ワクチン遺伝子ワクチン抵抗戦略・運動

強制的なワクチン接種に反対する7つの論点 ドイツグループ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

7 Argumente gegen eine Impfpflicht

7argumente.de/

ドイツ連邦議会議員の皆さん。

私たちは、強制接種の導入の可能性について議論するにあたり、強制接種には健全な科学的根拠がないことを証明する7つの科学的議論をまとめました。

私たちは、強制的なワクチン接種を支持する決定が下される可能性を非常に懸念していますので、この問題について決定を下す前に、本文に記載されている複雑な問題領域について独立した科学的検証を行うようお願いします。

不明な点がありましたら、いつでも(autorengruppe@7argumente.de)または「Contact」でお問い合わせください。

あなたの責任ある仕事に敬意を表し、よろしくお願いします。

2022年1月6日発行

強制的なワクチン接種に反対する7つの議論の著者グループ

  • ジェシカ・アガルヴァル教授
  • Prof. Dr. h.c. カイ・アンボス
  • ケルスティン・ベーンケ教授
  • アンドレアス・ブレンナー教授(スイス)
  • クラウス・ブッヘナウ教授・博士
  • Dr.phil. マティアス・バーチャルト
  • 教授、医学博士、ポール・カレン
  • ヴィクトーリア・デシュライン・ゲスナー教授・博士
  • ヤン・ドッチホルン准教授
  • Ole Döring教授・博士
  • Jun.-Prof. Dr. Alexandra Eberhardt
  • Dr. Michael Esfeld(CH)
  • マティアス・フェヒナー博士
  • ウルスラ・フロスト教授(Dr. Ursula Frost
  • カトリン・ギアハーケ教授博士
  • ウルリケ・ゲロ教授博士
  • Lothar Harzheim教授(博士)。
  • Saskia Hekker教授とDr.
  • Prof. Dr. med. Sven Hildebrandt
  • ステファン・ホンブルグ教授
  • アグネス・イムホフ博士
  • レネ・ケーゲルマン博士
  • マーティン・キルシュナー教授
  • Dr. Sandra Kostner
  • ボリス・コッチョベイ教授
  • クリストフ・クーバンドナー教授・博士
  • PD Dr.アクセル・ベルンド・クンツェ
  • サルヴァトーレ・ラヴェッキア教授・博士
  • クリスチャン・レーマン博士
  • クリスティアン・レナート博士(h.c.theol.
  • PD Dr.phil.ステファン・ルフト
  • ヨルグ・マティシク教授・博士
  • クリスチャン・メゼス博士
  • Prof. Dr. Klaus Morawetz
  • ゲルト・モルゲンターラー教授
  • ヘニング・ノーレンバーグ博士
  • ガブリエル・ピータース教授
  • Steffen Rabe, MD
  • マーカス・リーデナウアー博士
  • ギュンター・ロス教授
  • ステファン・リスト(CH)
  • Prof. Dr. Steffen Roth
  • Christian Schellenberg, MD
  • アンドレアス・シュネプフ教授・博士
  • Wolfram Schüffel教授とDr.
  • Prof. Dr. med. Klaus-Martin Schulte, FRCS, FRACS
  • イェンス・シュワッチェ博士
  • ハラルド・シュワルツァー教授・博士
  • ヘンリーケ・シュタール教授
  • Prof. Dr. Anke Steppuhn
  • ヴォルフガング・シュテルツレ教授(スイス)
  • トビアス・アンルー教授(Dr. Tobias Unruh
  • クリスティン・ヴェルナー教授
  • マーティン・ウィンクラー教授(スイス)
  • クリスティーナ・ゼンク教授

7つの論点

隔たりを乗り越えて 7つの科学的根拠

ワクチン接種の義務化に反対し、開かれた議論を行うために

コロナ・パンデミックは、この2年間、社会生活のあらゆる分野で多大な人的被害と多大な努力をもたらしました。次々と新しい規制や法律が制定され、国民の多くが責任を持って支持してくれました。ここ数ヶ月の間に、政治的な方向性はますます全国民へのワクチン接種に向けられており、ほとんどの場合、代替手段はないと考えられています。その結果、現在では、一般的なものと集団的なものの両方を含めた強制的な予防接種の導入が議論されています。すでに実施されている「予防接種を受けていない人」(つまり、予防接種証明書の有効期限が切れた人)に対する制裁措置は、さらに拡大される予定です。

法定のワクチン接種義務についての決定は時期尚早です。これは、新しいワクチンに関する基本的な疑問が十分に明らかにされておらず、研究においても論争が行われているためです。その中には、特に、ワクチンによる保護の期間と強度、副作用の種類、頻度、重症度などが含まれます。このような法律は、議論の余地のある研究課題に基づいてはいけません。

したがって、SARS-CoV2に対する一般的または集団的な強制接種は、医学的、法律的、哲学的、さらには倫理的、宗教的な議論に基づいて、現在の状況では正当化できないという立場をとるものです。そのため、COVID19の接種の可否は個別に判断する必要があります。

私たちの立場の正当性は、7つの論点にまとめられています。これは、オーストリア、スイス、イタリア、フランス、スカンジナビア、イギリス、アメリカなどの国々の何千人もの科学者の見解と一致しています。

論点1:SARS-CoV2のパンデミックはワクチン接種では終息しない

一般的な予防接種の目的の一つは、SARS-CoV2に対する免疫を持った集団を作ることです。私たちは、EUではまだ条件付きで認可されている利用可能なワクチンで、実際にこの目標を達成できるかどうかは疑問だと考えています。

  • 1.) 現行のワクチンによる予防接種は、期待や約束よりもはるかに弱く、短命です。自己防衛といっても、せいぜい厳しいコースで、しかもそれが数ヶ月続くだけです。
  • 2.) これらのワクチンは「無菌」の免疫を作るものではありません。ワクチンを接種していても、感染やウイルスの感染はいつでも可能です。海外での保護の程度や期間は不明です。
  • 3.) ウイルスの新種は、ワクチンによる保護を回避することに成功しつつあります。新しいウイルスの変異株に適応したワクチンの開発と接種は、現状では、より成功した変異株の発生の平均的な時間間隔よりも長くかかると考えられます。そのため、この反応性ワクチンの適応では、均一な免疫を持つ集団を作ることはできません。
  • 4.) ウイルスの突然変異の進化の論理は、新しい変異株のうち、既存のワクチンの保護を最もうまく回避できるものが最も成功するというものです。集団への完全なワクチン接種は、真の免疫を生まないワクチン接種では、ウイルスの選択圧を高めてしまい、逆効果になることさえあります。

第2の論点:ワクチンのリスクポテンシャルが高すぎること

ワクチン接種キャンペーンが始まって以来、新規ワクチンの長期的なリスクの可能性についても、体系的な調査は行われていません。遺伝子ベースのCOVID19ワクチンについては、ワクチンとその作用機序が根本的に新しいものであり、長期的な研究がなされていないことが特に重要です。ワクチンによるダメージは、従来のワクチンの経験とは異なる方法で起こる可能性があります。

  • 1.) ポール・エーリック研究所が記録したCOVID19の接種による副作用が疑われる事例は、他のワクチンに関する報告と比較しても、すでに憂慮すべきものです。そのため、予防接種の副作用や危険因子に関する体系的な研究が急務となっています。
  • 2.) さらに、現在の研究では、これらのワクチンの潜在的なリスクを警告する兆候が見られます。
    • a) 2021,特に最後の数ヶ月間、過剰死亡率が明らかに増加しており、これは予防接種との類似性を示している:予防接種の数が増加すれば過剰死亡率も増加し、予防接種の数が減少すれば過剰死亡率も減少します。このパターンは様々な国で見られ、これまで見過ごされてきた劇的な副作用を示している可能性があります(添付資料1)。
    • b) ワクチン接種キャンペーンの開始以降、心血管疾患と神経系疾患が異常に増加していることも、ワクチン接種曲線との類似性を示している(添付資料2)。
    • c) 血中に検出可能な梗塞リスクの指標が、ワクチン接種後に有意に増加することが示唆されています。
    • d) スパイク・プロテインがヒトの細胞の代謝に及ぼす影響は、ほとんど解明されていません。望ましくない副作用の原因となる可能性が指摘されています。
    • e) 研究結果によると、これらの副作用は個人差があり、これまで知られていたパターンから逸脱している可能性があります。
    • f) オミクロン・変異株に関する現在の知見では、以前の変異株に対してワクチンを接種した人は、ワクチンを接種していない人に比べて、今回の新しい変異株に対して感受性が高いことが示唆されています。

論点3:SARS-CoV-2ワクチンの複数回接種によるリスクの可能性は十分に理解されていない。

ワクチン接種の義務化は、ワクチンの防御力が急速に低下し、新しいウイルスの変異株が出現した場合に、継続的なブースターワクチンの接種を規定するものと思われます。複数回のワクチン接種(2回以上)は、累積的なワクチン接種のリスクに関する人口に対する継続的な実験です。それは

  • 1.) メーカーの登録試験では、これまでにこれに関するデータは収集されていません。
  • 2.) 現在行われているブースターキャンペーンに関連しても、アプローチの安全性に関する包括的な分析はほとんど発表されていません。

論点4:現在条件付きで承認されているCOVID19ワクチンの接種を一般的に義務付けることは憲法違反である。

基本法第1条の人間の尊厳の保障は、基本法の根幹をなすものであり、人間はそれ自体が目的であり、法の基礎であり目標です。彼または彼女は、国家の措置によって、(それが共通の利益のためであっても)目的のための単なる手段として扱われることは決してない。主体となる個人の尊厳は、他の基本的な権利と比較することはできず、絶対的なものです。ワクチン接種義務は、基本法第2条(2)で保護されている関係者の身体的・精神的一体性および肉体的一体性に対する医療介入に関して、人間の尊厳の保証で保障されている自己決定権の保護を妨害するものです。また、基本法第4条の信仰と良心の自由が損なわれる可能性もあります。

  • 1.) 基本法第2条第2項への抵触については、目的の性質に疑問があり、適合性、必要性、適切性を欠くため、ワクチン接種義務の合憲性が疑われます。
    • a) この点において、正当な目的の選択はすでに不明確です。集団免疫、感染連鎖の遮断、死亡者や重篤な疾病経過の回避(それによる医療システムの救済)パンデミックの終息などが考えられます。
    • b) 一般的なワクチン接種義務の適合性は、少なくともa)で述べた最初の2つの目的に関しては、明確に否定されなければなりません。重症化の回避に関しては、条件付きで承認されたワクチンは非常に短い期間(3~6ヶ月)で効果がなくなるため、長期使用には適していないことを指摘しておかなければなりません。さらに、新たなウイルスの変異に対しては、その有効性を仮定することはできません(3.の第1引数参照)。同じ理由で、ワクチン接種の一般的な義務も、パンデミックの終息には適していません。
    • c) 必要性が肯定されるのは、目標を達成するために同等に適した、より穏やかな手段がない場合に限られる。そのような配慮は、例えば、脆弱なグループの保護、医療システムの改善、(可能であれば)ワクチンのタイムリーな適応などに関わるものです。一般的なワクチン接種義務の設計においては、より抜本的ではないバリエーションも考慮しなければなりません。例えば、医学的不確実性がある場合(自己免疫疾患、ワクチンによるダメージを受けやすい体質-過去のアレルギーやワクチン接種時のダメージ、既知の心臓疾患など)でも、医学的適応のための広範な免除を設定し、医師と患者の個別の評価を可能にすることです。
    • d) 狭義の合理性とは、損なわれる利益と保護される利益を比較したときに、予防接種義務が意図する一般公衆の保護が明らかに優勢であることを前提とします。ここではそのようなことはありません。これは、COVIDによる重篤な経過や死亡のリスクと、ワクチン接種による重篤な副作用や致命的な副作用のリスクとのリスク比が、大人数へのワクチン接種に不利に働くためです。真面目な科学者によると、若年層のリスクはワクチン接種の場合の方が高いそうです。さらに、新規ワクチンには、その程度がまだ十分に知られておらず、限られた範囲でしか承認されていない、明らかにかなりのリスクポテンシャルがあります(第2回論点参照)。つまり、個人の健康に対する深刻なリスクと、社会全体にとっての不明確な利益とを比較しなければなりません。
  • 2.) 罰金を伴うワクチン接種の義務は、基本法第1条に抵触します。これは、人間が単なる物として扱われることから守るためです。ワクチン接種の義務化は、限られた範囲でしか承認されていない医療行為、つまり、まだ十分に研究されていない医療複合体による不可逆的な身体への介入を人々に強いることになります。また、他の社会人のためだけに行われたり、社会全体でのパンデミック対策のために行われたり、目的によっては医療資源の維持のために行われることもあります。これらの目的が、実際に強制接種によってどの程度達成されるかは不明です。しかし、このような目的のために個人を利用することは、たとえそれが他の多くの人々の幸福や生命を確実に近い確率で守ることができるとしても、許されないことは憲法の観点から明らかです。ワクチンを接種していない人は、その存在自体が、ワクチン接種の一般的な義務によって違法となり、制裁の脅威によって犯罪者となります。
  • 3.) 基本法第4条に関しては、個人が信仰と良心の自由の範囲内で、思想的または宗教的な理由により医療行為を拒否する自由があることを忘れてはなりません。

論点5:COVID19患者による病院の過重労働は、統計データでは明確に証明されていない。

ワクチン接種の一般的な義務は、特に病院、特に集中治療室の負担を軽減する必要性から正当化されています。その中で、未解決の問題も多くあります。

  • 1.) 例えば、パンデミックから約2年が経過した今でも、報告されたCOVID19患者のうち、どのくらいの割合がCOVID19の病気で病院で治療を受けているのか、またどのくらいの割合が他の理由で病院にいるのか、信頼できる調査結果はありません。
  • 2.) 実際のCOVID19患者のワクチン接種状況、年齢分布、既往症の有無など、十分な統計情報はありません。
  • 3.) 病院は、COVID-19の治療能力を提供する際に、経済的な制約や政治的なインセンティブを受けます。枠組みの変化に伴い、「稼働可能」と報告されたベッド数が減少する傾向にあるという議論が続いていることから、「適切で透明性の高い行政・財政支援によって、このシステムの救済を実現することはできないのでしょうか?

論点6:ワクチン接種以外の対策は尽くされていない

一方的なワクチン接種の推進は、看護師や医師の労働条件が改善されていないこと、集中治療室のベッド数の維持や補充、治療法や薬剤の開発と適用など、過去2年間にすでに実施されたパンデミックに対する他の効果的な対策をないがしろにするものです。

論点7:COVID19の強制接種は社会的対立を招く

ワクチン接種の義務化は、それによって社会が正常に戻ることを前提としています。逆に社会の分断が深まることになります。医学的、イデオロギー的、宗教的、その他の理由で意識的にワクチン接種に反対する市民は、排除され、場合によっては起訴されることもあります。批判的な声がほとんど聞こえないような人工的な世界を作ってしまうのが、パブリック・ディスコースです。また、言語そのものも、論争の的になるような政治的目標の共犯者としての役割を押し付けられています。単純な定義(「ワクチン接種者」-「ワクチン未接種者」)は、社会の二極化を促進し、「2-G」のような婉曲的な略語は、(大きな)少数派が社会生活から組織的に、公的に、厳格に排除されているという事実を隠しています。

政治化が進むと、学問分野を超えた学術研究において、「科学」としてのイデオロギー的な標準化が進むことにもなります。これは、ワクチン接種のメリットとリスクに関する知識を得るために緊急に必要とされる、複数の自由な意見交換を無視したものです。

この路線が強化されると、多くの国民の国家に対する信頼が根本的に揺らぐ可能性があります。その結果として生じる紛争は、法の支配と民主主義に影響を与えます。

提示された7つの議論は、疑問を提起することを目的としており、それらを明らかにすることが、コビッド-19に対する強制的なワクチン接種に関する意思決定プロセスの前提となるべきです。

議論は、特定の実質的な立場に対して行われるものではありません。むしろ、現在の状況では、危機のあらゆる側面に関して健康と精神的苦痛を互いに軽減するために、現時点では存在しない強固な基盤を得ることができる、科学における共通の疑問のスタンスを開発することが重要であるということを主張しているのです。

私たちは、この科学の自由と人間の尊厳の精神に基づいて、多重の苦しみと社会の分裂を伴う現在の状況を克服し、その傷跡を永久に癒すために、共同で努力することをお願いします。

附属書

付録1:

a) ドイツ:過剰死亡率(Euromomo)と週3回のワクチン接種のコース。

b) 国別比較:ドイツ、イスラエル、オーストリア、スイスにおける過剰死亡率と1週間あたりのブースターワクチン接種数の推移。

ソース

付録2.

ソース

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました