アンチウォードットコム

「正当化ではなく挑発」チョムスキーが語るロシア・ウクライナ戦争の根本原因
‘Not a Justification but a Provocation’: Chomsky on the Root Causes of the Russia Ukraine War

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

original.antiwar.com/ramzy-baroud/2022/06/30/not-a-justification-but-a-provocation-chomsky-on-the-root-causes-of-the-russia-ukraine-war/

by ラムジー・バラウド 投稿日: 2022年07月01日

ロシアのメディアが西側で完全にブロックされている理由の一つは、ウクライナ戦争の物語に対する前例のない統制と検閲とともに、西側政府が単に世界が大きく変化していることを国民に知られたくないという事実である。

無知は至福の時かもしれないが、この場合は違う。欧米の視聴者は、自分たちに大きな影響を与え、今後何世代にもわたって世界の地政学に影響を与えるであろう危機的状況についての情報を得ることができないのだから、無知は破滅的なものになりうるのだ。

増大するインフレ、差し迫る世界同時不況、深刻化する難民問題、深刻化する食糧不足危機など、ウクライナ情勢、NATOとロシアの対立、進行中の戦争における欧米の責任などに関して、オープンで透明性のある議論が必要な課題である。

これらの問題を、ロシア・ウクライナ戦争に欠けている文脈とともに議論するために、私たちは、現代に生きる最も偉大な知識人と考えられているノーム・チョムスキー教授に話を聞いた。

チョムスキー教授は、「(ロシアの)ウクライナ侵攻には(道徳的)正当性がないことは明らかであろう」と語った。彼はそれをアメリカのイラク侵略と比較し、「最高の国際犯罪 」の例と見ている。この道徳的な問題を解決した上で、チョムスキーは、この戦争の主な 「背景」、つまり主要メディアの報道に欠けている要因は、「NATOの拡大」だと考えている。

「これは私だけの意見ではない 」とチョムスキーは言う。「ロシアと東欧に少しでも詳しい米国の高位外交官たちの意見である 」と。「これは、ジョージ・ケナン、1990年代にはレーガンのジャック・マトロック大使、そして現在のCIA長官までさかのぼる。実際、何かを知っている人なら誰でも、ロシアの非常に明確で明白なレッドラインを無視するのは無謀で挑発的だとワシントンに警告してきた。これはプーチンよりずっと前のことで、彼とは何の関係もない。ミハイル・ゴルバチョフも皆、同じことを言っていた。ウクライナとグルジアはNATOに加盟できない。ここはロシアの地政学的中心地なのだ」。

アメリカの様々な政権がロシアのレッドラインを認め、ある程度は尊重していたものの、ビル・クリントン政権はそうしなかった。チョムスキーによれば、「ジョージ・H・W・ブッシュはゴルバチョフに、NATOは東ドイツより先には拡大しないと明確に約束したの。文書を調べればわかる。とても明確だ。ブッシュはそれを守った。しかし、クリントンが登場すると、彼はそれを破り始めた。そして彼は理由を述べた。国内政治的な理由でそうせざるを得なかったと説明した。ポーランド票、民族票を獲得する必要があったのである。そこで彼は、いわゆるヴィシェグラード諸国をNATOに加盟させることにした。ロシアはそれを受け入れ、好きではなかったが受け入れた」。

「2代目ジョージ・ブッシュは、ドアを大きく開けた」 とチョムスキーは主張した。実際、彼自身の小さな徒党、チェイニー、ラムズフェルド(その他)は別として、トップの外交官全員が反対したにもかかわらず、ウクライナに参加するよう誘った。しかし、フランスとドイツは拒否権を行使した。

しかし、それで議論が終わったとは言い難い。ウクライナのNATO加盟が議題に残ったのは、ワシントンからの強い圧力があったからだ。

「マイダン蜂起後の2014年から、米国はウクライナをNATO軍事司令部に統合する動きを公然と始め、重武装を送り、軍事演習、軍事訓練に参加し、それは秘密ではなかった。それは秘密でもなんでもなく、彼らはそれを自慢していた」とチョムスキー氏は言う。

興味深いのは、現在のウクライナ大統領ヴォロディミル・ゼレンスキーが、「ミンスク2」と呼ばれる東部地域の自治を実施するために、平和を掲げて選出された人物である。彼はそれを実行に移そうとした。右翼の民兵から、しつこいようなら殺すぞと警告された。彼はアメリカから支援を受けられなかった。もし米国が彼を支援していたら、彼は続けることができただろうし、このような事態は避けられたかもしれない。米国はウクライナのNATOへの統合に尽力していたのだ。

ジョー・バイデン政権は、NATO拡大政策を継承した。「侵攻の直前に、バイデンは共同声明を出し、統合の努力を拡大するよう呼びかけた」と、チョムスキーは言う。「それは、NATOの任務につながる 「強化プログラム 」と呼ばれるものの一部だ。11月には、国務長官が署名した憲章に進められた。」

戦後まもなく、「米国省は、ロシアとの話し合いの中で、ロシアの安全保障上の懸念を考慮していなかったことを認めた。NATOの問題は、彼らは議論しないだろう。まあ、すべて挑発だ。アメリカの言説では、この侵略を「ウクライナへのいわれのない侵略」と呼ぶことがほとんど義務づけられているのは、非常に興味深いことだ。Googleで調べると、何十万件もヒットするだろう。」

チョムスキーは続けて、「もちろん、それは挑発されたものだ。そうでなければ、いつもunprovoked invasion(いわれのない侵略)とは言わないだろう」と続けた。米国における検閲は、私が生きている間に経験したことのないようなレベルにまで達している。ロシアの立場を読むことが許されないようなレベルだ。文字通りの意味だ。アメリカ人はロシア人が何を言っているのか知ることは許されない。ただし、特定の事柄は別だ。であるから、もしプーチンがロシア人に向けて、ピョートル大帝などに関するあらゆる突飛な主張を演説したら、それを一面トップで見ることになる。ロシア側が交渉の申し入れをしたとしても、それを見つけることはできない。それは弾圧されている。彼らが何を言っているのか知ることは許されないのである。こんなレベルの検閲は見たことがない。」

今後起こりうるシナリオについての見解について、チョムスキー氏は「戦争は、外交によって終わるか、終わらないか、どちらかだ。それは単なる論理だ。まあ、外交に意味があるとすれば、双方がそれを容認するということだ。嫌だけど、我慢できる。欲しいものは手に入らないが、何かは手に入る。それが外交だ。外交を拒否するということは、「ウクライナを破壊し尽くし、恐怖に満ちた戦争を続けさせ、自分たちの望むものを手に入れるまで続けさせよう」といっていることになる」。

チョムスキーが言う「私たち」とは、単に「ロシアをひどく傷つけて、二度とこのような行動をとれなくすることを望むワシントンのことだ。さて、それはどういう意味だろうか。それは実現不可能なことだ。つまり、ウクライナを荒廃させるまで戦争を続けようということだ。それがアメリカの政策だ」

「このほとんどが西側の聴衆にはわからないのは、単に合理的な声が「語られない」からであり、「合理性が許されない」からである。これは、私がよく覚えている第二次世界大戦のときでさえ、見たことがないレベルのヒステリーである」。

ウクライナの壊滅的な戦争に対する別の理解が許されない一方で、西側諸国はまともな答えも達成可能な目標も提示せず、ウクライナは荒廃し、問題の根本原因もそのまま放置され続けているのだ。「それが米国の政策だ」。

(ノーム・チョムスキー氏へのインタビューは、イタリアのジャーナリスト、ロマーナ・ルベオ氏との共同作業で行われた。)

 

ラムジー・バラウド:ジャーナリスト、The Palestine Chronicle編集長。著書は6冊。最新作は、イラン・パペとの共編著『Our Vision for Liberation』。イラン・パペとの共著に『Our Vision for Liberation: The Engaged Palestinian Leaders and Intellectuals Speak out』がある。Center for Islam and Global Affairs (CIGA)の非居住者上級研究員。彼のウェブサイトはwww.ramzybaroud.net。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました