ロバート・マローン

「私は弾劾する!」 浅学非才の徒は莫迦に等しい ロバート・マローン
J'Accuse! | A little bit of knowledge can be a dangerous thing in the hands of the uninformed

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

rwmalonemd.substack.com/p/jaccuse

Robert W Malone MD, MSロバート・W・マローン医学博士、MS

過去を思い出せない者は、それを繰り返すことを余儀なくされる
哲学者ジョージ・サンタヤーナ

ロベスピエールと公安委員会

マクシミリアン・ロベスピエール率いるジャコバン 派と公安委員 会の革命熱、反貴族感情、乱暴な非難に満ちた雰囲気の中で行われた一連の虐殺と公開処刑で特徴づけられるフランス革命の時代。このジャコバン派の支配期は、より高い政治的目標を達成するために暴力を行使することを明言し、テロが政府の公式政策となった歴史上初めての時期であった。 テロルの支配(1793年9月5日〜1794年7月28日)とは、フランス革命 期、ジロンダン派とジャコバン派の対立に端を発し、「革命の敵」を大量に処刑 した 暴動のことで、「テロル」とも呼ばれる。テロールの根幹は、1793年4月の公安委員会の発足にある。この委員会は、戦時中の措置として、軍事、司法、立法に関する広範な監督権限を与えられていた。1793年8月から1794年7月にかけて、事実上の独裁体制を確立したロベスピエールの指導のもと、その権力はピークに達した。1794年6月、無神論より神道を信奉するロベスピエールは、条約に自分の神の存在を認めるよう勧告した。翌日、神道的な最高神への崇拝が革命の公式な側面として発足した。ロベスピエールは、恐怖と美徳を結びつけようとした結果、共和国を道徳的に統一された愛国的共同体とするための努力は、果てしない流血と同一視されるようになった。その後まもなく、フリュリュスの戦いでオーストリアに決定的な軍事的勝利を収めた後、1794年7月27日、ロベスピエールは倒された。


私は、この「医療の横暴に対する世界的な抵抗」運動の重要なリーダーとして、潜在的な脅威を幅広く見守りながら、事態を導くために最善を尽くし、また、私たちが直面している事態を理解できるよう手助けしようとしてきた。その中で、私が日々心配しているのは、ジャコバン主義(恐怖政治をしいた、フランス革命時の過激な小市民階級的平等主義)の台頭である。円陣や陰謀論を推進し、繁栄させる文化を発展させる危険性がある。そのようなドラマがなくても、私たちには注目すべきことがたくさんある。私の友人で大衆運動の研究者であるマティアス・デスメット博士が長い間予言していたように、催眠術をかけられた相手とジャコバン主義の始まりが展開されているのを私たちは見ている。「大衆」に参加している人たちは、自分たちを攻撃し始めている。WEFの若きリーダーとして訓練を受けたレナ・ウェン博士は、覆面や学校の方針についてより合理的になるという許しがたい罪の最初のターゲットの一人である。そして、私たちの仲間にも、時折現れるのをずっと見てきた。しかし、ある特定の陰謀家集団は、最近、私に手榴弾を投げることにかなりのエネルギーを費やしているようだ。もし、あなたが私の言う人物を知っているならば、それは良いことだ。そうでなければ、このエッセイは、歴史的な人間の行動に関する一般的な警告であると考えてほしい。これ以上、注目を浴びたい人たちの名前を公表しても、何のプラスにもならない。

現在、私たちは転換期を迎えている。ある意味では、戦いの終わりを見ることができ、私たちはこの戦いに勝つことができそうだ。また、このコビッド危機は、何十年も続いているもっと大きな戦争の小競り合いに過ぎないということもわかる。私を含む多くの人は、WEF、BMGF、国連、WHO、ジョージ3世が支援するさまざまな組織などで、何十年にもわたって実際に何が行われてきたのか、気づいていなかった。また、長い間、目を見開いていた人たちもいる。しかし、コビッド危機は勢いを失いつつあり(希望的観測)、情熱はついに枯渇し、熱は冷めたように思われる。反対派が新しい戦場に軸足を移し始めている兆しもある。

( Tatsuya_Ishida @Tatsuya_Ishidaのフォローを検討してみよう。 禁断のテーマについて勇気をもって構成した見事な社会評論!)


移行は難しいものである。ここ数年、多くの人がコビッド危機の様々な側面に基づき、新しい帝国、新しいペルソナ、新しいビジネスモデルを構築してきた。ある者は、空気中のSARS-CoV-2スパイクタンパク質を除去することをうたったエアフィルターをオンラインで販売した。また、高値のビタミン剤やサプリメントを売って大儲けしている人もいる。定年退職の準備から、毎日サブスタックの記事を書きながらずっと旅をしている人もいる。ある人は、自分の経験を記した本を売ってお金を稼ぐのに忙しくしている。また、賞金稼ぎの仕事から、小さなポッドキャスト・メディアを運営するようになった人もいる。これらの人々は今、新たな脅威(個人的には「存亡の危機」という言葉は使いすぎだと思う)に直面している-その脅威とは変化である。新しい脅威、情報、戦略の状況に適応するものもいれば、衰退していくものもいるだろう。これから先、予測できる唯一の不変のものは「変化」である。今日、ある同僚から「私たちはグローバリズムの世界に参加する運命にあると思うか?」という質問に対して、私はこう答えた。「未来はまさに天秤に掛けられている。モルモン教徒が言うように、憲法は糸で吊るされている。私はといえば、『ガルトの谷』そして結婚生活がある。」私は大儀に役立つ限り留まるつもりだ。そして、いなくなるだろう。あるいは、その前かもしれない。誰にもわからない 死は私の助言者だ

ガルトの谷(Galt’s Gulch)とは、リバタリアン作家のアイン・ランドが『アトラス・シュラッグド』という予言的な書物の中で描いた、アメリカの架空の地名である。この本の中で、世界のビジネスリーダーたちは、権力者たちから課せられる際限のない制約にうんざりし、ついに工場から立ち退き、谷(ガルトガルチ)に移住して資本主義の楽園を築くという内容である。

ジャコバン主義の台頭は、過渡期に起こった。文化的、政治的な移行は、本質的に不安定なものである。

1793年6月、パリ派が公会堂を占拠し、行政的・政治的粛清、パンの低価格固定価格、選挙権をサン・キュロットにのみ限定することを要求した。ジャコバン派は、民衆運動やサン・キュロットと自らを同一視し、民衆の暴力を政治的権利と見なした。サン・キュロットは、政府の不備に苛立ち、公会堂に侵入してジロンダンを打倒した。彼らはジャコバン派の政治的優位を支持した。

6月24日、条約はフランス初の共和制憲法である「1793年フランス憲法」を採択した。この憲法は国民投票によって批准されたが、発効されることはなかった。他の法律と同様、無期限に停止され、10月には、フランスの政府は「平和が訪れるまでは革命的である」と発表された。

ジロンダン派とジャコバン派はともに極左で、急進的な共和主義的信念を多く共有していたが、ジャコバン派はより残忍に効率よく戦争政府を設立した。

そして今、この過渡期に、管理しなければならない多くの可動部品がある中で、私は再び フラッグに対処しなければならない。手榴弾が投げられているのだ。私の履歴書やサイバースペースから情報の断片を取り出し、推論し、文脈をほとんど理解しない人々が、何が本当に起こっているのかを理解する時間を取ることなく、荒々しい非難を巻き起こすのである。行政の経験もなく、高校しか出ていない人たちが、自分の最悪の恐怖を投影したような結論を出している。言葉は、音と怒りに満ち溢れ、何の意味もないことが言われている。

明日も、明日も、明日も。
毎日、毎日、この些細なペースで忍び寄り
記録された時間の最後の音節まで
すべての昨日は愚か者を照らした
埃まみれの死への道を消えろ、消えろ、短い蝋燭よ!
人生は歩く影にすぎず、哀れな演奏者だ。
舞台を闊歩し、一時間を過ごす哀れな演奏家だ

バカが語る物語、音と怒りに満ち溢れ、
何の意味もない

[ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」第5幕第5場]

それでは、狂ったように投げかけられる非難の数々について説明しよう。私は数ヶ月前にも、そして今一度、Telegramやその他のおかしな噂が流れる掃き溜めのようなフォーラムでの様々なチャットで、これらの非難を取り上げたことがある。申し訳ないが、私はTwitterを禁止されており、ローガンのインタビューの直前から禁止されているため、Twitterで何が起こっているのかを扱うことができない(なんと奇妙な偶然だろう!)。

もちろん、認識すること。

自分の意志に反して従う者は
まだ自分の意見である。

[サミュエル・バトラー(1612-1680):フディブラス】。]


私は弾劾する! #1: ロバート・マローン博士は、彼が開発している「レルコバックス」というワクチンに起因する利益相反があるため、実は反対派をコントロールしているのだ!

この告発には様々なバリエーションがあり、出回っている。

@astoundedの書き込み:「NEW MRNAの開発で何が起こっているのか説明してもらえないか?私が読んだ限りでは、いくつかの矛盾があるように思われる。ありがとう」

@Lab_Mom の書き込み:「なぜ、あなたは現在NIHで次のSARS-COV-2ワクチンを開発していることを公表しなかったか?」と。

そして、これは 「私は弾劾する」 #1と「私は弾劾する」 #2を組み合わせたハイブリッドの例 である。

このワクチン候補の名前は、Reliance COVID ワクチンを指す。リライアンス・ワクチンは、インドのリライアンス・インダストリーズが立ち上げた会社である。リライアンス・ワクチンは私をコンサルタントとして雇った。(そういえば、この仕事を始める前、私は臨床研究、提案書作成、薬事関連のコンサルティング事業を何十年もやっていたね)主にインドや新興経済国の、欧米の大手製薬会社があまりサービスを提供していない貧困層のために、安価な新しい感染症ワクチンを開発する新しいチームにアドバイスと指導を与えるためであった。このコンサルティングは、週に一度、夜中にインドと2時間の電話会議を行い、経営陣の話を聞き、要請があればアドバイスをし、時には1,2枚の書類を見直すというものだった。Relianceは、世界有数の資産家であるMukesh Ambaniがオーナーであり、かつてWEFで指導的立場にあった人物である。当時は何も知りませんでしたが。私がこの新しいワクチン新興企業の新しいチームが様々な戦略的事業決定を行うのを手伝い始めたとき(リライアンス社のワクチン以外の人には関係ないことですが)、彼らはCOVID用の低コスト・低技術のワクチン開発に重点を置いてはいなかった。インドには基本的に10億人の貧困層がいることを忘れてはいけない。リライアンスのような企業は、インド政府から、基本的に貧しい人々を支援するための基金に寄付をするよう要求されている。その意図は、その基金を使って、安価でローテクなワクチン(十分に確立された伝統的なワクチン製造プロセスおよび方法を使用)を貧しい人々に提供することだった。当時、コビッドワクチンは高価なハイテク遺伝子治療タイプしかなく、しかも入手が非常に困難だった。RelCoワクチンを開発するチームは、チームとしては新しいものだったが、そのほとんどが、他のインドの老舗ワクチン会社から集められた、非常に経験豊富なワクチン開発の専門家たちで構成されていた。

RelCoワクチンの開発に選ばれた技術的アプローチは、ピーター・ホテツ氏が彼のワクチンに用いたものといくらか似ているが、完全に独自に開発されたもので、ピーター氏のワクチン(これもインドで製造されていると思う)の包装が外されると、RelCoワクチンチームは少し失速した。さらに、インドでは、規制当局がFDAよりも厳しいガイドラインに従っている–FDAが基本的にルールブックをゴミ箱に捨てる前であっても。しかし、インドの規制当局は、新しいワクチン、特にBMGFが推進するワクチンで嫌な思いをしたことがあり、非常に警戒心が強く、近道をしないように強く要求している。そのため、時間がかかるのである。私はというと、ちょうどコビッドクライシスのワクチン騒動が過熱してきたところでリライアンスとの契約が切れてしまい、双方とも契約更新には応じてくれなかった。私の最後の仕事は、ヨーロッパのワクチン会議で発表するスライドデッキの作成とプレゼンテーションでした(私がモデルナの注射を受けた理由の一つは、会議のためにフランスに行く必要がありそうだと思ったからである)。実際の発表日は2021年9月22日で、ほぼ1年前である。ワクチン製品候補を説明する重要なスライドである(下)。私はこのプロジェクトや製品に所有権や金銭的な利害関係はない。それは「私のワクチン」ではないし、これまでもそうだった。mRNAワクチンでもない。そうではないと言う人は、何らかの理由、何らかの意図で嘘を広めている。動機については推測にお任せする。このワクチンには、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質 (Novavaxとは異なる)が完全長で含まれておらず、むしろスパイクの受容体結合ドメインと、もう一つの抗原であるヌクレオカプシドが含まれていることに注意されたい。遺伝子のワクチンやノババックスの製品のような「血栓症」の有害事象プロファイルはない可能性が高い。リライアンス・チームとインドの規制当局が、適切なテストをすべて行うことを強く求めていることは間違いなかろうか。

さらに詳しく知りたい方のために、私が発表したスライドデッキ はこちらで見ることができる。このワクチン製品候補が現在どのような開発段階にあるのか、私は全く知らない。私はもうこのプロジェクトには関わっていない。コンサルティングを生業とする者であれば、クライアントやそのプロジェクトについて公の場で議論することが適切でないことは分かっているはずであるが、陰謀論者は権利意識を持っているようで、それに対処しなければならない。このスライドデッキは、パブリックフォーラムで発表されたものである。

次の荒唐無稽な告発に移る。…..。


私は弾劾する! #2: ロバート・マローン博士は、現在、NIH/NIAIDのACTIVプログラムを通じて、次世代mRNAワクチンの開発に従事しているため、実際にコントロールされた反対派だ!

これは、私が長年にわたって何十億もの連邦政府との契約を勝ち取り、あるいは管理してきたために、ここ数年の間に私に投げかけられた様々な類似した非難の最近の一種である。そして、明らかに深部国家/諜報機関/生物防衛の資産である人々と仕事をし、出版してきた。というのも、私の文章力と技術力は、なぜか常に他人のための契約を勝ち取るには十分だったが、自分自身や自分の研究のためのNIH契約を勝ち取ったことは一度もなかったからだ。1990年代半ばには、コロナウイルスに対するmRNAワクチンの提案書も書いたのですが(ああ、これは私に対して武器になる!)、却下された。NIH/NIAIDに提出した、ワクチン目的のパルス電場駆動ポリヌクレオチド送達の開発に関する提案もそうだった。これは、この 論文とこの論文、その他いくつかの論文に基づいたものだった。まさに時代の先端を行くものだった。却下されたのは、メルク社のワクチンがすでに遺伝子ワクチンの送達問題を解決していたことを研究部門が「知っていた」からだ。これも私の研究が元になっている。しかし、汝にはたくさんあるが、私には何もない。インダー・バーマは1989年に私に、もし私がソークの研究室を辞めた時に、NIHの助成金を得ることはできないだろうと警告した。そして、彼は正しかった。だから私は、米国国防総省と協力して、生物防御製品の開発に専念することにした。しかし、それはまた別の話である。

この2年間の私の言動を実際に追ってきた人なら、私が野党にコントロールされているとしたら、私は米国史上最悪の二重スパイに違いないと結論づけるに違いないからだ。しかし、陰謀論者は陰謀論を唱え、嫌われ者は嫌われようとする。そういうものなのだ。明るい面を見れば、「Evil Cabal」は大量殺人者より確実に一歩進んでいて、これもまた多くの同じ人々から気軽に投げかけられる非難である。どうやら私は、技術プラットフォームとアイデアを発明したこと(ファクトチェッカーとアレックス・ベレンソンは、発行済み特許を無視してこれに異議を唱えた)、そして全体主義の心理学に関するマティアス・デスメット博士の仕事を推進したことで、大量殺人者であると非難されているようなのである。後者については、(論理的に)理解するのが難しいが、まあ、それはそれとして。前者については、このサブスタックの記事で詳しく述べて いる。そして、どうやら私は羊の皮を被った狼で あると同時に、世界で最も興味深い博士であるようだ。悪名高いディープステートの映画制作「プランデミック3」をサポートするために撮影したものである。簡単に来て、簡単に帰る告発の証拠はどこにでもある。ミアカルパ。

では、実際にACTIVとは何なのか? 以前、このサブスタックで書き ましたし、NIHの腐敗の元凶として様々な講演で取り上げたが、えーと、そうだね。という私の前言撤回を見てほしい。「国立衛生研究所財団」と「CDC財団」の議会承認取り消されなければならない。どうやら私は悪の組織の一員であることは間違いなさそうだ。もし、あなたの視点が私たち反対派のものであるなら。…..。心理的投影と低い自尊心の問題に行き着く。ただ、そう言っているだけだ。. 診断しているわけではない。

話を戻すと。…..ここが魅力的なのだ。ちょっとした知識は危険なものである。

NIH ACTIVのウェブページはこちらである。

そう、ACTIVにはかつてOWSの一部であったコンポーネントがある。確認する。ACTIVはOWSの一部ではなく、むしろOWSはACTIVの一部となった。詳細はこちら。ACTIVはワクチン開発に携わっている。チェック ACTIVは、製薬会社やBMGFから資金を受け入れているNIHのための財団に収容されている。確認 私はNIHの解散を要求しているが、気にしないでほしい。それは、私の側でより多くのディープステートの二重スパイの卑劣な行為に違いない、そうだろ?

ここからが本題である。私は ACTIV TX-臨床試験ワーキンググループに投票権のないボランティアとして参加していた。私のクライアントであるDoD/DTRAの要請で、特に私が指導していたGS14の要請で、ボブ・ギャロとポストドクターだった頃から、あるいはそれ以前から知っているGS15の要請でそこに配置された。なぜなら、私は臨床研究、薬の再製剤化、ウイルス学などの専門家だからだ。とはいえ、はっきり言って、バウンティ・ハンターとして働いたことも、薬剤担当者として働いたこともないのだが。私はDoD/DTRAが私を望んだので、話を聞き、時にはコメントすることを許された。そして、私が参加したこと(たしかローガンショーだったと思う)に触れ、委員会の(投票権を持つ)メルクの代表がイベルメクチンの試験の進行を阻止しようとしたことにも触れると、GS14の同僚はACTIVから、私の参加を許可すべきでないという厄介な電報を受け取ったのでした。それから間もなくして、私は活動を停止した。というのも、私がこのプロジェクトに参加するために懸命に努力したDoD/DTRAの資金援助のもと、ファモチジン、セレコキシブ、イベルメクチンという再利用薬の、十分なパワーと革新性を備えた入院・外来患者試験を開始させるためだったが、この試験にはFDAが難色を示したため、私は参加できなかった。しかし、この臨床試験は、前述の国防総省のGS15の主張によりイベルメクチンという成分を取り除くまで、FDAによって悪名高く阻止された。そして、最終的に臨床試験は開始されたものの、私がもはやサポートしていないプロジェクトがある。ところで、AP通信やワシントン・ポスト紙の悪口を言う 人たちよ、私が正しかったことを示すデータが出て いる。しかし、それはまた別の日の話である。

では、私はNIH/NIAIDやACTIVと第二世代mRNAワクチンの開発に関わっていたのでしょうか、それとも関わっていないのだろうか? 絶対にない。 純粋な陰謀論だ。ACTIV TX(治療)臨床試験ワーキンググループは、私が(投票権を持たないメンバーとして)参加していたグループであるが、かなり前に参加を中止している。私は、DoD/DTRAのクライアントに代わって、またクライアントからの依頼で、ACTIV TX-臨床WG委員会から情報を集め、私が中心となって特定した再利用薬とその組み合わせによる安価な再利用薬試験を行い、容易に入手できる安価な製品を使って命を救えるようにしようとしていた。さらに、ACTIV TX-クリニカルWGは、リパーパス医薬品と新薬の両方を含むさまざまな医薬品を試験するための臨床試験のデザインとマネジメントがすべてだ。ワクチン開発とは何の関係もない。

さて、そうはいっても、邪魔をしたり、根拠のない非難をしたり、根拠のない陰謀論を展開したり、敵対者の利益を増進させるようなことをするのは誰だろう? そして、毎日毎日、ただひたすら仕事をこなし、サブスタックを書き、世界中を旅して、人々を助けようとしているのは誰だろう。

統制された反対運動は興味深い問題である。それは存在する。しかし、効果的であれば、その影と足跡によってのみ、それを識別することができる。それが残した損害の痕跡によって。しかし、繰り返し「狼」と叫ぶ者は、少しばかり懐疑的になるに値する。私の意見では

コメント

タイトルとURLをコピーしました