COVID-19が明らかにする21世紀の資本主義の姿 逆境とチャンス

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

政策・公衆衛生(感染症)社会問題
What COVID-19 Reveals About Twenty-First Century Capitalism: Adversity and Opportunity

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7644989/

2020 Nov 6 : 1-7.

スーザン・K・セル(Susan K. Sell)corresponding author

要旨

21世紀の資本主義は、金融化と独占力を特徴としている。現代政治経済学の構造的視点は、これらの側面がCOVID-19の反応をどのように形成しているかを明らかにする。

COVID-19は、医療制度、労働条件、サプライチェーン、不平等の根深さ、体系的な人種差別、そして多くの人にとっての負の結果を悪化させるグローバリゼーションの特徴など、さまざまな面での失敗を露呈した。

医薬品、個人用保護具、ワクチンへのアクセス、不平等、労働条件などを検証することで、何が問題で、何を解決しなければならないかが明らかになる。

COVID-19の厳しい挑戦と厳しい状況は、現代資本主義の基本的な構造を再考し、より人道的未来を再構築する機会を提供する。

キーワード

金融化、知的独占資本主義、医薬品へのアクセス、不平等、グローバリゼーション、銀行セクター、必須労働者

21世紀の資本主義。What’s New?

「新自由主義」という言葉は依然として人気があるが、それは非常に大きな概念的テントとなっており、レーガンとサッチャーの下で1970年代から 1980年代にかけて行われた市場への急激なシフトと、21世紀のグローバル資本主義との間の重要な違いが見えなくなっている。レーガンとサッチャーの経済自由化モデルは、規制緩和、民営化、社会保護制度の変革を特徴とし、これらはすべて自由市場への信頼に支えられてた。

21世紀の資本主義は、このような初期の方向性を裏付けるような重要な変化を遂げている。21世紀の資本主義は、グローバル経済における無形資産(知的財産、サービス、デリバティブや証券などの金融商品)の役割の増大、金融化の進展、経済成長よりも利益の追求、グローバル市場での競争ではなく競争力の追求など、重要な変化を遂げてきた。21世紀の資本主義は、(米国や英国などの)先進資本主義民主主義国がCOVID-19に対して強固で効果的な対応をする能力を低下させている。COVID-19は、現代の資本主義の構造における深刻な弱点を明らかにし、世界の健康を形成する上での資本主義の役割を再考する機会を提供している。

ジョン・ブレイスウェイトは、「新自由主義」という広義のレッテルを超えて、資本主義を「多様性」と表現し、グローバルヘルスに特に関連する2つの側面、すなわち「ウォール街」資本主義と「独占資本主義」を特定した(Braithwaite 2019)。ウォール街の資本主義は、金融のグローバル化と、金融セクターの経済的・政治的な力の増大を捉えている。金融市場、動機、制度、エリートが、生産、消費、規制、健康などあらゆるものに影響を与え、世界経済を支配するようになった(Epstein 2005)。独占資本主義、あるいは「知的独占資本主義」(Pagano 2014)は、知的財産(特許、著作権、商標など)の所有者が競争を避けたがることを捉えている。知的財産(IP)を所有することで、所有者は他者によるIPの使用を排除し、競争的な供給を減らし、価格を上昇させる権利を得る。

グローバル市場での競争力を追求するあまり、経済的な集中、寡占、競争の低下を招いている(Azmanova 2018)。経済力は、実体経済の主役(商品生産者や貿易業者)から、知的財産や金融商品などの無形資産を所有するグローバル・バリュー・チェーン(GVC)の支配者に移っている。MedeirosとTrebatによれば、「すべてのTNC(多国籍企業)の 「コア 」ビジネスは、その特定の支店にかかわらず、株主価値を最大化し、大きなレントを生み出すために、これらの無形資産を支配し、資本化することだ」という(Medeiros and Trebat 2017: 407)。「競争圧力を比較的受けない企業は、実体経済への「投資の必要性が低い」(Durand and Milberg 2018: 34)。アズマノバが指摘するように、「競争による生産性は……雇用を条件とした成長ではなく」、経済危機後のいわゆる「雇用なき成長」や「雇用なき回復」をもたらしてきた(Azmanova 2012: 453)。経済のグローバル化は、労働力を低下させ、不安定な雇用につながる「労働の柔軟性」の増加を加速させてきた。2007~2008年の世界金融危機以降、緊縮財政プログラム、社会支出の削減、労働市場の変革は、健康アウトカムと健康の公平性にマイナスの影響を与えている(De Vogli 2014)。

金融化は、非金融企業の行動を変えてしまった。それは、株主価値を最大化するために、価値創造よりも価値抽出を優先している。それは、イノベーションを人々の健康ニーズに応えるためではなく、富を生み出すための手段と見なしており、健康イノベーションを、より高品質な製品を競争力のあるコストで出現させ、普及させることを促進する手段とは見なしていない(Mazzucato and Roy 2019)。これにより、製薬業界は、自社の研究開発から臨床試験までを含む複数の垂直統合型企業を特徴とする業界から、水平統合型で主にM&Aによって拡大するはるかに少数の企業を特徴とする業界へと根本的に変化した(Gleadle er al 2014; Busfield 2020)。ウィリアム・ラゾニックは 2018年のメルクとファイザーは、他社が開発したブロックバスター医薬品を買収し、「残りの特許期間で収益を上げるために搾取する」ことで大きく成長したと指摘している(ラゾニック2018)。製薬会社の役員の報酬は自社株の価格に基づいているので、それを高めるインセンティブがある。そのためには、1982年に合法化された公開市場での自社株の買い戻しを行う。例えば 2016年にギリアド・サイエンシズのCEOであるジョン・C・マーティンが得た報酬は9,840万ドルで、そのうち96%が株式ベースの報酬でした(Tulum and Lazonick, 2018: 294-5)。2017,2018,2019年のわずか3年間で、製薬会社は自社株買いに286億ドルを費やし、研究開発にはわずか100億ドルしか費やしていない(Wilkins 2020で取り上げた米国下院議員Katie Porterの証言)。

戦略的優先順位が「(市場性のある製品という形で)顧客に価値を提供すること」から「債権者や株主に価値を提供すること」に変わったのである(Gleadle er al 2014: 71)。かつて企業は、利益を自社に再投資して新製品を開発したり、熟練した人材を確保したりしていたが、現在では利益のほとんどが債権者や、株式の過半数を所有するステート・ストリートやブラック・ロックなどの機関投資家に渡っている(Busfield 2020)。N95マスクの3大メーカーである3M、ハネウェル、キンバリー・クラークも、このような金融化されたアプローチを追求し、マスクの複数の特許を強固に保持してきた(Lazonick and Hopkins 2020)。N95マスクや人工呼吸器などの個人用保護具が致命的に不足しているのは、IPが与える独占的な権利が一因となっている。そのため、この重要なPPEの生産と流通が滞っている。人工呼吸器の生産は、潜在的な競争相手を潰して大企業の高価格を維持するために、大企業が手頃な価格の人工呼吸器を生産していた革新的な中小企業を買収したことで、妨げられた(Kulish er al 2020)。

知的独占資本主義と医薬品へのアクセス

1970年代後半から 1980年代前半にかけて、米国の知的財産権所有者は、知的財産権の保護を拡大するために、規制や法律の改革を働きかけた。製薬会社、ソフトウェア会社、出版社、エンターテイメント会社は、自分たちの産業がグローバル市場においてアメリカに競争力を与えていると主張した。彼らは、自分たちの知的財産が世界市場で報酬を受け、貿易相手国が彼らの「権利」を尊重し執行することを保証するために、知的財産を貿易体制に組み込むことを求めた。1994年までに、IPオーナーは、世界貿易機関の貿易関連知的財産権協定(TRIPs)を通じて、自分たちの好みをグローバル化することに成功した(Sell 2003)。TRIPsは硬い法律で、拘束力があり、強制力がある。TRIPsは、医薬品の20年間の特許保護を義務づけている。違反すると貿易制裁を受ける。

グローバルな貿易体制における知的財産保護の制度化は、レーガン・サッチャーの新自由主義から知的独占資本主義への移行を確固たるものにした。最近、私たちが「貿易」について語るとき、実際には知的財産や金融サービスなどの無形資産の役割を議論しているのである。現代の貿易協定の主な受益者は、国際銀行、ビッグテック、ビッグファーマ、ビッグフード、多国籍企業など、グローバル・バリュー・チェーン(GVC)を支配する者たちである。GVCの主導企業は、「生産の国際的な断片化に起因する知的財産の流用のリスクを抑制する」ために、貿易協定における知的財産要件の厳格化を推進している(Durand and Milberg 2018: 21-22)。知的財産の豊富な国が参加しているポストTRIPsの貿易協定のほとんどは、WTOにおけるTRIPsの義務をはるかに超えたIP条項を特徴としている。今日では、「収益性は、知的財産権に対する支配力を用いて、複雑なバリューチェーンから独占的なレントを引き出す企業の能力の関数である」(Schwartz 2017: 197)。例えば、アップルはiPadが売れるたびにその価値の大部分を引き出しているのに対し、中国のメーカーは1ドルの小銭しか受け取っていない。

大手製薬会社は、強制ライセンスや並行輸入など、必須医薬品を安価で入手しやすくするためのTRIPsの柔軟性の利用を促進することを目的とした、健康増進のためのイニシアチブを日常的に妨害している(Correa 2006)。金融化された資本主義の利益命令は、大手製薬会社が、グローバル・サウスの疾病よりも、勃起不全やハゲなどの生活習慣病にはるかに多くの投資を行ってきたことを意味する。フェルドマンが主張するように、「私たちのインセンティブ構造は、社会的な目標とはひどくずれている」のである(Feldman 2018)。

特許保護は価格を上昇させ、医薬品、診断薬、ワクチン、医療機器、PPEへのアクセスを低下させる。ジェネリック医薬品の競争を阻止することを目的とした戦略的行動は、医薬品価格の上昇を助長する。製薬会社は、特許保護期間を延長する「エバーグリーン化」を日常的 ある製薬会社は、人気のある医薬品の特許期限が切れようとしているときに、同じ医薬品の錠剤やジェルキャップなどの「新剤形」を提供し、さらに20年間の特許保護期間を得ることができる。このような戦略的行動は、すべての人に平等に影響するわけではない。例えば、1990年代後半から 2000年代初頭にかけてのHIV/AIDSの大パンデミックの際、豊かな国では死亡者数が激減し、アフリカでは推定1,200万人の感染者が「救命薬が大陸に届くのを待っていた」状態で放置された(Nkengasong er al)。 インドと南アフリカは、COVID-19療法の強制実施権と並行輸入を可能にするために、世界貿易機関(WTO)にTRIPsの条項を放棄するよう要請している(Reuters 2020)。彼らは過去にHIV/AIDSや豚インフルエンザ、鳥インフルエンザを経験しているため、知的財産がもたらすアクセスの障壁に対して当然のように疑念を抱いている。COVID-19の検査、治療、ワクチンが開発されていく中で、「知的財産権や、関連するノウハウの共有を嫌がることが、すべての国に手頃な価格でタイムリーに供給するための迅速なスケールアップの障害になるのではないか」という懸念は当然のことながら存在する(Tellez 2020)。

COVID-19ワクチンの争奪戦が本格化しており、多くの富裕国が事前購入の交渉を行っているが、その結果、世界の南半球が再び「見殺し」にされるのではないかという懸念が生じている(Torjesen 2020)。今回のパンデミックでは、サプライチェーンのボトルネックが露呈し、少数のサプライヤーに過度に依存することで、必要なインプットの入手が困難になっている。世界保健機関(WHO)疫病対策・革新連合(CEPI)GAVI(ワクチン同盟)が主導する「COVID-19ワクチングローバルアクセス(COVAX)」など、COVID-19ワクチンの開発に向けた現在の集団的取り組みは有望で、すでに167カ国が署名している。その目的は、貧しい国であっても医療従事者や弱い立場の人々を守るために、多額の補助金を受けてワクチンを製造・配布することである。しかし、知的財産権の保護については疑問が残り、ワクチンをめぐる競争も明らかになっている。米国は複数の民間企業と独自の取引を行っている。高所得国は個々の企業と契約を結び、ワクチンを購入している。オックスフォード大学とアストラゼネカの提携は、開発中のワクチンの非営利対営利の将来について疑問を投げかけている(Nkengasong er al 2020: 197; Garrison 2020)。

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏の慈善家としての寛大さは目を見張るものがあり、ビル&メリンダ・ゲイツ財団に数億ドルを寄付し、健康に焦点を当てている。しかし、ワクチン分野でのビル・ゲイツ氏の活躍には疑問もある。彼は、知的独占資本主義の主要な後援者であり、熱心な推進者でもある。パンデミックの間に個人資産が100億ドル以上も増加したゲイツ氏のような世界的な大富豪が果たす役割は、公平性と公益のためのガバナンスに疑問を投げかけている(McNamara and Newman 2020: 10; Schwab 2020)。ゲイツ財団は、COVID-19への対応に取り組む数十社の企業に2億5,000万ドル以上を投資しており、その結果、大きな経済的利益を得ることができる。ゲイツがドイツのCureVac社に4,000万ドルを投資したことからも、金融化のダイナミズムがうかがえる。2020年8月のCureVacの新規株式公開のわずか2日後、同社の株価は400%に跳ね上がり、投資家は価値を引き出すことができた(Schwab 2020)。パンデミック対策におけるゲイツ財団の役割が突出していることを考えると、その財務的な利害関係は、より高い透明性と説明責任を伴うべきである。多くの人を犠牲にして少数の人を贅沢にしてきたウォール街とモノポリーの資本主義の中心的な受益者であり支持者でもあるゲイツ財団の役割は、世界的なパンデミックの際に、ひどく歪んだシステムをさらに定着させる可能性について正当な疑問を投げかける。ゲイツ氏は、知的財産の独占的なライセンスを好む傾向があるが、これではいつまでたっても医薬品が普及しない。南アフリカとインドはこのことを認識しており、COVID-19でTRIPsの放棄を要求したことに反映されている。

不平等と労働条件

COVID-19の大パンデミックは、経済的不平等の急激な拡大、少数の人への富の集中、労働の不安定性の増大がもたらす致命的な結果を明らかにした。例えば、COVID-19がマンハッタンを襲ったとき、上位1%のメンバーはハンプトンのビーチにある保養所に集まり、感染を免れた(Sellinger 2020)。一方、現代の経済階層の底辺に位置する「必要不可欠な労働者」は、死のウイルスにさらされながらも出勤し続ける以外の選択肢はなかった。救急隊員、バスの運転手、老人ホームの従業員、清掃員、郵便局員、食料品の仕入れ担当者、農業従事者、ウォルマートの従業員、アマゾンの倉庫作業員、配達員、食肉加工業者など、多くの人が最低賃金で働き、雇用者が補助する健康保険やその他の福利厚生を受けられない人が、働き続けなければならなかった。ノースカロライナ州のフードサービス労働者であるバーサ・ブラッドリーは、「健康保険も病欠も有給休暇もなく、生活賃金も得られない」と述べている(Jaffe and Chen 2020: 126)。ケイティ・パインとケイト・ヘンは、彼らを「新しいリスクワーカー」と呼んでいる。彼らの多くは、リスクを最小限に抑えることを義務付けられているが、それを実行するためのリソースはほとんどない(Pine and Henne 2020)。例えば、シカゴのジョン・H・ストローガー病院では、看護師がN95マスクを再利用するように指示されており、「時には45日間も」と言われてた(Jaffe and Chen 2020: 138)。対照的に、知識労働者は安全な自宅で仕事をすることができ、感染のリスクを減らすことができる。

COVID-19は有色人種のコミュニティを不当に攻撃し、経済的不平等と体系的な人種差別を助長している。歴史的に構築されてきた市場のあり方や今日の機能に人種が関係している」ことは明らかである(McNamara and Newman 2020: 6)。2020年9月の大統領討論会で大統領候補のジョー・バイデンが指摘したように、アメリカではアフリカ系アメリカ人の1000人に1人がCOVID-19で亡くなっている。シカゴでは、COVIDによる死亡者の約70%がアフリカ系アメリカ人であった(Jaffe and Chen 2020: 140)。国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、COVID-19が「あらゆるところにある誤りやデマを暴いている。….ポストレイシストの世界に生きているという妄想、私たちはみんな同じ船に乗っているという神話を」と指摘した(Guterres 2020)。9月には、シティグループが、アフリカ系アメリカ人に対する差別であるシステミック・レイシズムが、経済に16兆ドルの損失を与えているというレポートを発表した(Akala 2020)。

プレカリアートの多くは、有色人種、最近の移民、非正規労働者である。2020年5月までに、世界中の食肉処理場がウイルスのホットスポットとなり、幾重にも重なる機能不全を露呈した。食肉加工業界は、カーギル、JBS、スミスフィールド、タイソンなどのグローバルな多国籍企業に支配され、高度に統合されている。1980年代以降、この業界は、「効率性と低賃金による利益の増大を目指して」、統合と垂直統合の金融化モデルを追求してきた(van der Zee er al 2020)。これらの工場で働く多くの移民労働者は、共同住宅に住んでいる。混雑した労働条件、大規模な工場と狭い住宅、有給休暇の欠如など、これらの環境ではコロナウイルスの蔓延を悪化させる。実際、タイソン社は工場での感染が発生している最中に、労働者に500ドルのボーナスを支給して働き続けさせていたほどである(van der Zee er al)。 労働者がすべてのリスクを背負い、食肉処理会社が報酬を得ているのである。金融化や独占資本主義などのグローバル経済の構造は、パンデミックの危険性を増幅させ、人々を「お金だけでなく、生死に関わる問題で分断された不平等な集団」にさらに押し込めている(McNamara and Newman 2020: 11; Sell and Williams 2019)。

より人道的未来に向けて?

構造的な観点から見ると、21世紀の資本主義は、より人道的未来を想像するための困難な課題を提示している。グローバリゼーション、経済の相互依存、絡み合ったグローバルなサプライチェーン、そして経済的・政治的権力の集中は、再構築はおろか、解きほぐすことさえ難しい網目のようなものである。ウォール街や独占資本主義は、グローバルな政治経済を強力に形成している。

タイタニックのデッキチェアを並べ替えることから、大規模な構造改革まで、さまざまな選択肢が考えられる。企業の社会的責任への取り組みやフィランソロキャピタリズムは「デッキチェア」の端に位置し、規制改革は中間に位置し、地球人と惑星の健康を支えるために資本主義を劇的に再構築することは最端に位置する。階級、国家、人種、性別を問わないウイルスであるCOVID-19パンデミックの規模と致死率の高さは、その顔をむき出しにしたシステムを再考する機会を与えてくれるかもしれない。

ウォール街の資本主義は、リスクとリターンの比率を歪め、イノベーションや流通に悪影響を及ぼしている。金融化された資本主義は、価値を創造するのではなく、価値を引き出すことに長けている。製薬業界では、株主価値を重視するあまり、経営者が株価や役員報酬を上げるために自社株買いを行うという歪んだインセンティブが働いていることが明らかになっている。このようにして引き出された価値は、熟練した従業員の維持や技術革新のために企業に再投資されるのではなく、むしろ配当金の支払いや潜在的な小さな競争相手や革新的な企業の買収に使われるのが一般的である。Braithwaiteが示唆するように、現行のシステムは「銀行とレンティア階級(何かを生産するのではなく、不動産や証券への投資から得られる収入で生活するレンティア)の政治的・経済的な力」を増大させている(Braithwaite 2019: 559)。ウォール街のロビイストが確保したキャピタルゲインに対する巨額の減税は、雇用のない回復をもたらし、生産性と雇用の成長の関係を断ち切った。

銀行セクターと金融市場に対する意味のある規制改革には、「轟音の銀行」を「退屈な銀行」に戻す改革が含まれるだろう(Epstein 2018)。1940年代から 1970年代までの銀行は、取ることが許されるリスクが制限されていたという点で、退屈な銀行であった。銀行は、長期的な信用と住宅金融を提供するという公的使命、金利の上限、適度な収益率とセクターの安定性を特徴としていた(Epstein 2018)。1933年のGlass-Steagall法を復活させて、基本的なリテールバンキングと投資バンキングの間にファイアウォールを設けることで、1929年や2007~2008年にシャドーバンキングセクターから規制された銀行セクターに広がった伝染や破綻を防ぐことができる(Fahri and Tirole 2020)。また、「大きすぎて潰せない」銀行の規模を縮小し、金融取引に課税することも、このセクターにおける現代の危険な行動やダメージを与える過剰な行為を抑制するのに役立つであろう。利益ではなく経済成長のモデルに戻るには、累進課税が必要である。「1952年、米国の最高所得税率は92%であったが、経済はかつてないほど急速に成長した」(Bregman 2020)。1982年に米国証券取引委員会が制定した自社株買いを認めるルールを撤回することは、インセンティブを変えるための積極的な一歩となるであろう。また、資本の流れや脱税を抑制することは、医療などの公共的使命に取り組むための政策的余地や追加的な資源を支援することになる。

健全な反トラスト政策や競争政策は、大手製薬会社、大手食品会社、大手技術会社など、さまざまな分野での独占力の乱用を抑制するための知的財産改革を後押しする。競争政策以外では、医薬品の価値提案を率直に説明し、医薬品や医療機器の開発に公的資金がどの程度使われているかを透明化することが正しい方向への一歩となるであろう。Mazzucato (2013)、Mazzucato and Roy (2019)、Lazonick and Hopkins (2020) が指摘しているように、ほとんどの医薬品のイノベーションは、「起業家的国家」によって設計され、納税者が資金を提供していた。公共部門がリスクを取り、民間部門がほぼすべての報酬を得ているのである。このリスクとリターンの比率は、公的資金によって提供される真の価値を反映したものに再調整されなければならない。このような透明性は、納税者が医薬品に対して二重に支払うことにならないよう、必須医薬品のコストを削減するのに役立つはずである。医薬品開発のための代替資金、例えば、賞金基金やパテントプールの拡大などを追求することができる。特にCOVID-19のようなケースでは、インドと南アフリカが世界貿易機関で要求しているように、公衆衛生上の必要性から知的財産権を緩和することができる。慈善事業や、ウォール街や独占資本主義を反映した財産や世界観を持つフィランソロ・キャピタリストに頼ることは、不確実で持続不可能、さらには危険な可能性を秘めている。私利私欲と公共の利益は、どこかで必ず衝突し、公共に不利益をもたらす。

不平等や不安定な労働に対処するために、より構造的な改革が求められている。「エッセンシャル・ワーカー」というレトリックは、その機会を提供してくれる。今回のパンデミックで「必須労働者」に指定された人々は、最も給与が低く、致命的なリスクに最もさらされており、基本的な医療や有給休暇など、自分や他の人を守るのに役立つ福利厚生へのアクセスがない人々である。必要不可欠な労働者とは、最も重要で弱い立場にある人々、つまり乳幼児や子供、高齢の両親、障害者、そして食料品棚の在庫、食料や医薬品の宅配、教育、救急隊員を必要とするすべての人々の世話をする人たちである。注目すべきは、マンハッタンの大パンデミックの際にハンプトンに避難したウォール街の大物たちが「必要不可欠」と指定されていないことである。

今回のパンデミックは、「必要不可欠なもの」とは何か、「必要不可欠な仕事」はどのように補償されるべきかを再考するきっかけとなるであろう。生活賃金は基本的な人権であるべきである。政治理論家のAlbena Azmanovaは、「今日の資本主義的な構造の中で破壊されている点」を特定するために、「資本主義のより直接的な検証」を求めている(Azmanova 2014: 357-8)。彼女は、「良い仕事に就いているが、より厳しくより長く働くように圧力を感じている『労働市場のインサイダー』」と「『労働市場のアウトサイダー』(失業者や不安定雇用の人々)」という相反する不満を抱えているように見える人々が、商品化圧力を高め、一般化する政治経済を介して相互に関連していると主張している(Azmanova 2014: 359)。このように、現在のシステムでは見かけ上の「勝者」であっても、雇用の不安定さが増しており、こうした圧力は「私たちの幸福のモデルに何か問題がある」ことを示している(Azmanova 2014: 359)。利潤の競争的生産という現在のシステムは、「階級の隔たりを超えた生活の不安定さなど、不公正と支配の体系的な形態」を生み出している(Azmanova 2018: 8)。

個人の責任と自立というネオリベラル/リバタリアンのマントラは、社会的な絆と共同体の責任をぼろぼろにしてしまった。公共部門が一歩退くための言い訳や根拠を提供している。社会的安全は、正当な公的責任として排除されている(Azmanova 2014: 361)。しかし、ブレグマンが指摘するように、「人類は協力するために進化してきた」のであり、この洞察は、「信頼に基づく政府、連帯に根ざした税制、未来を確保するために必要な持続可能な投資」に向かうための基盤となり得る(Bregman 2020)。世界中で、政府は大規模なパンデミックにおける一時的な社会保護の提供に乗り出した。今回は、大きすぎて潰せなかった銀行を救済するためではなく、より多くの社会的セーフティネットを提供するために、公共部門が危機の際に膨大な資源を動員できることが実証された。今回の危機は、経済的に確実な状況を作り出すためのユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)についての真剣な議論を復活させた。

左右のポピュリズムの台頭は、コントロールできないように見える世界における自由への恐れを反映している。中央では、多くの人が資本主義をより包括的にするための改革を求めている。しかし、「現代の資本主義の様式に働いている支配のシステム論理」に対抗するために、「信頼の政治経済」を発展させるために、社会経済システムの抜本的な見直しを求める人もいる(Azmanova 2014: 362)。このような信頼のシステムを構築し始めるために、現代の資本主義を変革しようとする者は、政治的アクター(政党、国家、外国人など)ではなく、不正義を生み出し維持するルールに挑戦すべきだとアズマノバは提唱している(Azmanova 2018: 10)。

Relational, structural and systemic forms of power: the ‘right to justification’ confronting three types of domination
(2018). Relational, structural and systemic forms of power: the ‘right to justification’ confronting three types of domination. Journal of Political Power: Vol....

現代の資本主義の構造的側面のいくつかと、それらがパンデミック対応を形成する方法を簡単に分析することで、公衆衛生に関する議論に政治経済を取り入れることの重要性が浮き彫りになった。現在のシステムの主要な特徴と病理を理解することで、パンデミックにおけるレジリエンスを構築するための建設的な対策をひらめくことができる。例えば、アフリカ疾病管理センターのアフリカ人専門家は、HIV/AIDSのパンデミックの際に独占資本主義によって多くの人が「見殺し」にされたという過去の負の経験を踏まえ、ワクチンの生産とPPEの製造能力を深めるために動員されている(Nkegasong er al 2020)。彼らはすでに検査能力を開発し、何千人ものコンタクトトレーサーを養成している。ロビンソンとギルバートは、「大きな構造的変化、例えば金融化や市場統合などが、臨床的な意思決定と現場の個々の科学者の意思決定の両方をどのように構造化するか」を明らかにするために、「経済的生命倫理」の開発を呼びかけている(Robinson and Gilbert 2018)。彼らは、マクロ経済構造が医学研究や実践とどのように交わるかを理解するために、生命倫理学者が構造分析に取り組むことを呼びかけている。本稿は、21世紀の資本主義がCOVID-19とどのように交わっているかをいくつか図示し、今後の変化のための病理と機会の両方を垣間見ることで、この種のつながりを促進することに貢献しようとするものである。

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker