ジョージ・ソロスは中絶を推進するために数百万ドルを費やしたが、さらに多くの資金を費やした人物がいる

マルサス主義、人口管理

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

George Soros Has Spent Millions to Promote Big Abortion, But Someone Has Spent Even More

www.lifenews.com/2016/08/17/george-soros-has-spent-millions-to-promote-big-abortion-but-someone-has-spent-even-more/

ナショナル|ランダル・オバノン博士|2016年8月17日|5:12PM|ワシントンDC

その昔、裕福なエリート層は、下層階級の「繁殖」を阻止するために家族計画連盟に資金を提供していた。全米屈指の資産家の財団が最近公開した納税申告書によれば、その関心は衰えるどころかますます高まり、現在では家族計画連盟だけでなく、世界的な中絶帝国の資金源となっている。

最新の年次報告書によると、2015年6月30日に終了する会計年度の予算では、家族計画連盟は「個人からの寄付と遺贈」で3億5350万ドルを得ている。これは、PPFAが納税者から得ている5億5370万ドルと、「非政府医療サービス収入」として顧客から得ている3億920万ドルに上乗せされている。

家族計画連盟は、これらの個人献金は51万8000人の積極的な個人献金者であると説明している。しかしこれは、グループの資金の大部分を提供する一握りの寄付者がいるという事実を覆い隠している。

ウォーレン・バフェットの財団は、1年だけで7,000万ドル以上を拠出している!

パッカード財団とソロスのオープン・ソサエティ研究所

2013年のフォーム990PFによると、プリンターメーカーであるヒューレット・パッカードの創業者の一人の相続人が運営するデイビッド&ルシル・パッカード財団は、「人口と生殖に関する健康」のために全米家族計画連盟に45万5000ドルを寄付している。

個々の家族計画連盟の関連組織も、パッカード財団の大金を受け取った。家族計画連盟ガルフコースト支部は、「医療進歩センター」による胎児の部品販売に関する最近のビデオで大きく取り上げられた組織のひとつであり、25万ドルを受け取った。カリフォルニア家族計画教育基金は、「人口とリプロダクティブ・ヘルス」のために17万ドルを受け取った。

PPFAが加盟する国際家族計画連盟は、これらの目的のためにパッカード財団から15万ドルを受け取った。

かつて家族計画連盟の特別研究関連団体であった独立機関のガットマッハー研究所は、デイビッド&ルシル・パッカード財団から「人口とリプロダクティブ・ヘルス」のために282万ドル、さらに「組織効果と慈善活動」のために7万5000ドルを得た。

ジョージ・ソロスと彼のオープン・ソサエティ・インスティテュート(OPI)も主要なプレーヤーである。ソロスのグループは 2000年にRU486が米国食品医薬品局から販売承認を受けた後、その販売促進を支援するために約100万ドルを提供したとされている(ウォール・ストリート・ジャーナル紙 2000年11月14日付。(2000年9月30日付の『ニューヨーク・タイムズ』紙によれば、パッカード財団は1998年に販売業者に1000万ドルを貸し付け、中絶とその米国での代表的な実行者を支援し続けている)。

オープン・ソサエティー・インスティテュートの2013年度フォーム990PF(最新のもの)では、OPIはPPFAに165万ドルを提供している。重要なリプロダクティブ・ヘルス・サービスへのアクセスを拡大する鍵となるヘルスセンターやその他のインフラを建設することで、米国南部および南東部地域における健康格差に対処するためである。

中絶を支援するバフェット

家族計画連盟や妊娠中絶に関連する活動への寄付に関しては、ウォーレン・バフェットの右に出る者はいない。

億万長者である投資家の亡き妻の名を冠したスーザン・トンプソン・バフェット財団を通じ、バフェットは国内および世界中で中絶を推進するために数百万ドルを寄付してきた。

2014年のフォーム990PFで、バフェット財団はPPFAに総額40,620,507ドルを「プロジェクト支援」として寄付している。小数点以下が惜しいと思われたかもしれないが、4060万ドルである。

さらに1347万2258ドルを全米の家族計画連盟関連団体に寄付した。

それだけではない。国際家族計画連盟は9,669,606ドル、ガットマッハー研究所は3,709,208ドルを受け取った。

家族計画連盟の政治活動委員会は、妊娠中絶を支持する候補者を選出することを目的としており、バフェットの財団から725万ドルもの資金を得ている。

わずか1年で、家族計画連盟関連団体に7000万ドル以上が支払われたことになる。

これは一度だけの出来事ではない。過年度のフォーム990を見ると、PPFAと関連団体に同様の、あるいはそれ以上の総額が支払われている(2013年はPPFAだけに4,860万ドル)。

バフェットの「寛大さ」の恩恵を受けたのは、他の国内外の中絶支援者たちである。手動式真空吸引器(電気のない地域で中絶を行うための、手で操作できる大きな真空注射器)の国際的な販売者であり推進者であるIPASは、26,670,418ドルを受け取った。

マリー・ストップス・インターナショナル(MSI)は世界各国で人工妊娠中絶を行っている。MSIの米国支部は、その事業を支援するためにバフェットから27,988,937ドルを受け取った。

2014年にバフェットから多額の寄付を受けた他の団体には、Population Services International(4540万ドル)、National Abortion Federation Hotline(2540万ドル)、Catholics for Choice(300万ドル)、Center for Reproductive Rights(250万ドル)、Population Council(210万ドル)、Gynuity(世界中で化学中絶を推進、200万ドル)、中絶を推進するニュースブログRH Reality Check(「Rewire」に改名、260万ドル)などがある。

フェミニスト・マジョリティ(300,326ドル)、Medical Students for Choice(450,212ドル)、全米妊娠中絶連盟(500,399ドル)、NARAL Pro-Choice America(751,636ドル)メイン州家族計画協会(今年ウェブカメラによる中絶を追加したばかりで、301,326ドル)、ホール・ウーマンズ・ヘルス(テキサス州の中絶法HB2に異議を申し立てたクリニックチェーンで、891,159ドル)。

やや疑わしい贈り物(すべて漠然とした「プロジェクト支援」のために贈られた)は、中絶の長年の医学的擁護者であるアメリカ産科婦人科学会(359,033ドル)、テキサス大学理事会(中絶法案に反対するデータを作成するために2011年にオースティンでテキサス政策評価プロジェクトを立ち上げ、2,024,449ドル)、そしてアメリカの「中絶アカデミー」として長い間確立されているカリフォルニア大学サンフランシスコ校に1,300万ドル以上が贈られた。

新しいお金、古いパターン

1950年代から1960年代にかけて、大企業が家族計画連盟のような団体に投資し、促進する原動力となった懸念は、今も衰えていないようだ。つい最近の2009年には、ビル・ゲイツの要請で、アメリカで最も裕福で力のある人々が数人集まり、世界で最も差し迫った問題の解決策について話し合った。その最たるものは?人口過剰である(”Billionaire club in bid to curb overpopulation”London Sunday Times, 5/24/09)。

そのグループのメンバーには、デビッド・ロックフェラー・ジュニア、ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロス、マイケル・ブルームバーグ、テッド・ターナー、オプラ・ウィンフリーらが含まれていた。

納税申告書によれば、このグループの主要メンバーは、口より金を出す。

メディア・リサーチ・センター(MRC)によれば、バフェットは2001年から2012年まで、世界中で妊娠中絶を支持する団体に12億ドル以上を寄付しており、その中でも家族計画連盟には2億8900万ドルが寄付されている(www.mrc.org/articles/warren-buffett-billion-dollar-king-abortion)。

MRCは、数年前、ウォーレンの娘スージーが『クロニクル・オブ・フィランソロピー』誌(97年11月13日付)に語ったところによると、父親は人口抑制が「最大かつ最も重要な問題」だと常に考えていたという。また、ロジャー・ローウェンスタインは1995年の伝記で、バフェットには「人口過剰は、食糧や住宅、さらには人間の生存など、他のあらゆる分野の問題を悪化させるというマルサス的恐怖」があったと述べている。

パッカードは生前、子供たちに手紙を書き、彼の財産を自然保護、科学、芸術に使うよう指示していた。1998年の『ウォールストリート・ジャーナル』紙の記事によると、パッカードは財団の最優先事項は「世界の人口増加を抑えること」であると宣言した。それが家族計画クリニックを支援することであろうと、中絶の権利を支援することであろうと、評議員たちは勇気を持って行動すべきだ」と彼は書いている。悲しいことに、彼の子供たちが彼の遺志を継いだことは明らかである。

ソロスはバフェットほどには家族計画連盟に寄付していないが、別の形でその名を轟かせている。『ポリティコ』(2016年7月27日付)によると、彼は長年の友人であるヒラリー・クリントンをはじめとする民主党の候補者や慈善団体に2500万ドル以上を寄付することを約束している。

結局のところ、貧困や病気、飢餓を世界からなくすためにお金が使われるなどという高尚に聞こえる美辞麗句をいくら並べても、そのお金が誰のために使われ、どのような目的で使われるのかを覆い隠すことはできない。金で買える最高のスピンは、中絶とは何か、それが母親と胎児だけでなく、経済と国家をいかに破壊するかという現実を覆い隠すことはできない。

その一方で、この莫大な富を持つ一握りの個人や財団が中絶推進団体や中絶実行団体に提供する数億の資金は、今のところ、中絶推進団体の活動を維持し、彼らのメッセージ発信を助け、彼らの政治的候補者の多くを政権に就かせる。

人生とは、誰にとっても最高の投資であることに変わりはない。

LifeNews.com 注:ランダル・オバノン博士は、全米生活権委員会の教育・研究部長。このコラムはNRL News Todayに掲載されたものです。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました