4,000件の特許「新型」SARS-CoV-2ウイルスはなぜ新型ではないのか?
4,000 Patents: Why the ‘Novel’ SARS-CoV-2 Virus Isn’t so Novel

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ

RFK Jr.、子どもの健康防衛(CHD)、JFKジョセフ・マコーラ人口減少、高齢化、マルサス主義

4,000 Patents: Why the ‘Novel’ SARS-CoV-2 Virus Isn’t so Novel

childrenshealthdefense.org/defender/david-martin-patents-recombinant-coronavirus/

21年10月04日

1999年以来、コロナウイルスに関する特許は少なくとも4,000件出願されており、その中にはいわゆる。「新型」SARS-CoV-2ウイルスの主要な特徴に関する特許も含まれている。2002年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校のラルフ・バリック博士らが組換えコロナウイルスに関する特許を申請し、1年以内に世界で初めてSARSが発生した。

ジョセフ・マコーラ博士

In the early 2000s, David Martin, Ph.D., founder of M-CAM International, started finding large numbers of patents that violate biological and chemical weapons laws.

一目でわかる内容

  • 2000年代初頭、M-CAMインターナショナルの創設者であるデビッド・マーティン博士は、生物化学兵器に関する法律に違反する特許を大量に発見し始めた。
  • 1999年、アンソニー・ファウチ博士は「感染性の複製欠損組換えコロナウイルス」を作る研究に資金を提供した。2002年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校のラルフ・バリック博士らが組換えコロナウイルスの特許を申請し、1年以内に世界初のSARSが発生した。
  • 1999年以来、コロナウイルスに関する特許は少なくとも4,000件出願されており、その中にはいわゆる「新型」SARS-CoV-2ウイルスの主要な特徴を詳述した特許も含まれている。
  • 2001年の炭疽菌テロは、医療と防衛の研究から生まれたものであり、PREP法の成立につながった。
  • 受給プログラムや年金の資金は2028年までに枯渇し、その時点で製薬業界も倒産するだろう。COVIDワクチンで病気になる人口が急増している今、私たちはお互いを思いやる新しいシステムを準備する必要がある。

このインタビューでは、COVIDの「大流行」の取材を続け、現在SARS-CoV-2として知られるウイルスの痕跡を驚異的に解明したデビッド・マーティン博士に話を聞いた。

というのも、このウイルスの主要な特徴を詳述した特許や政府助成金は20年前にさかのぼるからだ。マーティンは1995年にヴァージニア大学で博士号を取得し、その後医学部の放射線科と整形外科の教授に採用された。

2006年には、ヴァージニア大学初の医療機器臨床試験組織(IDEAmedという会社)を設立し、米国食品医薬品局(FDA)申請用の医療機器臨床試験を実施した。そのため、FDAの臨床試験に携わった豊富な経歴を持つ。

生物兵器違反の監視

1998年、彼はM-CAMインターナショナルという別の会社を設立し、知的財産を従来の金融に取り入れる方法を見つけることに注力している。M-CAMはまた、米国議会の要請を受け、米国特許制度の監査も開始した。

2000年代初頭、M-CAMは上院銀行委員会と協力し、米国財務省の請負業者として知的財産や税金詐欺をめぐるホワイトカラー犯罪活動を摘発した。その仕事をする中で、マーティンは別の発見もした。

「憂慮すべきことに、生物・化学兵器に関する膨大な数の特許が見つかった。「それは私たちが探していたものではなかった。これは、私たちが見つけようと思って見つけたものではないことを皆に知らせました。これは私たちの膝の上に舞い降りたものなのである」

「これは、構造化されていないテキストデータを見て、伝達されている内容の中にある比喩的な意味を見つけることができる手段である。

「想像の通り、悪意のある人々が何かを行おうとする場合、彼らはしばしば、やっていることを見え隠れさせながら、型にはまった言葉を使う」

「例えば、ロケット砲から採取された耐爆性病原体に関する特許を見つけたとする。『ロケット推進手榴弾からの耐爆性病原体』。それは集団に接種する一般的な方法のように聞こえるか、それとも[生物兵器]のように聞こえるだろうか?」

「生物兵器の特許をいくつも見つけたことで、私たちは非常に深刻な事態を考慮するようになった。私は年に一度、世界のあらゆる場所で起きた生物化学兵器に関する違反行為を、文字通りの世界電話帳として発行した。

「誰が、どこで、誰が資金を提供し、彼らのアドレスが何であるかがわかる。それは……米国の法執行機関や諜報機関、そして世界中の他の場所で、不適切に行われていることを追跡するために使われていた。そして1999年、私たちはコロナウイルスに関する憂慮すべき出来事を検知し始めた」

コロナウイルスがワクチンベクターとなる可能性

マーティンの説明によれば、1999年、アンソニー・ファウチ博士が率いる国立アレルギー感染症研究所(NIAID)は、コロナウイルスをワクチン媒介の可能性があるものとして特定した。

当時、開示された根拠はHIVワクチンを開発することであり、そのために1999年、ファウチは「感染性複製欠損組換えコロナウイルス」を開発する研究に資金を提供した。

2002年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校のラルフ・バリック博士らが組換えコロナウイルスの特許を申請し、1年以内に世界で初めてSARSが発生した。

アンソニー・ファウチの正体

「ファウチの背景については、ロバート・F・ケネディ・ジュニアの著書「The Real Anthony Fauci (アンソニー・ファウチの正体)」を読んでもらいたい。私たちがコロナウイルスで見ているパターンは、基本的に以前の行動の繰り返しである」。とマーティンは言う:

「ファウチがNIAIDの所長に就任した1984年当時、梅毒や淋病といった性病が問題視されていた時代から移行しつつあったことを理解することが重要だ。」

「HIVが政治的、社会的に注目されるようになったのは、HIVがライフスタイルのブランド化と多くの点で結びついていたからだ。」

「ファウチの考え方は、HIV感染者はすでに、人間性を低下させるような決断を下している、というものだった。その結果、管理技術や潜在的な治療法を開発するための臨床試験は、非常に無謀な方法で行われた。そのような臨床試験で数多くの人々が命を落とした。」

「彼はこのHIV感染という事態に執着し、本質的に、ある種の亜人であると判断した人間を臨床試験に利用するための足場としている。1984年以来、科学の名の下に、健康増進の名の下に、大きな混乱もチェックもなく、このようなことが行われるのを喜んで許してきたことは、米国の医学界の恐ろしい汚点である」

最初のSARS発生

最初のSARSは2002年末から2003年にかけて中国で発生した。不思議なことに、バリッチのチームが組換え感染性複製欠損コロナウイルスを発明し、特許を取得するまでは、誰もSARSのことを聞いたことがなかった。

「私は因果関係を描いているのではない。人間とコロナウイルスと呼ばれるものは、何十万年もの間、この地球上で共存してきたようだ、という観察をしている」

「そして1999年にその(ウイルスを)操作した。そして2003年にSARSが発生したのだ」他の多くのことと同様、これは注目に値する観察である。

「この観測をより問題にしているのは 2001年の炭疽菌攻撃という不幸な結果である」

「これは、それ自体が悪者によるものではないことがはっきりした。これは医療と防衛の研究が悪さをして、それが一般大衆に広まり、人々が死んだのである。しかし、炭疽菌テロがもたらした本当の恩恵は、PREP法の成立である。」

炭疽菌攻撃は望ましい責任除去をもたらした

PREP法では、医療対抗措置の製造業者に対する責任が白紙撤回された。マーティンが指摘するように、PREP法は「製薬会社を、国民に恐怖を植え付け、未検証の手段を取るよう強制し、それを絶対的に平然と行えるようにした」のである。

不思議なことに、生物兵器の特許に関するマーティンの年次報告書は、わずかな例外を除いて世界中の機関に評価され、利用されている一方で、彼が蓄積したコロナウイルスに関する情報に関しては、世界中のどこの機関もそれを取り上げようとはしなかった。

誰も……2016年から「コロナウイルスがヒトに出現する準備が整った。」という非常に憂慮すべき表現が使われ始めたという事実に目を向けようとしないようだ。これは特許の中だけでなく、科学的な出版物の中にもあった。世界保健機関(WHO)がSARSの根絶を宣言した後に、コロナウイルスがヒトに出現する可能性があると言われ始めた。

不正行為と組織犯罪

マーティンによれば、最大の警鐘は2016年2月12日に発表されたエコヘルス・アライアンス会長のピーター・ダスザックによるもので、彼は2014年に米国がその種の研究に対するモラトリアムを実施した後、機能獲得型研究コロナウイルスの「資金洗浄係」になっている。この研究は閉鎖されるどころか、中国に移された。2015年、ダスザックはこう述べた:

「危機を乗り越えて資金基盤を維持するためには、汎インフルエンザワクチンや汎コロナウイルスワクチンのような医療対策の必要性に対する国民の理解を深める必要がある」

「重要な原動力はメディアであり、経済は誇大広告に従う。私たちは誇大広告をうまく利用して、本当の問題を突き止める必要がある。投資家は、プロセスの最後に利益を見出すことができれば、それに応じるだろう」

その発言は2015年にダスザックによってなされ、2016年春に発表された。

というのも、機能利益研究を推進し、何が合法なのかの線引きを明らかに曖昧にしている人物がいて……『誇大広告を流すメディア』が必要であり……『利益が出れば投資家はついてくる』と言っているのであるから……公衆衛生とは思えない」とマーティンは言う。

「私には組織犯罪にしか聞こえない。この問題を提起する必要がある」

コロナウイルス特許が示すもの

2002年以来、コロナウイルスのゲノム、ワクチン、検出に関する特許が4000件も出願されている。マーティンによれば、これは憂慮すべきことである。

意図的な商業化の証拠は、特定の企業による特定の特許の日付を見ることによっても見つけることができる。

2003年4月28日、米国疾病予防管理センターがSARSコロナウイルスのゲノムに関する特許を申請した。その5日後、セコイア製薬は93万5000ドルの助成金を受け、同じウイルスの治療薬に関する米国特許7151163を申請した。

たった5日前に発見されたウイルスの治療法について、どうして特許を申請できるのか?

「内部犯行のように聞こえる」とマーティンは言う。「なぜなら、CDCがコロナウイルスのゲノムに関する特許を申請したとき、その特許を秘密にしておくために金を払ったからだ」

「SARSコロナウイルスは、少なくとも他の病原体の2倍から3倍は増殖している」

「ダナファーバーは3つのNIH助成金から生まれたモノクローナル抗体の特許システムを持っていた。SARS-Cov治療用のモノクローナル抗体に関する特許7750123は2003年に成立した」

つまり、SARS-CoV-2はこれまでに見たことのないものだと言われているが、そうではないとする特許や特許出願が4,000件もあるのだ。同じことが検査やCOVIDワクチンについても言える。例えば、ファイザー社がコロナウイルスに関する最初のS1スパイクプロテインワクチンの特許を申請したのは1990年で、今から30年も前のことである。

「NIAIDや国立衛生研究所から資金提供を受けている営利企業が、コロナウイルスをめぐる経済的陰謀を作り上げてきたのである。これは新しいことではない。今に始まったことではない」

「残念なことに、私たちは、PCRで検出されていると言われていることのあらゆる部分が……注射、それらの一つ一つが30年以上前から知られており、分離されているにもかかわらず、どういうわけか、この経験には何か目新しいものがあると言われ続けている」

どうやってここまで来たのか?

私たちを病気にし、死に至らしめるように設計された病原菌の研究に、どうして納税者が資金を提供するような事態になってしまったのだろうか?

この法律は、連邦政府の助成金の受益者が、連邦政府が資金を提供した研究成果に対して特許を出願することを認めるものである。これは、科学者が単に研究を発表するのではなく、まず起業家として活動することで、経済に利益をもたらすという考え方であった。

この法案は、特許庁、FDA、疾病管理予防センター(CDC)を、民間の製薬会社に奉仕し促進する神聖でない三位一体とすることで、医療を弱体化させた。つまり、今あるのは陰湿な資金ループなのだ。マーティンはこう説明する:

「企業や製薬会社は、人々を当選させるためにロビー活動を行う。彼らが当選すると、ロビイストたちはNIHのさまざまなプログラムに莫大な資金を流す。NIAIDの場合、ファウチが就任して以来(1984)、1910億ドルが彼の指を通過した。さて、それは彼が成功したからだろうか?」

「いや、実のところ、彼の指揮の下、アレルギーや感染症は60倍以上に増えている。それでもどういうわけか、彼は毎年悪化している問題を解決するために1910億ドルもの資金を得た、失敗した[政府機関]の長官なのだ。」

「会社だったらクビにしている。問題は、それが会社ではないということだ。マネーロンダリング機関なのだ。公的資金を連邦政府の機関を通じて研究所に移動させ、研究所は最終的に研究を実施し、その研究成果は恩人である製薬会社にライセンスされる。」

「つまり、これは回転ドア人事の問題であり、バイ・ドール法は、最終的に製薬業界に還流し、ジャガーノートを生み出すような研究しか行われないという陰湿なインセンティブを作り出した。それは恐ろしいことで、まさにファウチが実行したことなのである」

なぜファウチはモデルナをワクチン候補に選んだのか?

マーティンはまた、ファウチがNIAIDの医薬品に関する金銭的利益について議会に対して嘘をついたことも指摘している。このパンデミックの間、議会と議会予算局は、NIHが所有する特許のうち、製造される医薬品に商業的な利益をもたらす可能性のある特許の明細書を提出するよう求めた。

ファウチはそれを一切公表しなかった。それどころか、何もないと嘘をついた。

マーティンは言う。

「モデルナは、法律を遵守せず、知的財産に対する連邦政府の利害を開示しない唯一のNIAIDの資金提供先である」

「モデルナがその研究に対する連邦政府の関心を公表しなかったことを誰もが知っていたにもかかわらず、ファウチは2020年春に、モデルナを未試験で商業的に失敗し、まったく証明されていないmRNAワクチン技術の最有力候補に選んだ」

「モデルナが優勝候補に選ばれた時点で、連邦法であるバイ・ドール法に141回も違反したという記録があることを考えれば、合理的な正当性はなかった」

「『これは周知の事実だが、まったく見過ごされていた』犯罪組織に製品を供給させるのは悪い考えだと判断した法執行官は、アメリカのどこにも一人もいない」

いたるところで法律違反

このパンデミックが始まって以来、公衆衛生の名の下に破られてきた規則、法律、規制の数々には頭が痛くなる。

絶対的に明確で曖昧さのない法律でさえも、破られている。例えば、連邦規則集第21章第50節では、たとえそれがパンデミック対策であっても、実験的医薬品の臨床試験を強制したり、強要したりすることはできないとしている。

「この臨床試験は2023年まで終了さない。つまり、(コロナワクチン』の)承認された、あるいは認可された使用法というものは存在せず、国民に強制できるものではない」

とマーティンは言う。それなのに、彼らはいたるところで人々を買収し、脅し、強要している。製薬会社はまた、すべての対照を排除し、治験参加者全員に試験用ワクチンを投与するという基本原則にも違反している。

また、独立した治験審査委員会や、プロトコルに関する法令で定められた承認プロセスもない。

企業自身がプロトコルを途中で変更することを決めたのである。基本的に、COVIDワクチンに関する実際の臨床試験は行われていない。臨床医学研究の基本原則の多くが侵害されたからだ。

崩壊した司法制度が大手製薬会社を支配下に置いた

連邦政府もまた、COVIDワクチンは安全で効果的であるとあなたに伝えることによって、偽請求法に違反している。

「私たちが直面しているのは、死が実際に受け入れられると考えられている状況である」とマーティンは言う。「その言葉を少しでも口にすることができるのは、どんな世界から来たからなのかわからない。私たちは故意に人を殺し、科学との愛という名のもとにそれを平然と行っているのだ」

「私が無作為化二重盲検プラセボ対照試験を行ったとき、何をしなければならなかったかわかるだろう?集団を盲検化しなければならなかった。臨床試験全体を通してプラセボ対照にしなければならなかった。なぜそうしなければならなかったかというと、法令がそう定めていたからだ」

「このプロセス全体が、人道を害する故意の行為である。そして唯一の希望は、トランプ政権下で行われた司法省の意見書にごく小さく記されている、もしこれが重罪に基づくものであれば、緊急時使用許可とその恩恵はすべて崩壊する、というものだ」

「言い換えれば、もし重罪が発生したことを示すことができれば、つまり、ゆすり、議会への嘘、公的強制……(そして)ファウチの文書には何十もの重罪違反の概要が記載されている」

「たった一人の死傷者でも責任を負えば、安全でないとわかっているものから手を引くだろう。そのためには法執行機関が仕事をする必要がある。そして、どこかで自分の仕事をしようとする検察官がいなければならない……今、私は純粋に政府が3層構造になっているとは思わない。司法省もしていないと思う」

「司法が行政府の一部門であることを認めると、政府の三層構造が失われることになる。その結果、システムは崩壊する。司法だけが明確に独立していた。裁判官が選挙資金でスポンサーになることは許されていない。裁判官を選挙で選ぶことも認めていない」

「私たちは彼らを任命し、承認プロセスを経る。司法が独立したものであることを確認するために、さまざまなことをしている。つまり、製薬業界にとっての唯一のリスクは、コントロール不能な行政府にとっての唯一のリスクは、司法だったのだ」

「米国の司法制度を崩壊させることで、私たちは事実上、政府をその恩人の下僕にした」

どのような結末を迎えるのか?

司法制度がほぼ完全に崩壊し、私たちは世界的な専制政治への道をまっしぐらに進んでいるように見える。しかしマーティンは、出口はあるかもしれないが、先見の明に恵まれた理性的な個人のための行動が必要だと考えている。彼はこう説明する:

「政治家を買収するには通貨が必要だ。2008年、世界的な金融危機に見舞われたとき…私たちは、2028年(あるいは2033)に私たちの権利プログラム(社会保障、メディケア、メディケイド)を機能的に破綻させる政策を打ち出した…」

「私たちが持っている最善の計算では、米国の年金と年金プログラムは2028年に機能的に信託基金を使い果たす。それはどういう意味か?人々が見落としていることのひとつは、保険会社と私たちが医療と呼んでいるものとの間に邪悪な同盟関係があるということだ」

「保険会社は長期の資産保有者だ。将来の問題をカバーするために、今日お金を持たなければならない人たちである。それが長期の資産保有者だ。問題は、連邦準備制度理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)などの中央銀行が、資金のリターンの価値を抑制していることだ」

政治家が立ち上がって『社会保障を廃止するか、大幅に変更するつもりだ』と言うことは、政治家としての願望にとって致命的なことであることは、皆さんもよくご存じだろう」小さな問題だ。しかし、彼らが言おうが言うまいが、信託基金は2028年に底をつく。

「信託基金」とは、おそらくアメリカの社会保障信託基金を指していると思われます。

2021年9月時点の私の情報では、アメリカの社会保障信託基金は将来的に破綻する可能性が指摘されています。アメリカの社会保障局(Social Security Administration)自体も、将来的に支出が収入を上回るという問題を認識しています。その原因としては、ベビーブーム世代の退職や長寿化により、給付を受ける人々の数が増え、一方で支払う人々(現役世代)の数が相対的に減少しているという人口動態の変化があります。

ただし、具体的に「2028年に底をつく」という予測があるかどうかについては、2021年9月時点の情報では確認できません。それぞれの年度に発表される社会保障局の信託基金報告書によれば、現行の法律と経済状況を考慮した場合、2030年代後半には信託基金が枯渇するとされています。

この問題に対する具体的な解決策は、社会保障制度の改革、税金の増加、給付の削減などが議論されていますが、それらは政治的な問題でもあり、具体的な解決策が実施されるかどうかは未定です。(by GPT-4)

「製薬業界も同様で、このシステムに投入されている資金が、実はこの国の薬物依存の代償となっていることが判明したからだ。」

「1604年までさかのぼれば、つまりイギリス東インド会社の設立とバージニア会社の設立までさかのぼれば、麻薬取引を背景に国家を建設してきた400年以上の伝統が終焉を迎えつつあることに気づくだろう。」

「私たちにとって朗報なのは、2028年ごろには収束するということだ。その収束とは、資金を持つ人々、つまり大手製薬会社は、彼らの行動によって自ら破綻するシステムの受益者であるということだ。」

「これはブロントサウルスで、一番大きな恐竜だったから食べ過ぎたんだ。そして素晴らしいニュースは、ブロントサウルスと同じように脳が豆粒大だということだ。彼らは賢くない。私たち毛むくじゃらの人間の一番の長所は、実際に身軽だということだ」

「さて、だからといって、その過程での痛みは微塵もないのだろうか?そんなことはない。2026年、2027年、2028年には、私たちが想像すらできないような社会的混乱が待ち受けている」

「この数字が1億人になり、今日私たちが注入したもののせいで1億人がより病気になったとき……より大きな医療を必要とするようになる人々は、彼らの生活と生計を支えることのできない破綻したシステムに直面することになる。そして、それがこの物語の命取りとなる。」

良心のある人々が集まり、『黙示録は来ない。私たちには、説明責任の仕組みを構築し始める時間がある』

「そのシステムが崩壊したときに、生命と自由と幸福の追求とは何かという合理的な見解に立ち戻ることができるように」

20-30年アジェンダについてはどうだろうか?

世界経済フォーラムの「グレート・リセット」というアジェンダを存知だろうか。中央銀行のデジタル通貨への移行を含むものだ。これによってドルを廃止し、最後の足でよろよろしている世界経済全体を「リセット」することができる。しかし、私たちを救うこの計画にも、ねじれがあるかもしれない。

「ジェームズ・ボンドの悪役のように、彼は歴史を知らない」とマーティンは言う。グレート・リセットが成功する見込みがまったくないとマーティンが楽観的な見方を崩さないのは、電磁パルスや電磁的混乱で消滅する可能性のあるオールデジタル・システムを世界の一般大衆が受け入れるはずがないからだ。

「今年だけでも、インターネット障害、停電、デジタル・ファイナンスのハッキングが起きている。

デジタル通貨という幻想は、これまで誰も思いつかなかったような奇妙で哀れな悪の博士の計画だ」とマーティンは言う。

「実際のところ、デジタル通貨ブームは空想上の幻想のひとつであり、残念ながら一点破綻している。

「アナーキスト的な意図の持ち主も、とてもとても賞賛に値するプライベーターや海賊も、デジタル通貨が日の目を見ないようにすることに余念がない。」

「グレート・リセット全体を、私は素晴らしい劇場と見ている。そして……現職が悪いアイデアを使い果たしたとき、彼らは必死になって、そうしなければ受け入れないような行動を強制しようとする。あなたがすべきことは、ただノーと言うことだ。相手にしないことだ」

人口減少の経済的インセンティブ

COVIDの予防接種が早死を招き、意図的な人口減少につながる可能性はあるのだろうか?まあ、お金の流れを追っているのだから、そのようなシナリオには金銭的な動機があるのは確かだ。マーティンが指摘したように、定年退職を間近に控えた人々に金銭的な約束をしたのであれば、その数は少ない方がいい。

「人口減少のための経済的利益は、徹底的に説得力のある議論である」とマーティンは言う。マーティンは最近、ユバシティにあるグラッド・タイディングス教会で行った講演で、この主張について概説した。

要するに、社会保障給付金を活用し、生命保険の満期まで生きられるほど長生きしてもらうことは、迫り来る財政破綻に関して問題があるのだ。

このような経済的な現実-それは確かに宣伝されたり公に議論されたりしていない-に基づけば、2028年までに人口を減少させ、できるだけ多くの人々を排除しようという経済的インセンティブがあるのは明らかだ。残念なことに、これまでの脂質ナノ粒子やmRNAの試験によれば、大量殺傷事件が起こる可能性は高い。

「彼らが動物実験を飛び越えたのは、非常に重要な理由があったからであることは間違いない」とマーティンは言う。「時間を節約するためだと言われていたが、時間を節約するためではなかった」

「その結果、多くの人々が苦しみ、最終的には、7~8年の安全性試験を経て、人体に投与することを決定したはずの影響を受け、命を落としたのである」

「私たちが行ったのはそのようなことではない。そして、mRNAや脂質ナノ粒子に関する動物実験の安全性データを見れば、これが原因で致死率が上昇することは間違いない」

「しかし、私が抱いている懸念は、(死よりも)もっとひどいかもしれない……罹患率の仮死化であり、24時間体制の医療を必要とする人々は、私たちの経済に深く影響を及ぼし、立ち直れないかもしれないということだ」

「なぜなら、病気の子供を抱えて家にいなければならない人、病気の老親を介護しなければならない人、病気の配偶者や家族を介護している人がいるとしたら、それは人生や自由を楽しむ能力がないことを意味するからだ。そして事実、私たちは死亡率よりも罹患率の方が高くなると思う」

さらにマーティンは、mRNA/DNAベースのワクチンの効果を「クリップ」する方法を記したCRISPRの特許も発見した。マーティンは、彼らが病原体セットを作り、それを集団に導入することで、後で壊れたものを修復する、より高価な技術を導入することができると考えている。

これは残念ながら、生存が支払い能力によって決まる可能性があることを意味する。

COVID-19による過剰死亡はあったのか?

少し話を戻すと、2020年にCOVID-19が過剰死亡を引き起こしたと言われているが、それを再確認する一つの方法は、生命保険契約の支払件数を見ることである。マーティンによれば、2020年に支払われた生命保険契約は通常より少なかったという。

「誰の数字を信じるか?人が死ぬからマスクをしろ、社会的に距離を置け、ワクチンを打て、とテロキャンペーンを汲々としているCDCを信じるのか?」

「それとも、現実の人間の命が終わったときに、実際に保険金を支払っている人たちの数字を信じるつもりなのだろうか?世界最大の生命保険会社の監査済み財務諸表を見ても、過剰死亡の証拠は見つからないことがわかった。COVIDは保険に入っていない人だけを殺すほど賢いのだろうか?それを信じろというのか?」

健康を意識して生きる

最後に、私もマーティンと同じように、私たちはこの事態を乗り切り、自由を守ることができると信じている。しかし、私たちは行動しなければならない。一人ひとりが、プロライフと自由のモラルと倫理に沿った行動をとる必要がある。マーティンが提案したように、認定オーガニック食品や地元産の食品にお金を使い、より健康的な食料システムを構築する手助けをするのだ。

友人や家族と過ごし、情報を共有する。どんな形であれ、自分にとって意味のあるコミュニティーの感覚を再び築き始めるのだ。購買の決断をする際には、悪を支援しているのか、それとも悪の資金供給を妨げているのかを分析しよう。私たちは、後に代替経済へと成長できるようなミクロ経済を構築し始める必要がある。金融制度や医療制度が崩壊したときのために、支援体制を構築し始める必要がある。

「私たちは今、人類の歴史の中で非常にユニークな瞬間にいる。太って7年、痩せて7年。まあ、何だと思う?私たちにはあと2,3年太った時期が残っている。私たちが何をすべきかわかる?」

「私たちは人間関係のネットワークに投資すべきだ。コミュニティーのネットワークに投資すべきだ。飢饉がやってくることは分かっているのだから。そして、私たちは今、それに対して実際に何かできるユニークな立場にいる。」

「だから、まずは自分自身から。自分の体に入れるものが、自分の健康と一致していることを確認する。自分の体を使ってすることが、自分の健康に合致していることを確認する。そうすれば、意識の共同体を築き始めることができる。そうすることで、意識のコミュニティが形成され、意識の通貨が形成される。」

「これらの問題を解決する方法はたくさんあり、市場を使って解決することもできる。しかし、私たちには意識が必要であり、コミュニティが必要であり、通貨が必要なのだ」

プロパガンダの連鎖を断ち切るには

上記のようなことをすることで、プロパガンダの連鎖を断ち切るというもうひとつの課題も達成できる。大切なのは、自分の人生をできるだけ健康的に、楽しく生きることだ。そうすれば、恐怖に怯えずに生きている人たちがいることを周りの人たちが知ることができる。

「いいかい、プロパガンダは、よく生きた人生の真実には逆らえないんだ」とマーティンは言う。

「その真実には決して逆らえない。私たちがやろうとしていることは、間違ったエネルギーだ。私たちは非合理性に合理性で立ち向かおうとしている。でも、私たちがすべきことは、人々がそれを見て、『あの人がしていることを私もしてみよう』と思えるような姿を見せ、生きることに執着することなのだ」

これはあなたの『恋人たちの予感』の瞬間である。あのレストランのシーンだ。プロパガンダ反射の半減期よりも長生きする人間になる瞬間だ。私は、多くの人々が論争に精力的に参加しようとして、対立に入り込み、それが彼らの幸福を破壊するのを見てきた。

「恋人たちの予感」とは、映画「ハリーとサリー 恋のはじまり」の中で起こる特定のシーンを指しています。このシーンでは、主人公のハリーとサリーが一緒にレストランに行き、サリーが感情的にフェイクのオーガズムを演じる場面が描かれます。

「ハリーメットサリーの瞬間」は、このシーンでのサリーの行動から派生した言葉で、他の人々が彼女の真似をするような行動に出ることを指しています。具体的には、他の人がサリーの行動を見て刺激を受け、同じように自然な喜びや充実感を見つけようとする瞬間を指します。

この引用文の文脈では、人々がプロパガンダに惑わされることなく、自分たち自身の人生を真に楽しく健康的に生きることが重要であると述べています。プロパガンダに逆らうことはできないが、自分たちの生き方や喜びに焦点を当てることで、他の人々に影響を与え、良い意味での模範となることができると主張しています。(by GPT-4)

「惨めな怒りっぽい人になるな。あの人が食べているものを私も食べよう。望ましい人生を送れば、プロパガンダは一瞬で力を失ってしまうだろう」

「(ラルフ・ノーサム)ヴァージニア州知事が集会を開いてはいけないと言っている間も、私たちはワークショップを続けていた。私たちは15人、20人、25人とテーブルをいっぱいにして、ワークショップに申し込んでくれた人は、私たちの家にいる間、私たちが家族として採用するというのが公式の方針だった。

「だから、その1週間はみんなを養子にしたんだ。いとこ、おじ、おば、兄弟、姉妹、子供、おばあちゃん。すべてが家族だった。シャットダウンの間、テーブルいっぱいの親睦を深めたんだ。それでね。近所の人たちはみんな、『この人たちが食べているものを私も食べたい』と言ったんだ」

原文:Mercola

本記事で述べられている見解および意見は執筆者のものであり、必ずしもChildren’s Health Defenseの見解を反映するものではない。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker