MATH+ & I-MASK/FLCCCエポックタイムズワクチンワクチン後遺症治療

「ワクチンで傷ついた人たちは無視されている」 ピエール・コリー博士によるワクチン傷害症候群とCOVID早期治療の弾圧について
‘The Vaccine-Injured Are Being Ignored’: Dr. Pierre Kory on Vaccine Injury Syndrome and the Suppression of Early COVID Treatment

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.theepochtimes.com/the-vaccine-injured-are-being-ignored-dr-pierre-kory-on-vaccine-injury-syndrome-and-the-suppression-of-early-covid-treatment_4622746.html

科学は、このワクチン傷害症候群の概念を無視しています。

私は、それが現実であり、一般的なものであることをお伝えします。

ピエール・コーリー博士は、COVID-19ワクチンによって傷害を受けた人々の治療に専念している数少ない医師の一人です。肺と重症の医師としての訓練を受けたコリー医師と彼のパートナーは、今年2月中旬に新しい診療所を開設して以来、何十人ものワクチン傷害の患者を治療してきました。

「私のところに来る人の多くは、1年前から病気になって、治療を受けようとしている人たちです」と彼は言います。「ワクチンが病気の原因だと言ったとたん、医師たちは非常に動揺し、彼らが狂っていると考えています。」

私たちは、彼の新しいI-RECOVER治療プロトコル、彼が直面した攻撃、そして彼が見た政府機関と製薬業界の腐敗した関係について議論しています。


Pierre Kory 0:01

科学は、このワクチン傷害症候群という概念を無視しています。そして、私は、それが現実であり、一般的であることをお伝えします。

Jan Jekielek 0:09

ピエール・コーリー博士は、COVID-19ワクチンによって傷害を受けた人々の治療に専念している一握りの医師の一人です。肺と重症患者治療の訓練を受けたコーリー博士と彼のパートナーは、今年の2月中旬に新しい診療所を開いて以来、何十人ものワクチン傷害患者の治療にあたっています。

Pierre Kory 0:26

私のところに来る人の多くは、1年前から病気になって、治療を受けようとしている人たちです。彼らが口にするや否や、ワクチンが病気の原因であることが判明します。医師は非常に動揺し、彼らが狂っていると思っています。

Jan Jekielek 0:37

今夜は、彼の新しいI-RECOVER治療プロトコル、彼が直面した攻撃、彼が見た製薬業界における政府機関の腐敗した関係などについて議論します。


Pierre Kory 0:47

製薬業界や予防接種業界にとって、これほど不都合な分子や化合物はないでしょう。これは

Jan Jekielek 0:53

アメリカの思想家、ヤン・ヤキレックです。ピエール・コーリー博士、アメリカのソート・リーダーに戻ってこられて本当に光栄です。

Pierre Kory

ありがとうございます、ヤンさん、またお会いできて嬉しいです。

Jan Jekielek

私は、FLCCCのサイトにある新しいプロトコルに非常に興味を持ちました。「I RECOVER」というタイトルで、すべての人にこのコードネームがついています。とても興味深いもので、ワクチンに何らかの副作用を受けた人を助けるものなんです。それについて教えてください。

Pierre Kory 1:24

そうですね 私たちのプロトコル、I-RECOVERは、しばらく時間がかかりましたが、昨年の6月に初めて公開しました。当初はLong-hauler症候群の患者を 対象としていました。というのも、そのような症例が多く見られるようになったので、その治療法を見つけようとしていたのです。そのプロトコルには、ワクチンによる傷害にも適用されるということが書かれていました。

しかし、最近になって、ワクチン傷害に関するデータが蓄積され、ワクチン傷害を申告する患者さんの数が非常に多くなってきました。

この2つの症候群には多くの類似点がありますが、いくつかの相違点もあります。ポールと私は、長年にわたってワクチン傷害の患者をたくさん診てきましたが、ポールは、スパイク・タンパク質と脂質ナノ粒子の病態生理について、私たちが知っていることをすべて体系化して整理しようとした最初の学術的な試みであり、病態生理とは、何かが病原体で、それが病気を引き起こすという意味だと主張します。

私たちは、スパイクタンパクがどのようなメカニズムで病気を引き起こすのでしょうか、可能な限り理解しようとしています。そのメカニズムは6つか7つあると考えています。そして、そのメカニズムや薬理作用がわかっているものから、それを打ち消したり制御したりするための治療薬を見つけようとしています。

私たちは、国内はもとより、世界中の医師と協力し、急速に発展している経験を有しています。このプロトコルは草案であり、スタート地点であり、何を治療し、何が起こっているのかをもっと知る必要があります。私は患者さんたちに謙虚に接しています。

多くの場合、彼らは非常に複雑で、重病です。しかし、私は彼らを改善することができます。ある程度、時には大きく、強い反応が見られ、多くの症状の軽減や緩和が見られることもありますが、もっと難しい場合もあります。そのため、私たちは試行錯誤を繰り返しています。

ファーストライン、セカンドライン、サードラインというように。しかし、私たちがやっていることのユニークさは、ワクチンで傷ついた患者さんが無視されているため、患者さんの苦痛を和らげ、治療することに焦点をあてていることです。

Long-haulerを診る診療所や多くの学術医療センターがあります。しかし、ポストワクチン傷害クリニックはありません。私たちは、スパイク・アパシーという、スパイクタンパク質の病因を研究することに焦点を当てようとしているのですが、それを発明しようとは思いません。そのため、医師はワクチンがどのような働きをするのでしょうか、どのような症状を引き起こすのかについて、全く意識していないのです。

医師はただ、理解できない無数の症状を抱えた患者を診るだけです。多くの場合、検査は従来の診断カテゴリーのような重要なものには陰性です。医師は、このような患者さんをどうしたらいいのかわからず、イライラしているのだと思います。多くの専門医を紹介されても、治療法はほとんど提供されず、延々と検査や紹介を受け続けているのです。

最初の10分間は、治療を受けるまでの道のりを私に語り、この医師はこう言った、この医師はこう言ったと、本当にショッキングなことを聞かされます。そして、その医師は診察を終えて、「私はあなたの力になれない」と言ったのです。

というのも、患者さんが「ワクチンが病気の原因だ」と言った途端、医師は非常に怒ってしまうからです。

私の患者さんのほとんどは、不安障害や機能性神経障害と呼ばれる診断を受けて帰りますが、これは基本的に頭の中に原因があると言っているようなものです。ですから、これは非常に厄介な病気で、私たちには助けが必要なのです。この症候群をもっとオープンに認識し、もっと多くの論文を発表する必要があります。十分なデータがないのです。つまり、科学はこのワクチン傷害症候群という概念を無視しているのです。

しかし、これは現実であり、よくあることなのです。ですから、システムがそれを認識し、組織的に研究するためのリソースを集め始めるまでは、私たちは、臨床経験から学び、文献をレビューし、しばしば第2、第3のジャーナルに掲載される論文を見る、ということをやり続けることになるでしょう。それらはしばしば試験管内の研究のようなものですが、私たちは手に入る限りのあらゆる情報を使っていました。

Jan Jekielek 6:26

BMJ誌に掲載された最近の研究では、重篤な副作用は800件に1件の割合で発生しているとのことです。しかし、800人に1人という数字ほど深刻ではない傷害のことを指しているのでしょう。もっと一般的なものです。どのくらいの頻度なのでしょうか、信頼できる推定値みたいなものは厳密に研究されているのでしょうか?それとも、現時点ではまだ発見される必要のあるものなのでしょうか。

Pierre Kory 6:59

正確な疫学はまだ十分に調査されていないようです。しかし、もしあなたがDoshiの論文やBritish Medical Journalの編集者を参照しているなら、それはプレプリントであることを心に留めておいてください。この論文では、臨床試験のデータしか見ていません。

その試験で何が起こったかを詳しく調べない限り、副作用の追跡調査や文書化が不十分であるという証拠がたくさんあるのです。つまり、彼らが発見した驚くべきことは、過小評価であるということです。VAERSを見ると、破滅的な数の傷害が報告されています。

VAERSの唯一の問題は、それが過小評価されていることです。過少報告率というものがあって、VAERSだけで100万件の有害事象が発生しています。この数字に40~50の過少報告係数をかけると、4,000万件の有害事象の話になりますが、症状が持続し、しばしば患者に障害をもたらす慢性症候群の患者数は、もっと少なくなります。

最近行われた第三者機関の調査では、回答者の8%がワクチンによる傷害を報告し、さらにそのうちの数%が、傷害を家族の死として特徴づけています。そして、かなりの割合の人が働けなくなりました。これが障害者であることの証しです。私が診る患者さんはだいたいそうです。

以前と同じようには働けないのです。ですから、あなたのおっしゃるとおり、本当の数は不明です。しかし、受け入れがたいほど高い数字であり、非常に一般的な数字であることは確かです。私のところに来る患者さんの多くは、1年前から病気にかかっていて、治療を受けようと思っても、助けてくれる人が見つからないんです。

Jan Jekielek 8:57

というのは、ある人は、それが自分の頭の中にあるに違いないと思うからです。あなたのところに来る人たちの中にも、明らかにそういう人たちがいますよね。何人くらいいるんでしょう。

Pierre Kory 9:07

正直なところ、あくびが出そうです。なぜかというと、話がとても似ているからです。そこで医師として、専門家になる方法ですが、パターン認識というのがあります。私は、ワクチンに関連して一時的に発症する症状、あるいはコビッドに長期連用することで発症する症状の総称を症候群と定義しています。

発症のパターンは再現性があり、2つか3つのパターンを見ることができます。私が経験した病歴は、驚くほどほぼ予測可能で、認識することができます。興味深いのは、このような患者さんの不安感が悪化していることです。また、発症前の性格がクールでのんびりしている患者さんも多く見受けられます。

しかし、今では、多くの不安を感じ、文字通り常に緊張していると言っています。これもまた、同じ症候群の一部であると私たちは考えています。脳内の炎症が、こうしたさまざまな神経学的な不定愁訴を引き起こしているのです。

3つ目の不安は、多くの人が、将来どうなるのでしょうか、ただひたすら不安になっていることです。病気や障害に苦しみ、助けも得られず、これからの人生がどうなるのか分からないからです。彼らは、自分の人生がどのようなものであったのかについて、非常に、一般的な懸念とでも言うべきものを抱いているのです。ですから、私のところに来る患者さんには、不安を感じさせないようにしてほしいんです。

つまり、不安だから診察を受けるのではなく、実際に再現可能な身体症状があり、それがどの患者にも同じようなパターンで見られるのです。ですから、私のところに来る前に、横でメモを共有しているのでなければ、自然発生的な彼らの病歴は、私にも完全に理解できますし、その症状がなぜそのようなものなのでしょうか、理解を深め始めているところなのです。

Jan Jekielek 11:10

Long-COVID場合のパターンの症状集は、ワクチンの場合と似ているような気がします。ですから、本当にどうやって見分けるんです。

Pierre Kory 11:20

というのも、おっしゃるとおり、純粋な人はもういないので、さらに複雑になります。どの事象が引き金になったかは、私にはあまり重要ではありません。なぜなら、これらの症候は非常によく似ているからです。以下は、その類似点です。最も一般的な症状は、異常なほどの疲労感で、これまでにないほど疲れやすく、外出する気力もありません。

労作後倦怠感と呼ばれるものに制限されます。ちなみに、どちらの症候群も慢性疲労症候群と重なる部分が多いんです。慢性疲労症候群は、何十年もの間、感染症に関連した患者さんが、常にその激しい疲労と労作に耐えられないことを訴えてきました。

ですから、私の患者さんたちは、牛乳を買いに行って、家に帰ってきました。ら、何時間もベッドで寝ているか、神経症状が悪化しているような、わずかな労力でも使ってしまうのです。ですから、運動が引き金となって、頭痛や神経障害といった多くの問題が引き起こされることがわかります。

ですから、疲労や運動後の倦怠感、霧などは、どちらの陣営でも見られるものです。神経障害性症状とは、電気ショックのような感覚、震え、揺れ、ピクピク感、頭痛などのことで、ワクチン接種後の患者さんでは、Long-haulerの患者さんよりも多く見られます。

頭痛も多くみられます。時々、脳がぼんやりすることもあります。皮膚が燃えているように感じたり、足に熱湯をかけられたり、四肢が冷たくなったり、体温調節ができなくなるなど、非常に奇妙な神経症状が見られます。また、POTS(姿勢性起立性頻脈症候群)と呼ばれる、ここに座っているだけで安静時心拍数が110になるような人もたくさん見かけます。

ところで、これはごまかしがきかないんです。私が遠隔医療で患者を診察しているとき、患者がパルスオキシメーターを指に装着し、私と話しているときに心拍数が125と表示されましたが、安静時の若い健康な人の心拍数は125であってはなりませんし、近くてもいけません。

そのため、自律神経失調症と呼ばれるものが多く見られます。自律神経とは、心臓の拍動や呼吸などの自動的な機能を制御する神経系です。ですから、血圧や心拍数の変化が見られるのです。これらの異常はすべて見ることができ、そのうちのいくつかは定義可能で再現性があります。

ですから、ワクチン接種後は、神経障害以外の症状も見られるようになります。しかし、この3つの症状は、どちらの症状にも共通しています。

Jan Jekielek 14:04

あなたが知っているこの患者集団は、現在どれくらいの規模なのでしょうか?

Pierre Kory 14:09

そうですね。私が見た、あるいは私の診療所で

Jan Jekielek 14:13

あなたが見た患者さんで、あなたは一般化のパターンのようなものを説明しているのでしょうか?そのサンプルはどれくらいの大きさなのか気になるところです。そうですね。

Pierre Kory 14:21

私は2月中旬に診療所を開きました。それ以前は、私のところに来た3,4、5人のLong-haulerを治療していました。しかし、私とパートナーとの診療所では、現時点で100から150人くらいでしょうか、私が患者さんに言うことの一つは、私は非常に謙虚であるということです。

この病気について私が知りたいことと、私が知っていることは、まったく別のことなのです。私がやっていることはすべて進化しています。

例えば、3ヵ月前に患者さんを治療していた方法と、今私がしている方法はまったく違います。新しい化合物や効きそうな新しい治療薬など、新しいトリックとでもいうべきものを学んでいますし、抗凝固療法も少しずつ取り入れています。

一部の患者には、そこから多くの利益を得ています。私は、微小凝固という現象について、できるだけ多くのことを学ぼうとしています。私はイギリスのグループと一緒に仕事をしていますが、そこには血液学の専門家がいて、生きた血液分析というものを行っています。

ワクチン接種後のPACs患者の血液中で何が起こっているのでしょうか、私は多くを学んでいます。彼女は生きた血液を採取してスライドに載せ、DarkField Microscopyで1分以内に検査するのです。そして、血小板凝集のような、免疫細胞や凝固細胞が非常に刺激されているようすを見ることができます。

そして、非常に活発に刺激された血小板を持つ患者さんの一部で、フィブリリン・コレクションの経験を学び始めているところです。抗凝固療法に非常に大きな効果があることが分かってきました。しかし、この国にはそのような特殊な検査ができる人がいないため、この検査には消極的なのですが、私たちは患者さんを助ける方法を見つけようとしているところです。

先日、私に対するヒット・ショットを目にしたのですが、彼らは医師たちから、証明されていない治療法を使っています、というお決まりの言葉を引用していました。もちろん、私は証明されていない治療法を使っていますが、証明されたものを教えてください。

何が有効かを対照的に特定しようとする組織的な取り組みがないため、私たちは、昔ながらの医師が行っていたように、観察、経験、病態生理学の知識、薬理学の知識によって、医師になろうとすることになるのです。つまり、私たちはただ医者をやっているだけなのです。

そして、証明されていない治療法を使い、患者を食い物にしていると攻撃されるのですが、それは真実から最も遠いところにあるのです。私たちは、誰も助けてくれないからこそ、この人たちを助けようとしているのです。

Jan Jekielek 16:44

そういえば、先日、ハーヴェイ・リッシュ博士と話したのですが、彼は、私が気づいていなかったことを話してくれました。しかし、合理的に機能するルートがあれば、その数はごく一般的なものだと思います。ああ、そうなんです。

Pierre Kory 17:04

ですから、全処方箋の20%はオフラベルなんです。FDAの承認を得ていない疾患に対して使用されることが20%、外来で約30%、病院で約30%です。つまり、新しい目的のために入手可能な薬を使うことは非常によくあることなのです。

そのために多くの研究を行うとは限りません。しかし、十分な根拠があり、それが患者さんのためになることがすぐにわかれば、それはまったく合理的な行動です。しかし、すべての病気、すべての薬、すべての病気における薬の組み合わせを研究するための十分な資金が世界にはありません。

ですから、常に臨床的直感、臨床的判断、豊富な経験、病態生理学の知識を駆使して、できる限りのことをし、患者さんにリスクとベネフィットを説明した上で、インフォームドコンセントを行う必要があるのです。

抗凝固療法を除いて、私が使用する他の薬はほとんどすべて、比類のない安全性プロファイルを持ち、一般に安価です。患者を傷つけたくないし、特に新しい病気の場合は、患者を助ける可能性よりも傷つける可能性の方が高いようなことは、絶対に試したくないからです。

Jan Jekielek 18:45

あなたはすでにこのことをほのめかしていましたが、あなたはこのために攻撃されているのですね。

Pierre Kory 18:49

ええ、まあ、そうですね。まあ、私に対する攻撃のほとんどは、私の誤情報を非難するものでした。そして、私がイベルメクチンの臨床使用における世界的な専門家の1人となったことを誰も認めていません。つまり、私はATAの対照試験や、早期治療に成功した世界中の保健省のプログラムのほとんどを直接知っているのです。

私はこの薬が効くことを知っていますし、その知識を広めてきました。しかし、シナリオがあります。残念ながら、「効かない」というのが通説です。しかも、インパクトのある雑誌に掲載されました2,3の臨床試験を根拠に、「最悪だ、最悪だ」と。

そして、その薬を否定しようとするのです。私が提供した医療に対して苦情を申し立てた患者は一人もいませんし、それは私のキャリア全体にも関係しています。私が提供した医療について、医療委員会に苦情を申し立てた患者はまだ一人もいません。

医療過誤で訴えられたこともありません。私は常に最善の判断と、患者との最高のコミュニケーション能力を発揮するよう心がけてきました。その結果、患者さんは私を信頼してくれているのだと思います。ですから、これらの苦情は実質的なものではないと思います。

私の弁護士は、苦情を見て、医療委員会は本当に何もできません、と言うんでしょうか。私は膨大なデータの裏付けを示し、自分自身を守るような返答をしました。そして、複数の臨床試験、臨床試験の概要、厚生労働省の例などを示して、「私は、この薬を1年半以上使っていますが、私の患者は治療を始めるとすぐに良くなります」と言うんです。

ですから、他にどう弁解したらいいのかわからないんです、わかってください。しかし、だからといって苦情がないわけではありません。しかし、言っておきますが、それらはまったく根拠のないものです。メタな研究をしていない人たちが、見出しを読んで、ある臨床試験を見て、ほら、コリー先生は間違っている、と言っているのです。そんな単純な話ではないのです。

Jan Jekielek 20:49

ただ単に、あなたが間違っていると深く信じて、それに基づいて訴状を提出する人もいるような気がします。

Pierre Kory 20:57

それはいい質問だと思います。私は、信念があり、物語や代理店への信頼があり、人々は不安を抱いていると思います。私のような人間が、たとえデータベースや証拠に基づく議論であっても、指導者や機関がこれを正しく理解していなかったかもしれないという考えを打ち出し始めると、人々は不安になります。

なぜなら、もし私が正しかったら、人々はどうなるのでしょうか?誰が信頼できるのでしょうか。ということで、彼らの全視点と立ち位置が脅かされることになると思います。彼らは、専門家や指導者のような人たちからの助言を求めています。そして、それが彼らを不安にさせているのだと思います。そうすれば、世界を理解する上で助けになると思うからです。

Jan Jekielek 21:43

イベルメクチンについて少し触れたいと思います。あなたは確かにイベルメクチンについて少し知っていますね。あなたは以前ステージで、これは直接の引用かもしれませんが、私はそれについてよく分からない、つまり、どんな量でも実はまだ安全だと言いました。これはとても強い発言だと思いました。

Pierre Kory 22:03

つまり、私が言いたかったのは、ヒドロキシクロロキンのことなんです。ヒドロキシクロロキンをめぐる戦争で、彼らの戦術の1つは、臨床試験を計画することでした。ヒドロキシクロロキンをめぐる戦争で、彼らの戦術の1つは、致死量以下の量を使用する試験を計画し、それが大きく公表されたことです。

つまり、毒性量のヒドロキシクロロキンを使用するのです。この薬で治療されたゴードン病院の患者は、より病気になり、より頻繁に死亡しました。そして、そのことが、危険な薬であり、効果がないという説を煽るために使われたのです。イベルメクチンを使った試験を計画した場合、通常の2倍の量を3回、4回、5回、6回と使用すれば、毒性はないはずです。

では、病気になるような量はないかというと、そうではありません。さて、それについてお話ししましょう。世界的に有名な毒性学者の一人、フランスの科学者ジャック・デコティスが行った包括的なレビューでは、確かに通常の100倍から1000倍の量を摂取した場合、病気になる人はいますが、それは自己限定的なものであるとしています。

誰も死んでいません。病院に行った人は、たいてい混乱や脳症と呼ばれる症状を起こしています。しかし、支持療法によって、彼らは改善されました。彼のレビューによると、イベルメクチンの大量投与に関連した死亡は1件も確認されていないそうです。

ですから、通常の100倍の量を投与する試験を計画しようとは言いませんが、2倍、3倍、4倍にしても、実際にはもっと効果があるだろうと言うことです。若い人たちの試験で何をしたかというと、投与量を少なくしたのです。なぜなら、この薬を反証しようとする研究不正を目撃したことがあるからです。

イベルメクチンの場合は、そのような戦術を取ることはできませんでした。ヒドロキシクロロキンでその戦術を使ったのに対し、イベルメクチンはその逆を行ったのです。できるだけ期間を短くしたのです。できるだけ遅く開始したのです。そして、イベルメクチンの有効性を示すために、できる限り低用量を投与したのです。

Jan Jekielek 24:06

示すために、最低量を投与したのですね。

Pierre Kory 24:09

あくびがでます。一年前の私みたいですね。レッド・マウンテンを出てきたときのように、私は この論文を書いて、世界を救うんだと思ったし、実際、多くの人を救いました。しかし、あの攻撃の後、何が起こっているのか理解できませんでした。

馬の駆虫薬だ、とか、研究は全て小規模で低品質だ、とか、そういう話です。専門家による評価を受けていません。無作為でもない。イベルメクチンをめぐって展開される物語を、私はすべて思い出すことができます。そして、私の人生を変えたのは、あるメールを受け取った日でした。

ビタミンDの世界的な専門家の一人からメールが届きました。私は彼が誰なのか知りませんでした。そして、彼は次のように書いていました。「コーリー博士、イベルメクチンに対して彼らがしていることは、彼らが何十年もビタミンDに対してしてきたことを思い起こさせます。」

そして、彼は偽情報プレイブックと呼ばれる記事へのリンクを送ってきました。。憂慮する科学者同盟が書いたものです。短い記事ですが、企業の利害関係者が用いる戦術が列挙されています。自分たちの利益にとって都合の悪い科学が現れると、それを利用するのです。

イベルメクチンの有効性に関する科学は、製薬・予防接種産業にとってこれほど不都合なことはない。歴史上 この業界をこれほど脅かす分子や化合物はありません。そう考えると、イベルメクチンに起こったことは理にかなっており、このような偽情報キャンペーンの例は数多くあります。

ところで、偽情報キャンペーンを発明したのは誰かというと、タバコ産業です。彼らは50年にわたってその手法を完成させ、それ以来、多くの産業が科学が浮上したときにそれを利用してきました。

例えば、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)は、慢性外傷性脳症の研究者が、引退したフットボール選手が深刻な精神疾患を発症し、自殺が相次ぎ、脳内の小さな出血が原因で身体障害者になるという事実を明らかにし始めたとき、何をしたか?NFLはどうしたかというと、偽情報キャンペーンに乗り出し、あらゆる手口を使ったのです。

存在しないとする偽の研究を持ち出し、これを世間に広めようとする研究者を攻撃したのです。自分たちの目標に不都合な証拠を押さえ込もうと、いろいろなことをやりました。それがNFLです。ワクチンや治療薬の世界市場を考えてみてください。

私は、イベルメクチンをめぐる果てしなく広がる偽情報を最前列で見てきたのです。そして、彼らは大成功を収めたと言えるでしょう。世界中のほとんどの先進国では、イベルメクチンは推奨されていません。製薬業界の影響と支配下にある機関のほとんどは、特に推奨していません。

しかし、地球の25%の人々は、イベルメクチンが広く入手可能な国に住んでおり、政府によって推奨されていないとしても広く使用されているのです。全世界ではありませんが、世界の先進医療経済諸国は、メディアや政府機関をうまくコントロールし、医師の使用を思いとどまらせるように仕向けています。

ヒドロキシクロロキンを外したように、この薬も外されたのです。私が目撃したのは、彼らが展開する戦術だけでなく、それが小売薬局にまで波及し、私の処方箋をもう再処方しないというような、彼らの持つ権力です。FDAの認可を受けていないのです。

ところで、あなたがおっしゃるように、FDAは承認する必要はないのです。でも今、薬剤師がFDAの承認を受けていないという事実を鸚鵡返しにしているんです。私は、この薬が再利用薬であることは知っているし、COVIDに使用している、と言いました。すると彼らは、危険すぎるから投与しないと言うんです。それが、私が戦わなければならない戦争です。

Jan Jekielek 28:03

前にもインタビューで言ったことがあるのでコメントさせてもらいますが、あの、河川盲目症でイベルメクチンを服用した人は何十億人いるんでしょうか?というか、私が知っているのはその使い方だと思うのですが?つまり、誰かがそれでノーベル賞を受賞したのではありませんか?この話をまだしているのが信じられないくらいです。私はまだ困惑しています。

Pierre Kory 28:26

まあ、ここの曲解をある程度理解してくれているのは嬉しいのですが。つまり、人類が知る限り最も安全な医薬品の1つであり、政府機関、薬局委員会、医療委員会は、それを使用する者を罰しなければならない、と言わざるを得ないのです。面白いことに、どの研究でも、効かないということはないのです。

効かないと言っていた大規模臨床試験も、実際にデータを見ると、統計的に有意でないだけで、すべて効果があることが分かっています。しかし、臨床試験をまとめると、すべて効果があることがわかりますが、効果がないことを示す証拠はないのです。

しかし、それを使うことは許されません。ですから、仮に私が「よし、見よう」と思っても、今のところ未確定なんです。効いていることを示すデータもありますが、統計的に有意でないものもあります。まだ確定していないことを確認しましょう。

結論が出るまで使ってもいいんですか?リスクベネフィットの分析では、とても安全なので、支持されると思うでしょう。イベルメクチンを恐れて、それが使用されないようにすることが彼らの目標だということです。そしてそれは、患者さんのためではありません。

この国で患者がイベルメクチンを使うのを阻止する唯一の方法は、医師を狙うことなのです。ですから、私たちはターゲットにされてしまったのです。

Jan Jekielek 29:55

このような状況下において、「医療費助成制度」は、「医療費助成制度」と「医療費負担制度」の2つの制度があります。

Pierre Kory 30:10

イベルメクチンは、日本のサトシ・オオムラ教授によって発見され、彼らはそれを精製し、ICS菌上の連鎖球菌によって生成されるイベルメクチンを発見しました。そして、この細菌が産生する化合物が、その周囲や領域にいるすべての寄生虫を殺すことに気づきました。

そして、研究室でテストしたところ、寄生虫を殺していることがわかりました。そして、それをエヴァ・マッテンに精製し、メルク社が製造しました。この発見がノーベル賞を受賞したのは、それまで悲惨な寄生虫感染に苦しめられていた地球の大部分の人々の健康状態を一変させたからです。

そしてBCは 河川盲目症 リンパ系フィラリア症 象皮病などの恐ろしい寄生虫感染症を根絶し アフリカ全土の多くのコミュニティの視力を回復させたのです。この1つの発見が文字通り世界中の状況を一変させたのです。それは寄生虫に対するものでした COVIDが開発されます12年前から、デング熱、ゲイ、西ナイル、ヘルペス、はしか、HIVなどに対する抗ウイルス作用が試験管内で確認され始めています。

イベルメクチンに関する抗ウイルス性の研究は10年前から行われていたのです。ですから、イベルメクチンが抗ウイルス剤である根拠と可能性はすでに分かっていたのです。マウラー博士はノーベル賞の受賞スピーチで、イベルメクチンを「驚異の薬」と呼んでいます。

オオムラ博士はノーベル賞の受賞スピーチで、この薬を「不思議な薬」と呼びました。抗腫瘍効果もあります。イベルメクチンについては何時間でも話せますが、この薬は本当に、その可能性がまだ実現されていない薬だと思いますし、COVIDの治療におけるその可能性は攻撃されました。イベルメクチンをめぐる戦争が起こったのです。私はその戦争について本を書いています。

Jan Jekielek 32:05

ところでイベルメクチン側と、先ほど話したような、ワクチン傷害の存在と、極めて稀な頻度よりも高い頻度を認めているようなもの、この両方で、流れが変わるとは思いませんか?

Pierre Kory 32:28

私はもう病院や医療システムで雇用されているわけではありません。ですから、システムで働く人たちのそばに定期的にいることはありません。私はパートナーとともに個人で診療所を開いています。私の同僚の多くは、起きていることの範囲や規模、そして残念なことに不正や腐敗を理解している人たちなので、そのシステムの中で平均的な医師や医療提供者が何を考えているかはよくわかりません。

しかし、私を信頼してくれている何人かの人たちとは連絡を取っており、そこで起こっていることを私に話してくれています。少なくともこの国では、イベルメクチンは、人々が使うようにできていると思います。イベルメクチンを使用した医師、恩恵を受けた多くの患者、その数はおそらくプラトーに達しており、それは重要な数字です。

相当な数です。つまり、処方箋の日付からそれがわかるのです。ピーク時の昨年8月には、イベルメクチンの処方箋が1週間に9万件も書かれていました。ただ、最新の不正な臨床試験が見出しに掲載されているため、イベルメクチンが行ってきたと思うような新しい数の医師が採用されることはないだろうと思っています。

ワクチンによる傷害と死亡の範囲と規模を抑制する能力が失われつつあることです。神経科医、心臓専門医、腫瘍専門医は、心臓発作、脳卒中、突然死、癌など、これまで見たこともないような若い人たちの病気をたくさん見てきました。これを抑制することはできません。抑制し続けることはできません。

私の同僚で、まだシステムで働いている人たちから聞いた話では、少し変化が見られるそうです。現在、一部の医師は指導者に対して公然と反発しており、傷害の原因としてワクチンについて公然と語っています。ですから、すべてが言われた通りではないことを徐々に認識しつつあるのだと思います。安全で効果的というシナリオが疑問視されているのです。ブースター(予防接種)を受けに来る人の数は、減少していないにしても、頭打ちの状態です。ですから、ワクチンの真実は、イベルメクチンの真実よりも早く明らかになるかもしれませんね。

Jan Jekielek 34:41

このようなライセンスに対する攻撃のほとんどは、弁護士が心配する必要はないと言っていますね。そのため、このような事態が発生する可能性がありますね。

Pierre Kory 34:56

私はいつも心配しています。しかし、私はおそらく他の種類の攻撃について言及していなかったので、話をしましょう。だから1つは、ウィスコンシン州の状態で状態レベルに存在する私の医療ライセンスにある。私の免許を取り上げるというレベルには至らないと思います。

つまり、私は専門家であり、イベルメクチンに関して私が発信してきたことはすべてその専門性に基づいているのです。ですから、私ほどの専門家になろうとしない限り、私が間違っていると言うのはかなり難しいことだと思います。しかし、ですから、仮に私が間違っていたとしても、それで免許を剥奪されるとは思えません。

しかし、とにかく、それが攻撃の一つの源です。最近のものは、米国内科学会というものです。私は内科、呼吸器科、救命救急科の3つの専門医の資格を持っています。この委員会はいわゆる認定委員会で、以前は認定委員会になることは、専門的なテストに合格したことを意味する、一種のバッジや名誉の証のようなものでした。そして、より高度な知識を証明するものでした。そして、お金を払い、テストを受け、認定されたのです。ですから、彼らは誤情報政策を実施したのです。

ピーター・マカロー博士はCardiorenal Medicineの分野で最も多くの論文を発表している専門家であることを忘れないでください。Paul Marikは私たちの専門分野である救命救急医学の歴史上、2番目に多く論文を出版している医師です。そして私は、Critical Care Medicineの別のサブフィールドでよく知られ、高い評価を得ていました。

ですから、私は、最も多く出版されている学術研究のデータ駆動型エビデンスベースドメディスンの専門家が、誤った情報で非難されるのは、まったくショッキングなことだと思います。

とてもショックです。ポールと私は、ABIM(米国内科学会)の誤情報に関する方針を見ると、実際にそのプロセスの概要を説明しています。そのプロセスとは、もし認定内科医が誤情報を犯したと判断した場合、私たちの言っていることが誤情報である理由を詳細に説明した手紙を私たちに提出する必要がある、というものです。

しかし、彼らはそれをせず、単に私たちの発言を書いた手紙を送り、私たちの発言を弁護するよう求めたのです。私の解釈に反論することも、データの出典に反論することもできます。しかし、私にはデータの推論と論理がありますから、知らずに間違った情報を流すことはありえません。

ですから、彼らは非常に薄氷を踏む思いで、手順を踏まずにやっているのだと思います。それが透けて見えるんです。そして、私たちを追いかけようとする彼らの試みは、ほとんど笑止千万だと思います。何が彼らをその苦情に向かわせたのか分かりませんが、ショックでした。

彼らがやっていることは衝撃的です。言っておきますが、彼らは世論という法廷では負けるでしょう。政治家が手紙を書き、キャンペーンが始まりました。この国には、私たちの攻撃を望まない 多くの人々がいます。なぜなら、彼らは私たちの専門知識を 信頼しているからです。そして、私たちの意見を形成するデータの解釈、編集、普及を信頼しているのです。

Jan Jekielek 38:57

私たちは、最後までやり遂げます。イベルメクチンが効いたとおっしゃったので、世論は変わらないという感覚をどのように想像されますか、例えば、あなたは明らかに非常に密接に結びついていますね。そうですね。その薬と。あなたのことでしょう?このような攻撃があり、もちろんあなたには擁護者がいて、もちろん患者もいる、そうです。

でもこの結末をどう考えますか?

Pierre Kory 39:20

これは私が望んでいることで、ここではあくまで単刀直入に言いますが。しかし、私はこの規制の虜と呼ばれる状態は、複数の政府機関、内務省環境輸送で説明されていると思います、あなたが医療について話すとき、私はこの2年半の今が、予防接種や製薬メーカーによる、私たちの保健機関の総規制捕捉の最もショッキングな例の一つであると信じています。

COVIDのほぼすべての側面で大規模な腐敗に代表されるように、これはとんでもない詐欺行為だったと思います。それが私の知るところとなったのです。私が当初信じていたこととはまったく違うのです。私は彼らの指針を求め、様々な分野の専門家になりましたが、彼らが科学に基づいていないこと、何か別のことが起こっていることに気づきました。

COVIDスキャンダル、COVID詐欺とでも呼びましょうか、人々は何が起こったのかを理解し、保健機関が公衆衛生上の利益を第一に考えて行動していなかったことを理解し始めると思います。そして、それは製薬会社や予防接種メーカーのために行われたものだったのです。

人々がそのことを認識すれば、あらゆることに疑問を持ち始めると思います。そして、私がこれまで話してきたことの多くについて、真実が明らかになるかもしれないと思うのです。というわけで、これは予想であり希望でもあるのです、あくまで。

私が完全に間違っている可能性があることは十分承知しています。歴史書は私が考えるようなことは書かないでしょうし。そしてこれは、すべてが科学的に可能な限り行われたという、ある種の物語になりそうです。

しかし、現場の状況は変化しました。だから戦略を変える。そんなことは全くなかったのです。ヒドロキシクロロキンを破棄したとき、彼らは自分たちが何をしているのかわかっていました。イベルメクチンを破壊したとき、彼らは何をしたのか知っていました。そして、ワクチンの有効性と安全性に関する有害事象データを隠蔽したとき、彼らは何をしていたかを知っていたのです。

そして、私はその真実が明らかになることを望んでいます。そうすれば、より多くの人々が、「規制の虜」とはどういうことかを知るでしょう。その結果どうなるのでしょうか、そして、規制から身を守るにはどうすればいいのかを理解できるようになると思います。

私たちは、業界の利益追求者たちに公衆衛生政策を任せるわけにはいきません。そんなことをしたら、どうなるか。このようなことが起こるのです。この時点で危機的状況であり、2年間ずっとそうでした。こうである必要はなかったのです。

Jan Jekielek 41:51

コーリー博士。また番組に来ていたいてとても光栄です。ありがとうございます。

Pierre Kory

ヤンさん。またお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました