アンチウォードットコム

ワシントンの制裁戦争は、ロシアではなく西側諸国を骨抜きにする
ワシントンのロシアに対する卑怯な代理戦争は、週末に新たなレベルの不条理に達した。

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Washington’s Sanctions War Kneecaps the West, Not Russia

original.antiwar.com/david_stockman/2022/06/27/washingtons-sanctions-war-kneecaps-the-west-not-russia/

by David Stockman 投稿日: 6月 28, 2022

つまり、G7はロシア産の金の輸入禁止を宣言し、ロシアの債務者が非認可のロシアの銀行に預けていた代金を米国企業が回収するのを禁止することによって、ロシアを対外債務の技術的不履行に追い込んだ。

一言で言えば、普通の商業がワシントンによって武器化され、世界で最も古い貨幣が国際市場で自由に交換できなくなったのである。同時に、ロシアの借り手が誠実に支払った利子は、米国政府によって事実上差し押さえられ、凍結されている。

それなのに、自由企業の共和党員はどこにいるのだろう?

答えはこうだ。ネオコンに扇動された戦争熱に酔って、米国の私有財産所有者と貿易業者の基本的権利を、ロシアに対する制裁戦争の追求に従属させようとしているのである。

実際、ワシントンが強要する「デフォルト」は、官僚が完全に感覚を失っていることを示唆するほど荒唐無稽である。たまたま、ロシアは先週、プーチン大統領が署名した法令で、債券保有者にルーブルで支払う計画を成文化した。

この法令により、ロシアは無認可のロシアの銀行にある外国人債券保有者の口座にルーブルで支払いを行うことになった。外国人投資家は、ルーブルをドルや他の外貨に自由に交換することができ、それによって、返済額の100%を、融資契約によって指定された形で支払いを受けることができるのである。

実際、ロシア財務省は、木曜日と金曜日に、この新しい仕組みの下で、債券保有者におよそ4億ドルの支払いを行ったと発表している。つまり、実際には借り手の「債務不履行」はなかったのだ。

しかし、米国やその他の西側諸国の債券保有者は、西側諸国の制裁に違反することなくロシアから資金を移動させることに苦労することになる。なぜなら、これらの支払いはロシアの国家決済預託機関を通さなければならないからだ。この機関はEUから制裁を受けており、アメリカは5月下旬以降、アメリカの銀行がロシアの債務支払いを処理することを禁止している。

これが明白な財産の盗難でないとすれば、何がそうなのかわからない。米国財務省は事実上4億ドルの私有財産を盗んでいる。ポトマック河畔の日曜午後の戦士たちが、ロシアに戦争を仕掛けるふりをするために、そして現在キエフ政府を仕切るバンタム級に、何万人ものウクライナ兵や民間人を何の合理的目的もなく死地に送るよう促すためにだ。

ウクライナは戦争に負け、平和を訴え、歴史的に「ノボルシーヤ」と呼ばれたハリコフからオデッサまでの東部と南部の領土を手放さざるを得ないのは時間の問題であることは、もう明らかだろう。つまり、レーニン、スターリン、フルシチョフというソ連史上の悪のトリオが1922年から1954年にかけてウクライナ・ソビエト社会主義共和国という全体主義の行政単位に加えるまで、これらの領土は200年以上もロシアの一部であったのである。

しかし、だからどうした?2月24日以降に起こった膨大な破壊と人命の損失は、ゼレンスキーのNATO加盟という幻想、ドンバス分離主義者への残忍な攻撃、クリミア奪還の計画が、ロシアの侵攻前にワシントンによって停止されていれば回避できたかもしれないのだ。

しかし、5ヵ月後、この男はさらに妄想と大量虐殺を繰り返すようになり、ワシントン当局者は彼のコートを持ったまま、ただ傍観しているだけである。週末にG7で彼が語ったように。

ウクライナの指導者はG7のリーダーたちに、今はロシアと交渉する時ではないと語った。フランス政府関係者によれば、「ウクライナは交渉できる立場になったら、つまり強い立場を再確立したら交渉するだろう」とウクライナ大統領は語った。

(例によって)ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、寒波によって侵略者がその利益を強固にする前に、新たに征服した領土からロシアを追い出すために同盟国からのより多くの支援が必要だと、七カ国協議のリーダーたちに語ったと、ビデオ演説に出席した関係者は述べている。

ウクライナは、年内に戦争を終結させ、2月の侵攻の前にロシアを分離線まで押し戻すために、G7諸国からより多くの軍事的、政治的、財政的支援を必要としていると、ゼレンスキー氏は月曜日に述べたと、この他の関係者は述べている。

実際のところ、そのような事態が起こる可能性は、雪だるま式に高くはないだろう。この先待ち受けているのは、ワシントンの冷笑的な肉弾戦の数ヶ月である。ウクライナの大部分は、兵器解体ダービーと化した。米国とNATOの備蓄品が、ポーランド国境から東部戦線までの長くて危険な移動中や戦闘中に破壊され、レイセオンなどがすぐに補給命令を受けられるようにするための場所である。

しかし、この残酷な狂気から生まれるのは、ウクライナの軍事的地位が「強化」されることではない。また、無意味な対ロシア代理戦争でウクライナの身体と経済インフラを無残に犠牲にするという、ワシントンの狂った戦略の正当性を証明するイチジクの葉さえもないのだ。

一方、制裁戦争はほぼ完全に失敗している。例えば、インドは今年、モスクワと取引して市場価格より大幅に安い価格でロシアの石油を手に入れ、購入量を大幅に増やした。しかも、10%とか25%というような小幅な増加ではない。

Kpler社のデータでは、2月に1日3万バレルだったロシア産原油の購入量が、6月には1日平均100万バレルに達している。4ヵ月で33倍の増加である。

国際エネルギー機関(IEA)のデータによれば、数カ月前まで四捨五入していたインドの購入量は、ヨーロッパの購入量の4分の1以上に相当する。

言うまでもなく、ロシアのエネルギー輸出は、インドや中国をはじめとする発展途上国の新たな購入先となり、ワシントンの経済制裁戦略を骨抜きにするものである。実際、ロシアの最大の輸出品である化石燃料からの収入は、ウクライナ戦争後の最初の100日間で、価格高騰の中で石油販売による利益によって記録的に急増している。

フィンランドのヘルシンキに本部を置くエネルギー・クリーンエア研究センターが分析したデータによると、この期間、ロシアは石油、ガス、石炭の輸出で970億ドルという記録的な収益を得たという。このうち約3分の2が石油で、残りのほとんどが天然ガスである。

同センターの調査を率いるアナリストのラウリ・マイリヴィルタは、「現在の収益率は前例がない。なぜなら、価格が前例がなく、輸出量も過去最高に近いからだ」と述べている。

金禁輸に関してG7週末スペシャルと言えば、驚くことではないが、近年の金の最大の買い手はG7諸国(米国、フランス、カナダ、ドイツ、日本、英国、イタリア)ではない。実際、G7諸国の多くは、過去に素朴に金を売却しており、再購入を拒否しているか、単に資金がないだけなのだ。

その代わりに、金を購入しているのは主にインドやトルコなどの発展途上国の中央銀行であり、もちろん中国もそうである。後者はすべて、戦争前にロシアが行ったようなことを静かに準備している。つまり、カウンターパーティーのない、差し押さえのない、世界的に尊敬されている資産である金に資本を配分することによって、脱ドル化するのである。

下図に示すように、中国とロシアだけでも、その努力は無視できない。

特にロシアの中央銀行は、金の売り手ではなく、積極的な買い手であった。従って、Zero Hedgeが指摘するように

バイデン氏の決定は、金市場を石油の例に倣い、分裂させるだけである。ロシアの友好国には安く、ロシアの敵には高くつく。

ロシアは中国に次ぐ金生産国となったが、この禁輸措置によって、そのスタイルが崩れることはないだろう。ロシアの金採掘業者は、主にロシアの商業銀行に金を売却し、その多くはロシアの中央銀行で売却されることになる。

このような背景から、ロシアは過去10年間、金のトップバイヤーとして、その金準備を2011年末の883トンから2021年末には2302トンにまで押し上げている。2005年以降、ロシアは1,900トン以上の金を追加しており、ロシアの金準備は現在、総準備の約5分の1を占め、およそ1,400億ドルに相当することになる。

つまり、金解禁は、ロシアの鉱山業者が非同盟市場や自国中央銀行へ金を売却する方向を変えただけと思われる。しかし、過去10年間で鉱業者の生産量がほぼ倍増したことによる経済への付加価値は、ほとんど影響を受けないだろう。

ロシアの金生産量 2010-2021

ロシア政府高官やオリガルヒへの制裁、輸出規制、ロシアの大手銀行への制裁など、ワシントンDCの一連の制裁措置は、ルーブルを瓦礫のようにすることも、ロシア経済を崩壊させることさえもしなかった。

それどころか、2月にバイデンが喜んで馬鹿にしたロシアのルーブルは、その後対ユーロで7年ぶりの高値まで上昇した

ロシアを「懲らしめる」ことに関しては、ここにアメリカとロシアの経常収支のグラフがある。記録的な黒字はロシアのもので、急落した赤字はワシントンで作られたものだ。

経常収支の黒字・赤字。ロシア対アメリカ、1999-2022年

結局のところ、ワシントンは西側諸国経済、特にアメリカの消費者をこき使ったのである。2月24日の侵攻のとき、世界の商品指数は203であり、まさに経済主導の2008年7月の世界の商品ピークに位置していた。

しかし、現在では227であり、12%近くも上昇している。これは間違いなく戦争プレミアムであり、ワシントンのロシアに対する代理戦争そのものと同じくらい不必要で愚かな繁栄からの搾取である。

グローバル・コモディティ指数 2003-2022


デービッド・ストックマンは、ミシガン州選出の下院議員を2期務めた。ロナルド・レーガン大統領の下で行政管理予算局の局長も務めた。ホワイトハウスを去った後、ストックマンはウォール街で20年のキャリアを積んだ。著書に『政治の勝利』『なぜレーガン革命は失敗したのか』(講談社)の3冊がある。Why the Reagan Revolution Failed, The Great Deformation: The Great Deformation: The Corruption of Capitalism in America」、「TRUMPED! A Nation on the Brink of Ruin… And How to Bring It Back」の3冊の著書がある。また、「デービッド・ストックマンのコントラ・コーナー」「デービッド・ストックマンのバブル・ファイナンス・トレーダー」の創設者でもある。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました