デジタル社会・監視社会暗号通貨・地域通貨・CBDC

デジタル革命の暗黒面 -Paul Craig Roberts
The Dark Side of the Digital Revolution

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.paulcraigroberts.org/2022/08/10/the-dark-side-of-the-digital-revolution/

2022年8月10日

ポール・クレイグ・ロバーツ

人々はデジタル革命を好み、ストレスの多い通勤や職場政治を避け、若者は世界とつながる携帯電話を愛用する。しかし、その利点を享受する一方で、デジタル革命に内在する専制政治は、徐々にわれわれの生活を支配しつつある。

連邦法でプライバシー保護に関する年次報告書の提出を義務付けられている企業も、私たちのインターネット利用を追跡し、私たちのマーケティング・プロファイルを構築している。FBI、CIA、NSAは、テロリスト、学校での銃撃犯、麻薬取引、外国の諜報員を特定するために、私たちのインターネットの使用を追跡している。顔認識カメラは現在いくつかの都市の路上に設置されている。DNAデータベースが構築されている。さらに続く。

中国では、デジタル革命によって社会的信用システムが実現した。人々は、発言、ネット上の情報、行動、行き先をモニタリングされ、その結果、その人の権利や特権が決まる。悪い仲間と付き合い、政府批判をし、素行不良、スピード違反、飲みすぎ、学校や会社の出席記録が悪い 人は、運転免許やパスポート、大学入学が認められず、銀行口座へのアクセスが制限またはブロックされる可能性がある。

デジタル・マネーは専制政治の究極の力だ。政府のデジタル・マネーしかないシステムでは、麻薬の売人や売春婦に賃金を支払う方法がない。ポケットに入れて匿名の支払いに使える現金形態のデジタル・マネーもない。デジタル・マネーを支持する人は、犯罪や脱税を封じることができることを大げさに言っている。アルコール依存症の人の預金残高をブロックしてお酒を買えないようにしたり、太り過ぎの人の食費をデジタルマネーの使い方でコントロールしたり。こうした個人の選択を制限することが、健康対策としてもてはやされるのである。

しかし、デジタルマネーが当局にもたらす権力は、その人物を完全に支配するために使われうるという厳然たる事実がある。自由が消失に異議を唱えたり、汚職を暴露したり、公式のシナリオに挑戦したり すると、政府はあなたの口座へのアクセスを遮断し、住宅や食料の支払いに使うのを禁止し、あなたを屈服させることができる。

政府のデジタルマネーだけになれば、このようなウェブサイトを支援することも、支配的独占に挑戦する新しい政治運動を組織することもできなくなる。抗議運動は不可能になる。トラック運転手や農民は車の燃料を買うことができなくなる。中央銀行のデジタルマネーだけになれば、政府はすべての投資を管理できる。デジタル世界では自由は不可能だ。従わなければ死ぬだけだ。

あなたはこう言うかもしれない、そうすべては可能だ、しかしわれわれの自由へのコミットメントがそれを防ぐだろう、と。この返答には二つの間違いがある。一つは、われわれの指導者が自由にコミットしていないことだ(参照: www.paulcraigroberts.org/2022/08/06/the-worlds-business-political-leadership-rejects-freedom/)。もう一つは、それがすでに起こっていることだ。

The International Economy誌の最新号で、Andreas DombretとOliver Wunschは「中央銀行デジタル通貨の事例」を紹介している。今こそ「大胆に行動する」時だと、彼らは言う。

ドンブレットは ドイツ中央銀行と欧州中央銀行の理事、ヴンシュは 国際通貨基金 (IMF)のギリシャとキプロスへのミッションチーフ、国際決済銀行と金融安定理事会へのIMF代表であったが、この2人が支配階級のエリートであることをまず理解 しよう。

皆さんは覚えていらっしゃらないかもしれないが、数年前、ギリシャとキプロスが金融危機に陥った。キプロスでは銀行口座へのアクセスを拒否され、ギリシャでは、政府が賄賂を受け取って返済不能な融資を受けたという話だ。IMFによって支持されたヨーロッパの中央銀行は、公務員を解雇することによってより多くの政府資金を解放することによって、教育や健康支出からローンサービスにお金をシフトすることによって、ギリシャがお金を考え出すことを要求し、民間外国人投資家にギリシャの港や自治体ユーティリティなどの公共資産を売却し、不動産開発業者に上の保護された島をオンにすることであった。ギリシャ経済は崩壊した。ロンドンタイムズ紙は、多くの女性が売春を強いられ、その価格がチーズサンドイッチの価格にまで下がったと報じた。

ギリシャは主権を失い、非選挙統治下に置かれた。今、ギリシャの略奪と女性の破滅に関連した工作員が、私たち一人ひとりを自分のお金の管理から引き離す仕事を任されている。現金の重要性は、個人に主権を与えることだ。人々は 銀行システムの外で現金を所有することができる。匿名での支払いも可能だ。専制的な政府が銀行口座を差し押さえても、現金経済で帳尻を合わせることができる。しかし、現金がなくなれば、経済主権を失うことになる。

しかし、DombretとWunschは、現金の不便さを強調する。「消費者にとって、銀行の窓口やATMで必要な額の現金を用意し、パン屋や肉屋で物理的に支払うことは不便である」もちろん、ほとんどの人はもはや現金で支払うことはない。小切手やクレジットカードを使い、手数料の一部を還元したり、デルタのアメリカン・エキスプレス・カードのように航空会社のマイルをもらったりしている。しかし、現金の蓄えをすることで、自立を守ることはできる。現金がなくなれば、自立もなくなる。

デジタル通貨はすでにBitcoinやそのライバルに存在 するが、これらの暗号通貨は民間であり、コントロールの機会を提供しない。DombretとWunschは、デジタル通貨における「民間部門のイニシアチブに懐疑的になるべき」と書いている。なぜなら民間利益が「公共の利益と対立するかもしれないから」である。つまり、DombretとWunschは、「公益」を、世界経済フォーラムの目標である独占的なすべての強力な政府と結びつけているのである。

中央銀行デジタル通貨はまだ存在しない。しかし、ドンブレットとヴンシュはCBDCという名前をつけることによって、それを概念として存在させた。名前がつけば、それはもう現れることができる。つまり、彼らの立場は、世界経済フォーラムと同じで、エリート政府がコントロールするシステムこそが新世界秩序のモデルなのだ。われわれ一般市民は、デジタルマネーの利便性を受け入れ、自分たちのことは自分たちでコントロールすることをあきらめればよいのだ。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました