Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

抗認知症効果を最大化させるアロマセラピーの方法

アロマオイルの使用方法 まとめ

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です

ツール・塗布方法

アロマオイルは患者さんに近い距離で

プラセボグループに比べて有意差をつけている臨床研究では鼻の近く、顔、直接腕などに塗布しているケースが多い。就寝前のラベンダーであれば、枕に垂らすなど。

投与量はあまりケチらない方がよさそうだ。

皮膚への塗布

皮膚へ直接塗布する場合は、キャリアオイルで薄めること。皮膚吸収による脳への伝達経路、脳活性部位は、嗅覚刺激によるそれとは部分的に異なる。

キャリアオイルは特に指定はないが、ココナッツオイルを使うことができる。ホホバオイルもキャリアオイルとして良く使われる。

希釈率

初めての塗布、マッサージオイル 0.5~1%

一般的に皮膚への塗布で用いられる希釈率 2~3%

アロマペンダント

アロマペンダントは匂いが直接届きやすく、いくつかの臨床研究でも改善効果が見られている。皮膚が弱いなど肌への塗布の代わりの良い代替案。

ディフューザー

ディフューザーを使ったエッセンシャルオイルの噴霧では、対照群と比べて有意差に届くレベルでの改善効果にいたっていなケースが多い。

ディフューザーを使う場合は適切な投与量、噴霧する位置や部屋の大きさなどを考慮する必要がある。飲むだけの薬と違って治療域の濃度に達するためのセッティングが重要

また、どのオイルを、どの時間帯に使うかも重要。

耐性を防ぐために

長期使用に対する薬物耐性についてはわからなかったが、受容体と作用するのであればずっと使い続けているとダウンレギュレートして効果が薄れる可能性はあるかもしれない。または(議論のある)ホルミシス効果によって、脱感作を起こす可能性もないとは言えない。

嗅覚の感度は嗅覚疲労により低下しやすいため、アロマオイルの種類を定期的に変えてみる、一時的に休止してみる、一日中アロマを漂わせているのではなく、メリハリを設ける、といったことも重要であるだろう。

相乗効果を狙う

含有成分の相乗効果が示唆されており、複数のアロマオイルを混合、または使い分けたほうが良い。

手間さえ厭わなければ、例えば同じリラックス系のオレンジとラベンダーのオイルであっても、時間差を設けて使い分けるほうが効果が高いという研究報告がある。

保管

柑橘系のオイルは、特に光によって酸化しやすいため、遮光冷蔵保存しておき、あまり長期間保存しない。

「pillow drop essential oil」の画像検索結果

アロマカセラピー

準備するもの

アロマオイルを用意(低品質のものは避ける)

できたら、アロマオイルに対応する実際の植物ハーブも用意

※ラベンダーオイルなら、ラベンダーの鉢植えを買って育てる。

アロマオイルは、それぞれ匂いを直接嗅いで、違和感がないか、好ましいかどうかを介護者と患者の両者がチェック

合わないと思えば使用しない。もしくは他のブランド、他の種類に変える。

アロマオイルは皮膚へ塗布するためにキャリアオイルで希釈する。

キャリアオイルに特に指定はない。

ココナッツオイルはキャリアオイルとして使える。

最大比率 精油 1:キャリアオイル 3

※高齢者、虚弱者であればキャリアオイルに対して精油1~3%からスタート、

タイミング

朝、午前中 

関連画像

または対象者の無気力、アパシーを改善したい場合

ローズマリー2:レモンバーム1

・時々セージ(サルビア)ペパーミントに替えてみる

・皮膚へ塗布した場所が日光を強く浴びる場合は、レモンバームなどのシトラス系のアロマオイルの直接塗布は控える。

・あえて品質は維持したままで、アロマオイルのブランドを変えてみるのもいいかもしれない。(同じ精油でも成分比率が異なる可能性があり、耐性を防いでくれるかも。)

夕方、夜

関連画像

または対象者の過活動、攻撃性を改善したい場合

ラベンダー2:オレンジ系1 

・時々カモミール、マンダリン、ゆずに替えてみる

・マッサージを併用すると相乗作用により大きな安静効果をもつ。

投与方法

介護者が患者にスキンシップをとりながら腕や顔に塗布する。(重要)

大人数、集団、部屋の空間が広すぎない場合はディフューザーなどを使った室内噴霧も併用してみる。噴霧の場合はオイルをあまりケチらないこと。

最後に

アロマの世界だけに嗅覚を向けるのではなく、

淹れたてのコーヒーの匂い

雨が降った後の土の匂い

刈り取ったばかりの草の匂い

世界空間と結びついた匂いを感じ取るだけで、それぞれに応じたシナプス結合が強化され大脳辺縁系が活性化される。

香りを見つける散歩をしてみよう!