ロバート・マローン官僚主義・テクノクラート

米国保健福祉省(HHS)のような問題をどうするか パート1 -Robert Malone
凝り固まった行政国家機関を解きほぐすのは、大変で時間のかかる仕事だ。

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

What to do with a Problem like HHS? (Pt. 1)

rwmalonemd.substack.com/p/what-to-do-with-a-problem-like-hhs

Robert Malone MD, MS

問題の定義:HHSと行政国家

アンソニー・ファウチ博士が辞任するか、あるいは国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)の所長を解任されれば、米国保健社会福祉省(HHS)内の慢性的、戦略的、戦術的な行政の行き過ぎ、不正、不始末、倫理違反のコビッド危機問題全体が解決されると多くの人は信じてきた。

この理論によれば、ファウチ博士はAIDS危機時代に開発され、コビッド危機時代に花開いた政策に責任があり、腫瘍を取り除けば患者は回復する、ということになる。私は、この魔法のような考え方に強く反対である。ファウチ博士は、HHS内の現在の問題の原因ではなく、症状の代表者であると信じている。

ファウチ博士は、ベトナム戦争の徴兵を避けるためにHHSの官僚機構に入り、その時期から加速した行政問題の多くを体現しているが、単に別のNIAID長官に取って代わられ、さらに悪化するかもしれない。根本的な問題は、選挙で選ばれた議員による機能的なモニタリングから完全に隔離された、変質した官僚的な統治システムである。

* *

「行政国家」とは、米国最高裁(SCOTUS)を除いて、米国における連邦権力のほとんどすべての手段を支配している、凝り固まった政府の形態を表す一般的な用語である。ロー対ウェイド裁判に関するSCOTUSの多数決の早すぎるリークは、本質的に、行政国家がその権力を脅かす行為に対抗するための先制攻撃であった。つまり、合衆国憲法に連邦政府の権利として明確に定義されていない権利を定義する権限は、個々の州に帰属するというものである。

米国現代史の中で最も論争的な政治的トピックの一つという政治的な隠れ蓑の下で行われたこの訴訟は、既成の官僚とその同盟者である企業メディアが、その権力と特権に対する憲法や法律の制約に抵抗し続けることを示す単なる小競り合いであった。

あらゆる形の統制やモニタリングに対する抵抗は、米国政府の歴史を通じて一貫した官僚の行動であり、この傾向は第二次世界大戦の終わりから加速している。この判決は、連邦政府機関が経済的・政治的に重大な影響を及ぼす規制を行う場合、議会がその行為を明確に承認しない限り、その規制は推定的に無効であると判断したものである。この判決により、現代史において初めて、選挙で選ばれたわけではない連邦官僚の上級管理職の権限拡大に境界線が課され始めたのである。

「行政国家」の法的裏付け

「非委任の原則」(Nondelegation doctrine)

行政法は、2つのフィクションの上に成り立っている。第一は、非委任の原則で、議会は立法権を機関に委譲しないと想像するものである。

第二は、第一から派生したもので、行政国家は、その権力が時には立法や司法のように見えるとしても、行政権のみを行使するというものである。これらの虚構は、権利確定条項により、議会のみが法律を制定し、大統領は法律を執行することができるとする憲法の形式主義的な読み方によって必要とされる。この形式主義的な読み方は、違憲の委任とその結果として生じる三権分立の違反を慣行の問題として受け入れながら、教義の問題として違反は起こらないように装うことを要求している。

非委任の原則とは、行政法における原則で、議会は立法権を他の団体に委任することができないというものである。この禁止は、通常、議会が行政機関や民間団体に権限を委譲することを含む。

* *
J.W. Hampton v. United States, 276 U.S. 394 (1928) において、最高裁は、議会が機関に規制する能力を与える場合、議会はその規制の基礎となる「分かりやすい原則」を機関に与えなければならないと明言している。この基準は非常に緩やかであると考えられており、これまで、立法を取り消すために使われたことは、ほとんどない。

* *

A.L.A. Schechter Poultry Corp. v. United States, 295 U.S. 495 (1935) において、最高裁は、「議会は、そのように与えられた本質的な立法機能を放棄したり、他者に譲渡したりすることは許されない」と判示した。

「シェブロン・ディファレンス」

行政法における最も重要な原則の一つであり、「シェブロン・デファレンス」とは、シェブロンUSA社対自然資源保護協議会事件(468 U.S.837 (1984))にちなんだ造語であり、行政行為に与えられる司法擁護の原則を指している。

* *

要するに、シェブロン・デファレンス原則とは、特定の問題や疑問に関する行政機関への立法上の委任が明示的ではなく、むしろ暗黙的である場合、裁判所は行政機関が行った合理的な解釈に対して、独自の法令解釈を代用してはならない、というものである。 言い換えれば、特定の問題に関して法令が沈黙しているか曖昧である場合、裁判所の問題は、行政機関の行為が法令の許容される解釈に基づいているかどうかである。

* *

一般に、シェブロン・デファーランスが認められるためには、曖昧な法令に対する当局の解釈が許容されるものでなければならないが、裁判所はこれを 「合理的」または 「妥当」と定義している。行政機関による特定の法令解釈の合理性を判断する際には、その行政解釈の時代や、問題となっているその解釈に対応した議会の行動や不作為が有用な指針となり得る。

行政国家に対する司法の脅威

行政法におけるこれら2つの中核的な学説をめぐる現在の議論に含まれる問題は、いずれも行政国家を完全に解体する力を持たない。しかし、現在の議論と判決は、選挙で選ばれたのではない行政官の権力、裁量、独立性に対して、憲法に基づいた制限を与える可能性はある。最近の、そして係争中の最高裁の判決を合わせると、建国者の本来の意図とビジョンにより近い憲法国家の再構築に貢献する可能性がある。

* *

これらの問題が、最高裁判事の任命に関する最近の決定の根底にあることを理解している人はほとんどいない。トランプが最初に任命したニール・ゴーサッチとブレット・カバノーは、行政法に関して全米屈指の知見を持つ司法関係者であり、ホワイトハウスのドン・マクガーン顧問は、これが偶然ではないことを明確にした。下級裁判所の人事も同様で、ワシントンDC巡回控訴裁のネオミ・ラオやグレッグ・カツァス、第5巡回控訴裁のアンドリュー・オルダムなど、行政法の専門家が起用されたのである。

コビッド危機と行政国家

コビッド危機の歴史の弧は、広範な企業の利益、グローバリスト、および行政国家の間の共謀した計画(イベント201)危機を作り出した行政国家の責任を隠蔽するその後の努力、そして公衆衛生政策、意思決定、コミュニケーションの重大な不始末が続き、すべてが前の計画会議と一直線に行動することを包含している。この機能不全の計画と対応の連鎖は、米国保健社会福祉省が、この堕落した、腐敗した、責任感のない政府システムの現実的な結果を示す代表例となったことを誰の目にも明らかなものにした。

* *

全く異なる世界観を掲げる大統領が率いる2つの政権にまたがって、HHSのコビッド危機政策はほとんど、あるいは全く変わることなく続いている。一つの政権は、ほとんどしゃっくりをせずに次の政権にそのまま流れているように見える。

どちらかといえば、バイデン政権下で、米国行政国家のHHS部門は、より権威主義的になり、より責任を負わなくなり、その行動の一般的な社会的・経済的影響を考慮する必要性からより切り離されたものになった。これが進むにつれ、HHSの官僚は医療・製薬産業複合体の経済的利益に対してますます卑屈になり、偏向するようになった。

これは、医療上の緊急事態がもはや存在しないという明確な証拠があるにもかかわらず、憲法の制限を迂回してHHS官僚にほぼ無制限の権限を与える医療上の緊急事態の維持に最も明確に表れている。公的な公衆衛生上の緊急事態というごまかしを維持することは、権力の維持と、長年にわたって確立されてきた規制、生命倫理、法的責任の規範を回避することを許されてきた「緊急使用承認済み」医療措置の販売によって法外な利益を上げてきた企業のためのアメリカ政府契約収入の両方のために必要だったのである。

米国がかつて経験したことのないような官民パートナーシップが、ハリー・トルーマンがキャンペーンで反対した戦争利益供与を、まるで子供の遊びのように見せているのである。

* *
HHSの民間科学者集団のトップに上り詰めた者たちが巨大な力を蓄えることができるのは、組織のパラドックスである。 これらの官僚は前例のないほど公的資金にアクセスでき、技術的には行政府に雇用されているが、彼らを管理することを任務とする行政府によって説明責任からほぼ完全に保護されているしたがって、これらの官僚は彼らの活動に対して実際に支払いを行う人々(納税者)に対して説明責任を負わない。

これらの管理者が責任を負わされる可能性がある限り、この説明責任は間接的に議会からもたらされる。 彼らの組織予算は次の会計年度には増額されるか削減されるが、それ以外は、よほどの道徳的違反がない限り、解雇を含む是正措置からほぼ保護されている。

マキャベリ的な意味で、これらの上級管理者は王子として機能し、各連邦医療機関は半自治都市国家として機能し、管理者とそれぞれの廷臣はそれに従って行動しているのである。 議会は16世紀のバチカンのようなもので、各公爵は有力な大司教に取り入り、資金と権力を争う。

この例えを証明するものとして、少数派の議員や上院議員が、憤慨した科学管理者に質問するたびにC-SPANで見られる劇場がある。例えば、アンソニー・ファウチが議会証言の際に高慢な態度で何度もやり取りしているのが見られる。

* *

その代表作が「The Best and the Brightest」である。David Halberstamは、彼の代表作「The Best and Brightest: Kennedy-Johnson Administrations」の中で、New York Timesの記者Neil Sheehanの言葉を引用して、20世紀最大の米国公共政策の失敗の一つであるベトナム戦争をもたらした一連の恐ろしく誤った決定における行政国家の役割について説明している。

振り返ってみると、この致命的な大失敗を規定した不始末、プロパガンダ、事前の倫理規範を放棄する姿勢、慢性的な嘘などの類似点は、コビッド危機の対応を特徴づけるものと驚くほど似ている。そして、現在と同様に、米国情報機関の密かな手がしばしば背後にあり、許容される行動の境界を常に押し広げていたのである。ハルバースタム、シーハンから引用する。

「秘密工作がゲームの一部であったため、官僚機構の上層部、特にCIAが強力になるにつれて、秘密工作や汚い手口を通常の外交・政治工作の一部として徐々に受け入れるようになり、政府の高官がどんどん協力的になった(大統領の個人秘書として、マクジョージ・バンディがケネディとジョンソンの秘密工作を監督し、ある意味で大統領に承認されていたことになる)。

これは、国家安全保障担当者(民間人)が、官僚に多くの自由を与えながら自国の指導者をほとんどチェックできないような全体主義社会の外交政策に合わせることに感じていたフラストレーションの反映であった。国家安全保障に携わる者は皆、全体主義社会の外交政策に合致するものを求めていた。

(1964年、育ちのいい若いCIA職員が、北部の黒い活動を試す権利があるのかどうか悩んでいると、CIAのナンバー3であるデズモンド・フィッツジェラルドから、「そんなに湿っぽくなるな」と言われた。これは、ゲームの本当のルールを知っている人が、柔らかい人に、そのルールの正しさを問う、昔ながらの古典的な言い回しである)。

ピッグス湾事件でアドレー・スティーブンソンをキャリア最低の状態に追い込んだのは、ケネディ政権が秘密工作を容認していたからである。彼は国連で、自分が知らないこと、しかしもちろんキューバ人が知っていることについて立って嘘をついたので、特別な恥だった。

ピッグス湾事件で明らかになったように、秘密作戦はしばしば政権より先に立ち、政権を引きずり込むものである。計画も訓練もすべて終わっていたのであるから、自由を愛するキューバ人にすべてが終わったとは言えないだろう、とアレン・ダレス氏は主張した。アレン・ダレスは、大統領のような一般市民をあの大惨事に引きずり込んだのである。

当時、フルブライトは反対論を唱えていた。失敗すると主張するだけでなく、言うのは簡単だが、それ以上に、公人として、道徳的な理由で反対するという珍しい論法に踏み込んだ。「カストロ打倒を秘密裏に支援することは、米国が加盟している条約や米国の国内法の精神に反し、おそらく文言にも反している。

. . . この活動をひそかにでも支援することは、米国が国連などで常にソ連を非難している偽善と冷笑と同じである。この点は、世界の他の国々にも、私たち自身の良心にも、決して損なわれることはないだろう」と、彼はケネディに書いている。

しかし、このような主張は当時はほとんど受け入れられなかった。むしろケネディ政権は、新しい近代的なゲリラ活動や秘密活動で共産主義者に対抗しようと特に積極的であり、民主主義国家にできることとできないことの境界線は、この時代には他の時代よりもあいまいになっていたのである。

* *

数年後、ニューヨークタイムズの記者ニール・シーハンが、ペンタゴン・ペーパーズとして知られる戦争の全史料に目を通したとき、彼は何よりも一つの印象を抱いただろう。 アメリカ政府は、彼が言うところの「中央集権国家であり、他の何ものよりもはるかに強力で、敵は単に共産主義者ではなく、あらゆるもの、自国のマスコミ、自国の司法、自国の議会、外国政府と友好国、これらすべてが潜在的に敵対している」のである。

反共産主義の問題を、しばしば他の政府機関や報道機関に対する武器として使いながら、生き残り、永続してきたのだ。秘密主義は、外国政府の脅威からというより、自国の国民が自国の能力と知恵を疑われることから自国を守るための手段であった」。

シーハン氏は、後継の政権が誕生するたびに、前任者の弱点が露呈しないように注意した。結局、基本的に同じ人間が政権を運営し、お互いに継続性があり、後継政権もほぼ同じ敵に直面していた。こうして国家安全保障機構は連続性を保ち、退任する大統領は皆、現職の大統領の側につく傾向があった」。

組織文化の類似性は不気味であり、先に述べたように、国家的な生物防衛事業を管理する必要性という名目で繁栄してきた。2001年の炭疽菌攻撃以来、保健省は情報機関や国土安全保障省とますます水平統合され、広範なプロパガンダ、検閲、「ナッジ」技術、ヨーゼフ・ゲッペルス博士がもともと開発した方法の現代版を使って「大衆形成」催眠プロセスを意図的に操作することによって「合意形成」と強制力を持つ、巨大な能力を持つ健康安全保障国家を形成してきた。

「行政国家と逆全体主義」

「逆全体主義」という言葉は 2003年に政治理論家・作家のシェルドン・ウォリン博士によって初めて作られ、その後クリス・ヘッジスとジョー・サッコが2012年に出版した「破壊の日々、反乱の日々」でその分析を拡張した。ウォリンは、アメリカの政治システムの全体主義的側面を照らし出すために「逆全体主義」という言葉を使い、現代のアメリカ連邦政府が歴史的なドイツのナチス政府と類似しているという意見を強調した。

ヘッジズとサッコは、ウォリンの洞察に基づき、逆全体主義の定義を拡張し、企業が民主主義を堕落させ、破壊し、マクロ経済が(倫理、マズローの欲求階層、民意ではなく)政治的意思決定の主要な力となったシステムを説明している。

逆全体主義の下では、あらゆる天然資源と生物が商品化され、大企業によって崩壊寸前まで搾取される。過剰な消費主義とセンセーショナリズムは、市民を小康状態にして操り、自由と政府への参加を放棄させる。ウォーリンが何年も前に著書『Democracy Incorporated』で警告したように、逆全体主義が今、アメリカ政府を堕落させているのである。行政国家は、米国を、選挙で選ばれた国民の代表が責任を負うことのできない官僚機構が率いる「管理民主主義」に変えてしまったのである。

第4の財産と呼ばれることもあるこの怪物は、「深層国家」、シビルサービス、中央集権国家、行政国家とも呼ばれる。

* *
逆全体主義に堕した政治体制は、権威主義の指導者を持たず、その代わりに透明性のない官僚の集団によって運営されている。リーダー」は基本的に、真の官僚的行政指導者の利益に奉仕する。言い換えれば、選挙で選ばれたわけでもない、目に見えない支配者層である官僚・行政官が内部から国を動かしているのである。

行政国家と提携した企業主義(ファシスト)的なもの

科学、医学、政治は、公共政策という同じ布に織り込まれた3つの糸であるため、3つを同時に解決するよう努力しなければならないのである。 グローバル企業家による政治システムの腐敗は、科学、医学、医療システムにも波及している。企業の利益による科学と医学の変質は、その範囲を拡大しつつあり、悪質で、対処しがたいものである。

企業利益による規制の虜は、私たちの政治、政府機関、研究所の至る所で横行している。 企業主義者は、政府の3つの部門すべてに浸透している。企業と国家の利益の融合を意味する政治学用語で、ファシズムと呼ばれる

基本的に、共和国と市民の利益(ジェファーソンはこれを第一義と考えた)と、ビジネスと企業の財政的利益(ハミルトンの理想)の間の緊張は、一般市民を犠牲にして、企業とその億万長者の利益にあまりにも大きく揺らいでいるのである。

* *

逆全体主義の発展は、しばしば官僚個人の金銭的利益によって推進され、多くの西側民主主義国はこのプロセスに屈してきた。官僚は、連邦政府の雇用後に有力な仕事を得られるという誘惑(「回転ドア人事」)と、隠された企業利益に奉仕するロビイストによる立法機関の取り込みの両方から、企業の利益に影響されやすく、取り込まれやすい。

* *

British Medical Journalに掲載された「FDAからMHRAまで:医薬品規制当局は雇われか」という調査記事の中で、マリアンヌ・デマシ記者は、行政国家の役人と彼らが規制・監督するために報酬を得ている企業との間の官民パートナーシップが発展する過程を記録している。6つの主要な医薬品規制機関(オーストラリア、カナダ、ヨーロッパ、日本、英国、米国)のほぼすべてにおいて、買収プロセスを推進する5つの異なるメカニズムが確認された。

業界手数料 業界からの資金が世界の主要な規制当局を飽和させている。規制当局の予算の大部分、特に医薬品に焦点を当てた部分は、産業界の手数料から得ている。6つの規制当局のうち、オーストラリアは業界手数料による予算の割合が最も高く(96%)2020-2021年には製薬会社の申請10件のうち9件以上を承認している。オーストラリアの医薬品庁(TGA)は、製薬業界の資金にほぼ独占的に依存していることが利益相反(COI)であることを断固として否定している。

* *

米国における30年間のPDUFAを分析した結果、産業界の資金への依存がいかに証拠能力の低下を招き、最終的に患者に害を及ぼしているかが明らかになった。オーストラリアでは、専門家がTGAの構造と機能を全面的に見直すよう求めており、TGAが産業界に近づきすぎていると主張している。

* *

米国ニュージャージー州ローワン大学の社会学者ドナルド・ライトは、数十年にわたり医薬品規制を研究しており、「FDAと同様、TGAは独立した機関として設立された。しかし、TGAはその製品の評価を依頼された企業からの手数料で大部分が賄われていることは、根本的な利益相反であり、組織腐敗の典型例です” と述べている。

* *

ライトは、医薬品規制当局の問題は広範囲に及んでいると言う。最も潤沢な資金を持つFDAでさえ、医薬品の評価資金の65%は業界のユーザーフィーであり、ユーザーフィーは年々、ジェネリック医薬品、バイオシミラー、医療機器にまで拡大している、と報告している。

* *

「信頼できる組織が独立して厳格に医薬品を評価することとは正反対だ。厳密でもなく、独立でもなく、選択的で、データを隠しているのである。医師と患者は、医薬品規制当局が産業界の資金に取り込まれている限り、いかに深く、広範囲に信頼できないかを理解しなければならない」。

* *

社外アドバイザーの存在 COIに対する懸念は、規制当局に勤務する者だけでなく、規制当局に独立した専門家の助言を提供することを目的とした諮問委員会にも及んでいる。

昨年のBMJの調査では、英国と米国のCOVID-19ワクチン諮問委員会の専門家アドバイザーの何人かは、ワクチンメーカーと金銭的なつながりがあり、規制当局がそれを許容すると判断していることがわかった。詳しくはこちらを見てほしい。

FDAの諮問委員会のメンバーのCOIの影響を15年間にわたって調査した大規模な研究では、スポンサー企業のみに経済的利害関係がある人は、スポンサーの製品に賛成票を投じる傾向が強く(こちらを参照)スポンサー企業のみの諮問委員を務めた人は、スポンサーの製品に賛成票を投じる傾向が著しく強いことが判明している。

* *

トロントのヨーク大学の薬物政策研究者であるジョエル・レクシン氏は、「人々は、アドバイスをする人が持つ金銭的COIについて知ることで、そのCOIが聞くアドバイスに影響を与えているかどうかを評価できるようになるはずだ」と述べている。「人々は、公衆衛生当局から聞いたことを信頼できるようになる必要があり、透明性の欠如は信頼を損なう」 と述べている。

* *

6つの主要な規制当局のうち、カナダの医薬品規制当局だけが日常的に独立委員会に助言を求めておらず、その評価チームだけが完全に財務的COIがないものだった。欧州、日本、英国の規制当局では、メンバーのリストと完全な宣言文をオンラインで公開し、一般にアクセスできるようにしている。一方、FDAは会議ごとにCOIを判断し、メンバーの参加を許可する免除を与えることができる。

透明性、利益相反、データ。ほとんどの規制機関は、個々の患者データの評価を独自に行うことはなく、むしろ医薬品スポンサーが作成する要約に依存している。例えばTGAは、「ワクチンスポンサーから提供された情報 」に基づいてCOVID-19ワクチンの評価を行っていると述べている。

昨年5月の情報公開請求によると、TGAはCOVID-19ワクチンの臨床試験のソースデータを見ていないと述べている。むしろ、TGAは製造者の 「集約されたデータ」を評価した。

* *
世界の規制当局の中で、患者レベルのデータセットを定期的に入手しているのは、FDAとPMDAの2つだけである。そして、どちらもこれらのデータを積極的に公表していない。最近、80人以上の教授や研究者からなる「透明性を求める公衆衛生および医療専門家グループ」が、ファイザー社のCOVID-19ワクチンの認可に使用したすべてのデータへのアクセスを求め、FDAを提訴した(こちらを参照)。

(FDAは、FDAの負担が大きすぎると主張し、適切に編集された文書を月に500ページのペースで、約75年かかるスピードで公開することを要求した。透明性擁護派の勝利として、これは米国連邦裁判所の判事によって覆され、FDAは8ヶ月以内に適切に編集されたすべてのデータを引き渡す必要があると裁定された。ファイザーは、「情報公開法で開示が免除されている情報が不適切に開示されない」ように介入することを求めたが、その要求は却下された。

* *

スピーディーな承認 1980年代から1990年代にかけてのエイズ危機を受け、米国では、新しい治療法の承認を迅速に行うための追加スタッフの資金として、PDUFA「ユーザーフィー」が導入された。それ以来、FDAが申請を審査する期限である「PDUFAデート」や、医薬品の上市を早めるための多くの「迅速化パスウェイ」を設けるなど、規制の審査プロセスを形成する方法について懸念されている。この慣行は、今や世界的な規範となっている。

* *

今日、すべての主要な規制当局は、新薬承認のかなりの割合で使用される迅速化された経路を提供している。2020年には、米国で68%、欧州で50%、英国で36%の新薬承認が迅速化パスウェイによって行われた。キングス・カレッジ・ロンドンの医療・政治社会学者であるコートニー・デイヴィスは、規制当局の資金調達には一般課税か製薬会社の徴収がより良い選択肢だろうと言う。

「PDUFAは、産業界がFDAの政策や優先順位を非常に直接的な方法で決定できるようにする最悪の制度である。PDUFAが再承認されるたびに、産業界はその資金提供の条件を再交渉し、FDAがどのパフォーマンス指標と目標によって評価されるべきかを決定するテーブルにつくことができる。それゆえ、FDAは、患者にとって治療上重要でないと判断された医薬品であっても、より迅速な承認決定を下すことに注力している」。

規制当局と産業界の回転ドア人事 批評家たちは、規制の虜になるのは、当局の資金調達の方法だけでなく、スタッフの配置によってももたらされると主張している。「回転ドア人事」によって、多くの機関職員が、自分が規制した企業と同じ企業で働いたり、コンサルティングをしたりするようになっている。

* *

一般に世界最高峰の規制当局とされるFDAでは 2006年から2019年までの歴代長官のうち10人中9人が製薬会社と結びついた職に就き、11人目で最新のスティーブン・ハーンは、新しいバイオ医薬品企業のインキュベーターとして機能する企業「フラグシップ・パイオニアリング」に勤務している。

第1回で行政国家の筆頭格であるHHSの問題点を一応定義した上で、第2回では行政国家の権力を打破するための様々な行動(試みられたもの、進行中のもの)を概観・整理していくことにする。

タイトルとURLをコピーしました