アルツハイマー病患者を介護する家族の苦悩(動画)

アルツハイマー病介護の悲痛な日々

「辛い、とても辛いわ… 同じ人なのにまったく違う人を見るというのは」

「わたしの母はとても元気で快活な人だったわ、今の彼女は何もしようとしない」

「他の人が母を見る時、彼らは彼女を今の見たままの人として見るでしょう。でも私が彼女を見る時、私の知っている過去の元気な母の姿を思い見てしまうの。」

「まるで毎日喪に服しているかのようだわ、、だって、毎日母を見る度に、母の小さな何かが死んでいく、少しずつ奪われるのよ。」

「自分をもっとも深く知る人が消えようとしている、自分が生まれる前から自分のことを知っていた人が…  その人と自分のつながりが失くなることで、私も少しずつ死んでいるこし、娘である私が死んでしまうことでもあるの」

「失うのは本当に辛い… 目の前に存在する人と、つながりを感じることができないのは」

「他のすべての闘う病気は、肉体的なものでしょう。ガンだったり、でも他の病気はその人のままだわ、その人が昔もそうであったように今も同じ人だわ、そしてまだ話もできる。そしてまだその人を見ても、その人のキャラクターや性格はそこに生きている。でもこの病気は、新しい人と毎日会っているような気になるの」

「時々、私はとても孤独な気持ちになるわ。というのも私はいつもみんなをハッピーにしようとしているの。母へ自分のベストを尽くそうとしている。父へもできる限りのことを尽くそうとしているけど父は母に対して一日中不満をもっているの。」

お父さん… 私はだれ?

娘「私が誰だかわかる?」

父「わからない」

娘「顔をあげて私を見て」「私は誰?」

父「眼鏡がどこにいったかわからない」

娘「ほら、私が近づくから、まっすぐ私を見て、私の手を見てみて、私は誰?」

「指を噛まないで、噛まないでお父さん、お父さん」

「私が誰だかわかる?」

父「わからない」

娘「あなたには娘がいる?」

父「私に娘がいる?私には娘がいたか、いないと思う」

娘「いないの?」

父「本当にわからない。どうして覚えているんだ?わからないんだ。」

「なんて名前なんだ」

娘「キャリアン」

父「キャリアン?」

娘「そう、思い出した?」

父「そういう意味じゃないんだ」

娘「わからない?」

父「わからない…」

娘「私がキャリアンなの」

父「……」

娘「聞いてる?」

父「キャリアン…」

娘「そう、私がキャリアンなの、私の名前はキャリアン、あなたの娘よ」

父「わからない…、でもそれはいいことだ」

アルツハイマー病中期に進行した父の行動

10分の間に起きたこと

息子

「ゴミをトイレに捨てたらだめだよ、ゴミはここ」

「(猫のトイレ砂)手で触らないで、病気になるよ」

「石鹸を使ったら手を水で流して」

「もう片方の手も洗い流して、反対の手も水で洗い流さないと、お願いだから」

「何を探しているの」

「落ち着いて、むこうにいってテレビを見よう」

「何かベッドに問題がある?」

アルツハイマー病の父の週末 自宅での15分間

この15分間はとてもベストな状態だった。

この日の朝、父は自分のベッドの上で用を足した。

アルツハイマー病の母とわたし

アルツハイマー病、母、私

“母はほとんどいつも歯ぎしりをしている。”

“母の握る力は驚くほど強い…”

“母への訪問はこういう感じで何年もたつ…”

“時々私は彼女の歯ぎしり”活動”に我慢ができなくなる。”

“今日は…我慢ができた…”

“母の歯は文字通り歯ぎしりで壊れている。”

“顎と歯を守る医療的な予防処置は役にたたなかった。”

“時々私は母のことを「ジョアン」と呼んだり、別のときには「お母さん」と呼んだりする。どちらかの名前で呼ぶことで母から反応をもらえることがある。”

“会話は意味をなさない。”

“母が60代の時にすべては始まった。”

“私は母のことを理解したふりをする。”

“彼女はまだ「ジョアン」だわ。”

“そしてまだ「私の母」…”

“私は本当に母を愛している。”

“…そして、母はそのことをまだわかっていると思う。”

若年性アルツハイマー病 わたしの母 コーラ

コーラを飲む若年性アルツハイマー病の母

わたしの母のアルツハイマー病

彼女は飲み込むことを忘れてしまい、食べ物を食べることができなくなっている。

胃ろうで栄養を投与するか、このまま自然に任せて餓死させるか家族は迫られている。

Translate »