18-HEPE・17-HDHA(SPMアクティブ)

18-HEPE・17-HDHA (SPM-Active)

免責事項をお読みください。

「SPM Active」の画像検索結果

リコード法

炎症部位で産生されるレゾルビン、プロテクチン、マレシンといったSPM(炎症収束作用をもつ特異的メディエーター)は、抗炎症作動薬として作用する。

このSPMは身体自身に備わる抗炎症メカニズムだが、それらが正常に働かない場合、SPMアクティブは抗炎症作動薬として作用してくれる。

摂取方法

一日2~6カプセルを一ヶ月間だけ継続

摂取中は特に偏食や感染など慢性的炎症を誘導する根本原因を除去することが重要

SPM Active(Metagenics)

https://www.metagenics.com/spm-active


クリルオイルにも含まれる。

8-HEPE、9-HEPE、12-HEPEおよび18-HEPEは、PPARリガンドとして働く。
 
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24668940

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27033423
 

17-HDHA/17-hydroxy-docosahexaenoic acid(17-HDoHE)

対照試験 アスピリンとオメガ3脂肪酸の並列投与

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26561623


マウスの腹腔内でエイコサペンタエン酸(EPA)から代謝された17,18-EpETEhは内因性の抗炎症性代謝経路を強力に活性しえる。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24128889


レゾルビン前駆体である17-HDHAの投与は、変形性関節症および急性炎症性疼痛の動物モデルにおいて強い鎮静効果をもつ。

DHAと17-HDHAの相関は控えめであり、DHA投与によって17-HDHAの抗侵害受容効果が強く調節される可能性は低い。代謝経路の効率に依存する可能性がある。

疼痛への作用メカニズム候補

・高レベルの17-HDHAが高レベルの17-HpDHAを誘導し、プロテインD1へのエポキシ化が可能であること。

・17-HDHAの阻害効果によるレゾルビンD4の効果。

・17-HDHAが一過性受容体電位(transient receptor potential: TRP)機能に直接的な影響をおよぼす。

・17-HDHAの疼痛に及ぼすメカニズムとして考えられる候補に、17-HDHA、17-oxoDHAの代謝産物がPPARαおよびPPARγアゴニストとして作用している可能性がある。

https://www.nature.com/articles/s41598-017-09516-3


17-HDHAは、オメガ3脂肪酸ドコサヘキサエン酸(DHA)の代謝産物であり、D-シリーズレゾルビンの前駆体である。しかし、オメガ3脂肪酸の高用量と低用量のランダム化比較対照試験で高用量投与のオメガ3により高い有益性は認められなかった。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26353789?dopt=Abstract


画像、イラストなどを保持する外部ファイル。オブジェクト名はfphar-07-00274-g001.jpgです。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5013256/
 
 

18-HEPE/18-hydroxy-eicosapentaenoic acid

これまで、オメガ3脂肪酸の主な抗炎症作用は、アラキドン酸代謝系の酵素と競合することによるものと考えられていたが、オメガ3の代謝物である18-HEPEが、慢性炎症を抑制に積極的に関わる炎症制御分子であることがマウスの実験により示された。

オメガ3脂肪酸の代謝にはマクロファージが重要な役割を担う。

https://www.jst.go.jp/pr/announce/20140721-2/index.html

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25049337

Translate »