3. ウクライナ危機/社会問題WW3・核戦争

「先制核戦争」平和と民主主義のための歴史的な戦い 第三次世界大戦は人類の未来を脅かす
“Preemptive Nuclear War”: The Historic Battle for Peace and Democracy. A Third World War Threatens the Future of Humanity

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

ミシェル・チョスドフスキー教授著

グローバル・リサーチ社 2022年4月30日

この記事は2022年3月9日に初公開された。


今日、軍事的エスカレーションの危険性は筆舌に尽くしがたいものがある。

いまウクライナで起きていることは、地政学的に深刻な影響を及ぼしている。第三次世界大戦のシナリオにつながる可能性がある。

エスカレーションを防ぐために、和平プロセスを開始することが重要である。

Global Researchは、ロシアのウクライナ侵攻を支持しない。

この戦争の歴史は理解されなければならない。

ウクライナ軍がドンバスの人々に向けた爆撃や砲撃は8年前に始まり、住宅地の破壊や1万人以上の民間人の死傷者を出した。

二国間和平協定が必要である。

ミシェル・チョスドフスキー、グローバル・リサーチ 2022年3月1日号


はじめに

1945年8月6日に広島に最初の原爆が投下されて以来、人類が想像を絶する事態に近づいたことはない。核爆弾を「最後の手段」と分類していた冷戦時代の保障措置は、すべて破棄された。

2022年2月21日のウラジーミル・プーチンの発言は、ジョー・バイデンがアメリカの敵に対して「A first strike」核攻撃に頼ることはないと「安堵」したにもかかわらず、アメリカがロシアに対して先制的に核兵器を使用すると脅したことに対する反応であった。

「アメリカの戦略計画文書には、敵のミサイルシステムに対するいわゆる先制攻撃の可能性が含まれていることを、私(プーチン)に説明させてほしい。そして、アメリカやNATOにとっての主敵は誰か。それもわかっている。それはロシアである。NATOの文書では、わが国は北大西洋安全保障に対する主要な脅威であると公式に直接宣言されている。そしてウクライナは、その攻撃のための前方踏み台となる。」 (プーチン演説 2022年2月21日、強調)

昨年2021年7月、バイデン政権は2021年核態勢見直し(NPR)を開始し 2022年に完成、正式発表する予定である。2021年NPRには、「米国の核宣言的政策」と称されるものが盛り込まれる予定である。

プーチン大統領の演説で提起された先制核戦争という概念を大前提とするオバマ政権とブッシュ政権の核オプションが2021年NPRで廃止される可能性は低い。

米国の核ドクトリンの根底には、核兵器を「大量破壊兵器」ではなく、「自衛手段」として描くことがある。

さらに、NPRの背後には、オバマ大統領時代に開始された1兆3000億ドルの核兵器開発計画と結びついた強力な経済的利害が存在する。

ウクライナ紛争は、今のところ通常兵器と「経済戦争」に限定されているが、核兵器を含む大量の高性能大量破壊兵器の使用が国防総省の構想の中にあるのだ。

米国科学者連盟によると、世界の核弾頭の総数は1万3千個に及ぶという。 ロシアと米国はそれぞれ4,000発の核弾頭を保有しているという。

核戦争の危険性は現実である 利益誘導型 2兆ドル

ジョー・バイデンの下で、核兵器に割り当てられる公的資金は、納税者の負担で平和と国家安全保障を守る手段として 20-30年までに2兆ドルに増加する予定であると言われている。(2兆ドルでいくつの学校や病院を資金調達できるだろうか)。

米国は大陸間弾道ミサイル(ICBM)潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)戦略爆撃機基地に配備された約1700個の戦略核弾頭を保持している。さらに、欧州5カ国の爆撃機基地に推定100個の非戦略核、または戦術核があり、約2,000個の核弾頭が保管されている。[B61-11とB61-12については、以下の分析を参照)。

米国議会予算局(CBO)は2021年5月、米国が核兵器の維持と近代化のために今後10年間で総額6340億ドルを支出すると試算している。(Arms Control)

本稿では、まず冷戦後の米国の核ドクトリンの変化を取り上げ、その後、1939年にカナダと英国が参加して開始されたマンハッタン計画まで遡って核兵器の歴史を簡単に振り返ってみたいと思う。

分析 核戦争の危険性:ミシェル・チョスドフスキー氏

米露関係の歴史についてのメモ 忘れ去られた1918年の戦争

歴史的な観点から見ると、アメリカとその連合国は、第一次世界大戦中の1918年1月12日にアメリカ軍と連合軍がソビエトロシアに対して(ロシア帝国軍を支援するために)展開した時から104年以上にわたって、ロシアを脅かしてきた。

1918年の米英連合軍のロシア侵攻は、ロシア史におけるブレイクスルー出来事であり、しばしば内戦の一部であると誤って描かれることがある。

この戦争は2年以上続き、20万人以上の軍隊が投入されたが、そのうち1万1000人がアメリカから、5万9000人がイギリスからであった。第一次世界大戦で英米の同盟国であった日本は、7万人の軍隊を派遣している。

ウラジオストクに進駐した米軍部隊(1918年)

1918年、ウラジオストクに駐留する米軍と連合国軍

核戦争の脅威

米国のロシアに対する核戦争の脅威は、今から76年以上前の1945年9月、米ソが同盟国であったときに策定された。それは、ソ連に対する核戦争の「第三次世界大戦の青写真」で構成され、200個以上の原子爆弾で66都市を標的にしたものだった。マンハッタン計画の下でのこの極悪非道なプロジェクトは、冷戦と核軍拡競争の引き金になった。(以下の分析参照)。

年表

1918-1920: 10カ国以上が軍隊を派遣し、白ロシア軍と一緒に戦った。これは10月革命のちょうど2ヶ月後、1918年1月12日に起こり 2020年代初頭まで続いた。

1939年、イギリスとカナダが参加して開始されたマンハッタン計画。原子爆弾の開発。

1941年6月、バルバロッサ作戦。ナチスによるソビエト連邦侵攻。ニュージャージー州のスタンダード・オイルがナチス・ドイツに石油を販売していた。

1945年2月 ヤルタ会談。ルーズベルト、チャーチル、スターリンの3人の会談。

アンシンカブル作戦” ヤルタ会談の直後にウィンストン・チャーチルが策定した対ソ秘密攻撃計画。1945年6月に破棄された。

1945年4月12日。ポツダム会談 ハリー・トルーマン大統領とウィンストン・チャーチル首相が日本への原爆投下を承認する。

1945年9月15日 アメリカ陸軍省が第三次世界大戦のシナリオを策定。米ソが同盟国である場合に、ソ連の66都市に204個の原爆を投下する計画。第二次世界大戦中に策定され、1945年9月2日の第二次世界大戦の公式終結から2週間足らずで公表された秘密計画(機密指定解除済み)。

1949年 ソビエト連邦が核爆弾の実験を発表。

冷戦後のドクトリン 「先制核戦争」

冷戦時代の「相互確証破壊(MAD)」ドクトリンは、もはや通用しない。ジョージ・W・ブッシュ政権の発足と同時に、核兵器国と非核兵器国の両方に対する「自衛」の手段として核兵器を使用する「先制核戦争」のドクトリンに取って代わられたのである。

2002年9月の国家安全保障戦略(NSS)の発表の数カ月前に、ジョージ・W・ブッシュの「核体制の見直し」の文章がすでにリークされており、その中で「先制攻撃」は次のように定義されていた。

先制攻撃とは、「差し迫った攻撃に直面して、先回りして武力を行使すること」である。

つまり、自衛を理由とした戦争行為として。

MADドクトリンは廃止された。2001年の核体制の見直しでは、核兵器の使用が再定義されただけでなく、いわゆる戦術核やバンカーバスター爆弾(ミニ核)が今後、最高司令官、すなわち米国大統領の承認なしに通常戦域で使用される可能性が出てきた。

2001年のNPR(2002年に採択)では、先制核攻撃の対象となりうる国として7カ国を挙げている。

「核攻撃能力の要件」を論じ、イラン、イラク、リビア、北朝鮮、シリアを「即時、潜在的、または予期せぬ事態に巻き込まれる可能性のある国の一つ」として挙げている。 …

このうち3カ国(イラク、リビア、シリア)はその後、米国主導の戦争の対象になっている。2002年のNPRでは、中国とロシアに対する核戦争準備の継続も確認された。

「ブッシュ見直しはまた、米国が中国に対して核兵器を使用する準備をすべきであると示している。その理由として、中国の戦略目標はまだ発展途上であり、核および非核戦力の近代化が進行中である」ことが挙げられている。

「最後に、レビューでは、ロシアはもはや敵ではないというブッシュ政権の主張を繰り返しているが、米国はロシアとの核不測事態に備える必要があるとし、「将来、米国とロシアの関係が大幅に悪化した場合、米国は核戦力の水準と態勢を見直す必要があるかもしれない」と指摘している。最終的には、ロシアとの核衝突は “あり得る “が “想定外 “であると結論付けている。( Arms Control) を強調した。

中露両国に対する核戦争が想定される

ロシアは「もっともらしい」が「期待されない」とタグ付けされている。これは2002年当時の話だ。

ウクライナ危機の真っ只中の今日、ロシアに対する先制核攻撃はペンタゴンの図面に書かれている。しかし、それは実行されることを意味しない。

核戦争は勝てないのか

レーガンの歴史的な発言が思い出される。「核戦争に勝つことはできないし、決して戦ってはならない。核兵器を保有する唯一の価値は、それが決して使われないようにすることだ」。

それにもかかわらず、米国の体制やバイデン政権内には、「核戦争は勝てる」と確信している強力な声やロビー団体が存在する。

第二次世界大戦へのフラッシュバック:「バルバロッサ作戦」

米国とその同盟国である英国は、ソ連を破壊する目的で、ナチス・ドイツが東部戦線で勝利することを意図していたことを示す十分な証拠がある。

「スターリンとその側近は、英米列強がナチス・ソ連戦争が何年も続くことを望んでいるという疑念を深めていたが、それは十分に根拠のある懸念に基づくものであった。この願望は、ドイツ国防軍がソ連に侵攻した数時間後に、後の米国大統領ハリー・S・トルーマンがすでに一部表明していた。

当時アメリカの上院議員だったトルーマンは、ソ連とドイツが互いに「できるだけ多くの人を殺す」のを見たいと言った。この態度は、後にニューヨークタイムズが「確固たる方針」と呼んだものである。タイムズ紙はトルーマンの発言を1941年6月24日に掲載しており、その結果、彼の見解はソビエトの目に留まらなかった可能性が高い。(Shane Quinn, Global Research, 2022年3月)

1941年6月に開始されたヒトラーのバルバロッサ作戦は、第三帝国に日常的に十分な石油を供給していたニュージャージー州のスタンダード石油(ロックフェラー家が所有)の支援がなければ、最初から失敗していただろう。ドイツは石炭を燃料化することはできたが、その合成生産は不十分であった。さらに、ルーマニアのプロスティ石油資源(1944年までナチスの支配下にあった)はわずかであった。ナチスドイツは、米国スタンダードオイル社からの石油輸送に大きく依存していたのである。
.
アメリカの第二次世界大戦参戦に伴い正式に施行された「敵国取引法」(1917)でも、ニュージャージー州のスタンダード・オイル社がナチス・ドイツに石油を販売することは防げなかった。これは、1942年の上院による米国スタンダード・オイルの調査にもかかわらず、である。

米国の石油の直接輸送は制限されたが、スタンダード・オイルは第三国を通じて米国の石油を販売した。米国の石油はスイスを経由して占領下のフランスに送られ、フランスからドイツに送られた。

「第二次世界大戦の間、スタンダード・オイルはティーグルの監督下で、ナチス・ドイツに石油を供給しつづけた。その輸送はスペイン、ヴィシー・フランスの西インド諸島の植民地、そしてスイスを経由して行われた」。

スタンダード・オイル社とロックフェラー社による石油の輸送がなければ、ナチス・ドイツは軍事計画を実行することができなかっただろう。燃料がなければ、第三帝国のバルバロッサ作戦による東部戦線はおそらく実施されず、何百万人もの人命が救われたことだろう。フランス、ベルギー、オランダの軍事占領を含む西部戦線も間違いなく影響を受けていただろう。

ソ連はナチス・ドイツに勝利し、2700万人の死者を出したが、これはスタンダード・オイル社による「敵国との取引」のあからさまな違反が一因であった。

「オペレーション・アンシンカブル」第二次世界大戦中の第三次世界大戦のシナリオ

ソ連に対する第三次世界大戦のシナリオは、1945年9月2日の第二次世界大戦の正式な終結に先立って、「アンシンカブル作戦」と呼ばれるもので、1945年初頭からすでに構想されていた。

ルーズベルト、チャーチル、スターリンは、1945年2月初旬にヤルタ会談で、主に戦後のドイツと日本の占領について交渉することを目的としていた。

 

ビデオ ヤルタ会談

一方、ヤルタ会談をきっかけに、ウィンストン・チャーチルはソ連との戦争のための秘密計画を考えていた: .

「東西冷戦は1950年代と1960年代にピークに達したと考えるなら、考え直してほしい。1945年は、ヨーロッパが第三次世界大戦の坩堝と化した年である。

この計画は、1945年7月1日にイギリス、アメリカ、ポーランド、ドイツ、そう、ドイツの連合軍が赤軍に対して大規模な攻撃を行うことを想定していた。その目的は、ソ連に占領された東ドイツとポーランドから赤軍を押し戻し、スターリンに鼻血を出させ、東ヨーロッパの支配を考え直させることであった。結局、1945年6月にチャーチルの軍事顧問は、この計画の実行を警告したが、それは依然として第三次世界大戦の青写真であり続けた。アメリカは原子爆弾の実験に成功したばかりであり、ソ連の人口密集地を消滅させるという最後の誘惑があった」。

チャーチルの東欧ソ連軍に対する「アンシンカブル作戦」(上記参照)は、1945年6月に断念された。

チャーチルは、首相在任中(1940-45年)マンハッタン計画を支持していた。米ソがナチスドイツと同盟関係にあった1942年には、早くもマンハッタン計画の下で構想されていた対ソ核戦争の主人公であった。

1945年9月15日、アメリカ陸軍省によって、ソ連主要66都市に対する核兵器を用いた第三次世界大戦の青写真が正式に策定された(下項参照)。

ポツダム会談

1945年4月12日、脳出血で急死したフランクリン・D・ルーズベルトの後を受け、ハリー・S・トルーマン副大統領がアメリカ大統領に就任した。

ポツダム会談でトルーマン大統領は、スターリン、チャーチルとの協議に入った(1945年7月)。(右図参照)。この話し合いは、ヤルタ会談とは異なる性質のもので、特にトルーマンとチャーチルの両者がともに核戦争に賛成していたことに関してであった。

「イギリスの)首相(チャーチル)と私は二人きりで食事をした。マンハッタンについて議論した(成功した)。スターリンにそのことを話すことにした。スターリンは、日本の皇帝からの和平要求の電報を首相(チャーチル)に伝えていた。スターリンもその返事を私に読んでくれた。それは満足のいくものだった。ジャップはロシアが攻め込んでくる前に折れると信じている。マンハッタンが彼らの故郷の上空に現れたら、彼らはきっとそうすると思う。私はこのことをタイミングを見計らってスターリンに報告することにしよう。(トルーマン日記、1945年7月17日、強調付加)。

このトルーマン日記の記述から確認できるのは、日本は「ロシアが来る前に」「折れて」アメリカに降伏するだろうということだ。最終的にこれが広島と長崎に投下された原爆の目的であった。

スターリンは1945年7月にトルーマンからマンハッタン計画について何気なく聞かされたが、資料によるとソ連は1942年にはすでにマンハッタン計画を知っていたようである。トルーマンはスターリンに原爆が日本向けであることを告げたか?

「私たちは今日午前11時に会った。

しかし、私はその前にマウントバッテン卿とマーシャル将軍(アメリカ統合参謀本部)と最も重要なセッション(スターリン抜きで)を行った。[この会議は公式の議題には含まれていなかった)私たちは世界の歴史の中で最も恐ろしい爆弾を発見した。それは、ノアとその素晴らしい箱舟の後、ユーフラテス川流域の時代に予言された火による破壊かもしれない。とにかく、私たちは原子の崩壊を引き起こす方法を発見したと考えている。ニューメキシコの砂漠で行われた実験には、控えめに言っても驚かされた。その爆発で深さ6百フィート、直径1千2百フィートのクレーターができ、半マイル先の鉄塔を倒し、1万ヤード先の人間を倒した。この爆発は200マイル以上先まで見え、40マイル以上先まで聞こえた。

この兵器は、今から8月10日までの間に日本に対して使用されることになっている。私はスティムソン陸軍大臣に、女子供ではなく軍事目標と兵士や船員が標的になるように使用するように言ってある。たとえジャップが野蛮で、冷酷で、情け容赦なく、狂信的であっても、共通の福祉のための世界のリーダーとして、この恐ろしい爆弾を旧都や新都に投下することはできない」。彼と私は意見が一致している。目標は純粋に軍事的なもので、日本軍に降伏して人命を救うよう求める警告文を発表する予定である。彼らがそうしないことは確かだが、われわれは彼らにチャンスを与えたことになる。ヒトラーの群れやスターリンがこの原爆を発見しなかったことは、世界にとって確かに良いことだ。原子爆弾はこれまで発見されたものの中で最も恐ろしいもののようだが、最も有用なものにすることができる」。(トルーマン日記、1945年7月18日のポツダム会談)

マンハッタン計画に関する議論は、公式の会議録には記載されていない。

ソ連に核攻撃を行うための悪名高い「第三次世界大戦の青写真」(1945年9月15日)

第二次世界大戦の公式終結(1945年9月2日)からわずか2週間後、米陸軍省は、米ソが同盟国であった時代に「ソ連を地図から消す」(264個の原子爆弾で66都市)指令を出していたことが、機密解除文書で確認された(1945年9月15日)。(詳細はChossudovsky, 2017を参照)

1945年9月15日付の秘密文書(機密解除済み)によると、「ペンタゴンは主要都市部に向けられた協調的な核攻撃でソ連を吹き飛ばすことを想定していた」とある。

ソ連のすべての主要都市は、66の「戦略的」標的のリストに含まれていた。皮肉なことに、この計画は冷戦勃発前に陸軍省から発表されたものである。

1945年9月15日作戦の全資料を見る

冷戦時代

核軍拡競争は、1945年9月にアメリカ陸軍省が策定した「ソ連恫喝計画」の直接的な成果であった。

ソ連は1949年に最初の核実験を行った。マンハッタン計画と陸軍省の1945年9月15日の「第三次世界大戦の青写真」なしには、軍拡競争は起こらなかっただろう。

1945年9月15日の陸軍省は、ロシアと中国に対して第三次世界大戦を起こすための数々の計画の舞台を整えた。

冷戦時代の標的都市1200のリスト

この1945年当初の66都市のリストは、冷戦の過程(1956)で更新され、ソ連と東欧のソ連ブロック諸国の約1200都市が含まれていた(下記の機密解除された文書を参照)。使用予定の爆弾は、広島・長崎に投下されたものよりも爆発力が強力であった。

出典 国家安全保障アーカイブ

「1956年の計画によると、水爆はソ連、中国、東欧の優先的な「航空戦力」目標に対して使用されることになっていた。東ベルリンを含むソ連圏の主要都市は、原爆投下による「組織的破壊」において最優先された。 (ウィリアム・バー、米冷戦期の核攻撃目標リスト ソ連圏1200都市「東ドイツから中国まで」、国家安全保障アーカイブ電子ブリーフィングブックNo.538,2015年12月発行

出典はこちら ナショナルセキュリティアーカイブ

ランド社

冷戦期には、核兵器の使用によって「攻撃側と防御側の両方が破壊される」というMAD(Mutually Assured Destruction)ドクトリンが支配的であった。

冷戦後、米国の核ドクトリンは再定義された。 核弾頭を使用する「攻撃的」軍事行動は、「自衛」行為とされるようになった。

ジョー・バイデン政権下の人道的核戦争

米国とNATOが主導する軍事介入(ユーゴスラビア、アフガニスタン、イラク、リビア、シリア、イエメン)は、何百万人もの民間人に犠牲者を出し、平和を確保するための手段として、人道的戦争と謳われている。

これは、米国とNATOのウクライナへの介入を支える言説でもある。

「戦争について話すとき、私たちは本当に平和について話しているのだということを知ってほしい」とジョージ・W・ブッシュは言った。

「人道的核爆弾」

このような「人道的核爆弾」という粉飾は、ジョー・バイデン氏の外交政策アジェンダに組み込まれているだけでなく、オバマ政権時代に始まった1兆2000億の核兵器計画は言うまでもなく、いわゆる「核体制の見直し」という米軍のドクトリンの主軸を構成するものである。

西ヨーロッパに配備されたB61小型核兵器

最新のB61-12「ミニ核」は、ロシアと中東を目指し、西ヨーロッパに配備される予定である(既存のB61核爆弾に取って代わるもの)。

B61-12は、「より使いやすい」「低収量」「人道的爆弾」「”民間人には無害”」と説明されている。それがイデオロギーである。現実は「相互確証破壊」(MAD)である。

B61-12の最大収量は50キロトンで広島型原爆(15キロトン)の3倍以上であり、数分間で10万人を超える死者を出した。

もし、ロシアやイランをターゲットにしたいわゆる小型核兵器による先制攻撃が成功すれば、人類を第三次世界大戦のシナリオに導く可能性がある。もちろん、これらの詳細は主要なメディアでは報道されない。

B-61-12を納入するためのF-15Eイーグル・ストライク・イーグル戦闘機

低降伏量核兵器:人道的戦争が実現する

そして、この「無害」な低降伏量核爆弾の特性が軍事マニュアルに挿入されると、「人道的戦争」が始動する。「低収量で民間人に安全だから使おう」[言い換え]。

米国が保有する対ロシア向け核爆弾B61は、現在、非核保有国5カ国(イタリア、ドイツ、オランダ、ベルギー、トルコ)の国家指揮下に置かれている。B61-12に関わる指揮系統は未確定である。トルコのインシルリク基地の状況は不明。

大量破壊兵器を平和の道具とするのは危険なギミックだ

歴史上、「誤り」は重要な役割を担ってきた

私たちは今、危険な岐路に立たされている。真の反戦運動は見えない。

なぜか?なぜなら、戦争はビジネスにとって良いことだからである。

そして、米国とNATOが主導する戦争の背後にいる大金持ちは、反戦運動も、米国が主導する戦争に関するメディアの報道も支配しているのである。それは何も新しいことではない。アメリカの国家安全保障顧問であるズビグニュー・ブレジンスキーが先導した、いわゆるソ連・アフガン戦争(1979年~)まで遡る。

金融エリートは、彼らの「慈善」財団(フォード、ロックフェラー、ソロスなど)を通じて、世界社会フォーラム(WSF)を含むいわゆる「進歩的運動」に資金を提供するために何百万ドルもの資金を長年にわたって供給してきたのである。

これは、「Manufactured Dissent 」と呼ばれている。ビッグ・マネーは、数々のクーデターやカラー革命の背後にもいる。

一方、熱心な反戦活動家を含む左派の重要な部門は、いわゆるパンデミックの事実と歴史を検証したり認めたりすることなく、Covidの命令を支持している。

ロックダウン政策とCOVID-19「キラー・ワクチン」は、金融エリートの「広範な武器庫」の不可欠な一部であることを理解する必要がある。これらは、服従と専制の道具なのである。

世界経済フォーラムのグレート・リセットは、第三次世界大戦のシナリオの不可欠な部分であり、軍事的および非軍事的手段によって「グローバル・ガバナンス」の帝国システムを確立することにある。

米国と北大西洋条約機構(NATO)の軍事計画を支援する強力な金融利益団体(ロックフェラー、ロスチャイルド、ブラックロック、バンガードなど)が、「コビッド・パンデミック作戦」の背後にしっかりと存在しているのである。

***

平和と民主主義のための歴史的な戦い。第三次世界大戦は人類の終わりを告げるのか?

容赦ない戦争プロパガンダとメディアの偽情報が原動力である。それに立ち向かわなければならない。

ロシアとアメリカの「平和的共存」と「外交」は可能か?

「戦争はビジネスになる」。大金持ちのために腐敗した政府を正すべき


「第三次世界大戦のシナリオに向けて。核戦争の危険性」

ミシェル・チョスドフスキー著

グローバルリサーチより発売中

ISBN番号:978-0-9737147-5-3
出版年: 2012
ページ数 102

PDF版: $6.50 (あなたのメールアカウントに直接送信される!)

Michel Chossudovsky オタワ大学経済学部教授、絶賛されたウェブサイト www.globalresearch.ca を主催するグローバリゼーション研究センター(CRG)所長。彼はEncyclopedia Britannicaの寄稿者でもある。彼の著作は、20カ国語以上に翻訳されている。

レビュー

本書は、「自由と民主主義」を隠れ蓑に、非核保有国から油田や資源を奪おうとする、「9・11」以降の米国の極めて病的な地政学的計画について、豊富な資料と体系的な診断書である。」

-ジョン・マクマートリー(ゲルフ大学哲学科教授)

「人工的、先制的、あるいはよりファッショナブルな「人道的」侵略戦争が常態化している世界において、この挑戦的な本は私たちの最後の目覚ましコールとなるかもしれない」。

-デニス・ハリデイ、元国連事務総長補

ミシェル・チョスドフスキーは、私物化された戦争マシンの狂気を暴いている。イランは、私利私欲のための歪曲と嘘に基づいた戦争政策の一環として、核兵器のターゲットにされている。本当の目的は、石油、金融覇権、世界支配である。その代償として、核兵器によるホロコーストが起こるかもしれない。兵器が世界で唯一の超大国の最もホットな輸出品となり、外交官が防衛産業のセールスマンとして働くようになれば、全世界が無謀にも危険にさらされることになる。もし、軍隊を持たなければならないなら、それは完全に公共部門に属するものである。大量殺戮と破壊から利益を得る者は誰もいないはずだ。

-エレン・ブラウン、『Web of Debt』の著者、Public Banking Institute会長

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました