。前述したように、一般領域で四肢冷感症の女性は、臨床領域から遠ざかっているはずの現在の医療サービスでは満たされていないニーズを抱えている可能性がある。本研究は、四肢の冷えが女性の健康に及ぼす影響を明らかにすることに価値があると考えられる。第二に、健康に関連した行動、睡眠の質、メンタルヘルス、一般的な症状を調査した。これらの情報は、四肢冷感症の女性の疫学的特徴をより詳細に理解するのに役立つ。第三に、先行研究との整合性により、本研究の知見の妥当性が補強された。四肢冷感症の女性は、健康な人に比べて血圧、BMI、睡眠の質が低いことが知られている3,7-9。

この研究にはいくつかの制限がある。我々は女性のみを調査したが、四肢冷え症の男性は調査していない。Flammer症候群は男女ともに発症するが、過去の研究では男性の四肢冷感症の有病率は22%から39%でした1,26。また、サンプル数が少ないため統計的な力が弱く、結果の解釈が困難であった。例えば、重ロジスティック回帰分析では、説明変数と鼻づまりや怪我などの症状との間に有意な関連性は認められなかった。肩こりやかゆみはBMIのみと有意に関連していたが、四肢が冷えている女性はBMIが低い傾向にあった。これらの変数間の関係を詳細に調査するには、より多くの統計的な力が必要である。また、横断的な研究を行ったため、因果関係は検討されていない。サンプリングバイアスの影響は否定できなかった。

おわりに

本研究では、日本における女性の四肢冷感症の疫学的特徴を明らかにした。女性の四肢冷感症には様々な随伴症状や健康リスク行動がある。

四肢冷感症の対症療法は十分ではなく、女性の健康管理の質を向上させるためには、他の随伴症状を考慮した病歴、随伴症状、基礎疾患、健康リスク行動のスクリーニングを含めた総合的なケアが必要であると考えられる。また、四肢冷え症の女性のメンタルヘルスの把握、現状の医療サービスの認識、効果的なケアの開発のための研究が必要である。