『キッシンジャー』国務長官の秘密
Kissinger: The Secret Side of the Secretary of State

強調オフ

CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪新世界秩序・多極化

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Kissinger: The Secret Side of the Secretary of State

archive.org/details/fourgaryallenbooks/Allen%2C%20Gary%20-%20Kissinger%2C%20the%20Secret%20Side%20of%20the%20Secretary%20of%20State/

第1章

FBIが、米国内には少なくとも15,000人のテロリストが活動しており、その多くは外国勢力から供給され指示されたものでないにせよ、公然と奨励されていると報告している一方で、米国は、わが国の安全保障に対するこのような攻撃を調査する役割を担う主要な政府機関をすべて解体するか、手錠をかけるかしていた。

本書は、羊を守る仕事を託されたもう一人の狼かもしれない一人の男の物語である。本書は、米国政府内のどの人物よりも、先に要約したような政策の主な立案者であり、弁明者であった人物の物語である。ヘンリー・A・キッシンジャー現国務長官の記録である。

この人物と神話を守るために築かれた虚偽と欺瞞のマントを突き破れば、キッシンジャー博士が何度も意図的に議会とアメリカ国民を欺いてきたことがわかるだろう。

浜辺のガリバー

アメリカは、盛大なファンファーレとともに200周年記念の年を迎えた。しかし、テレビが提供する星条旗のような華やかさも、政治家から溢れ出る口当たりの悪いお喋りも、厳しい現実を隠すことはできなかった: アメリカは自由世界のリーダーとして失格だ。米国は自由世界のリーダーとして失格だ。世界の共産主義運動によって、出し抜かれ、出し抜かれ、出し抜かれている。

1960年当時、ソビエト連邦に対して80%もの戦略的軍事的優位を誇っていた国が、16年後には2位に甘んじている。ヨーロッパと日本を戦後復興へと導いた国自体が、インフレ、不況、失業で荒廃していた。

戦争に負けたことのない国民は、何千人もの命と何十億ドルもの資金が地球の裏側の紛争に投じられるのをなすすべもなく見ていた。5万人のアメリカ人の命が失われた後、見せかけの「和平」が取り決められ、3カ月以内に3つの旧同盟国が共産主義者の手に握られた。

タイ、ビルマ、マレーシアで赤の反乱が勃発し、フィリピンは共産主義の中国と仲直りすることを決め、北朝鮮は再び南を侵略すると脅し、シンガポール、マレーシア、日本、そしてオーストラリアでさえ、太平洋におけるアメリカのプレゼンスがどこまで当てになるのか、声を大にして考えた。

アメリカはすでに中国本土に「門戸を開いて」いた。中国本土の指導者たちは、疑いなく人類史上最も血なまぐさい大量殺人者たちである。紅い中国は、西側諸国に対して微笑みながらおだやかな外交を行い、その一方で世界最大の麻薬密売国としての役割を果たしていた。

ヨーロッパでは、崩壊しつつあった北大西洋条約機構(NATO)が不和に見舞われ、ワルシャワ条約機構の軍事同盟に劣勢を強いられていた。ポルトガルではマルクス主義者が権力を掌握し、ギリシャの新政権は断続的に米国と敵対し、フランスとイタリアでは共産党の勢力が史上最高を記録し、地中海はロシア艦隊に徹底的に支配されていた。

中東では、「和平」条約が来るべきもっと大きな戦争の種をまき、スエズ運河は共産主義者の船には開放されたが、アメリカ海軍の船には拒否され、ロシアの「アドバイザー」が何万人もアフリカに進出していた。ソビエトの鋭い突進のたびに、アメリカは無気力で無力な対応に終始した。

赤い中国が18回目の核実験を報告している間に、ソ連の原子力潜水艦はキューバから運用を開始し、ロシアの艦船は太平洋で貧弱なアメリカ艦隊と猫とネズミを演じ、ソ連の巨大な漁船団はアメリカの漁業を廃業に追い込む寸前まで追い詰めた。

わが国の半球では、デタントにしびれを切らした交渉担当者たちが、共産主義国キューバに対する米国の検疫を解除するための工作を行うと同時に、議会に真っ向から反抗してパナマ運河の譲渡を画策していた。

共産主義世界がより強力に、より大胆になるにつれて、アメリカの先端技術や洗練された機器を赤のブロックに全面的に贈与することが、アメリカの公式方針となった。米国が二桁のインフレに見舞われる中、政府は密かに交渉し、数百万ドル相当の食料品を共産主義者に信用供与した。エネルギー危機が深刻化する一方で、我々の奇妙な政策は、外国からの輸入価格を上昇させる一方で、アメリカの石油生産を制限するという二重の効果をもたらした。

国内では、議会や通信メディアは、この国で共産主義者の破壊活動やテロが明らかに拡大していることではなく、自国の安全保障機関がもたらす危険性に疑問を呈していた。FBIは、少なくとも1万5千人のテロリストが米国内で活動しており、その多くは外国勢力から供給され、指示されているのではないにせよ、公然と奨励されていると報告していたが、米国は、このような安全保障に対する攻撃を調査する役割を担う主要な政府機関をすべて解体するか、手錠をかけるかしていた。

アメリカの納税者は、マルクス主義の独裁国家と「第三世界」の全体主義者たちによって支配されている国際連合にかかる費用の大部分を払い続けた。アメリカ国民は、この寄生虫のような連合体によって、事実上毎日のように虐待され、しばしば石器時代の部族に通常見られるような獣性的で野蛮な行為を行っている加盟国の「政府」によって虐待された。そして、米国がようやく(少なくとも口先では)それなりのことをする大使を任命したとき、彼は国務省からほとんど支援を受けず、多くの批判を受けたため、嫌気がさして辞めてしまった。

客観的な観察者には、アメリカの指導者たちはアリスに続いてガラス越しに旅をしたように見えたに違いない。あるいは、集団的な狂気がニューヨークとワシントンを同時に襲ったのかもしれない。挫折と驚き、過ちと誤算、悲惨な失策と屈辱的な敗北がこれほどまでに絡み合ったことを、他にどう説明すればいいのだろうか。

この破滅的な外交政策は、1968年と1972年に「保守的で実業家の大統領」と称賛された人物に圧倒的多数を与えたとき、多くのアメリカ人が期待していたものだったのだろうか?

そうではないだろう

アメリカ人の過半数が赤キューバの承認に賛成しているのだろうか?パナマ運河を放棄することに賛成なのだろうか?ソビエトへの一方的な小麦取引や技術供与に賛成なのだろうか?ソ連の対米レンドリース債務を帳消しにし、何十億ドルもの他の借款を忘れることに賛成なのだろうか?米国が世界情勢における役割を縮小し、同盟国や自国の自由を守ることのできない二流の大国になることを受け入れるというのだろうか?もちろん、そんなことはない!

明白な真実は、上記の情報で武装したアメリカ人の大多数が、こうした政策決定に反対するだろうということだ。この政治的事実は1976年の選挙戦のレトリックに反映され、政権はパナマ・ギブアップやデタントの結果といった不快なテーマを後回しにした。

子供の頃、私たちは『ガリバー旅行記』で、小柄なリリパット人が経営する島に漂着した普通の大きさのガリバーが、小さな宿主に捕らえられ、縛り付けられたことを読んだ。しかし、ガリバーはリリパット人の言いなりになっていた。彼は眠っている間に、何千本もの小さな糸で縛られていた。一本一本は断ち切ることができたが、その積み重ねがガリバーを完全に敵の支配下に置いたのだ。

今日のアメリカも、洒落を許してもらえるなら、同じような状態にある。

この世界の巨人は、人類史上最大の生産力を持ち、驚異的な防衛力と攻撃力を持っているが、一見果てしなく続く孤立した行為の数々によって身動きが取れなくなっている。しかし、すべての協定、合意、条約、合意の正味の効果は、ガリバーが肉体的に劣る捕虜に押さえつけられたのと同じように、アメリカの力を麻痺させることである。

本書の根底にあるのは、米国に起きたこと、そして今も起き続けていること–敵を支援し強化する政策を追求する一方で、米国が信じられないほど一方的に弱体化していること–は、単なる偶然の結果ではないという確信である。

私たちは、今日世界で起きていることの多くは、陰謀というたったひとつの恐ろしい言葉で説明できると信じている。この筋書きの基本的な概要、歴史的背景、そして最も重要な主人公たちの現在の目的については、著者が過去2作(『陰謀と呼ばれる勇気はない』と『ロックフェラー・ファイル』)で論じている。

たしかに、道徳的で知的に誠実な人間であれば、グローバリズムや世界政府の発展、緊張緩和の必要性、「理解の架け橋」、そしてそれに類するスローガンを信じることは可能だと信じている。また、そのような政策を推進する人たちの大多数は、誠実で善意ある人たちだと信じている。彼らが自分たちのしていることが全人類のためになると本当に信じているという説明も受け入れることができる。

しかし….だからといって、彼らが正しいということにはならない。あるいは、彼らの片隅にいる全員が本当に誠実であるということでもない。アルジャー・ヒスは、彼を知るすべてのリベラル派に、自分も同情的な羊の一匹にすぎないと信じ込ませることに成功した。彼の友人たちは、世の中には本物のオオカミがいることを忘れていた。

本書は、羊を守る仕事を託された、もう一人の狼かもしれないと信じる一人の男の記録である。本書は、アメリカ政府内部のどの人物よりも、先に要約したような政策の主な立案者であり弁明者である人物の物語である。ヘンリー・A・キッシンジャー現国務長官の記録である。

記録の各部を検証していくと、その告発が恐ろしいものであることがわかるだろう。これは、貧しい移民の少年が権力と名声にのし上がったというホレイショ・アルジャーの物語ではない。これは、記録を冷徹に見つめるものである。

端的に言えば、私たちは、キッシンジャー博士がわが国の政府で権力のある地位を占め続けていることは、この共和国にとって明白な現在進行形の危険であると考えている。キッシンジャー博士という人物と神話を守るために築かれた虚偽と欺瞞のマントを突き破れば、キッシンジャー博士が何度も意図的に議会と米国民を欺いてきたことがわかるだろう。

おそらく、共産主義情報網からの少なくとも一人の亡命者が告発しているように、キッシンジャーが共産圏に好意的な政策をとってきたのは、彼が共産圏のために働いているからだという可能性もある!

ヘンリー・A・キッシンジャーは、新世界秩序のために働く陰謀組織の意識的で意志的なエージェントなのだろうか?それとも、見栄っ張りで、優秀で、ひねくれたインテリなのだろうか?もしかしたら、彼はその両方なのかもしれない。

ひとつ確かなことがある: キッシンジャー博士は、ホワイトハウスの表向きの上司や、彼が仕えると称するアメリカ国民よりも、ロックフェラー家の世界を闊歩する利益にはるかに忠誠を誓ってきた。(そして、アメリカ人、そしてアメリカの最善の利益は、決してロックフェラー家のグランドデザインと同義ではないのだ!)。

今日の問題は、彼が誰に仕えているかではなく(この問題は極めて重要だが)、彼が何をしたかである。それがこの研究の主題であり、唯一の主題である。我々は秘密文書や機密情報などには一切アクセスできない。本書に書かれていることはすべて公文書からの引用である。この後のページには、目新しいことはほとんどないが、衝撃的なことがたくさんある。

私たちは、この告発があなたを怒らせることを願っている。考えさせられる。そして行動してほしい。この自由の国の未来は、現在の悲惨な進路を変えられるかどうか、そしてどれだけ早く変えられるかにかかっていると、私たちは信じているからだ。

第2章

結局のところ、ヘンリー・キッシンジャーとは何者なのか?そもそも彼はヘンリー・キッシンジャーではない。彼は1923年5月27日、ドイツのフエルトで、学校教師でラビでもあったルイス・キッシンジャーと元ポーラ・スターンの息子として、ハインツ・アルフレッド・キッシンジャーとして生まれた。ナチズムの台頭を感じていた多くのユダヤ人家族と同様、キッシンジャー一家は1938年にドイツから米国に亡命した。

[疑問: 母親のポーラ・スターンは、イスラエルで有名なテロリスト 「スターン・ギャング」と何らかの関係があったのか?1938年、一家はどのようにして「ガス室」から逃れたのか?その5年前の1933年8月、ドイツに対する聖戦を宣言するABC放送の中で、サミュエル・ウンターマイヤーはこう叫んだ: 「ドイツにいる60万人のユダヤ人を救わねばならない」と叫んだ。ウンターマイヤーによれば、当時ドイツにいたユダヤ人の数は600万人ではなく60万人であり、ヒトラーが大統領に就任するとほぼ同時に、彼らはドイツを去り始めていた。- JP}

大統領顧問として、そして後に退任する大統領の国務長官として、ヘンリー・キッシンジャーは次のことを行った: 断続的な中東戦争を見事に処理した。. .

キッシンジャーはソビエトとアメリカの代表として中東交渉に臨んだ。

ヘンリー・ザ・Kは、ロックフェラー一族の「グランド・デザイン」をホワイトハウスに持ち込もうとする、まさにロックフェラーの代理人に他ならなかった。

彼は「権力は究極の媚薬だ」と言い、『ニューヨーク・タイムズ』誌に「違法なことはすぐにやるが、違憲なことは少し時間がかかる」と冗談を言った人物である。

(情報収集や尋問を行っていたこの時期に、キッシンジャー自身がKGBにスカウトされ、ボルというコードネームを与えられたと、ある亡命共産主義者の二重スパイは主張している。これについては第11章で詳しく述べる)

1971年の大改革で、ニクソンはCIA長官、司法長官、国務次官、国防副長官、統合参謀本部議長が今後報告する特別委員会を設置した。

戦略委員会の委員長は……驚いた!– ヘンリー・ザ・Kだった。

彼は、国務省、国防総省、中央情報局から大統領に届くあらゆる情報をコントロールしていた。

神話の背後にいる男

ニクソン大統領がついに副大統領に任命した人物に辞任の決意を告げたとき、ジェラルド・フォードが最初にしたことは、ヘンリー・キッシンジャー国務長官に電話をかけることだった。

1974年8月のことで、王様の馬も王様の部下も、リチャード・ニクソンを元に戻すことはできなかった。ウォーターゲート事件はすでに深く切り込んでおり、大統領顧問、顧問官、選挙運動の責任者、司法長官、そして今度は大統領を転覆させた。

大統領側近の中で唯一無傷だったのは、小太りでクチバシのような鼻をした国務長官だった。

世界の危機を 「解決」するため、常にジェット機で飛び立っていた飛行鞄外交官の王は、「ヘンリー・ザ・K」、「スーパーマン」、「スーパークラウト」など、さまざまな花言葉で呼ばれるようになった。

深いドイツ訛りを持つ、肉体的には何の変哲もないこの外交官は、公の場でゴージャスなスター女優やコネのある社交界の名士と一緒にいるところをよく見かけたが、秘密の–そして大成功した–スウィンガーだと評判だった。

テープと隠蔽工作の網に絡まったリチャード・ニクソンが、その出自が不透明で政治的結末が壊滅的なスキャンダルによって退陣に追い込まれようとしていることが明らかになった後、任命された副大統領が真っ先に頼ったのがこの男であり、神話であった。

キッシンジャーとの会談を要請したのはフォードで、その会談は2時間に及んだと言われている。物腰の柔らかい中西部出身のフォードは、この才気あふれるスーパー外交官に留任するよう説得した。のどが渇いたアラブ人にスノーコーンを売りつけるのと同じくらい難しいセールスだった。タイムによると、フォードはヘンリーに「君が必要なんだ」とだけ言ったという。とヘンリーは答えた。その後、後継大統領としての最初の公の場で、フォードは、キッシンジャーが留任を承諾したため、共和国はすべてうまくいっていると発表した。

このシナリオは、保守的と言われる中西部の共和党員には奇妙に場違いなものに思えた。結局のところ、フォード副大統領もニクソン大統領も、党内には、そして国民には、「保守的で親ビジネス」の候補者であり役職者であると紹介されていたのだ。しかし1968年、ニクソンの最初の主要人事は、ヘンリー・キッシンジャーを国家安全保障問題担当顧問という重要ポストに据えることだった。

しかし、大統領顧問として、そして後に退任する大統領の国務長官として、ヘンリー・キッシンジャーは次のことを行っていた:

  • 共産中国への「開放」の主要な立役者であり、その一方で、自由中国が設立に貢献した国際連合から中華民国(台湾)を追い出すために水面下で暗躍した。
  • ソビエト連邦との宥和と「和解」のスポークスマンとなり、ソビエト連邦の米国に対する戦略的軍事的優位を保証する政策を推進した。
  • アメリカの最新技術やノウハウをソ連ブロックに提供する一方、ソ連政府がアメリカに負っていた110億ドルの債務を放棄するよう取り計らった。
  • アメリカ産小麦を信じられないほど有利な信用条件でソ連に供給し、その一方で国内ではパンの価格が高騰した。
  • 北ベトナム共産主義者とのベトナム「和平」協定(ノーベル「平和」賞を受賞)を設計した。この協定は、ベトナムにおける共産主義者の勝利を保証するものであり、この国が初めて敗北した戦争となった。
  • 彼の友人であるソ連大使アナトリー・ドブリニンによれば、キッシンジャーはソビエトとアメリカの両方の代表として中東交渉に臨んだという。
  • トルコやギリシャといったアメリカの長年の同盟国を敵に回し、NATOを弱体化させ、ソ連が地中海全域を支配できるようにした。
  • 共産主義キューバとの「和解」政策を促した。キューバは西半球にソ連の衛星を植え付けることに成功し、その後アンゴラで共産主義クーデターを起こすために「志願兵」を送り込んだ。
  • 議会や国民の大反対にもかかわらず、パナマ運河に対するアメリカの主権を放棄しようとし、この重要な水路に対するモスクワに連なるパナマの独裁者の主張を支持した。
  • 反共産主義のローデシアを「世界平和への脅威」としてボイコットすることを支持し、その結果、アメリカはクロム鉱石をソ連に依存するようになった。

キッシンジャーは国家安全保障顧問として、前任者たちが築き上げたものよりはるかに巨大な情報収集・政策決定帝国を作り上げた。彼はニクソンから大きな権限を与えられ、ホワイトハウスで2番目に権力を持つ人物となった。(彼の 「上司」はウォーターゲート事件を生き延びられなかったが、ヘンリーは生き延びた)。

彼は「権力は究極の媚薬だ」と言い、『ニューヨーク・タイムズ』誌で「違法なことはすぐにやるが、違憲なことは少し時間がかかる」と冗談を言った人物だ。

自分の部下を盗聴し、容疑者である報道関係者を盗聴しておきながら、そのことを追及されると、議会もメディアも電話盗聴における自分の役割を無視しなければ辞任すると脅して脅迫した男である。

しかし、『タイム』誌が「世界になくてはならない人物」と呼び、『ニューズウィーク』誌が空飛ぶスーパーマンとして風刺した人物である。

ヘンリーの他のイメージと同様、女たちを虜にする性欲過多の女たらしという評判も、妙に作為的なものに思える。キッシンジャーは最初の妻、アン・フライシャーと結婚するまでの7年間、求愛を続けた。最初の子供が生まれるまでにはさらに10年かかった。政治家としてスターダムにのし上がる前のヘンリーは、スピーディー・ゴンザレスではなかった。

バーバラ・ハウアーがウーマンリブの宣伝者グロリア・スタイネムのために開いたパーティーで、ヘンリーが自分のことを「秘密のスウィンガー」と言ったことについては、さまざまな記述がある。このフレーズはカクテル・サーキットのゴシップ・ラインを席巻し、定着した。ヘンリーはその後、ジル・セント・ジョン、マーロ・トーマス、ホープ・ラング、サマンサ・エッガー、ジュディ・ブラウンらとの写真に撮られるような夜を過ごし、自らを奮い立たせた。後者は『3P』と題されたデンマークのポルノ映画に出演し、18カ月の 「関係」についてリポーターを呼んだことで、彼のドン・ファンとしての評判を高めた。

これらは、アメリカ現代史の中で最も急速な出世を遂げた男のブーラ・ブーラの一部であった。しかし、否定的なコメントは、この中年教授をスーパーマンのセックスシンボルに仕立てた報道陣に圧倒された。

作家のNoel. E.パーメンテルは、アン・フライシャーが「彼を大学院に通わせるために文字通り奴隷のように働いた」後、キッシンジャーが罵声を浴びせたり怒鳴ったりして、彼女を信じられないほどこき使った様子を描写している。キッシンジャーは彼女のニューヨーク訛りを恥じた。結婚生活は15年後に破綻した–ちょうどヘンリーが公的な(そしておそらく私的な)成功を味わい始めた頃だった。

友人や元同僚は、キッシンジャーはアン・フライシャーに対して「公然と残酷な」男であり、自分が不利になると小馬鹿にしたようにすね、自分を助けられない人間は無視する男だったと語っている。

キッシンジャーの元スタッフは彼をこう評した: 「彼は我々をバッファローにした。彼は私たち全員を牛耳り、警備を解除し、財団のブラックボールを手に入れ、大学でボンベを飲み、コベントリーに入れることができる。彼はあらゆる部署にスパイを配置している。彼は恐怖省を動かしている。彼の電話はすべて盗聴され、長い書類を保管している」私の本では、ハンク・キッシンジャーは疑り深く、恐れを抱く人間嫌いで、仕事を維持するために目立たないようにせざるを得ない人々に囲まれている。彼の下で再び働くくらいなら、溝を掘ったほうがましだ」

キッシンジャーの精神については、さらに不吉な評価もある

フィリス・シュラフリーとチェスター・ウォード少将(退役軍人)は、キッシンジャーの行為、悪行、メンタリティに関する徹底的な研究を行った。彼らの800ページに及ぶ分析書『Kissinger on the Couch』は、キッシンジャーは誇大妄想と敗北主義の両方に取り憑かれていると結論付けている。彼らは、彼は権力欲に駆られ、目的を達成するためなら大統領を含む誰に対しても嘘をつく男だと主張している。

ニクソンの元側近チャールズ・W・コルソンは、ウォーターゲート事件の被害者であり、上層部の陰謀についてはっきりと発言した人物だが、ニクソンは1973年12月18日の時点で、キッシンジャーは「時折本当に不安定になる」と話していたと語っている。ハーバード大学の女性職員助手はこう回想している: 「彼は、他の講師たちが陰で笑っているのではないかと恐れているように見えた。もし1962年に適切な精神診断がなされていたら、彼は病気と宣告されていたに違いない」と回想している。もちろん、これはパラノイアの典型的な描写である。

ニクソンが大統領の座を去ろうとしたとき、ジェラルド・フォードが即座に頼ったのは、この奇妙に気まぐれで矛盾に満ちた男だった。

かつて会計士になるのが最高の野望だと語っていたドイツ系移民が、学問的には無名の地位から、ホワイトハウスで2番目に権力のある地位まで、わずか5年の間にどうやって上り詰めたのだろうか?

一見したところ、この現象はリチャード・ニクソンがテープレコーダーをつけっぱなしにしていたのと同じくらい不可解に思える。

『タイム』紙が報じたように、ニクソン大統領がヘンリー・キッシンジャーを学界のオゾンから救い出したと本当に信じていいのだろうか。

超党派党員であるニクソンが、共和党員だと主張したこともないハーバード大教授に「外交政策担当大統領補佐官」に相当する役職を与えたと信じるのは妥当だろうか?ニクソンが、英語もほとんど話せないこの男の天才性に魅了され、政権で最も重要な人事のひとつを与えたと信じるべきか?

そうとも言い切れない。キッシンジャーのジェットコースターのようなキャリアは、ニクソンに安全保障顧問に抜擢された驚きも、ホワイトハウスのどの役人よりも大きな権力を意図的に手に入れたことも、国務長官に任命されたことも、ウォーターゲート事件でニクソンの他の顧問をすべて排除したことも、フォード政権で傑出した地位に就いたことも、何一つ意味をなさない。ヘンリーは東洋の魔女から魔法のガラスの靴を与えられたわけではない。彼にはもっといいものがあったのだ。

ヘンリー・キッシンジャーというペルソナの周囲に築かれたパフューム、マスコミの煽動、マディソン・アベニューのホラ話をすべて取り払えば、ひとつの紛れもない事実が浮かび上がってくる: ヘンリー・キッシンジャーは現在も、そしてその政治家としての全生涯を通じて、アメリカ政界で最も強大な権力、資金、影響力を持つ複合体の代理人であった: ロックフェラー家である。(ロックフェラー家の驚くべき権力と恐ろしい野心については、今年[1976年]初めに’76 Press社から出版されたゲイリー・アレン著『ロックフェラー・ファイル』に詳しく書かれている)。

1971年11月1日付の『U.S. News & World Report』誌にこうある: 「ニクソン氏がキッシンジャー氏を外交政策の最高顧問に選んだのは、ロックフェラー知事の助言によるものだった」

『Deseret News』紙はすでにロックフェラーの側近の言葉を引用していた: 「ロッキーがヘンリーのために仕事を用意した。ロッキーがヘンリーに仕事を斡旋したのは、それが(ロックフェラーに)アメリカの外交政策における発言力を与えることになると考えたからだ」と語っている。

ニクソンがアメリカ国民に、東側エスタブリッシュメントに立ち向かう中米的価値観を持つ保守派としてパッケージ化され売り込まれたように、キッシンジャーも–信じがたいことだが–当初は保守派で強固な反共産主義者として宣伝された。例えば、かつての保守派ウィリアム・F・バックリーは、ニクソンの最初の主要人事を「幸福な役職」と称え、45歳のキッシンジャー教授を「ハーバードの反共産主義者」と評した。

バックリーが喜んだ一方で、左派の対立候補とされる人々は、嬉々としてキッシンジャーを賞賛した。

アダム・ヤーモリンスキーは、ロバート・ストレンジ・マクナマラを国防長官に任命した悪名高い左翼だが、こう宣言した: 「ヘンリー・キッシンジャーがワシントンにいれば、私はよく眠れるだろう」

アーサー・シュレジンジャー・ジュニアはこう述べた: 「素晴らしい人事だと思う。非常に心強い。彼は最高の人材だ」

ニクソンがハーバードの知識人を国家安全保障問題担当顧問に任命したことに、リベラル派のマスコミが恍惚の表情を浮かべる一方で、キッシンジャーが新しいボスから機密保持の免除を与えられるまで、大統領職以外の最も機密性の高いホワイトハウスの仕事に就くことさえできなかったという事実には、ほとんど関心が払われなかった。キッシンジャーが正確なセキュリティ手続きをパスできなかった理由については、次の章で述べる。

結局のところ、ヘンリー・キッシンジャーとは何者なのか?

そもそも彼はヘンリー・キッシンジャーではない。彼は1923年5月27日、学校教師でラビでもあったルイス・キッシンジャーと元ポーラ・スターンの息子として、ドイツのフエルトでハインツ・アルフレッド・キッシンジャーとして生まれた。ナチズムの台頭を感じていた多くのユダヤ人家族と同様、キッシンジャー一家も1938年にドイツからアメリカに亡命した。

ハインツ(現在のヘンリー)は、15歳でアメリカに到着したときからすでに討論に長けており、ニューヨークの高校生として修辞学やその他の分野で優秀な成績を収めた。優秀な成績で卒業したとき、彼は一番の野望は会計士になることだったと語った。

しかし、運命は第二次世界大戦という形で介入してきた。1943年にアメリカ陸軍に徴兵され(この過程で彼はアメリカ市民にもなった)、若きキッシンジャーは同じドイツ難民のフリッツ・クレーマー博士に「発見」された。クレーマーはアメリカの軍事情報部に所属し、キッシンジャーを第970防諜分遣隊に昇格させた。敵対関係がなくなると、キッシンジャーはその特別な地位によってドイツの町の事実上の独裁者となり、別荘を借り受けて豪勢な暮らしを始めた。彼は一地区全体を管理し、公務員として当時としては破格の年俸1万ドルを受け取った。

ヘンリーは、1946年4月に欧州司令部諜報学校に転属するまで、彼の準領土を支配した(脱北したある共産主義者の二重スパイは、この諜報員兼尋問官時代に、キッシンジャー自身がKGBにスカウトされ、ボルというコードネームを与えられたと主張している)。これについては第11章で詳しく述べる)

退役後、キッシンジャーはハーバード大学に入学し、政府学を専攻し、4つの奨学金を得た。ハインツ、すなわちヘンリーは、将来を嘱望される人物として、すでに重要人物から注目されていたとも言える。

ハーバード大学への入学競争は常に超厳しい。しかし1946年当時は、退役軍人がこぞって入学を希望していたため、その競争率はすさまじかった。しかし、難民であったハインツ少年は、入学許可を得ただけでなく、複数の奨学金で教育費を全額負担してもらった。

ハーバード大学はキッシンジャーの人生の転機となった。(もちろん、戦後ドイツでの陸軍諜報部時代に、ソ連の諜報員との協力関係を通じて、より不吉な転機がまだ訪れていなかったと仮定しての話だが)。

ロックフェラー財団の政治理論フェローシップの助成金を得て、聡明な若き元諜報将校は1950年にハーバード大学を卒業した。会計士になるという彼の夢は、タイタニック号の復路の予約よりも明らかに早く消えていった。

学問の道を歩むキッシンジャー氏に、どういうわけか、どこかで何かが起こった。まず、ロックフェラーから助成金を得た。そして修士課程在学中に、キッシンジャーはハーバード・インターナショナル・セミナーのエグゼクティブ・ディレクターに任命された。

— この学生交換プログラムは、後に中央情報局(CIA)が資金援助していたことが判明した。

博士号取得を目指すかたわら、彼はさまざまな政府機関のコンサルタントとして何度も雇われた。キッシンジャーは、信頼できる優秀な若者を求める東側リベラル・エスタブリッシュメントのメンバーに好印象を与えたようだ。師であるウィリアム・エリオット教授(エスタブリッシュメントにコネがある)の支援もあった。

ヘンリーは、権力と名声の宝庫である、とらえどころのない秘密主義の外交問題評議会(CFR)–おそらく全米で最も重要で影響力のある組織–に入ることになった。(CFRについては次章で詳述する)。

同時に、彼はロックフェラー・ブラザーズ信託基金にも所属するようになった。ドイツからの移民で、まだ訛りの強い若いキッシンジャーは、明らかに頭角を現していた。ロックフェラー家が彼を認めれば、誰が彼を「ネイン」と言うだろうか?

キッシンジャーは次に、ハーバード大学国際問題センターの副所長と特別研究プロジェクトの責任者に昇進した。1956年、ハーバード大学の同窓生でCFRのメンバーでもあるマクジョージ・バンディ、アーサー・シュレジンジャー・ジュニア、ウィリアム・エリオットが、キッシンジャーにロックフェラーの外交問題評議会が発行する非常に影響力のある季刊誌『フォーリン・アフェアーズ』の編集者になることを勧めた。

ヘンリーは他人の散文に磨きをかける機会を断り、代わりに核兵器の分析を書くことを選んだ。その結果、キッシンジャーの最初の著書『核兵器と外交政策』は、(当時のリチャード・ニクソン副大統領を含む)多くの人々に感銘を与え、『ナショナル・レビュー』誌や安全保障上のリスクであるJ・ロバート・オッペンハイマーなど、異口同音に支持するコメントを集めた。

この本は、キッシンジャーを反共産主義者として見せかけようとするウィリアム・F・バックリーのような「保守派」によって、何度も何度も引用されてきた。真実は、2冊目の著書『選択の必要性』において、キッシンジャーは以前の見解を再考し、大きく異なる結論に達したことを認めている。その結果、「柔軟な対応」、「限定戦争」などの決まり文句を唱え、50万人の兵士をベトナム戦争という勝ち目のない戦争に送り込むことになった。

ロックフェラー-CFRの宣伝部門を後ろ盾に、ヘンリーは今や上層部の全国的な注目を集めていた。彼は、悪名高いパグウォッシュ会議(ソ連擁護論者サイラス・イートンが主催する「私的な」ソ米会議)に招待された。

後年、パグウォッシュ会議の報告書の親共産主義的なバイアスは、リベラル派にも一般的に認められるようになった。

キッシンジャーは、民主党のジョン・F・ケネディ大統領の下で政府顧問の仕事に就いた。ベルリン危機の際にはJFKの特別顧問を務め、軍備管理軍縮局にも任命された。

CIAが出資するハーバード・インターナショナル・セミナーで、キッシンジャーは『コンフルエンス』という雑誌を創刊したが、その雑誌は親共産主義に偏っていたため、やがて国防省の厳しい監視下に置かれるようになった。

この雑誌がキッシンジャーの見解を正しく反映したものであり、2冊目の著書が共産主義者に対する国家安全保障に関する以前の発言を修正したものであるならば、ヘンリーは60年代半ばに出版した3冊目の著書『悩めるパートナーシップ』にすべてをまとめたことになる。

CFRが後援したこの一冊は、キッシンジャーが「グランドデザイン」と呼ぶものの一部として、事実上、米国と社会主義化が進むヨーロッパ諸国との合併を一つの国家にすることを求めていた。

キッシンジャーがケネディのために始めたサービスは、彼の後継者のためにも続けられた。ヘンリーはジョンソン政権を代表してベトナムに3回、うち2回は北ベトナムへの極秘ミッションを行った。しかし、この2人の民主党大統領に仕える一方で、ヘンリーは共和党のネルソン・ロックフェラーの重要な外交政策アドバイザーでもあった。

実際、リチャード・ニクソンに任命されるまでは、ニクソンについてろくなことを言わなかったキッシンジャーが、ネルソン・ロックフェラーが1968年に共和党の大統領候補指名争いに敗れたときには、公然と涙を流したとさえ伝えられている。

ユナイテッド・プレス・インターナショナルの記事によると、キッシンジャーはニクソンからの大統領就任の「突然の申し出」を「渋々」受け入れたという。キッシンジャーの10年来の雇い主であったロックフェラーが、キッシンジャーのために決心を固め、もし受け入れないのであれば、「二度と私と話をするな」とヘンリーに言ったと、UPIは伝えている。

その後、ヘンリー・キッシンジャーの50歳の誕生日を祝うパーティーの席で、ロッキーは長年の部下に乾杯の音頭をとり、3度の大統領選挙運動で彼と関わり、「3度目は成功した。ヘンリーはホワイトハウスに行った」

1958年7月に月給500ドルだったヘンリーの給料は、わずか10年後には月給4,000ドルに跳ね上がったが、ロックフェラーに直接雇用される立場を離れるヘンリーの悲しみは、ネルソンからの感謝の印である50,000ドルの小切手によって一部癒されたことは間違いない。

ロックフェラーは後に、「莫大な債務に直面している貧しい男」を助けるために何かしたかったのだと説明している。もちろん、他の億万長者の実業家がやれば賄賂と呼ぶだろうが、ロックフェラーの場合は単なる親切心だ。

ロックフェラー一族は、ソビエト連邦や中国を含む125カ国の不動産を所有し、ビジネスを展開していることを覚えておいてほしい。キッシンジャーがワシントンで下す決断はすべて、彼のスポンサーであり後援者であるロックフェラーに関わる潜在的な利益相反だったのだ。しかし、ウォーターゲート事件の後、ロッキーの副大統領承認公聴会でこの「贈り物」が明らかになったときでさえ、この話は木の葉が落ちるほどの騒ぎにはならなかった。テレビのキャスターはそのことに触れようともしなかった。

ヘンリーが無名から国際的な名声を得るまでに急成長した過程をたどると、彼の魔法のスリッパにはロックフェラーのラベルが貼られていたことがわかる。ヘンリーがハーバード大学教授時代にロックフェラーのCFRに所属していたことから、ロックフェラーに関連した数々の活動との付き合い、ワシントンでの任命、そして2度目の結婚に至るまで、ロックフェラーの権力、名声、影響力がヘンリーに道を開いていたのである。

(ヘンリーの新しい妻ナンシー・マギネスは、ロックフェラーの社員であった。この関係は家族ぐるみのもので、ネルソンは夫妻をハネムーンの保養地に送るジェット機まで提供し、ワシントンに戻ったときには豪華なパーティーを開いた)

これが、リチャード・ニクソンにとって最も重要な人事の背景である。大統領首席顧問に選ばれたのは、外交問題評議会の信頼できるスポークスマンだった。実際、ヘンリー・ザ・Kは、ロックフェラー一族の「グランド・デザイン」をホワイトハウスに持ち込む用意がある、れっきとしたロックフェラーの代理人に他ならなかった。

キッシンジャーはすぐに権力を集中させ、グランドデザインを推進し始めた。キッシンジャーとロックフェラー一族は、「新世界秩序」と呼んでいる。1971年にニクソン大統領がアメリカの諜報活動を再編成し、キッシンジャーが権力の頂点に立ったことは、キッシンジャー・ウォッチャーにとっては驚きではなかった。

ヘンリーは、国家安全保障顧問として過去最大のチームを編成した

彼の主要な補佐官や助手の多くは、ケネディ・ジョンソン政権からの残党だった。

1971年の人事異動で、ニクソンはCIA長官、司法長官、国務次官、国防副長官、統合参謀本部議長が今後報告する特別委員会を設置した。

戦略委員会の委員長は……驚いた!– ヘンリー・ザ・Kだった。

『ロサンゼルス・タイムズ』紙が報じたように、「効率性」がこの動きの本当の理由ではなかった。ホワイトハウスが「不満」だったのは、ある種の軍事局、特に国防情報局が共産主義者の計画についてあまりにも「強硬」な解釈をしていたからだと言われている。一方、CIAのリチャード・ヘルムズ長官は長年キッシンジャーと親交があり、キッシンジャー自身はもっと合理的な見解を持っていた。

いずれにせよ、1971年までにヘンリーは、『タイムズ』紙が指摘するように、「国家安全保障問題について大統領に助言を求める政府の広大な部門で、事実上、全権を握る」ようになった。拡大された110人のメンバーからなる国家安全保障会議での彼の支配力は、国務省、国防総省、中央情報局から大統領に届くあらゆる情報を支配するほど完全なものだった。

これほど巨大な権力が、選挙で選ばれたわけでもない役人の手に握られたことは、アメリカ史上かつてなかった。明らかな危険性にもかかわらず、メディアはエドガー・バーゲンがいないときのチャーリー・マッカーシーよりも静かだった。

キッシンジャーが他のどのホワイトハウス職員よりも大統領と一緒にいる時間が長いことは常識となり、大統領は自分の執務室から30分も離れていない彼の執務室に頻繁に立ち寄った。長年ワシントンを担当しているクラーク・モレンホフ記者は、「47歳のハーバード大学元政府学教授は、公式には『国家安全保障問題担当大統領補佐官』であり、年俸は4万2500ドルである。しかし、実際には、国防総省と国務省に関わるすべての問題において、彼はナンバーツーマンになっている」と述べている。

ヌメロ・ウノはもちろん大統領自身であり、上院で国務長官に承認された人物ではない。キッシンジャーが、実際の国務長官であるウィリアム・P.P. ロジャースだった

1973年8月、ニクソンのサンクレメンテの自宅の大統領専用プールで泳いでいたとき、大統領はついに、すでに名ばかりの国務長官であったこの男に質問を投げかけた。「もしよろしければ、明日あなたを国務長官に指名したいのですが……」というのがニクソンからのアプローチだったと『タイム』誌は伝えている。

ヘンリー・キッシンジャーがその瞬間のためにどれほど準備していたとしても、彼を唖然とさせた。

この質問が彼に投げかけられたとき、事実上の国務長官はすでに東西デタントの立役者、宥和と融和の首席報道官、「ピンポン外交」で赤化中国への門戸を確保した男、東南アジアに平和をもたらす政治家、火薬庫のような中東を鎮火させる優秀な外交官として知られていた。

キッシンジャー–『タイム』誌の「マン・オブ・ザ・イヤー」–は唖然としたのだろうか?ディーン・マーティンがインビバーズ・ホール・オブ・フェイムにノミネートされたときと同じくらい驚いた。

翌日、キッシンジャーは西部のホワイトハウスで報道陣に挨拶し、控えめであることが彼の特徴ではないことを示した。今はどのように呼ばれるのが好きかと尋ねられ、こう答えた: 「ああ、私はプロトコルには従わない。閣下と呼んでいただければ大丈夫です」と答えた。

上院外交委員会では、キッシンジャーが米国初の外国生まれの国務長官に指名されたことについて、2時間半に及ぶ公聴会を最後まで傍聴した委員はわずか2人しかいなかった。上院本会議では形式的な承認が迅速に行われ、最終投票は賛成78票、反対7票だった。

(ヘンリーが40年以上も米国にいたのに、強い小声のアクセントを使うこと自体、興味深い謎である。結局のところ、ヘンリーのやり手の実業家である兄ウォルターは、完璧な発音で英語を話すのだ。『TVガイド』は1974年1月26日付で、「キッシンジャーが政権に就いて最初の2年間はテレビ出演を控えていたのは、ホワイトハウスがドイツ訛りのイメージが悪くなることを恐れていたからだと一部では信じられている」と報じている)。

ついにヘンリーは成功したのだ。彼は今や脚光を浴びていた。彼は名実ともに巨大な帝国を経営していた。彼は12,000人の外交官、コードクラーク、経済アナリスト、言語学者、秘書などを統率していた。彼の給料は年間6万ドル(約600万円)だった。しかし、ああ、役得、名声、権力!

承認公聴会で、キッシンジャーがホワイトハウス史上最も巨大な情報収集・政策決定機構を率いていたことが明らかになった。承認公聴会の時点で、キッシンジャーは次のような地位にあった:a)国家安全保障会議の議長、b)安全保障会議内のすべての重要な委員会の委員長、c)CIA長官の報告先、d)NSCの「諜報活動」部門である「40」委員会の委員長。スチュアート・シミントン上院議員が主人公に言ったように

「国務長官と国家安全保障会議の議長という2つの地位にとどまれば、大統領以外の誰にも与えられていない前例のない権限を持つことになる」

そしてキッシンジャーは、媚びへつらうメディアを尻目に、まさにそれを手に入れたのである。

キッシンジャーが君臨する情報帝国は、国務省をはるかに凌ぐ規模である。その中には16の主要機関があり、20万人の職員、60億ドルを超える年間予算、地球上で最も洗練された機器やコンピューターを管理している。

そして、ヘンリーが手に入れられる限りのおいしい権力とおいしい権威を欲していたことは、まったく疑いの余地がない。1972年11月19日付の『ワシントン・スター』紙は、スーパーKの言葉を引用している:

「権力を手中に収め、しかもそれをかなり長い間形式的に保持していると、それを手にする権利があるものと考えることに慣れてしまう。. . 私が興味があるのは、権力を使って何ができるかということだ。権力は素晴らしいものを作ることができる」

しかし、キッシンジャーが持つ権力の大きさに対する懸念が高まり、国務長官は昨年、国家安全保障会議(NSC)長官というもう一つの帽子を脱いだ。しかし、NSC長官の座はキッシンジャーの長年の子分であるブレント・スコウクロフト中将に移ったため、このジェスチャーは事実上無意味なものとなった。ヘンリー・M・ジャクソン上院議員は、キッシンジャーの執拗なニードラーであるが、「見かけとは裏腹に、キッシンジャーは国家安全保障会議の全権を保持する」と指摘した。

また、超リベラルのアドレイ・スティーブンソン2世(イリノイ州選出の下級上院議員)でさえ、「この変更は象徴的なものに過ぎない」と述べている。

フォードがキッシンジャーのホワイトハウス続投を迅速に保証した意味はただ一つ、「グランドデザインは依然として有効である」ということだ。プレーヤーは変わっても、ゲームは同じなのだ。

1976年の選挙が始まると、フォード候補の演説は1968年と1972年の再現のように聞こえた。これは、権力者たちが、アメリカ中部の理想、美徳、伝統に基づいて選挙戦を展開する必要性を間接的に認めたものだった。

別の言い方をすれば、アメリカ人から遺産を騙し取る唯一の方法は、新世界秩序を実現しながら旧時代の価値観を約束することなのだ。

第3章

当時のロックフェラーの外交政策最高顧問であったヘンリー・A・キッシンジャーが、後にニクソン大統領を共産主義世界との融和と融合に向かわせるように仕向けたことは、驚くべきことではない。

CFRの意向を実現し、その「新世界秩序」が恐ろしい事実となる日を早めるために懸命に働いているのは、まさにそのような使命のために無名から引き抜かれた男: ヘンリー・A・キッシンジャーである。その信頼性ゆえにスーパースターとなったヘンリーが、今さら鞍替えすることはないだろう。後述するように、彼の記録は、彼が影の政府の真の主人のために、不思議なことを成し遂げられることを示している。”

キッシンジャーと影の政府

「キッシンジャーは外交問題評議会を中心とする外交政策グループの中で成長してきた。ここで彼は、いわゆる。『東側エスタブリッシュメント』の真の中核を構成する銀行や産業界のトップたち全員を知るようになり、一緒に仕事をするようになった」そうコラムニストのジョセフ・ハーシュは言う。もちろん、彼も同じCFRのメンバーなのだから、当然知っているはずだ。

キッシンジャーは外交問題評議会に多大な恩義を感じており、引退するCFR高官を称えるパーティーでこう語った: 「私を発明したのはあなた方だ」

外交問題評議会(この後CFRと略称される)がヘンリー・Kを発明したというのは重要なことだろうか?アメリカ政府の行政府が実際にどのように運営されているかを理解したければ、それは重要だ。

デビッド・ロックフェラーをトップとし、彼の腹心たちの支配下にあるCFRは、アメリカの「影の政府」あるいは「見えざる政府」である。民主党政権も共和党政権も誕生しては消えていくが、後述するように、どちらの政権でも重要な人事は常に謎めいた外交問題評議会のメンバーに委ねられている。

ニューヨークに本部を置くこの組織は、高等金融、学術、政治、商業、財団、通信メディアの各分野で活躍する約1600人のエリートで構成されている。ほとんどのメンバーの名前はよく知られているが、一般のアメリカ人でこの組織の名前を聞いたことがある人はほとんどいない。その目標を知っている人はさらに少ない。

マスメディアの主要人物がCFRのメンバーであるにもかかわらず、CFRの最初の50年間は、『ハーパーズ』誌の一記事や『クリスチャン・サイエンス・モニター』誌の特集記事、『ニューヨーク・タイムズ』紙の時折の場当たり的な発表以外、コメントされることはなかった。

外交問題評議会のメンバーには、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、ロサンゼルス・タイムズ、ナイト新聞チェーン、NBC、CBS、タイム、ライフ、ファウチュン、ビジネス・ウィーク、U.S.ニュース&ワールド・レポート、その他多くのトップが名を連ねている。

数年前から、一握りの保守的な著者がCFRの活動を暴露しようと努力してきた。つい最近まで、こうした努力は積み重ねられてはいたが、無視されることもあった。しかし4年前、ジョージ・ウォレスがCFRを選挙の争点にしようとしていることが明らかになり始めた。

それを見越してか、ニューヨーク・タイムズとニューヨーク・マガジンに、CFRに関するよく似た2つの記事が掲載された。その戦略とは、外交問題評議会が長い間、選挙で選ばれていないアメリカの秘密政府として機能してきたことは認めるが、利他主義的な理由から自主的に傍観者的な立場に退いてきたと主張することだった。

『タイムズ』紙が読者に信じさせたかったこととは逆に、CFRは(キッシンジャーがアメリカの外交政策を担当する)権力の頂点に達したところだった。それでも、ジョン・フランクリン・キャンベルは1971年9月20日付のニューヨークでこう述べている:

過去6代の大統領–フランクリン・ルーズベルトからリチャード・ニクソンまで–の外交政策に何らかの影響を及ぼした弁護士、銀行家、教授、将軍、ジャーナリスト、官僚のほとんど全員が、パーク・アベニューと68丁目の角にある4階建ての邸宅、ハロルド・プラット・ハウスでしばらく過ごしたことがある。

もしあなたがプラット・ハウスの中を歩けるなら(あるいは歩かされるなら)、それは通常、あなたが投資銀行か法律事務所のパートナーであることを意味する。あなたは対外援助、NATO、超党派の外交政策を信じている。あなたはこの25年間、この国をほとんど牛耳ってきた。

アンソニー・ルーカスは、1971年11月21日付の『ニューヨーク・タイムズ』誌に寄稿し、過去25年間の悲惨な外交政策の責任が評議会のインサイダーたちにあることを認めた。ルーカス氏はこう述べている:

1945年から60年代にかけて、理事会メンバーはアメリカのグローバリズムの先頭に立っていた。 NATO(再びフィンレター、ハーランド・クリーブランド、チャールズ・スポフォードが米国代表)。

この30年間、アメリカの外交政策は、第二次世界大戦とそれに続く経済復興、軍事安全保障計画で形成された世界観を持つ人々–その圧倒的多数は理事会メンバー–の手に委ねられてきた。. .

理事会は、彼らが権力の中枢と連絡を取り合うための手段であった。. .

自身もCFRのメンバーであるリベラルのコラムニスト、ジョセフ・クラフトは、1958年7月号の『ハーパーズ』誌で、評議会は「政府の基本的な意思決定の場であり、政府を動かしてきた。政府の基本的な意思決定の場であり、さらに多くのことを決定し、繰り返し高官の勧誘の場となってきた」と述べている。ちなみに、クラフトは自分の記事を 「School For Statesmen」と呼んでいるが、これは評議会のメンバーがワシントンで実行される戦略の 「ライン」を叩き込まれていることを認めている。

『ニューヨーク』誌でキャンベルは、第二次世界大戦と戦後計画におけるCFRの影響力について語っている:

1939年、ロックフェラーの資金とコーデル・ハル国務長官の恩恵により、評議会は戦争の政治的、経済的、戦略的問題に関する計画グループを設立した。

国連、世界銀行、国際通貨基金など、1945年の新しい国際機関に結実した研究の多くは、理事会での研究活動から始まった。

ジョン・J・マクロイは理事長時代、CFRの会員に宛てた私信で、「CFRは–外交分野のどの組織よりも–一流の民間人が国際問題を理解するのに役立ち、彼らの多くはその後、米国の外交政策を遂行する政府高官としてこの知識を活用した」と婉曲に述べている。

実際、CFRは民主・共和両党のもとで、連邦政府の事実上の就職斡旋機関として機能してきた。1961年9月の『クリスチャン・サイエンス・モニター』紙のレポートも、この結論を裏付けている:

CFRはアメリカの外交政策を研究・審議することに専念しているため、民間から公的機関へのメンバーの流出が絶えない。審議会メンバーの半数近くが、政府の公職に就いたり、コンサルタントとして招かれたりしている。

アンソニー・ルーカスはニューヨーク・タイムズ誌で次のように語っている:

. . . 友愛の兄弟が、他の兄弟が人生の階段を上るのを手助けする方法を誰もが知っている。外交政策を立案したいなら、評議会ほどふさわしい友愛団体はないだろう。…

ヘンリー・スティムソン(このグループの典型的なメンバー)が1940年に陸軍長官としてワシントンに赴任したとき、彼はジョン・マクロイ(人事担当の次官補)を連れて行った。マックロイは、「人手が必要なときはいつでも、評議会メンバーの名簿に目を通し、ニューヨークに電話をかけた」と回想している。

そして何年もの間、マックロイが電話をかけた人物が、今度は他の審議会議員に電話をかけたのである。.

. ケネディ大統領が国務省の職員として働くために用意したリストの最初の82名のうち、63名が審議会メンバーであった。. .

実際、CFRはルーズベルト政権、トルーマン政権、アイゼンハワー政権、ケネディ政権、ジョンソン政権、ニクソン政権、そして現在のフォード政権に、特に外交政策分野のキーマンを提供してきた。ジョセフ・クラフトはこう言っている:

「評議会は、両政党間の溝を埋めるという特別な役割を担っており、ワシントンの守衛が交代した際にも、非公式に継続性を確保している」

以下の著名な民主党議員は、外交問題評議会のエージェントであったか、現在もエージェント: ディーン・アチソン、アルジャー・ヒス、アドレイ・スティーブンソン、ジョン・ケネディ、ロバート・ケネディ、エドワード・ケネディ(ボストン委員会)、アヴェレル・ハリマン、ジョージ・ボール、ヘンリー・ファウラー、ディーン・ラスク、アダム・ヤモリンスキー、ヒューバート・ハンフリー、フランク・チャーチ、ジョージ・マクガバン、ジョン・リンゼイ。

共和党でCFRの砦となっているのは、ドワイト・アイゼンハワー、ジョン・フォスター・ダレス、トーマス・E・デューイ、ジェイコブ・ジャビッツ、ロバート・マクナマラ、ヘンリー・キャボット・ロッジ、ポール・ホフマン、ジョン・ガードナー、ロックフェラー一族、エリオット・リチャードソン、アーサー・バーンズ、リチャード・ニクソンである。

CFRの政策決定力は実に凄まじいが、不思議なことにアメリカ国民にはほとんど知られていない。

1934年から1976年まで(2002年現在に至るまで連綿と続いている)、ジェームズ・バーンズを除くすべての国務長官がCFRのメンバーであり、すべての国防長官と国防副長官もCFRのメンバーであった。

1928年から1972年までの44年間で、共和党の大統領候補10人のうち9人がCFRメンバーであり、1952年から1972年までのすべての大統領選挙でCFRメンバーが勝利した(ただし、リンドン・ジョンソンのホワイトハウススタッフはCFRが支配していた)。

この20年間の大統領選挙戦の半数は、候補者全員がCFRのメンバーであったか、あるいはメンバーであった。サンフランシスコで開催された第1回国連会議へのアメリカ代表団には、ソ連の諜報員アルジャー・ヒスを含む40人以上のCFRメンバーがいた。

ケネディ・ジョンソン政権では、60人以上のCFRメンバーが主要な政策決定権を握っていた。ニクソン大統領は、外交問題評議会の少なくとも115人のメンバーを政権の主要ポストに任命したが、これはどの大統領にとっても過去最高であった。その中には、チャールズ・ヨスト、スタンリー・R・レゾール、アーサー・バーンズ、ハロルド・ブラウン、マックスウェル・テイラー、リンカーン・ブルームフィールド、ジョージ・A・リンカーン、ヘンリー・キャボット・ロッジ、ロバート・マーフィー、フランク・スタントン博士、リチャード・F・ペダーソン、アラン・ファイファー、ポール・マクラッケン博士、エルズワース・バンカー、グレン・シーボーグ博士、ジョセフ・シスコ、ジェイコブ・ビーム、ジェラード・スミス、ジョン・マクロイといった定評ある左派が含まれていた。

ジョージ・ウォレスは、「大統領レベルでは、民主党と共和党の間には10セント硬貨の価値もない」というスローガンを有名にした。多くのオブザーバーは、両党が異なるレトリックを使い、異なる層に向けた演説を行っているにもかかわらず、選挙でどちらが勝つかはほとんど変わらないように見えると指摘している。

その理由は、草の根の民主・共和両党は一般的に経済、政治政策、連邦政府の活動に対する見解が大きく異なるが、政治ピラミッドの側面に登るにつれて、両党はますます似てくるからである。民主党と共和党という明確に異なる2つのグループが存在する代わりに、ロックデムとロックパブが存在するからだ。

CFRのメンバー約1600人のうち、120人が全米の主要な新聞、雑誌、ラジオ、テレビネットワーク、そして最も強力な書籍出版社を所有または支配している。学界との連動は計り知れない。

シュラフライ・ワードの執筆チームが指摘しているように、:

「ロックフェラー閥には、大学で教えられる内容や教授、学部の任命に不釣り合いな影響力を持っている82人のCFR財団の幹部の中で最も影響力のある人々が含まれている」

さらに、CFRのメンバーは主要な財団を事実上支配しており、その助成金はCFRと結びついた人物や団体に贈られることが非常に多い。このグループの 「偶然の一致」には驚かされるばかりだ。

中央情報局(CIA)は創設以来、事実上CFRの支配下にあった。1973年に一時CIAを率いたジェームズ・R・シュレジンジャーはCFRのメンバーではなかったが、『ペンタゴン・ペーパーズ』で有名なCFRのダニエル・エルズバーグの子分であり、彼の任命はCFRの重要な工作員であるヘンリー・キッシンジャーによって操作された。

ディーン・アチソン国務長官、ジョン・フォスター・ダレス国務長官、ディーン・ラスク国務長官、ヘンリー・キッシンジャー国務長官は、連邦政府の主要ポストに任命される前は、すべてCFRのメンバーだった。

CFRのエリート集団の大半は大金持ちである。CFRの1974年のメンバーのうち、約90人がウォール街の主要な国際銀行組織を代表していた。さらに、ほとんどの巨大企業の社長、副社長、取締役会長がCFRのメンバーである。

外交問題評議会はほとんど宣伝されておらず、一般の人々にはほとんど知られていない。しかし、大政府、大企業、大銀行、大メディアを代表している。このパワーエリートの頂点に君臨するのが、他ならぬデビッド・ロックフェラーである。そしてこの組織は、ヘンリーが自分を「発明した」と言う組織であることを忘れてはならない。

「我々の」政府が長年にわたってCFRのメンバーによって運営されてきたことを、誰も合理的に否定することはできない。彼らはまさに影の政府を形成しているのだ。問題はこうだ: これらのCFRメンバーは、一般的に共通の信念と目標を共有しているのだろうか?

今回初めて、CFRの実際のメンバーで、CFRに不利な証言をしてくれる人物が現れた。チェスター・ウォード海軍大将(退役)である。彼は若くして海軍法務大臣になったやり手の提督である。彼は 「出世頭」として、権威あるCFRのメンバーに招かれた。エスタブリッシュメント側は明らかに、ウォード提督が彼の前に何百人もいたように、内輪に招かれたというお世辞に屈し、個人的野心への微妙なアピールによって、彼はすぐに一列に並ぶだろうと考えていた。

インサイダーたちは、ウォード提督のタフさと厳格な性格をひどく過小評価していた。ウォード提督はすぐに、この組織に対して声高に反対するようになった。ロックフェラー家は彼を組織のメンバーから外すほど傲慢ではなかったが、プライベートな昼食会や説明会には呼ばれなくなった。提督は言う:

CFRの影響力のある大多数のメンバーの目的は、50年以上前の1922年の創設以来変わっていない。『フォーリン・アフェアーズ』(CFRの公式季刊誌)の創刊50周年記念号では、CFRのメンバーであるキングマン・ブリュースター・ジュニアが、”Reflections on Our National Purpose(我々の国家目的についての考察)”と題した最初の、そして主要な記事を書いた。

彼はその定義から一歩も引かなかった:われわれの国家目的は国籍を廃止することであるべきだ。実際、ブリュースターは感情的な手段を尽くして、グローバル政府を強く訴えた。彼は、われわれの 「ベトナムを経験した世代」を 「アメリカ第一主義からはほど遠い世代」と表現した。CFRの辞書全体を見ても、「アメリカ・ファースト」ほど深い意味を持つ反発の言葉はない。

CFRのメンバーはロボットではないし、多くの些細な問題で意見が異なるかもしれないが、提督によれば、この独立を放棄したいという欲望は彼らのほとんどに共通するものだという:

「内部から見れば、CFRは一部のメンバーやほとんどの非メンバーが考えているような一枚岩ではないことは確かだが、米国の主権と独立を放棄したいというこの欲望は、メンバーのほとんどに、特にいくつかの分裂した徒党の指導者層に蔓延している。. . 」

ロックフェラー一族のCFRが「米国の主権と独立を明け渡したい」という欲望を持っているとしたら、我々は誰に明け渡せばいいのだろうか?

ウォード提督は、その目的は「アメリカの主権と国家の独立を、万能のワンワールド政府に沈めること」だと答える。そして提督によれば、CFRのメンバー1600人のうち約95%が、これが外交問題評議会の真の目的であることを認識しており、その目的を支持しているという!

外交問題評議会は、世界政府を推進するマネー・トラストの主要な手段である。われわれの貨幣を管理する連邦準備制度(FRB)創設の主要な責任者である国際銀行一族の末裔、故ジェームズ・ウォーバーグ(CFR)は1950年2月17日、上院委員会でこう語った:

「あなた方が好むと好まざるとにかかわらず、私たちは世界政府を持つことになる」

しかし、ほとんどのインサイダーは、世界政府という言葉は雁を怖がらせるので使わない。その代わりに、「新国際秩序」や「新世界秩序」といった隠語を使う。しかし、ネルソン・ロックフェラーは、1968年7月26日付のAP通信の報道で、インサイダーたちの言う「新世界秩序」の意味をはっきりと述べている:

ネルソン・A・ロックフェラー・ニューヨーク州知事は、大統領として、対立の代わりに東西協力に基づく「新世界秩序」の国際的創造を目指すと語った。共和党の大統領候補である彼は、もし当選したら、ソ連と同様に赤の中国との「協調の可能性を高める」ために、赤の中国との対話を始めるだろうと語った。

当時のロックフェラーの外交政策最高顧問であったヘンリー・A・キッシンジャーが、後にニクソン大統領を共産主義世界との融和と融合に向かわせるように仕向けたことは、驚くにはあたらない。

ニクソン大統領は、赤化中国とソビエト連邦を訪問した際、何度も何度も共産主義者たちに「新世界秩序」への参加を呼びかけた。CFRのメンバーが常にこの言葉を繰り返していることは、偶然の一致の可能性を狭めている。

CFRの願いを実現し、その「新世界秩序」が恐ろしい事実となる日を早めるために懸命に働いているのは、まさにそのような使命のために無名から引き抜かれた男: ヘンリー・A・キッシンジャーである。その信頼性ゆえにスーパースターとなったヘンリーが、今さら鞍替えすることはないだろう。後述するように、彼の記録は、影の政府の本当の主人のために、彼が不思議なことを成し遂げられることを示している。

第4章

しかし、これらすべてはメインイベントのためのウォーミングアップにすぎなかった。60年代初頭、議会は軍備管理軍縮局と呼ばれるものを設立する法案を承認した。「一般的かつ完全な軍縮」プログラムが米国の公式方針となった。

この一連の流れは、影の政府がいかにしてその目的を達成するかを示す魅力的な図解である。最初の本格的な軍縮案は、1959年に外交問題評議会によって出された。その後、この案はパグウォッシュ会議で議論され、1960年9月にはソビエトが独自の軍縮プログラムを発表した。

その1年後の1961年9月、ケネディ政権は国務省発行の7277号『戦争からの解放』で軍縮案を発表した。

CFR、パグウォッシュ会議、ソビエト、そして国務省の4つの提案は、すべて事実上同じである!この驚くべき「偶然の一致」の詳細については、前著『ロックフェラー・ファイル』の第8章を参照されたい。

デタントによる破壊

アメリカ建国200周年の年が始まり、ヘンリー・キッシンジャー国務長官は、ほとんど独力でアメリカの新しい外交政策を縫い合わせたという事実に誇りを持つことができた(そして間違いなくそうした)。密約に密約を重ね、デタントは現実のものとなった。

しかし、数カ月も経たないうちに、その布地全体がズタズタに引き裂かれる危機に瀕した。戦略兵器制限協議の合意に対する違反や違反の噂、ソ連の軍事力に比べてアメリカがナンバー2に転落しつつある(あるいはすでに転落しているかもしれない)という声、その他の深刻な告発が声高に叫ばれた。

キッシンジャーの政策がアメリカにとって最善の政策であったという疑念と批判が高まる中、フォード大統領は、ホワイトハウスの語彙から「デタント」という言葉を削除することで、議論を和らげようとした。以後、フォード政権のメンバーは「力による平和」を合言葉にするように言われた。

キッシンジャーはこの決定に不満だったが、選挙期間中の言葉の体操に付き合うことに同意した。結局のところ、政策そのものを変えようとは誰も言わなかった。『(タイム』誌によると、キッシンジャーは、この動きが大統領側の「右翼批判への小手先の屈服」を表していると不満を述べた)。

デタントはパックス・キッシンジャーエの基盤であり、ヘンリー・キッシンジャーがニクソン大統領とフォード大統領にパッケージして売り込んだ政策のまさに礎石である。この言葉自体はフランス語に由来し、「緊張の緩和」を意味することもあれば、「引き金」を意味することもある。信頼するアメリカ国民に売られた最初の説明だった。

私たちはこう言われた: 「冷戦は終わった」「共産主義者はおとなしくなった」

小さな子供のように、私たちは「今こそ国と国との関係をより成熟させる時だ」と説教された。そして何よりも、デタントとはギブ・アンド・テイク、公正な交換、双方による受け入れ可能な融和を意味すると約束された。実際には、デタントは共産主義者だけを利する一方通行であることが判明した。考えてみよう:

最初のSALT会談が予定されていた1968年、アメリカは1054発の大陸間弾道ミサイルを保有していたが、ソ連は850発しか保有していなかった。つまり、5対4のアメリカの優位は、8対5のソ連の優位に変わったのである。これはほんの始まりにすぎない。

同じ8年の間に、ソ連の軍隊は180万人から250万人以上に拡大していた。一方、アメリカは徴兵制を廃止し、軍備を縮小した。その結果、軍服に身を包んだ兵力は94万人から79万人未満に減少した。

公海上では、アメリカの73隻に対し、ソ連は253隻の攻撃型潜水艦を保有している。ソ連は我々の2倍以上の補給艦を保有している(2,358隻に対し1,009隻)。また、ドナルド・ラムズフェルド国防長官は、戦術機における赤のリードをほぼ2対1と見積もっている。

ソ連の潜水艦隊は、米英仏の戦力を合わせたよりも大きい。さらに、共産主義者は現在、世界最大の潜水艦、サッカー場の1.5倍の長さのデルタ級を保有している。(ちなみに、ミサイルの射程距離は4000マイルに達する。このような潜水艦が大西洋岸、太平洋岸、メキシコ湾岸をパトロールしているのだから、今晩、ソ連の核ミサイルの射程圏内にない町はアメリカにはないだろう)。

一方、このデタントの時代には、軍事兵器の他の部分は錆びつくのを許されている。ヘンリー・ザ・Kの登場以前、アメリカは434隻の主要戦闘艦を配備することができた。今日、その数はほぼ半分の253隻に減っている。さらに憂慮すべきことに、レス・アスピン下院議員は1976年2月3日、下院で同僚議員たちに、整備不良のため、米海軍艦艇の30%しか「完全な戦闘準備態勢の基準」を満たすことができないと語った。さらに同議員によれば、海軍の7,400機の航空機の半数近くが、敵対行為に対する準備も装備もできていないという。

英国の権威ジョン・ムーア大尉は、著書『ソ連海軍の現在』(1976年1月出版)の中で、ソ連海軍の火力は「かつて存在した艦隊の中で最も強力」だと述べているが、米国の艦隊は1939年以降で最も小さく、最も弱い。ムーア氏の推定によれば、アメリカは現在、共産主義者たちから少なくとも7~8年遅れており、毎週さらに遅れをとっている。

赤海軍は北海を支配し、北極と南極を哨戒し、大西洋と太平洋に「強力に存在」し、スウェーデンのスカゲラクとカテガットの海域を支配し、地中海とアラビア海、インド洋、ペルシャ湾、アフリカの両岸に大きく、目に見える形で存在している。

ヘンリー・ザ・ナイフがノースダコタ州にある60億ドルの対弾道ミサイル防衛複合施設の閉鎖を命じたとき、ソビエトは1975年に筋肉を屈することなく大きな勝利を収めた。デタント(緊張緩和)の精神に基づき、ABM複合施設の廃棄が決定されたとき、ABM複合施設はわずか1カ月しか稼働していなかった。

ロシアが自国の対弾道ミサイル・システムを改良し、近代化しているときに、この措置がとられたため、アメリカはソ連や中国のミサイルから身を守ることができなくなった。スーパーKはすでに、赤の中国とソ連はもはや 「革命的」国家ではないと発言している。同長官の見解によれば、共産主義の二大巨頭は「もはや既存の国際秩序を破壊する野心を抱いていない」という。

ソ連の党首レオニード・ブレジネフは少し違った見方をしている。彼は1974年の政治局会議でこう語った:

「われわれ共産主義者は、しばらくの間、資本家とともに歩まなければならない。我々は彼らの農業と技術を必要としている。しかし、我々は大規模な軍事計画を継続するつもりだ。しかし、我々は大規模な軍事計画を継続するつもりだ。. . 」

われわれは、米国が自国を守るためにソビエトと人対人、戦車対戦車、あるいは艦船対艦船で戦わなければならないとは考えていない。今日のテクノロジーは、西部開拓時代にコルト45口径がそうであったように、平等なものである。

おそらく究極のイコライザー、われわれの安全を保証してくれるものは、巡航ミサイルだろう。この核弾頭は、ほとんどどこからでも発射できるほど小型で、2,000マイル以上飛ぶのに十分強力で、標的の100フィート以内を攻撃できるほど正確である。

さて、ここからがオチだ: ヘンリー・キッシンジャーはSALTの席で、この究極の兵器さえも値切ることを申し出た!

このような状況下で、超党派の国会図書館が実施したわが国の軍事態勢の分析が、軍事力の均衡がソ連に有利に強くシフトしていると警告していることは、驚くには当たらない。この報告書は上院軍事委員会のために作成されたもので、1976年2月に一般に公開され、現在の政策が撤回されない限り、アメリカは世界の大国としての地位を見直さなければならなくなるだろうと述べている!

デタント志向の国務長官によるわが国の軍事的地位の失墜がワシントンで公然のスキャンダルになりつつあった頃、別の衝撃波が国会議事堂を襲った。1976年2月下旬、CIAによるソ連の軍事費に関するこれまでの見積もりが、50パーセントも低すぎることが確認されたのだ。

この選挙の年の初め、世界的に有名な核物理学者エドワード・テラーは、アメリカはすでに軍事力においてソ連に明らかに引けを取っていると警告した。「今戦争になれば、ロシアに対抗するチャンスはない」と彼は言った。テラー博士は、現在の政策が変更されたとしても、ソビエトを上回るには10年はかかるだろうと付け加えた。

この8年間にいったい何があったのか?共産主義者に対する8対1のアメリカの軍事的優位が、わずか10年足らずで消え去ってしまったのだろうか?

デタントの悲惨なルーツは、第二次世界大戦後のヤルタと同様の共産主義者への譲歩まで、少なくとも30年は遡る。病み上がりで戦争に疲れたフランクリン・D・ルーズベルトは、ソ連の強権者スターリンに信じられないほど寛大だった理由を説明しようとして、駐モスクワ大使ウィリアム・C・ブリットに言った:

「スターリンは安全保障以外何も望んでいない。スターリンは自国の安全以外には何も望んでいない。もし私が可能な限り彼にすべてを与え、見返りを何も求めなければ、彼は何も併合しようとせず、平和と調和のある世界のために私と協力してくれるだろう」

ルーズベルトの「平和と調和の世界」という夢物語は、ソ連による東欧征服と共産中国による韓国攻撃の間に忘れ去られた。

{注:一般から抑圧された歴史書には、FDRのソ連に対する反逆的行為に関する記述がたくさんある。それは、シオニスト/ボルシェビスト・グローバリストが求める「平和」以外の、彼が「平和と調和の世界を夢見た」と主張する感情を裏切ることになる。- JP-転写者}

しかし1950年代半ばになると、平和を唱える者たちは再び店を構えるようになった。最も重要な活動のひとつが、パグウォッシュ会議と呼ばれるものだった。

公式には、ロシアとアメリカの科学者や知識人による「科学と世界問題に関する合同会議」と説明され、最初の会議は1957年、悪名高いソビエト擁護論者サイラス・イートンのノバスコシア州パグウォッシュの自宅で開催された。

それ以来、20回以上の「パグウォッシュ会議」が開催され、そのほとんどは米国外で開催され、そのすべてが非課税のロックフェラー-CFR財団によって資金提供されている。初期の会議に積極的に参加したのは、ヘンリー・A・キッシンジャーだった。

パグウォッシュ会議はデタントを推し進めるものではなかったが、それは当時、デタントという言葉がなかったからにほかならない。会議参加者の愛用語は「軍縮」だった。この会議で核実験禁止条約の枠組みが作られた。

最初の核実験禁止条約を覚えているだろうか。ソビエトはこの条約に署名し、ほぼ1年間リップサービスを行った。その一方で、彼らはこれまでに行ったことのないような一連の核実験を秘密裏に準備した。共産主義者のあからさまな欺瞞のために、ほとんどのアメリカ人がまだショックを受けている間に、1963年に別の核実験禁止条約が準備された。この条約は、ソビエトが最初の条約を裏切って得た利点を凍結し、米国が追加の核実験を行わないことを保証するものだった。

無数のアメリカ人からの激しい抗議を押し切って、アメリカは第二次核実験禁止条約にも調印した。キッシンジャー教授と彼の群衆は大喜びだった。

しかし、これはすべてメインイベントのためのウォーミングアップに過ぎなかった。60年代初頭、議会は軍備管理軍縮局というものを設立する法案を承認した。「一般的かつ完全な軍縮」プログラムが米国の公式方針となった。

この一連の流れは、影の政府がいかにしてその目的を達成するかを示す魅力的な図解である。最初の本格的な軍縮案は、1959年に外交問題評議会によって出された。その後、この案はパグウォッシュ会議で議論され、1960年9月にはソビエトが独自の軍縮プログラムを発表した。

その1年後の1961年9月、ケネディ政権は国務省発行の7277号『戦争からの解放』で軍縮案を発表した。

CFR、パグウォッシュ会議、ソビエト、そして国務省の4つの提案は、すべて事実上同じである!この驚くべき「偶然の一致」の詳細については、前著『ロックフェラー・ファイル』の第8章を参照されたい。

この政策を実行に移した最初の国防長官は、CFRメンバーのロバート・S. マクナマラで、1961年から1968年まで在任した。その間に彼は、核攻撃力を50%削減し、マルチメガトンミサイルの4分の3とミニットマンミサイルの半分を廃棄し、有効性が証明されたB-70戦略爆撃機の開発を阻止し、スカイボールド、プルート、ダイナソア、オリオンミサイルシステムを中止し、引き継いだ海と空の艦隊の大部分をモスボール化することに成功した。

実際、マクナマラは、ソビエトが全面核攻撃で破壊できたよりも多くの作戦用米戦略兵器を破壊した!

{注:USSサラトガから派遣された戦闘機を(3回も)呼び戻したのもマクナマラだった。1967年の6日間戦争で、USSリバティがイスラエル軍に攻撃されたとき、サラトガから派遣された戦闘機を呼び戻したのもマクナマラだった。マクナマラの命令により、34人のアメリカ人水兵が死亡し、170人以上が負傷し、船は修復不可能な損傷を受けた。- JP-トランスクライバー}

しかし、これらすべての功績は、ヘンリー・ザ・Kがその後の8年間に軍縮ロビーのために達成したことに比べれば、かすんでしまうだろう。訛りの強い、さらに人脈の広い知識人は、最初のパグウォッシュ会議から長い道のりを歩んできた。

戦略兵器制限交渉(SALT1)はヘンリーにとって最初の大きなチャンスだった。不思議なことに、ソ連のチェコスロバキア侵攻がなければ、ヘンリーが大統領に就任する前にこの協議は終わっていただろう。第1回SALT会議は当初、1968年7月に開催される予定だった。しかし、ソ連軍の戦車がチェコスロバキアに突入し、アレクサンドル・ドゥブチェクの「自由主義の春」を粉砕すると(ソ連政府高官がチェコの独立を保証するブラチスラヴァ宣言に署名したわずか2週間後だった!)、SALT会議は1969年11月まで延期されることが決まった。

ビッグチャンスを手に入れたヘンリーは、誰にも自分の作戦を邪魔させるつもりはなかった。SALT会談では、ヘンリー・ザ・Kはもはや代役ではなかった。突然、彼は主役になったのだ。そして、他の誰にもスポットライトを浴びさせようとはしなかった。

ジョン・ニューハウスは、著書『コールド・ドーン』(SALTの舞台裏)の中で、キッシンジャーは秘密主義に取りつかれ、自分の部下を疑い、他の地位や人事を支配し、より大きな権力を握ろうと絶えず画策していたと描いている。

最終的に、ヘンリー・ザ・ナイフはSALTの唯一のアメリカ人設計者として成功する。

ポール・ニッツェやジェラード・スミスのような長年の影響力を持つリベラル派でさえ、同じCFRメンバーのキッシンジャーとうまくやっていくのは不可能だと考えた。以前のSALT会議の上級代表であったニッツェは、キッシンジャーと深刻な論争を起こし、代表団を辞めた。スミスは軍備管理軍縮庁の長官で、キッシンジャーが来る前はアメリカの武器交渉の最高責任者だった。

最後の20日間の交渉でヘンリーが彼に相談もせず、ソビエトと直接秘密取引をしたがったので、スミスは頭に血が上った。しかし結局、その地位から「引退」したのはキッシンジャーではなくスミスだった。要するに、SALTでアメリカの条件を取りまとめたのは、他の誰でもない、ヘンリー・キッシンジャーだったのだ。キッシンジャーはどのような協定を承認したのだろうか?著者のフィリス・シュラフリーとチェスター・ウォードは、800ページに及ぶ徹底的な分析書『Kissinger on the Couch』の中で、SALT1が驚くほどソビエトに有利なように傾斜していたと述べている:

両SALT協定の重要な条項のひとつひとつが、クレムリンにいるソ連の戦略専門家や計画家たちから生まれ、レオニード・ブレジネフとその側近の政治局員たちによって承認され、通常アナトリー・ドブリニン駐日ソ連大使からヘンリー・キッシンジャーに渡された。

キッシンジャーは、協定のすべての重要な条項についてソ連の口利きを受け入れただけでなく、誤解を招くとわかっていながら合理的な説明を提供することで、ニクソン大統領と国家に協定を売り込んだ。つまり、彼はソビエトと協力し、アメリカ合衆国に敵対していたのだ。彼は狡猾な見せかけで、アメリカ国民、議会、そしておそらく大統領を意図的かつ巧妙に欺いていたのだ。. .

SALT協定の実質的な条項はすべて、実際にはクレムリンが指示し、アメリカのSALT代表団が参加することなく、ヘンリー・キッシンジャーが密かに受け入れたものだった。

SALT協定はどれほどひどいものだったのだろうか?この共和国が破壊されるのを見たいという密かな欲望を持つ偏執狂的なマゾヒストでない限り、SALT協定は大失敗だった。ヘンリー1世が誇らしげに披露したSALT1条約は、陸上ミサイルで41%、海上ミサイルで94%、潜水艦で50%の優位をソビエトに認めた。

バリー・ゴールドウォーター上院議員とジョン・タワー上院議員は、他の議員たちとともに、この協定はミサイル搭載能力において共産主義者が米国に対して4対1の優位性を持つことを保証し、赤軍が原子力潜水艦を建造し続けることを許可する一方で、われわれが同じことをするのを妨害し、配備されたミサイルの数においてソビエトが3対2の優位性を持つことを保証するものだと警告した。

ブルース・K・ホロウェイ元戦略航空軍司令官は1971年、「ソ連はミサイル潜水艦を除くすべての攻撃・防御戦略兵器システムで我々を上回っている」と述べた。このわずかな優位性は、キッシンジャー長官のおかげで急速に失われつつある。

SALT1協定は、あらゆる重要な点でソ連に有利な方向に傾斜していたにもかかわらず、どうやら共産党にとってはこれでは不十分だったようだ。署名者の署名が乾く間もなく、ロシアがまたもや不正を働いたという報告がワシントンから漏れ始めたからだ。

唯一の驚きは、共産党が約束を守っていた場合だった。米国との武器・防衛に関する過去17の協定のうち、ソビエトはことごとく破ってきた。

しかし、大きな話題は、共産主義者がまた新たな協定を破ったということではなかった–この点については、悪口コラムニストのジャック・アンダーソンや、権威ある業界誌『アビエーション・ウィーク&スペース・テクノロジー』など、さまざまな情報源が一致していた–。

  • 元海軍作戦部長のエルモ・R・ズムウォルト・ジュニア提督は、声高にデタントを批判し続けた人物だが、キッシンジャーは次のように告発した:
  • ソ連による違反の可能性に関する少なくとも5つの情報報告書を議会に提出しなかった;
  • 共産主義者が協定に違反したと解釈されるような文書を避けるよう、情報当局者に指示した。
  • ソ連によるSALT協定違反の性質と程度について、ウィリアム・P・ロジャース国務長官(当時)を故意に欺いた;
  • ボイス・オブ・アメリカに対し、ソ連に都合の悪いことは東欧放送から削除するよう命じた;
  • 現在の協定の「抜け穴」や将来の軍縮計画について、ソ連政府高官と秘密裏に協議した;
  • -SALT1協定に基づいて設立された常設協議グループが違反の申し立てを調査するとフォード大統領に主張するよう説得した。

「ソ連は基本契約、付属議定書、合意された解釈、そして一方的な宣言に違反した」とズムウォルトは告発した。「アメリカはSCGに抗議した。大統領の回答はともかく、あのグループは調査機関でも事実調査機関でもないし、違反について結論を出すこともできない。. . 情報機関の証拠は議論の余地のないものだ。ソビエトは我々に嘘をついている」

提督によれば、意図的に真実を歪曲しているのはソビエトだけではない。1976年2月、『サンフランシスコ・クロニクル』紙は、ズムウォルトが6年前にキッシンジャーと交わした会話を大々的に暴露した。当時のメモにズムウォルト提督はこう書いている:

「ズムウォルト提督は、米国が歴史的な最盛期を過ぎたと感じている。彼は米国が下り坂にあると信じている。.」

彼の仕事は、歴史的な力がロシアに有利であることを認識した上で、ロシアを説得し、我々が得ることのできる最良の取引をさせることだと述べている。歴史に照らし合わせれば、彼はソビエトに有利な条件を交渉した一人として評価されるだろうが、われわれのアテネにとってのスパルタであるロシアに対して道を踏み外さないだけのスタミナがないのだから、アメリカ国民が責められるべきは自分たち自身だ」と述べている。

国務長官はズムウォルトの暴露を「軽蔑に値する虚偽」と烙印を押した。提督はこう答えた: 「キッシンジャーの答えは、嘘つきは嘘をつくということを示すもう一つの証拠に過ぎない。」

キッシンジャー時代の各年を米ソ戦の1ラウンドとして採点すると、この200周年記念選挙の年の合計は、東8、西0となる。ドイツでは、ウィリー・ブラントが交渉した1970年のロシア、ポーランドとの条約と1971年のベルリン協定は、明らかに共産党の勝利だった。ワルシャワ条約機構とNATO軍が参加する会議では、ほぼ例外なくソ連圏が優勢だった。援助と貿易の面では、共産党はまるで山賊のように利益を得てきた。軍備制限の議論でも、これまで見てきたように、パックス・キッシンジャーは共産党の一掃を意味した。

1975年7月、フィンランドのヘルシンキで、フォード大統領がアメリカを代表して、ヨーロッパ安全保障協力会議が起草したとされる文書に署名したが、実際にはヘンリー・キッシンジャーとソ連の同志が作成したものだった。

ヘルシンキ宣言は、ソ連に占領された東ヨーロッパに対する完全かつ恥ずべき裏切りにほかならない。エストニア、ラトビア、リトアニア、ポーランド、チェコスロバキア、そしてその他のソ連の衛星国に対するレイプを公認している。これは、ヨーロッパの2分の1を共産主義が征服することに、アメリカがお墨付きを与えるものだ。

一方、キッシンジャー博士は、新世界秩序の計画に対する行政府内の反対派を排除することに成功した。そして、そのやり方は必ずしも巧妙ではない。年前[1975年]、ズムウォルト提督が『ミート・ザ・プレス』に招待されたとき、キッシンジャーは(ジェームズ・シュレシンジャー国防長官を通じて)提督にパネルショーに参加しないよう命じた。

ズムウォルトが自分は政府を退役しており、ドクター・Kの命令には従わないと指摘すると、ヘンリー・ザ・ナイフは彼を軍法会議にかけると脅した。最終的に妥協が成立し、ズムウォルトは戦略兵器制限交渉について議論しないと約束する限り、予定通り出演することが認められた。

シュレジンジャー自身は、国防総省で年功序列を得るほど長くは続かなかった。

1975年11月、国務長官との間に「緊張が高まっている」という理由で、フォード大統領によって解雇された。その数日後、国防情報局長のダニエル・O・グラハム中将も辞表を提出したことを知り、キッシンジャーは満足げな笑みを浮かべたに違いない。

シュレジンジャーもグラハムも強硬な保守派とは言えなかったが、二人ともデタントに深刻な懸念を表明していたし、ソビエトの大規模な軍備増強に公然と警戒感を示していた。しかし、ワシントンの合言葉は、「スーパーKのやることすべてに賛成する必要はない。一方、ソビエトは猛烈な勢いで軍事態勢を強化し続けている。国防総省のマルコム・R・カリー研究局長は1976年2月、上院委員会で、共産主義者たちは「大規模で断固とした努力を開始し、ソビエトは技術レベルを容赦なく高めている。」

カリーは、この1年間のソ連の成果を次のように挙げた:

  • 新型大陸間弾道ミサイルの高精度誘導の急速な進展;
  • 対弾道ミサイル計画における集中的な研究;
  • 海中監視と戦略的防空システムの新開発;
  • 積極的な宇宙開発計画により、ロシアは1975年に米国の8倍の軍事宇宙船を打ち上げた;
  • 攻撃型潜水艦や誘導ミサイル艦の標的情報を提供するためかもしれない」海洋監視用の2種類の新型衛星の開発。

言い換えれば、米国が立ち止まっている間(後退している部分もある)、ソビエトは積極的に前進している。チェスター・ウォード提督とフィリス・シュラフライ提督の普段は抑制的な執筆陣が、ヘンリー・キッシンジャーは「アメリカ国民全体をクレムリンの人質」にしていると非難するほど、状況は危機的である。

我利我利亡者で降伏しがちな国務長官を止めない限り、「われわれは世界史上かつて目撃されたことのない規模の大量殺人のためにハメられたのだ」と彼らは警告している。

ウォード提督とシュラフリ夫人が集めた事実に疑問を呈するものではないが、私たちはこの警告を支持する。

確かにウォード提督とシュラフリー夫人が集めた事実に疑問は持たないが、彼らの結論には共感できない。ヘンリー・ザ・Kがわれわれを核兵器による絶滅に向かわせようとしている可能性はあるが、本当の目的は核爆弾ではなく、核による恐喝である可能性の方がはるかに高いとわれわれは考えている。

なぜアメリカは武装解除されるのか?その答えは、新世界秩序の最後通牒のための準備が進められているからだと私たちは考えている。キッシンジャーとネットワーク・メディアの少年たちは、この状況が準備されている間、耳も聞こえず、口もきけず、目も見えないままであった。共産主義者たちは、自国の国際主義者たちと手を取り合っている。

前者がヘンリー・Kのおかげで十分に強くなったとき、後者(それほど偶然ではないが、ヘンリー・Kが率いる)は、われわれが国家主権を廃棄し、一つの世界政府に合併しなければならないと主張するだろう。

このシナリオ全体は、25年以上前に国際銀行家でありCFRの重鎮であったジェームズ・ウォーバーグが上院外交委員会で行った発言と一致している。彼はこう言った。「あなた方が好むと好まざるとにかかわらず、私たちは世界政府を持つことになる。」

影の政府は、長年にわたってアメリカの独立のために、まさにそのような結末を目指して活動してきた。これらの政策をすべてヘンリー・キッシンジャーが作り上げたと非難するのは正確ではない。彼は、わが国の独立の最終期になると信じている米国の軍縮を創造し、工作し、売り込む、紛れもないチャンピオンである。

しかし、米国の武装解除は筋書きの半分でしかない。ボリシェヴィキが権力を掌握するとほぼ同時に始まった、西側諸国によるソビエト連邦への援助の長い歴史は、それと同じくらい重要であり、さらにあまり公表されていない。西側、特にアメリカが、文字通りソ連の産業・軍事複合体を作り上げたことを立証するのが本書の目的ではない。

この魅惑的で、ほとんど信じられないような武勇伝は、別の場所で語られている。(著者の前著『ロックフェラー・ファイル』の「ビッグ・レッド・マシンの建設」や、アントニー・C・サットン教授によるこのテーマに関する一連の重要な研究を参照されたい)。

ソ連圏が北ベトナムに提供した戦争物資の80%は、アメリカからの物資がソ連の港に荷揚げされ、アメリカがロシアで世界最大のトラック製造施設の建設を支援していたまさにその時、現地でアメリカ人や南ベトナム人に対して使用されたものだった!

何千もの戦略物資が共産主義者への輸送を許可され、納税者から補助金を受けたアメリカのクレジットがその購入資金を賄った。

ソ連は、以前と同様にデタントの時代にも、生き残るために西側の技術と西側の食糧を必要としてきた。ロシアがそのような商品を購入するために必要な長期の低利融資を、アメリカの納税者に融資してもらうという独創的な方法によって、ソ連はその両方を手に入れてきた。

輸出入銀行(ExIM)はソビエトに数億ドルを融資しており、バージニア州のハリー・F・バード上院議員は「数十億ドルの融資が計画されているようだ」と警告している。

アメリカ人は10%、12%、あるいはそれ以上の金利を払って融資を受けなければならないが、エクスイムは6%の金利で赤軍に金を貸している。取引を扱う銀行と商品を売る実業家は大儲けだが、最終的にその代償を払うのはアメリカ国民である。共産主義ロシアの工業化は、少なからず、まさにこのような形でアメリカの税金によって賄われてきた。

ソ連の鉄鋼生産高が米国を上回っているのは、米国をはじめとする自由世界の企業がソ連に投資したためである。世界最大の鉄鋼工場は、アメリカに本社を置くマッキー社によってソ連に建設された。ソ連は現在、世界最大の石油生産国である。これは、西側諸国(主にアメリカ)がロシアの石油とガスの潜在力を開発したためである。

過去3年間、ソ連軍が東南アジアの征服を完了している間、アメリカはロシアのカーマ川に世界最大のトラック工場を建設していた。同じ時期に、我々は世界最大のタンカー造船所に融資し、建設し、設備を整えていた。黒海では世界最大の肥料コンビナートを建設した。そしてセヴェロンデネッツの非常に大規模な化学工場である。

1975年4月、フォード政権は、先進的な設計の巨大IBMコンピューター11台のソ連への売却を実際に許可した。この取引から数日後、(CFRとつながりのある大物ディーラーで構成される)銀行コンソーシアムがソ連に2億5000万ドルを「無条件で」融資することが発表された。

そしてまさにその日、バンク・オブ・アメリカは別のシンジケート団がソ連に5億ドルを融資する用意があると発表した。このすべてにパターンがあることがわかるだろうか?

キッシンジャー国務長官は昨年、「ソ連は貿易よりも信用に大きな関心を持っている。」

ヘンリーが気づかなかったのは、過去の実績を考えれば、ソ連はこのような取引で得るものはすべてあり、失うものは何もないということだった。結局のところ、第二次世界大戦中の110億ドルのレンドリース債務をたった7億2200万ドル、つまり1ドル7セントでソ連に返済させることに合意したのは、デタント志向の国務省の連中だったのだ。共産党は3200万ドルしか払わず、残りを放棄した。

エルモ・ズムウォルト提督はこの状況を、お世辞にも良いとは言えないが、率直に言って正確な一節でこう表現している:

「ソビエトは今の米国を、太陽の下で乳を咀嚼し、巨大な乳房が2つあり、1つは穀物、もう1つはテクノロジーと書かれている。その牛は乳を搾り取られながら、満足そうに尻尾をピクピクと動かしている」

過去8年間、キッシンジャー氏がソ連の友人たちのために手配した無数の取引のうち、世間にスキャンダルになりかけたのは1つだけだった。それは、キッシンジャー長官の他の協定や約束よりも重要なものではなかった。

もちろん、1972年の「大穀物強奪」のことである。ブリンクスの強盗事件が、まるで幼稚園児がビー玉4個とちょっと舐めたロリポップ1個を強奪したように思えるほどのパフォーマンスだった。

ほとんどのアメリカ人が事態を知る前に、ソビエトはアメリカ産小麦のなんと25%をバーゲン価格で買い占めていた。その結果、パンの価格は突然天井を突き破った。しかし、それは物語のほんの一部に過ぎなかった。われわれは、ソビエトが購入できるように融資し、穀物をソビエトに運ぶための運賃も補助した。

キッシンジャーはこのソ連の成功に続き、1975年10月に、1976年産から毎年最低600万トンの米国産穀物を購入する権利をソビエトに与える5年契約を結んだ。これは「スワップ取引」であり、我々は普段は空っぽのソ連の食料庫に在庫を確保し、その見返りにソ連は毎年1000万トンの石油と石油製品を売ってくれることになっている。

1976年秋の5年協定発効までに、ロシアはさらに700万トンのアメリカ産穀物を購入することができる。全米農民組織のオレン・ステイリー会長は、この協定を「アメリカ農民の自由市場に対する法外な干渉」と呼んだ。ステーリーは、この協定は「復讐に燃えた政府の独裁」を意味すると述べ、アメリカの農民は「嘘をつかれ、裏切られ、川を売られた」のだと付け加えた。

ロシアがアメリカ産小麦、アメリカ産とうもろこし、アメリカ産米を注文している間に、アメリカの食料価格は2年間で29%も上昇していた。この状況下で、キッシンジャーとその取り巻きが共産主義者たちにアメリカの穀物を運び出すよう懇願するのは、実に奇妙なことだった。

しかし、デタントの狂気はそれだけにとどまらなかった。1975年までには、国防総省がこのプロジェクトに5,750万ドルを投資した後、アメリカ政府がアメリカの民間企業に、洗練された新型貨物船の設計図を2セット、それぞれ50万ドルでソビエトに売ることを許可するなど、とんでもない極端さにまで達していた。このプロジェクトには国防総省が5750万ドルを投資した。

キッシンジャーが取り決めた赤中国との取引は、ソ連圏との「貿易」と同じようなものだ。われわれは数多くの譲歩をしてきたが、見返りを求めてこなかった。

ソ連と赤の中国におけるビッグレッドマシンの建設は何を意味するのか?ソビエト連邦のために世界最大級の工場を建設し、最も洗練された米国の技術や設備を出荷することは、多くの意味を持つ。

ソビエト連邦を発展させるための西側技術の使用に関する世界的な第一人者であるアントニー・サットン教授は、『国家的自殺』という挑発的だが非常に意図的な題名で、このテーマについて一冊まるごと本を書いている。

我々がソビエトのために建設している工業プラントの軍事的可能性は、誰の目にも明らかなはずだ。トラック、航空機、石油、鉄鋼、石油化学製品、アルミニウム、コンピューター……これらはまさに軍産複合体の支脈である。アメリカの天才の産物であり、アメリカの資本が出資したこれらの工場は、アメリカ国内で建設することもできたはずだ。その代わりに、アメリカの税金でソビエト連邦に建設されている。ソビエト連邦は、その支配者がいまだに何百万人もの人々を強制収容所に閉じ込め、われわれを葬り去ると誓っている国である。

覚えておくべきもう一つの重要なことは、アメリカの資本とアメリカの技術を使ったロシアの工場が、ソ連の奴隷労働者を使って、世界市場でアメリカの労働者が生産したものを下回る商品を生産する可能性が高いということだ。アメリカの対外援助で建設されたヨーロッパやアジアの工場で働く外国人労働者に、すでに何千人ものアメリカ人が職を奪われているのと同じだ。

AFL-CIOのジョージ・ミーニーは、穀物、技術、防衛、機密、雇用の継続的な提供に対する彼の気持ちを簡潔に要約している:

「われわれはその一部も望んでいない。ソ連の奴隷労働者によって作られた安価な商品がこの国に流れ込むことに興味はない。アメリカの労働者が奴隷労働によって居場所を奪われることには興味がない」

米議会のデタントに関する公聴会で証言したミーニーは、輸出入銀行の優遇金利についても非難した:

「6%で融資を受けられるアメリカ人がいるだろうか?」これは貿易ではない。これは貿易ではない。

しかし、雇用も重要だが、共産主義者への援助にはもっと重要な側面がある。私たちの自由と独立の存続が危機に瀕しているのだ。

サットン教授は、誰も反論しようともしない豊富な証拠を集めた。第一に、サットン教授は共産主義が技術革新や高い生産性を生み出すことのできない停滞したシステムであることを示している。共産主義が生き残るには、たとえ捕虜が自給自足できるレベルであっても、資本と技術の定期的な注入が必要だった。西側からの援助がなければ、ソ連はとっくに崩壊していただろう。

ソ連はまず、ハーバート・フーバーによって食糧で救われた。次にレーニンの新経済計画が登場し、超資本家をロシアに戻した。続いてFDRがロシアを外交的に承認し、ソビエトは切実に必要とされていた債権を手に入れることができた。第二次世界大戦は、110億ドルのレンドリースの蛇口をひねった。

第二次世界大戦後、ロシアはドイツの工場や科学者の多くを奪うことを許された。ケネディ政権時代には、飢えたソ連の工場労働者に小麦を供給し始めた。 ベトナム戦争では、アメリカは東欧圏に重要な物資を輸送した。東欧圏は北ベトナムに自国の兵士を殺すための戦機を提供していた。そして今、アメリカは世界最大のトラック工場、非常に洗練されたコンピューター、その他製造技術の宝庫を供給している。

1975年4月15日付のウォール・ストリート・ジャーナル紙は、この信じられないような記事を締めくくった: 「米国は燃料加工用ウランのソ連への輸送を静かに許可した。信じられない話だろうか?」

おそらくデタントに最も雄弁に反対しているのは、亡命ソ連人作家のアレクサンドル・ソルジェニーツィンだろう。彼はこう問いかけている:

「ヘルシンキの精神とデタントの精神は、ソ連内の我々にとって何を意味するのか?全体主義の強化だ。あなた方には穏やかな雰囲気に見えるが、われわれにとっては全体主義の強化なのだ」

そしてこう付け加えた:

「あなたがたは、これが休息だと思っているが、それは想像上の休息だ。破壊の前の休息だ。われわれにはまったく猶予がない。私たちはさらに首を絞められている。. . 」

ソルジェニーツィンは1975年にアメリカを訪れた。ソ連とアメリカの共同宇宙飛行と 「宇宙での握手」のまさにその時だった。話し言葉も書き言葉も、彼の存在そのものが、キッシンジャー、ロックフェラー、CFRの政策を嘘であると烙印を押した。収容所群島での実体験から、共産主義がおとなしくなっていないことを証言できる人物は、ワシントンのエスタブリッシュメントにとって明らかに厄介な存在だった。

キッシンジャー長官はフォード大統領に、ソルジェニーツィンの見解は米ソ関係の安定を危うくすると進言した。ヘンリー・ザ・ナイフは、歴史上最も凶悪な暴君や最も血なまぐさい殺人者と微笑みながら握手してきたが、ノーベル賞受賞者との面会を拒否した。ヘンリー・ザ・ナイフは大統領にも会わないように進言したため、ホワイトハウスはこの著名な自由の擁護者を無視した。

キッシンジャーとフォードのチームは、我々を葬り去ると誓った。「同盟国」のために、伝統的なアメリカの原則を支持する人物を無視したのだ。

ヘンリーはいったい誰の味方なのか?

第5章

もちろん、レッドチャイナの策略にはもっと不吉な理由があるかもしれない。それは、シャドウ・ガバメントの熱狂的な表面活動の根底にある、世界のエネルギー資源の支配という理由である。

ジョン・ラリック下院議員が1971年7月に報告している:

「また4月の初めには、赤い中国が領有権を主張する地域を含むアジア太平洋地域で、豊富な石油が発見されたという報告が漏れた。石油開発企業の中には、秘密裏に行われたビルダーバーガー会議の代表企業も含まれていた。そして6月には、チェイス・マンハッタン銀行が石油探査に600万ドルを投資する用意があり、1980年までにアジア太平洋地域に2500億ドルの自由世界からの投資を予測しているとの情報がもたらされた」

その年の暮れ、新聞は極東で「素晴らしい探鉱競争」が進行中であると報じた。

赤い中国の策略

16年前、ヘンリー・A・キッシンジャーは、他のアメリカ人少年と同じように、赤い中国の支配者たちを心配していた。彼は当時、こう書いている:

「1978年までに中国が1960年のソ連並みの核戦力を持つようになるという見通しは恐ろしい。核抑止の概念の多くは、人命をこれほど無慈悲に軽視する国には当てはまらないかもしれない」

人命軽視?もしこのようなレッテルを貼られるような集団があるとすれば、それは中国本土の共産党指導者たちだろう。彼らは権力を強化するために、3000万から6000万人の自国民を虐殺した!しかし、12年の歳月を経て、状況はどのように変わったのだろうか。

「我々は今、受け入れる。人民との関係が改善された。中華人民共和国との関係改善に照らし合わせれば、大統領が最初の声明で要求した追加的な保護を見送るという代償を払うこともあり得るだろう」、

ヘンリーは1972年にそう言った。そして、「第三の核保有国が米国を攻撃するという考えは、かなり遠い可能性だ」と付け加えた。

この12年間、中国の支配者は少しも変わっていなかった。しかし、ヘンリーは180度旋回した。それは何を意味していたのか?

1971年7月1日、国家安全保障問題担当特別補佐官のヘンリー・キッシンジャー一行は、ほとんど窓のない巨大なKC-135(ボーイング707の軍事版)に乗ってワシントン近郊のアンドリュース空軍基地を出発した。ヘンリーには、副官の一人であるハロルド・サンダース、極東問題を専門とするスタッフの一人であるジョン・ホールドリッジ、特別補佐官のウィンストン・ロード、外務官僚で東南アジアの専門家であるリチャード・スマイザー、そしてシークレットサービスの捜査官2人が加わった。

(その数カ月前、スマイザーはワシントンでちょっと変わった事件の司会を務め、別の種類の見出しを飾ったことがある)。スマイザーの晩餐会ではネクタイは任意だったが、ズボンは禁止だった。彼のパーティーでは、男性はズボンを履くことが許されなかった。あるゲストは、あるコメンテーターが「ズボンなしの乱交パーティー」と呼んだように、アメリカの国旗で作ったドロワーズを履いて出席した。スマイザーは彼をくつろいだ気分にさせた)。

少なくともワシントンのプレスリリースを見る限り、彼らの表向きの目的地は南ベトナムと他の極東諸国であった。しかし、テンデイの「事実調査」旅行には、はるかに不吉な目的があった。

キッシンジャー一行がパキスタンに立ち寄った間に「消えた」のだ。キッシンジャーは「少し具合が悪く」なり、ラワルピンディから北に60マイル離れた人里離れた丘の駅に「療養のため」に行ったと言われていた。

代わりに7月9日、キッシンジャー一行はパキスタンから北京までさらに2,300マイルを密かに飛び、中国共産党の指導者たちとの49時間に及ぶ前例のない訪問を開始した。

これは、ヘンリー・キッシンジャーによる9回にわたる中国訪問シリーズの最初のものだった。キッシンジャーにとっては、これまでで最も華々しい外交的クーデターであったことは間違いない。それは紛れもなく、アメリカの外交政策に大きな変化をもたらした。

この北京での策略は、リチャード・ニクソン大統領の訪中への布石となった。他のキッシンジャー訪日を先取りし、ジェラルド・フォード大統領の訪日の下地も作った。それは、中華民国が放棄され、第二次世界大戦の盟友であり国連の創設者である中国が世界の少年から追放されたことと並行して、米中関係の「雪解け」が始まったとされる。

キッシンジャーによる極秘の突然の訪問は、米北京間の貿易関係の基礎を築き、そしておそらく何よりも重要なのは、赤の中国の指導者たちに東洋全土で計り知れないほどの面目を与えたことである。

対華開放はすべて秘密裏に行われた。開国がどのようにして実現したのか、ヘンリー・キッシンジャーと赤の中国の指導者たち(そして後に2人のアメリカ大統領と赤の中国のホスト)との間で交わされた長時間のおしゃべりの中でどのような取引がなされたのか、この「開国」の最終的な代償は何なのか、私たちはまだ知らされていない。「開国」は秘密裏に始まり、秘密会議は今も続いている。

キッシンジャーは明らかに、赤中開国における自分の役割を、彼のホワイトハウスでのキャリアの特徴のひとつとみなしており、アメリカにとって大失敗に終わったベトナムでのアメリカの大失敗を、赤中との和解に比べれば重要でない脚注として無視するほど、重大な行為だと考えている。

この12年間で、キッシンジャーは、核兵器を持つ無慈悲な指導者への懸念から、大量殺人者である毛沢東や周恩来への甘美な賛辞に至るまで、公の場での発言がころころ変わった。

アメリカの指導者たちが、人間の残虐性、大量処刑、大量殺人、恐怖の押しつけの歴史において、現代人類史上類を見ない政権と手を結ぼうとしたことは、恥に満ちた10年間で最も恥ずべき出来事のひとつであった。

不思議なことに、リチャード・ニクソンの最初の主要人事に対する最初の指令が、まさにそのような展開に関係していたことが最近報道された。就任後12日以内に、ニクソンはキッシンジャーに、北京とワシントンの和解を実現するための計画を立案するよう指示したと言われている。しかし、このアイデアは本当にどこから生まれたのだろうか?

誰が数えるのかにもよるが、最も控えめに見積もっても、中国共産党の指導者たちは、中国本土の占領、その後の粛清、そして1960年代の「偉大な文化革命」の間に、3400万人から6400万人の無力な犠牲者を意図的に殺害した。このような天文学的な数字と並べると、ナチスの残虐行為の数字でさえ比較にならない。(図は、上院国内安全保障小委員会の報告書『共産主義の人的代償』による) {注:前世紀に入る前から、メディアは共産主義者/シオニスト/ボリシェヴィキ政権に支配されてきたため、いわゆる「ナチスの残虐行為」は事実というより捏造であったようだ。ドイツの収容所に捕虜として収容されていた将校を含む米軍兵士からの報告、国際赤十字からの報告、ジャーナリストからの報告(米国の新聞に掲載された数少ない報告)、その他多くの報告を総合すると、同じことを語っているように見える: 残虐行為はなかった。収容された多くのユダヤ人は、ドイツの戦争努力を妨害しようとした共産主義者の潜入者でもあった。これらの事実を知ってから数年後、私たちが最初に知るべき最大の手がかりは、アドルフ・ヒトラーが際限なく誹謗中傷されてきたことだった。今日、サダム・フセインとアドルフ・ヒトラーを比較しているのと同じメディアが、共産主義中国や 「ジョーおじさん」スターリンによる残虐行為については沈黙を守っている。考えてみてほしい。- JP – 書き起こし}

さかのぼること1959年11月、当時ニューヨーク州知事だったネルソン・ロックフェラーは、オレゴン大学の講演で学生たちに、アメリカは赤中国と「親密な」関係を築くべきだと語っていた。

もちろん、親赤化派のロビー団体は、まさにそのような「開放」を求めて何年も前から積極的なキャンペーンを張っていた。ハーバードを拠点とする学者たちは、特に毛沢東を受け入れることに熱心だった。実際、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)のそのような教授たちのグループは、1968年の秋に、共産中国との「和平」を達成するために取るべき措置を概説した覚書を作成した。その覚書は「ニクソン次期大統領」宛に送られ、その宛先は……おわかりだろうか?– ヘンリー・A・キッシンジャーだ!この覚書は、来るべき出来事の長い影を投げかけていた:

. . . あなた[ニクソン]は、中国共産党の指導者とあなたが信頼する人物との間で、秘密裏に、おそらくは否定できるような会話を手配する可能性を真剣に探るべきだと提案している。中国側がそのような使者を迎えることを拒否するかもしれない。それにもかかわらず、アメリカの態度を改めるよう合図を送る努力をすべきである。中国、両ベトナム、その他の分断国家を国連に参加させる。アメリカの対中貿易禁輸を修正する機会を早期に見出す。

そして、キッシンジャー=ニクソン政権が、恋に飢えたカサノバのように赤化中国に求愛し始める少し前に、デビッド・ロックフェラーが香港で記者会見を開き、共産中国との貿易開放を呼びかけたことは、確かに重要だ。その後、毛沢東たちはロックフェラー一家のチェース・マンハッタン銀行を、中国とアメリカの貿易を担当する赤の中国の公式代表に任命することになる。

要するに、すべての兆候は、ニクソンによる中国へのイニシアチブではなく、影の政府によってすでに計画され準備されたイニシアチブに対するニクソンの反応であり、ホワイトハウスにおけるインサイダーの第一人者であるヘンリー・A・キッシンジャーによって実行されたことを示している。

特にアジア人は、北京への開国をめぐる騒ぎの中で、中国からそのような新しい関係を求めるシグナルが一度も発せられなかったという事実を重視してきた。中国の主要な高官がワシントンに頭を下げ、アメリカの権力者たちの足元にひれ伏すようなことは一度もなかった。「すべて逆だった。面子」というゲームでは、中国共産党はすべてのラウンドで勝利した。

事実、北京を持ち上げ、台湾を格下げするための周到に計画された宣伝活動は、すでにかなり進行していた。人民大会堂でのニクソン大統領とフォード大統領の豪華なレセプション、大統領一家が陽気なコミューンを訪問する精巧に演出された舞台劇、中華料理が山盛りに盛られた宴会テーブルなどが、この宣伝活動を際立たせていた。

ジョン・スチュワート・サービス、ジョン・パトン・デイヴィス、ジョン・カーター・ヴィンセント、オリバー・エドモンド・クラブなど、毛沢東、ホー・チーミン、周恩来に多大な貢献をした第二次世界大戦時の共産主義政策立案者たちのような 「オールド・チャイナ・ハンド」の更生も、この頃にはほぼ完了していた。北京の虐殺者たちは以後、もはや侵略者とは見なされない国家の穏健で責任ある指導者と見なされるようになった。

韓国とベトナムに関する最近の歴史や、チベットへの残忍な侵略と併合といった不快な事実は、都合よくオーウェルの記憶の穴に捨てられた。ワシントンは、変わりつつある中国が世界社会でその地位を占めているというイメージを作り上げることに全力を尽くした。このインチキ寸劇の演出家、プロデューサー、振付師はもちろんヘンリー・キッシンジャーだった。

誰もがこの新しいシナリオを信じたわけではない。特筆すべき例外は、FBI長官のJ. エドガー・フーヴァーであった。彼の突然の死は、赤化した中国への抱擁に陶酔している最中であり、控えめに言っても好都合であった。

キッシンジャーの友好的な伝記作家、チャールズ・アッシュマンは次のように語っている:

「キッシンジャーは長い間、フーバーを強制的に引退させるべきかどうかの論争には口を出さなかった。. .」

その後、ニクソンが赤中国への訪問を発表しようとしていたとき、J.エドガーはヘマをした。それは、理論家であり先任者であったキッシンジャーにとって思い入れのある事業であった。キッシンジャーは、ネルソン・ロックフェラー知事に内々に伝えていた、中国への扉を再び開くための計画を再開させるために、3年以上も待っていたのだ。. .

フーバーは、大統領の訪中計画が持ち上がったときに相談された一握りの高官の中にはいなかった。. .

それは驚くべきことではなかった。フーバーは議会の委員会に出席した際、「アメリカは共産中国にとってNo.1の敵だ。われわれの国家安全保障に対する最も強力な脅威は赤中国である」ザップだ!キッシンジャーは激怒した。

キッシンジャーは、FBI長官のコメントが公表されないよう静かに取り計らった。しかし、FBI長官はそれを『退役軍人会』に公表した。その結果、貿易や文化の使節団を装った赤の中国のスパイが、国家に押し寄せると警告する辛辣な記事が掲載された。フーバーは1972年春に死去したが、アシュマンに言わせれば、その頃には「彼の時代はおそらく終わっていた」のである。

同じ年、ホワイトハウスはアメリカ情報局(右翼の反共団体とは言いがたい)が製作したドキュメンタリー映画を弾圧した。その映画『消えた国から来た男』は、チベットの精神的指導者ダライ・ラマの逃亡を頂点とする、赤い中国によるチベット占領を描いていた。ダライ・ラマは、赤の中国人はチベットの自治に関する約束をことごとく破ったと語った。

しかし、このときまでにキッシンジャーは、新しい友好国は常に 「約束を守ってきた」と宣言していたのだから、歴史は彼を支持するように捏造されなければならなかった。納税者たちは、10万ドル近くを支払ったにもかかわらず、このフィルムを見ることはなかった。

1975年までには、赤の中国を困らせるようなことは許さないというヘンリーの決意は、絶対的な恐怖症になっていた。リベラルのコラムニスト、ジャック・アンダーソンでさえ、こう報告している:

ヘンリー・キッシンジャー国務長官は、中国共産党との間に築いた特別な関係に非常に敏感で、中国の問題については、それがどんなに些細なことであっても、すべて彼自身が決定している。

キッシンジャーが直接手を下した些細な事柄のひとつは、アメリカ建国200年祭への中華民国の参加を控えめにしようとしたことである。キッシンジャーの指示は「国民党(台湾)をできるだけ目立たなくすること」だったとアンダーソンは報告している。

1971年、キッシンジャーはこう宣言した:

「我々の立場は、最終的な処分、つまり台湾と中華人民共和国の最終的な関係は、台湾と中華人民共和国との直接交渉によって解決されるべきだというものだ」

自由で独立した国家である中華民国が、島の名前である台湾となり、歴史的には大陸の一省に過ぎなくなっていたことに注目してほしい。この降格は、世界中にはっきりと示された外交的反発だった。

赤の中国側は、米国が中華民国での軍事的プレゼンスを縮小するという事前保証を得るまでは、ニクソンの最初の訪問に応じないだろうという趣旨のリークが、ほとんど同時にワシントンからなされた。

当時、そのような「取引」は否定されたが–結局のところ、ワシントンの誰が、米国が赤中国の条件を呑むために屈服したと認めることができただろうか?– フォード大統領でさえ、今では自由中国に対するアメリカの軍事援助が大幅に削減されていることを認めている。

1972年のニクソン訪中時に発表された、いわゆる「上海コミュニケ」に、来るべき事態の形が示されていた。このコミュニケでは、アメリカは台湾が中国の一部であることを認め、「台湾からすべての米軍と軍事施設を撤退させるという最終目標を確認する」と述べられている。

そして、完全に裏切られたこの島国が、最も強固な反共の同盟国であっただけでなく、第二次世界大戦後、経済的奇跡を成し遂げたこの国の転覆を、我々の指導者たちが手助けしていたことも忘れてはならない。1975年12月11日、フィリップ・M・クレーン下院議員は同僚議員にこう語った:

「首都台北の家族生活を最近調査したところ、共産主義の中国本土やアジアのほとんどの地域では知られていない生活水準であることがわかった。半数以上の家族が自分の家に住み、残りのほとんどはアパートに住み、政府から支給された住宅に住んでいるのはほんの一握りである。. .」

このような成果を最も顕著にしているのは、中華民国が世界で最も人口密度が高いという事実である」

その多くが米国の対外援助によって達成された、あるいは少なくとも着手されたことは事実だが、自由中国がこの国から受けた融資や助成金を返済している、地球上で数少ない国のひとつであることもまた事実である。このことは、ソ連が第二次世界大戦から110億ドル以上の借金をいまだに抱えているという事実と同じくらい頻繁に報道されている。

長引くウォーターゲート事件の影でついに辞任を余儀なくされたとき、ニクソン大統領は、その短い在任期間中に米中間の「扉を開けた」という事実を大々的に報じた。

しかし、アメリカが見捨てた伝説の指導者の未亡人である蒋介石夫人は、物事をよりよくとらえた。「本土のドアの鍵が開けられるというのは、本当ならとても良いことです」と彼女は言った。「ドアの鍵を開けるということは、自由に出入りできるということだ。残念なのは、私たちの同胞が誰一人としてこの国から出ることを許されず、強制された農奴制を強いられていることです」

1975年、ジェラルド・フォード大統領が北京を訪問した後、キッシンジャーは、北京との国交回復の次のステップは、米国が民族主義中国との国交を断絶し、台湾駐留兵力を大幅に削減することだと強くほのめかすことができた。

ヘンリー・ブラザーは『ワシントン・スター』紙上で、まさにそれを直接的に述べた:

フォード大統領の中国訪問の結果、長い間迂遠な言葉や敬虔な意図に隠されていた明白な事実が、ついに公然と姿を現した: アメリカは、中華人民共和国と全面的に正常化された関係を築きたいのであれば、中国国民党政権に対する文書と道徳的な約束を破棄し、台湾を漂流させなければならない。

その2年前、キッシンジャーは自分の立場と上司の計画に十分な自信を持ち、ワシントンの「どんな政権であろうと」アメリカ本土との友好関係は続くと、紅い中国の友人たちに保証していた。結局のところ、政権は行ったり来たりするが、ロックフェラー家は存続するのだ。

1973年、キッシンジャーは病身の毛沢東と3時間近く会談した。例によって、この会談で何が話し合われ、どのような合意がなされたにせよ、秘密裏に行われた。しかし、北京政府関係者は、この会談は「はるか将来を見据えた」ものであり、「大きな意義があった」と述べている。

1975年のキッシンジャーの準備旅行の後は、アメリカ人が寓話的な天の王国に到着した一連の訪問の中で、最も不本意な訪問であったに違いない。ジェラルド・フォードとその一行が北京に到着したとき、実際、達成されたことはほとんどなく、ミッションの終わりには共同コミュニケすら発表されなかった。この訪問は、以前に行われた訪問よりもさらに不必要なものに思えた。

確かに、いつものように豪華な晩餐会が開かれ、紅い中国人のモペットたちが一斉に拍手し、演劇や体操が披露され、中国の神社を訪れ、ベティ・フォードは舞踊団と共演した。しかし、ホワイトハウスのロン・ネッセン報道官は、何も起きていないから何も達成されていないと思い込まないようにと記者団に注意を促した。

もちろん、問題のひとつは、赤の中国上層部がアメリカの臨時大統領に一時的な関心しか持たなかったことだろう。

AP通信は、毛沢東が最大の歓迎をしたのは、フォードではなくキッシンジャーだったと報じた。毛沢東は、アメリカ人が到着したとき、少なくとも半分間は笑顔のキッシンジャーの手をポンポンと叩いた。その後、別れを告げるとき、毛沢東はフォードよりも長くキッシンジャーの手を握った。このような一見些細なことは、ほとんどのアメリカ人には無視されるかもしれないが、外国の指導者たち、特に東洋の指導者たちは、このようなデモが何を意味するか正確に知っていることは間違いない。

キッシンジャー氏も同様だ!では、本当のところはどうなのだろうか?キッシンジャーが、「中国は自由の大義を失っている」、「いたるところで共産主義がその周辺を積極的に圧迫している」という1961年の評価を忘れているのは明らかだ。(少なくとも、彼はその発言を忘れてほしいのだろう)。

何が起こったのだろうか?1961年に彼が、「冷淡な狂信者」と評した男たちは変わったのだろうか?それとも彼が変わったのだろうか?

確かに、アメリカ国民は、レッドチャイナの策略によって何が得られるのかを知る権利がある。世界平和に不可欠であり、危険な関係の雪解けを意味すると言われてきた。ビジネスにとっても良いことだと言われてきた。

— 小さな島である台湾が、原始的で後進的な大陸経済を1000分の1の割合で輸出しているという事実を無視して。

最後に、7億から8億の人間を支配している指導者たちとの関係を改善する努力をしないわけにはいかないと言われている。その一方で、赤化中国に門戸を開くべきだと言う同じ識者や政策立案者が、世界平和の脅威としてローデシアを隔離すべきだと主張する。なんという偽善だろう!

赤化中国が「ほほ笑み外交」を展開し、ヘンリー・キッシンジャーが提唱するグランド・デザイン(米国を世界政府へとゆっくりと統合していく構想)に安住している一方で、北京の支配者たちは、われわれの喉元に手を伸ばそうと積極的に準備を進めている。

1961年に出版された『選択の必要性』の中で、ヘンリー首相は「この危険(中国の核能力)が発展していくのを、現職の指導者たちに代わって、より人道的な指導者たちが現れると信じて、ただ傍観していていいのだろうか」と憂慮している。もちろん、「より人道的な集団」は現れなかった。しかし、1972年までには、キッシンジャーは現職の指導者たちが核攻撃を仕掛けてこないことを信じていた。

ヘンリー・キッシンジャーが公の場で中国からの軍事的脅威を軽視する一方で、中国の共産主義者たちは核兵器を増強し、すでに世界第3位の海軍力を持つまでに発展させている。ロンドンの戦略研究所によれば、赤中国はすでに60隻の潜水艦と600機の航空機を含む1000隻以上の艦船を配備しており、さらに多くの艦船が常に建造されているという。

1975年までに、中国は20キロトンから3メガトンまでの16個の核爆弾を爆発させた。占領下のチベットにある人里離れた実験場で、中国は初の大陸間弾道ミサイルの発射準備を進めている。北京ヒエラルキーがヘンリー・キッシンジャーの手を 「勢いよく」振り、わが国の大統領たちに山盛りのチャーハンを提供している間に、中国が攻撃兵器の質と量を増やすクラッシュ・プログラムに取り組んでいたことを、この出来事は強く示している。

著者のフィリス・シュラフリーとチェスター・ウォードは、『Kissinger on the Couch』の中で、国務長官が中国の核能力に関して故意に議会を欺いたと非難している。

例えば、SALT1のブリーフィングでキッシンジャーは、「中国の核戦力に関する我々の推定は、セーフガードが開発された当時とほぼ同じである。しかし1970年2月、メルビン・レアード国防長官は、中国がすでに大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験が可能であることを認めた。そして彼は、「今後数年のうちに」中国がICBMの運用能力を持つことを期待していると付け加えた。

1972年2月17日までに、レアードはこう報告していた:

中国の核攻撃能力の成長は、それが存在していた短い期間と克服しなければならなかった手ごわい障害を考えると、驚くべきものであった。. .

中国が固体燃料ミサイルの配備に取り組んでいる証拠がいくつかある。. .

この1年半の間に打ち上げられた2基の中国の宇宙衛星、1964年以来約12回行われた核実験は、ミサイルと弾頭の両方の開発においてかなり高度に洗練されていることを示している。

その1年後、国防長官はさらに「ミサイルと爆撃機の両方における中国の核攻撃能力の著しい成長」について述べた。レアードは、「(共産主義者は). . . 中国は液体燃料ミサイルを配備し、ICBMを開発する計画を急速に進めている」と述べた。

もしこれがキッシンジャーの言う「足踏み状態」だとしたら、中国赤軍が本当にやろうとしたら、どれほど危険な存在になり得るのか、私たちは見たくない!

核爆弾と大陸間ミサイルは、我々に対する潜在的脅威である

さらに狡猾な武器がすでに使用されている。アヘンやヘロインなどの麻薬を意図的に自由世界に押し付けることだ。

1960年の時点で、米国麻薬局のハリー・J・アンスリンガー局長は、紅中国の500万エーカー以上の土地がアヘンケシの集中的な栽培に専心していると警告していた。実際、アヘンの生産は、赤の中国において政府によって組織的に独占されていた、とアンスリンガーは報告している。

アヘンの生産量は、年間1万トンから3万2千トンとさまざまに推定されている。アヘンとその派生品は、赤の中国人にとって最も重要な品目であり、この極悪非道なビジネスから年間50億ドルの利益を得ていると推定されている。ベトナムでは、ヘロインがアメリカ軍兵士にわずかな価値で提供されていた。今、共産主義者による東南アジアの大部分の征服は、すでに破滅的な状況にまったく新しい次元を加えている。

ビルマ、ラオス、タイの 「黄金の三角地帯」では、何世代にもわたり、地方全体がケシ栽培に携わってきた。ラオスにおける共産党のクーデターとタイの吸収の可能性によって、新たに大量のアヘンとその派生物が西側諸国に押し付けられることになる。

中毒になる資金を稼ぐために売春に走るニューヨークの13,14歳の少女たち、高価な習慣を持つシカゴやダラスをはじめとする1000の都市の強盗やひったくり、強盗、永遠に道を踏み外してしまった有望な学生たち、これらもまた、ヘンリー・キッシンジャーが赤の中国と行った「ほほ笑み外交」の代償の一部なのだ。

もちろん、赤中派の策略にはもっと不吉な理由があるかもしれない。それは、シャドウ・ガバメントの熱狂的な表面活動の根底にある、世界のエネルギー資源の支配という理由である。

1971年4月、ビルダーバーガーと呼ばれる国際的な金融家、経済学者、知識人からなるエリート集団が、バーモント州ウッドストックで秘密裏に会合を開いた。参加者たち(ヘンリー・キッシンジャー、デビッド・ロックフェラー、エグゼクティブ・バイス・プレジデントなど)が議論した項目には、次のようなものがあった、

参加者(ヘンリー・キッシンジャー、デビッド・ロックフェラー、さまざまな石油会社関係者ら)によって話し合われた項目の中に、「世界におけるアメリカの役割の変化の可能性とその結果」があった。

ジョン・ラリック下院議員が1971年7月に報告している:

「また4月の初めには、赤中国が領有権を主張する地域を含むアジア太平洋地域で、豊富な石油が発見されたという報告が漏れてきた。石油開発会社の中には、秘密裏に行われたビルダーバーガー会議の代表企業も含まれていた。そして6月には、チェイス・マンハッタン銀行が石油探査に600万ドルを投資する用意があり、1980年までにアジア太平洋地域に2500億ドルの自由世界からの投資を予測しているとの情報がもたらされた」

その年の後半、新聞は極東で「素晴らしい探査競争」が進行中であると報じた。

「その年のうちに、アメリカの外交政策は劇的な変化を遂げた」

年以内に、『ロサンゼルス・タイムズ』紙は(1973年2月21日付で)こう報じることができた: 「集中的な調査によって、世界の既知の埋蔵量にほぼ匹敵する油田が、ほぼ間違いなく中国沖に眠っていることがわかった。. . 中国は、石油産業全般と特に深海掘削リグについて、米国企業に問い合わせをしている。」

水深400~600フィートの深海で石油を掘削する技術を持っているのは米国だけであるため、この発見によってデタントは事実上不可避となった。ロックフェラーに支配された国際石油カルテルが、ワシントンと北京のデタントから最も多くの利益を得ている。イデオロギー的、戦略的、地政学的な他のすべての懸念は、この現実に従属するものである。そしてヘンリー・キッシンジャーは、何よりもまず、ロックフェラー家の忠実な下僕なのである。

第6章

イスラエルに対するわれわれの秘密の誓約の第2部分は、イスラエルが他の産油国からボイコットされた場合、われわれが同国に石油を供給するという約束だった!

この取引の総費用は想像を絶するものだった。ジェシー・ヘルムズ上院議員は、この協定を「白紙委任契約」と呼び、最終的なコストはわからないと警告した。ハリー・F・バード上院議員は、この協定が実施される5年間にかかる費用は150億ドルに達するだろうと警告した。他のオブザーバーは、真のコストは250億ドルだとした。少なからぬ下院議員が、自国では石油の完全な供給が保証されないと国民に告げられているときに、アメリカの納税者がイスラエルへの石油供給を保証するよう求められていることに愕然とした。

さらに不思議なことが起こった: 1973年10月24日夜、米国の戦略・通常戦力が世界的な警戒態勢に入った。ニクソンとキッシンジャーは当時、米国は1962年のキューバ・ミサイル事件以来の「最も困難な」危機の真っただ中にあると語っていた。しかし、二人とも、その約束とは裏腹に、その危機が何であったかを明らかにしたことはない!米国とソビエト連邦は、おそらく鼻と鼻を突き合わせ、目玉と目玉を突き合わせ、ハルマゲドンまであと一歩のところまで迫っていた。そして誰もその理由を知らなかった。

これまでいろいろな説明がなされてきたが、今となっては検討の対象から除外してもよさそうなのは、最も理にかなっていると思われる、そしてキッシンジャー長官に最も慈悲深い説明である。それは、卑劣で欺瞞に満ちたロシア人たちが、詳細は公表できないが、何か極悪非道な策略を企んでいて、ヘンリー長官がそれを阻止したというものだ。

というのも、アメリカとソビエト連邦の中東における代表者は同じ人物、ヘンリー・A・キッシンジャーだったからだ!

中東の不穏な平和

ヘンリー・キッシンジャーを作り上げたイメージとして常に繰り返されるものがあるとすれば、それは、とらえどころのない平和を求めて中東の首都間を慌ただしく行き来する、霊感に満ちたフライトバッグを持った外交官の姿である。

断続的に起こるアラブ・イスラエル戦争をキッシンジャーの門前に預けることは誰にもできない。中東におけるアメリカの外交政策は、最初からアメリカを窮地に追い込む運命にあったと言えば十分だろう。アラブ世界の真ん中にイスラエルという国家を人為的に作ることを支持することによって、この国{アメリカ}は何億もの潜在的な同盟国を疎外した。アラブ人から見れば、1948年以来アメリカがイスラエルを大規模に支援してきたことは、30年間敵対的な行為だった。

この評価は、ユダヤ国家の特筆すべき業績とは何の関係もない。イスラエルに対するアラブの反発とイスラエルの生き残りへの決意が、どうしようもないものと衝突する止められない力を構成していることは明らかだ。

ヘンリー・キッシンジャーが仕組んだ「和平」–実際には「暫定和平協定」–が長く続くとは、まともな感覚の持ち主なら誰も思わない。

キッシンジャーが交渉した1975年のイスラエル・アラブ協定は、超大国間の即時対決を回避した。しかし、この協定がもたらしたのは、もっと大きな戦争への道筋をつけることであったかもしれない。

密かに結ばれた密約のために米国が負担する費用は、100億ドルから250億ドルと見積もられている。この暫定合意はイスラエル人を喜ばせるものでもなかった。

実際、マッティ・ゴランというイスラエルのジャーナリストは、イスラエルの指導者たちは米国務長官に何度もだまされたと感じていると主張している。ゴランは『ヘンリー・キッシンジャーの秘密の会話』の中で、キッシンジャーを、交渉相手の指導者たちに関する悪意に満ちた話を喜ぶ、根っからのゴシップ好きとして描いている。「彼は自分がいかに偉大であるかを世界に、そして自分自身に証明する必要があるようだ」とゴランは書いている。

ゴランはキッシンジャーを次のように非難している:

  • イスラエルへの武器空輸を遅らせたのはペンタゴンの責任だと非難した;
  • イスラエルにソ連との停戦交渉はしないと言っておきながら、それを実行に移した;
  • イスラエルがアラブ軍に土壇場で決定的な軍事的勝利を収めるよう促し、その後、敵対行為の停止を大見得を切って要求することで、さらに注目を集めた。

ゴランによれば、イスラエルのゴルダ・メア首相は、キッシンジャー長官が中東停戦に関するモスクワでの協議を遅らせることを約束した後(イスラエルが戦争での深刻な後退から立ち直ることができるように)、突然ソビエトと停戦協定を結んだことに「ショックを受け、激怒」したという。

{注:国連がパレスチナを分割し、パレスチナ人に家、土地、果樹園などを与えた、まさに「始まり」からのイスラエルの歴史を考えれば、このようなことはありえない。– 死海やネゲブ砂漠の鉱物資源を、移民してきた東欧の「ユダヤ人」に与えたのである。キッシンジャーやソ連(同じ宗派に支配されている)、ロスチャイルド/ロックフェラー・カルテル(これも同じ宗派のカルテル)によってなされた取引が、イスラエルとイスラエル人以外の国や人々に利益をもたらすとは思えない。キッシンジャーに対するいわゆる怒りは、彼の偽装を維持し、石油を産出するアラブ人だけでなくイスラエル人にも同様に嘘をつき、騙したという印象を与えるための策略だった可能性がある。実際、そのシナリオは「可能性」以上のものだ。JP}

1973年の戦争はイスラエルにとって、1967年の6日間戦争が驚異的な勝利であったのと同じくらい印象的な敗北であったが、実際の敵対行為よりももっと重大な何か、すなわち国際石油カルテルによる石油価格の上昇のための煙幕を提供した可能性もある。

ロンドンの権威ある国際戦略研究所は、1973年秋のアラブによる「石油兵器」の使用について、「ここ数年の出来事の中で最大の衝撃であり、新時代の最も強力な感覚であった」と評している。アラブによる西欧諸国へのボイコットと、その結果引き起こされた石油価格の大幅な上昇は、経済的、政治的に大きな波紋を呼び、1974年は「ヨーロッパが頭を失った年」として知られるようになった。

何人かの論者は、ヘンリー・キッシンジャーが手配したデタントが、アラブに「石油兵器」を使う自信を与えたと指摘している。デタント以前は、アメリカの核の傘の信頼性や、自由世界の国々を守るという我々の決意を疑う者はいなかった。

しかし、ベトナム戦争後のデタントの世界では、米国の評判は地に落ちた。

軍事的に弱いアラブ諸国は、石油ボイコットに対する西側の報復を阻止するソビエトの能力を明らかに信頼していた。

新たな経済的現実は、ドルとヨーロッパの通貨を激しく動揺させた。石油危機の唯一の受益者は、アラブ人、ソ連、そして忘れてはならないが、西側の石油カルテルであることが判明した。(アラブの石油を精製し、流通させ、小売しているのは、ロックフェラーが支配する西側の石油カルテルである)。危機の結果、ソビエトは自国の金準備の価値と西側諸国との取引における有利な為替レートから莫大な利益を得ることができた。

しかし、この危機は西側の石油王にも大当たりをもたらした。そのため、ロックフェラー-キッシンジャー・チームが「最初から仕組んでいた」と考える疑わしい評論家もいるほどだ。その間に、米国はイスラエルに大規模な支援を行い、その結果、アラブ人は西側諸国への石油供給を遮断するように仕向けた。一方、産油国は原油価格を2倍、3倍に引き上げた。両陣営に利害関係のあるアメリカの石油会社、つまりロックフェラー-CFRチームの一員である会社は大儲けした。

このような正確な一連の出来事が、そのように計画されていたから起こったのかどうかは、まだ推測の域を出ない。しかし、アラブの石油禁輸は西側の石油カルテルに大金をもたらし、ロックフェラーが支配するエクソンは『ファウチュン』誌の国家最大産業リストの第1位に躍り出た。そして、石油不足の危機が叫ばれたのは、まったくのでっち上げであったことは間違いない。

1973年から74年にかけての「危機」当時、内務省は「容易に回収可能な」石油の量を800億バレル、集約的技術によって利用可能なシェールオイルを6000億バレルと見積もっていた。これは、現在消費されている石油の100年分に相当する。これは、推定7800億バレルの海洋石油埋蔵量に加えての数字である。また、アラスカで容易に入手できる少なくとも200億バレルの石油も含まれていない。回収が容易なシェールオイルを含め、これらの埋蔵量を合計すると8800億バレルとなり、21世紀を十分に生き抜くことができる!

{注:実際には、簡単に入手できる石油の量は、現在の消費速度で500年はもつと言われている!10年ほど前に読んだ本(タイトルは思い出せないし、その本の場所も特定できない)に、ゲイリー・アレンがここで述べているシナリオの詳細が書かれていた。それは、ロックフェラー家が新しく裕福になったアラブの首長に、石油価格を好きな水準まで引き上げる「ゴーサイン」を出したというものだった。その後、彼らはアラブのCDを売るための「シェル」企業をいくつか作った。あるペーパー・コーポレーションが別のペーパー・コーポレーションに売り渡され、資金の流れがわからなくなった。そして、シェル法人は破綻した。CDが満期になったとき(今年か来年か)、首長たちは銀行家に騙されていたことに気づくだろう。銀行家はCDを売る「合法的な」権利を持っていたため、問題はない。それが真実かどうかはわからない。そしてまた、そうなるかもしれない。– JP – 書き起こし}

その一方で、搾取の矛先は巨大な多国籍コングロマリットではなく、消費者である一般大衆と小規模な独立系石油会社に向けられている。1969年当時、独立系石油会社はニクソン大統領に対し、石油輸入割当を撤廃するよう要請していた。そうすれば、国内埋蔵量の減少を緩和しつつ、より低価格の外国産石油の輸入が可能になるはずだった。

しかしニクソンは、都合の良い1973年の中東戦争の直前まで輸入制限を維持し、外国産原油の価格上昇を保証した。その結果、外国産原油の価格ははるかに高くなった。年間40億ドルから70億ドルの価格上昇である。

1973年12月中旬まででさえ、ガソリンの供給不足は深刻ではなかった。そこにCFRのウィリアム・E・サイモンが現れた。ソロモン・ブラザーズ(ロックフェラー家とつながりのある国際銀行)の投資銀行家であったこの連邦政府の新しいエネルギー担当官は、ガソリンを需要の多い地域から需要の少ない地域に割り当てるという興味深いプログラムを立ち上げた。

あっという間にパニックが始まった。ガソリンの配給を待つために何時間も給油所で待っていた人々に、石油が本当に不足しているわけではないと誰が言えるだろうか?

「石油が枯渇していない」という圧倒的な証拠があったにもかかわらず、1973年の石油パニックは、キッシンジャーの次の一手–「世界エネルギー戦略」の推進–の舞台となった。またしても仕組まれたパニックは、必然的にその仕組まれた解決策へと導かれた。

特に食料と燃料の不足を意図的に作り出し、物価を上昇させ、国家的(そして後には国際的)統制を強化する道を用意する方法については、『ロックフェラー・ファイル』の第10章と第11章を参照されたい。

この頃、独立プロジェクトのメリットを世間に売り込むため、広報担当者が呼ばれた。しかし、キッシンジャー長官は、国家の「エネルギー独立」という話は詐欺であることを認めた。キッシンジャー長官は、独立プロジェクトは「相互依存プロジェクトに向かう途中の中継地点」に過ぎないと述べた。

相互依存、あるいはキッシンジャーが好んで呼ぶところの新世界秩序への道のもうひとつの中継地点は、中東の石油生産者への欧米のドルの流れかもしれない。現在、年間1,000億ドルの資金が流れ込んでいるが、これは米国が海外に投資した総額よりも大きい。この状態が長く続けば、中東の産油国は欧米を「買収」できるほどの資本を蓄積するかもしれない。すでにアメリカの大手銀行21行に預けられている彼らの預金は、145億ドルという天文学的な額に達している。

1975年3月、『ハーパーズ』誌は、「国防総省に近く、米国の政策決定者の最高レベルに近い」人物(マイルズ・イグノータスというペンネームが使われていた)によって書かれた「アラブの石油を押さえる」という奇妙な記事を掲載した。この雑誌は、「重要な」石油供給を確保するために、米国がアラブ諸国でどのように軍事行動をとるかという完全なシナリオを提示していた。

同じ頃、キッシンジャーはすでに、わが国の「重要な」石油供給を守るため、中東への米国の軍事介入の可能性について公然と語っていた。彼の発言は、外交官としてはまったく場違いであったが、アラブの石油への依存を強調するものであった–中東からの石油供給は、米国で消費される石油の10%にも満たないにもかかわらず。

その一方で、キッシンジャーの行動はアラブの地位と利益を守ることになった!ロサンゼルス・タイムズ』紙は1975年3月、フォード政権が「アラブの石油に対する価格支持プログラム、つまりカルテルを破壊しかねない市場原理から守るセーフティネット」を手配しているのは「実に奇妙なことだ」と論評した。

『タイムズ』紙が指摘したように、石油輸出国機構が石油価格を4倍に引き上げたとき、それは「300%の消費税のようなもの」であった。「原油価格の大幅な下落は、消費者の懐に何十億ドルも戻し、繁栄への回帰に大きく貢献するだろう。驚くべきことだ。このようなことが起こる可能性を閉ざすような政権の政策が、これほどまでに疑問を抱かせないのは驚くべきことだ」

もちろん、本当の目的が西側諸国をでっち上げの石油不足から救うことではなく、石油カルテルを強化し、各国政府を弱体化させ、相互依存、つまり世界政府、世界独占へと向かう新たな足がかりを作ることであったのなら話は別だが。

アラブの首長たちは、中東戦争を引き起こすように仕組まれているのだろうか。血なまぐさい紛争は、最終的には世界政府と石油の「国際化」に向けた大きな一歩となるだろうか?そして、そのような紛争にアメリカが巻き込まれる可能性はあるのだろうか?可能性は十分にある。キッシンジャーが構築した「暫定和平協定」は、どちらの可能性も裏付けている。

協定に含まれる地理的な譲歩(イスラエルはシナイ半島の新路線まで撤退し、ギディ峠とミトラ峠から撤退、スエズ湾のアブ・ロデイス油田を放棄し、油田の北にある別の回廊を放棄した)はさておき、アメリカのイスラエルに対する保証には、今年度中の軍用ハードウェアに少なくとも20億ドル、さらに「燃料代替保証」として5年間にわたり年間3億5000万ドルが含まれる。

もちろん、これらはすべてアメリカの税金で賄われる。すでにアメリカの大盤振る舞いを受けているエジプトは、これほどうまくはいかず、7億5000万ドルの援助しか約束されなかった。さらにアメリカは、アンワル・サダト大統領に200万ドルのヘリコプター(エジプトでは誰も操縦訓練を受けていない)を贈呈し、長期低利融資で1650万ドル相当の小麦を約束した。

この取引条件が最初に発表されたとき、このパッケージにはキッシンジャーが交渉した秘密の約束も含まれていると理解されていた。キッシンジャー長官の強い反対を押し切り、上院外交委員会は合意内容をすべて公表することを決議した。その内容は、すでにマスコミにリークされた部分よりもさらにひどいものだった。

アメリカがパレスチナ解放機構を承認しないことを約束し、エジプトへの経済援助を継続することを約束するといった日常的な事項の中に、2つの衝撃的な内容が含まれていた。

第一に、アメリカはイスラエルにパーシング地対地ミサイルを供給することを検討すると約束した。射程460マイルのパーシング・ミサイルは、アラブの主要な人口密集地をイスラエルの射程内に収めることになる。また、協定では通常弾頭のみを提供することになっているが、イスラエルがすでに少なくとも12個の原爆を保有しているという報道が正しければ、イスラエルがこのミサイルに核弾頭を装備する可能性がないとは言えない。そのような事態が起これば、中東における軍拡競争は、土曜の昼下がりのビー玉遊びのように穏やかなものになりかねない。

イスラエルとの密約の第二は、他の産油国からボイコットされた場合、イスラエルに石油を供給するという約束だった!

この取引の総費用は想像を絶するものだった。ジェシー・ヘルムズ上院議員は、この協定を「白紙委任契約」と呼び、最終的なコストはわからないと警告した。ハリー・F・バード上院議員は、この協定が実施される5年間にかかる費用は150億ドルに達するだろうと警告した。他のオブザーバーは、真のコストは250億ドルだとした。少なからぬ下院議員が、自国では石油の完全な供給が保証されないと国民に告げられているときに、アメリカの納税者がイスラエルへの石油供給を保証するよう求められていることに愕然とした。

信じられないほど寛大なアメリカの約束については、暫定協定そのものに対する批判と同じくらい多くの説明がなされてきた。

北米新聞同盟のアーネスト・クネオは、イスラエル・エジプト協定を「ヘンリー・キッシンジャーが指示したヒトラー的条件のミュンヘン」と評したが、スーパーKがロシアの友人に裏切られたとき、このような気の遠くなるような約束をさせられたのではないかと指摘している。クネオは次のようなシナリオを報告している:

イスラエル軍がエジプト第3軍を包囲したのを見たロシア軍参謀本部は、大声で軍事介入を脅し、赤軍空軍を戦闘態勢に移行させた。ハッタリに屈したキッシンジャーは停戦を命じ、エジプト軍は救われ、イスラエル軍はスエズ運河の東岸を明け渡さざるを得なくなった。

キッシンジャーを敵対視する伝記作家とは思えないカルブ兄弟でさえ、この一件でのヘンリーの交渉術をどう評価していいのかわからないようだ。マーヴィンとバーナードは、キッシンジャーを称賛する研究書の中で、ソ連の援助を受けたアラブ人がイスラエルを攻撃したとき、キッシンジャーは不意を突かれたと指摘している。ヘンリーは、デタントがうまくいっており、ソ連の横暴が溶けていると確信していたのだ、とカルブス夫妻は述べる。「戦争前の情報を見誤ったように」、「アラブの意志と能力、ロシアの二枚舌を見誤ったのだ」と彼らは書いている。

そうかもしれない。しかし、どちらの説も、さらに不可解な出来事を説明することはできない: 1973年10月24日の夜、アメリカの戦略・通常戦力が世界規模で警戒態勢に入ったのだ。ニクソンとキッシンジャーは当時、米国は1962年のキューバ・ミサイル事件以来の「最も困難な」危機の真っただ中にあると語っていた。しかし、二人とも、その約束とは裏腹に、その危機が何であったかを明らかにしたことはない!米国とソビエト連邦は、おそらく鼻と鼻を突き合わせ、目玉と目玉を突き合わせ、ハルマゲドンまであと一歩のところまで迫っていた。そして誰もその理由を知らなかった。

『キッシンジャー・オン・ザ・カウチ』の中で著者は、戦略的警戒態勢はキッシンジャーが国民に二重のメッセージを売るための策略だったのではないかと指摘している。第一に、キッシンジャーは危機の中でロシアを睨み付けたということ、第二に、わが国の戦略的戦力はソ連の攻撃をかわすに十分な恐るべきものであるということである。このような破滅的なイメージは、モスクワでのSALT交渉で使われ、交渉が密かに、しかし決定的にソ連に有利であったという事実を覆い隠すのに役立った。

これまでさまざまな説明がなされてきたが、今となっては検討の余地がないと断言できるのは、最も理にかなっていると思われる、そしてキッシンジャー長官に最も慈悲深い説明である。それは、卑劣で欺瞞に満ちたロシア人が、詳細は公表できないが、何か極悪非道な策略を企んでいて、ヘンリー長官がそれを阻止したというものだ。

というのも、アメリカとソビエト連邦の中東における代表者は同じ人物、ヘンリー・A・キッシンジャーだったからだ!

そう、モスクワはこの危機におけるキッシンジャーのフライトバッグ外交に自信を持っていたので、彼は双方の交渉役として起用されたのだ!キッシンジャーの友人であるソ連のアナトリー・ドブリニン大使は、ワシントンの他の外交官たちに、キッシンジャーが中東でアメリカと同様にソビエトの交渉役を務めていることを明かした。

しかし、もしアメリカ軍による世界的な「予防的警戒態勢」が、ソビエトのハッタリをかわすためのものでなかったとしたら、それは誰のために準備されたのだろうか?おそらく、ソビエトと我が国の国務長官がずっと手を携えていたという事実を隠すためだろう!

ありえないか?しかし、なぜそうしなかったのか?今回のパックス・キッシンジャーの正味の結果、アメリカ人は100億ドルから250億ドルの損害を被ることになる。ソビエトは一銭も損しない。いや、1ルーブルもだ。我々はイスラエルに最新の先端兵器を提供することに合意した。同時に、エジプトをはじめとするアラブ諸国に大規模な経済援助を行い、首長の石油利益を保証することで、アラブ諸国がイスラエルの新兵器に対抗するための武器を購入できるようにする。

中東におけるキッシンジャーのシャトル外交の結果は、イスラエルにも近隣諸国にも平和を保証しない「平和」パッケージだった。

アメリカの納税者に新たな負担を強いることになる。そしてその唯一の明確な受益者は、ソ連、石油カルテル、そして新世界秩序の推進者である。

再び疑問が生じる: キッシンジャーは本当は誰のためにいるのか?

彼がアメリカ国民の誠実な奉仕者であると主張する人は、彼が惨めな失敗者であることも認めなければならない。彼のあらゆる行動、新しい協定は、敵を助け、我々自身と友好国を傷つけているように見える。

信じられないような全体像を見直してみても、「そもそも、すべてはこのように計画されていたのだ」と主張し続ける、まだ小さな声を鎮めることはできない。そうだろうか?

第7章

実際、ヘンリー一世はランド社に、ブラジルの反共政権が転覆しうる状況について研究するよう依頼していた!この2回目の調査は、ブラジルが左派に傾くことをキッシンジャーが懸念したことがきっかけではなかった。一部のブラジル政府関係者が、ロックフェラー家のニュージャージー・スタンダード・オイルの子会社であるインターナショナル・ペトロリアム社の持ち株を収用する可能性について議論していたようだ。

1975年8月、コスタリカで開催された米州機構は、16対3で、2つの棄権票を投じ、わが国から90マイル離れた共産主義独裁国家に対する制裁を解除した。ロックフェラー家のウィリアム・S・メイラード駐米OAS大使は、過去11年間のワシントンの政策を否定するこの周到な演出に対して、形ばかりの抵抗さえしなかった。

信じられないことに、キューバを白紙に戻す投票では、赤の独裁政権に対して何の条件も設定せず、何の要求もしなかった。アメリカの代表団は、キューバに監禁されている2,000人のアメリカ人、キューバ当局に没収された財産に対するアメリカ人への20億ドルの負債、キューバの地下牢に収容されている数千人の政治犯、キューバにソ連の権力基盤を確立するために共産党に殺害された33,000人のキューバ人についてさえ言及しなかった。これらすべては許され、忘れ去られ、無視されるはずだった。

ラテンアメリカの自由を裏切る

1968年、ニクソンの選挙キャンペーンでは、西半球における共産主義者の横暴に対して強硬な態度で臨むことが約束された。ニクソン時代の多くのケースと同様、保守派は美辞麗句を並べたが、リベラル派は行動のすべてを手に入れた。ロックフェラーの代理人であるヘンリー・キッシンジャーが国家問題顧問に就任すると、「毅然とした態度で臨む」とは、世論が許す限り速やかに、共産主義者が望むものをほとんどすべて与えることを意味することが明らかになった。

ロックフェラーとキッシンジャーのチームは直ちに、リチャード・ニクソンを選んだときにアメリカ人が考えていた政策とは正反対のラテンアメリカ外交政策を推進し始めた。それは、それまでの公約を覆す2つの主要な政策から成っていた。ひとつは、共産主義によるキューバ征服への認識の高まりである。この事実を受け入れることは、半球的に不可避であり、平和のために必要であり、しかもビジネス的にも理にかなっているとして、アメリカ国民に売り込むことになった。

キッシンジャー政策の2つ目の重要な部分はさらにくすぐったかった。それは、パナマ運河に対するアメリカの主権を放棄しようとするヘンリー一世の度重なる努力だった。この戦略的水路の放棄は、ラテンアメリカの大部分との良好でない関係を改善するために不可欠であると国民に売り込んでいた。

しかし、ほとんどのアメリカ人は、赤化中国への「開放」、ベトナムの「和平」、中東での絶え間ない戦争といった、海外における外交政策の三大サーカスに魅了され、近隣のラテンアメリカで何が起こっているのかにあまり関心を払っていなかった。

1969年にニクソンが大統領に就任した直後、保守派のコラムニスト、ポール・スコットは、「大統領は当選したら、キューバに対するアメリカの経済的・政治的隔離を強化すると公約したが、キッシンジャーはニクソン政権内でその反対のことをひそかに進めている」と報じた。キッシンジャーがランド・コーポレーションにキューバとの政治・経済・文化的関係回復の可能性に関する調査を依頼していたことが知られるようになった。

実際、ヘンリー・キッシンジャーはランド社に、ブラジルの反共政権が転覆しうる状況について研究するよう依頼していた!

この2回目の研究は、ブラジルが左派に傾くことをキッシンジャーが懸念したことがきっかけではなかった。一部のブラジル政府高官は、ロックフェラー家が所有するニュージャージー州のスタンダード・オイルの子会社、インターナショナル・ペトロリアム社の持ち株を収用する可能性について議論していたようだ。

このようなことが起こっている間、ニクソン政権内では、この半球の共産主義に対抗しようとする動きは–ニクソンの周辺にも、国務省やCIAの中にも反共主義者はいたが–キッシンジャーによって阻止されていた。

舞台は、ヘンリーの常套手段のひとつであるアメリカの秘密工作によって、キューバの暴政とアメリカの貿易、そして最終的なアメリカ承認へと整えられた。この計画では、米州機構がキューバに対する態度を軟化させることを求めていた。そうすれば、アメリカはしぶしぶ「アメリカ大陸の意志」に屈し、カストロ政権を承認することになる。この事件は、ローズパレードのように自然発生的なものだった。

1974年10月、北米新聞連合は、米国のキューバ承認に関する「原則的な」合意はすでに成立しており、「現在の台本では、米国は他の米州の意見に屈服せざるを得ないかのように見える」と報じている。

NANAのアーネスト・クネオは、「国務省の役人は交渉について何も知らないという馬鹿げた作り話にしがみつくことで、キッシンジャーはまたしてもアメリカ国民に道徳を説いている」と付け加えた。

1975年5月には、『ニュースの批評』紙は、「ヘンリー・キッシンジャー国務長官の密かな努力によって、ラテンアメリカ諸国の政府は、米州機構による共産主義キューバに対する制裁の解除をアメリカが好意的に見ていると伝えられている」と報じることができた。

6月までに、フィデル・カストロは米国がキューバとの国交を回復することを確信し、マドリードの『Arriba』誌で、承認が行われること、ラテンアメリカ諸国が強くなる一方で米国は弱くなること、そしてキューバはグアンタナモ海軍基地の奪取という宣言した目的を一歩も譲るつもりはないことを予言した。

「いつか彼らはグアンタナモを去るだろう。1500億ドルを費やしたベトナム戦争を去ったように」と、この髭面の男はほくそ笑んだ。

キッシンジャーがカストロのために行ったプロパガンダのもう一つの目的は、「友好的な」アメリカの議員たちにキューバへの旅行許可を与えることだった。1972年、リチャード・ニクソンに比べればましなほうだと思わせた左翼、ジョージ・マクガバン元大統領候補は、最も熱狂的な訪問者だった。マクガバンのキューバ訪問は、カストロへの賛辞と経済的禁輸措置の廃止を要求するサッカリン(砂糖菓子のような)溢れる結果となった。

フロリダの米空軍基地からキューバへのマクガバンのプライベート・フライトを手配したキッシンジャーは、まさに彼の望みをかなえた。

1975年8月、コスタリカで開催された米州機構は、16対3で、2つの棄権票を投じ、わが国から90マイル離れた共産主義独裁国家に対する制裁を解除した。

ロックフェラー家のウィリアム・S・メイラード駐米OAS大使は、過去11年間のワシントンの政策を否定するこの周到な演出に対して、形ばかりの抵抗さえしなかった。

信じられないことに、キューバを白紙に戻す投票では、赤の独裁政権に対して何の条件も設定せず、何の要求もしなかった。アメリカの代表団は、キューバに監禁されている2,000人のアメリカ人、キューバ当局に没収された財産に対するアメリカ人への20億ドルの負債、キューバの地下牢に収容されている数千人の政治犯、キューバにソ連の権力基盤を確立するために共産主義者によって殺害された33,000人のキューバ人についてさえ言及しなかった。これらすべては許され、忘れ去られ、無視されるはずだった。

キッシンジャーがキューバに寄り添っている間に、キューバは事実上ロシアの軍事拠点となっている。マリエル、ニペ、シエンフエゴス、カヨ・ラルゴ、プラヤ・ギロン、パイン島には、少なくとも25,000人のロシア兵が軍事基地を運営している。約8000人のロシア人技術者がキューバの重要産業のほとんどを運営している。キューバ国内からは、ソ連のスパイ飛行や偵察航海が頻繁に行われている。

過去17年間、共産主義のキューバはあらゆる方法で革命を輸出してきた。例えば、航空機のハイジャックは1960年代後半に400%増加した。ハバナが、極東の共産主義者の供給源からアメリカやラテンアメリカにアヘンやその他の硬質麻薬を密輸するための重要な拠点になっていることは、議論の余地のない証拠である。

フィデル・カストロはもちろん、グアンタナモの米海軍基地–西半球におけるアメリカの防衛力にとって不可欠なリンクである、数十億ドル規模のアメリカの前哨基地–を引き継ぐことを期待していると公然とほくそ笑んでいる。もしヘンリー・キッシンジャーがこの贈り物を共産主義者に差し出せば(そしてワシントンではすでにそのような密約が交わされているという噂がある)、共産主義者はパナマ運河を通るすべての海運を脅かすだろう。

{注:パナマ運河は中国共産党によって管理されているので、キューバの共産主義者がパナマ運河を通る海運を脅かす心配はない。カストロが権力を握り、ソビエトがキューバで地歩を固めて以来、アメリカが共産主義者に占領されることなく、キューバに軍事基地を維持できたのはなぜなのか、私にはずっと謎だった!そして特に、米国がキューバに対して制裁を加えていた事実を考慮すれば、である!カストロは『基地を押収すると脅した』のか?アメリカ政府の共産主義者とキューバの共産主義者の間の公然の密約にしか見えない。…敵味方の矛盾した戯言だ。- JP – 転記者}。

他のラテンアメリカや南アメリカ諸国における共産主義者の反乱に指導力を供給するフィデルの努力は近年挫折したかもしれないが、アフリカにおけるキューバ軍の存在は、身近な失敗を補って余りある。1975年末から1976年にかけて、ソ連がアフリカ西海岸にある旧ポルトガル領アンゴラを武力占領するための主要拠点としてキューバを利用していることが明らかになり、キューバとのデタントはさらに難しくなった。

アンゴラ国内にいた15,000人のキューバ軍は、アンゴラ戦争におけるソ連の勝利を決定づけたかもしれない。

ポール・スコットによれば、数千人のキューバ軍、軍事顧問、スパイ工作員が、ロシアから資金援助と指示を受け、3大陸の少なくとも15カ国に配備されているという。その一方で、キューバの15万人規模の軍隊は、わが国を除けば西半球で最大の規模を維持している。

1973年末から1976年初めにかけて、アンゴラ紛争が日に日に進展していく中で、キッシンジャーは聞こえのいいことを言った。キューバがアフリカに兵士を派遣していること、ソ連がアフリカに進出していること、アンゴラ問題への「大陸外介入」について、厳しい口調で語った。

しかし予想通り、政権は共産主義者を阻止するために何もしなかった。実際、マルクス主義者の「終身大統領」セセ・セコ・クク・ングベンドゥ・ワ・ザ・バンガが運営する隣国ザイールに対するアメリカの助成金、融資、債権の8100万ドルの多くがアンゴラに流れたのだから、アメリカは、奇妙なアンゴラ戦争における「反ソ」派閥のひとつに赤化中国が資金提供するのを助けるというユニークな立場にあったことになる。

つまり、キッシンジャーがアンゴラへのキューバの介入についてカストロに公然と警告した一方で、ヘンリー・Kは同時に、西半球での共産主義者の活動を監視していたOAS特別委員会の解体に賛成するよう、米州機構の米国代表に伝えたのだ。キッシンジャーは、W.C.フィールズが悪魔のラム酒に対する禁酒十字軍を率いることを申し出たのと同じくらい誠実だった。

なぜヘンリー・キッシンジャーは、米国に共産主義のキューバを受け入れさせようとしているのだろうか?

その理由のひとつは、間違いなく、デタント(緊張緩和)において重要な役割を果たす、共産主義者の機嫌をとるためなら何でもするというメンタリティにある。そして、ソビエトがキューバでの輝かしい社会主義実験の費用をアメリカの納税者が負担することを望んでいる証拠も十分にある。

キューバは共産主義が登場する前はアメリカ大陸で最も裕福な国の一つだったが、現在はモスクワにとって1日150万ドルの負担となっている。

米国の納税者に負担を転嫁する方がずっといい

実際、メキシコの反共団体「民主主義擁護同盟」は1975年半ばに、ロックフェラー家のチェース・マンハッタン銀行がキューバに、モスクワとの週800万ドルの臍の緒を切るために必要な資金をすべて融資する舞台はすでに整っていると報告している。もちろん、融資は決して返済されることはない。資金はロックフェラーによって貸し出されるが、アメリカ政府によって保証される。

カストロが債務不履行に陥った場合、アメリカ政府はロックフェラーに返済する。

アメリカの納税者が他国でロックフェラーの事業を救済するのは、これが初めてではないだろう。「後進国」に対するアメリカの融資の多くは、ロックフェラー家の懐に入るという奇妙な結末を迎えている。

例えば、海外援助プログラムは、ケニアのロックフェラー賭博場、イランのロックフェラー農業とマーケティング事業、韓国のロックフェラー陶磁器タイルとバスアクセサリー工場、ドミニカ共和国のロックフェラー企業、インド、ガイアナ、ブラジル、パキスタン、フィリピン、そして数十、おそらく数十の他の国のロックフェラー企業の家を保証しているようだ。

しかし、1957年8月31日付のロンドン紙『サンデー・テレグラフ』は、ロックフェラーとキッシンジャーがカストロを受け入れたことについて、さらに興味深い説明をしている:

フォード大統領のアメリカとフィデル・カストロの共産主義キューバとの間のある種の関係の再開である。その背後にある動機は、次の一言に集約される。

— 石油だ。.

キューバ海域で最近行われたロシアによる地震学的実験によって、莫大な富をもたらすメキシコ湾油田を形成するいくつかの大きな石油構造が存在する可能性が明らかになった。しかし、カストロは、そのような油田を開発するにはアメリカの資金が必要であることをよく知っている。

共産主義キューバに対するキッシンジャーのキス・アンド・メイクアップ・アプローチ(もちろんアメリカの税金で)は、アメリカにとって十分に悪いことだ。しかし、パナマ運河に対するアメリカの主権を放棄することを目的とした彼の信じられないような行動に比べれば、キューバに関する彼の政策は、実際、強硬な反共主義のように見える。

もしアメリカ人の感情や議会の公式行動が何かを意味するのであれば、連邦政府がパナマ運河を手放す可能性はゼロに等しい。1975年6月24日、下院は246対164で、パナマ運河地帯における米国のいかなる権利の放棄の交渉にも国務省の資金を使用することを禁止することを決議した。

同時期に行われた一般市民へのアンケート調査によると、6人中5人のアメリカ人が、アメリカがパナマ運河の所有権を保持することを望んでいた。また、38人の上院議員(ギブアウェイ条約の批准を阻止するのに必要な数より4人多い)は、運河地帯における米国のいかなる権利の放棄にも反対していた。

しかし、民衆の感情や議会の行動でさえ、すでに別の方向を選んでいたキッシンジャーを阻止するには十分ではなかった。下院での投票後、彼はパナマの親ソ独裁者オマール・トリホス将軍に次のようなメッセージを送った:

このような事態にもかかわらず、私はこの問題の最終的かつ公正な解決策を模索し、両国の間に新しい、より近代的な関係を築きたいと考えている。

言い換えれば、ヘンリー・ザ・Kが同志トリホスに謝罪したのは、アメリカ国民の代表がキッシンジャーの降伏計画に同調することを拒否したからである!

パナマ運河に対するわが国の主権の放棄を「正当化」するためのプロパガンダが展開されているが、事実は次のとおり:

  • パナマ運河はアメリカのものだ。
  • 運河地帯は1903年11月18日、新パナマ共和国によってこの国に売却された。
  • この協定によって、米国は完全かつ完全な所有権を「永続的に」得た。
  • この条約は鉄壁のもので、アメリカの主権は「パナマ共和国によるいかなる主権的権利、権力、権限の行使も完全に排除する」と明記されていた。

エルズワース・バンカーやウィリアム・d・ロジャースといった何人かのアメリカ人交渉官が示唆したこととは裏腹に、ラテンアメリカの小国の剣幕に押されて、アメリカがパナマ運河を手放すことに調印する可能性があると考えるのはばかげている。「パナマが運河地帯を取り戻さなければ、パナマ人が運河を破壊したり、使えなくしたり、麻痺させたりするのを誰も防ぐことはできない。

パナマは米国との新条約交渉で「我慢の限界に達した」と1975年初めに独裁者トリホスは警告した。アメリカは運河沿いに11,000人の軍隊を駐留させているが、これはトリホスが指揮する兵士の2倍である。しかし、バンカーとロジャースは、このチンケな独裁者が何をしでかすか本当に心配しているかのように振る舞っている。

さらにエルズワース・バンカーは、共産主義者に潔く降伏することでキャリアを積んできたようだ。彼は1965年、自由選挙という無価値な約束と引き換えに、西ニューギニアの支配権を共産主義者のアハメド・スカルノに引き渡したチームの主要交渉官だった。

バンカーはその後、南ベトナム駐在アメリカ大使に任命され、「限られた目的のために限られた手段で限られた戦争を戦う忍耐と自制心」を行使する必要性をアメリカ軍当局者に説き続けた。エルズワース・バンカーは要するに、ギブアウェイ・アーティストであり、屈服の専門家である。まさにキッシンジャーがパナマ運河の譲渡交渉に選ぶような人物だ。

信じられないことに、バンカーは、パナマ運河を共産主義者に渡すことは、われわれにとって良いことだと主張している。「我々の交渉では、パナマの協力を得て、我々の利益をよりよく守る、より近代的な新しい関係の基礎を築こうとしている」と彼は言った。

このうめき声は、テディ・ルーズベルトが墓の中でひっくり返っている音だ。運河建設に尽力したテディ・ルーズベルトは、後に「運河を国際化してはならない。運河はわれわれのものであり、われわれが建設し、われわれが要塞化したものである。平時にはどの国も同じように運河を利用するが、戦時には我々の利益が支配的になる」

パナマ運河の明確な所有権を手放すことは、アラスカをロシアに返したり、ルイジアナ購入地をフランスに返したり、テキサスとカリフォルニアをメキシコとスペインに明け渡したりするのとまったく同じことだ。

パナマ運河返還計画の初期の立案者が、ロックフェラーの一人であるCFRのロバート・B・アンダーソンだったことを知れば、驚くことはないだろう。彼は1967年にジョンソン大統領の首席交渉官となり、その後リチャード・ニクソンに引き継がれた。(運河の国際化を最初に提案したアメリカ政府高官は、国務省で非常に尊敬されていたCFRのアルジャー・ヒスだった!)

しかし、アンダーソンから棍棒を取り上げたのは、ロックフェラーのもう一人のエージェント、ヘンリー・キッシンジャーだった。ヘンリー氏は1974年2月、独裁者トリホスと「原則声明」に署名し、アメリカが運河の主権を放棄してパナマに譲渡することを約束した。ニクソンが辞任し、フォードがパナマの最高権力者に就任すると、キッシンジャーは「アメリカ大統領の交代は、新しいパナマ運河条約の交渉には影響しない」とパナマに通告した。

カリブ海でのキッシンジャーの降伏計画に対する米国内の反発の高まりを警戒したのか、1974年半ば(キッシンジャー長官がパナマのマルクス主義独裁者と「原則声明」に署名した数カ月後)、新たなロックフェラー圧力団体「米ラテンアメリカ関係委員会」が発足し、われわれの撤退計画に対する国民の支持を集めようとした。この委員会は、ロックフェラー・ブラザーズ基金、フォード財団、クラーク財団、デビッド・ロックフェラーの米州問題センターからの助成金で運営されている。

委員会は早速、中米和平のための独自のプログラムを発表した。その主要な計画とはもちろん、米国が運河の所有権を主張するすべての権利を取り消すという、パナマとの新条約の締結を求めるものであった。

1975年、このロックフェラー-キッシンジャー協定によるパナマ運河返還計画が、国民だけでなく議会からも大反対を受けると、ロックフェラー委員会は、影の政府が従ってきた基本的な降伏計画に新たな矛先を向けた。議会からの反対を回避するために考案された新しい計画は、米国がパナマの土地と施設を引き続き使用し、その費用を支払うが、管轄権はパナマに移譲するというものだった。

この取引は、アメリカの財産の売却や譲渡を伴わないため、議会は交渉から除外され、アメリカは空の権原を保持することになる。キッシンジャーがパナマに関するわが国の新政策について複雑な説明をした背景には、このロックフェラー仕込みの策略があるのだろう:

米国は、パナマ運河の運営と防衛を合理的な期間にわたって継続できるような、相互に受け入れ可能な新しい関係を両国間に築こうとしている。新たな条約が結ばれれば、米国は運河の効率的な運営と管理に全力を注ぐことができるようになり、その他の問題はパナマ側に委ねられることになる。

訳してみよう: サップおじさん、つまりサムおじさんがすべての支払いを続けるように手配しよう。しかし、いざというときには、どの船が通過し、どの船が通過しないかを決定するのは、パナマの同志たち、そしてモスクワの同志たちだ。

パナマ運河に対するアメリカの管轄権が失われることは、何を意味するのだろうか?第一に、アメリカの権力と権威がまたもや崩壊するという壊滅的な外交的影響が挙げられるだろう。しかし、キューバにおける共産主義を正当化し、パナマ運河に対する我々の主権を放棄するというヘンリー・Kの二大キャンペーンには、はるかに深刻な側面がある。

先に報告したように、ソ連海軍は今やアメリカ海軍を凌駕している。キッシンジャーのデタントの代償の一部として、パナマ運河とグアンタナモの米軍基地の両方を失うことになれば、共産主義者が米太平洋艦隊と大西洋部隊を結ぶリンクを切断する舞台が整うことになる。事実上、キッシンジャーが計画したカリブ海での撤退は、ソ連の海軍支配圏を黒海から大西洋を越えてわが国の海岸にまで広げることになる。ラテンアメリカと南アメリカのすべてが無防備で無防備な状態になるのだ。

ダニエル・フラッド下院議員はこう述べている:

「クレムリン自身が、地峡に混乱と大混乱を引き起こすために、条約交渉官たちによってなされた以上に効果的な計画を用意できたとは思えない」

別の言い方をすれば、ラテンアメリカにおけるモスクワの最重要人物はフィデル・カストロではなく、ヘンリー・キッシンジャーなのだ。

管理

エピローグ

:(これは1976年に書かれたものであることをお忘れなく)

中東について何が言えるだろうか。謎の中の謎に包まれた中東である。蛇のバケツとミミズのバケツだ。どのような結末を迎えるかは神のみぞ知るだ。しかし、一つだけ確かなことがある: 中東は時限爆弾のように時を刻んでおり、アメリカはイスラエルとアラブの双方を世界最高の兵器で武装させている。

ヘンリー・キッシンジャーの中東和平計画では、アラブ人とイスラエル人の間にあるシナイ砂漠に、200人のアメリカ人が3つの電子警告ステーションのスタッフとして配置されることになっている。中東戦争に巻き込むのに、これ以上の方法があるだろうか?一方が攻撃してアメリカ人を殺したらどうなるのか?あるいは、一方が他方の町や駐屯地を壊滅させ、犠牲者に警告を出さなかったアメリカが非難されたらどうなるのか?トンキン湾事件に似ていると思わないだろうか。トンキン湾事件は、ベトナム参戦を承認する下院決議を通過させるために利用されたのだ。

少なくとも、これがヘンリー・キッシンジャーと影の政府の主人たちが望んでいることなのだ。アメリカが抵抗する意志を失ったのなら、われわれの崩壊–そしてキッシンジャーの新世界秩序の勝利–は避けられない。

キッシンジャーの影響

悪化する世界情勢は、ほとんどの人にとって考えたくないことだろう。

神は、酔っ払いや小さな子供たち、そしてアメリカ合衆国を見守っているのではないだろうか?国民は長い間、共産主義について思い悩んできた。今、私たちのほとんどは国際問題について考えたくない。デタントがうまくいくかもしれない。共産主義者は熱意を失い、アメリカとの共存共栄に落ち着くかもしれない。牛が空を飛ぶかもしれない。

もちろん、私たちは夢を見ることができる。しかし、運転中の夢想は非常に危険だ。自動車が道を踏み外す前に目を覚ました方がいい。

キッシンジャーがワシントンで権力の手綱を握っていた8年間に起こったことを見てみよう。このロックフェラー家の子飼いが、ニクソン政権での地位のために、油まみれの後援者たちから入念な訓練と指導を受けていたことは周知の通りだ。

ネルソンがヘンリーをワシントンに送り出したとき、彼の財布には5万ドルの「贈り物」が入っていたことを忘れてはならない。キッシンジャーが第二次世界大戦後、ソビエトに仕える二重スパイであったという可能性を否定するとしても(これは確かに徹底的な調査に値する罪状である)、キッシンジャーがロックフェラー家の金で雇われたエージェントであり、ハーバード大学時代からそうであったことは否定できない。

さらに、ロックフェラー一族の最大の目標が、彼らが新世界秩序と呼ぶものの創設であることは論を待たない。このフレーズは、ヘンリー・A・キッシンジャーをはじめとするロックフェラー一族とその諜報員、影の政府の盟友たちによって何度も何度も使われている。ヘンリー氏は、この重要なフレーズを2,3回使わない限り、一段落を終えるのがやっとで、ましてや演説全体を終えることはできない。

ロックフェラー家は、世界政府が彼らの目標であることを否定しようともしない。ネルソンは、『連邦主義の未来』という本の中で、国家の独立は時代遅れであり、国際的な超政府に取って代わらなければならないと大胆に述べている。1963年に出版されたこの本は、ロッキーが副大統領になってから再版された。ロックフェラー家は計画を秘密にしておく必要はない。マスメディアが内部告発しないことを知っているからだ。審判を自分のものにすれば、アメリカ国民が新世界秩序のゲームプランをひっくり返すことを心配する必要はないのだ!

キッシンジャーは約8年間、アメリカ外交の舵取り役として、ロックフェラーによる新世界秩序への大合併計画を熱心に追求してきた。

他に選択肢がないと感じない限り、アメリカ人は主権を放棄しないことを、ショーを動かしているマスター・プランナーたちは知っている。新世界秩序を受け入れる心理的雰囲気をアメリカ国内に作り出すために、影の政府はソ連を信頼できる脅威に仕立て上げなければならなかった。

これを達成するためには、はったりと威勢がよく、文字通り何十億ドルもの援助と貿易が必要だった。キッシンジャーがズムウォルト提督に、アメリカはアテネに匹敵し、ソ連はスパルタだと言ったとき、彼は自分が苦労して作り上げた立場を述べたのだ!メディアの大量誤情報マシーンによって、アメリカ国民が十分納得すれば、次の段階として、アテネとして得られる最良の取引は、スパルタと世界政府を合併することだ、と主張するようになるだろう。そして、信用しやすく騙されやすいアメリカ国民は、しぶしぶながら、これが真実に違いないと結論づけるだろう。

キッシンジャーは一貫して、重要な技術をロシアに移転し、何十億ドルもの融資や債権をソビエト連邦に提供することによって、ソビエト連邦を強化するプログラムを推進してきた。ひとたび外交政策の主導権を握ったヘンリー・ザ・Kは、自由を二重の打撃で打ちのめすことができた。共産主義のフランケンシュタインを起動させるために電気をつけると同時に、怪物の犠牲者への電流を止めたのだ。あるいは、途中で例えを変えれば、ヘンリーは近所のチンピラに銃を提供し、地元の商人たちに新しい問題で迷惑をかけるなと言ったのだ。

しかし、ノーベル平和賞を受賞した国務長官が個人的にベトナムを共産主義者にプレゼントしたとき、アジアの非共産主義者は壁に書かれた赤い手垢を見た。アジアで最も強固な反共主義者であり、かつての同盟国であった国民党の中国が国連から追い出されたまさにその日、ヘンリーが実際に北京にいたという事実は、そのシグナルを紛れもなく明確にした。日本、フィリピン、その他のアジア諸国は、世界の一角がマオランドに支配されることの意味を理解し、共産党との間で得られる最高の取引を求めて騒ぎ始めた。

自由な中国は見捨てられ、立ち往生している。そこにいる勇敢な人々は、風の中でゆっくりと、ゆっくりと回るに任されている。社会主義インドはすでに準ソビエトの衛星となり、スエズ運河はソビエト艦隊に開放され、インド洋は赤い湖と化している。共産主義帝国主義に反対することは、この地域では期待できない。

キッシンジャー国務長官は、ポルトガルを反共産主義国の仲間割れさせることで、アフリカのポルトガル領を奪い取るための絶好の機会を残した。アンゴラとモザンビークはほとんど一度に飲み込まれた。次に陥落するのはローデシアだろう。そして、苦境に立たされた南アは、大陸で共産主義に対抗する唯一の前哨基地となり、友もなく、援助もなく、希望もなく取り残されることになる。

{注:南アも今や失われている - JP-トランスクライバー}

ヨーロッパは明るいとは言い難い。イギリスは貧困と退廃に喘ぎ、リムジン・リベラルと支配か蹂躙かの労働組合指導者たちによって押しつけられた数十年間の社会主義の犠牲者となっている。

フランスでは現在、共産党が国内第2位の政党を持ち、他の社会主義政党との連立によっていつでも政権を握ることができる。

イタリアも同じ状況だ。我々の無策な政策のおかげで、米海軍はギリシャで歓迎されなくなった。ソ連の増強と米国の政策決定者による不履行の結果、地中海は今やロシア海軍に完全に支配されている。

中東について何が言えるだろうか。謎の中の謎である。蛇のバケツとミミズのバケツである。その結末は神のみぞ知るだ。しかし、一つだけ確かなことがある: 中東は時限爆弾のように時を刻んでおり、アメリカはイスラエルとアラブの双方を世界最高の兵器で武装させている。

ヘンリー・キッシンジャーの中東和平計画では、アラブ人とイスラエル人の間にあるシナイ砂漠に、200人のアメリカ人が3つの電子警告ステーションのスタッフとして配置されることになっている。中東戦争に巻き込むのに、これ以上の方法があるだろうか?一方が攻撃してアメリカ人を殺したらどうなるのか?あるいは、一方が他方の町や駐屯地を壊滅させ、犠牲者に警告を出さなかったアメリカが非難されたらどうなるのか?ベトナムへの参戦を認める下院決議案を可決するために使われたトンキン湾事件と似ていると思わないか?

過去8年間、共産主義者が敗北を喫した大陸がある: 南米だ。ブラジルとチリでは、公然たるマルクス主義の支配者が追放され、反共産主義者が取って代わった。アメリカの指導者たちは感謝しているだろうと思うだろう。その代わりに、ヘンリー一世は新政権を共産主義者の前任者たちよりもはるかに厳しく批判している。

そして、北の巨塔が次に何をするか注目している他の国々は、キッシンジャーがカストロ政権を正当化し、パナマ運河の支配権を共産主義者の傀儡であるパナマの独裁者トリホスに明け渡そうとしていることに気づいている。パナマ運河を反米の支配下に置くことは、他の南米諸国にも、新世界秩序の中でできる限り良い取引を得るために奔走した方が良いというシグナルとなるだろう。

地球を見れば、ヘンリーが私たちのために用意した魚の釜がわかるだろう。世界の天然資源とそれを運ぶシーレーンは、ますます共産主義者に支配されている。スエズ運河、パナマ運河、喜望峰、インド洋、地中海がアメリカの海運に閉鎖されることの意味は甚大だ。アルゼンチンが、アテネがスパルタに屈服したと判断し、明らかに勝者の側につくことを選択したとき、縄は固く結ばれるだろう。

ソビエトはデタント(緊張緩和)を隠れ蓑に権益を拡大し、われわれが提供する技術を軍事製品や兵器に転用するために、ますます多くの資源を投入している。同時に、わが国の軍事予算は、兵器の研究や開発ではなく、給与や豪華な水増しにますます費やされている。

{注:26年後。. . そう、彼らは研究開発にお金を費やしているのだ。そのお金は技術を開発している多国籍企業に流れており、政府は彼らとパートナーシップを結んでいる。

軍部は、軍備管理軍縮法にあるように、「国内平和を維持する」ために、新しいパートナーから各国の住民を封じ込める武器を購入した。市民の反乱を鎮圧するための「非致死性」兵器と呼ばれるものだ。現代の市民が実際に立ち上がって「NO」と言うようなあり得ない状況が発生した場合、「市街戦」を行う。手遅れではない。そう見えるだけだ。創造主/神がいれば、あらゆることが可能なのだ。- ジャッキー}

振り返ってみれば、ベトナム戦争は米国に降りかかった史上最悪の災難だった。戦争に勝つことも、負けることもできた。

フランスが先にやったように、我々がベトナムでタオルを投げ捨てることを決めたとしても、アメリカはまだ生き延びることができただろう。しかし、12年間も戦争を戦い続け、常に手をこまねいていたのに、共産主義者に国を蹂躙されたまま立ち去るというのは、疑いようもなく最悪の事態である。

「勝ち目のない」ベトナム戦争がアメリカに何をもたらしたかを見てみよう。まず第一に、ベトナム戦争は経済を大きく混乱させ、インフレの波を引き起こした。さらに重要なのは、ベトナム戦争が「新しい道徳」とヒッピー・サブカルチャーを生み出し、育てたことだ。その結果、何百万人もの若者が自国を憎み、軽蔑するようになった。長い目で見れば、ベトナム戦争が生んだ掘っ立て小屋文化は、原爆攻撃よりも米国にダメージを与えるかもしれない。

{注:すべては意図的なものであり、米国に損害を与えたわけではない。アメリカとアメリカ国民にダメージを与えたのだ。- JP}である。

さらに、この戦争は、戦場での敗北ではありえない方法で、わが軍の信用を失墜させ、落胆させ、戦意を喪失させた。しかし、究極の犠牲者は、アメリカの良心と精神だったかもしれない。共産主義に抵抗する我々の意志はベトナム戦争のフラストレーションの下に埋没し、自由の大義への献身はキッシンジャーのデタントというサイレンの歌に魅了されてしまったのかもしれない。

少なくとも、これがヘンリー・キッシンジャーと影の政府の主人たちが望んでいることだ。アメリカが抵抗する意志を失ったのなら、われわれの崩壊–そしてキッシンジャーの新世界秩序の勝利–は避けられない。

「アテネ」が非常に弱くなり、「スパルタ」が非常に強くなって抵抗が不可能になる日を早めるために、ヘンリー・ザ・Kは世界中のあらゆる場所で共産主義者に青信号を与えた。そして、過去8年間の彼らの進歩は驚異的としか言いようがない。しかし、マスメディアが共産主義者の進歩に沈黙のマントをまとっているおかげで、彼らの利益は大多数のアメリカ人にはほとんど気づかれることなく過ぎ去っている。

ヘンリー・キッシンジャーが国務長官を退任し、アイビーリーグの非論理的な城塞に引きこもることを許されるだけでは十分ではない。彼は日々、物議を醸すようになっている。

. しかし、その理由はすべて間違っている。そう、彼は傲慢だ。欺瞞に満ちている。自惚れ屋だ。彼は政治評論家が言うようなことをすべてやっている。影の政府が民衆を静めるために彼の去就を提示するので、おそらく1977年1月までに彼は消えるだろう。しかし、内通者たちは、彼の政策を永続させるために天と地を動かすだろう。

キッシンジャーを排除することは重要だ。しかし、キッシンジャーの後任が単なるロックフェラーのフロントマンになれば、そのジェスチャーは無意味なものになるだろう。アメリカが生き残るためには、キッシンジャーの政策を否定し、自由と独立を維持する決意を取り戻さなければならない。そのためには、敵国と公言する国への資金と技術の移転を止め、防衛力を再構築し、非共産圏の国々にも自衛を促す必要がある。

現在の計画では、共産主義者(シオニスト!- 共産主義者(シオニスト!JP}がその目標を放棄する理由はない。

しかし、共産主義は、その成功(そのほとんどが「我々の」政府によって支援されている)にもかかわらず、非常に脆弱である。その経済は自立しておらず、その衛星は忠実ではない。もし我々が共産主義をその失敗から救い、その奴隷制度を支えるのを止めれば、ソ連は真の平和共存を実践しなければならなくなるだろう。他国を征服する努力をやめ、自国の問題を解決するために内向きになるか、厄介な反乱に直面することになるだろう。

自由を伴う真の平和への道は、軍縮やデタントではなく、強さと決意にある。

米国は17世紀から18世紀にかけてその道を歩み、その政策によって世界の希望と羨望の的となった。今からでも遅くはない。ヘンリー・キッシンジャーや影の政府の師匠たちに、彼らの新世界秩序には関わりたくないと言うのは遅くはない。

しかし、我々は今始めなければならない。そして、方向転換を命じるのは、あなた自身なのだ。


この本の著者であるゲイリー・アレンは、ダイナミックな「None Dare Call It Conspiracy」の著者でもある。その本は1970年代初頭にジョン・バーチ協会(JBS)によって出版された(または大々的に宣伝された)。ジョン・バーチ協会は、最初で非常に強力なシオニスト機械のツールの一つである。「None Dare Call It Conspiracy」はもはやJ.B.S.によって出版・印刷されていない。なぜか?「None Dare Call It Conspiracy」は、私たち全員が真実への旅を始めるための入門書である。それは古典であり、中古書店でさえも見つけるのがますます難しくなっている…

JBSは疑いなく彼らの「操作された反対派」である。ゲイリー・アレンはJBSとの袂を分かち、現在は故人である。彼のJBSからの離脱や死因の詳細は知らない。彼の尊い魂が、私たちの天の父、創造主の平和と愛の中で休んでいることを。彼は彼の翼を手に入れた。ありがとう、ゲイリー・アレン。 — ジャッキー

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker
error: コンテンツは保護されています !