リコード法サプリメントの抗うつ薬効果

この記事は約18分で読めます。
Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

リコード法・アルサプの抗うつ作用 研究

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です

 

紹介文献について

スタートアップでも用いているサプリメント、リコード法の中から、ストレスやうつ、疲労と関連する文献を探ってみた。

以下にかかげる文献のほとんどは、単一の化合物投与による臨床研究とそれを元にしたシステマティックレビュー、メタアナリシスである。

 

栄養化合物をひとつだけ取り上げて被験者のうつの根本原因を特定しないまま、全員に均等に投与してその有意差にこだわるバカバカしさもあるのだが、それゆえに単独での用いた際の証拠としては強度の弱いものも含まれる。

また、臨床研究から引っ張ってきており、特定のうつ病診断を受けた患者に対しての投与例であったりするものも多く含まれるので、介護うつの方に効果があるとは言い切れないものも含まれる。

 

しかし、その多くが傾向としては潜在的なうつ病やストレスの改善可能性をもつものであり、そして作用機序の違いから組み合わせ効果が得られやすく、栄養補助食品としての安全性、代謝レベルでの改善など見過ごせないメリットを多く有する。

特にリコード法を患者さんがすでに実践しているのなら、介護者も今すぐにでも取り組むことができるはずだ。

にも関わらず、現にストレスにさらされたり介護うつで苦しんでいる人がリコード法、例えサプリメントの摂取だけでも試みないままでいることは、傍から見てて喉から手が出るほどもどかしい。。

 

介護者の多くの方は40歳を超えられているかと思う。これは、リコード法の認知症予防検査、コグノスコピーを受けることが推奨される年齢でもある。特に介護でストレスを感じ初めている方は受けられると、勉強にもなり自分のためにもなり、他の人の役に立つ可能性もある。まさに一石二鳥三鳥である。ぜひ検査と合わせて実行してもらいたい。

リコード法サプリメント 抗うつ関連研究

ビタミンBコンプレックス

ビタミンB群、ビタミンC、マグネシウム、亜鉛補給が女性のストレスレベルにおよぼす影響、システマティックレビュー

The impact of essential fatty acid, B vitamins, vitamin C, magnesium and zinc supplementation on stress levels in women: a systematic review. - PubMed - NCBI
JBI Database System Rev Implement Rep. 2017 Feb;15(2):402-453. doi: 10.11124/JBISRIR-2016-002965. Review

うつ病におけるビタミンBの影響

The Effects of Vitamin B in Depression. - PubMed - NCBI
Curr Med Chem. 2016;23(38):4317-4337. Review
B1(ベンフォチアミン)

チアミン欠乏症は過敏症やうつ病の症状を含む障害をもたらす。SSRIによる治療に加えビタミンB1(チアミン)を投与した患者はプラセボと比較して、うつ病の症状を改善した。改善は治療開始後6週間以内に観察された。12週目では統計的な有意差が失われた。

Adjuvant thiamine improved standard treatment in patients with major depressive disorder: results from a randomized, double-blind, and placebo-cont... - PubMed - NCBI
Eur Arch Psychiatry Clin Neurosci. 2016 Dec;266(8):695-702. Epub 2016 Mar 16. Randomized Controlled Trial
B6(P-5-P)

ビタミンB6の低値は、抑うつ症状と関連する。

Vitamin B-6 and depressive symptomatology, over time, in older Latino adults. - PubMed - NCBI
Nutr Neurosci. 2019 Sep;22(9):625-636. doi: 10.1080/1028415X.2017.1422904. Epub 2018 Jan 16.

ビタミンB6は、高齢女性の不安を軽減するのに効果的

The impact of essential fatty acid, B vitamins, vitamin C, magnesium and zinc supplementation on stress levels in women: a systematic review. - PubMed - NCBI
JBI Database System Rev Implement Rep. 2017 Feb;15(2):402-453. doi: 10.11124/JBISRIR-2016-002965. Review
葉酸(5-MTHF)

うつ病患者への葉酸または5-MTHF投与 無作為化試験

葉酸が他のうつ病治療の補助的な役割を果たす可能性がある。

Folate for depressive disorders. - PubMed - NCBI
Cochrane Database Syst Rev. 2003;(2):CD003390. Review; Systematic Review

一日15mg、6ヶ月間のメチル葉酸投与はうつ病患者の臨床的、社会的回復を有意に改善

Enhancement of recovery from psychiatric illness by methylfolate. - PubMed - NCBI
Lancet. 1990 Aug 18;336(8712):392-5. Clinical Trial; Randomized Controlled Trial
B12(メチルコバラミン

うつ病に対する葉酸およびビタミンB12の投与、システマティックレビュー&メタアナリシス ビタミンの短期間使用(数日~数週間)ではうつ症状の改善には寄与しない。

Systematic review and meta-analysis of randomized placebo-controlled trials of folate and vitamin B12 for depression. - PubMed - NCBI
Int Psychogeriatr. 2015 May;27(5):727-37. doi: 10.1017/S1041610215000046. Epub 2015 Feb 3. Meta-Analysis; Research Support, Non-U.S. Gov't; Review; Systematic ...

ビタミンB12の補充によるラクナ脳卒中患者の認知症、うつ病、疲労への効果

Effects of vitamin B12 supplementation on cognition, depression, and fatigue in patients with lacunar stroke. - PubMed - NCBI
Int Psychogeriatr. 2013 Mar;25(3):508-10. doi: 10.1017/S1041610212001925. Epub 2012 Nov 19. Letter

ビタミンD3

プラセボ対照二重盲検無作為化比較試験

大うつ病性障害患者への8週間のビタミンD補給は、炎症バイオマーカーを改善し、グルコース恒常性、酸化ストレスに有益な効果をもたらした。

Vitamin D Supplementation Affects the Beck Depression Inventory, Insulin Resistance, and Biomarkers of Oxidative Stress in Patients with Major Depr... - PubMed - NCBI
J Nutr. 2016 Feb;146(2):243-8. doi: 10.3945/jn.115.218883. Epub 2015 Nov 25. Randomized Controlled Trial

システマティックレビュー&メタアナリシス

ビタミンD補給は、うつ病患者のうつ症状を軽減するのに有効である。

Vitamin D supplementation for depressive symptoms: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. - PubMed - NCBI
Psychosom Med. 2014 Apr;76(3):190-6. doi: 10.1097/PSY.0000000000000044. Meta-Analysis; Research Support, N.I.H., Extramural; Research Support, Non-U.S. Gov't; R...

ビタミンD欠乏とうつ病との関係には相反する証拠が存在する。

Vitamin D deficiency and depression in adults: systematic review and meta-analysis. - PubMed - NCBI
Br J Psychiatry. 2013 Feb;202:100-7. doi: 10.1192/bjp.bp.111.106666. Meta-Analysis; Research Support, Non-U.S. Gov't; Review; Systematic Review

Vitamin D supplementation for depressive symptoms: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. - PubMed - NCBI
Psychosom Med. 2014 Apr;76(3):190-6. doi: 10.1097/PSY.0000000000000044. Meta-Analysis; Research Support, N.I.H., Extramural; Research Support, Non-U.S. Gov't; R...
Analysis of vitamin D status in major depression. - PubMed - NCBI
J Psychiatr Pract. 2014 Sep;20(5):329-37. doi: 10.1097/01.pra.0000454777.21810.15.
Vitamin D supplementation to reduce depression in adults: Meta-analysis of randomized controlled trials
The aim of this study was to estimate the weighted mean effect of vitamin D supplementation in reducing depressive symptoms among individuals aged ≥18…

亜鉛

うつ病は末梢血の亜鉛濃度が低いことと関連している。メタアナリシス

Zinc in depression: a meta-analysis. - PubMed - NCBI
Biol Psychiatry. 2013 Dec 15;74(12):872-8. doi: 10.1016/j.biopsych.2013.05.008. Epub 2013 Jun 24. Meta-Analysis; Research Support, Non-U.S. Gov't

亜鉛の抗うつ作用メカニズム

Zinc, future mono/adjunctive therapy for depression: Mechanisms of antidepressant action. - PubMed - NCBI
Pharmacol Rep. 2015 Jun;67(3):659-62. doi: 10.1016/j.pharep.2015.01.015. Epub 2015 Feb 8. Research Support, Non-U.S. Gov't; Review

食事からの亜鉛摂取の不足は、男女ともにうつ病の発生率の高さと関連している。

Dietary zinc is associated with a lower incidence of depression: findings from two Australian cohorts. - PubMed - NCBI
J Affect Disord. 2014 Sep;166:249-57. doi: 10.1016/j.jad.2014.05.016. Epub 2014 May 23. Research Support, Non-U.S. Gov't

ビタミンC

無作為化二重盲検、高用量のアスコルビン酸投与(3g)カテコールアミン活性を調節し、不安を解放し、ストレス反応を低下させ、不安オキシトシンの放出が増加する。これらのプロセスはセクシャルな気分と関連する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12208645


ビタミンCの欠乏は、高齢者の急性疾患に伴ううつ症状の増加と関連している。

Poor vitamin C status is associated with increased depression symptoms following acute illness in older people. - PubMed - NCBI
Int J Vitam Nutr Res. 2014;84(1-2):12-7. doi: 10.1024/0300-9831/a000188. Randomized Controlled Trial; Research Support, Non-U.S. Gov't

プラセボ対照試験 高校生へのビタミンC500mg/日の投与はプラセボと比較して不安を低下させた。

Effects of Oral Vitamin C Supplementation on Anxiety in Students: A Double-Blind, Randomized, Placebo-Controlled Trial. - PubMed - NCBI
Pak J Biol Sci. 2015 Jan;18(1):11-8. Randomized Controlled Trial

2型糖尿病患者へのビタミンC1gとビタミンE400IU/日の投与は、酸化的損傷を軽減することで、不安レベルを減少させるのに有益である。

Efficacy of supplementary vitamins C and E on anxiety, depression and stress in type 2 diabetic patients: a randomized, single-blind, placebo-contr... - PubMed - NCBI
Pak J Biol Sci. 2013 Nov 15;16(22):1597-600. Randomized Controlled Trial

N-アセチルシステイン

N-アセチルシステインは双極性うつ病患者の自殺願望を軽減する。

http://www.psychiatrist.com/jcp/article/Pages/2015/v76n05/v76n0522.aspx

Nアセチルシステインの投与は毛髪を引っ張る症状をもつ患者の引っ張る回数の大きな減少を示した。Nアセチルシステインは側坐核における細胞外グルタミン酸濃度を回復することで、強迫行動の制御に有用である可能性がある。

N-acetylcysteine, a glutamate modulator, in the treatment of trichotillomania: a double-blind, placebo-controlled study. - PubMed - NCBI
Arch Gen Psychiatry. 2009 Jul;66(7):756-63. doi: 10.1001/archgenpsychiatry.2009.60. Randomized Controlled Trial

プラセボ対照二重盲検無作為化比較試験 双極性障害患者へのNアセチルシステイン投与は抑うつ症状のための安全かつ効果的な戦略である。

N-acetyl cysteine for depressive symptoms in bipolar disorder--a double-blind randomized placebo-controlled trial. - PubMed - NCBI
Biol Psychiatry. 2008 Sep 15;64(6):468-75. doi: 10.1016/j.biopsych.2008.04.022. Epub 2008 Jun 5. Multicenter Study; Randomized Controlled Trial; Research Suppo...
A preliminary investigation on the efficacy of N-acetyl cysteine for mania or hypomania. - PubMed - NCBI
Aust N Z J Psychiatry. 2013 Jun;47(6):564-8. doi: 10.1177/0004867413481631. Epub 2013 Mar 14. Randomized Controlled Trial; Research Support, Non-U.S. Gov't

リチウム

治療抵抗性うつ病へのリチウムまたは非定型抗精神病薬 システマティックレビュー

治療抵抗性うつ病患者へのSSRIに加えリチウムまたは非定型抗精神病薬を投与することは、有益である可能性が高い。

Lithium or an atypical antipsychotic drug in the management of treatment-resistant depression: a systematic review and economic evaluation. - PubMed - NCBI
Health Technol Assess. 2013 Nov;17(54):1-190. doi: 10.3310/hta17540. Research Support, Non-U.S. Gov't; Review; Systematic Review

リチウムはノルエピネフリンの産生量を制限し、身体の恐怖反応による不安症状を軽減させる。

リチウムはセロトニン合成能力を改善することで、不安感情を軽減する効果をもつ。

Risks and Benefits of Taking Lithium for Anxiety

 

EPA・DHA

メタアナリシス  成人うつ病へのフィッシュオイル投与 標準偏差の平均差は-0.32(95%CI -0.12〜-0.52)

Omega-3 fatty acids for depression in adults. - PubMed - NCBI
Cochrane Database Syst Rev. 2015 Nov 5;(11):CD004692. doi: 10.1002/14651858.CD004692.pub4. Meta-Analysis; Research Support, Non-U.S. Gov't; Review; Systematic R...

プラセボ対照二重盲検無作為化比較試験 オメガ3投与(6.6g/日)のうつ病患者ではプラセボ群と比べ、うつ病のハミルトン評価尺度で有意な改善を示した。

Omega-3 fatty acids in major depressive disorder. A preliminary double-blind, placebo-controlled trial. - PubMed - NCBI
Eur Neuropsychopharmacol. 2003 Aug;13(4):267-71. Clinical Trial; Comparative Study; Randomized Controlled Trial; Research Support, Non-U.S. Gov't

慢性疲労症候群の患者へ3ヶ月間必須脂肪酸を摂取、有意差はつかなかったが症状は時間とともに改善された。

The role of essential fatty acids in chronic fatigue syndrome. A case-controlled study of red-cell membrane essential fatty acids (EFA) and a place... - PubMed - NCBI
Acta Neurol Scand. 1999 Feb;99(2):112-6. Clinical Trial; Randomized Controlled Trial

大うつ病性障害へのオメガ3脂肪酸投与 レビュー

疫学研究ではオメガ3とうつ病との間には関連性がない。メタアナリシス研究では抑うつ障害に対するオメガ3の小さな利益が認められている。研究間で異質性があり、うつ症状をもたないまたは軽度のうつ症患者では利点が示されない。大うつ病性障害に対するオメガ3投与では有益性の可能性がある。

Omega‐3 fatty acids for depression in adults
Major depressive disorder (MDD) is highly debilitating, difficult to treat, has a high rate of recurrence, and negatively impacts the individual and society as ...

メタアナリシス、EPAは有意な抗うつ効果と関連するが、DHAとは関連していなかった。

最適用量は1000mgのEPAであり、2~4gでは有意に改善されず悪化することもあった。抗うつ効果は、うつ病が悪化した人でのみ持続した。

EPA but not DHA appears to be responsible for the efficacy of omega-3 long chain polyunsaturated fatty acid supplementation in depression: evidence... - PubMed - NCBI
J Am Coll Nutr. 2009 Oct;28(5):525-42. Meta-Analysis; Review

医学生へのオメガ3補給は、リポ多糖類によるIL-6産生を14%減少させ、不安症状を20%減少させた。

EPA but not DHA appears to be responsible for the efficacy of omega-3 long chain polyunsaturated fatty acid supplementation in depression: evidence... - PubMed - NCBI
J Am Coll Nutr. 2009 Oct;28(5):525-42. Meta-Analysis; Review

ホスファチジルセリン

ホスファチジルセリン(300mg/日)とオメガ3脂肪酸のうつ病高齢者への投与は、特定の群でうつ病の重症度を70%改善した。

The Effects of Phosphatidylserine and Omega-3 Fatty Acid-Containing Supplement on Late Life Depression
Late life depression is often associated with a poor response to antidepressants; therefore an alternative strategy for therapy is required. Although several st...

ビタミンK2

ビタミンK2は、メタボリックシンドロームを有するラットの不安とうつ症状を改善。認知機能は改善しなかった。

Vitamin K2 Improves Anxiety and Depression but not Cognition in Rats with Metabolic Syndrome: a Role of Blood Glucose? - PubMed - NCBI
Folia Med (Plovdiv). 2016 Dec 1;58(4):264-272. doi: 10.1515/folmed-2016-0032.

クリルオイル

ラットへのクリルオイル投与は認知機能を高め、抗うつ薬様効果をもたらす。

クリルオイルの抗うつ、認知機能改善効果はオメガ3、リン脂質、アスタキサンチンなどの様々な成分の相乗作用によって役割を果たす可能性がある。

Enhanced cognitive function and antidepressant-like effects after krill oil supplementation in rats
The purpose of the study was to evaluate the effects of krill oil (KO) on cognition and depression-like behaviour in rats.Cognition was assessed using the Avers...

ココナッツオイル

ヴァージンココナッツオイルに含まれるポリフェノールおよび中鎖脂肪酸が抗ストレス活性をもつ可能性がある。

Antistress and antioxidant effects of virgin coconut oil in vivo
Virgin coconut oil (VCO) has been consumed worldwide for various health-related reasons and some of its benefits have been scientifically evaluated. Medium-chai...

メラトニン

プラセボ対照二重盲検無作為化比較試験 6mgのメラトニン経口投与が乳がん女性患者の不安及び睡眠障害を有意に低下させた。

Effect of melatonin on depressive symptoms and anxiety in patients undergoing breast cancer surgery: a randomized, double-blind, placebo-controlled... - PubMed - NCBI
Breast Cancer Res Treat. 2014 Jun;145(3):683-95. doi: 10.1007/s10549-014-2962-2. Epub 2014 Apr 23. Clinical Trial; Randomized Controlled Trial; Research Suppor...

アゴメラチンは、プラセボおよびフルオキセチン、セルトラリン、ベンラファキシン抗うつ薬よりも、不安症状に対して有意に顕著な効果を示した。

Efficacy of the novel antidepressant agomelatine for anxiety symptoms in major depression. - PubMed - NCBI
Hum Psychopharmacol. 2013 Mar;28(2):151-9. doi: 10.1002/hup.2294. Controlled Clinical Trial; Multicenter Study; Randomized Controlled Trial; Research Support, N...

プラセボ対照二重盲検無作為化比較試験の 大うつ病性障害患者へ徐放性メラトニン6mgを4週間投与 うつ病と睡眠が大幅に改善された。

A randomized double-blind placebo-controlled trial of treatment as usual plus exogenous slow-release melatonin (6 mg) or placebo for sleep disturba... - PubMed - NCBI
Int Clin Psychopharmacol. 2010 May;25(3):132-42. doi: 10.1097/YIC.0b013e32832c260b. Randomized Controlled Trial; Research Support, Non-U.S. Gov't

アスタキサンチン

アスタキサンチンは、高血糖による海馬、扁桃体および視床下部ニューロンの損傷を保護することによって糖尿病マウスに対して抗うつ効果を有する。

Depression can be prevented by astaxanthin through inhibition of hippocampal inflammation in diabetic mice. - PubMed - NCBI
Brain Res. 2017 Feb 15;1657:262-268. doi: 10.1016/j.brainres.2016.12.018. Epub 2016 Dec 22. Research Support, Non-U.S. Gov't

マウスへのアスタキサンチン投与により抗不安効果をもたらしたが、抗うつ作用には寄与しなかった。

The antianxiety‐like effect of astaxanthin extracted from Paracoccus carotinifaciens
Astaxanthin is a red carotenoid pigment and is widely found in living organisms. Astaxanthin has a potent antioxidative ability and has been reported as having ...

フェルラ酸

フェルラ酸は、HPA機能不全により引き起こされるストレスを改善し、抗うつ効果を有する可能性がある。マウスモデル

Ferulic acid reverses depression-like behavior and oxidative stress induced by chronic corticosterone treatment in mice. - PubMed - NCBI
Steroids. 2017 Sep;125:131-136. doi: 10.1016/j.steroids.2017.07.006. Epub 2017 Jul 19. Research Support, Non-U.S. Gov't

フェルラ酸はセロトニン作動系の調節を介して、マウスに抗うつ作用をもたらす。

Ferulic acid exerts antidepressant-like effect in the tail suspension test in mice: Evidence for the involvement of the serotonergic system
Ferulic acid (4-hydroxy-3-methoxycinnamic acid) is a phenolic compound present in several plants with claimed beneficial effects in prevention and tre…
Ferulic acid-induced anti-depression and prokinetics similar to Chaihu–Shugan–San via polypharmacology
Selective serotonin reuptake inhibitors (SSRIs), one of popular antidepressants as “one-compound-one-target” paradigm, cannot but discontinue because …

PQQ

疲労、睡眠障害のある被験者17人にPQQ20mgを投与、PQQは睡眠の質を有意に改善した。人生の満足度は有意ではなかったが高い傾向にあった。

睡眠改善の二次的効果の可能性があるが食欲、強迫観念、疼痛評価についても改善が見られた。

http://functionalfoodscenter.net/files/56592277.pdf

コエンザイムQ10

うつ病は酸化ストレス、一酸化窒素ストレスとの相関が高く、血清中のCOQ10濃度は治療抵抗性うつ病患者では減少している。うつ病患者ではCoQ10の補給が、恩恵を受ける可能性がある。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20010493

ニコチンアミドリボシド

効果の最大化 300mg/日

New Research on Nicotinamide Riboside (Niagen) - Optimum Dosage
Nicotinamide Riboside (NR) is a form of vitamin B3 closely related to Niacin that is showing great promise for it's ability to raise NAD+ levels in older humans...

抗うつ薬はナイアシンとNADを欠乏させる可能性がある。

Antidepressants may lead to a decrease in niacin and NAD in patients with poor dietary intake. - PubMed - NCBI
Med Hypotheses. 2015 Mar;84(3):178-82. doi: 10.1016/j.mehy.2014.12.017. Epub 2014 Dec 30.

https://ionhealth.ca/wp-content/uploads/resources/PDFs/Vitamin-B3-for-Depression-Case-Report-and-Review-of-the-Literature-25.3.pdf

αリポ酸

αリポ酸のインスリン活性はうつ病治療の補助薬としての可能性がある。

Alpha lipoic acid: a novel treatment for depression
Insulin resistance has been associated with people diagnosed with depression. Conversely, it has also been documented that diabetics have an increased…

カルニチン

オープンラベル アセチルカルニチン2gの投与は慢性疲労症候群の患者の精神的疲労を有意に改善。注意力と集中力に有益な効果を示した。

Exploratory open label, randomized study of acetyl- and propionylcarnitine in chronic fatigue syndrome. - PubMed - NCBI
Psychosom Med. 2004 Mar-Apr;66(2):276-82. Clinical Trial; Comparative Study; Randomized Controlled Trial; Research Support, Non-U.S. Gov't

プラセボ対照二重盲検無作為化比較試験 66人の100歳の高齢者へL-カルニチン(2g/日)を経口投与、高齢者の総脂肪量の減少をもたらし、総筋肉量を増加させ、疲労を軽減し、認知機能を改善した。

L-Carnitine treatment reduces severity of physical and mental fatigue and increases cognitive functions in centenarians: a randomized and controlle... - PubMed - NCBI
Am J Clin Nutr. 2007 Dec;86(6):1738-44. Randomized Controlled Trial; Research Support, Non-U.S. Gov't

アセチルLカルニチンの投与は、平均年齢76歳の高齢者の慢性疲労を改善した。筋肉痛、運動後の長期疲労、睡眠障害、身体的疲労、精神的疲労、疲労的重症度スケール、機能的状態、MMSEについて対照群との有意な差が見出された。

Acetyl L-carnitine (ALC) treatment in elderly patients with fatigue. - PubMed - NCBI
Arch Gerontol Geriatr. 2008 Mar-Apr;46(2):181-90. Epub 2007 Jul 20. Comparative Study; Randomized Controlled Trial

レスベラトロール

レスベラトロールは海馬神経栄養因子との相互作用により、治療抵抗性うつ病のサブタイプにおいて有益である可能性を示唆している。

Antidepressant Effects of Resveratrol in an Animal Model of Depression
Resveratrol (3,4’,5-trihydroxy-trans-stilbene) is a natural non-flavonoid polyphenol antioxidant extracted from red grapes in the processing of wine. Initially ...

トランスレスベラトロールの抗うつ様効果は、セトロニン作動性、ノルアドレナリン作動性の活性と関連する可能性がある。マウスモデル

Antidepressant-like effect of trans-resveratrol: Involvement of serotonin and noradrenaline system. - PubMed - NCBI
Eur Neuropsychopharmacol. 2010 Jun;20(6):405-13. doi: 10.1016/j.euroneuro.2010.02.013. Epub 2010 Mar 30. Research Support, Non-U.S. Gov't

バコパ・モンニエリ

プラセボ対照二重盲検無作為化比較試験 バコパ・モンニエリ300mg/日を平均年齢73歳の54人の参加者へ投与、プラセボ群と比べAVLT遅延語想起記憶スコアが向上。CESD-10のうつ病スコア、不安スコア、心拍数が減少したが、プラセボ群では増加した。

Effects of a standardized Bacopa monnieri extract on cognitive performance, anxiety, and depression in the elderly: a randomized, double-blind, pla... - PubMed - NCBI
J Altern Complement Med. 2008 Jul;14(6):707-13. doi: 10.1089/acm.2008.0018. Randomized Controlled Trial; Research Support, N.I.H., Extramural; Research Support,...

マグネシウム

The Effects of Magnesium Supplementation on Subjective Anxiety and Stress—A Systematic Review
Background: Anxiety related conditions are the most common affective disorders present in the general population with a lifetime prevalence of over 15%. Magnesi...

インスリン抵抗性、2型糖尿病、アルコール依存症、ストレス、特定の薬物療法はマグネシウム欠乏を招くことがある。マグネシウム補給は、従来の抗うつ薬治療の有効性を高めるであろう。

Magnesium and depression. - PubMed - NCBI
Magnes Res. 2016 Mar 1;29(3):112-119. Review

マグネシウムの欠乏が多くの大うつ病の原因であり、食事からのマグネシウム欠乏、過剰なカルシウムによって誘発されうる。

Rapid recovery from major depression using magnesium treatment. - PubMed - NCBI
Med Hypotheses. 2006;67(2):362-70. Epub 2006 Mar 20. Case Reports

ヤマブシタケ/ライオンズメーン

プラセボ対照二重盲検無作為化比較試験 30人の女性 ヤマブシタケ入のクッキーを食べたグループでは、疫学研究鬱病尺度センター(CES-D)不確定苦情指数(ICI)がプラセボ群と比べ、有意に低かった。ヘリシウム・エリナセウスはNGF増強作用とは異なる作用機序でうつ病および不安を軽減する可能性を有する。

Reduction of depression and anxiety by 4 weeks Hericium erinaceus intake. - PubMed - NCBI
Biomed Res. 2010 Aug;31(4):231-7. Randomized Controlled Trial

ヤマブシタケに含まれるアミセノンは、リポ多糖類誘発性炎症モデルマウスの炎症と関連してうつ病を予防する可能性をもつ。

Effects of amycenone on serum levels of tumor necrosis factor-α, interleukin-10, and depression-like behavior in mice after lipopolysaccharide admi... - PubMed - NCBI
Pharmacol Biochem Behav. 2015 Sep;136:7-12. doi: 10.1016/j.pbb.2015.06.012. Epub 2015 Jul 4.

ウリジン

オープンラベル 双極性障害を有する青少年へ6週間ウリジン500mg×2回/日投与、CDRS-Rスコアが試験開始前と比べ54%低下。

ウリジンのうつ病治療としての潜在的な作用機序は、リン脂質代謝の変化、カテコールアミン合成、シナプス形成が考えられる。

Open-Label Uridine for Treatment of Depressed Adolescents with Bipolar Disorder
This report is an open-label case series of seven depressed adolescents with bipolar disorder treated with uridine for 6 weeks. Treatment response was measured ...

プロバイオティクス

システマティックレビュー  毎日のプロバイオティクスサプリメント摂取は、大うつ病性障害患者の気分、不安、および認知症の改善に正の効果を有する可能性が高い。

作用機序仮説

・胃腸管のタイトジャンクションを修復することで、リポ多糖類の腸壁透過を阻止し、エンドトキシンによる炎症性サイトカイン(IL-1β、IL-6、TNF-α、IFN-γ)の増加を阻止する。

・胃腸管のプロバイオティクスが遊離トリプトファン産生を高め増加させることで、セトロニン利用能を増加。

The effects of probiotics on depressive symptoms in humans: a systematic review
Patients suffering from depression experience significant mood, anxiety, and cognitive symptoms. Currently, most antidepressants work by altering neurotransmitt...

イチョウ葉抽出物

プラセボ対照二重盲検無作為化比較試験 イチョウ葉エキス 不安障害の参加者へイチョウ葉抽出物240~480mgを4週間投与 HAMA評価尺度において不安症状が低下する。用量応答が見られ高用量でより有効性が示された。

Ginkgo biloba special extract EGb 761 in generalized anxiety disorder and adjustment disorder with anxious mood: a randomized, double-blind, placeb... - PubMed - NCBI
J Psychiatr Res. 2007 Sep;41(6):472-80. Epub 2006 Jun 30. Randomized Controlled Trial

クルクミン

プラセボ対照二重盲検無作為化比較試験  腹腔鏡下胆嚢摘出術後、6時間ごとに500mg(1日4回投与)を投与、10ポイントの痛み評価尺度で有意な低下を示した。術後の疲労も減少した。

Efficacy of turmeric (curcumin) in pain and postoperative fatigue after laparoscopic cholecystectomy: a double-blind, randomized placebo-controlled... - PubMed - NCBI
Surg Endosc. 2011 Dec;25(12):3805-10. doi: 10.1007/s00464-011-1793-z. Epub 2011 Jun 14. Randomized Controlled Trial

二重盲検無作為化クロスオーバー試験 30人の肥満被験者へクルクミンを1g/日30日間投与。2週間のウォッシュアウト後さらに30日間投与。Beck Anxiety Inventory(BAI)ではクルククミン投与グループで有意にスコアが減少することが見出された。

An investigation of the effects of curcumin on anxiety and depression in obese individuals: A randomized controlled trial. - PubMed - NCBI
Chin J Integr Med. 2015 May;21(5):332-8. doi: 10.1007/s11655-015-2160-z. Epub 2015 Mar 17. Randomized Controlled Trial; Research Support, Non-U.S. Gov't

プラセボ対照二重盲検無作為化比較試験 大うつ病患者56人へ1日2回500mgのクルクミンを投与。投与後4~8週間後に非定型うつ病を有するサブグループにてクルクミンの抗うつ効果の有効性が確認された。

Curcumin for the treatment of major depression: a randomised, double-blind, placebo controlled study. - PubMed - NCBI
J Affect Disord. 2014;167:368-75. doi: 10.1016/j.jad.2014.06.001. Epub 2014 Jun 11. Randomized Controlled Trial; Research Support, Non-U.S. Gov't

アシュワガンダ

プラセボ対照二重盲検無作為化比較試験  不安およびうつ病と診断された被験者へのアシュワガンダ抽出物(1日2回250mg)の投与は、うつ病および不安症状の両方において有意な改善を示した。

A double-blind, placebo-controlled evaluation of the anxiolytic efficacy ff an ethanolic extract of withania somnifera. - PubMed - NCBI
Indian J Psychiatry. 2000 Jul;42(3):295-301.

不安障害を有する人へ8週間アシュワガンダ(1.5%withanolides)300mgを1日2回投与し、カウンセリングを受けたところ、不安症状は56.5%減少した。それに対してカウンセリングを受けただけのプラセボ群は30.5%の減少しか示さなかった。

Naturopathic care for anxiety: a randomized controlled trial ISRCTN78958974. - PubMed - NCBI
PLoS One. 2009 Aug 31;4(8):e6628. doi: 10.1371/journal.pone.0006628. Randomized Controlled Trial

慢性的な精神的ストレスをもつ人へのアワワガンダ抽出物300mg/日を60日間投与、

プラセボ群と比べ、ストレス評価尺度が有意に低下し血清コルチゾールが有意に減少した。

A prospective, randomized double-blind, placebo-controlled study of safety and efficacy of a high-concentration full-spectrum extract of ashwagandh... - PubMed - NCBI
Indian J Psychol Med. 2012 Jul;34(3):255-62. doi: 10.4103/0253-7176.106022.

ミルクシスル

シリマリンはセロトニン動作性、ドーパミン動作性およびノルアドレナリン動作性へ影響をあたえる可能性がある。シリマリンの継続的な投与は、ラットのうつ病を減少させる。

5HT1A受容体の感受性がうつ病において低下していることが臨床研究で示されており、シリマリンは5HT1A受容体作動薬の調節と関連している可能性がある。

Role of Serotonergic System on Modulation of Depressogenic-Like Effects of Silymarine
In the present study, we have investigated the effects of silymarine on depression and the possible role of serotonergic system in these effects. The rats were ...
タイトルとURLをコピーしました