3. ウクライナ危機/社会問題アンチウォードットコム

ウクライナ戦争に400億ドル追加:まだましな悪だと信じている人への警鐘
$40 Billion More the Ukraine War: A Wakeup Call for Those Who Still Believe in Lesser-Evilism

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

original.antiwar.com/ryan_costello/2022/05/15/40-billion-more-the-ukraine-war-a-wakeup-call-for-those-who-still-believe-in-lesser-evilism/

by Ryan Costello 投稿日: 2022年5月16日

米国下院は、ウクライナ戦争のための大規模な軍事「支援」パッケージを承認した。バイデン政権は当初、この戦争のために新たに330億ドルの資金を要求していたが、戦争支援に熱心な議会両党のリーダーたちは、これでは足りないとばかりに、今回のパッケージの総額を400億ドルに引き上げ、まさに途方もない額になってしまったのだ。この最新の兵器パッケージの前に、政権はすでに140億ドルを費やしていた。今回の支出は、(多くのアメリカ人が多額の負債、粉ミルクやその他の重要物資の不足、高騰するインフレに苦しんでいる時に)3ヶ月間でウクライナに費やした総額が、帳簿上540億ドル(スパイ機関への闇資金を除く)となっている。アフガニスタン戦争の公式年間予算は平均460億ドルだった。アメリカが数ヶ月の間にこの戦争に費やした金額は、ロシア軍全体の年間軍事予算に急速に近づいている。

このお金は、レイセオン、ロッキード・マーチン、ジェネラル・ダイナミクスなどの企業に流れている。これらの死の商人は軍産複合体を構成している。彼らは永久戦争経済を促進し、アメリカが国や社会全体を破壊し、何百万人もの死者を出し、過去数年間にイエメンで見られたような計り知れない恐怖をもたらすような、海外での破壊的戦争に関与し支援し続けることに既得権を持っている。このような企業や国家の悪党は、中国との新たな冷戦で得られる利益に涎を垂らしている。この世界支配をめぐる争いの中で、彼らはこの国の納税者を干上がらせる輝かしい機会を見ている。金持ちは税金を払わず、大企業も税金を払わないが、中間層や貧しい人々は干上がり、税率の上昇、給与の減少、赤熱インフレ(それ自体 2008年から何度も銀行を救済するための連邦準備制度の無謀な資金印刷の結果)によって債務奴隷や賃金奴隷に深く深く押し込まれている我が国の石から血を得ることを考えているのである。

しかし、いわゆる進歩的な民主党員は誰一人として、この武器庫に反対する気骨を見出すことができなかった。AOCも、イルハン・オマルも、誰一人としてだ。イエメンに関する彼らの無気力さ(トランプ大統領の下で戦争権限決議を提出し、彼が拒否権を行使することを知りながら、バイデンが大統領になった今、それを拒否する)パレスチナに関する彼らの姿勢(イスラエルへの軍事資金援助を一貫して交代で行う)その他無数の裏切りや偽善を考えれば、これはそう驚くことではない。

すべての「スクワッド」の中で、コリ・ブッシュだけが、法案への投票を正当化する声明を発表している。他のメンバーは沈黙を守り、「永遠の戦争」を終わらせるとあれほど約束したのに(明らかに空虚な)戦争マシーンに資金を提供することになぜ投票したのか、コメントを求める声にも応じないままである。ブッシュの発言は、スクワッドの遺産全体と同様、進歩的政治に対する哀れな言い訳である。まず、彼女はこの400億ドルの軍事資金は、「抑圧と専制に対するウクライナ国民の戦いを強化する 」ためのものだと主張している。彼女は、ヒラリー・クリントンから統合参謀本部議長に至るまで、米国の主要指導者がこの戦争をできるだけ長く引き延ばしてロシアから搾取したいと明言している事実には全く触れていない。このような紛争の長期化の過程で、ウクライナの人々がどのような代償を払うことになるかは想像に難くない。要するに、この法案は軍産複合体の懐を潤すものであると同時に、アメリカやNATOのライバルとしてロシアを弱体化させるためにウクライナを犠牲にするものでもある。多くの人が指摘しているように、アメリカのエリートたちは、最後のウクライナ人までロシアと戦うことを喜んでいるのだ。

ブッシュ大統領は声明の最後に、「すでに膨れ上がった国防総省の予算を考えると、このパッケージの大きさは批判を受けずにはいられないだろう」という中傷も入れている。私は、直接的な戦争のリスクの増大と、直接的な軍事的対立の可能性について、依然として懸念している。「これは、誰かが火にガソリンを注ぐのを手伝ってから、火が広がるリスクを懸念したままだと言うようなものである」 これが、ブッシュとその仲間たち、そして民主党のいわゆる進歩的と言われる人たち全体から期待できることだ。

このような「味方」が議会にいて、誰が敵を必要とするだろうか?クリス・ヘッジズ-イラク戦争に反対したためにニューヨークタイムズの中東支局長の職を追われた偉大なアメリカの公共知識人-は、この国で意味のある変化を得る唯一の方法は、民主党や共和党へのロビー活動や物乞いではなく、エリートを脅かす大衆運動、抗議、不服従の行為によってだとしばしば強調してきた。1930年代のボーナスマーチャー(第一次世界大戦の退役軍人で、政府がボーナスの支払いを拒否したことに抗議する)の力強い運動から、石炭ストライキ、公民権運動における市民的不服従の行為まで、この国の変化は常に、ワシントンの退廃し腐敗したエリートではなく、地の塩である一般市民によって推進されてきた。

今こそ、ワシントンのいわゆる代表者に対する幻想を捨て、二つの悪のうちでより小さいとされる民主党の嘘を信じるのをやめ、新たな反戦運動を構築するための努力を倍加すべき時である。同様に、数十人の共和党員が400億ドルに反対票を投じたが、これは共和党が真の変革の手段となりうると楽観視する理由にはならない。イラク戦争のとき、抗議が大きくなると、多くの民主党議員はブッシュ大統領のときには戦争に反対するふりをし、オバマ大統領が選出されると戦争拡大と無人爆撃機の継続を支持し、法廷劇を繰り広げた。ハワード・ジンが『A People’s History of the United States』で何度も指摘しているように、二つの政党は企業の独占的支配という一つの統一されたシステムの一部である。両党は、我が国のほぼすべての側面を寡頭政治的に支配するこのシステムを変えようとする運動を共闘させ、惑わせ、最終的に破壊するために存在しているのである。

私たちが民主党や共和党の政治に従順である限り、私たちの運動は食い物にされ、変節し、吐き戻される。企業国家と軍産複合体の柔軟な手先として再生され、最も軽い批判しかできず、この国を支配し私たちすべてを第三次大戦の縁に向かって追いやる巨悪の策略に立ち向かうことができない、まったく無力な存在となるのである。

 

ライアン・コステロは、ニューヨークで「戦争と軍国主義に反対する連合」の組織者であり、イエメン平和祈願祭のメンバーでもある。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました