3. 社会問題・政治・経済・思想ゴンザロ・リラプロパガンダ・全体主義ロシア・ウクライナ戦争

Nyhetsveckan Special 34 – ゴンサロ・リラ、ウクライナでの戦争と傲慢なスウェーデン人について

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Nyhetsveckan Special 34 – Gonzalo Lira on the war in Ukraine and arrogant Swedes

Maria Celander 0:00

こんにちは皆さん、新しいNyhetsveckan ニュースウィークの特別な番号34の特別版へようこそ。私の名前はマリア・シリンダーです。そして、いつものように私の同僚がgodliestでこんにちは、こんにちは。今日はとてもとても特別なゲスト、GONZALOリラさんをお招きしています。ようこそ、ゴンザロさん。

Gonzalo Lira 1:19

レディースにお招きいただき、ありがとうございます。本当に光栄です。

そして、スウェーデンでこの放送を聞いている皆さん、こんにちは。楽しんでいただければ幸いです。そして

Maria Celander 1:28

あなたが誰で、どのような経歴の持ち主なのか、視聴者に簡単に紹介していただけませんか。そして、今現在、あなたがどこにいるのか、Yも教えてください。

Gonzalo Lira 1:42

もちろん、私はウクライナのハリコフに住んでいます。そして今は、ロシア軍によるハリコフ包囲の真っ最中です。私がここに住んでいるのは、妻がこの地方の出身だからです。小さな子供が2人いますが、もうここにはいません。西側にいるんです。そして、私はこの戦争がどうなるかを見届けるために、ここに留まっています。

私の職業は作家です。大学では歴史と哲学を学びました。90年代後半にハリウッドで仕事をしました。そして、いくつかの小説を書き、大手出版社から出版されました。

その後、さまざまなビジネスを手がけ、人生におけるさまざまなことを探求してきました。私の家族はチリ出身です。スウェーデンでは、皆さんは何兆円ものお金を使った経験があると思います。実を言うと、チリではこのことをよく話しているんです。そのあたりは、また後日。

Ingrid Carlqvist 2:40

ええ、それはとても興味深いことです。実は、あなたは数年前にも撮影していたのですが、つい1週間前に誰かがそれを公開したのです。スウェーデンについてのビデオで、スウェーデンの政治家がわが国を人道的超大国と呼んだことにとても憤慨していましたね。そのことについて少し教えてください。まあ、そうですね。

Gonzalo Lira 3:03

私は、キリスト教における慈愛という価値観は、非常に重要な価値観だと思います。私はいつも思うのですが、女性たちを軽蔑しているわけではないのですが、スウェーデンはすべての観光をプライドと傲慢というレンズを通して見る傾向があるような気がします。

というのも、1973年にチリで、サルバドール・アジェンデ政権に対するクーデターが起こりました。この政権は毛沢東主義のレーニン主義者で、人々を迫害し、率直に言って、非常にひどい方法で抹殺することに熱心でした。とにかく、アジェンデ政権は独裁者であるアウグスト・ピノチェト(当時は軍)によって打倒されたのです。

そして、1973年当時のスウェーデン。スウェーデンの領事館か大使館か忘れましたが、ある日、チリの政治難民をすべて受け入れて、スウェーデンに移送するという声明を出したんです。というのも、スウェーデンの申し出に応じた政治亡命者がいたからです。

しかし、スウェーデンの申し出に応じたのは、率直に言って、多くの犯罪者たちでした。突然、私たちはスウェーデンがいかに犯罪者層を輸入したかを遠くから見ていたのです。もちろん、私はドイツに行ったことがあります。

彼女はスウェーデンを止める努力を全くしませんでした それどころか、他人の損失が彼らのゲームなのですから。スウェーデンは、正しいことをしたい、人々を助けたいという気持ちは非常によくわかるのですが、自国が不利になるような状況を自ら作り出してしまっていることに気づきました。

なぜなら、スウェーデンではチリ人の評判はとてもとても悪いのです。それは、スウェーデンに輸入されたこの犯罪者の下層階級のせいです。だから、犯罪者ではない普通のビジネスマンや観光客のチリ人がスウェーデンに行くときは、いつもそうなんです。スウェーデンではいつも不審がられています。私たちはこのことをよく理解していますし、完全に承知しています。そして、そのことを恥ずかしく思っています。

しかし同時に、スウェーデンはこの問題を自ら作り出したのですから、とてもおかしいと思います。私の理解では、このチリの犯罪者層は、何十年にもわたってスウェーデンにかなりの頭痛の種を与えてきました。2000,つまり10年代初頭のことです。それ以降、スウェーデンは膨大な数の移民を輸入することを決定しました。彼らは政治的な難民ではありませんでした。

彼らはサハラ砂漠以南のアフリカや中東からの経済移民だったのです。そして、このことがスウェーデンにとって大きな問題を引き起こしたようです。

私の理解では、スウェーデンの10人に1人がこのような移民たちです。そして、彼らは大きな問題を引き起こしているのです。ウクライナでは、小さな子どもを連れたウクライナ人女性が、ソマリア人に嫌がらせを受け、女性や子どもに性的暴行を加えようとしているとの報告があります。恐ろしいことです。少なくともチリでは、そしておそらく他の国でも。

私は、隣人を助けようとする、恵まれない人を助けようとする、というコンセプトは理解していますが、このようなことを言うつもりはありません。しかし、他人を助けることが自分の不利益になり、深刻な不利益を被る瞬間がやってきます。

これはチリの人たちだけに限ったことではなく、他の国の人たちも、なぜスウェーデンが一貫して人助けの名目でやっているのか、懸念や混乱を表明しているのでしょう。他人を助けるということは、目指すべきことです。しかし、他人を助けるという名目で、あなたは意図的に自分自身を傷つけ、自分自身のために永久的な問題を作り出しているのです。しかし、それは外から見ればそう見えるのです。

Maria Celander 7:46

なぜスウェーデン人はこんなことをするのでしょう?つまり、あなたはそれをすべての真理の傲慢さと呼ぶのです。この背後にある考え方は、ある種のタイタニックナショナリズム、ナショナリズムと呼ばれるものです。時々、自分はとても傲慢だと思い、何でもできる、我々はとても偉大だ、誰でも助けられる、相手が何人であろうと、どこから来ようと、スウェーデンはとても偉大だ、と考えることがありますね。私たちは、あなたがこの背景について考えていることであれば、何でも対処することができます。

Gonzalo Lira 8:24

ええ、まあ、それはいくつかのことを思われます。今私はスウェーデンに住んでいたことがない私はスウェーデンに行ったことがない最も近いのはコペンハーゲンです。だから、それはカウントされません。しかし、私が外から理解したところでは、スウェーデンにはトンネルとか廊下とかいう言葉があるそうですね、その許容範囲の意見ということですね。

Maria Celander 8:43

意見、あなたの意見です。

Gonzalo Lira 8:47

またはコリドー?はい、正解です。そうです。そして、それは非常に危険なことだと思われます。なぜなら、許容できる意見の窓を小さくすると、その小さくした窓がさまざまな方向に操作されることが非常に容易になるからです。

そして、その窓の外側にあるものは、単に受け入れがたいものであり、それを考慮することはできないというレッテルを貼るのです。そして、人々はさまざまな理由で、その窓を移動させます。特に英語とアメリカ英語では非常に狭い窓である場合。

これはオヴァートンの窓と呼ばれるもので、許容できる意見の範囲です。そして、スウェーデンには非常に狭い回廊があるようですが、あなたはそれをこう呼びますか?意見、そうです。

これは深刻な問題だと思います。私もそう思います。女性や聴衆を軽視しているわけではありませんが、これは傲慢だと思います。自分が優れていて、天から降ってきて、みんなの問題を解決してくれると思うのは傲慢です。

Ingrid Carlqvist 9:50

ええ、つまり、マリアは家庭からそうだったんです。そうなんです。そしてそれが、マリアがタイタニック・ナショナリズムと呼んでいたものです。

そして、私たちはいつも、自分たちはナショナリストではないと言っています。いやいや、私たちは心の底ではとても、とてもナショナリストで、実は甘いもの、世界で一番いい国を知っているんです。

しかし、もし自分が一番だと知っていたら、自慢してはいけないんです。ですから、彼の国は心の奥底では何でもないふりをしていますが、ここに来る人たちが、私たちが世界一の国であることを理解していないと、とても怒ります。

しかし、スウェーデンの人々は、このような大量の移民を決して望んでいません。ヨーロッパで最も均質な国であったこの国では、現在、人口の30%が何らかの神や背景を持っているのです。これは私たちにとって大きな変化です。

そしてついに、人々は目覚めつつあります。というのも、すべての政党がこれを望んでいたからです。保守派でさえも、これはとても愚かなことですが、社会民主党は実際、自分たちに投票するために人々を輸入しているのです。1973年にチリから始めたことですが、今ではイラク、シリア、ソマリア、アフガニスタンから人を呼び寄せ、狂っています。彼らは決して私たちの社会に適合することはできません。

Gonzalo Lira 11:24

まず第一に、少数派の人々に関して、アメリカ人の精神病を輸入してしまったことです。これはヨーロッパ全体で起こっていることですが、異なる人種や異なる文化を持つ人々が、異なる考え方や行動をし、根本的に異なる優先順位を持つという事実を受け入れようとしないのです。

アメリカの問題だから、アメリカの奴隷制度や黒人の問題だから、というだけなのです。そのため、外国人が自国の文化に溶け込むようなメルティングポットを作りたいと主張し、特に根本的に異なる文化から輸入してきた人々に対して、そのような精神状態に陥ってしまうのです。

例えば、チリの人たちのように。はい、私はチリ人です。そうなんです。だから、輸入した人たち、その大部分は、すべてではありませんが、犯罪者の大部分は、そうだと言っているのです。チリの犯罪率はこの政策のおかげで下がりました。

彼らはそれほど多くなかったのですが、変化をもたらすには十分だったのです。犯罪者……ネット?こんにちは?

Maria Celander 12:44

ええ、こんにちは。あなたは一瞬姿を消しました?いいえ、そうです。

Gonzalo Lira 12:48

はい、誰かがそうです、すみません。私はそこにいますか?私は戻ってきましたか?ええ 戻ってるわ よし 今、私が言ったように……犯罪率……重罪犯……状況。オーケー。

そして、そうであるように、申し訳ありませんが、私はここで起こった何かのために私の思考の列車を少し失った、しかし、それは大したことではありません。そうなんです。それで、彼は、どうやってこれを解決するんだ?どうやってこの問題を解決するんだ?どうぞ。

Maria Celander 13:20

どうやってこの問題を解決するのか分かりませんが しかし、この背後に何らかの、その、計画がある可能性はないでしょうか?つまり、あなたが今話しているようなことではなく、様々なマイノリティと、誰かが、あるいは一部の人々が、様々なマイノリティを互いに対立させたい、あるいは男性と女性、黒人とその理由、ストレートとゲイなど、そういった何らかの考えがある可能性はないでしょうか?古くからある、分断と征服というもののためでしょうか?

Gonzalo Lira 14:03

そうですね、いえ、大陰謀のような計画的なものだとは思っていません。大陰謀は決してうまくいきませんから。何が起こるかというと、複数の人々、複数のグループが、ある特定の政策に利点を見出すのです。例えば、今お話に出た政党は、外国人を輸入することで選挙に有利になるわけですから、明らかにその根拠があるわけです。

また、安い労働力を得るために外国人を輸入したいと考える人もいます。上流階級、産業階級、資本家階級は、保守党の献金者がソマリアや中東から安い労働力を輸入することを喜んでいるのです。だから、左翼政党と一緒に大量移民を推し進めるのです。

フェミニズムは資本主義的なプロジェクトであることを念頭に置く必要があります。1960年代から意図的に設計されたプロジェクトです。特に付加価値ビジネス、頭脳集約型ビジネスにおける労働力の価格を引き下げるためです。

女性と男性では身体的に異なるので、油田でフィールドエンジニアとして働く女性はいないでしょうし、レンガ職人や衛生作業員の女性もいないでしょう、ほとんどいないでしょう、身体的に厳しい仕事ですから。

しかし、弁護士や医者、頭脳を必要とする職業を専門にする女性はたくさんいます。そこが重要なのです。それが強みなのです。資本家は、女性の労働参加を奨励しました。労働力の価格を下げることができるからです。特に、法律や医学、会計士などの高価な職業ではそうです。

つまり、衛生工は、それほど高い給料を払っていないのです。仮に時給2030ユーロとして、それ以下かもしれませんが、ソーシャルワーカーの賃金は正直分かりませんが、時給200~300ユーロ以上の弁護士は、女性にロースクールへの進学を勧める価値があると思います。そして、ここで問題なのは、女性にとって、そこでは、惨めな思いをすることなのです。これが最重要課題です。

本当に惨めなのです。なぜなら、20代前半や20代半ばのころは、とても刺激的で、とても充実しているからです。しかし、20代後半から30代前半にかけては、とても刺激的で充実しています。

そして、自分には子供がいないこと、自分の家族がいないことを発見するのです。そして女性は、進化によるものか神によるものか、好むと好まざるとにかかわらず、神がこのように設計したからとか、進化がこのように設計したからとか、進化がこのように進化したからとか、神の問題でどちらかの側に行く必要はないのです。

女性は身近な人と強い感情的な結びつきを持ちたい、それが実存的に必要なのです。会社、法律事務所、病院、その他は、女性にそのような心の糧を与えることはありませんが、自分の意志で家族を持つことができます。

突然、30代前半、30代半ば、30代後半、40代、50代になり、家族もなく、抗うつ薬を常用する惨めな生活になります。キャリアを放棄した女性が、自分の子供を持ち、自分の家族を持つときに必要な強い感情のつながりがないため、心が死んでいくからです。

Ingrid Carlqvist 18:10

あなたの言うとおりです。そして、私たちはあなたと議論するつもりはありません。しかし、私たちはこの点に関してあなたの意見を完全に共有しています。私たちはいつも、若い女性には、あまり幸運になる前に家庭を持つようにと言うようにしています。

そして私の娘、私の娘は、私が子供を持つことができなかったので、私の心は本当に私のものではありません。しかし、彼女は4歳か5歳のときに私の人生に現れました。そして、彼女は私の心の娘なのです。私はいつも彼女に、彼女は26歳で、今2人目の子供を待っているんだと言っています。だから、私はとても幸せです。

Gonzalo Lira 18:46

はい、そうです。そしてどうなるかというと、26歳でキャリアしかない女性よりも、彼女の方がずっと充実していて幸せなのではないでしょうか。なぜなら、キャリアがあなたに微笑みかけることはないのは明らかだからです。キャリアがあなたを抱きしめてくれることもないでしょう。

いいですか?些細なことに聞こえますが。多くの親に尋ねると、ほとんどの親は、ある日突然、子供がうっとうしくて嫌気がさしているものです。私も小さな子供がいるので、自分が何を言っているのかよくわかります。しかし、一瞬の不満は、自分の家族が与える長期的な満足と幸福に比べれば、たいしたことはないということです。

もちろん、これは工業化のはるか以前から続いていることです。つまり、産業革命の始まりまで遡ることができます。産業革命は、自分自身や身近な小さな単位、つまり核家族だけでなく大家族や他の家族との長期的な拡大関係、小さな村や町から分離するという概念を広めました。

しかし、重要なのは、ヨーロッパ、そしてアメリカでは、人々は故郷や生まれ故郷を離れて移動しているということです。仕事の関係で、あるいは教育の関係で、大学へ行き、その後、他の都市で雇用されるため、見知らぬ土地へ行くのです。

そうすると、周りの人たちとの深いつながりがなくなってしまうのです。そのような生活を送ることは非常にストレスがたまることです。自分を知っている人たちがいて、周りで見守ってくれていると感じられないことは、ストレスになります。

そして、あなたはその親です。そして、ここにいる人たちの兄弟で、あそこにいる人たちの親友でもあります。そんな風に、小さな町で自分のことを知っている人がいると、とても安心するんです。なぜなら、その環境、社会的環境に、自分の居場所があると感じるからです。

地政学的な意味での集団安全保障ではなく、人間の集団安全保障は、自分が属しており、病気や怪我、何かあったときに周りの人たちが面倒を見てくれるという感覚を与えてくれます。

そういう意味で、近代化で失ったものは、工業化や近代化によってある種の利点を得たからで、それは議論の余地がないことだと思います。しかし、人と人とのつながりという点では、私たちは多くを失ってしまったのです。それが問題なのだと思います。

Maria Celander 21:51

まったくそのとおりだと思います。そして、私が見ているもの、そして私たちがここ数年ではっきりと見てきたものは、このように原子化された人々は、非常にコントロールしやすく、様々な方法でサインオフしやすいということです。

次に、ウクライナの状況についてお話します。というのも、欧米では、これほどまでに偏ったメディア報道は見たことがないからです。そして、人々の姿も見たことがありません。この報道に絶対的に催眠術をかけられています。

つまり、普段は反体制派で、何事にも疑問を持つことに慣れている人たちが、COVID-19のシナリオ全体に対して非常に疑問を抱いているのです。プーチンが狂人であり、ゼレンスキーが神かバットマンか何かであると完全には確信していないのです。このウクライナの話を始めるにあたって、まず、あなたは現場で何を見ているのか、ということをお聞きしたいのです。あなたは今、I thinkの責任者ですよね、はい。

Gonzalo Lira 23:16

COVID ウクライナ東部。まあ、ロシア人が街を占領しています。そして彼らは勝っています。

彼らが勝っているのは 毎日近づいてくるからです。砲撃が毎日近づいているのが聞こえます。この会話の間にも、砲撃の音が聞こえてくると思います。大したことではありません。十分離れているんだから。少なくともここから7キロは離れています。

しかし、7キロしかし、7キロから10キロしかし、我々の声が聞こえる、よし、白線だ。ゼレンスキーは、もともとイゴール・コロモイスキーという人物が作った操り人形なのです。イゴールはウクライナ人、イスラエル系キプロス人のオリガルヒで、本業はエンジニアで、非常に頭のいい人物です。

つまり、オリガルヒは誰一人バカではなく、みんなとても賢く狡猾なのです。そしてコロモイスキーは2015年にテレビ番組「serving other people」を作り、ゼレンスキーを雇って、EUとNATOに親和的な大統領を演じさせました。

このテレビ番組は、コロモイスキーがワン・プラス・ワン・メディアという最大のメディアを所有し、この国のテレビ局を所有しているため、人為的に支えられたものです。

もちろん、そのテレビ局はこの番組を放送していました。そして、さまざまな宣伝手段、スタント、その他を通じて。人為的に番組を支え、大人気番組にしたのです。そこから、ゼレンスキーをテレビのキャラクターから実際の政治家候補に変身させたのです。

Ingrid Carlqvist 24:53

でっち上げる。絶対にありえません。彼がこれを計画したと思いますか?だからというわけではありませんが、彼はゼレンスキーのためにずっと計画を持っていたことを示すために、あの番組を作ったのです。

Gonzalo Lira 25:05

ああ、そうです、疑問の余地はありません。彼の目標は、最初から彼の傀儡大統領を設置し、ウクライナをEUとNATOに加盟させることであり、アメリカでは、ウクライナをNATOとEUに加盟させ、これらすべてを推進する最も責任のある人物は、ビクトリア・ヌーランドという女性でした。そうです。

さて、ビクトリア・ヌーランドは政治問題担当の国務次官です。彼女は2014,ヤヌコビッチを通じてウクライナの合法的な政府を転覆させ、私のやった革命を成功させるためにクーデターを起こした責任者でした。

マイダン革命はカラー革命に基づいていました。カラー革命とはどういう意味でしょうか?外国の権力者、通常はアメリカ、実際にはアメリカだけによって仕組まれた革命です。その方法は、民間資金で運営される非政府組織を利用することです。

しかし、その資金の出所は、実はごくわずかなものなのです。彼らはすべて、アメリカの諜報機関と連携しているのです。1997年のことです。NGOは基本的にCIAのために働く請負業者であり、CIAの目的、プログラム、CIAが行う以前のことを実行するのだと言う人もいました。

しかし、政治的な理由と実際的な理由から、NGOに委託した方が良いということが分かりました。NGOというのは、結局はアメリカの諜報機関や国務省の役人なんです。そして彼らはこのカラー革命を実行し、新しいナチスの凶悪犯を使いました。冗談じゃないんです。

この新ナチスの凶悪犯に資金を提供したのは モイシーと呼ばれる人物です。冗談ではありません。ユダヤ人寡頭政治家がネオナチに資金提供するなんて、正気の沙汰とは思えないが、そういう世界なんだよ、俺たちは。結局のところ、彼はこう考えたんだと思います。

筋肉は筋肉だ。 ナチスであっても関係ない。 自分が壊したい奴の頭を 壊してくれるならね。 それが彼の考えなんでしょう。とにかく、アザール大隊、AON大隊、S14,REITセクター、これら様々なネオナチグループは、ネオナチではないんですね?

見せかけのナチスでもないし、欧米ではJKローリングがトランスジェンダー思想に賛同しないからナチスと呼ばれるようなものでもないんです。いやいや、彼らは鉤十字のタトゥーをした本物のナチスで、黒人の息子のタトゥーもあります。それにシグハイルのタトゥーもしてるわ で、そう、彼らは本物なんです。

彼らは本物だ。なるほど とにかく、この人たちは2014年のクタの時のショック部隊で、のクーデターの後、彼らは解散したと言われていますが、何が起こったかというと、彼らは解散して国家民兵とウクライナ軍に吸収されたのです。それで、何が起こったかというと、コロモイスキーのお金で政権が支えられてきたということです。

そして、このネオ・ナチスのファシストたちによって、彼らは本物のナチスなのです。覚えておいてください。私は保守派です。ネオ・ナチやファシストという言葉を 軽々しく口にしませんよ 私は非常に右派的な保守派です。しかし、彼らは動物です。この人たちは真のナチス・ファシストの凶悪犯です。

つまり…彼らはSSじゃない…茶色のシャツだ。そうなんです。エリック・ロメールの茶色いシャツだ。なるほど

Ingrid Carlqvist 28:45

このコンソールの最もクレイジーなことは、この戦争が始まるまで、大新聞、ニューヨークタイムズ、その他すべての西側メディアが、ウクライナではナチスや汚職やブラブラなど、多くの問題があると書いていたことです。そして今、そのすべてがなくなってしまいました。彼らは何も知らないんです。

Gonzalo Lira 29:09

そうです。このことは、これらの報道機関が完全に腐敗していることを示しています。まともに相手にしてはいけません。そして、そんなことをする人は、ただプロパガンダを聞くために署名しているだけなのです。

Maria Celander 29:19

そうですね。システムの豚、その通りです。そうです。だから彼らを軽蔑します。そうでしょう。どうぞ 私たちはあなたに同意します。先日、この件でビデオを撮りましたが、そこであなたは完全に主流派メディアを粉砕していましたね。そして、彼らの多くが非常に堕落した人々である、というあなたの分析に同意します。だから、しかし、やっぱり。

Gonzalo Lira 29:46

お二人ともスウェーデンの主流メディアにいたことがあるとおっしゃっていましたね。そうです。そして、あなたは辞めたと。それについて教えていただけませんか?とても興味があるんです。

Maria Celander 29:55

2010年頃でした。私が考えているのは?ええ、私たちも始めました。つまり、私たちは、事態の行く末について、嫌な予感がしていたのです。私は1996年にジャーナリズムの学校に入ったので。1980年に始まったんです。

しかし 2000年以降、いつからか、メディアの中で何かが大きく変わったように感じたんです。インディアンも私も、真実を報道するのではなく、真実を隠すような報道をどんどん求められることに、とても不安を覚えたんです。それで結局、2人とも辞めて、代わりにメディアの仕事をするようになりました。

というのも、もし私が仕事をしていたとしても、毎日嘘を報告しなければならないなんて、とても耐えられなかったからです。だから

Ingrid Carlqvist 30:48

私たちがフリーランスになったのは 2000年のことです。ですから、10年間は主要メディアやニュースルームに出演していませんでした。そして 2010年にスウェーデン最大の新聞社、ストックホルムに戻り、そこで夜勤の仕事をしました。

そこで私は、上司から仕事を任された記者たちが、どのような見出しをつけるべきかを指示されるのを目の当たりにしました。これとこれとこれとこれの人たちに電話して、これとこれとこれを言うようにと言われたんです。

そして、記者が戻ってきて、「彼らはそんなことは言っていません」と言うのを見ました。全然違う話があるんです。いやいや、私たちが言ってほしいことを言う人を見つけるまで、さらに10人に電話しなければならないのです。これはジャーナリズムではありません、私がやりたいのはこれではありません、と思ったんです。だから、マガンダはそうなんです。

Gonzalo Lira 31:44

あなたは何を残すと思いますか?他の人も多かれ少なかれ同じようなことを報告しているので、私はこのことについて非常に興味があります。そして、私は何が起こったのか疑問に思っている、あなたはそれらの年にそれらを考えています。

Maria Celander 31:53

多くの点で、それは他の多くのことと同様に、お金の問題だと思います。人々はインターネットで無料でニュースを手に入れるようになったので、主要メディアは本当にお金が足りなくなり始めたのです。だから、新聞はもうそれほど重要ではなくなってしまったんです。

新聞は売れなくなり、広告収入も得られなくなりました。だから、「世界のニュース」のような方向性で、すべてをセンセーショナルにして、物事を偏向させて、利益を得るしかなかったんです。それが重要な要素だったと思います。だって、バランスの取れた公平な、でもそれほど面白くもないような記事をクリックする人はいないでしょう。ですから、これは重要な要素だったと思います。

しかし、メディアの所有権が集中していることも要因の一つです。アメリカでは、6つの会社がすべてを所有し、すべてをコントロールしています。もちろん、これには政治的な側面もありますが、所有者はニュースをある方向に向かわせたいし、自分たちの目標を達成するために物事をある観点から描写したいと思うものです。

Gonzalo Lira 33:31

そうですね、1980年代後半に知っています。ニューヨーク・タイムズ紙では、全国ニュースに関して何が重要かを決定していると意識的に考え始めました。当時の編集長は、朝の編集会議で、「我々は国家のために物語を提供します」と公然と言い始めました。つまり、国民が今日知るべき重要なニュースは何かということです。これは、ニュースが浸透するのを待つのではなく、非常に父権的な見方です。

これは非常にパターナリスティックな考え方で、ニュースが浸透するのを待つのとは対照的です。しかし、そこから90年代、特に2000年代 2000-10年代にかけては、そのような傾向が強まったように思われます。ニュースをあからさまに操作するようになり、現在起こっていることは、プロパガンダです。現実ですらありません。ウクライナで何が起こっているかという話は、完全に間違っているんです。自分たちが何を言っているのか分かっているのでしょうか。

例えば、ある話がありましたよね。ロシア人にとっての大きな問題の1つは凍傷だと主張する人たちのツイートなんですか?私はここにいます。素敵な春の陽気ですね そうですね そして、あなたはスウェーデンにいます。寒さに慣れているはずなのに、ここでは気温が上がり、今日は素敵な晴れ間が広がっています。

実は先週から、ここは本当にいい天気なんです。気温は0度前後で推移しています。時々、プラス3度まで上がります。誰も凍傷にはなっていません。私はGEから来たんです。凍傷になることもなく、まったく問題ありませんよ。手袋なしで何時間でも歩き回れるし、まったく問題ない。それで、何を言ってるのかと?ロシア兵は凍傷で倒れてるのだと。

Ingrid Carlqvist 35:34

今朝は、ウクライナのニュースを全部読んだら、ロシアが失敗しているようにしか思えませんでした。彼らは戦争に負けているのです。凍傷になりそうです。弾薬がないとか。ロシアがこの戦争に勝ったら、彼らは何を書くのだろう、と思いました。何を書くのでしょう?どう思います?

Gonzalo Lira 35:54

そうですね。そうです、そうです。そしてまた、戦争が終結に近づいていることを見ることです。

というのも、何が起こったかというと、リスナーが状況を理解するために、まず、ウクライナ人がドンバス地方に侵攻しようとしていたことを理解しなければならないからです。それがロシア軍によるこの侵攻の引き金となったのです。

そして、ロシア側はこのことを完全に認識していました。そのため、突然、交渉が行われたり、飛び回ったりしたわけですが、それはウクライナ人がコンタクトライン(ウクライナと離脱共和国の間の分断線)に兵士を集めていたためです。

ウクライナ側は、ドンバス地域、つまりかなり小さいですが、離脱の共和国に1~2日で侵攻し、乗っ取ることを計画していたので、膨大な軍隊と兵士を集めていたのです。

しかし、ロシア軍がそれを打ち破ったのです。ウクライナ軍は3月中旬に侵攻を開始する予定でした。ロシア軍は国境に何人かの兵士を配置していました。しかし、彼らがやったことは、兵士の数を急速に増やしたことです。

そして、基本的にウクライナ人を最初に攻撃し、ウクライナ人がいないところでも何度も攻撃しました。その結果、ウクライナ軍に大きな混乱が生じました。

そしてそこから、ロシア軍はウクライナ軍の指揮統制構造を非常に組織的に破壊しました。ウクライナ軍は統一された防衛態勢をとっておらず、基本的にさまざまなポケットに分かれています。

ポケットの鍵、ポケットという車、金のポールポケット、そして最も重要なのは胴体ポケットのようなもので、ウクライナ東部のクラマトルク周辺、コモドールの町には、現在約6万人のウクライナ兵がいますが、どんな軍隊にも、支援要員と戦闘員がいることを覚えておいてください。

これが大きな分かれ目です。ウクライナの戦闘員は6万人を失いました。基本的に、戦闘員に関する限り、ウクライナの最も優秀な人材が、包囲されているのです。そして、このクモの巣は、こうしている間にも、消滅しています。この戦争で最も重要なのは、この地域です。東部にいるウクライナ軍の主要部隊は、燃料が不足し、物資も不足し、弾薬さえも不足しています。救援の可能性もない。このままでは崩壊してしまいます。

もちろん、しばらくはかかりますが、ロシア人は我慢しています。ロシアは勝っているのだから、我慢しているのです。つまり、もしロシアが都市に攻め込み、突撃して、都市を乗っ取ろうと決めたら、私は非常に驚きます。彼らの計画は、ただ辛抱強く待って、ここが自力で陥落するのを待つことだと思います。彼らは貨物を奪うつもりで、その近くにいると思います。ここターコフの軍隊は急速に選択肢を失いつつあるのだから。

私の場合ですが、この時期に現地で得た情報では、もしかしたら、、、縁起でもないので口には出しませんが しかし、事態はロシア側に傾きつつあるのかもしれません。この辺にしておきましょう。

しかし、重要なのは、ロシアが決定的に勝っていることです。NATOを引き込まない限り、ゼレンスキー政権に状況を打開する術はありません。NATOがこの戦争に参加することを決めた場合、その窓は閉ざされます。必要な人員と物資を準備するにはかなりの時間がかかるでしょう。

そして、彼らはすでにそのような人員と資材を準備しているようなものですが、十分ではありません。ロシア軍は優勢であり、数的優位もあります。それにホームグラウンドの利点もあります。サダムやアサドなど他の政権が持っていたものよりはるかに高度な防空システムを持っているという利点もあります。

だから、アメリカ人がバカみたいに主張し続けるように、飛行禁止区域を設定しようとしても、ロシアによって空から吹き飛ばされることになります。なぜなら、ロシアに対して航空優勢を確立するためです。ダメなんです。

Gonzalo Lira 40:33

そうはなりません。ないない、現実的には。もう1つは、最後のことですが、私が最初から言っていたことですが、ロシアは最も安くて古い兵器を使い切るつもりだと、最初から言っていました。

そして、本当の意味で、最も経験の浅い兵士を大砲の餌のように使い、最高の予備兵力を抑えるつもりだったのですが、それは彼らがやったことです。数日前、彼らは超音速ミサイルを発射しました。アメリカ軍の中で初めてのことです。そう、それは壊滅的なものでした NATO をひどく怯えさせました。

そして、彼らはわざわざ、ああ、いや、大したことないと言っています。ただの高速ロケットで大したことはない、と。しかし、彼らは怖かったんです。なぜなら、彼らはそれが来るのが見えたと主張したからです。その主張は疑わしいのですが。

しかし、議論の余地なく言えることは、たとえそれが見えていたとしても、彼らにはそれを止める技術がないということです。あまりの速さに、ぶつかる前に移動する術がないのです。なるほど。基本的に空母を殺すために設計された武器です。ロシアはメッセージを送るために とても故意にそれを使いました。

メッセージは、空母を殺す、空軍基地を殺す、我々にはその力がある。私たちに干渉しないよう。そうです。NATOはそのメッセージを理解していると思います。なぜなら、ロシアはそのような兵器を使うでしょうし、それは破壊的なものになるからです。

Maria Celander 42:02

ですよね?それが私の次の質問でした。実は。次に何が起こると思いますか、そして、どのように?この戦争、どうやって終わらせるつもりなんでしょうか?

Gonzalo Lira 42:14

戦争はいずれにせよ、ロシアが勝って終わるんでしょう?それは避けられない。そしてそれは最初の日から必然なのです。

というのも、ご存知の方は、私の写真を見たことがあると思いますが、そう、私は54歳の男性です。体型も崩れてるし 左足首も痛めてる MMAファイターのコナー・マクレガーと リングに上がったら コナー・マクレガーは 酔っ払っているかもしれないが、俺は殺されます。

もちろん、彼のほうが強いからです。ロシア対ウクライナの場合、ロシアは4倍、5倍もの兵士を抱え、あらゆる種類の武器をはるかに多く持っています。そして、彼らが持っている武器は、はるかに洗練されており、高度であり、核兵器のことは忘れてください。そうでないと考えるのは最初から必然で、自分を騙しているに過ぎないのです。

Maria Celander 43:08

そうでしょう?和平交渉はどうなるのでしょうか?あなたは、あなたが知っている、戦争の終わりで、参照してください?

Gonzalo Lira 43:13

ああそうですね、何が起こるか、~は、ウクライナの大統領としてインストールされます。

Ingrid Carlqvist 43:19

彼は~で生きているそうです。

Gonzalo Lira 43:22

そう、彼は軟禁状態から脱出したんです。私はウクライナ人は、おそらく彼を殺しただろうと思います。あなたが残っていたら?彼を連れ去ったのは彼らなのか? 彼はおそらくロシアのどこかにいます。

もしあなたが死んでいたら、私たちはそのことを知ることになるでしょうから。それで今、私が考えているのは、彼がウクライナの大統領に就任するだろうということです。

しかし、私はウクライナは、率直に言って、この作品の後、現在のようなウクライナは存続しないと思っています。バラバラに切り刻まれると思います。ロシアのどこにでもあるようなピースはクリミアだと思います。

つまり、歴史的にクリミアはロシア領であり、クリミア半島の人々はすべてロシア人なのです。だから、ああ、ウクライナなんだ、と言うのは馬鹿げています。そうではありません。ずっとロシア領だったんです。ロシア帝国はクリミアをめぐってイギリスと戦争をしました。クリミア戦争と呼ばれるものです。

彼らのものです。1954年にニキータ・フルシチョフがウクライナに与えたという事実も、その事実に変わりはありません。それは単なる行政上の贈り物でした。本気じゃありませんでした。

なるほど。いずれにせよ、現時点での私の考えは、あまり多くの人が考えていないと思いますが、ロシアが牛肉に至るまで国全体を完全に支配するようになる、というものだと思います。

そして、穴は牛肉の後に負けたのです。歴史的に磨かれた街だから、その後に負けたんです。そうなんです。それに世論調査では、リビアを掌握するために、実は西ウクライナに侵攻しようとしているという噂もあります。ロシアが許すとは思えません。

ベラルーシ人が西ウクライナに侵攻しようとしているという噂も多い ベラルーシ人が引用しているが、もし本当にロシア人なら、ロシア人はベラルーシ人と協力していることになります。私の考えでは、これが終われば、ロシアがウクライナ全土を完全に支配することになります。そして、彼らはポーランドの前に牛肉をぶら下げ始めると思います。

そして、「なぜViveを欲しがらないんです?本当に欲しいのでしょうか?だったら、私たちに何か提供しなさい、そうすれば、あなたの欲しいものをあげますよ。なぜなら、Viveはポーランドにとって歴史的に重要な都市だからです。そう、ポーランドの国家は200km西にずれた平行四辺形であることを思い出してください。

ルイビルはポーランドの一部で、歴史的に、そこには極点がある、つまりポーランド民族がいるんです。だから、極地の人たちはそれを強く望んでいるはずです。なぜなら、ヨーロッパ、EU、特にドイツは、ポーランドに対して非常に愚かな行動をとり、不必要に敵対しているからです。

ポーランドは自国の通貨を持っているので、比較的容易にEUから離脱することができるでしょう。東部と南部のウクライナは、私がいるハリコフを中心とする東部南部ウクライナと同じように、ヨーロッパで大きな流動が起こるでしょう。ルガンスク・ドネツク、オデッサに至るまで、新しい世論調査のクロワッサンです。

それがやがて新しい国、新しい傀儡国家、小さな国家になると思うのです。そして、それはノボロシヤと呼ばれることになるでしょう。ロシアに加盟することはないと思いますし、加盟するかもしれませんが、それは将来の話です。しかし、私はこの国は分離されるだろうと考えています。

そして、将来のウクライナは、キエフを首都として、今の3分の1程度の大きさになり、非武装中立国家になるのではないかと考えています。

Gonzalo Lira 47:01

そして私は率直に言って、もしこの分割が実行され、現在のウクライナがいくつかの断片に切り分けられるとしたら。20-30年には、これらの断片はすべて、経済的、社会的、文化的に、あらゆる点でずっと良い状態になっているかもしれないのです。しかし、もちろん、今の人たちは20年30年先を見据えているわけではありません。彼らは今ここを見ているのです。

そして、彼らはそれを望んでいないのです。ですから、多くの戦闘が起こるでしょう。しかし、NATOは何をしたいのか、ロシアと実際に軍事的に交戦することをあきらめたと私は思います。

なぜなら、NATO軍の司令官やアメリカ軍の司令官はロシアを恐れていると思いますし、そうなるには十分な理由があります。ロシアは彼らを打ち負かすでしょうから。面白いことに、ロシアは、つまりアメリカはロシアと戦争ゲームをしてきたのです。東欧では毎回、ロシアが一貫して彼らを倒しています。

彼らは軍事的に勝つために必要なものを持ち、政治的な意志と士気を持っているのです。ところで、今回の制裁は、国内ではプーチンを政治的に助けただけです。そう、今や彼はこの戦争で人口の75%以上を支持しているのだから。特にこれらのビデオでは…カラスのナチスと呼ばれる連中が…ロマ人を殴っていますね

ロシア系住民にフェイスペイントを施し、緑色に塗って街灯に縛り付け、殴るんです。ロシア人は鬼だ、オークだと言って、緑色に塗るんです。

本当に卑劣な連中で、ロシアの人たちは怒っています。西側諸国では、クレムリンの将軍がプーチンを打倒するという狂った考えを持っています。そんなの正気の沙汰じゃない。正気じゃない。ええ、バカバカしいなんてもんじゃない。あなたはどうなんです?この惑星に住んでるのでしょうか?それとも別の現実?馬鹿げている。

Ingrid Carlqvist 49:10

ウクライナの人たちはどうなんでしょう……本当に同情します。彼らはゼレンスキーのたわごとを 信じているのでしょうか?彼は彼が置く上に勝つことができることをバットマンです?そして、あなたがそれを見ているように、彼らの感情は何ですか?

Gonzalo Lira 49:26

まあ、ごく自然に、彼らは非常に、非常に民族主義的です。自分の国が攻撃されれば、もちろん、とてもナショナリスティックになり、侵略してくる国にとても反発します。正直なところ、多くの人々が、私がこのような見解を述べたことに非常に腹を立てています。

私はウクライナの人々、ウクライナという国に多大な愛着を持っています。私はこの国を何度も横断してきました。オートバイに乗ってね。ヴァイヴ、キエフ、ポルタヴァ、あちこちの小さな町、どこにでも行ったよ。だから、ロシア語もウクライナ語も話せないけど、それなりの感覚はつかめたよ。

彼らは素敵な人たちです。いろいろな意味で、素晴らしい、素晴らしい人たちです。ロシア人に似ていますが、もっとソフトで、もっと融和的で、もっと人間味のある人たちです。

そうではないかもしれません。それほど堅苦しくはありません。私は何も持っていませんが、その違いはドイツ人とオーストリア人の違いと同じで、ドイツ人はより硬い。オーストリア人は同じ文化圏しかし、よりソフトです。同じ文化で、よりソフトです。

Maria Celander 50:43

アメリカ人とカナダ人のように、一緒に行くのかもしれません。

Gonzalo Lira 50:46

はい、その通りです。その通りです。その通りです。私の感覚では、無駄な死を防ぎたいんです。それが私の優先事項です。非現実的で、勝ち目のない戦争に自分の側が勝てると思っている場合、心の中に希望を持っていることになり、希望は素晴らしいものです。希望は素晴らしいものですが、それは現実主義に付随するものでなければなりません。

そう、そして、すべてのプロパガンダが、多くの若者、ウクライナの多くの若い兵士たちに、死につながるだけの行動をとるように仕向けたのだと思います、なぜなら、勝つ可能性があるという誤った信念を持っているからです。

そして、大人になってからの辛く苦しい教訓のひとつは、女性の皆さんも同意してくださると思いますが、自分の限界を認識しなければならないということです。どんな望みでも。しかし、それが不可能であることを認識しなければならないのです。それは、可能性の範囲内ではないのです。そして、それを受け入れるのは辛いことですが、生きていくためには必要なことなのです。

このプロパガンダやナンセンスな話、偉大なるゼレンスキーはコカイン中毒者だそうですが、彼はただのコカイン中毒者なんですね。でもこれは本当なんです。空っぽの、とても素晴らしい、そして我々が勝つんだ、というようなことです。若い人たち、若い兵士たちが無駄に死ぬことになります。ウクライナの若者の花が無駄に殺されることになります。

これ以上の運命はないでしょう。そうでしょう?さらに、これまでに600万人ものウクライナ人が国外に流出しています。この人たちは最も教育を受けた人たちで、国外に出るだけの経済的余裕があるからです。そのうちの30%、つまり200万人近いウクライナ人が二度と戻ってこないと考えることもできます。

これは人的資本の損失です。かけがえのないものです。ですから、事態がどう転んだとしても、ウクライナは決して同じにはならないでしょう。仮に魔法使いが杖を振ってロシアを完全に追い出したとしても ウクライナは永遠になくなります。もう二度と戻ってきません。

それは悲劇です。ウクライナの人々にとっては悲劇です。それが、この状況に対する私の考えです。この素晴らしい国の破壊を目の当たりにして、なぜ満足感が得られないのか、非常に悲しくなります。しかし、もちろん、非難されるべきは西側勢力であるように思います。

彼らはウクライナを冷笑的に利用し、冷笑的にウクライナを煽って、ドンバスに侵攻しようとするような愚かなことをさせたのです。ロシアと敵対するという意味では、ウクライナとロシアが互いに利益を得られるような合意をロシアと結ぶことは、とても簡単だったでしょう。

そして、ウクライナは継続し、豊かな国になったことでしょう。しかし、西側は、プーチンを嫌っている深刻な問題があります。90年代、プーチンが権力を握ったとき、多分9,彼は西側勢力によって侵害されている国を受け継いだのです。

彼らは自分たちのやり方を貫くために、腐敗したオリガルヒを使って、左、右、中央のすべてを盗んでいたのです。彼らはただ盗み、破壊していたのです。プーチンは、非常に広範な手段で、忍耐強く、計画的に、ロシアから西側の金融強姦者たちを追い出しました。また、人々は気づいていないようですが、悪徳オリガルヒも追放しました。

現在、他のオリガルヒもいますが、彼らはロシアでお金を再投資しているロシアのオリガルヒです。面白いことに、アブラモビッチなどのロシアのオリガルヒに対する制裁は、この人たち全員がロシアを去り、ロシアに戻っても歓迎されないのです。

彼らは金持ちで、ロシアに土地や工場を所有していますが、ロシアでは歓迎されません。ロシアのプーチン政権は、私は一度も盗んだことがないと明言しています。

Gonzalo Lira 55:09

彼らの資産。さて、彼らはあなたをねじ伏せてはいませんが、あなたのものを盗むつもりはありません。なぜなら、彼らはそのような前例を作ることは災いのもとであると考えるからです。私もそう思います。しかし、ウクライナを見ると、ロシアで発生した悪質な金銭的強奪が、ウクライナでも発生していたのです。

そして、それはクリミアでも続いていたのです。ウクライナにはプーチンのような人物がおらず、彼はゆっくりと計画的にその政権を終わらせ、より腐敗の少ない政権を作り上げました。ロシアはウクライナよりはるかに腐敗していません。ウクライナは非常に腐敗していますが、今はロシアの方がはるかに繁栄している状況だからです。

ウクライナは一人当たりでは、ヨーロッパで最も貧しい国の一つです。ウクライナは、プーチンが90年代にロシアを好き放題にした西洋の強欲な資本主義をゆっくり、計画的に排除し始めなければ、ロシアがどうなっていたかということです。ロシアが、プーチンが、こうした人々を追放したことが、こうした人々の彼らに対する憎しみを生んだのです。これはもう、精神病ですよ。それが私たちの置かれている状況です

Maria Celander 56:27

この戦争がいつまで続くかについて、何かお考えがあればお聞かせください。

Gonzalo Lira 56:41

私はそう願っていますが、非常に間違っているかもしれません。しかし、私は4月末までに終わってほしいと願っています。そうですね、今のところそう考えています。もちろん、NATOが干渉しないことが前提です。今、NATOはウクライナに武器を持ち込もうとしています。引用符で囲まれたレジスタンスを助けるために。

そしてまた、噂もあります。これは噂です。ゼレンスキーはもうウクライナにはおらず、ポーランドにいるという噂です。私たちにはわかりません。しかし、これは噂です。

そして、非常に説得力のある証拠、様々な写真を提示して、ああ、これを見てください、この電灯のスイッチを見てください、と言っている人たちがいます。これはポーランドのもので、ウクライナのものではありません。

しかし、私たちは、驚くべき主張には驚くべき証拠が必要です、だから、私はそのことを我慢する、と言っています。しかし、彼がポーランドにいるかもしれないという考え方は、しかし、言い換えれば、政府が崩壊して、ゼレンスキーが西のポーランドに逃げて、亡命政府を立ち上げるという考え方は、それはそれでありそうなことで、そのための条件は既にアメリカは整えています。ロシアがウクライナで実施するであろう政府に常に挑戦する亡命政府を立ち上げる仕組みを既に整えている、と私は思っています。

しかし、私は現実問題として、それが重要な意味を持つとは思っていません。なぜなら、ほら、そこにいることが半分の戦いになるからでしょう?所有することは、所有のより良い部分であるとか、そんな感じでしょう。ロシアはウクライナを所有し、勝ち取るつもりです。

そして、彼らは私がウクライナに武器を持ち込むことを許さないでしょう。なぜなら、ロシア人は人的諜報活動に非常に長けているからです。傭兵や外国人志願兵の拠点や武器庫をミサイルで攻撃する限り、多くのことが起こっています。一昨日の日曜日には、牛肉の郊外にある倉庫を攻撃し、一発で4億ドルの兵器を破壊しました。

ロシアはそれが得意なのです。ウクライナの社会について、スコット・リッターはアメリカの海兵隊員、軍事アナリストとして何度か言及していますが、ウクライナの社会構成はずっとコスモポリタンだと言っています。そのため、ある種のレジスタンス運動が起こる可能性は非常に低く、そのようなレジスタンス運動は、戦闘員がすべて家族で、何十年もお互いを知っているような原始的な社会と比べると、ロシアによってはるかに妥協しやすくなるからです。

ですから、ウクライナでそのようなレジスタンス運動が起ころうとしても、ロシアはそれを突き破って、基本的に内部から無力化することができるでしょう。つまり、アイザウル大隊のリーダーの一人が、実はFs BHのことだったということが明らかになってきているんですね。彼は、私が今聞いている言葉では、大丈夫です。

つまり、これは戦争の霧なんです。だから、完全に間違っている可能性があります。ただ、私が言いたいのは、ロシア人はクローズドサークルを突き破る妥協がとても上手だということです。だから、この状況で、どんな抵抗があっても、それをやり遂げるという考え方は、非常に可能性が高いと思います。

つまり、私は、ロシアはウクライナを解体すると思っているのですが、どうでしょう?つまり、こういう言い方をしましょう。半年もすれば、いずれにせよ、この問題は解決するでしょう。私たちが注目すべき大きな問題は、中国に対する制裁がエスカレートしていることだと思います。

視聴者に残すには良い崖っぷちだと思います。インドが中国に反発していますね。アメリカはそれを続け、ロシアのような事態を招きそうです。しかし、それは中国になり、西側にとってより大きなダメージとなるでしょう。

Ingrid Carlqvist 1:01:18

あのね、私が持っているよりも多くの質問がありましたが、私たちは今これを停止する必要があります。そして多分、多分サラに行く 我々は再びそれを行うことができます。1週間かそこら。

Gonzalo Lira 1:01:26

ええ、それは素敵なことでしょう。私は、私は意味、もしあなたが親切な女性は私が狂人のようにわめき散らすことを気にしないのですか?もちろんです。

Maria Celander 1:01:35

全然構いませんよ、しっかりわめき続けてください。私たちは聞くのが大好きです。だから、それはあなたが今、安全に滞在する必要があるということではありません。そして、そして、ホッケーの中であなたの状況が少し不安定であることは知っています。

Gonzalo Lira 1:01:51

知らない視聴者のために、私が抱えている問題は、これらのイベントの政権は、任意の反体制派に激怒していることです。彼らは暗殺しました。ラ・ミナという1万8千人の町の市長、ヴォロディミル・ストロックというイギリス人市長は暗殺されました。戦争が始まるとすぐに、ゼレンスキー政権が抱えていた交渉役の一人が暗殺されました。5月の戦闘員たちです。

つまり、彼らは昨日、ティクトクさえも暗殺したのです。知恵の輪よりビデオ告白をさせられ、今日、死んだということです。それで何が起こったかというと、このゼレンスキー政権のチンピラたちが私に興味を持ったようなのです。

それで、私の状況は少し不安定です。しかし、それはそれでいいんです。私はもう大人だ。自分の面倒は自分で見れます、だから大したことじゃないんです。でもね、この状況はとても複雑なんです。こう言ってはどうでしょう。

Ingrid Carlqvist 1:02:53

それは行くでしょう。私はちょうどゼレンスキーが明日スウェーデンの議会で演説していることをお伝えしたいです。

Gonzalo Lira 1:03:03

まあ、ええ、つまり、あなたの国会が、その、彼の話を他でするように言ってくれることを望みます、だって、それは嘘の塊なんですから。完全に嘘の塊なんだから。ということなんでしょうけど。

Maria Celander 1:03:15

議会でもイスラエル以外の場所でもそうだったようにスタンディングオベーションを受けると思います。それはあまりうまくいかありませんでした。私の知る限りでは。

Gonzalo Lira 1:03:25

ええ、あまりうまくいきませんでしたね。面白いのは、誰もが彼にスタンディングオベーションをするのですが、彼に真の兵士を与えないということです。なぜなら、私たちはこの事態が拡大することを望んでいないからです。

これこそ何としても阻止したいことです。なぜなら、もし拡大したら、何世紀もかけて築いてきた西洋やすべてが危険にさらされることになるからです。それは絶対に許してはならないことなのです。それが私の考えです。

Maria Celander 1:03:49

私も同意見です。Gonzaloをよろしくお願いします!また近いうちにお話しましょう。助けてあげてね。

Gonzalo Lira 1:03:56

ええ、それは素敵なマリア、イングリッド、あなたが世話をし、あなたの聴衆にされています。聞いてくださってありがとうございました、また次回お会いしましょう。

Maria Celander 1:04:04

神に感謝します。そして、神のご加護を。神のご加護を。さようなら。ありがとうございました。さようなら

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました