民間人のターゲットを考える
西洋軍事理論の進化の論理

強調オフ

パレスチナ・イスラエル戦争・国際政治

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

PONDERING CIVILIAN TARGETS

thecirculationofelites.substack.com/p/civilian-targets

2023/11/21

経験上、私の投稿は、いつものマニアックな歴史社会学の視野を不本意ながら広げたときに、より多くの読者の目に触れる傾向がある。(常連の読者の方々は、このような私のいつものコンフォートゾーンから外れた不器用さを少しは面白がってくれているのではないだろうか)。だから、このサブスタックにまったく初めて来た人のために、常連の読者ならよくご存知であろうことを断言させていただきたい。自然主義的誤謬に陥りやすいあなたには、ここはふさわしくない。

私の願望はいつも通り、あるものを理解しようとすることである。それは決して、あるべき(あるいはあるべきでない)ものを支持することではない。ビンラディンのアメリカ人への書簡をめぐる最近の騒動は、最近の中東紛争をめぐって両陣営の果てしない情報戦の一環として、遅ればせながら広く注目されるようになったのは間違いない。

私はこの対立にどちらかの味方をすることを断固として拒否する。とはいえ、親しみを込めて言わせてもらえば、両陣営の道徳的暴挙が一般的にいかに奇妙なものであるかに気づかなければならない。少なくとも北米の人々の多くは、このような道徳的な主張をしているようだが、そのような人たちは、この争いにはほとんど関与していない。そして、そのような立場にあると思っている人々のほとんどは、正義や西洋文明に対する抽象的な訴えを根拠としている。それはともかく、このような壮大な道徳的ジェスチャーは、私には異様に不毛なものに映る。彼らは、オーガズム的な無力感から帝国主義的な欲望に至るスペクトル(疑似フロイト的な言い方を許してもらえるなら)に沿っているように見える。それはそれで面白いかもしれないが、この記事の趣旨ではない。それよりも、ビンラディン書簡をめぐる論争を取り上げたい。

「中止」を求める理由はいくつかあるようだ。テロリストに “綱領を与える “ことを非難する人もいる。また、9.11が単に “我々の自由 “を憎むためだけのものではなく、むしろイスラム世界における数十年にわたる米国/大西洋主義帝国主義に対する一撃だったという主張を封じ込めたいという人もいるだろう(そしてまた、他の人がそれを望んでいると非難する人もいる)。どれも興味深い議論だ。しかし、私がここで考えているのは、ビンラディンの書簡は民間人の殺害を合理化するものだから弾圧されるべきだという説明に突き動かされている。明らかに、この説明は9.11テロに関連してビンラディンによってなされたものだが、現在、パレスチナの大義を擁護する人々によって、少なくとも10月7日のハマスの攻撃を説明するために、場合によっては擁護するために使われている。(同じ論理がイスラエルの対応を擁護するためにも使われるかもしれないが)。

これはすべて予測できることだ。人は自分が正しいと思うこと(もちろん、私は彼らが-あるレベルの無意識のうちに-自分の進化的適性に利益があると認識していることだと言いたい)を主張し、その目的に役立つ情報なら何でも動員するだろう。自己認識はその程度を調節するかもしれないが、これは単に人間の本性の展開に過ぎない。私が異議を唱えたいのは、ビンラディンの書簡が西洋文明の神聖な価値観に対する攻撃であると人々が示唆する場合である。それどころか、民間人を合法的な標的として扱うことを代弁する書簡での主張は、ビンラディンによる突飛で斬新な結論ではない。むしろ、このような考えの種は、人民主権の原則の台頭に呼応して、西側の軍事理論の奥深くに植え付けられているのである。

フランス革命当時、ヨーロッパでは戦争規範が優勢だった。実際、この戦争規範は、最近数世紀にわたる残虐な宗教戦争の後に復活し、中世の爵位規範に似たものを復活させたものであった。この掟は、合法的な戦争に場所、標的、期間さえも制限を設けていた。(しかし、ルソーの一般意志が革命とともにフランスの政治文化に導入されると、この掟は維持できなくなった。少なくともマキャベリの時代には、傭兵の欠点を指摘し、市民ベースの軍隊を求める声があった。しかし、ルソーに触発されたフランス革命家たちが一般意志の理想である人民主権を取り入れたことで、市民軍が時代の必然的な論理となったのである。

この時期の軍事理論家は、国民主権のもとでは、国民皆兵が全面的に承認されるだけでなく、戦争は異なる国家間の本格的な争いとなり、社会、経済、文化のあらゆる側面を動員するようになる、と頻繁に主張している。最も有名なのは、フランス革命がナポレオンの熟練した手によってヨーロッパ全土に帝国主義的に拡大したことに触発されたクラウゼヴィッツが、この新しい状況を “総力戦 “の時代と呼んだことである。イポリット・テーヌが観察したように、人民主権と総力戦の関係には、自由と民主主義という革命的利益を享受したければ、その利益を守るために殺し、死ぬ義務を負うというトレードオフが伴うという明白な含意があった。(しかし、テーヌは、多くの人々がこのトレードオフをどの程度歓迎するかについては疑問視していた。)

この新しい条件は、それまでの戦争制限の掟を完全に破壊した。人民主権の国家や民族は、かつての王が手に入れることができなかった税金と徴兵の絶え間ない流れを享受する。(興味のある 方は、『試される経営者階級』で詳しく論じて いる そして、産業、文化、人口など、すべての資源が総力戦の新時代に動員され、本質的に巻き込まれている。では、ビンラディンが、国家や民族の主権がその国民の総体に根ざしているのであれば、つまり不思議なことに民衆の意志に溶け込んでいるのであれば、その国家や民族の主権的行動にはその国民全員が責任を負わなければならないという結論を導き出したのは、それほど突飛なことだったのだろうか、奇妙なことだったのだろうか。ビンラディンが明らかになった同意として選挙や税金に訴える必要があったのかさえ明らかではない。国民主権による国家の正当性への訴えは、論理的にはその国家の行動に対する責任を伴う。

明らかな異論は理解できる。この結論を否定する人たちはもちろん、戦闘員と民間人を区別する新しい戦争規範を復活させたがるだろう。国民主権ではなく、兵士主権を主張するのであれば、説得力のある反論になるかもしれない。兵士だけが主権を行使すれば、非戦闘員はビンラディンの結論から解放される。ちなみに、これはペリクリア時代のアテネの民主主義で起こったことに近い。しかし、私たちは兵士の主権を主張しないし、ほとんどの現代人はそのような主権の根拠づけに満足しないだろう。いや、何らかの形で、現代の西欧世界は国民主権を訴えているのだ。政府とは私たちであり、普通選挙であり、私たち国民であり、神聖なる民主主義であり、その他もろもろである。

この方程式から子供たちを除外する方が、おそらくより強力なケースがあるだろう。しかし、率直に言って、ルソーの一般意志がそれを許すかどうかはわからない。人は一般意志の中に成長するのだろうか、それとも人々の神秘的な集合的表現なのだろうか?ルソーは有名な話 だが、かなり 自由放任的な 育児に対してアプローチを推進して いた。 だから彼は、一般意志の人民主権の論理的帰結に子供を巻き込むことから免れているのかもしれない。しかしもちろん、子供に対するそのような態度は、近代主権国家の歴史において普遍的なものとは言い難い。確かに、適切な幼児教育を国家の延長として扱い、国家の価値観に植え付けることは一般的だ。だから、この分野においても、どこまで明確に判断できるかはわからない。しかし、仮に国民主権の論理が一定年齢以下の子どもを排除するという決定的な議論ができたとしても、そのケースを解析することすら複雑であることは、国民主権論から生じる難しさを指し示している。

そしてまた、自然主義的誤謬の制約を認めることに慣れていない新しい読者のために強調しておくが、以上のことは、子どもや女性、高齢者、あるいは一般に非戦闘員を標的にする軍事組織を擁護するものではない。しかし、国民主権の原則の論理が、このような標的を正当化すると解釈できるだけでなく、その論理が西側の総力戦の精神に長い間浸透してきたことを反省するきっかけを与えてくれるという意味で、ビンラディンを擁護するものである。

私が言いたいのは、ビンラディンが自らの戦略を説明/合理化したことに対して–何千人もの人々を殺害した責任者なら誰でもそうすることが予想されるように–激怒するよりも、あるいは彼が西洋の人民主権の伝統(神話?)もしかしたら、国民主権とは常に、利己的な支配者層が、近年では腹話術のテクニックを駆使して、他のすべての人々の生活や地域社会、家族を犠牲にして自分たちを豊かにし、力を与えるためのベールだったのかもしれない。

現在の政治状況において、人民主権批判が具体的に武器化されていることに異論があるかもしれないが、人民主権批判は、現代の西欧(空間主義)世界における体制の正統性の論理そのものを指し示している。意図的でないにせよ、おそらくビンラディンは死後、これまで特に深く考えようとはしなかった多くの人々に、人民主権の論理を注目させるというサービスを提供してくれたのだろう。

私の新刊(必読!)『 A Plea for Time in the Phenotype Wars』では、現在の空間主義体制の必然的な衰退に備えたい人々がとるべき道として、主権を分断し分散させる多元主義的・連邦主義的戦略を追求することを提案してきた 世界の現状に万能薬はないが、これらの戦略は、ビンラディンが認識し、長いフランス革命における左派の勝利以来、西欧世界を悩ませてきた覇権主義的な空間主義的一元論を相殺する可能性を秘めている。この本をより深く 理解したい方は、こちらからどうぞ

そして、もし私があなたにショックを与え、気分を害させるようなことがなかったら、もしかしたら私の普段はあまり話題にならない、歴史的社会学やそれに関連する取り組みについてのマニアックな話に興味を持っていただけるかもしれない。その場合は…

支援をお願いします。

他にも異端児の卵を知っていたら、ぜひとも…。

シェアしてください。l

その間にまた会おう!

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker