WW3・核戦争戦争予測

戦争サイクル
WAR CYCLES

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

目 次 

www.sociostudies.org/journal/articles/140546/

ジャーナル  論文

著者:  Tausch、Arno

ジャーナル: 社会の進化と歴史。第 6 巻、第 2 号 / 2007 年 9 月

概要

1495年から2002年までの最新の紛争データ(すべての戦争における大国の戦死者数、Goldstein 1988 and COW/PRIO 2005)と、世界の工業生産の成長に関するまだ公表されていないUNIDOデータ(1740-2004)を再分析することによって、1495年以降の世界戦争の分析において重要な役割を果たしている資本主義世界の発展の長いクズネッツ・スイングとコンドラチエフ周期が実際に共産主義の終焉以降も終わっていないことを示すものである。そして、世界経済を特徴づけているのは安定ではなく不安定であり、1495年以降の世界紛争には、冷戦の終結では終わらない、くぼんだ「W」字型のパターンが存在することである。このため、本研究では、標準的な平和研究データ (PRIO Oslo, Correlates of War data)に基づき、1945年から2002年の全期間における大国(1945年以降、国連常任理事国+ドイツ、1945年より前はレヴィの著作に基づくゴールドスタイン1988,235ページ参照)の戦争への関与(年間戦死者)についての新しい紛争データを提示した。

世界資本主義を特徴づける世界ヘゲモニーは、発生し、また、終焉する。アティナとモデルスキーによる研究は、世界的な指導者と世界的な競争者の宿命的なサイクルから逃れることはおそらくできないだろうと示唆している。1960 年代半ば以降、国際システムの総国家数に占める防衛協定加盟国の割合を示す防衛協定集 約指数、すなわち、既存の確立されたメカニズムによる支配の度合いを示す防衛協定集計指数が高ま り、防衛協定加盟国が国際システムの総国家数に占める割合を示す防衛協定集計指数が低下した。このことは、1945年に確立された米国によるグローバル・パワーの時代が確実に終焉を迎え、われわれの時代が、当時の英国指導部の非正統化、国際システムの非集中化、1878年から1914年の連合構築の時代を特徴とし、周知のように1914年の破局で終焉した1850年から1878年の時代にかなり類似していることを示唆している。

私たちの仮説は、1990年代以降の展開も考慮して、1960年から1990年にかけてのグローバリゼーションのベルエポックは、より安定した、平等主義的で平和な世界をもたらしたわけではない、ということだ。

JEL分類。F5「国際関係論と国際政治経済学」、F52「国家安全保障、経済ナショナリズム」、F59「国際関係論と国際政治経済学」。その他。

はじめに

世界システム理論の最も興味深い特徴の一つは、世界資本主義システムにおける世界戦争の再発を予言することである。1595年から2002年までの最新の紛争データ(すべての戦争における大国の戦死者数、Goldstein 1988 and COW/PRIO 2005)と、世界の工業生産の成長に関するまだ公表されていないUNIDOデータ(1740-2004)を再分析することによって、1495年以降の世界戦争の分析において重要な役割を果たしている資本主義世界の発展の長いクズネッツ・スイングとコンドラティエフ周期が実際に共産主義の終焉以降も終わっていないことを示すものである。そして、世界経済を特徴づけているのは安定ではなく不安定であり、1495年以降の世界紛争には、冷戦の終結では終わらない、くぼんだ「W」字型のパターンが存在することを示した。

そこで、平和研究の標準的なデータ (PRIO Oslo, Correlates of War data)に基づき、1945年から2002年までの大国(国連常任理事国+ドイツ)の戦争関与(年間戦死者数)に関する新しい紛争データを紹介する。1945年以前のデータは、Joshua Goldsteinが発表した有名なデータシリーズを使用している。

世界大戦恐慌のサイクル

1990年代には「歴史の終わり」を予言する声もあった。世界システム論はより慎重な立場をとり、1450年以降の歴史の流れを特徴づけ、1618-1648年、1793-1815年、1914-1945年の3回の壊滅的な世界大戦を生み出した狂気の経済サイクルと主要国の対立の繰り返しを、少なくとも原理的には排除しない(今では古典となったゴールドスタインの貢献を参照せよ1988)。ここで、1740年から2004年までの世界の工業生産の伸びに関する新しいデータ(1975年まではGoldsteinのデータ、1975年以降はウィーンの国連工業開発機関の山田哲夫統計部長の好意による未発表のデータと推定値)と1945年から2002年のすべての戦争における大国の戦死者に関する新しいデータ (PRIO/戦争の相関関係のデータに基づいて)に基づいてこれらの世界システム理論の命題を検証したいと思う。Beck (1991)やSilverberg (2005)などの著者が「長波派」に対して行った方法論的批判を考慮すると、「サイクル」ではなく「傾向」あるいは「波」について話すことがむしろ適切であるように思われる。Silverbergの最近の研究論文は、ModelskiとThompsonのseapower indexとLevy-Goldsteinのgreat power fatalitiesデータシリーズという二つの有名な世界システムの時系列にスペクトル密度分析を適用している(下図)。しかし、世界の経済と政治には1つのサイクルではなく、いくつかのサイクルが存在することを、Kondratieffの古典的な手法である多項式回帰を用いて示そうとするものである。

1495年から現在に至るまで、資本主義世界経済において大国間戦争が繰り返されていることは、既存の国際システムの最も興味深い特徴の一つである。グラフ1のX軸は、1648年、1816年、1945年という大国間戦争が終結してからの年数を示している。これまでの各世界政治サイクルは、大国間戦争による年間戦死者数(千人単位)の未変換の「W」パターンに対応する。

1495年から1648年までの戦争サイクルの未変換データは、時間に対する6次の多項式表現によって統計的によく説明される(R^2は91.7%、1649年から1816年はR^2は33.6%、時間に対する6次の多項式表現は戦争強度1817年から1945年を50.1%説明している。国際システムは、ゴールドスタインによれば、実に次のような一連のサイクルによって特徴づけられている。

グローバル戦争

支配国の世界覇権

 国際秩序の脱正統化

 グローバルシステムの脱集中化

 グローバル戦争、他

国際秩序のこれらの小段階の持続期間は、それぞれおよそ1コンドラチエフ・サイクル50年から60年の経済サイクル、下記参照)であるから、国際システムの時間の単位は、1コンドラチエフ-1Kという表現で象徴することができる。覇権サイクル全体は、3コンドラチエフ・サイクル続く。

ゴールドスタイン、ラセット、ウィーデ、あるいは筆者 (Tausch 1997-2000)のような異なるサブスクールは、「世界資本主義」の中心間の大規模な対立が21世紀を特徴づけるとは考えにくく、そうした恐ろしいシナリオの候補は他にもっとありそうだと考えている。このような「民主的平和」を実現するための前提条件として、世界権力の主要な中心地間、とりわけ関係国における民主主義の維持があることを忘れてはならない。クリストファー・K・チェイスダンとブルース・ポドブニックは、EUを巻き込んだ世界紛争について、最も一貫した、挑発的なシナリオを書いた。彼らは、-彼らの言うところの-ドイツの指導下にある欧州連合が-2020年までに50/50の確率で-米国との大規模な世界的軍事衝突に巻き込まれる、と本気で考えている。一方、イマニュエル・モーリス・ウォーラーステインは、21世紀には最終的にヨーロッパとアジアの間で大規模な戦争に直面する可能性がまったくあると考えている(Wallerstein 2000)。

しかし、世界システム・アプローチ、特にジョバンニ・アリギ、ジョージ・モデルスキー、アンドレ・グンダー・フランク、イマニュエル・ウォーラーステインの著作をより注意深く再読すると、21世紀は世界経済の重心がアジアにさらに移動することが特徴であると指摘されている。このような拡大したヨーロッパが外部世界に対して平和を維持できるかどうかは、EUの民主主義、技術革新、そしてアリギが歴史的なヴェネツィアの力の概念にちなんで「テラフェルマ」星座と呼んだもの、つまり領土的力の概念を回避することにかかっているという。すなわち、領土的な権力概念と後背地であるテラフェルマの搾取である。世界経済の歴史において、1340年、1560年、1750年、1930年のように、経済活動や軍事力の大きな地理的移動は、常に大きな戦争や非常に深い経済恐慌と結びついていた。

世界システムにおけるグローバルな挑戦者は、常に、(a) 大きな軍隊、(b) 大きな経済、(c) 閉鎖的で統制された社会、(d) 弱く民族中心的なメディアの相互作用によって特徴付けられるというモデルスキー(1999)の意見に同意する。民主主義国家間の平和の可能性が大きいというラセットの仮説は、この議論において重要な、さらなる要素である。

いずれにせよ、ヨーロッパの開放的な社会の将来、EU拡大プロセスにおける機能する民主主義と市場経済というコペンハーゲン基準の正確な履行、そしてEUの将来の民主化-ヨーロッパの遺産の暗い側面や1945年以前のナチス支配下の権威主義の前提下での経済的統一ヨーロッパという考え (Laughland 1998)にも直面して-は、ヨーロッパがModelskiの意味での世界の挑戦者になるか否かの決定的要因となっている。そして、ヨーロッパが、太平洋軸に沿って進化する新たな世界的リーダーシップの新たな挑戦者となるかどうかを決定する。このリーダーシップは、モデルスキーが説明した、(a) 海洋海軍、(b) 先進産業と財政力、(c) 民主主義の可能性と政党システム、(d) 強力で活発なメディアというパターンに適合し得るものである。

比較的閉鎖的な社会、高い関税、軍事的な陸上権力への依存、内外の周辺地域(13世紀と14世紀のイタリア大戦争前の北イタリアの後背地、1618年の世界大戦争前のハプスブルク家のヨーロッパにおけるスペイン植民地と内外の周辺地域)との搾取関係、比較的弱い技術的な本拠地が、世界大国の試みを特徴づけていた。一方、世界覇権に成功した国々(オランダ連合王国、イギリス、アメリカ)は、これらの次元のすべて、あるいはほとんどにおいて、現実的には正反対であった。海軍、知識主導、世界市場というパワーコンセプト、移民に開かれた社会、低い関税、大きな海上権力と小さいが機動的で規律正しく容易に展開できる陸軍、そして強力な技術的基盤であった。

覇権主義的な成功のために重要なのは、都市商人層の強い社会的役割である。これは、ハプスブルク家のヨーロッパ、フランス、ドイツの「レンティア」政治経済の特徴である土地と資本主義の結びつきとは対照的であり、世界の主導権争いに敗れた歴史的挑戦である(グラフ2[a、b、c、d]を参照のこと)。

世界資本主義の活動を特徴づける世界ヘゲモニーは、発生し、また終了する。世界システム研究、特にアリギやシルバーの研究でよく知られているように、世界資本主義にはシグナル危機(通常のコンドラチエフ恐慌)があり、覇権主義が終焉する世界システムの終末危機が存在する。ある覇権から他の覇権への平和的な移行は、現代の平和研究と平和政策の最も複雑な問題の一つである。

このような世界覇権の転換の瞬間は、ArrighiやSilver、また Boswell (1999)が示しているように、特に世界恐慌の危険な頂点であり、ジェノバ時代 (Arrighi)やポルトガル・ジェノバ時代 (Modelski)の始まりを告げる1340年代初頭の大恐慌時のように、その後の世界覇権争いが特徴的である。オランダ時代の始まりとなった1560年代の大暴落、イギリス時代の始まりとなった1750年代と1760年代の大恐慌、イギリス世界資本主義支配の終焉の危機となった1930年代の世界恐慌のように(Arrighi 1995)。規制は1560年以降や1930年以降のように成功することがあり、規制緩和は1340年以降や1760年以降、そしておそらく1980年代のように成功することがある(Arrighi 1995より作成)。

ジェノヴァの覇権の様相についての真剣な議論は、この小論の限界を超え、イタリア中世・近世史に関する膨大な情報を前提にすることになる。ここで読者に思い出していただきたいのは-カリフォルニア大学アーバイン校の数学者・人類学者ダグラス・ホワイトが、アリギの理論に対する興味深い反応として示したように-ジェノバの上昇は1298年、ジェノバ艦隊がヴェネチア艦隊を破ったときに始まったということである(http://eclectic.ss.uci.edu/~drwhite/Anthro179a/inflate1text.htm)。

以下の歴史的データはあまり議論の余地がない。1648年:ウェストファリア条約、オランダの覇権を統合、1797年:カンパーダウンの海戦でイギリス艦隊がオランダ艦隊を撃破。イギリスが覇権を確立する。1919:イギリスの「世紀」は、世界大戦がそのエネルギーを使い果たし、蓄えを使い果たしたときに初めて終わりを告げた。1945年: アメリカ覇権のサイクルが始まる。

世界の覇権は、少なくとも2回のコンドラチエフ・サイクルの間に進化し、衰退する。このような資本主義システムの末期的危機が早期に訪れることはないが、2020年、20-30年以降にそのような危機のリスクが急速に高まると考えてもよいだろう。単純化しすぎているかもしれないが、次のような図式が考えられる(グラフ3:資本主義の終末危機)。

Tausch (2003)などに見られるように、資本主義の終末的危機は、世界政治の津波と同様、大多数の人類の幸福に壊滅的な影響を与えるという十分な証拠があるようである。アンドレ・グンデル・フランクとルドルフ・ルンメルの研究に基づくと、1350年代(黒死病と同時期)と1750年代のひどい世界恐慌の結果として、ヨーロッパは世界の総人口におけるシェアを大幅に失い、1900年から1950年の世界政治の地震は、政治弾圧、大量虐殺、大量殺人の観点から推定1億8770万の犠牲者を出し、すなわち、全人類の歴史における大量虐殺、戦争、弾圧の推定総犠牲者のかなりの部分(482万人)であると指摘する。現代の主要な世界システム研究者の中で、故アンドレ・グンダー・フランクは、人類の歴史には5000年にわたる大きな経済サイクルが存在するという考えを最も積極的に提唱した人物である。この考えは、例えば1994年に彼がNew England Historical Associationで発表した重要な論文の中で提唱されたものである。このような大きなサイクルに関するフランクの最終的な言葉は、特に、彼の「ReOrient」1998: 248ffに見られる。

表1:K-waves: Modelskiによる世界の主要セクターの順序、表2:Modelskiによる世界経済と政治の共進化を参照されたい。

コンフリクト・クロック

で、今はどこなんだ?1870?1913?1938?世界システム論は未来についての推測に満ちており、世界システム研究書の多くは2020年か20-30年頃までに大きな世界大戦が起こると予測している。ただ、有名な世界システム研究者の言葉を引用してみよう。

  • a) ゴールドスタイン(2005)は、彼の「コンフリクト・クロック」 (Goldstein 1988: 259)に立ち戻った。彼は、自分の予測と仕事を振り返って、現在 2000年を戦争の谷の年とし 2005年の物価の谷と実質賃金のピーク、2010年の拡大局面、2015年の生産ピーク、2020年の投資ピーク、2025年のイノベーションの谷と戦争のピーク、20-30年の物価のピークと定義している。ゴールドスタインは、2020年代が世界政治の次の真の危険地帯になるという予測について、次のように明言している:「1988年の著書で、私は2020年代前後を潜在的な危険地帯と指摘したが、それは今でも私を悩ませる」  (Goldstein 2005: 8)。
  • b) Chase-DunnとPodobnik(1999)は、2020年頃までに世界戦争が起こる可能性は50/50であり、米国の対抗馬はドイツ主導の連合ヨーロッパか日本であると見ている。
  • c) Boswell (1999)は、10段階のシステム進化のリストを提示している。米国の相対的衰退で始まり、2010年から2020年にかけて帝国間の競争と世界戦争が起こり、その後、別の世界システムのシークエンスが続き、2080または2090年までに2010/2020年までに最後の世界戦争に勝った覇権国がさらに別の相対的衰退のサイクルで終了すると。..。
  • d) Attin→とModelskiの研究も、グローバル・リーダーシップとグローバル・コンテンダーの宿命的なサイクルから逃れることはおそらく不可能であることを示唆している。1960 年代半ば以降、国際システムの総国家数に占める防衛協定加盟国の割合を示す防衛協定 集約指数、すなわち、既存の確立された世界政治指導メカニズムが世界政治に及ぼす支配力を測定する指標は減少している。このことは、1945 年に確立された米国によるグローバル・パワーの時代が確実に終焉を迎え、われわれの時代が、当時の英国指導部の非正統化、国際システムの非集中化、1878 年から1914 年の連合構築の時代を特徴とし、われわれがよく知るように1914 年の大惨事で終焉した 1850 年から1878 年の時代にかなり似ていることを示唆している。ゴールドスタインは、過去の世界的な政治サイクルを次のように解釈している。

グローバル戦争 

支配国の世界覇権 

 国際秩序の脱正統化 

 グローバルシステムの脱集中化

グローバル戦争など

アティナは、モデルスキーに従って、世界システムの政治的サイクルを次のように解釈している。

グローバル戦争・マクロ決定

グローバルパワーの実行

非正統化とアジェンダ設定

非集中化と連合体構築

グローバル戦争・マクロ決定など

防衛協定集計指数は、このような循環を適切に測定しているとAttin→は主張している。グラフ4では、これらの循環と世界経済発展の長い揺れを比較し、この二つの循環的な動きはほぼ並行しているという結論に達している。世界政治の津波危機は、津波経済危機の前にある?(グラフ4a参照グラフ4a:世界政治のリーダーシップと世界発展の長いサイクル:成長率の低下と世界政治の脱中心化-1814-1815年のウィーン会議以降の証拠、グラフ4b:世界政治のリーダーシップと世界発展の長いサイクル:世界政治の脱中心化と経済停滞 (Wallersteinの伝統による100年ロジスティックサイクルのB相)-1814-1815年のウィーン会議以降の証拠)を参照。

いずれにせよ、「市民権 (西洋の標準的概念1)に対する現代の地理的・制度的選択的後退は、1995年から2003年にかけての平均的なプラス傾向の発展にもかかわらず、1989年の変革や1980年代・1990年代の民主化の第二波・第三波のおかげで「自由」や「人権」が向上した地域でまさに自由が後退していることを示唆しており、Soysa and Gleditsch(2002)の分析に固有の自由主義のグローバリズムの楽観主義とは部分的に矛盾しているといえるだろう。「民主主義と人権」の後退は、おそらく今後数年間、より紛争志向の外交政策と手を携えて進むことになるであろう。グローバリゼーションと市場開放の重圧の下で、旧共産圏の弱い経済と社会、そして南のいくつかの民主主義国は、「グローバルなテロとの戦い 」の文脈で増加する人権侵害の最近の波によって悪化した、市民の自由の後退を目撃する(グラフ5:市民の権利尊重の後退の地域、1995-2003:a)世界レベルの証拠、b)「北大西洋舞台」の証拠参照)。

最近、研究者たちは、世界政治におけるアメリカの長期的な相対的衰退の具体的な側面を扱ってきた。しかし、現段階では、東欧における改革と体制強化のサイクルに注目することが重要である。1930年代の世界恐慌の際にこの地域で民主主義が生き残れなかったように(Polanyi 1944)、今日では、特に旧ソ連のような国々において、最終的には民主化ではなく不安定さが勝利する危険性が生じている。上昇期と衰退期の間の長い波 (B期)の転換点は、常にこの地域の政治的衰退の始まりであり、一方、上昇期は権威主義の近代化を伴っていた。西側のサイクルと東側の半周辺および周縁との間のタイムラグを考慮する必要がある。決定的なカイロス年は以下の通りである(1756年以前はGoldstein 1988)。1509年、1539年、1575年、1621年、1689年、1756年、1832年、1885年、1932年、そして1975年である。

以前の世界大戦で覇権を争った国々は、徐々に国際システムにおける自分たちの地位を受け入れるようになる。真の権力闘争は、覇権争いの直後にすでに勃発し、システムの歴史の浮き沈みを経て、覇権争いにゆっくりと発展していくのである。このように見てくると、1989年ではなく、韓国やベトナムが、むしろ将来の国際舞台におけるW構造の対立のベンチマークになりうる(表3:世界パワー競争1495-2002の予測ロジック参照)。

アメリカがこの世界の比類なき軍事的覇権国家であるという勝利至上主義はともかく、まじめに戦略的・政治的に分析すれば、世界情勢におけるアメリカの軍事的・政治的支配の継続に対する直接的なマンパワーやその他の軍事的制約がすぐに明らかになると考えている(Adams 2005)。しばしば、アメリカは旧ローマと同様、軍事力において類似のものがないと言われる。

しかし、このような主張は単なる神話であり、国防総省が実に多くの金を費やしていることを示すだけの軍事費の数字に基づいている。この数字は、国際為替レートではまだ米ドルに有利だが、米国経済の巨額の二重赤字を考慮すれば、長期的には維持できない為替レートである。人類史上類を見ないのは、米通常戦力が地上で、特にゲリラ戦の状況で発揮できる「威力」ではなく、ペンタゴンの防衛請負業者に渡った「資金」であり、実に世界中で比類ない額である。『エコノミスト』誌2007年9月号によれば、米国の財政赤字は現在(2007)GDP比1.9%、経常収支赤字はGDP比5.4%、経済成長率はわずか1.9%であるという。2000年のブッシュ大統領就任時の予算が+2.44%、経常収支の赤字が同年でもGDP比4.19%であったことと比べても、その差は歴然としている。イラクやアフガニスタンでの「小規模な」戦争でさえ、現在の極めて資本集約的な米国の軍事ドクトリンの極限を示しており、マンパワーの理由だけでも、米国は複数の通常戦争を同時に戦う立場にはなく、ましてやイラクやアフガニスタンの反乱との戦いと同時に別の大きな対立を戦うことは不可能であろう。

世界システムの平和傾向や紛争傾向に関するわれわれの最終的な総括は、グローバル資本主義によって平和が「すぐそこまで来ている」という一般化された仮説を支持するものではない。過去500年間の世界システムの10年ごとの紛争に関する有名なデータ (Brecke 1999)は、グローバル化のもとで平和に向かう経年的傾向がないことを示しているが、それとは別に、われわれは特に、世界システムにおいて、早ければ少なくとも1946年以来発展したと思われる経済成長と戦争の激化の関連に心を奪われている。世界システムに軍事的ケインズ主義的コンセンサスが生まれる可能性は十分にあるが、それは戦争に向かうコンセンサスであろう(グラフ6:1946年以降の戦争の強さと世界の工業生産の成長:a)元のデータ、b)3年間のスライド平均、c)時間の経過とともに様式化された関係、を参照)。

また、世界政治秩序の衰退(アティナ防衛協定指数で測定)、世界経済成長の衰退(世界工業生産成長率で測定)、戦争の激化(1990年代に横ばいになってから再び増加、上記参照)、世界不平等の拡大(シュルツが計算した世界GINI不平等指数の上昇で測定)の関係も再検討されなければならない。われわれの仮説は、1990年代以降の展開も考慮すると、グローバル化のベルエポック1960-1990は、より安定した、平等主義的で平和な世界をもたらさなかったということである(グラフ7:戦争の激化、成長、同盟の安定と世界の所得格差1960-1990参照)。

このことは、「力の均衡」という概念から見て、何を意味するのだろうか。アメリカの軍事機構においておそらく最も影響力のある戦略家であるコリン・S・グレイの言葉を再び引用しよう。

(戦争は決闘であり、2020 年までのアメリカの敵はすべて著しく非対称的であるため、ハイテクの変革はわずかな価値しか持たない。その中で、より知的な者、地理的に恵まれている者、幸運な者は、米国の強みを試さないような戦争方法を追求するだろう。第2に、この変革の軍事的潜在力は、過去のあらゆる変革と同様に、技術と思想を広める止めどない拡散過程によって損なわれている。第3に、求められている変革は、戦争には戦争以上のものがあるという、すでにここで主張されている事実に気づいていないように見える。戦争とは、それが形作る平和に関わるものである(Gray 2005: 20-21)。

インドネシア、トルコ、エジプト、バングラデシュ、マレーシア、モロッコのような主要かつ経済的にすでに強力なイスラム諸国を受け入れる、より包括的なグローバルガバナンスのモデルは、終わりが見えないように見えるテロの問題に迅速に対処するだろう(グラフ8:世界のテロと世界の政治/経済サイクル参照。凡例:上記データおよびhttp://www.state。gov/s/ct/rls/pgtrpt/2003/より独自に作成)。

結論

この小論では、1988年にジョシュア・ゴールドスタインが博士論文ですでに確立していた世界戦争の悲劇的なWパターンを、まともな数量分析では看過できないことを示した。新たな証拠は、このサイクルが冷戦の終焉とともに終わったのではないこと、そして、21世紀においてわれわれ、われわれの子供、われわれの生息地の平和的共存を保証するためには、「戦争のグローバル化」に対する予防的社会行動が必要であることを示唆しているように思われる。

備考

1地球規模での人権に関する膨大な議論に、ここで立ち入ることはできない。しかし、本稿はあくまでメガトレンドを定量的に示すことを目的としているので、フリーダムハウスの指標に基づく最近の定量的トレンドが、「人権と民主主義」の普及に関するリベラルなグローバリズムの楽観主義と矛盾しているという事実を、ここで読者に思い起こさせるだけで十分であろう。しかし、将来的には、ジェンダー・エンパワーメントジェンダー開発共通犯罪による被害などの現象は、理論的には将来の人権統計に含まれる可能性がある。例えば、ニューヨークのブロンクスやウェストバージニア、ニューオリンズにおける社会政策関連の乳幼児死亡率や、例えば、アルハンゲリスク、ヴィボルグ、コリャジマ、ノヴォドヴィンスク、シクティヴカール、チェレポヴェツにおける環境政策関連の乳幼児死亡率が将来の人権や市民権の統計に含まれるべきかは別の問題でここでは議論していない。簡略化のため、このモデルでは標準的な「フリーダムハウス」のデータシリーズのみを使用しているが、この概念を使用する際には、ある種の方法論的な注意が必要である。より洗練された定量的アプローチでは、宗教の自由労働組合の自由などの傾向も評価すべきである。これらすべての指標を考慮すると、筆者は過去10年間のロシアのような国のパフォーマンスが「フリーダムハウス」が描くほど否定的であるかどうか疑問である。

参考文献

【原文参照】

表1 K波: モデルスキーによる世界の主要なセクターのシーケンス

K波 ぐらいから リーディングセクター 主なイノベーション
K1 930 印刷、紙 学習会・書籍印刷
K2 990 国内市場の形成 南北市場の統合
K3 1060 財政・行政の枠組み マネタイズ、紙幣
K4 1120 海上貿易の拡大 コンパス、大型ジャンク
K5 1190 シャンパンフェア 組織化されたヨーロッパ市場
K6 1250 黒海貿易 東アジア発のイノベーション
K7 1310 ベネチアのガレー船隊 北欧の新市場
K8 1350 胡椒貿易 制度化されたアレクサンドリア接続
K9 1430 ギニアゴールド アフリカの貿易「発見」。
K10 1494年 インドのスパイス 運航中の航路
K11 1540 大西洋、バルト貿易 アメリカンシルバー
K12 1580年 アジア貿易 オランダ領東インド会社 VOC
K13 1640年 アメラジアン貿易 プランテーション
K14 1688年 アメラジアン貿易 タバコ
K15 1740年 綿、鉄 工場生産
K16 1792年 蒸気、レール 新しい交通手段
K17 1850年 電気・化学・鉄鋼 発明の発明
K18 1914年 エレクトロニクス、自動車、航空宇宙 新製品
K19 1972年 情報産業 コンピュータ
K-20 2026年

表 2 モデルによるスキー グローバル経済と政治の共進化

おおよそ

日にち

K波(世界のリーディングセクター) ロングサイクル

(1500年以降の世界列強)

930 K1 印刷と紙 LC1 北宋
990 K2 ナショナルマーケット
1060 K3 財政フレームワーク LC2 南宋
1120 K4 海上貿易
1190 K5シャンパンフェア LC3 ジェノバ
1250 K6 黒海貿易
1300 K7ガレー船 LC4 ベニス
1360 K8ペッパー
1430 K9ギニアゴールド LC5 ポルトガル語
1492年 K10 インドの香辛料
1540 K11 大西洋、バルト海 LC6 オランダ共和国
1580年 K12 アジア貿易(ボーカル)
1640年 K13 アメラジアントレード LC8 イギリス I
1688年 K14 アメラジアントレード
1740年 K15 綿、鉄 LC9 イギリスII
1792年 K16 スチーム、レール
1850年 K17 電気、化学、鉄鋼 LC10 米国
1914年 K18 自動車、空気、電子機器
1972年 K19 情報産業

表1 および表2の凡例:George Modelski 2002年からの引用。http://faculty.washington.edu/modelski/Evoweconomy.html

表3 世界権力競争1495-2002の予想ロジック

戦争における役割

三十年戦争

ナポレオン戦争

第一次世界大戦と第二次世界大戦

経済競争相手を失う

ハプスブルク家

フランス

ドイツ

新たな覇権

オランダ

英国

アメリカ

勝利した連合の経済的に壊滅的なメンバーだった新たに出現した挑戦者

フランス

ドイツ

中国とロシア

体系的な覇権の過去の候補であり、勝利した連合の戦争努力に加わった

スウェーデン

ハプスブルク家、ポルトガル

フランス

出典: Tausch 1991 および 1997に基づく独自の編集および予測

資本主義世界経済における戦争への傾向、1495年から1975年

グラフ1.1495年以降の世界システムにおける戦争の激しさと世界的な戦争サイクル 1495ff; 1649ff; 1817ff; そして1945ff

凡例:Y軸は世界における戦争の激しさ、X軸は世界政治サイクルの始まりからの時間の経過、1495年、1649年、1817年、1945年を起点とする。ゴールドスタインのオリジナルデータからEXCELで計算。戦争強度=(1+大国間戦争による戦死者数^0.10)の自然対数。

グラフ2a戦争サイクル 1495-1975年 1495-1648年ハプスブルグ-ヴァーサス-ザ-レスト星座の進化、三十年戦争の勃発

凡例:このグラフと以下のすべての表では、非常に小さな小数点以下の数値は、EXCEL スクリプトに含まれる確立された数学的慣例そのまま単純化されている 。つまり、 0,0001に丸められた10暗号で、小数点以下4桁目からコンマの後に3つのゼロが付いた数字になる。9E -10は、コンマの後に9個のゼロを持つ最初の回帰の直線はで(中間記号は- 9E -10)、2番目は正(中間+ 4E-07)である。統計学では、1次多項式 y = a + b1*x)、2次多項式 y = a + b1*x + b2*x2)などがあり、これらを用いて回帰を行う。 コンドラチエフはその古典的な論文で、世界経済における5次、 6次の多項式の揺れを手計算で求めた。x4 + b4*x3 + b5*x2 + b6*xとする。従属変数は y = 戦争強度(未変換)である。

グラフ2b.戦争サイクル 1495-1975年 1649年~1816年 フランス-留守の星座の進化。ナポレオン戦争の起源

y = 戦争の強さ(未変換)

グラフ2c.戦争サイクル 1495-1975 1817-1945:1817-1945

ドイツ対世界という構図が形成される。ドイツのワールド・パワーへの挑戦の起源

y = 戦争の強さ(未変換)

グラフ2d戦争サイクル 1495-1975年 1946-2002:米国によるグローバル・リーダーシップの脱任に向けて?

凡例Polynomisch = 5次の多項式表現

y = 戦争の強さ(未変換)

グラフ3 .資本主義の末期的危機

出典:Arrighi, 1995, Tausch, 1998 より独自に作成。上のグラフは、非常に大雑把に単純化したものとしか解釈できない。表されている。単純な線形トレンドは、次の危機が21世紀のどこかで起こっていることを示唆している。

グラフ4a世界の政治的リーダーシップと世界発展の長期サイクル

成長率の低下と世界政治の脱中心化-1814-1815年のウィーン会議以降の期間の証拠

 

グラフ 4b. 世界政治的リーダーシップと世界発展の長期サイクル

世界政治的脱中心化と経済停滞(ウォーラーステインの伝統に基づく100年ロジスティックサイクルのB相)-1814-1815年のウィーン会議以降の期間の証拠

凡例:Arrighi, Attin→, Goldstein, Modelsskiの引用文献とUNIDOの世界工業生産データ1976-2004に基づき、独自に集計・計算した。

グラフ5a. 市民権の尊重が移転した地域(1995-2003)

凡例:2003年の公民権侵害は、1995年の公民権侵害の水準から予測されたもの。ダークゾーンは、その期間に市民権の尊重(標準的な西洋の概念)が世界のトレンドよりも低下出典:フリーダムハウスのEXCEL表から独自に算出。www.freedomhouse.org/ratings/allscore04.xlsで入手可能。

グラフ5b. 市民権尊重の境界の地域(1995-2003)

凡例:2003年の公民権侵害は、1995年の公民権侵害の水準から予測されたもの。ダークゾーンは、その期間に市民権の尊重(標準的な西洋の概念)が世界の傾向よりも低下出典:フリーダムハウスのEXCEL表から独自に算出。www.freedomhouse.org/ratings/allscore04.xlsで入手可能。

グラフ6a.1946年以降の戦争の激しさと世界の工業生産の伸び 元データ

グラフ6b.1946年以降の戦争の激しさと世界の工業生産の伸び

グラフ6c.1946年以降の戦争の激しさと世界の工業生産の伸び

グラフ 7. 1960 ~ 1990 年の戦争の激しさ、成長、同盟の安定性、世界の所得格差

グラフ 8. 世界のテロリズムと世界の政治・経済サイクル

出典: 世界経済と紛争に関するデータ タウシュ 2007 年。グローバル テロリズムに関するデータ: 米国国務省、次のサイトで入手可能:www.state.gov/s/ct/rls/crt/2003/

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました