WEF/グレート・リセットグローバルリサーチ

世界経済フォーラム(WEF)が推し進める最も不気味でディストピア的なものトップ10
The Top 10 Creepiest and Most Dystopian Things Pushed by the World Economic Forum (WEF)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

vigilantcitizen.com/vigilantreport/top-10-insane-wef/

By Vigilant Citizen

グローバルリサーチ 2022年06月06日

ビジラント・シチズン 2022年6月1日号

世界経済フォーラム(WEF)は、世界で最も強力な組織の一つである。そして、WEFの人々は、長年にわたって、本当に非常識でディストピア的なことを述べてきた。そして、彼らはこれらのことを、可能な限り不気味な方法で表現してきた。ここでは、WEFが言った最も非常識なことトップ10を紹介しよう。

「グローバルエリート」といえば、通常、国境を越えて活動する裕福で強力な個人の小集団を指す。選挙で選ばれたわけではないこれらの人々は、さまざまな組織を通じて半秘密に集まり、世界レベルで適用してほしい政策を決定している。

その中心にいるのが、世界経済フォーラム(WEF)である。WEFは、毎年開催されるダボス会議で、世界の指導者たちが出席し発言することで、世界の民主主義国家に対する影響力を正当化し、正常化しようとしているのである。

この会議の出席者リストを見れば、この組織の驚くべき影響力の大きさがわかる。メディア、政治、ビジネス、科学、技術、金融の大物たちがWEFに参加している。

2022年ダボス会議の出席者リストの34ページ(58人中)。大物、大企業、大きな影響力

マスメディアによれば、ダボス会議では「格差、気候変動、国際協力」といった問題を議論するために人々が集まるのだそうだ。この単純化された説明は、一般市民が退屈であくびをするように仕組まれているように見える。しかし、WEFでの話題は「不平等」よりもはるかに深い。

長年にわたり、WEFの参加者は非常に不穏なことを発言してきたが、いずれもメディアの適切な関心を集めることはなかった。実際、WEFが支持するトピックをつなぎ合わせると、ある包括的なテーマが浮かび上がってくる。メディア、科学、技術を駆使して人類を完全にコントロールし、民主主義を再構築して世界政府を樹立することだ。

もしこれが奇想天外な陰謀論のように聞こえるなら、読み進めてほしい。WEFが今推進している最もディストピア的な10の事柄を紹介しよう。このリストの並べ替えは順不同だ。なぜなら、どれも同じくらいクレイジーだからだ。

#10 政府への浸透

少なくとも言えることは、WEFの創設者であり代表であるクラウス・シュワブ氏は、民主主義が好きではないということだ。実際、彼は民主主義を完全にグローバル化された世界の障害とみなしている。

2010年のWEFの報告書「Global Redesign」の中で、シュワブはグローバル化した世界は「多国籍企業、政府(国連システムを含む)選ばれた市民社会組織(CSOs)の自己選択的連合」によって管理するのが最善であると説いている。これは民主主義とは正反対である。

政府はもはや「世界の舞台で圧倒的に支配的なアクター」ではなく、「国際ガバナンスの新しいステークホルダーパラダイムが必要な時期が来ている」と主張したのである。このため、トランスナショナル研究所(TNI)は、WEFをガバナンスを取り込むための「サイレント・グローバル・クーデター」と表現した。

2017年、ハーバード大学のジョン・F・ケネディ行政大学院で、シュワブは、マスメディアが「陰謀論」として否定し続けることを、あからさまに認めた。WEFは世界各国の政府に「浸透」している。

2017年、ハーバード大学ジョン・F・ケネディ行政大学院での世界経済フォーラム代表クラウス・シュワブ氏。

「我々が非常に誇りに思っているのは、WEFヤンググローバルリーダーズで各国のグローバルキャビネットに浸透していることだ。..トルドーのように

– Maajid أبو عمّار (@MaajidNawaz) 2022年1月25日

シュワブ氏はこう語った。

「今、(アンゲラ・)メルケル夫人や、ウラジーミル・プーチンなどの名前を挙げると、彼らは皆、世界経済フォーラムのヤング・グローバル・リーダーだった。しかし、今、私たちが誇りに思うのは、トルドー首相やアルゼンチン大統領など、若い世代の人たちである。

私たちは、内閣に浸透している。昨日、トルドー首相のレセプションに出席したが、彼の内閣の半分、あるいはそれ以上が、実は世界経済フォーラムのヤング・グローバル・リーダーズなのである。(中略)アルゼンチンでもそうであるし、フランスでも大統領がヤング・グローバル・リーダーである」。

この卓越した講演の中で、シュワブは、ドイツのアンゲラ・メルケル、ロシアのウラジーミル・プーチン、カナダのジャスティン・トルドー、フランスのエマニュエル・マクロンはWEFによって「育てられた」とあからさまに発言している。さらに、カナダの内閣の少なくとも半分は、WEFのアジェンダに売り込まれた代表で構成されているとまで言っている。これは陰謀論ではない。これは陰謀論ではなく、WEFのトップが自ら確認した絶対的な真実なのだ。

#9 音波でマインドをコントロールする

2018年、WEFでの話題のひとつは「音波を使ったマインドコントロール」でした(それに関する私の記事の全文はこちら)。私はこのタイトルをセンセーショナルに改変したわけではなく、まさにWEFで使われた言葉だ。

音波を使ったマインドコントロール 科学者にその仕組みを聞いてみた

これは、WEFの公式サイトに掲載された実際の記事のタイトルである。曖昧な理由で削除されたが、ウェブアーカイブで閲覧可能である。

記事の中では、この技術がパーキンソン病やアルツハイマー病の治療薬になる可能性があると宣伝されている。しかし、記事には「治すこともできるし、中毒になることもあるし、殺すこともできる」とも書かれている。また、遠隔操作で人の心を完全にコントロールすることも可能だ。記事にはこうある。

「科学者が脳の適切な場所に適切な波を送ることによって、その人が心の目で見ているものをコントロールできるようになる日が来るのは目に見えている。私の予想では、多くの反対意見は、今日、広告のサブリミナル・メッセージについて聞かれるのと同じようなものだろうが、もっと激しいものだろう。

この技術には、誤用される危険性がないわけではない。病人のためのブレイクスルー医療技術になるかもしれないし、冷酷な者が弱者を支配するための完璧な支配ツールになるかもしれない。しかし、今回は文字通りの支配となるだろう」。

この記事の結論は 科学者がこの技術を開発することは誰にも止められない。悪用を防ぐには、WEFのような組織が規制する必要がある。この技術を開発している会社のいくつかはWEFの一員であるから、それは好都合だ。この先どうなるかわかるだろうか?

#8 マイクロチップを搭載した錠剤

またしても、このタイトルは、センセーショナリズムのために巧みに言い繕われた遠回しの陰謀論のように聞こえる。そうではない。WEFの2018年の会合で、ファイザーのCEOであるアルバート・ブーラが、マイクロチップを含む錠剤について話している動画がこちら。

ブーラは言う。

「FDAは、そのように呼べるなら、最初の「電子錠剤」を承認した。これは基本的に錠剤の中に入っている生体チップで、錠剤を飲んで胃の中で溶けると、錠剤を飲んだという信号が送られるのである。その応用として、コンプライアンスを想像してみてほしい。保険会社は、患者さんが飲むべき薬をきちんと飲んでいるかどうかを知ることができる。この分野で起こることは、とても魅力的だ。

この分野は本当に魅力的なのだろうか?それとも、まったくもってディストピアなのか?ブーラ自身が言っているように。コンプライアンスについて想像してみてほしい。この種のテクノロジーは、あらゆる種類の邪悪なアプリケーションへの扉を簡単に開いてしまうのである」。それ以来、COVIDはファイザーを、かつて製薬会社が経験したことのないほどの権力の座に押し上げた。

ファイザーと同様、WEFもまた、COVIDを利用して、自らのアジェンダを推進している。

#7 大規模なロックダウンを賞賛する

2020年と2021年、世界中の都市で大規模かつ大幅なロックダウンが行われ、雇用の喪失、自殺、薬物の過剰摂取、孤立、精神衛生上の問題、家庭内虐待、破産、ホームレスなどが発生した。この恐ろしい期間中、子供たちは何ヶ月も学校に通えず、他の子供たちとの交流も基本的に禁止された。大企業が努力する一方で、多くの中小企業が破壊された。

このような状況にもかかわらず、WEFは、生活を破壊するような徹底的なロックダウンが大好きなことを隠すことができなかった。実際、「ロックダウンは世界中の都市を静かに改善している」というシュールなビデオを発表している。この完全に狂気の沙汰を紹介しよう。

ビデオは、「ロックダウンは人間の活動を著しく低下させ。..地球のここ数十年で最も静かな時期をもたらした」と述べ、誰もいない都市や地面に止まった飛行機などのディストピア的な映像を映し出す。

これらのロックダウンによって引き起こされた膨大な人的被害を完全に無視して、WEFは「2020年に炭素排出量が7%減少した」ので、すべて価値があったと考えているのだ。

このことが最初に投稿されたとき、激しい反発を浴びた。そこで、WEFは上の動画を削除し、こんなツイートを投稿した。

このツイートは削除する。ロックダウンは、世界中の都市を「静かに改善」しているわけではない。しかし、COVID- 19に対する公衆衛生の対応としては重要な役割を担っているのだ。

ご覧の通り、動画を削除したにもかかわらず、WEFはロックダウンを賞賛し続けた。それは、WEFが「コビディアン」な生活が恒久的になることを望んでいるからだ。

#6 「未来をのぞいてみよう」

YouTubeやソーシャルメディア上のコメントから判断すると、人々はWEFが作成したビデオを絶対に嫌っている。でも、彼らは続ける。なぜなら、彼らはあなたがどう思うかなど気にしていないからだ。彼らはただ、あなたの心に狂気の種を植え付けたいだけなのである。「How our lives could soon look」(私たちの暮らしは、もうすぐこうなる)と題されたビデオ(このビデオに関する私の記事全文はこちら)で、WEFは視聴者に「未来を覗いてみよう」と呼びかけている。そして、それは寒々しい。COVIDライフを永続させるためのものだ。

ビデオは、マスクをした人々、ピューレルディスペンサー、そしてQRコードで満たされている。これは、彼らが望む未来だ。そして、この狂気のナゲットがある。

いや、消えろ。

動画は誇らしげにこう言っている。

「NASAがレーザーを使って心拍から身元を確認できるシステムを発明した。」

それだけでは物足りないのか、ビデオには家に閉じこもり、画面を通して学校教育を受けている子供たちが映し出されている。ビデオの最後には、狂ったようにマスクをつけて外に出ている人々が映し出される。

#5 グレートリセットを推し進める

上記のように、WEFはパンデミックを「チャンス」と捉えている。個人の存在を再構築する機会であるだけでなく、その原理に従って世界全体の構造を再構築する機会である。WEFはこれを「Great Reset」と呼んでいる。このリセット(誰も望んでいない)を促進するために、WEFはプロパガンダビデオを発表した(これは本当に「プロパガンダ」の定義にぴったりだ)。これがその狂気のすべてだ。

私が2021年にこのビデオについての記事を投稿したとき、コメントはまだ消されていなかった。そして、上位のものをスクリーンショットで撮った。

この短いビデオには、信じられないほど多くの破壊的なメッセージが含まれている。陰謀論」を嘲笑する一方で、驚くべきことに、その陰謀論を肯定してさえいる。

さらに、このビデオは「資本主義の死」を宣言している。

資本主義は需要と供給の自己調整システムに基づいているが、グレート・リセットは新たなパラメーターによって、ビジネスの評価方法を再定義しようとしている。その主なものは以下の通りだ。エリートの社会的、政治的アジェンダへの適合性だ。

終盤、ナレーターはこんな謎めいた一言を口にする。

「そして、それは適切な人材を適切なタイミングで適切な場所に配置することだ」。

この文章が実際の場面で何を意味するのかは説明されていないが、その意味するところは、かなり冷酷だ。成功した個人や企業が有機的に成長する代わりに、エリートのシステムは、その意図に従って、「適切な人を適切な場所に適切なタイミングで」配置することを妨害する。つまり、新しい経済では、システムは不正に操作され、より広いアジェンダへの準拠が義務づけられることになる。

ビデオの最後には、視聴者に参加を呼びかけている。しかし、もちろん、実際にWEFに招待されるわけではない。実際、彼らはあなたの言論の自由を「再調整」しようとしているのだ。

#4 言論の自由を「再調整」する

WEF が育てた世界のリーダーを見分ける簡単な方法は、言論の自由に対する絶え間ない怒りである。彼らは言論を絶対に嫌っており、インターネットを検閲し、高度に規制するよう常に求めている。2022年のダボス会議で、オーストラリアの「eSafety委員」Julie Inman Grantは、「言論の自由の再調整」が必要だと述べた。

グラント氏は次のように述べた。

「私たちは、あらゆるところで二極化が進み、そうである必要がないのにすべてが二元的に感じられるような場所に自分たちがいることに気づいているのである。であるから、私たちはオンラインで展開されるあらゆる人権の再調整について考えなければならないだろう。言論の自由から、ネット上の暴力から解放される自由まで、ね。

ここで、グラントは本質的に検閲を要求している。彼女は、人権としての言論の自由は、「ネット上の暴力」を口実に「再調整」されるべきであるとさえ考えているのである。「ネット上の暴力」なんてものは存在しない。彼らは言論と暴力を同一視するのが好きなのだ。それは中国式の検閲を正当化するための極めて巧妙な方法だ。

言論の自由は実際、二元的なものである。存在するかしないか、どちらかである。そして彼らは明らかにその存在を望んでいない。

#3 あなたの服を追跡する

WEFはあなたの服を管理したいと考えている。そして、彼らはそれについてのビデオを作った。WEFのビデオは絶対に嫌われるって言ったっけ?もうひとつ、人々を熱狂させたものがある。

環境を口実に(いつものように)WEFはいつでも追跡可能な「デジタルパスポート」を混入した衣服の登場を発表した。マイクロソフト社の支援により(もちろん)これらの衣服は2025年までに市場に出回ることになるようだ。

WEFによれば、これらのチップによって、ファッション・ブランドは服を再販できるようになるという。それがどのように機能するのか、私にはさっぱりわからない。このビデオは、この技術がスマートフォンを捨てた人を追跡する素晴らしい方法であることを言及しないように注意している。

しかし、スマートフォンを捨てることは。..不可能になるかもしれない。

#2 「20-30年、スマートフォンがあなたの体に入り込む」

2022年のダボス会議で、ノキアCEOのペッカ・ルンドマークは 20-30年までに 「スマートフォンが体に直接埋め込まれるようになる 」と主張した。これは、10年末までに開始されると予想される6G技術の到来と重なる。

このサイトでは、長年にわたり、人間と機械の融合であるトランスヒューマニズムをひたすら推し進めるエリートたちの姿を記録してきた。彼らは、人々が手放せないもの(例えばスマートフォン)をトランスヒューマニズムの形で利用できるようにすることで、この移行を加速させようとしている。

私たちの体の中に何かを挿入しようとする彼らの不気味な熱意に気づいているか?

#1 「あなたは何も所有しなくなる。そして、あなたは幸せになる

これはおそらく、WEFの歴史の中で最もディストピアな瞬間だろう。2016年、デンマークの国会議員であるアイダ・オウケンはこう言った。

「20-30年へようこそ。私は何も所有せず、プライバシーもなく、人生はかつてないほど良くなっている」。

WEFはその言葉をとても気に入り、ツイートしたのである。

WEFは、「20-30年の世界の8つの予測」というタイトルのビデオも作成した(みんな絶対に嫌がる)。以下はそのスクリーンショットだ。

WEFのウェブサイトの記事には、こう説明されている。

「私は何も持っていない。車も持っていない。家も持っていない。電化製品も服も持っていない」とデンマークの国会議員Ida Aukenは書いている。20-30年の都市では、買い物は遠い記憶で、住民はクリーンエネルギーを分解し、必要なものをオンデマンドで借りている。ユートピア的な話だが、彼女の一挙手一投足が追跡され、街の外では不満分子が群れをなして生活し、社会が二つに分かれるという究極のヴィジョンがあることに言及するまでは、そう聞こえるだろう。

このディストピア的な未来では、所有できる製品は存在しない。ドローンを使ってレンタルされ、配達される「サービス」だけが存在する。このシステムによって、すべての人間は、基本的な必要性の一つひとつについて、WEFの支配する企業に完全に依存することになる。自律性も、自由も、プライバシーも、まったくなくなる。そして、あなたは幸せになるのだ。

入選 個人用カーボン・フットプリント・トラッカー

2022年のダボス会議で、アリババグループの社長J・マイケル・エバンスは、「個人用炭素トラッカー」の開発を発表した。

またしても、WEFは環境を利用して、人間の行動のマイクロマネジメントを推進するのである。エバンスは、このトラッカーで「どこに移動し、どのように移動し、何を食べ、プラットフォームで何を消費しているのか」をモニタリングできるという。

彼が「私たち」ではなく「彼ら」という代名詞を使ったことに注目してほしい。なぜなら、彼がそんなものを使うことはあり得ないからだ。私もそうである。

おわりに

このリストを見直すと、2つの共通テーマが見えてくる。第一のテーマは「浸透」である。WEFは、「グローバル・リーダー」(別名、満州人候補生)を使って政府に浸透させようとしている。また、錠剤、マイクロチップ、ワクチンなどを通じて、われわれの身体に浸透させようと考えている。さらに、音波、検閲、プロパガンダを使って、私たちの心に入り込もうとしている。

もう一つのテーマは、「コントロール」である。私たちが何を考え、どこに行き、何を言い、何を食べ、何を着るかをコントロールしたいのである。

誰がWEFに賛成しているか知っているか?中国だ。検閲が蔓延し、社会的信用システムが人々の行動をコントロールし、COVIDが大規模な隔離と総人口コントロールの口実としていまだに使われているのである。文字通りの強制収容所は言うまでもない。にもかかわらず、中国の役人はWEFの会合に常に出席している。なぜか?なぜなら、中国は基本的にWEFの政策の実験場だからだ。

とはいえ、どうすればWEFの狂気に対抗できるのだろうか?投票によって選ばれたのではないのなら、どうやって彼らを退場させればいいのだろう?その第一歩は、政府のあらゆるレベルにおいて、WEFと関わりを持ちたくないと考える代表者を選出することであろう。選出された議員たちがWEFを不正で非合法な組織として扱えば、その影響力は大きく低下するはずである。

第二に、私たちはWEFに加盟しているすべての企業をボイコットすることができる。これらの企業の多くは事実上の独占企業であるため、これは言うは易く行うは難しであることは承知している。しかし、もし私たちが彼らにお金を渡すのをやめれば、彼らは私たちの生活を害するためにお金を使うのをやめるだろう。

そうすれば、 彼らは何も所有しなくなる。そして、私たちは皆、幸せになれる。(they’ll own nothing. And we’ll all be happy.)

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました