GPL-MycoTOX カビ毒検査 基準値と解説

Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

カビ毒検査 GPL-マイコトックス

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です

 

www.greatplainslaboratory.com/gplmycotox

www.clinicaltherapeutics.com/article/S0149-2918(18)30229-7/pdf

www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/risk_analysis/priority/kabidoku/kabi_iroiro.html#ST

アスペルギルス属 / Aspergillus (コウジカビ)

ja.wikipedia.org/wiki/コウジカビ

アスペルギルスは環境で最も一般的なカビのグループ。作物や家畜に数十億ドルの損害をもたらしていることが知られている。

最も一般的なアスペルギルスマイコトキシンの2つは、アフラトキシンとオクラトキシン。

これらの毒素は、ピーナッツ、トウモロコシ、綿、キビ、米、モロコシ、ヒマワリの種、小麦、およびさまざまなスパイスを含むすべての主要な穀物で発見されている。 また、汚染された穀物を与えられた動物の卵、牛乳、肉にも含まれている。

 

アスペルギルスによって引き起こされる病気はアスペルギルス症と呼ばれる。

最も一般的な感染経路は呼吸器系。通常、アスペルギルス症はアスペルギルスの胞子を吸い込むことで生じる。

ほとんどの人が毎日これらの胞子を吸い込んでいるが、感染症は起こらない。しかし、アスペルギルス症は日和見真菌感染症であるため、免疫系の機能が低下していると、感染症が起こりやすくなる。

アスペルギルスは屋内外のどこにでもいる真菌で、特にたい肥の山、通気口、空気中のほこりの中などに多くみられる。そのため、この真菌を避けることはできない。

MSDマニュアル 家庭版

アフラトキシンM1/ Aflatoxin M1 (AFM1)

GPL-MycoTOX検査 陽性範囲 3.5~20

アフラトキシンM1(AFM1)は、アフラトキシンB1の主な代謝産物であり、カビ種アスペルギルスによって生産されるマイコトキシンであり、環境中に存在する最も発がん性のある物質のひとつ。

アフラトキシンの毒性

アフラトキシン毒素の感受性は、年齢、性別、食事などの複数の異なる要因に依存する。

肺アスペルギローマの場合、以前かかった肺の病気によって生じた肺内の空洞など、体内にできた空洞の中で発生する。

アフラトキシンは、肝臓の損傷、癌、精神障害、腹痛、出血、昏睡、死を引き起こす可能性がある。 アフラトキシンは白血球の増殖を抑制することが示されている。

腎臓はアフラトキシンの標的器官のひとつ。プロリンはAFB1、AFM1の代謝産物であり、プロリンレベルの変化が酸化ストレスを活性化することにより腎毒性を引き起こし、アポトーシスを誘導する。

アフラトキシンの相乗作用

アフラトキシンの毒性は、オクラトキシンとゼアラレノンの存在下で増加する。

ja.wikipedia.org/wiki/アフラトキシン

AFM1は、B型肝炎による肝臓癌のリスクの増加をもたらした。

毒性の強さ AFB1 + AFM1> AFB1> AFM1

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6109566/

ヘリックス破壊プロリンによるイソロイシン-31の置換は、アルツハイマー病アミロイドβの酸化ストレスと神経毒性を無効にする。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12031904

ウイルス(HBV)とAFM1、AFB1との12倍の相乗作用

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23322152

アフラトキシンB1およびM1はプロテアソーム活性の最も強力な活性化因子

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17214555

曝露源

アフラトキシンは、種子、ドライフルーツ、豆、トウモロコシ、米、木の実、小麦、牛乳、卵、肉に含まれている。

主に穀物製品、種子、ドライフルーツなど、3%から100%のさまざまな食品で報告されている。ドライフルーツは20%。ただしナッツ、種子、ドライデーツは低含有量であった。

ピスタチオ、ピーナッツ等のナッツ類や干しイチジク、トウモロコシ、ナツメグなどの香辛料からは基準値以下のアフラトキシンがしばしば検出される。

アイルランドで実施された研究では、穀物、ナッツ、ピザを含む食品の21%が、1.5μgkg-1未満のレベルでもアフラトキシンによって汚染されていた。

ミルクサンプルで微量のアフラトキシンM1が94%で検出。ヨーグルトでは3%

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30910684

メラトニン

アフラトキシンに暴露​​されたヒヨコに見られる病理学的変化(肝臓の液胞変性、壊死、胆管過形成、腎臓の軽度尿細管変性)は、アフラトキシン暴露と同時にメラトニンを投与されたヒヨコで著しく減少した。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19036390/

メラトニン長期投与による保護効果の上昇

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19760614/

ラクトバシラス-プランタラム/ラクトバシラス-ラムノサス

Lactobacillus plantarum・Lactobacillus rhamnosus GAF01

ラクトバシラス・プランタラムとラムノサスは、アフラトキシンM1を分解または結合する能力を示した。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23030351/

サウナ・経口栄養素、酸素療法

カビ毒、マイコトキシン曝露(アフラトキシン、オクラトキシン、トリコテセン)により能力を失った28人の患者。(平均43歳、男性7人、女性21人、範囲12-70)

モニタリングの重要性

建物のカビ除去にも関わらず症状はすぐには改善されなかった。一部の患者ではカビの再暴露がないにも関わらずマイコトキシンを一時的に増加させた。この一時的なマイコトキシンレベルの増加は、体内に隔離された毒性物質の動員によるものと思われる。

サウナ、経口栄養素、酸素療法は、患者のマイコトキシンを中和し除去するのに役立った。最終的に、治療により28人中27人が職場への復帰を遂げた。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19854821/

アフラトキシンB1 (AFB1)

アフラトキシンB1は、IARCによりグループ1のヒト発がん性物質として分類されている。

スペインの唐辛子、アフラトキシン発生率は57%のアフラトキシンB1

ベトナムの種子、油脂サンプルでは100%のアフラトキシンB1 香港の油脂44%

肉のサンプル調査では91%が平均濃度4μgkg-1のアフラトキシンB1を含んでいた。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30910684

フルーツジュース

80のジュースサンプルにより、9つのマイコトキシンが検出。アフラトキシンB1(AFB1)、アフラトキシンB2(AFB2)、アフラトキシンG2(AFG2)、アルテルナリオール(AOH)、オルタナリオールモノメチルエーテル(AME)、オクラトキシンA(OTA)

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31766649

お米

温暖化による日本、九州地方での米粒のマイコトキシン(アフラトキシン)汚染の増加の可能性

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31527347

フロレチン / Phloretin

アフラトキシンB1代謝に対するポリフェノールフロレチンの二重効果。

フロレチンは、リンゴの葉に含まれる天然フェノール。

CYP1A2およびCYP3A4に対する阻害効果とGST活性に対する誘導効果により、AFB1に対する強力な化学予防効果を持つアフラトキシンに対して有益な効果があることが示されている。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22253071/

ブロッコリー・スルフォラファン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20442190/

ランダム化比較試験 ブロッコリー新芽グルコシノレート摂取により有意なアフラトキシンの減少

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16284385/

クロレラ クロロフィル

クロロフィリンはアフラトキシンに強く結合し、生物学的利用能を低下させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22640941/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17290047/

サッカロミセスセレビシエ
Saccharomyces Cerevisiae

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3768613/

グルコマンナンポリマー

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11201446

活性炭・粘土

セルロースはほとんど吸着せず。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4101124/

マイコトキシンに対抗する食事戦略

コーヒー、イチゴ、茶、コショウ、ブドウ、ウコン、ソラマメ、ニンニク、キャベツ、玉ねぎ。さらに、一部の薬草と植物抽出物は、アフラトキシンB1とフモニシンB1に対する保護を提供する可能性がある。

活性炭、水和アルミノケイ酸ナトリウムカルシウム、細菌、酵母は結合剤として効果的に作用する。食事戦略が問題に対する最も有望なアプローチであると結論する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11198434/

オクラトキシンA /Ochratoxin A (OTA)

GPL-MycoTOX検査 陽性範囲 4~20

en.wikipedia.org/wiki/Ochratoxin_A

オクラトキシンA(OTA)は、腎毒性、免疫毒性、発がん性があるマイコトキシンの一種で、アスペルギルス属およびペニシリウム属のカビによって生産される。

オクラトキシンAの暴露源は、主に水害を受けた建物の吸入によるもの。 その他、穀物、グレープジュース、乳製品、スパイス、ワイン、乾燥ブドウ果実、コーヒーなどの汚染された食品からの曝露の可能性もある。

食事調査

毎日摂取される食事からのマイコトキシンのリスク評価、 肉や穀物製品の消費割合が高い消費者では特別な注意を払う必要がある。

スペインで最高と最低のオクラトキシン有病率が報告され、朝食用シリアルのサンプルの73%、13%がバレンシアおよびカタロニア地域で汚染さていた。

ベトナムでの豆サンプルの平均レベルは最高濃度が報告されている。

スペインのコーヒーの49%のサンプルが汚染。中国の油脂、はベトナムでは卵、牛乳

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30910684

神経毒性

オクラトキシンAは、脳、特に小脳(プルキンエ細胞)、腹側中脳、および海馬構造に対して強い親和性を持っており、海馬に対する親和性はアルツハイマー病の病因に関連している可能性がある。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10350191

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21954354/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17449898/

genesandnutrition.biomedcentral.com/articles/10.1007/s12263-008-0109-y

オクラトキシンAは血液脳関門を通過する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9851682/

パーキンソン病リスク

オクラトキシンAに曝露されたマウスの脳のドーパミンレベルは減少する。

低用量オクラトキシンによる慢性的曝露はパーキンソニズムの早期発症を引き起こす可能性がる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16844142/

脂質過酸化

MDAとHNEタンパク質付加物の形成を増加させることにより脂質過酸化を引き起こすことが報告されている。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17110534/

オクラトキシンAによるAChE活性の増加、BDNFの低下、一酸化窒素(NOS2)の増加 in vitro、N-アセチルシステインの保護効果

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4969303/

αトコフェロール

α-トコフェロールによってオクラトキシンAのブタの細胞毒性を無効化

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22069637/

メラトニン・コエンザイムQ10

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21793342/

メラトニン・甘草

オクラトキシンA曝露のオスラット精巣はメラトニン・甘草抽出物補充により保護効果を示す。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20413560/

プロバイオティクス サッカロミセスボウラーディ

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15613821/

グルコマンナンポリマー

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11201446

コレスチラミン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9482354

食事リスク

スウェーデンの女性コホート研究

より多くの果物や野菜が腎細胞癌に保護的な役割を果たしている可能性がある。保護効果を果たすと考えられるフルーツ(レーズンとドライフルーツを除く)にはオクラトキシンが非常に少なく、加工肉はオクラトキシンが豊富に含まれる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15987861

フルーツジュース

80のジュースサンプルにより、9つのマイコトキシンが検出。アフラトキシンB1(AFB1)、アフラトキシンB2(AFB2)、アフラトキシンG2(AFG2)、アルテルナリオール(AOH)、オルタナリオールモノメチルエーテル(AME)、オクラトキシンA(OTA)

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31766649

グリオトキシン / Gliotoxin (GTX)

GPL-MycoTOX検査 陽性範囲 200-2000

グリオトキシン(GTX)は、カビ属アスペルギルスによって生産される二次代謝産物。

分生子は2~3μmと非常に小さく、その一部は肺胞内を到達し浸潤することにより体内中に広がる。

大環状トリコテセン、グリオトキシンは食物汚染のカビによっては産生されないため、食物摂取により尿検査が陽性になることはない。

防御機構の解除

アスペルギルスは、生物の防御機構を回避するためにグリオトキシンを放出して免疫系を抑制する。

www.jstage.jst.go.jp/article/jjmm/50/3/50_3_139/_pdf

グリオトキシンは好中球顆粒球でのメッセンジャー物質であるロイコトリエンB4の産生が抑制され、他の免疫細胞にシグナルを送ることができないようにする。

これは免疫細胞間のコミュニケーションを中断し、防御メカニズムを破壊します。その結果、生物に侵入して組織や臓器に侵入する胞子(この場合は真菌)が容易になる。

www.sciencedaily.com/releases/2019/02/190208095614.htm

 

グリオトキシンの標的の1つはPtdIns(3,4,5)P3であり、これにより、食細胞性免疫防御のダウンレギュレーションが生じ、多微生物感染の悪化につながる可能性がある。

また、NF-κBの活性化抑制、血小板の活性化を引き起こすことが知られている。

さらにグリオトキシンはT細胞の活性化を損ない、単球および単球由来樹状細胞のアポトーシスを誘導する。 これらの障害は、複数の神経症候群を引き起こす可能性がある。

ペニシリウム属 / Penicillum (アオカビ)

ペニシリウムは200種以上の種が発見されている。 ペニシリウムクリソゲヌムは、これらの種の中で最も一般的。

屋内環境でよく見られ、多くのアレルギー反応の原因となっている。 ペニシリウムは、多くの異なる食品の既知の汚染物質でもある。 多くの異なる種類の柑橘類がペニシリウムで汚染される可能性がありますが、種子や穀物も汚染する可能性があります。 ペニシリウムがこのような一般的な侵入である理由の1つは、低湿度で繁殖する能力があるため。

家庭では、ペニシリウムは壁紙、カーペット、家具、グラスファイバー断熱材に含まれ。

ペニシリウムによって生成される最も一般的なマイコトキシンは、オクラトキシン(OTA)。

オクラトキシンは腎毒性があり腎臓に損傷を与える、 発がん性があることも知られている。

ステリグマトシスチン / Sterigmatocystin (STG)

GPL-MycoTOX検査 陽性範囲 0.2~1.75

ステリグマトシスチン(STG)は、アフラトキシンと密接に関連するマイコトキシン。

STGは、アスペルギルス、ペニシリウム、双極子などのいくつかのカビの種から生産される。 特に消化管と肝臓の細胞で発がん性があると考えられている。

STGは、湿ったカーペットのほこりに含まれている。 また、穀物、トウモロコシ、パン、チーズ、スパイス、コーヒー豆、大豆、ピスタチオナッツ、動物飼料を含む多くの食品の汚染物質でもある。

 

肺アスペルギローマの場合、STGはヒトの組織標本で発見されている。 STGの毒性は、肝臓、腎臓、および免疫系に影響を与える。STGに曝露されたげっ歯類の肺で腫瘍が発見された。

STGの曝露は酸化ストレスを上昇が示されており、特に肝臓では、グルタチオンなどの抗酸化物質が枯渇する。

日本の食品中のステリグマトシスチン

ステリグマトシスチンで汚染された食品は、小麦粉、ハトムギ製品、ライ麦粉、米、そば粉、ホワイトソルガム、大麦製品、小豆、トウモロコシ粉。

ビールやワインには含まれていなかった。

国産小麦粉(44.4%)、ハトムギ製品(41.7%)、ライ麦粉(29。9%)が最高値を示した。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31242064

ミコフェノール酸

GPL-MycoTOX検査 陽性範囲 5~50

ミコフェノール酸(MPA)はペニシリウム菌によって生産され、Bリンパ球、Tリンパ球の増殖を阻害する免疫抑制作用をもつ。ミコフェノール酸への曝露は、クロストリジウムやカンジダなどの日和見感染のリスクを高める可能性がある。

ミコフェノール酸は、女性が妊娠中に暴露された場合の流産および先天性奇形と関連している。

スタキボトリス属 / Stachybotrys (クロカビ)

ja.wikipedia.org/wiki/スタキボトリス

俗にクロカビと呼ばれる糸状菌の1つ。セルロースを好み、浸水や結露などによって高湿度になると住宅に繁茂する。

大環状トリコテセンマイコトキシンは空気中で測定可能であり、短時間の空気撹乱によって濃度の増加を示した。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16269780/

大環状トリコテセン、グリオトキシンは食物汚染のカビによっては産生されないため、食物摂取により尿検査が陽性になることはない。

ロリジンE / Roridin E

陽性範囲 1~6

ロリジンEは、カビの種であるフザリウム、ミロセシウム、スタキボトリス(黒カビ)によって生成される大環状トリコテセン。

水害を受けた建物で頻繁に見られるが、汚染された穀物でも見いだされる。

トリコテセンは非常に有毒な化合物であり、生物兵器として使用されてきた。

トリコテセンは、ペプチジルトランスフェラーゼ活性を妨げることによりタンパク質生合成を阻害する。

大環状トリコテセンは低レベルの曝露であっても、重度の神経学的損傷、免疫抑制、内分泌攪乱、心血管障害、胃腸障害を引き起こす可能性がある。

ベルカリンA  / Veruucarin A (VRA)

GPL-MycoTOX検査 陽性範囲 1~10

en.wikipedia.org/wiki/Verrucarin_A

ベルカリンAは、細胞膜を受動的に移動できる小さな両親媒性分子。(水と油になじむ)

ベルカリンA(VRA)は、Stachybotrys、Fusarium、Myrotheciumから生産される大環状トリコテセンマイコトキシンで、水害を受けた建物で頻繁に見られが、汚染された穀物でも見られる。

ベルカリンAの影響を受ける主な組織は、腸、胃の粘膜、骨髄、脾臓であり、タンパク質およびDNA合成を阻害し、ミトコンドリア機能を破壊し、酸化ストレス(フリーラジカルの生成による)を生成することにより、ヒト細胞に損傷を与える。

また、ベルカリンAへの曝露は、免疫学的問題、嘔吐、皮膚炎、出血性病変を引き起こす可能性がある。

サトラトキシンA

トリコテセンマイコトキシンであるサトラトキシンAの研究において、真菌の増殖で汚染された水害を受けた建物で、神経系の損傷が発生する可能性があることを実証された。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20549560/

デオキシニバレノール(DON)

ブタの嘔吐に関連していたため、ボミトキシンと呼ばれることがある。

調査により、DONは飼料拒否、下痢、嘔吐、生殖不全、死亡などのブタの障害に関連していることが示されている。

DONはさまざまな食品も汚染していることが判明している。

主に穀物ベースの製品で汚染が見られ、、全体的な発生率は3%〜100%。

スペインのパン、

フザリウム / Fusarium

フザリウムの主要なマイコトキシンはゼアラレノン(ZEN)とフモニシン。

フザリウム菌は、温暖な気候条件で最もよく成長する。成長するにはアスペルギルスよりも低い温度が必要。 フザリウムは、トウモロコシや小麦など、さまざまな種類の穀物で世界中で栽培されている、 フザリウムのマイコトキシン暴露は、急性および慢性の両方の影響につながる可能性がある。

エニアチンB / Enniatin B

GPL-MycoTOX検査 陽性範囲 0.07~1

Enniatin Bは、真菌フザリウムによって生成されるシクロヘキサデプシペプチド毒素として分類される真菌代謝産物。 この菌類は、最も一般的な穀物汚染物質の1つで、近年、多くの国で、穀物の高レベルのエニアチン汚染が発見されている。

エンニアチンの毒性作用は、アシルCoAコレステロールアシルトランスフェラーゼの阻害、ミトコンドリアの脱分極、および破骨細胞の骨吸収の阻害によって引き起こされる。

エニアチンには抗生物質の特性があり、慢性的な曝露は体重減少、疲労、肝疾患につながる可能性がある。

フランスで収穫された小麦

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31093880

ゼアラレノン / Zearalenone (ZEA)

GPL-MycoTOX検査 陽性範囲 0.5~10

ゼアラレノン(ZEA)は、カビ種であるフザリウムによって生産されるマイコトキシン、肝毒性、血液毒性、免疫毒性、遺伝毒性があることが示されている。

ゼアラレノンは、小麦、大麦、米、トウモロコシなど、米国、ヨーロッパ、アジア、アフリカにおいて、いくつかの食品でよく見られる。不適切な生産管理や収穫、乾燥などによってカビが増殖し産生する。

内分泌撹乱剤

ゼアラレノンにはエストロゲン活性があり曝露は生殖の変化につながる可能性がある。ゼアラレノンのエストロゲン活性は、大豆やクローバーなどの他の非ステロイドイソフラボン(エストロゲン様効果を持つ化合物)よりも高い。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31817561

ゼアラレノンへの曝露は、胸腺萎縮を引き起こし、脾臓リンパ球の産生を変化させ、リンパ球の免疫応答を損ない病気にかかりやすくする。

穀物製品

44%のゼアラレノンが穀物から検出。ヨーロッパ

ペットのエサからの検出

スペインでもっとも販売されているドライタイプの犬、猫用フード

ゼアラレノンとデオキシニバレノールの長期摂取に対する懸念

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31780144

小麦生産におけるマンガンの保護効果
マンガンは小麦をマイコトキシンのゼアラレノンとその誘導体から保護する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31578385

ロイテリ株のゼアラレノン解毒

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31628520

アルファルファ繊維

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/6214539

コレスチラミン

www.researchgate.net/publication/8156308_In_vitro_studies_on_the_evaluation_of_mycotoxin_detoxifying_agents_for_their_efficacy_on_deoxynivalenol_and_zearalenone

T2マイコトキシン

高いカビ毒吸入毒性

T2マイコトキシン(トリコテセンマイコトキシンの一種)の毒性は、ラットに腹腔内投与された毒素の20倍、モルモットでは少なくとも2倍の毒性があった。重要なことに暴露が吸入性であっても全身性であっても、暴露に起因する病理学的病変は類似していた。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2307322/

若いマウスと成熟したマウスの両方でのT2マイコトキシンの急性吸入の影響を調べる実験では、T2マイコトキシンの吸入は全身投与よりも少なくとも10倍、皮膚投与よりも少なくとも20倍毒性が高いことが示された。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3556834/

穀物製品で報告されている。コーンフレークのサンプルで最も有病率が高い。

オランダの合成したりんごジュース

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30910684

FDAは飼料中のT-2毒素に関するガイドラインを確立していない。

グルコマンナンポリマー

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11201446

ゼオライト

 

フモニシン(FB)

F. verticillioidesが生産するフモニシンは、トウモロコシやトウモロコシをベースにしたさまざまなヒトの食料、動物の飼料にかなりのレベルで自然発生する。

IARCによりグループ2Bでおそらく発がん性があると分類されている。

フモニシンは、スフィンゴ脂質の成分であるスフィンゴシンと構造的に類似している。

スフィンゴシンは、ミエリンなどの特定の神経組織に高濃度で含まれている。フモニシンはスフィンゴ脂質生合成の阻害による毒性作用を引き起こすためスフィンゴ脂質が豊富な組織の変性を誘導する。

朝食用シリアルのサンプルで最大60%の高い発生率

コレスチラミンがフモニシンを吸着することが証明されている。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11348004

カエトミウム・グロボスム (ケタマカビ)

 

ja.wikipedia.org/wiki/ケタマカビ

ケトグロボシンA / Chaetoglobosin A (CHA)

GPL-MycoTOX検査 陽性範囲 20~80

ケトグロボシンA(CHA)は、ケタマカビ(Chaetomium globosum)のカビによって生産される。 ケタマカビは、水害を受けた家でよく見られる。

水害を受けた建物の最大49%でケタマカビが存在することが判明している。

ケトグロボシンAは、最小用量でも非常に有毒で、細胞の分裂と運動を混乱させる。

胞子はエアロゾル化しない傾向があるため、ケタマカビへのほとんどの曝露はマイコトキシンを介している。 ケトグロボシンAへの曝露は、神経損傷、腹膜炎、および皮膚病変に関連する。

複数のカビ種

シトリニン / Citrinin (CTN)

GPL-MycoTOX検査 陽性範囲 10~50

ジヒドロシトリノンは、カビ種アスペルギルス、ペニシリウム、およびモナスカスによって生成されるマイコトキシンであるシトリニン(CTN)の代謝産物。

最も一般的な3つの暴露経路は、摂取、吸入、皮膚接触。

穀物やチーズ、日本酒、赤色色素といった人間の食品の生産において使われる様々な菌によって生産されることが明らかにされている。シトリニンは市販の紅麹米からも見出されている。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20975018

シトリニン曝露は、腎臓のミトコンドリア膜の透過性を高めることにより、腎症を引き起こす可能性がある。

シトリニンはラットの研究で発がん性があることが示されており、複数の研究によりシトリニン暴露と免疫応答の抑制に関連があることが示されている。

ja.wikipedia.org/wiki/シトリニン