sd-LDL/超悪玉コレステロール

sd-LDL/超悪玉コレステロール

免責事項をお読みください。

キーワード:small dense LDL,酸化LDL(MDA-LDL),LDL-p,

概要

これまで、悪玉コレステロールとされていたLDLが基準値内であっても、動脈硬化に進みやすい人が一定数存在しており、近年の研究でLDLの粒子サイズによってリスクが大きく異なることがわかってきた。

LDL自体は現在では悪玉コレステロールとは認識されていない。

sd-LDLの特徴

・細胞壁を通過しやすい

・化学的酸化反応産物の生成時間が短い

・細胞表面の遊離コレステロール濃度が低い

・コレステロールだけでなく脂溶性の抗酸化物質の含有量も少ないため、酸化ストレスの影響を受けやすい

・LDL受容体への親和性が低い。

・異化速度が遅い

・血中の滞在時間が通常のLDLの1.5倍長い(正常LDLが平均2日に対してsd-LDLは5日間)

・フォスフォリパーゼA2活性が亢進する。

・細胞表面リン脂質の含有量が減少 apoB-100の専有面積が増加する。

・細胞外基質であるプロテオグリカンとの結合能が強い。

以上の理由により、sd-LDLは血管壁に蓄積しやすく、かつ酸化LDLになりやすいため、動脈硬化を引き起こしやすいと考えられている。

www.jstage.jst.go.jp/article/shinzo/43/4/43_444/_pdf

sd-LDLの測定

LDL小型粒子は比重が重いためsd-LDL(small dense LDL)と呼ばれる。

大型の粒子はld-LDL(large dense LDL)

sd-LDL 粒子径は25.5nm以下 比重 1.040 – 1.063gml 

通常のLDL 粒子径25.5nm以下 比重 1.019 – 1.044g/ml

sd-LDLの測定は容易ではない。一般検査の目安としては中性脂肪

LDL粒子サイズを規定する最も強力な因子は中性脂肪(TG)濃度

LDL粒子径は、中性脂肪(TG)値と有意な負の相関を示す。

それ以外ではLDL/Apo B値120mg/dlが目安

インスリン抵抗性はsd-LDLの生成を誘導する。

www.jstage.jst.go.jp/article/shinzo/43/4/43_444/_pdf

ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%9D%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA


non-HDL-C、dLDL-C、cLDL-C値からのsdLDL-C濃度の推定。

academic.oup.com/ajcp/article/136/1/20/1765955

LDL粒子サイズを小さくする要因

LDLはコレステロールだけでなく、中鎖脂肪酸、脂溶性ビタミン、抗酸化物質をも運搬し、供給する。

しかし、LDL粒子が運搬することのできる量には限りが有り、中鎖脂肪酸の数値が増加するにつれ、コレステロールの運搬量は減少する。

肝臓は多くのコレステロールを体内に運ぼうとするために、多くのLDL粒子を産生する。これによりLDL粒子数が増加し、LDLの粒子サイズは小型化する。

chriskresser.com/what-causes-elevated-ldl-particle-number/

インスリン抵抗性・メタボリックシンドローム

最高レベルのLDL粒子数を有する参加者は、最低レベルのLDL-Pを有する参加者よりもメタボリックシンドロームを有する可能性が2.8倍高かった。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21960651


30万人規模の研究で、LDL粒子数とメタボリックシンドローム(インスリン抵抗性、肥満、高血圧)との強い関連が見出された。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15345795

甲状腺ホルモン

甲状腺ホルモンはまた、肝臓および他の組織の細胞表面上のLDL受容体の発現を増加させる。甲状腺機能低下症では、細胞上のLDL受容体の数が減少する。

これにより血清からのLDLクリアランスが減少することにより、高いLDLレベルを誘導する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22205712


無症候性の甲状腺機能低下症患者(T4,T3正常、TSH高値)のLDL粒子数は高い。

LDL粒子数は甲状腺ホルモン補充療法後に減少する。

academic.oup.com/jcem/article/97/2/326/2836270

感染症

コレステロール高値の症例と、Chlamydia pneumoniaeH. pyloriのような十二指腸潰瘍を引き起こす細菌、ヘルペスサイトメガロウイルス、ウイルス感染と、高コレステロールと関連することがいくつかの研究で示されている。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21454155


CagA陽性ヘリコバクター・ピロリ(H.pylori)感染患者では、ApoB、LDL粒子数、中鎖脂肪酸濃度、高感度CRPが有意に上昇。冠動脈アテローム性動脈硬化症に関与する可能性

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20503072


ウイルス性、細菌性感染症は、感染細胞の脂質代謝を直接変化させることが示唆されている。

感染を阻止しようとする生体の防御反応により脂質が増加することが研究で示唆されている。

また、LDLは抗菌特性を有し、微生物病原体を不活性化することに直接関与しているという証拠も示されている。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8617867

リーキーガット

リーキーガットが血中のLPSおよびエンドトキシン濃度を上昇させることにより、LDL粒子数を増加させる可能性がある。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC199173/

sd-LDL粒子数を減らす・LDL粒子サイズを大きくする

中鎖脂肪酸を低下させる

食事
運動

スタチン

スタチンは用量依存的にすべてのLDL粒子数を減少させる。

sd-LDLが多い冠動脈疾患患者では、高用量スタチンが効果を示した。

www.jstage.jst.go.jp/article/shinzo/43/4/43_444/_pdf

www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0914508715001756


スタチンは、sd-LDLを減少させない。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2929871/

フィブラート

スタチンとフィブラートの両方が高脂血症患者のsd-LDL粒子を減少させる。

スタチンはsd-LDLを含む総LDLを減少させるが、フィブラートはsd-LDLを特異的に減少させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17587764


フェノフィブラートの長期にわたる治療は、2型糖尿病患者の中鎖脂肪酸を低下させ、LDL粒子経を増加させる。

care.diabetesjournals.org/content/25/3/627

食物性ステロール

高コレステロール血症小児および若者へのステロールを豊富に含む食事の補給(一日2g)は、sd-LDLを減少させ有益な効果をもたらした。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4018958/


食品に含まれるステロール 

100gあたり

ごま 714mg

とうもろこし 177mg

大豆 160mg

いんげん 127mg

かんぴょう 118mg

小豆 76mg

ブロッコリー 49mg

枝豆 49mg

いちじく 31mg

www.jfrl.or.jp/jfrlnews/files/news_no57.pdf

ナイアシン

スタチン、フィブラートおよびナイアシンがsd-LDL濃度を低下させ、LDLコレステロールを正常化させる可能性がある。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15671087

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15539965

onlinelibrary.wiley.com/doi/pdf/10.1111/j.1520-037X.2004.3129.x

認知症関連

LDLは血液脳関門を通過しない。しかし高い中鎖脂肪酸と低いHDLコレステロールを有する被験者では、血液脳関門の機能変化により影響を受ける可能性がある。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23635406


血管性認知症患者の低密度リポタンパク質(LDL)粒子サイズ、および頸動脈内膜厚(IMT)は逆相関しており、独立した危険因子である。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15045695


36例のアルツハイマー病患者の1年間の追跡調査 75%にBBB障害、47%に異常脂質血症が見られた。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22654903/

Translate »