ビタミンB6(認知症・アルツハイマー)

ビタミンB6(ピリドキサール5リン酸/P-5-P)

ピリドキシン、ピリドキサミン、ピリドキサール、

ピリドキサール-5′-リン酸(PLPまたはP5P)

概要

作成中

代謝図

研究

43人のアルツハイマー病患者の血清ピリドキサール-5′-リン酸濃度が、37人の対照群と比較して低い可能性が12倍高かった。2002年カリフォルニア大学

www.lifeextension.com/Magazine/2009/7/B6-Vitamers/Page-01

効果・作用機序(認知症関連)

糖化作用に対する阻害効果(P-5-P)

ホモシステインの低下(葉酸、B12と併用で)

炎症抑制

神経伝達物質の合成 セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン、GABA

脂質代謝 スフィンゴ脂質生合成に関わる必須酵素(P5P)

血小板の凝集阻害


ピリドキシンはアルミニウム毒性によるアルツハイマー病などの神経変性障害に対して解毒作用をもつ可能性がある。in vivo

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12576137

食品に含まれるビタミンB6

牛肉、鶏肉、ひまわりの種、ピスタチオ、養殖でない魚、かつお、バナナなど。

ビタミンB6 サプリメント

ビタミンB6単体(P5P)

ソースナチュラル 補酵素ビタミンB6(P5P)100 mg 60タブレット

ビタミンB複合体 B6メイン(P5P)

ソーンリサーチ ビタミンBコンプレックス #6

Translate »