産業界が人命よりも利益を重視するとき
イスラエルでの破滅的な戦争に至る長い道のりを振り返る

強調オフ

パレスチナ・イスラエルロシア・ウクライナ戦争・国際政治

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

When Industry Values Profits Over Human Life

www.midwesterndoctor.com/p/when-industry-values-profits-over

2023/10/14

一目でわかるストーリー

  • 略奪的な産業は、可能な限り多くの金儲けをするために一貫したプレイブックを採用する傾向があり、そうしている間に甚大な人的被害を引き起こすことが多い。
  • 最も残酷な産業のひとつが軍産複合体であり、この産業は繁栄するために人間の死を必要とし、製薬産業と類似点が多い。
  • バイデンが大統領に就任して以来、彼はこうした略奪的産業のニーズを優先させるために多大な労力を費やしており、その中には現代史で最も破滅的な紛争のいくつかを引き起こすことも含まれている。
  • 現在のイスラエル戦争の影響は、おそらく未来にまで波及するだろう。したがって、この記事の最後の部分では、何がこの戦争を引き起こしたのか、そしてそれらの略奪産業がどのような役割を果たしたのかについても検証する。これは非常に論議を呼びそうな、しかし重大なテーマであるため、私はこの数日間、現地の関係者に連絡を取り、可能な限り客観的かつ正確な方法で状況を紹介できるようにした。

注:この記事が最初に投稿されたとき、コメントはSubstack上で誤動作していたが、現在システムはコメントを残せるようになっている。

 

人類には善と悪の両面があり、私の目には、戦争がその悪を最も明確に体現しているように映る。残念なことに、戦争は一般的に人目に触れず、意識されることもないため、戦争が誰かの前に現れるまでは、このテーマに対して無関心である。

第二次世界大戦以来、私たちはかなり珍しい時代に生きてきた。つい最近まで、大規模な戦争は(朝鮮戦争を除いて)消滅していた。私の理解では、この「平和」は、国際社会が戦争という兵器があまりにも破壊的で、あまりにも多くの予期せぬ結果をもたらす可能性が高いことに気づいた結果である。その結果、大規模な戦争を防ぐために、第二次世界大戦後、さまざまな枠組みが導入された(たとえば、国連は国家間の紛争に対処する場として機能し、現在では大規模な戦争を回避するためのさまざまな広範な経済的インセンティブが存在する)。

しかし悲しいことに、いまだに起きている(そして一般的には人目に触れず、意識されることもない)小規模な戦争では、有史以来人類を苦しめてきた弊害が存分に発揮されている。その根底には、2つの中心的な問題があると私は考えている:

1つ目は、人間には動物的な本性があり、ある状況下ではそれが表に出て、平和な時代に育った人間にはほとんど考えられないような恐ろしいことを特定の人間にさせてしまうということだ。

もうひとつは、金と権力への欲望は、その欲望を追求する際に、誰が被害を受けるかということをしばしば優先してしまうということである。

権力と視点

歴史を通じて多くの人々が観察してきた不幸なことのひとつは、(政府や企業など)権力の座につくと、権力を持つ人々に対して非常にひどい仕打ちをする傾向があるということだ。このような観察から、政府にとって最も重要なことは、政府の権力を抑制する多くのものが存在することだという考えが生まれた。

この現象を説明するために私が見た最も一般的な説明のひとつは、権力者は社会病質者であり、自分たちの利益のためなら大勢の人を傷つけても構わないというものだ。人間のヒエラルキーは常に、自分の目的を達成するために他人を傷つけることを厭わない、最も冷酷な人間に報いるものであるため、社会病質者が必然的に権力の座を占めることになる。

これは事実だが、私は、あからさまに社会病質者ではない人が、「そうしなければならない」と思われたために、恐ろしいことを実行するケースも多いことに気づいている。例えば、ファインスタイン上院議員が亡くなった直後(ワクチンによる傷害の可能性が高い)、世界トップの武器査察官の一人がこのようなことを話していた:

 

スコット・リッター

ダイアン・ファインスタイン上院議員とは、2003年のイラク侵攻を前にして一度だけ会ったことがある。彼女はつい最近(2001年)上院情報特別委員会に配属されたばかりで、その際、イラクの大量破壊兵器と、イラクが大量破壊兵器を保有し続けているというブッシュ政権の主張についてブリーフィングするためにワシントンDCに来てほしいと、同委員会の上級職員に頼まれたのだ。私たちは首都ビルの安全な会議室で、私と上院議員、そして6人のスタッフと補佐官とで会った。上院議員が質問し、メモを取るという、礼儀正しくプロフェッショナルな会合だった。やがて彼女は私に詰め寄った。「あなたは世界の目から見てアメリカの印象を悪くしている」。私は、私の分析と基礎となる事実は揺るぎないものだと答えた。私は、彼女が機密情報を明かせないことは承知しているが、イラクが大量破壊兵器を保持しているという明白な証拠を見たと私の目を見て言うことができれば、私は黙って立ち去ると言った。彼女は従者を見、そして私を見た。「そのような情報は見ていない」と彼女は答えた。彼女はブリーフィングに感謝し、”考える材料 “を与えてくれたと言った。

2002年10月11日、ファインスタイン上院議員はイラク戦争承認決議に賛成票を投じた。その後、彼女はブッシュ政権と悪い情報に惑わされたと語った。

私はファインスタイン上院議員を、真実によって力を与えられながら、それに基づいて行動する道徳的勇気を欠いた人物として、永遠に知ることになるだろう。何千人ものアメリカ人と何十万人ものイラク人の血が、彼女の魂を汚している。彼女が創造主の御前で裁きを受けるとき、相応の罰を受けることを願っている。

上記の例では、ファインスタインは自分のしていることが間違っていることを知っていたが、それに従うしかないと感じていたことがわかる。これはCOVID-19の時に見られたことと似ていない。多くの指導者たちは、封鎖、早期治療の抑制、ワクチン接種が正しいことではないとわかっていたが、それでもやらなければならないと感じ、それに従ったのだ。

社会病質は大きな問題だが、ファインスタインの例は、私がより大きな問題だと考えていること、つまり無関心を示している。

さまざまな研究が示唆するところによれば、(ほとんどの)人間は他人の人生に立ち会う能力が限られており、その上限は150人程度らしい。このため、人間のさまざまな制度は、その中に何人の人間がいるかによって運用が大きく異なってくる。例えば、村のような小さな社会(誰もが他の誰とも顔見知り)では民主主義がうまく機能するが、大きな社会(誰もが他の誰とも顔見知りであることがもはや不可能な社会)では、抽象的な枠組みが必然的に生まれ、それが人間同士のつながりや統合の代わりとなる。

注:私は、自分の周囲で起きていることや、自分の行動によって人々がどのような影響を受けるかについて、より広い視野で見ることができる個人もいると信じている。歴史的に、このような人々は最高のリーダーとして知られてきた。残念なことに、現代では、政治的なプロセスでこのような資質が選ばれることがなくなり、また、多くの人々の苦しみを目撃する能力を養う精神的な修行が社会で広く奨励されなくなったため、指導者にこのような資質が見られることはほとんどない。

その最も一般的な結果のひとつは、人々が権力の座につくと、彼らが仕える人々が人間という存在から抽象的な概念にすり替わってしまうことである。その結果、個人よりも集団に有利な政策が選択され、集団心理や「大衆形成」(これはかなり社会病的であることもある)がそのリーダーシップを引き継ぐことが多い。同様に、私が働いてきた数多くの機関が、その使命(例えば、市民に奉仕する)から、単に機関を守ること(例えば、機関の悪事を隠蔽すること)に切り替わるのを見てきた。例えば、悲惨な炭疽菌ワクチンによって重傷を負った多くの退役軍人の一人の話を考えてみよう:

COVID以前は、有毒な炭疽菌ワクチンが軍に義務付けられ、10万人以上が障害を負った。

多くの人が義務化と闘おうとし、軍隊で目撃した傷害に対して声を上げた。

ある大尉の、組織についてのこの言葉は、私の心にいつも引っかかっている。

私が権力者のそばにいる貴重な機会を得たときはいつも、彼らは実際に周囲の人々を気遣い、正しいことをする善人でありたいと思っているように見えた。しかし、多くの人々の前に姿を現すことができないために、ファインスタインのように、自分たちの行動の人間的な代償から自分自身を切り離すことを許してしまったのだ。真の社会病質者であれば、他人のことなど気にしたことがなく、権力を握ったところであまり変わらないが、一般的な人間であれば、自分の責任に心が押しつぶされると社会病質者になってしまう。

このため、彼らが「仕える」人々はモノとなり、ひとたび誰かがモノとなれば、彼らに非常に悪いことをすることを正当化することが可能となり、それに対して何の反省もしなくなる(例えば、ハマスのメンバーがイスラエル人に対してこのような視点を持っていることを、最近世界の多くの人々が目の当たりにした)。同様に、私が働いてきた多くの施設では、私たちが奉仕するはずの人々(例えば、気難しい患者)が、人間としてではなく対象として見られるようになり、非常に粗末に扱われるようになるのを繰り返し見てきた-(特に、彼らが施設の福利を脅かす場合)。

この「ソシオパシー」は、企業内で最も容易に観察される。なぜなら、企業はその構造上、責任者をその行動の結果から切り離すと同時に、多くの責任者に金儲けのためなら何でもするよう圧力をかけるからである。製薬業界に反対を表明したファイザーの元幹部、ピーター・ロストの言葉を考えてみよう:

この業界とマフィアの間に類似点が多いのは恐ろしいことだ。マフィアはこの業界と同じように莫大な金を稼ぐ。組織犯罪の副作用は殺人と死だが、この業界でも副作用は同じだ。マフィアが政治家などに賄賂を贈るのは、麻薬業界も同じだ。違うのは、麻薬業界の人々は皆、自分たちのことを–まあ、99パーセントはそうだろうが–銀行強盗をするような市民ではなく、遵法市民だと思っている。戦争の残虐行為と同じようなもので、人は自分にはできないと思っていることをやってしまう。集団の中にいると、人は普通ならやらないようなこともできるようになる。

同様に、私は別の製薬会社の重役とやり取りをしたことがあるが、その重役は、一緒に働いている人の大半は悪い人ではないが、同時に、その考えが企業の収益や株式価値を脅かす場合、自社製品の不快な結果(例えばワクチンの毒性)に対して心を閉ざすことを頻繁に選択する、と話していた。その幹部は、主な問題は、既存の企業構造が悪いことをするメンバーをその行為に対する責任から守ることであり、企業リーダーの社会病質的行動に対する唯一の効果的な抑止力は、その行為に対する刑事罰であるという信念を共有していた。

お金の価値

社会で繰り返されてきた中心的な議論のひとつは、最終的にお金は良いものなのか、それとも悪いものなのかというものだ。お金に対する賛否両論の多くは、現在の企業構造を反映している。

貨幣を支持する古典的な議論は、貨幣が経済を潤滑にし、社会の繁栄に必要な多くのことを迅速に実現させるというものだ。例えばこうだ:

  • お金は、人々が働き、あらゆるものを動かす動機となる。
  • お金は社会の形成者たちに、社会を発展させるプロジェクトを実行するリスクを引き受ける気にさせる。
  • 貨幣は、市場が財やサービスの公正な価値を決定することを可能にする。
  • 貨幣は、市場が商品やサービスを効率的に生産し、手頃な価格で販売できるよう動機付ける。
  • 貨幣は、人々が財やサービスを迅速かつ容易に交換することを可能にする。

そのどれもが決定的に重要であり、そのどれもが存在しなければ、現代社会で私たちが当たり前だと思っていることの多くは、決して出現しなかったかもしれない。経済の生命線を先細りにすることは、その経済を事実上死滅させるからだ(例えば、COVID-19がグローバル・サプライ・チェーンを部分的に停止させたことで、どれだけの問題が生じたかを考えてみよう)。

逆に、お金はしばしば諸悪の根源と見なされる。なぜなら、お金は人々をお金のために(多くの場合、必要でさえない)非常に悪いことをする気にさせるからだ。私自身の内省から、お金の中心的な問題点は次のようなものだと考えている:

  • 私たちが参加する経済的交換の人的コストから私たちを切り離す。例えば、店頭で売られている多くの商品の廉価版の一部は、しばしば人間による搾取によって生産されている(例えば、エビは残酷な奴隷労働によって生産されていることで有名だ)。そのため、お金を節約するために搾取的な商品を購入することで、最終的にはその商品を生産するために必要な奴隷労働に責任を負うことになる。前節で述べたように、この断絶は既存の企業構造の中で重大な結果をもたらす。
  • 貨幣には本来、本質的な価値はない。むしろその価値は、社会が貨幣に寄せる集団的な信仰の産物に過ぎず、それがさまざまな問題を引き起こしている。例えば、私の信仰では、存在しないものに自分の存在を固定することは、精神的に重大な結果をもたらすと考えている。同様に、お金は存在しないので、誰が持っているのか(人々は、実際にそれを得るために何かをしたわけでもないのに、急速に莫大な富を得ることができる)、どれくらいの価値があるのか(ハイパーインフレの時期によく見られることである)など、あっという間に変わってしまう可能性がある。

注:ルドルフ・シュタイナーは、世界について様々な驚くべき洞察力を持っていた有名な神秘主義者であり、今日に至るまで、彼の作品の信奉者が数多くいる(例えば、ウォルドルフ学校はシュタイナーから生まれた)。シュタイナーの信念のひとつは、私たちはお金との関わり方を変える必要があり、他人(例えば、お金を預けた銀行)がそのお金を使って他人を傷つけた場合、私たちは自分の投資に対して精神的な責任を負うというものだった。私はこれを信じているし、他のスピリチュアルな教師たち(シュタイナーのことを聞いたことがない人たち)も同じ結論に達している。

人の命より利益

私はオルタナティブ文学を読んで育ったが、それは(今は亡き)親戚の影響によるところが大きかった。その親戚は、海外で行われたブラックオプスに立ち会ったことがあり、投資家がその土地を欲しがったために、傭兵によってある村が無残に処刑されたときに立ち会うという不幸に見舞われたと話してくれた。世界の現状を深く憂慮するだけでなく、このようなことから私は、一日の終わりに、「本当は何が真実なのだろう?」と考えるようになった。

子供の頃にその探究が始まって以来、私は、人間の本質的なニーズ(例えば、輸送、食糧生産、水生産、教育、医療など)を満たす非常に効果的なテクノロジーが、ビジネスの利益を守るために葬り去られたという話を数え切れないほど聞いてきた。このことから私は、ある政党が「社会を乗っ取ろう」と思えばいつでも、生命に不可欠な各資源を独占しようとするだろうという仮説を立てた。なぜなら、それは非常に有利であることに加え、その資源に依存している人口が、その資源を提供するシステムに反抗することを不可能にするからである。

例えば、共産主義政権が権力を握るたびに、その最初の動きのひとつは、独立農民を排除して食料を国家からしか入手できないようにすることだ。その過程では、大規模な殺戮が必要となることもある。ウクライナにおけるスターリンのホロドモール(毛沢東の大躍進)が最もよく示している。

抑圧された生命維持に不可欠な技術の中で、私が常に最も惹かれているのは、エネルギーと医療の2つの分野である。これは私が医者になろうと思った重要な動機のひとつであり、その道なら、抑圧された医療技術革新について読んだ「陰謀説」が真実かどうかを直接確かめることができると思ったからである(実際に試してみて、効果があるかどうかを確かめることができるからだ)。

注:現時点では、忘れ去られた医療技術の中には信じられないようなものもあれば、ガラクタ同然のものもある。同様に、代替エネルギーの分野でも、私がデマだった可能性が高いと思う「革命的な」技術がたくさんあるが、同時に、私が効果があると知っていて、私たちが今日直面している問題の多くをすぐに解決できるはずなのに、もちろん日の目を見ることのない既存の技術もたくさんある(ここでさらに詳しく論じた)。

市場を切り開く

これらの分野で起こったことをすべて見てみると、同じ脚本が何度も繰り返されていることがわかった:

  • 製品の継続的な需要を生み出し、その市場を可能な限り大きくする。
  • 販売されるものが市場のニーズに完全に応えられないようにする(それによって、希少性モデルによって価格をつり上げ、製品を無限に販売できるようにする)。
  • 製品のマークアップを可能な限り大きくする。
  • 儲かる独占を維持するために、競合他社を市場から締め出すために必要なことは何でもする。

上記の原則を見ると、それほど革命的なものには見えない。私が本当にやったことは、入門的なビジネスの原則を再掲しただけだ。しかし、一歩引いて考えてみれば、もしこれらがビジネスにおいて従うべき公理として扱われ、同時にそれを実行するものが、その行動の人的コストから切り離されるようになったら、どういうことになるかを考えてみよう。別の言い方をすれば、どんな大きな産業でも、その利益を守るために極端な手段をとるということだ。

例えば、医学の世界では、衰弱させる病気の治療法を市場に出さず、患者が手放せない薬に法外な料金を請求し、他人に大きな害を与える毒物を市場に押し出すことを一顧だにしない(特に、その副作用の治療で金が儲かるのだから)ことが正当化される。さらに重要なことは、政府公認の医療独占を得ることで大金が手に入るため、それを実現するために政府への賄賂が大量に使われ、その賄賂を効果的に促進するための確立された仕組みが数多く存在することである。

注:COVID-19で私たちが目にした惨事は、このような歯止めなき腐敗が連邦政府内に転移した結果であったため、最近の記事で取り上げた。そこでの指摘のほとんどは、軍産複合体内の腐敗にも同様に当てはまる。

軍産複合体

私は幼少期を過ごしたこともあり、戦争について非常に強く感じている。戦争についての悲劇的なことは、誰かがそれを直接目にしない限り、人々は戦争がどれほど恐ろしいものなのか、そして紛争地帯にいる人々から何が生まれるのかを正確に把握することができないということだ。残念なことに、ベトナム戦争(政府に対する国民の信頼を失墜させた)の後、米軍は、国家的プロパガンダ装置によってすべての殺戮を検閲し、それぞれの戦争に肯定的な見解を提供しさえすれば、ほとんどの市民は何が起ころうと気にしないことに気づいた。ジョージ・オーウェルの不朽の名言を少し考えてみよう:

「すべての戦争プロパガンダ、すべての叫び声、嘘、憎しみは、常に戦っていない人々からもたらされる」

現代の大きな課題のひとつは、責任者たちだけが断絶しているのではなく、誰もが倦怠感に苛まれ、かつて私たちを人生や周囲のあらゆるものと結びつけていたものの多くからひどく切り離されているということだ。このような倦怠感のせいで、自分に直接関係のない困難なトピックについて、その重要性や間接的なコストにかかわらず、人々の意欲をかき立てるのは極めて困難であることが多い。これは要するに、私たちが巻き込まれる正当な理由もない、現在の高価な戦争が何であれ、人々の意識を高めようとしたときに私が感じた葛藤を表している。

大学時代、私は医師になることがこの問題に対する完璧な解決策になると気づいた。というのも、医療において人間の苦しみを利用して利益を得ようとする略奪勢力は、他の数多くの分野でも同じことをしているからだ。しかし、医学のユニークな点は、人々がこの略奪的な行為が自分たちにどのような害を与えているかを直接見ることができ、その結果、それに対して何かをしようという気になり、それによって私たちの精神的な倦怠感を打破する方法を提供してくれることである。

私の理論では、最悪のシナリオでは、私は数人の個人(患者)の人生に大きな変化をもたらすことができる。しかし、最善のシナリオでは(医療システムがその患者を虐待していたと仮定すれば)、いったん彼らが医療産複合体に対してレッドピルを打ち、機能する能力を取り戻せば、自分たちの経験が他の分野でもどのように起こっているかに目を向け、それについても何かを始めようという気になるだろう。

繰り返される武器販売

私が生きてきた間、アメリカがどれだけ多くの戦争に巻き込まれ、自国民を助けるために使われるべき資金が、遠く離れた土地の人々を吹き飛ばすために使われてきたか、気づかないわけにはいかなかった。現時点では、アメリカの行動の主な動機は次のようなものだと思う:

  • 世界の他の国々を威嚇し、アメリカに従属させる。
  • パンデミック産業複合体に資金を供給するために国がひっくり返されたCOVID-19の時とさほど変わらない。
  • 現代の戦場で戦えるような新兵器を開発するには、実戦的な状況で定期的にテストを行う必要がある。これは、COVID-19の緊急事態が、非倫理的な実験から被験者を守るために設計された基本的なプロトコルの多くを放棄するために利用されたことと類似している。
  • 米国が自国を防衛するために必要な大規模な戦争が勃発した場合、それらの工場(とその背後にある産業)が稼働できるように、工場を稼働させておくことだ。ワクチンはインフルエンザを予防しないが、ワクチン製造装置を稼動させておくことで、必要であれば、新種の危険な微生物に対するワクチンの製造に転用することができる。

武器の販売はアメリカの主要産業のひとつであるため、人々に武器購入のためにより多くのお金を使わせるために、倫理に反する戦術が実行されるのは当然である。その結果、私は生涯を通じていくつかの共通したテーマに気づいた:

  • 戦争を売るための強力なプロパガンダ装置が存在し、政府が戦争を起こすと決めたら、その戦争を起こさせるために、すべての電波がよく似たメッセージを宣伝し始める。医療プロパガンダについて私が理解していることの多くは、まず戦争がどのように大衆に売られていたかを学び、次にそれとまったく同じ方法が現在の製品を押し売りするために使われていることを認識したことによる。

注:この業界(パブリック・リレーションズ)の最も露骨な例は、COVID-19ワクチンがどのように世界に売られたかということである。

  • 将来の戦争を必然的に引き起こすような状況は、しばしば作り出される。例えば、好戦的で敵対的な集団に武器と資金が与えられると、彼らは紛争を起こすだろう。同様に、紛争はしばしば「解決」され、将来新たな紛争が勃発することは避けられない。通常、こうした紛争は第三世界で発生するため、ほとんどのアメリカ人にとっては目に見えないし、心にも残らない。
  • 製薬業界と同様、軍産複合体も、そのビジネスモデルが経済や政治システムと密接に絡み合っているため、ノーと言うのが非常に難しい構造になっている。例えば、国防請負業者が議会に新製品の資金提供を承認してもらいたい場合(正当化するのは難しいことが多い)、一般的な戦術は、最終製品を多数の異なる連邦議会選挙区で組み立てられた部品から製造させ、その結果、各選挙区の代表に購入を承認するよう圧力をかけることである。同様に、役人に賄賂を贈って軍備を購入させるための、確立された経路も数多く存在する(その多くは、アメリカに医薬品を押し付けるために使われているものと事実上同じである)。

これらの点の多くは、最近のイスラエル紛争(例えば、アメリカの兵器がハマスの手に渡ってしまった)でも見られることなので、記事の続きを読む際には覚えておいてほしい。

バイデン国防長官

トランプが大統領になったとき、彼はカーター以来誰もしなかったことをした。彼は新たな戦争を起こさず、さらに長年にわたる既存の紛争からアメリカを撤退させることに努めた。バイデンが大統領に就任すると、私は彼が正反対のことをするのではないかと非常に心配になり、バイデンが誰を国防長官に指名するのか固唾をのんで見守った。

12月8日にバイデンがロイド・オースティンを指名した途端、私は彼の経歴を調べ、言葉にするのが難しいほどの深い悲しみを感じた。簡単に説明する:

  • オースティンは、史上最悪の国防長官の一人であることが証明されている(例えば、最近の前例のない徴兵危機や、オースティンが軍に違法なワクチンを義務付けたことを考えればわかる)。しかし、マスコミからは彼の行為に対する批判は一切ない。彼は能力ではなく、多様性を満たすことを厳格に考慮して承認されたのだろうか?
  • オースティンは2016年に軍を去り、最大の防衛請負企業のひとつであるレイセオン(他の数社とともに)の役員に就任した。略奪的な企業は、有利な役員職を約束することで、業界の利益を支援するために役人を「買収」する(例えば、ファイザーのワクチンを市場に出す手助けをしたFDA委員は、現在ファイザーの役員である)。つまり、オースティンがレイセオンに国防契約を与えるために自分の指揮権(彼は四つ星将官だった)を乱用していたのはほぼ間違いなく、バイデンが彼を軍全体の運営に任命したのは、国防請負業者が「ビジネスに優しい」国防長官を推していたことが少なくとも一因だったということだ。

注:軍産複合体は国内メディアに強い影響力を持っているため(例えば、彼らの戦争を売り込むためのパイプが確立しているため)、メディアがオースティンに対する批判的な報道を一切流さなかった理由も、このことが説明できるかもしれない。

オースティンが国防長官に就任すれば、レイセオンは武器を大量に売ることになる。つまり、多くの人々を殺し、トランプ大統領時代に失ったビジネスを埋め合わせる理由を見つける必要があるということだ。

このことに気づいた直後、同僚から何に投資すべきかアドバイスを求められた。私だったらレイセオン社に投資するけど、死に投資するのは悪いカルマが多いから(上で紹介した、それを行った傭兵に資金を提供するために投資資金が集まった途端、村が処刑された例を考えてみてほしい)と言って、投資を断った。友人は私を信じなかったので、私はその場でその株がうまくいくだろうと賭けをした。レイセオンの株価が選挙後にどうなったか、少し考えてみよう:

注:私は2023年4月にロイド・オースチンについての記事を掲載したが、その中にレイセオンの株価の上の画像が含まれていた。その2カ月後の6月、レイセオンは組織を再編成し、100年来の社名をRTXに変更した。

要するに、バイデンは国防請負業者にとって天の恵みであり、多くの業界アナリストは今後数年間、彼らの製品の市場がより大きくなると予想している。ウクライナでの戦争と同様、イスラエルでの新たな戦争もまた、多くの防衛関連企業の株価を急騰させている(興味のある方はこの記事にまとめてある)。

商品トレーダーが金儲けのために主食となる食料品の価格を吊り上げると、その食料を買えなくなった第三世界の人々が餓死することがよくあるからだ。

バイデンの戦争

2014年、ウクライナの現政権は一連の暴力的な抗議行動によって倒され、強力な反ロシア政権に取って代わられた。当時、多くの人々がオバマ政権(ひいてはバイデン副大統領)がこれらの出来事に関与していると疑っていたが、最近になってトランプ大統領がそれを認めた。私は、ウクライナがロシアにとって戦略的に極めて重要であることを考えると(ウクライナはロシアに侵攻するための伝統的な陸路を持っているため、ウクライナは常にロシアの緩衝国であった)、核保有国であるロシアが最終的に報復するであろうこの関係に干渉するのはひどい外交政策だと感じた。

新政権が誕生すると、ロシア系民族を積極的に標的にし始め、やがて軍はロシア系住民が多く住む国境地帯を攻撃した。当時、私はヨーロッパにいて、民族的な理由で暴行を受け、戦争が始まると「カラシニコフを手にする」ことを望まない親たちによってウクライナから送り出されたロシア難民に会った。その直後、武力紛争が勃発し、ロシアが国連に紛争終結の道を探るよう何度も働きかけたにもかかわらず、何もなされず、紛争は比較的無視されたままだった。

注:国連が創設された主な理由は、国際社会が対話を通じて国家間の意見の相違に対処し、それによって戦争をする必要を防ぐためであった。近年、国連はこの役割に大失敗し、代わりにさまざまなグローバリズム政策の推進に重点を移している。

バイデンが大統領に就任すると、ウクライナ紛争は急速にエスカレートし、やがてロシアを挑発するような形でウクライナに侵攻した。その挑発が何であったかを説明するために、多くの説が提唱されている。戦争になると政府は常に嘘をつくので、挑発が何であったかを知る方法はない。ただ、その挑発は、ロシアが非常にコストのかかる戦争になるとわかっていながら、参戦する必要があると判断するのに十分なものであったということだ。

ウクライナ紛争については多くのことが言えるが、私はいくつかの点だけを強調したい:

  • ウクライナは、この紛争から立ち直るのに何年もかかるだろう。ウクライナの人々の命が奪われ(紛争で少なくとも10万人ずつが亡くなった)、ウクライナのインフラの多くが破壊され、戦争が引き起こしたストレスによって、今後何年にもわたって致命的な心臓発作が急増し、ロシア市民が家を占領しているため、多くの人々が永久に家を失い、経済は長い間混乱するだろう。
  • アメリカ(とイギリス)には、戦争を防いだり、戦争を終わらせる和平交渉を可能にしたりする機会が何度もあったが、そのどれもが実現しなかったように見える。また、この戦争におけるアメリカの指揮系統の崩壊もあり、政府内の多くはホワイトハウスの指導者の戦争処理方法にうんざりしており、(議会の承認なしに派兵された)アメリカ軍が実際に何をしているのか、誰が実際に知っているのか不明である。
  • アメリカはウクライナに武器を売って大儲けしている。
  • 死に至る(あるいは無効化する)効果のないワクチンを国民全体に押し付けるように、ロシアとの核衝突のリスクは、ロシアとの戦争で考えられるどんな利益よりも大きい。このような破滅的な決定がなされるのを防ぐための通常の常識が、窓から消えてしまったのだ。

ロード・オブ・ウォー

『ロード・オブ・ウォー』は、権力の座にある者たちが、自分たちの行為によってあまりにも多くの人々が影響を受けると、自分たちの行為の人的コストに関わる能力をいかに失ってしまうかを改めて示す優れた映画だ(ファイザーやモデルナの多くの人々が、多くの人々を傷つけることが明白なものに青信号を出したのとは似ていない)。この映画の主役ニコラス・ケイジは、大量殺戮を行う武器商人と、身の回りの人々に多大な共感を寄せる優しい家庭人の役を同時に演じている。彼のキャラクターは、「死の商人」として口語で知られるロシアの武器商人、ヴィクター・バウトをモデルにしている。バウトの数ある。「ビジネス」取引のひとつがもたらす人的損害を説明する:

彼は西アフリカ(シエラレオネ)の恐ろしい紛争に武器と弾薬を供給する中心的存在で、120万人以上の人間が殺害され、レイプされ、傷つけられ、切り刻まれた。

多大な労力を要したが、米国は最終的に、コロンビアの反政府勢力に米軍への攻撃を意図した武器取引を仲介した罪でバウトを逮捕し、2010年、この罪で禁固25年の判決を下した。

バイデンが大統領になると、ブリットニー・グリナー(バスケットボール選手で、スポーツの多様性を推進したことで知られる)がロシアでハッシュオイル(濃縮マリファナの一種)を不法に持ち込んだとして逮捕され、判決を受けた。バイデンは熟考の末、彼女をビクトール・バウトと交換する価値があると判断した。

ここで、『ロード・オブ・ウォー』から私のお気に入りのシーンを紹介したい(まだ映画を観ておらず、これから観るつもりなら、多少ネタバレになる)。この象徴的なシーンは、この記事の核となるテーマの多くを伝えている。

少し前のことだが、私の友人が仲間を通じて知り合った人は、少々強烈だが、それ以外はごく普通の人で、一緒にビールを飲むような人だった。会話の途中で、友人が彼に仕事は何をしているのかと尋ねると、彼は淡々とこう言った:

武器商人の映画(※)知ってる?武器商人の映画(※)知ってる?アメリカ政府は武器を運ぶ人を必要としているんだ。

*彼は『ロード・オブ・ウォー』とは別の映画に言及していた。

この話を聞いたとき、私もそうだったが)私の友人がとても愕然としたのは、この男が自分の行為にまったく罪悪感を持たず(彼の売り上げが直接的にどれだけの死者を出したか、少し考えてみてほしい)、同時に純粋に周囲の人々のことを気にかけていたことだ。

この話を同僚にしたところ、彼は「悪の凡庸性」を表していると言った。ホロコーストの後に作られた造語で、恐ろしい犯罪を犯したが、悪意も狂信性も社会病質もなかったナチスを表す言葉である。それどころか、彼らは自分の行動について考えもせず、ただ命令に従いたい、社会に溶け込みたいという欲求に突き動かされていたのだ。

最初の会話以来、私の友人は定期的にこの武器商人に出会っており、最近の出会いでは、ウクライナでのビジネスがまだ好調であることを罪悪感のかけらもなく教えてくれた。

台湾の緊張

私は台湾に友人がいるので、最近の中国の軍備増強と、ウォーレン・バフェットが台湾の半導体産業から手を引くことを決めたことを心配していた。中国の金融市場に詳しい中国人の友人に、台湾が攻撃される可能性はないのかと尋ねると、彼はこう言った:

そんなことは絶対にあり得ない

「運が良かった」ことに、中国の台湾演習が始まったとき、史上最大級の米軍機密文書のリークがあった(そして、アクセスする権限を与えられていないはずのリーク者が、どのようにしてそれを入手したのか、いまだに説明されていない)。メディアは奇妙なことに、このリークを公表することを選び、台湾について発掘されたある事柄を繰り返し(異なる方法で)引用した:

『ワシントン・ポスト』紙が見た機密文書は、台湾の軍事指導者たちが、自分たちの防空が「ミサイル発射を正確に探知」できるのか疑っていること、台湾の航空機の約半数しか敵と効果的に交戦できる能力がないことを明らかにしている。

念のため言っておくが、これは大量の販売である

文化的前提

アメリカの外交政策の歴史を研究してみると、他国における数々の大失敗がその特徴である。そのほとんどは、アメリカがその国の文化がどのように運営されているかを理解せず、その代わりに彼らが「我々と同じように考えるだろう」と期待したことに起因している。

大英帝国が世界を支配していた時代には、その国に10年間住まなければ、その国の上級職(大使など)に任命されないという長年の方針があった。この方針は、その国の責任者がその国の運営を理解し、文化的無知から生まれる誤った決定をしないようにするために存在したものだ。

アメリカの初期から、政治指導者たちは重要なジレンマに直面していた-拡大するためには、ネイティブ・アメリカンから土地を奪う必要があったが、植民者たちがネイティブ・アメリカンと一緒に過ごすと、しばしば征服者になることを望まなくなり、代わりに彼らの生活様式を取り入れた。例えば、これはベンジャミン・フランクリンが友人に宛てた手紙の一節:

「男女を問わず、白人がインディアンに若いうちに捕虜にされ、彼らの間でしばらく暮らしたとき、友人たちによって身代金を取り戻され、想像しうる限りの優しさでもてなされ、イギリス人の間にとどまるよう説得されたにもかかわらず、短時間のうちに、彼らは我々の生活様式や、それを支えるために必要な世話や苦痛に嫌気がさし、最初の機会をとらえて再び森の中に逃げ込んでしまう」

注:この手紙は、ネイティブ・アメリカンの文化的価値観がヨーロッパにおける啓蒙運動に火をつけ、アメリカの革命と憲法を誕生させた価値観であると効果的に論じた本から出たものである。

アメリカの指導者たちは、自国民が先住民の文化的価値観を取り入れることを選択することを恐れ、そのようなシナリオを避けるために、その文化の中で生活した経験のない人々を外国領土の監督に任命することを選んだ。その結果、わが国の外交政策は常に、責任者は誰もが自分たちと同じように考えるはずだと思い込み、そうでないことを示唆する声に耳を傾けようとしない、という特徴を持つようになった(例えば、これは私が何十年にもわたり、外交政策の大失敗に関する上院公聴会で見てきた共通の教訓である)。

同様に、専門家(例えば学者)が他国の出来事について議論するのを聞くと、私はいつも、外国で何が起こるかについての彼らの(しばしば不正確な)発表が、一貫してその国の人々がこちらと同じように考え、行動するという仮定に基づいているという事実に驚かされる。例えば、COVID-19の際には、パンデミックに関して広く信じられている仮定(例えば、ワクチンはCOVID-19の感染を防ぐという仮定)を覆す証拠が何度も出てきたにもかかわらず、知識階級の大半は、自分たちの現実認識や熱心に主張する政策の枠組みとなっている信念を手放そうとしなかった。

イスラエルとパレスチナ

現代史で最も長い紛争のひとつが、イスラエルとパレスチナの紛争である。この紛争が解決不可能な泥沼であり続けているのは、3つの重要な理由があるからだと私は考えている:

  • 多くの人々が、敵対的な状況が続くことを望んでいる。たとえば、イスラエルのイツハク・ラビン首相は、1995年にイスラエルの右翼過激派に暗殺されるまで、パレスチナとの和平に大きく近づいた。
  • 状況は非常に複雑であり、どの情報を考慮に入れるかによって、どちらかを支持し、もう一方に反対する物語を構築することは非常に簡単である。また、この問題には強い感情が存在するため、イスラエル・パレスチナ問題に関与している人々が、自分たちの立場が、実際には正確ではないかもしれない様々な仮定に基づいている可能性を考慮しようとすることは極めて稀である。
  • この地域以外の人々で、それぞれの立場の文化的価値観を理解している人はほとんどいない。

私の目から見て、イスラエルの立場から理解すべき最も重要な点は以下の通り:

  • ユダヤ文化は活発な議論を奨励しており、イスラエルでは、パレスチナで何が起こるべきかをめぐって、それぞれの側に強い意見が存在する。リベラル派は2国家解決策(パレスチナ人に独自の国家を与える)を支持し、保守派は、2国家解決策はイスラエルにとって極めて危険であり、イスラエル人の生命を守るためにパレスチナ人の国家化は抑制されなければならない(たとえば、単一国家が与えるような自治権は提供されない)と考えている。

注:イスラエルには、ユダヤ民族だけがこの土地に対する神聖な権利を持っていると信じ、この状況に対するいかなる平和的妥協にも反対してきた、はるかに右翼的な派閥も存在する(それゆえにラビンは暗殺された)。私見では、このグループによる度重なる行動(およびイスラエル社会における彼らの持続的な存在)が、和平が実現しなかった主な理由のひとつである。

  • イスラエルはホロコーストの直後に建国されたため、国民が再び殺されることに絶大な恐怖を感じると同時に、国民一人ひとりの命に絶大な価値を置いている。このため、イスラエルはしばしば極端な手段を講じてまで国民を守ろうとする。1976年、イスラエルの旅客機がパレスチナ人にハイジャックされ、ウガンダに着陸した。事態が外交的に解決できないことを悟ったイスラエルは、人質を救出するために特殊部隊を派遣し、彼らは任務を成功させ、数十人のウガンダ軍兵士とともにハイジャック犯全員を殺害した。

注:イスラエルが国民の命を猛烈に優先させた唯一の例外は、ファイザー社のワクチンをイスラエル国民に押し付けたことで、それが多数の人々を傷つけたり殺したりすることが明らかになり、予防接種計画に反対する国民の抗議が起こった後でも、政府はそのワクチンを押し付けた。

  • 逆に、パレスチナの側からも、イスラエルに対するさまざまな見方が存在する。イスラエルは存在すべきではないと感じている人もいれば、イスラエルを滅ぼすためなら自分の命も子供の命も投げ出そうという人もいる。他方では、イスラエルと協調し、この協調がもたらす経済的繁栄を享受することが最善の道だと考える者も多い。

このダイナミズムを理解するのが難しいことのひとつは、中東やアジアの多くの地域では、人命に対する価値がはるかに低く(そのために多数の人々が虐殺されてきた)、恨みや確執が一族によって何世代にもわたって持ち続けられるということだ。

イスラム文化の中では、穏健なイスラム教徒(自分たちの信仰を実践し、他の信仰と調和して生きたいと考える人たち)と過激派(すべての人が強硬なイスラム教に従わなければならないと考える人たち)との間で、常に押し問答が繰り広げられている。この力学のあまり知られていない側面のひとつに、多くのアラブ諸国では、イスラム原理主義者の最大の犠牲者は、過激派イデオロギーを採用したくない穏健派イスラム教徒であり、多くのアラブ諸国では、政府が直面する第一の課題は、自国文化の過激派要素を抑えることである、ということがある(例えば、私はそのような国の元国会議員とこのことについて長い間話し合った)。

原理主義や戦争を生み出す最も一般的なものの1つは、劣悪な生活環境である。そのため、過激主義に取り組むための1つのアプローチは、過激主義に陥りやすい地域に経済的繁栄をもたらすことである。トランプ大統領の最近の中東和平交渉は、基本的にアラブ諸国が国家主導のテロリズムを取り締まり、イスラエルに協力することに同意する見返りとして、経済的インセンティブを提供することを前提としていた。

以前は、中東の石油を採掘することで莫大な資金を得ることができたため、(現在の国内情勢に関係なく石油は簡単に採掘できたため)中東諸国により調和のとれた生活環境を作り出したり、より協力的な富の源泉を探したりする真の動機が存在しなかったため、このアプローチは実行不可能だった。しかし、世界経済が変化し始めた今、アラブ諸国は、自分たちが生き残り続けるためには協力関係が必要であることに気づき、イスラエルと正式な関係を結ぶなど、以前は考えられなかったようなことを進んでやろうとしている。

この新しいパラダイムに最も反対しているのは、イラン(その政府はイスラム強硬派に支配されており、世界中でテロ活動を積極的に支援している)と現在のパレスチナ指導部の2つである。2006年、イスラム強硬派のハマスが地方選挙を通じてガザの支配権を獲得し、イスラエルとの何らかの外交的妥協を模索していた穏健派の指導者を暴力的に追い払った。

それ以来、ハマスは日常的にイスラエルを攻撃し、テロリストとしての能力を誇示することで自らを売り込んできた:

  • イラン(主要スポンサーのひとつ)から資金と支援を得る。
  • パレスチナ人をハマスに勧誘する。
  • 皆を団結させる共通の敵を持つことで、パレスチナ人の人気を維持する。
  • ハマスがガザの支配を脅かすグループを排除できるようにする(例えば、イスラエルとの和平交渉を望む穏健派は、ハマスに反対する発言をすれば命を狙われる)。

ハマスが政権を握っている間、イスラエルは基本的に彼らとの機能不全に陥っている。ハマスがイスラエルを攻撃するたびに(ロケット弾などで)イスラエルは限定的な軍事攻撃で報復する。

注:ハマスの立場は次第に、1967年の国境線に戻ることと引き換えに停戦するというものに変わってきている。

私の目には、このような動きがこれほど長く続いているのは非常に奇妙に映る:

  • 1. 多くの当事者は、継続的な紛争が存在することで、武器の実験(例えば、イランがハマスに支援する理由のひとつは、彼らの技術を洗練させる実験室があるためだと確信している)と武器販売(例えば、レイセオンはイスラエルがハマスのロケットを迎撃するために使用するアイアンドーム・システムの製造に協力している)の両方の機会が継続的に存在することを望んでいる。

注:防衛産業における最近の変化のひとつは(例えば、彼らのコンベンションで見ることができる)、ハイテク企業が防衛産業に参入する「スタートアップ文化」である。その結果、多くの小さな会社が、より大きな防衛請負会社が買いたがるような新しいイノベーションを生み出そうとするようになり、それによって買収されたスタートアップのメンバーは大金を手にすることになる。

  • 2. 報復のたびに、イスラエルはパレスチナ人を立ち退かせ、パレスチナ人が以前占領していた土地に入植者を配置する窓口を提供する。

注:イスラエルは、ヨルダン川西岸地区でパレスチナ人を立ち退かせ、その地域に入植地を建設することを長年行ってきた。これは、パレスチナ人がイスラエル人に対して強い反感を抱く主な理由のひとつであり、さらにイスラエル人自身も、(入植者たちがイスラエル軍と衝突することがあるほど)これを行うことに関して非常に意見が分かれている。入植地は(イスラエル政府によって黙認されている)

入植地はまた、国際社会で非常に物議を醸し、イスラエル・パレスチナ和平提案の中で頻繁に検討されてきた。それにもかかわらず、時が進むにつれ、何もなされず、入植者によってますます多くのパレスチナの土地が占拠されている。

  • 3. イスラエルは、現在の動きに対する良い解決策を持っていない。ガザ(最も強硬なイスラム主義者が住むパレスチナの一部)には、ブービートラップ、爆発物、トンネルがたくさんある。このため、ガザに侵攻するのは、イスラエルが(兵士の命を重視しているため)兵士の命を危険にさらすことに消極的であることを考慮すると、ほとんど非常に高くつく。逆に、ハマスが武器や作戦本部を民間施設内に設置しているため、空爆によってハマスの脅威を完全に排除することもできない。ハマスの無力化に必要な巻き添え被害の大きさは、国際社会にもイスラエル国民の多くにも受け入れられないだろうからだ。

その代わりにイスラエルができるのは、ハマスがイスラエルに損害を与える能力を低下させ(排除はしないが)、逆に限定的な空爆のようにパレスチナ人全員にも大きな損害を与えるような、外的なコントロール手段(ガザへの物資の配給や遮断、出入りの規制など)を適用することだけだ。

2006年、ハマスがイスラエルにトンネルを掘り、それを使ってイスラエル兵ギラッド・シャリットを誘拐した。イスラエル軍(イスラエル国防軍)は何年もかけて救出作戦を練ったが、結局、彼の居場所を特定できたとしても、救出作戦は多くのイスラエル兵の命を犠牲にする可能性が高く、彼のもとにたどり着く前にシャリットは処刑される可能性が高いという結論に達した。その結果、5年後、イスラエルは最終的に1027人の囚人(イスラエルの標的に対するさまざまな攻撃を計画し、実行した罪で終身刑を宣告された280人を含む)の交換に合意した。さらに、これらの囚人は合わせて569人のイスラエル人殺害に関与しており、イスラエル人の多くは、そのうちの何人かが最近のイスラエル攻撃に関与していると疑っている。

攻撃はなぜ起こったのか?

私は、今回の紛争がなぜ起こったのかについて、多くの説明案を目にしてきた。現在のところ、最も可能性の高い理由は、ハマスとイランが中東の方向性(2020年のアブラハム合意によるイスラエルとの近代化と経済的結びつきの強化)を嫌っているからだと私は考えている。ハマスが今回の攻撃を行ったのは、イスラエルとサウジアラビアの合意を頓挫させるためである可能性が高い。イスラエルが空爆に対して強硬な反応を示せば、サウジアラビアの指導者がイスラム教徒を殺害している国を公に支持することが非常に難しくなるからだ。さらに、アメリカが最近ウクライナへの資金提供を削減する決定を下したことで、ハマスが弱さの表れとみなし、イスラエルを攻撃する絶好の機会だと認識したとも言える(イスラエルの戦力の大部分はアメリカから得ているため)。

注:アラブ世界の多くはパレスチナ人に不信感を抱いてきた(それゆえ、何十年もの間、彼らの多くが隣国への移住を許されなかったのだ)が、同時に彼らの苦境に同情し、イスラエルによる彼らの扱いを声高に非難してきた。しかし、パレスチナ人がよりまともな政府を樹立できないことに次第に我慢の限界に達し、ハマスがいまだに固執しているイスラエルとの継続的な対立という古いパラダイムから脱却しつつある。

そこで新たな疑問が生じる。ハマスがイスラエルを攻撃するための資源をどこで手に入れたのか?この状況を見てきた多くの人たちは、少なくとも部分的にはアメリカに非があることに気づいている。例えばこうだ:

  • バイデン政権の最大の失策のひとつは、アフガニスタンからの撤退だった。これは大失敗であったか、あるいはタリバンに武器を密かに渡すために行われたことであったかのどちらかであろう(おそらく、その武器はさらなる紛争を起こすために使われたか、あるいは我々の撤退のためにタリバンと交わされた取引の一部として使われたかのどちらかであろう)。
  • ウクライナ戦争のために、大量の武器がウクライナに送られている。ウクライナ戦争のため、大量の武器がウクライナに送られ、その多くがイランに横流しされ、パレスチナに送られている。この横流しは、腐敗したウクライナの役人が(戦争に使うのではなく)売却したためか、ロシア兵が軍需品を捕獲してイランに渡したためかのどちらかである。ウクライナがパレスチナ人に武器を供給しているという疑惑の一部は、(この言葉は使いたくないが)西側のウクライナへの支援を弱めるために作られたロシアの偽情報である可能性が非常に高いからだ。
  • イランはハマスの主要な支援者である(例えば、イスラエルは彼らがハマスに毎年1億ドルの資金を提供していると見積もっている)。1カ月前、バイデン政権は5人の囚人をイランから解放する取引の一環として、イランが韓国の口座に保管していた60億ドルの凍結を解除した。この動きは物議を醸した。たとえば、9/11/23にトランプ大統領は「その金は中東全域のテロリズムに使われる」「人質に金を払うことは、世界中のアメリカ人に対する誘拐、身代金、恐喝につながる」と述べた。

しばらくこの件を見てきたが、現時点では以下のことが真実だと思う:

  • ウクライナとアフガニスタンからのアメリカの武器がハマスによって使用されている。しかし、これがどの程度問題なのかを定量化するのは難しい。ガザにどのような武器があるのかについて、私が見た中で最も詳細に要約しているのは、『ニューズウィーク』誌のこのレポートである。
  • イスラエルがサウジアラビアと和平を結ぶことで、ハマスとイランは存亡の危機に直面している。さらに、資金は再凍結されたようである(それによってイランが資金にアクセスできなくなった)。
  • イランは今回のテロに加担した可能性が高い(ハマスに今回のような組織的なテロを起こすだけの兵站能力や知識があったとは思えないからだ)。この時点で、国際社会は(そしてメディアも)「イランとテロを結びつける明確な証拠はない」と繰り返し強調することにした。これは、イスラエルがイランに報復し、中東でより大きな紛争が始まる可能性を防ぐために行われていると、私は(そして他の人々も)考えている。
  • イランはロシアと同盟を結んでいるため、それぞれの国が他方を支援しており、ウクライナでの戦争から支持をそらすことができるため、イスラエルで大規模な紛争を引き起こす動機が両国にあると思われる(また、前述したように、ウクライナへの軍事支援をイスラエルでの現在の紛争の原因と関連付けることで、国民の支持を減らすためでもある)。

イスラエルはなぜ攻撃を許したのか?

イスラエルがガザの国境(ハマスがイスラエルを攻撃するために越えなければならなかった国境)をいかに厳しく監視しているか、そしてエジプトがイスラエルにガザからの攻撃が起こる3日前に警告していたことを考えると、なぜハマスがイスラエルを攻撃することができたのか、というのが最近の出来事にまつわるもうひとつの大きな疑問である。このことから、イスラエル国内の派閥がパレスチナを攻撃する口実を作るために攻撃を許したと考える人が多いのも無理はない。私は個人的には、イスラエル国民の誰もが国民の生命に絶大な価値を置いていることを考えると、これはあり得ないと考えている。

別の説明(この分野に詳しい私の知人は皆そう考えている)は、イスラエルの情報機関が大失敗したというものだ。イスラエルは過去の軍事的勝利から過信していたため、エジプトとシリアからの差し迫った攻撃に関する多くの警告を無視し、当初イスラエルが蹂躙された後、イスラエルが逆転して勝利した(最終的に約2800人の兵士を失った)。

要するに、イスラエルの諜報機関の重大な失敗があの戦争の原因であり、戦争が終わると、イスラエル国民は直ちに責任者の責任追及と辞任を要求した(その後、彼らは辞任した)。

注:この攻撃が皆を驚かせた最大の理由のひとつは、当初は世界中の政府や主要メディアから、この攻撃に関する様々なメッセージが飛び交っていたからだと思う。しかし、数日が経過した後、イスラエルは報復を許されるべきだというコンセンサスが得られたように思え、私が過去の無数の戦争で見てきたような、戦争肯定派のお決まりのプロパガンダが放映され始めた。それにもかかわらず、モサドが多くの警告のサインを見逃していたとは、いまだに信じがたい。

次に何が起こるのか?

現在のところ、状況がエスカレートする可能性を極めて高くしているものがいくつかある。

第一に、ハマスの攻撃によって1000人以上のイスラエル人が死亡したことは(現在のカウントは1300人で、おそらく約1500人に増えるだろう)、イスラエル人にとって非常に大きな問題である。イスラエルの「存在理由」の大部分は、ユダヤ人を再びのホロコーストから守ることであり、この攻撃以来、ホロコースト以来、1日でユダヤ人の命が失われた最大の事件である、というのが一つの口ぐせになっている。さらに、これらの殺人の多くが残虐であった(とされる)ことが、イスラエル国民をさらに憤慨させている。

注:イスラエルが国民一人一人の命に高い価値を置いていることに加え、イスラエルには1000万人弱の国民がいるため、これらの死は1日に約5万人のアメリカ人が殺されたことに比例する。

第二に、このこと(とヨム・キプール戦争の記憶)のために、イスラエルの国民と政府は、ハマス抹殺のために必要なことは何でもする、ということで基本的に団結している。

第三に、イスラエルの指導者たちがこの攻撃を許してしまったために、彼らのキャリアを守る唯一の方法は、ハマスの完全な破壊のように、このすべての終わりに示すべきものがなければならない場合である。

第四に、イスラエルの現指導者ベンヤミン・ネタニヤフ首相は右派の政治家であり、多くの人がパレスチナ人との共存を望んでいないと信じている戦争タカ派である。それゆえ、彼は右翼的な政策に対して、より左翼的な国民やイスラエル政府から大きな政治的反対を勝ち取ってきた(例えば、今年、ネタニヤフ首相に対して10万人以上の抗議デモが複数回行われた)-しかし、現在の非常事態により、その反対はほとんどなくなった。

注:ネタニヤフの兄は1976年、ウガンダでのイスラエル人人質救出作戦を指揮し(その際に殺害された)、父親はパレスチナ人との共存に強く反対していた。

最後に、ハマスが自分たちの行動がイスラエルをどれだけ動揺させるか計算を誤ったのと同じように、人質を取りすぎたことも失敗だった。イスラエル側は、(交渉でも救出作戦でも)人質全員を救うことは不可能だと判断し、代わりにハマスが折れて人質を手放すことを期待して、地域全体を集団で脅すことを選んだようだ。

注:この戦争の異常な側面のひとつは、その多くがソーシャルメディア上で放送され、世界が戦争の恐怖に直接直面せざるを得なくなる可能性が高いという事実である。例えば、イスラエル政府は捕虜となったイスラエル人の親族に対し、ソーシャルメディア上のアプリケーションを削除するよう要請している。

以上の理由から、イスラエルはガザとハマスを壊滅させる可能性が高く、その意思を公言している(これは非常に異例なことだ)。イスラエルはすでにガザへの激しい空爆を開始し、大規模な地上侵攻のために動員をかけ、パレスチナ人の多くに、すぐにガザ北部から避難する必要があると伝えている(これは多くのパレスチナ人にとって論理的に不可能であろう-特に近隣諸国が難民として受け入れようとしないのだから)。

注:この記事は、あなたがこの記事を読む約1週間前に書かれたものであり、その時間が経過した後、状況は大きく変化すると思われる。

マッチに火をつける

私の目から見て、バイデン政権の2つの最も悲惨な行動は、アメリカ国民に危険な(そして効果のない)ワクチンを義務付ける決定と、ウクライナで戦争を引き起こす決定である。

戦争の大きな問題点は、戦争は本質的に混沌としており、物事が容易に制御不能に陥る可能性があるということだ(別の言い方をすれば、どんな戦場でも完全に予測可能ということはない)。

物事が制御不能に陥った最も有名な例のひとつは、第一次世界大戦中に起こったもので、ヨーロッパの多くの国々が他国から攻撃された場合に備えて互いに同盟を結んでいた結果だった。フェルディナンド大公が暗殺され、彼の国がセルビア(暗殺の責任があるとみなされた)に宣戦布告したとき、ロシアはセルビアを擁護し、やがて他の国も紛争に巻き込まれ、壊滅的な世界大戦が勃発した。

これは、中東の多くがイランかロシアの影響下にあり、複雑な同盟関係の網が存在する現在の状況を映し出している(さらに、ハマスの指導者は、すべてのイスラム教徒にイスラエルとそれに関連するものに対する世界的なジハードに従事するよう呼びかけている)。イスラエルはこのことをよく認識しているようで、出動中にレバノン(戦争が最初に拡大する可能性が最も高い場所)との国境を固めるようにした。

注:現在の状況と第二次世界大戦の間にも類似点がある。前者の場合、第二次世界大戦は、第一次世界大戦後にドイツに強要された過酷な降伏条件の影響が大きかったが、この条件には対処されず、後にヒトラーが権力を握ることを可能にする恨みを生み出した。同様に、イスラエルが誕生した時も、そこに住むパレスチナ人の意思に反して世界の超大国が行ったことであり、彼らに行われたことに何も対処されなかったため、この問題は悪化し、ほぼ1世紀後に現在の状況を生み出した。

ここ数年の出来事を振り返ってみると、今ほど第三次世界大戦の勃発に近づいたと感じたことはない。現時点では、現在の出来事が可能な限り最小限の流血で終わり、中東がこのような出来事が起こる前の平和の道にどうにか戻ることを祈ることしかできない。残念なことに、防衛関連企業にとっては、ウクライナで失われつつある市場に取って代わることが第一の関心事であり、そのためにアメリカ国内での戦争への支援が枯渇しているのではないかと危惧している。

ウェルズ・ファーゴの投資研究所のシニアアナリストの言葉を引用しよう:

地政学に関しては、世界的に異なる局面を迎えているようだ。「各国が兵器を補充する必要があるため、防衛関連企業は非常に好調に推移すると思われる。

悲しいことに、このことはバイデン大統領への非難とみなされるのではなく、単に経済的に優れているとみなされるだろう。

結論

私の目には、我々の種の運命は、テクノロジーの絶え間ない進歩と人間の意識の絶え間ない進歩という、相互に関連する2つの傾向の産物だと映る。

テクノロジーの進歩は目覚ましく、現在できることの多くは、ほんの数十年前には考えられなかったことである。一方では、人間が破壊を引き起こす能力が急速に高まっている。特に、多くの場合(例えばmRNAワクチンなど)、それらの技術がどれほど破壊的なものなのか、私たちは理解してさえいないことが多い。その一方で、多くの長年の社会問題に対するアプローチは著しく改善された(例えば、公衆衛生の発達は、間違いなく歴史上のどの行為よりも多くの命を救った)。

注:ワクチンはしばしば、公衆衛生によってもたらされた利益と誤って信じられている。

逆に、人間の意識も進化しているため、他者(あるいは周囲のあらゆるもの)に危害を加えようとする意欲は劇的に減退している一方で、自分の行動が何をもたらすかについての意識は急速に向上している。しかし、まだ道半ばであり、古代から続く多くの欠点が人間の心の中に残っている。

私がいつも順番に問いかけるのは、善を行おうとする欲求の増大と、悪を行おうとする能力の増大、どちらの傾向が勝つのかということだ。ここ数年の出来事を振り返ってみると、テクノロジーの継続的な進歩(例えば、戦争におけるAI)により、賭け金がはるかに高くなっていることは明らかだろう。従って、COVID-19とここ数年で見られた壊滅的な戦争が、人命よりも利益を優先することを止め、我々が現在使用しているテクノロジーが何を可能にするかを正確に意識する必要があるという警鐘となることを、私は心から望んでいる。

この投稿は公開されているので、自由にシェアしてほしい。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker