アロマオイルの効果効能 医学的研究

この記事は約8分で読めます。
Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

アロマオイルの研究

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です

総合

アロマテラピーの臨床研究

たぶん、一番有名なアロマセラピーの臨床研究(日本)

Effect of aromatherapy on patients with Alzheimer's disease. - PubMed - NCBI
Psychogeriatrics. 2009 Dec;9(4):173-9. doi: 10.1111/j.1479-8301.2009.00299.x. Controlled Clinical Trial

アルツハイマー病患者へ28日間のアロマセラピー(ローズマリー、レモンバーム、ラベンダー、スゥィートオレンジ)により、GBSS-J およびTDASテストスコアで有意な改善を示した。

GBSS-J:知的機能・自発性・感情機能・その他の精神症状 ・運動機能の痴呆行動評価尺度

TDASテスト:ADASをタッチパネル化したテスト

プラセボと嗅覚刺激の相互作用

エッセンシャルオイルの嗅覚刺激は、主観的な注意が相互作用を引き起こし、作業成績に高い影響を及ぼす。

The influence of essential oils on human vigilance. - PubMed - NCBI
Nat Prod Commun. 2010 Sep;5(9):1441-6. Randomized Controlled Trial; Research Support, Non-U.S. Gov't
皮膚への塗布による効果

製品、品質による効果のばらつきがある。

アロマオイル(30%1ml)の腕への塗布では効果が見られたが、噴霧では見られなかった。

A randomized, controlled cross-over trial of dermally-applied lavender (Lavandula angustifolia) oil as a treatment of agitated behaviour in dementia
Lavender essential oil shows evidence of sedative properties in neurophysiological and animal studies but clinical trials of its effectiveness as a treatment of...
マッサージとの組み合わせ効果

21人の認知症患者の無秩序行動に対して、アロマセラピーとマッサージの組み合わせが(それぞれを単独で用いるよりも)最も行動抑制の効果を示した。

Aromatherapy in dementia | Advances in Psychiatric Treatment | Cambridge Core
Aromatherapy in dementia - Volume 10 Issue 4 - Clive Holmes, Clive Ballard
認知症のタイプによっては効果がないかも

中等度から重度の認知症患者15名のアロマテラピー投与

9人に改善が認められ5人には変化が見られず1人は激越行動を示した。

レビー小体型の認知症の患者へのラベンダー使用は有益な効果があまり見られなかった。(Holmes et al, 2001)

抽出物のオイル成分の変化により、アセチルコリンの分泌に影響を与えている可能性がある。

アロマオイル各種

ローズマリー オイル

AChE阻害作用

ローズマリー精油に含まれるロスマリン酸が、強力なAChEおよびブチリルコリンエステラーゼ阻害作用をもつとの報告がある。

ローズマリーに含まれるフェノール化合物であるジテルペンが、アルツハイマー病への潜在的な治療効果をもつ可能性。

The Therapeutic Potential of Rosemary (Rosmarinus officinalis) Diterpenes for Alzheimer's Disease
Rosemary (Rosmarinus officinalis L.) is one of the most economically important species of the family Lamiaceae. Native to the Mediterranean region, the plant is...

「rosemary」の画像検索結果

AChE阻害薬と類似する作用機序

Keap1 / Nrf2経路の活性化によるニューロン保護効果

ジテルペンの一種であるカルノシン酸はα-セクレターゼを増強させる作用、βセレクターぜ阻害効果は示されていない。

※ジテルペノイド(カルノシン酸、ロマノール、カルノソール)

ローズマリーに多く含まれる(37%)1,8-シネオール化合物の濃度と、認知課題のパフォーマンスが有意に関連。アセチルコリンエステラーゼ阻害剤と類似する働きによって認知機能、記憶力が改善されているのではないか。

Plasma 1,8-cineole correlates with cognitive performance following exposure to rosemary essential oil aroma. - PubMed - NCBI
Ther Adv Psychopharmacol. 2012 Jun;2(3):103-13. doi: 10.1177/2045125312436573.
認知能力の変化に気が付かない

ローズマリーに含まれる1,8-シネオールへの曝露が、健常者の認知能力と相関する。興味深いことに、自己報告と認知能力の関連には一貫性がない。

Plasma 1,8-cineole correlates with cognitive performance following exposure to rosemary essential oil aroma
The mode of influence of the aromas of plant essential oils on human behaviour is largely unclear. This study was designed to assess the potential pharmacologic...

 

ローズマリー エッセンシャルオイル 15ml

朝、昼、活動前に使用

 

レモンバーム オイル

介護者からの評価の改善

二重盲検プラセボ 介護スタッフによって重度の認知症患者の顔および腕に1日2回塗布、CMAIが有意に改善。

CMAI(Cohen-Mansfield Agitation Inventory)コーエンマンスフィールド焦燥評価票 = 介護者による具体的な症状、行動障害の評価。

Aromatherapy as a safe and effective treatment for the management of agitation in severe dementia: the results of a double-blind, placebo-controlle... - PubMed - NCBI
J Clin Psychiatry. 2002 Jul;63(7):553-8. Clinical Trial; Randomized Controlled Trial
記憶の正確さと落ち着きへの効果

レモンバームの使用量が1600mgにおいて、記憶の正確さおよび、穏やかさに有意な改善を示した。

Forbidden

アウラカシア エッセンシャルオイル レモンバーム 15ml

朝、昼、活動前に使用

 

ラベンダー オイル

ラベンダーの多彩な効果

HSP70発現の可能性

リナロールによる弱いコリン作動性阻害

神経保護、抗酸化活性、

GABA作動性シナプスを調節

脂肪分解と熱生成によるエネルギー消費を低下 → ラットは体重増加

健康な女性の眼窩前頭、後部帯状回、脳幹、視床、小脳のニューロンを増強

in vivo でエストロゲン、抗アンドロゲン活性あり

Lavender and the Nervous System
Lavender is traditionally alleged to have a variety of therapeutic and curative properties, ranging from inducing relaxation to treating parasitic infections, b...

「lavender」の画像検索結果

空間記憶

ラベンダーオイルへの7日間曝露によりラットの空間記憶が改善

Effects of lavender oil inhalation on improving scopolamine-induced spatial memory impairment in laboratory rats. - PubMed - NCBI
Phytomedicine. 2012 Apr 15;19(6):529-34. doi: 10.1016/j.phymed.2012.02.002. Epub 2012 Mar 6. Research Support, Non-U.S. Gov't
NMDA受容体の拮抗作用

ラベンダーのもつ抗不安、抗うつ作用は過酸化水素によって生じる神経毒性を調節することによる、NMDA受容体に対する拮抗作用、SERT阻害に起因する可能性がある。

Exploring Pharmacological Mechanisms of Lavender (Lavandula angustifolia) Essential Oil on Central Nervous System Targets. - PubMed - NCBI
Front Pharmacol. 2017 May 19;8:280. doi: 10.3389/fphar.2017.00280. eCollection 2017.
Exploring Pharmacological Mechanisms of Lavender (Lavandula angustifolia) Essential Oil on Central Nervous System Targets
Lavender essential oil is traditionally used and approved by the European Medicines Agency (EMA) as herbal medicine to relieve stress and anxiety. Some animal a...

投与方法が重要

アロマセラピーによるBPSD症状への治療成績のバラ付きは、治療期間や、オイルの種類、研究集団の違いではなく、明確に投与方法に起因する。精油が嗅覚の近くで塗布されたときには、結果はポジティブであった。

Aromatherapy for the Treatment of Patients with Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia: A Descriptive Analysis of RCTs. - PubMed - NCBI
J Altern Complement Med. 2016 Jun;22(6):422-8. doi: 10.1089/acm.2015.0186. Epub 2016 May 9. Review
AChE阻害薬と類似するメカニズム

ラベンダーオイルは、酸化ストレスおよびアセチルコリンエステラーゼ阻害調節により、神経保護効果を示しえる。(in vivo)( in vitro)

Protective effect of lavender oil on scopolamine induced cognitive deficits in mice and H2O2 induced cytotoxicity in PC12 cells. - PubMed - NCBI
J Ethnopharmacol. 2016 Dec 4;193:408-415. doi: 10.1016/j.jep.2016.08.030. Epub 2016 Aug 21.
リラックス効果

ラベンダーオイルによる、血圧、心拍数、皮膚温度の有意な低下、自律神経の活動を低下させリラックスさせる。

The effects of lavender oil inhalation on emotional states, autonomic nervous system, and brain electrical activity. - PubMed - NCBI
J Med Assoc Thai. 2012 Apr;95(4):598-606. Clinical Trial; Research Support, Non-U.S. Gov't
攻撃的な症状の改善

ラベンダーオイルはホホバオイルとの比較で、アルツハイマー病高齢者の感情および攻撃的な行動に有意な影響を示した。

[The effect of lavender aromatherapy on cognitive function, emotion, and aggressive behavior of elderly with dementia]. - PubMed - NCBI
Taehan Kanho Hakhoe Chi. 2005 Apr;35(2):303-12. Controlled Clinical Trial

ラベンダー エッセンシャルオイル 15ml

夕方、夜、寝る前に使用

 

オレンジ オイル

 

スゥィートオレンジ エッセンシャルオイル 15ml

夕方、夜、寝る前に使用

「sweet orange oil」の画像検索結果

ペパーミント オイル

記憶力の増強

ランダム割付 コグニティブドラッグリサーチ・コンピューター評価システムにより、ペパーミントが有意に記憶力を強化。一方イランイランは記憶力を損なうが処理速度を高めた。

Modulation of cognitive performance and mood by aromas of peppermint and ylang-ylang. - PubMed - NCBI
Int J Neurosci. 2008 Jan;118(1):59-77. Comparative Study; Randomized Controlled Trial
処理速度の増強

ペパーミントがタイピング作業の総スピード、精度に有意差があることを示した。しかしタイピングの持続力と記憶力は改善しなかった。

Improved performance on clerical tasks associated with administration of peppermint odor. - PubMed - NCBI
Percept Mot Skills. 2003 Dec;97(3 Pt 1):1007-10.

※ペパーミントによる記憶力の改善については、有意差を示さなかった研究も多い。

ペパーミント エッセンシャルオイル 15ml

朝、昼、活動前に使用

「peppermint」の画像検索結果

セージ(サルビア)オイル

セージの豊富な抗認知症成分

セージはイギリスで記憶力を高める薬として知られ、長い歴史をもつ。

160以上のポリフェノールを含み、その中にはカフェイン酸、ロスマリン酸、サルビアノール酸、サグクマリン、リソスペルミジン酸、セイレン酸およびユナン酸が含まれる。

フラボノイドには、ルテオリン、アピゲニン、ヒスピドリン、ケンペロール、ケルセチンなどが含まれる。

サルビア属の植物には精油が豊富で、α、β-ツヨン、カンファー、1,8-シネオール、α-フムレン、β-カリオフィレンおよびビリジフロロールを含む多数のテルペノイドが豊富。

ジテルペンおよびトリテルペン、(カルノシン酸、ウルソール酸、カルノソールおよびタンシノンの豊富な供給源)

アセチルコリンエステラーゼ阻害作用

ロスマリン酸、カフェ酸、カルノソール、タンシノン、ケルセチンはBDNFを増強

Salvia (Sage): A Review of its Potential Cognitive-Enhancing and Protective Effects
Genus Salvia, commonly known as sage, is the largest genus in the Lamiaceae family. It comprises many species traditionally used as brain-enhancing tonics. In v...

 

こうしてみると、サルビアは認知機能を高める成分がてんこもり、オイルというか、経口摂取すべきハーブかもしれない。

 

セージ(サルビア)リーフ 453g

想起能力

プラセボ二重盲検、クロスオーバー、コグニティブドラッグリサーチのコンピューター評価システムで、健康な若者の瞬間的単語想起を有意に改善した。

Salvia lavandulaefolia (Spanish sage) enhances memory in healthy young volunteers. - PubMed - NCBI
Pharmacol Biochem Behav. 2003 Jun;75(3):669-74. Clinical Trial; Comparative Study; Controlled Clinical Trial

クラリーセージ エッセンシャルオイル 15ml

朝、昼、活動前

ゆず

抗ストレス効果

日本代表のアロマ ゆず

ランダム化クロスオーバー ゆずの香りを嗅ぐことで唾液中のクロモグラニンA(ストレスマーカー)が有意に減少

Effects of olfactory stimulation from the fragrance of the Japanese citrus fruit yuzu (Citrus junos Sieb. ex Tanaka) on mood states and salivary ch... - PubMed - NCBI
J Altern Complement Med. 2014 Jun;20(6):500-6. doi: 10.1089/acm.2013.0425. Epub 2014 Apr 17. Randomized Controlled Trial; Research Support, Non-U.S. Gov't

「yuzu」の画像検索結果

 

エッセンシャルオイル その他

学習・記憶

ベルガモット、フランキンセンス、

集中力、注意力

イランイラン 

マウスの線条体のドーパミン濃度を低下させ、海馬のセロトニン濃度を増加させる。

The anxiolytic effect of essential oil of Cananga odorata exposure on mice and determination of its major active constituents. - PubMed - NCBI
Phytomedicine. 2016 Dec 15;23(14):1727-1734. doi: 10.1016/j.phymed.2016.10.017. Epub 2016 Oct 27.

サンダルウッド

その他

カモミール、ベチバー、ゼラニウム、マンダリン

タイトルとURLをコピーしました