ロバート・マローンワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ

真実との戦い | 内なる敵に要注意
War on Truth Beware the enemy within

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

rwmalonemd.substack.com/p/war-on-truth

ゲストライター David Marks 著

Photo byDave HoefleronUnsplash

誤りは、何度も伝播されることによって真実になることはなく、真実は、誰もそれを見ないから誤りになることもない。たとえ公的な支援がなくても、真理は成立する。それは自存している。

マハトマ・ガンジー

目を見開き、心を開いた者にとって、最近のパンデミックの倫理観と抑圧は、ますます不合理であることが証明されつつある。疑問の余地のない暴言は、今や偽善的な嘘であることが明らかになっている。ワクチンが役に立たないこと、有害であることを確認するデータも、ロックダウンと義務化によってもたらされた損害を暴露している。

しかし、製薬会社とその政府の手先が公言する崇高な意図に懸念を抱く人々を、強力な権力が抑圧し、苦しめ続けているのだ。支配階級は、反対意見を押しつぶしながら、素朴で恐れを抱く人々に危険なワクチンを送り続けることに何の疑問も抱いていない。

プロパガンダは私たちの生活に浸透しており、私たちの感情を操作する目的で、真実のかけらもない。指導者たちは道徳心を持たず、どんな悪事も行うことができるように見える。巨大な犯罪組織が、誰が政治家に選ばれようとも、支配権を持ち続ける。

狡猾で権威主義的な徒党は、ますます強力な足場を築いている。あからさまな二枚舌にもかかわらず、一般市民は、現代のさまざまな危機に対する神聖な判断と恣意的な解決策を受け入れるよう、ますます説得されている。説明責任がないため、捏造された支配的な現実と破滅的な政策に疑問を呈する者は、絶え間ない蔑視と中傷にさらされる。

腐敗した政治家たちが、不吉な全能の力の計画を実行していると考えるのは、十分に正当化できるかもしれない。権力者が人類にもたらす脅威はすべて、一連の邪悪で貪欲な意図を隠すための巧妙な煙幕の一部であると結論づけることができるかもしれない。

信頼できる知識の源は抑圧され、弱体化し、憶測による説明と現実的な情報との違いを見分けることが難しくなっている。現代社会の圧力は、感情的に導き出された意見や結論をすぐに受け入れてしまうことを生んでいる。

誰もが、現代の論争の的となる出来事や問題に直面する際に、どちらかの側に立つよう促されている。現在の人類の窮状は、これまで以上に両極化し、危険な状態になっている。敵はウイルス、暴君、選挙泥棒、陰謀論者、資本主義者、あるいは社会主義者の形をとっている。容赦なく分裂する雰囲気は、手に負えないように見える。

この脆弱な状態は、あらゆる方向からの虚偽が出現し、繁栄しているため、より危険になりつつある。介入し、紛争から解決への方向転換を図らなければ、過激主義と無政府状態だけが蔓延することになる。

効果的な変化を起こすには、不真実なことを広める人々の動機と手段を認識することが前提である。そこから、現代の真実を伝えるための現実的な枠組みを確立するための道筋を見つけるための警戒が必要である。

不安定な控除

パンデミックの呪文にかかった人々は、世界を白黒はっきりさせるように仕向けられた。この合理的な行動に対する違反は、もろい世界をさらに分裂させ、反対者を黙らせ、人間関係を破壊する。この意図的に生み出された集団妄想に敵意をもって反応することは、同様に破壊的であり、さらなる不和を生む。

人間の存在は多面的であり、道徳的な行動と非道徳的な行動が無限の色合いを見せている。人は間違った理由のために正しいことをすることができる。敵だと思われている人が、人道的行動をとることもある。捏造の反対は必ずしも真実ではない。

対立が仕組まれたのは偶然ではない。両極化によって優位性を維持することは、一般的な科学的、社会的、政治的な物語の推進者にとって最優先事項である。人間を含むあらゆるものを極端な言葉で定義することは、相手を恨みと憎しみの檻に閉じ込めておく最も簡単な方法である。善か悪か、正しいか間違っているか、政治的に左か右かというレッテルを貼る風潮は、不寛容を煽り続けているのだ。真実を見いだし、語ることは危険なことなのである。

誰もがどの程度まで抑圧され、操作されているのか、そして私たちの苦境はどの程度まで強制的な分断に起因しているのかを認識することが重要である。このような細部や繊細さに気づいていない人は、独裁者の格好の標的となる。独裁者は、自分たちの権力を脅かす人々に汚名を着せ、孤立させ、分裂させるのだ。

この策略に乗らないようにするのは、簡単なことではない。私たちが観察する一般論には明確な真実があるが、根拠のない推論は不安定であり、破壊的な行動につながる可能性がある。

内なる敵

外部からの脅威は、しばしば、現実と目標について受け入れられた一連の流れに依存する組織的な反対運動を引き起こす。マニフェスト全体に同意しない人々は、違反行為として中傷されるか、統制された反対派としてレッテルを貼られる。

このような排他的な人々の争いの根底には、世界を正義の勢力と悪の勢力に単純に分けることができるという幻想がある。この誤りを認識し、抑制することが、悪しきトレンドからの脱却には不可欠なのである。

共通の優先順位を認識することは、すべての人を二極化させようとする企てに逆らうことだ。真の戦いは、敵対関係の常態化に対抗することであり、そうでなければ不和を引き起こした人たちを利することになる。

しかし、これらの勢力を闇の中心であると定義し、怒りに満ちた反抗心のみで対応することは、分裂を強化するだけである。このような卑劣で危険な社会情勢は、政策や実務を支配することで権力を保持しようと必死になっている人たちのためにある。

この苦境は克服しがたく、他に例を見ないように感じられるが、歴史には不寛容で抑圧的な政権の崩壊が数多く存在することを認識する価値がある。真実の力が分裂と欺瞞に打ち勝った最近の前例もある。

マハトマ・ガンジーの非暴力と市民的不服従の原則は、100年近くインドを支配してきたイギリス帝国主義の悪弊に対する最後の一撃であった。植民地時代の物語は、レトリックや暴力によって真正性を損なわれることのない人々によって覆された。

ガンジーの言葉は、今日にも通じるものであり、また警告でもある。

偽善と不真実は世の中で続いていくだろう。私たちが正しいことをすることで、彼らが減っていく。..。

危険なのは、四方を偽りに囲まれたとき、私たちはその偽りに巻き込まれ、自分自身を欺くようになるかもしれないことだ。

敵意が高まっている今、情報に衝動的に反応すると、正当な解決策から外れてしまう危険性がある。難しいことではあるが、広い視野を持ちながら、辛抱強く検討することが、より合理的な結果を生む可能性が高くなる。四方八方に偽りがあるときこそ、冷静で誠実な行動をとり続けることが大切である。

つかみどころのない共通項

現代の危機は、敵意に基づく偏った認識は、対立を深めるだけであることを確認させてくれる。敵対者の考えはすべてでっち上げで、考慮する価値もないと反対者が主張すれば、結果はより多くの抑圧か無秩序になるだけだ。どちらも、扇動的な風潮を改善するものではない。

主流の物語が持つ一見壊れそうもないトランス状態は、仕組まれたパラノイアの雰囲気の中で維持されている。逸脱した敵を恐れるように説得され、追い詰められた国民は、妄想の劇的な暴露によって目覚めることはないだろう。不合理な行動や攻撃性に感情で対抗するのは無駄なことだ。

欺く者、その手下、あるいはその嘘を攻撃することは、真実を明確に提供することよりもはるかに説得力がない。合理的な主張をする自由な思想家たちの正当なグループが増えれば、やがてトランス状態は解消されるだろう。

建設的な変化の基礎となるのは、心を開いたままでいることだ。真実は、正直さの根拠を持たない人々の欺瞞に満ちた言葉に反応するのではなく、冷静さと明晰さを持ってのみ評価される。

現代文明の破壊的なパターンを変えるために、実行可能な解決策を提示することは、合理的な道筋である。財政的、政治的動機のない検証可能な詳細は、誤謬を生み出し、支持する個人や勢力の視点、政治、動機、方法論を払拭するものである。

ほとんどの問題には複雑さと微妙さがあり、熟慮された分析が必要である。民主政治は、真に国民に権力が委ねられたものであり、敵対する者同士が心を開いて互いに耳を傾けることによってのみ可能となる。

David MarksはChildren’s Health Defenseのフェローである。調査報道記者、ドキュメンタリー制作者でもある。近著「道」は中国の古典「道教」の解釈であり、LaoTzu-TheWay.orgで入手可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました