電磁波・5G

電磁波のさまざまな発生源: 危険は身体の健康だけにとどまらない
The different sources of electromagnetic fields: Dangers are not limited to physical health

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32151189/

電磁波生物学と医学

フランス、ロンシャン市、Fabien Deruelle

オンライン公開:2020年3月10日

概要

電磁波が健康に与える影響は、ここ数十年の多くの研究によって明確に立証されている。ロシアを除くどの国も、国民のための基準という点で、実質的な予防措置をとっていない。利害の衝突と政治的な嘘が、電磁波汚染の危険性についての真実を隠すために使われている。

さらに、最もよく知られているもの(携帯電話、デジタル強化コードレス通信(DECT)電話、ブルートゥース、基地局、Wi-Fi、4G、5G)以外の放射線源も登場するようである。HAARP(高周波活性オーロラ研究プログラム)のようなシステムも、(過去や最近のスキャンダルに関連する)指向性波動ビームも、基準が公衆衛生を維持するのに十分ではないことを示す相当量の科学的研究にもかかわらず、なぜ波動レベルが高まる一方なのか、包括的に分析・検討する必要がある。

このように、電磁波の影響は物理的・生物学的なものだけではないことが公式文書で示されている。実際、気候や住民の行動も対象になっている。

キーワード:がん; 神経変性疾患; 無線周波数; ハープ; 行動; 気候

はじめに

あらゆる種類の病理、人間、動物、花の損失の増加は、絶えず上昇している電磁場(EMFs)のレベルに関連している。何千もの出版物は、我々はこの道を変更するか、または停止する必要があることを示している。にもかかわらず、国は何も変えようとせず、さらに悪いことに、科学的研究結果をまったく考慮に入れていないかのように、推進を強めている。指導者たちが意識的に世界の人口をこのような悪い方向に向かわせるようなことが起こっているのだろうか。

ほとんどすべての研究は、携帯電話、DECT電話、ブルートゥース、基地局、Wi-Fi、4G、5Gなどからの波動放射とその生物学的影響に焦点を当てている…。しかし、電磁波は動物や人間の行動にも影響を与えるのではないだろうか?

さらに、電磁波の発生源は他にもあり、集団に悪影響を与えているのだろうか?

人工電磁波の生物への影響

電磁界とは、簡単に言えば、周波数の異なる波(放射)のことだ。電気から発生する超低周波(ELF)電磁波(3Hz~3kHz)と通信機器から発生する高周波(RF)電磁波(30kHz~300GHz)である。無線周波数は、主にラジオやテレビで使用される周波数と、無線通信や基地局、人工衛星で使用されるマイクロ波(従来よりも高い周波数)で構成されている。

国際がん研究機関(IARC)は、2002年(IARC 2002)と2011年(IARC 2013)に、ELF-EMFs(高圧線放射)とRF-EMFs(携帯電話放射のみ)をそれぞれカテゴリー2B、すなわち発がん性のある物質に分類している。

低周波や高周波で発生する電磁波の健康への破壊的な影響(がん、神経変性疾患、遺伝毒性、DNA損傷、血液脳関門の変化、酸化ストレス、炎症因子、自閉症・・・)を示す論文は相当数にのぼる(Belpomme et al. 2018; Belyaev et al. 2016; BioInitiative Working Group 2007, BioInitiative Working Group 2012; Kıvrak et al. 2017; Zothansiama et al. 2017; Belpomme et al. 2015; Irigaray et al. 2018; Nittby et al. 2009; Herbert and Sage 2013a, 2013b; Milham 2012)がある。研究者の独立した組織(Oceania Radiofrequency Scientific Advisory Association 2015)は最近、2266件のうち1546件、すなわち68.2%(人間の体外および体内、動物および植物研究を含む)が人為的電磁波への曝露後に有意な生物学的または健康影響を示したと発表した(Bandara and Carpenter 2018)。1960年代以降、電磁波への曝露レベルは上昇する一方であり、同時に、がんや神経変性疾患も増加している。逆説的だが、フランス医学アカデミーは「高周波の使用規制条件下での安全性は科学界で認められている(Academy of Medicine 2014)」と定めている。

人工知能によって、接続されたすべてのものに自律性を与える新しい技術がまもなく実装されるだろう。5Gがすでに発表され、スマートメーターが非常に迅速に展開され、スマートグリッドとスマートシティを作成するモノと車のインターネット(StorckとDuarte-Figueiredo 2019)を可能にするときに4G設定が完了したところである(図1)。

すでに170人以上の科学者が5Gの重大な健康リスクについてモラトリアムで警告している:がん、フリーラジカルの増加、遺伝子および生殖機能の損傷、学習および記憶障害、神経性障害(Scientists warn of potential serious health effects of 5G 2017)。このテクノロジーの展開のための政府協定はすでに実施されているが、これらのミリ波が健康に与える影響に関する研究はほとんど行われていない。これらの研究では、皮膚温度の上昇、不整脈、遺伝子発現の変化、酸化ストレスに関連する細胞増殖とタンパク質合成の促進、眼球損傷の発生と神経筋系への影響、濃度による抗生物質への感度の増減などの有害作用が測定されている(Di Ciaula 2018; Russell 2018)。

そのため、電磁界からの保護に関する基準が設けられている。ほとんどの国は、組織の加熱によるもの以外に、高周波の健康への悪影響はないという誤った推測のもとに、これらの基準を設定している。しかし、細胞実験や人体実験から得られた情報は、日常生活でしばしば超過するレベルの被ばくで、人体に危険を及ぼす生物学的影響を示している。しかし、旧ソ連の多くの国では、もっと厳しい基準を設けている(Belpomme et al.2018)。

基準について

  •  現代の無線通信に多く使用されている1GHz周波数帯周辺の高周波電磁波の曝露レベルは極めて低い自然界のレベルから約10^18倍に増加している(Bandara and Carpenter 2018)。”

RFについては、主に携帯電話使用時の波動への曝露を個人に知らせるW/kgで表される比吸収率(SAR)と、電力密度と呼ばれW/m2またはW/cm2(V/mに換算可能)で測定される周囲のエクスポージャーの2つの基準が公開に使用されている。

図1.

Internet of vehiclesはインテリジェントシティの一部とみなすことができ、車両、人、モノなど複数のコンポーネントで構成されるオープンで統合されたネットワークシステムとして特徴付けられる(Storck and Duarte-Figueiredo 2019)。


  • 国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)のSAR安全限度は、標準化された成人男性ファントムを用いた電磁波エネルギー吸収のシミュレーションに基づいて設定され、電磁波の熱影響からのみ人々を保護するように設計されている。これらの仮定は、2つの理由から妥当ではない。子ども特有の形態的・生物臨床的脆弱性を考慮していないだけでなく、非熱的強度で起こることが知られている影響を無視している(Belpomme et al.2018) “.

1998年以降、大多数の国はICNIRPが設定した被ばく基準に沿っている。400MHz以上では、推奨値は2W/m2である。2000 MHzから300 GHzの間では、基準値は10 W/m2である。これらの値は、30分間暴露した後に1℃上昇する熱による被害から国民を守るためのものである。

しかし,いくつかの国の間には大きな違いがあり(Carpenter 2013),また,バイオイニシアティブの報告書で科学者が提唱した値,例えば900 MHzの値とも異なっている(表1)。

ポーランドと「東欧圏」の国々は、1960年代から電磁波の生体への影響に関する研究を行っていたため、フランス、米国、スウェーデン、英国、スイスなど、20年程度しか本格的に関心を持っていない国々と比較して、使用周波数の悪影響に気づいていたため、より厳しい基準を採用した(Kaszuba-Z et al.2015)。とはいえ、約10の研究機関での20年にわたる研究に基づき、世界で最初にRF安全基準を導入したのはソ連であった。その後、ポーランドをはじめとする東欧諸国が同様の基準を制定し、社会主義体制の崩壊とEU加盟を機に西ヨーロッパの基準との調和が図られた。

ICNIRP の基準は、短時間の EMF への曝露を想定したものである。しかし、今日、電磁波のない場所を探すことはますます困難になってきている。そのため、これらの公式基準は、慢性的・累積的な低レベルの被ばくや非熱的な生物学的影響を考慮していない。また、ICNIRPの基準は1998年に制定され、2009年に再評価されたが、全体的な電磁波レベルは大幅に上昇しているにもかかわらず、何の変化もない。バイオイニシアティブの報告書の安全基準は30~60μW/m2であり、健康リスクが考えられるため、子どもだけでなく慢性的に曝露する場合の安全マージンを残すために3~6μW/m2に減少している(Hardell et al.)

表1: 900 MHzの周波数に関するいくつかの国の基準の比較(Carpenter 2013)。
  • ICNIRP 600 µW/cm2
  • 米国連邦通信委員会 600 µW/cm2
  • ベルギー 112.5 µW/cm2
  • 中国 40 µW/cm2
  • ロシア 10 µW/cm2
  • バイオイニシアティブレポート(屋外編)2007 0.1 µW/cm2
  • バイオイニシアティブレポート(屋内)2007 0.01 µW/cm2

国によって基準が大きく異なることから、基準が厳しい国の方がEHS(電気過敏症)が少ないのかどうか、興味深いところである。

まとめ

しかし、欧州委員会をはじめとする政府機関によって任命され、電磁波の健康影響に関する判断を行う少数派の科学者たちは、電磁波は高強度の場合にのみ有害であるとする意見を依然として持っている。重要なことは、EMFの影響は物理的(キャリア周波数、変調、偏光、迷走磁場など)および生物学的(性別、年齢、細胞の種類と密度、遺伝子型など)な変数に依存することである(Belyaev 2010)。この依存性は、発表された結果の明らかな矛盾を容易に説明できる。エンドポイントに依存して、50~90%の研究で低強度の電磁波の影響が示され、他の5~10%の研究では電磁波の影響の欠如が観察されたが、これらはすべて異なる変数を適用した(Huss et al.2007; IARC 2013; Yakymenko et al.2016).

したがって、多くの国がEMFの有害性を実証する科学的証拠を考慮しないことには明確な理由がある。利益相反?そうだ、明らかである。一部の著者はすでにこれを証明している(Carpenter 2013; Hardell 2017; Huss et al. 2007; Maisch 2006; Starkey 2016)。予防原則は長い間適用されてきたはずだが、適用されていないばかりか、さらに悪いことに、電磁波のレベルは、主にRFのために絶えず上昇しており、健康状態をますます悪化させている。

しかし、入手した資料によると、この技術拡張の主な目的は金銭面ではないようである。

電磁波の行動と精神への影響

出生前後のRF-EMFへの曝露は、子どもの行動障害を引き起こすが(Carpenter 2013; Divan et al.2008、2012)、成人においても、不眠、うつ、めまい、記憶喪失、集中困難、イライラ、不安などの生物学的影響に加え、1960年代からよく知られている多くの神経精神的影響がある。海馬のシナプス変化、脳血流の乱れ、脳内糖代謝の変化、血液脳関門の開放、カルシウムの乱れ、これらはすべてRF-EMFによる行動障害の高いリスクを誘発する要因である(Carpenter 2013; Pall 2016)。

RF-EMFが人間の行動に与える影響は、生物学的な影響と同様に、無線技術が導入される以前から研究され始めている。このことは、国家当局とそれを代表する科学・医療機関が、EMFの健康への有害な影響を認識していることを改めて証明するものである。

1953年から1979年にかけてソビエト連邦の米国大使館がマイクロ波によって被爆した、いわゆる「モスクワ信号」事件1976年にソビエトが認定)の研究は、EMFsの基準や今日の無線技術の普及の問題に対する理解を広めるものである。

EMFsの理解におけるギャップを開く論文(Martinez 2019)。このマイクロ波の流れが大使館員に引き起こした生理的問題や病理学的問題についての非常に詳細な記述に加えて、ソビエトは高周波電磁場の生物学的影響について相当な研究経験があり、それは以前にここで引用した他の論文でも確認されており、多くの西洋諸国よりも厳しい基準を持っている理由でもあること、一方アメリカはマイクロ波をマインドコントロールの武器として経験したことがあることも述べられている。この情報は、電磁波を使ったテクノロジーの急速な出現について、別のパラダイムを採用することを可能にしている。1950年代からCIAがマインドコントロールに取り組んできたのは、「MK ULTRA」の名で呼ばれるものである。

第二次世界大戦後、アメリカによるドイツ人科学者の回収作戦(ペーパークリップ作戦)(Jacobsen 2014)を受けて、CIAは、最初は薬物、次に電磁波の力を借りて、マインドコントロールと人格解離(MK ULTRA)の実験を始めた(Anderson 1982; Martinez 2019)。「モスクワ信号」が発見されたとき、アメリカ政府はソ連が微弱電波を使って大使館員にマインドコントロールを行ったと仮定し、この分野におけるソ連の目的を理解するために「パンドラ」プロジェクトを立ち上げた(Bowart and Sutton 1985; Martinez 2019)。

「モスクワ信号」の当時、ソビエトはアメリカと比べて電磁波への曝露の基準が非常に厳しく、彼らの研究によれば、疲労、痛み、抑うつ、記憶変化、睡眠障害、性的不能、消化器障害、視床下部-下垂体上体の衰弱など、さまざまな生理的障害を避けることが可能であった。1953年から75年の間、「モスクワ信号」の電力密度は2.5-4.0GHzで最大0.018mW/cm2(18μW/cm2)送信された。ソビエト諸国では、勤務中の最大許容被爆量の基準が米国の1000分の1であった。10対0.01mW/cm2(Carpenter 2015)である。

バイオイニシアティブの報告書が出した基準は、0.003~0.006μW/cm2で健康被害の可能性があるため、安全マージンを残すために0.0003~0.0006μW/cm2に減少したことを想起して欲しい。ICNIRPの基準は、周波数によって200μW/cm2~1000μW/cm2となっている(国際非電離放射線防護委員会 2009)。

その結果、「モスクワ信号」の時点では、電力密度はバイオイニシアティブの報告書の推奨値よりもはるかに高かったが、多くの国で採用されている法的規制値よりもはるかに低かった(Martinez 2019)。したがって、ICNIRPの基準は、人々の健康にとって安全ではなく、また、可能な行動制御の目的で使用することを認めることになる。

これまでの研究で、特定の種類の波(変調されたRF)が、頭や真後ろに直接、現実のものとして聞こえる雑音や音を引き起こすことが示されている(Frey 1962)。

1960年代には、デルガド博士が、適切な周波数と波形を見つけることで、動物の脳を遠隔操作できることを初めて公的に示した(Marzullo 2017; Scarf 1970)。

1989年には、聴覚障害者の問題に医療用として、RF波で、頭の中で、聴覚メッセージを送ることができる技術が紹介された(Stocklin 1989)。

1989年と1992年には、RF-EMFとELF-EMFを用いて、それぞれ被照射者のみが知覚できる音を誘導し、頭の中で声を出すことを可能にする特許を取得した(Brunkan 1989; Lowery 1992)。

その数年後、現代の神経科学は、すべての感覚知覚が脳固有のコードに翻訳される基本的なアルゴリズムの存在を示唆している。したがって、これらのコードを電磁波のパターンで直接刺激することは可能であるが、そのためには、地磁気活動や現代の通信ネットワークの範囲内にあるエネルギーレベルが必要であり、ほとんどの人間はその内部に常にさらされている。人類の全構成員が浸かっている物理的媒体の中で神経情報を生成し、古典的な感覚様式を通じて人類約60億人の脳の大部分に直接影響を与える能力を持つ技術的可能性がある。彼が言及している媒体は、この惑星の大気である(Persinger 1995)。その結果、特定の電磁波信号が生成され、それが複数の人工的な電磁波源の中に隠されている可能性がある(Begich 2006a)。

「モスクワ信号」の研究では、測定された電力密度が国際基準を大きく下回っていたため、この可能性は十分にある。したがって、大部分が電波放射の量に紛れ込む可能性がある。

1999年、欧州議会はアラスカを拠点とする電磁波放射アンテナシステムに関する報告書を作成した。HAARP(High-frequency Active Auroral Research Program)とは、数ヘクタールの土地にアンテナを設置したものである(図2)。イオノスフィア(地球大気上空の帯電層)を超高周波の電磁パルスで加熱して「鏡」を作り、別の目的のために使われる超低周波(1 Hzから20 kHzまで)の電波ビームを跳ね返させる。1990年から2014年にかけて、このシステムは軍事通信と航法(例:潜水艦)に使用された。フェアバンクス大学に移され、現在は公式にイオノスフィアの研究に使用されている…が、依然として米軍によって主に資金提供され、主導されている(Koert 1991; HAARP 2015)。

このように説明すると、すべてが無害に見える。しかし、1998年、欧州議会は、環境、安全保障、外交政策に関する決議(A4-0005/99)を起草し、全く異なる方法で状況を示している。それは、なによりも

HAARPは、国民がほとんど知らないプロジェクトであり、これを是正する必要がある。軍事研究に対する秘密の壁を打ち破り、軍事研究プロジェクトの公開と民主的な監視の権利を確立し、議会による管理を行わなければならない。

HAARPの技術を知っている人をたくさん知っているか?いいえ、だから情報が伝わらなかったのである。

欧州委員会は、電離層の研究に加え、HAARPがマインドコントロール兵器として使用されていることなども強く疑っている。

欧州の報告書

  • 新しい「非殺傷」兵器技術と新しい武器戦略の開発が、国家間の条約によってカバーされ、規制されるよう、EUに要求する。

特に、軍事、民生を問わず、人間の脳の化学的、電気的、音響振動的、その他の機能に関する知見を、人間を何らかの形で操作することを可能にするかもしれない兵器の開発に適用しようとするすべての研究開発を、世界的に禁止するための国際条約を要求し、そうしたシステムの実際または可能な展開の禁止を含む・・・(The European Parliament 1999)” .

この報告書が書かれた時に欧州委員会から招待されたベギッチ博士を含むHAARP問題の2人の専門家は、彼らの本の中で、このプログラムはグリーンランド、南太平洋、日本、ヨーロッパなどの他の送信所と連携して多くの実験を行うだろうと説明している。それらによると

図2.

science.dodlive.mil/2010/02/23/haarps-antenna-array-the-kitchen-in-the-sky/


HAARPは2001年から稼働しており、「西部の大きな州と同じ大きさの地域、場合によっては半球を満たす可能性がある…HAARPが正しい周波数に調整され、ちょうど良い波形を使用すれば、地域全体の精神崩壊が意図的に、または高周波送信の副作用として起こりうる(マニングとベギッチ 2007)」のである。

2001年10月、米国議会で、マインドコントロール技術を、どこでどのように使われるかにかかわらず、禁止することを提案する法案が提出された(否決されたが)。「情報戦争、ムード・マネージメント、マインド・コントロールのために、個人または集団を対象とした放射線、電磁波、サイコトロニック、音波、レーザー、その他のエネルギー(2001年宇宙保護法)」である。したがって、電磁波の手続きによるマインドコントロールの利用が行われているか、利用しようとする意図があるものと考えられる。

2016年12月から2017年8月にかけて、キューバ(ハバナ)に駐在する国家とCIAの職員は、 「 モスクワ信号 」 の時と同じ身体症状に見舞われ、加えて、異なる音を知覚するようになった。公式な証拠はまだないものの、マイクロ波による攻撃を疑う科学者もいる(Martinez 2019; Zimmer 2019)。しかし、最近の研究では、米国政府職員は、健常者と比較して、全脳白質体積、局所灰白質体積、小脳組織の微細構造の統合性、聴覚および視空間サブネットワークにおける機能的結合性に著しい差があることが明らかにされている。これらの生理学的結果について正確な説明はしていないが、著者らは、脳がこれらの変化を引き起こす何かを受けていることを確認しており、おそらく方向性のある暴露現象によるものであろう(Verma et al.2019)。

HAARPは民衆に対してマインドコントロールを行っていないと公式サイトには記載されているが、MK ULTRA(および主にCIAに関連する他の多くのプログラム)などの精神操作に関する数十年の研究、および同じ分野におけるかなりの量の特許(Begich 2006b)は、行動制御にHAARPほど効率的なシステム、および/または他の適切な電磁波を放射する手段があきらめられると非常に驚くべきことであることを示すものである。実際、1980年代にはすでに、目標の一つ、あるいは究極の軍事目標がマインドコントロールであることを示す機密解除文書があった(Anderson and Van Atta 1985; Bowart and Sutton 1985)。さらに、これまで見てきたように、RFやELF波は(変調、偏光、波長、パワー密度などの特定の要素に依存して)人間の行動を修正するために使用することができるので、正確に言えば携帯電話の放射は低周波で変調されたパルスマイクロ波であるということは非常に奇妙である(バルモリ 2009年)。

以上のことから、現在の電磁波発生技術の大量導入の目的の一つは、マインドコントロールに極めて特異な波動ビームを気づかれずに使用できるようにするためのエレクトロスモッグを得る方法であると考えることができるだろう。

環境・気候にも影響

環境

RF-EMFs汚染は、電話電線の近くに住む植物や樹木の健康状態の悪化、動物の個体数の減少の原因となる可能性がある(Balmori 2009; Liptai et al.2017; Waldmann-Selsam et al.2016 )。

スペインでは電磁波の増加とスズメの減少に関連性があることが示されており、したがってヨーロッパの様々な都市で同じ説明がなされていることが示唆されている(Balmori and Hallberg 2007)。すでに 50 年前に Tanner ら (1967) は非加熱マイクロ波が鳥に与える影響を報告している。現在の証拠は、環境(都市部や基地局付近)で見られるレベルの暴露が、特に鳥や昆虫など、地球の磁場を方向付ける受容器官を変化させる可能性があることを示している(Balmori 2015)。ベルギーでは、GSMの高いレベルの放射線に長期間さらされると、野生の家スズメの生息数または行動に悪影響を及ぼすことが研究で示された(Everaert and Bauwens 2007)。著者らは、鳥の羽は高周波電磁場の誘電的受容体として働くことが知られており、音声周波数パルス変調された高周波磁場が羽に圧電効果を誘発し、鳥の行動に影響を与える可能性があることを示す実験もあると説明している。さらに、いくつかの鳥類は磁気航法を利用しており、携帯電話基地局からの電磁場のように弱い(地磁気強度の1/50以下)高周波磁場にさらされると、方向感覚を失う可能性がある。最後に、GSM基地局からの放射線は、昆虫やその他の無脊椎動物の生息数に影響を与え、それによって間接的にスズメの数に影響を与える可能性もある。

インドでは、スズメが姿を消したのは、移動式電波塔や携帯電話から発生する電磁場や放射線の影響であるとする研究報告がなされている。鳥のナビゲーション能力と地球の磁気システムは相関している。自然の電磁波(EMR)と地球指向の磁気振動は正比例し、技術によるEMRは反比例する(Prasanna 2014)。さらに、(現在、環境中に多数のアンテナが近接していることを考慮すると)時折、2つ以上の携帯電話のアンテナ送信ビームが交差し、たまたま同じ信号情報を同時に送信し、定在波が発生する可能性が非常に高いと思われる。鳥はこの一時的な定在波のマイクロ波フィールドにぶつかると、完全に混乱し、時には集団で地面に直行することもある。鳥の自動的な高度計と方向感覚が破壊されたようである(Dongre and Verma 2009)。このことから、大量の鳥が同時に地上で死んでいるのが発見された多くの事例が解明される可能性がある。

HAARPは海中との通信にも使われている(The European Parliament 1999)。したがって、クジラ・イルカ・サメのように地球の磁場の機能を指向する海洋動物(Walker et al.1992; Kremers et al.2014; Krichen et al.2017 )や電場に超敏感な魚類(サメなどの一部(Adair et al.1998 ))がHAARPによって発生する電磁波ビームを通過すると妨害される可能性がある。その結果、近年クジラやイルカで何度も起こっているような座礁や、一時的または持続的な行動の変化(サメの攻撃の増加)につながるような方向感覚の喪失などの反応が起こる可能性がある。


気候

1940年代以降、大国(ソ連とアメリカ)の軍隊は、少なくとも戦争目的のために、気候制御技術を開発しようとしてきた(機密文書1 1959; 機密文書2 1963; デフロレス 1960)。

HAARPは、人間の行動に影響を与える可能性が高いだけでなく、気候に影響を与える能力も持っている。HAARPのサイトではこの可能性を否定しているが、ヨーロッパの報告書では全く逆のことが述べられている。

HAARP – a weapon system that disrupts the climate ” (HAARPは気候を混乱させる兵器システムである。

各アンテナは独自の送信機によって動かされ、強力な電波ビームで電離層の一部を加熱する。発生したエネルギーは電離層の一部を加熱し、電離層に穴を開け、人工的な “レンズ “を作り出す…。

HAARPのもう一つの被害は、強力な電波ビームによって電離層に穴が開くことだ。電離層は宇宙線から我々を守ってくれている。つまり、我々を守ってくれている電離層に、大きな穴が開いてしまう。

このプロジェクトでは、潜水艦との通信の向上や、世界の気象パターンの操作も可能になるが、逆に通信を妨害することも可能である。電離層を操作することによって、自分自身の通信を送信しながら、世界の通信を遮断することができる……。

HAARPは気象パターンを変化させることができる。また、生態系全体、特に敏感な南極地域に影響を与える可能性がある。

HAARPは、50年にわたる軍事目的の集中的な宇宙研究と関係がある...この種の研究は、環境に対する深刻な脅威であり、人間の生命に計り知れない影響を与えると見なさなければならない。HAARPがどのような影響を及ぼすかは、現在でも誰も知らない

報告書は次のように結んでいる。

「アラスカにある米軍の電離層操作システムHAARPは、対外・対内安全保障のための電磁波兵器の開発と配備の一部に過ぎず、軍事目的のために生物圏の高感度で高エネルギーの部分に干渉しようとしていることから、地球環境と人間の健康に対する最も深刻な新興軍事脅威の一例であり、その結果のすべてが明らかではない…(The European Parliament 1999)」と結論づけている。

1998年にさかのぼる欧州議会の報告書で言及された内容によっては、現在の気候変動について問い合わせることが望ましいため、この件に関して政府および国際的な法律が整備されつつある。確かに、近年の自然災害は、IPCC(Intergovernmental Panel on Climate Change)が擁護する、いわゆる人為的な地球温暖化と同様、何ら不自然なものではなかったかもしれない。後者は、何千人もの科学者がIPCCの結論に反対して辞職したり発表したりして、強く異議を申し立てていることを想起すべきである(Global warming petition project 2007)。

我々は欧州議会の報告書の一部しか取り上げていないが、読者は、携帯電話端末、携帯電話基地局、デジタル強化コードレス通信(DECT)電話、無線LAN、スマートグリッドに止まらない電磁波問題の大きさを理解するために、HAARPに関するセクション全体を読むことをお勧めする。

全体的な結論

国と世界保健機関は、彼らのために働く分析機関を通じて、電磁界の健康への影響と、世界中で接続され波を発生させる機器のそのような展開の本当の目的について全く真実を語っていないことは非常に明白である

ほとんどの国で、電磁波の暴露基準は健康への危険性が高い。さらに、波動を発生させる技術や機器の組み合わせや、波動を推進する法律が、事前の健康チェックなしに、急速に積み重ねられている(5Gの例)。

これに直面し、何千もの出版物、何百人もの科学者や専門家が、電磁波のために人間の健康や環境が危険にさらされていることを示している。予防原則はとっくの昔に確立されているはずだが、その逆が行われている。長い間実証されてきた利益相反の説明だけでは十分とは言えないようだ。

実際、(主に軍事的な)背景には、長年(第二次世界大戦直後)、特にマインドコントロールや最近では気候変動に関する非常に大規模な実験が行われてきたことがわかる。多くの国家はもちろん、国連も電磁波に関する問題の現実を認識しているが、健康に有益な意思決定権を持っていない。EMFが生物学に及ぼす悪影響は、追求される真の目標の副作用(ロビー活動に役立つ)であり、むしろ行動と気候をコントロールする試みに向けられているように思われる。

研究資金

著者らは資金提供を受けていないことを表明している。

利益相反

著者らは、利益相反はないと述べている。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました