3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争

ポーランドの第三次世界大戦恐怖が示す、米軍トップの将軍が平和を望む理由  ダグ・マクレガー大佐
Poland WWIII scare shows why top US general wants peace (w/ Doug Macgregor)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

ダグラス・マクレガー退役陸軍大佐が、ポーランドにおける第三次世界大戦の恐怖と、ウクライナとロシアの和平をめぐるペンタゴンと国務省の分裂について語ります。

ロシアがポーランドにミサイルを発射したと非難し、ウクライナからNATOの直接軍事介入を求める声が上がっましたが、米国当局は現在、ウクライナの防空能力に原因がある可能性があることを認めています。

元陸軍大佐で元国防総省上級顧問のダグラス・マクレガー氏は、ポーランドの恐怖は、米軍トップのマーク・ミリー元軍人が、ウクライナ戦争を終わらせるためにロシアとの外交を求めるホワイトハウス官僚と分かれた理由を強調している、と述べています。

ゲストダ グラス・マクレガー退役米陸軍大佐、元ペンタゴン上級顧問。


アーロン・メイト 0:04

プッシュバックへようこそ。私はアーロン・メイトです。ダグ・マクレガーが参加しています。彼は退役陸軍大佐と元シニアペンタゴンアドバイザーです。ダグ、もう一度私に参加していただきありがとうございます。もちろんです。

先週末のニュースへの対処法をお聞きしたいのですが突然ですが、アメリカ軍トップのマーク・ミリー統合参謀本部議長が、ロシアとの外交を支持することを表明しました。これは、議会の進歩的な人々が、この戦争を終わらせるためにロシアと話すという同じ要求を撤回するよう、いじめられたわずか数週間後のことです。

そして今、この国のトップの軍人であるミリー将軍が、ロシアとの会談を求める他のバイデン政権高官と衝突していると報じられているのです。このことの意義は何でしょうか?そして、なぜ単にロシアとの会談に賛成する人が出てきただけなのでしょうか?

ダグラス・マクレガー 0:56

さて、まず第一に、ミリー将軍は、結果を計算し、それが自分の利益になると思わない限り、何かをしないという評判があります。彼はトランプとの話し合いから、自分に有利になるようなことをリークしました。それが真実かどうかはわかりませんでした。

彼は今、ニューヨーク・タイムズで同じことをしました。彼は本質的に、ウクライナ人は合理的にできることはすべてやったと思う、と言いました。そして、効果的に交渉する良い機会である、というのが彼の発言です。もちろん、バイデン大統領やサリバン、ブリンケン、その他の人たちは皆、手放しで拒否しました。

というわけで、非常に興味深いことが2つあります。それで2点目は、これはミリー、学校の外で話しているんです。彼は大統領の上級軍事顧問です。率直に言って、彼が言うことはすべて機密事項であり、黙っているべきことです。彼には好きなことを考え、好きな意見を持つ権利があります。しかし、いったん彼が大統領にそれを表明したら、率直に言って、そこで終わりです。

第二次世界大戦中、ホワイトハウスには事実上の統合参謀本部議長に相当するリーヒー提督がいました。そして、海軍とマーシャルと地上・航空部隊の王がいなければならなかったのです。彼らは、大統領が亡くなった後でも、大統領と話し合ったことを公表することはありませんでした。

そう、私たちはほとんどそれを守ってきたのです。例外はほとんどなく、誰かが学校の外で話したりします。そして通常、上級の将軍がそのようなことをすると、解任されます。それは彼の仕事ではないからです。彼は助言するのが仕事です。オピニオン・メーカーでもありません。政策立案者でもありません。

それで3つ目ですが、彼は何をしてるんでしょうか?ミリー将軍は恐れています。彼は個人的な戦闘の経験はなく怖がる必要はありませんが、冷厳な事実を知っています。冷厳な事実とは弾薬がないことです。燃料は手元にありません。修理部品が手元にないことです。

ロシアとの対決を検討するための十分な兵士が手元にないのです。そして、ある状況下では、ロシアとの対立に陥る可能性があることも知っています。数週間前、ペトレイアス将軍が、非常にミリー的で、同じように細胞を重視していましたが、彼はこの概念を口にしました。

しかし、ミリー氏は平和的な結果が得られないことを十分に理解していません。ロシアは明確にしています作戦への妨害は戦争行為と見なすと。そして第二に、彼は真実を知っています。私たちは自らを維持する立場にありません。

ウクライナ人は1日に7000発の砲弾を発射しています。ロシアは2万発を発射しています。私たちは韓国と協定を結び、ウクライナに10万155ミリの砲弾を送ったところです。文字通り、ウクライナ人のために買ったのです。さて、問題があります。それは、ロシア軍との14日間ほどの砲撃戦に有効かもしれないということです。

それは5日間です。私が言いたいのは、私たちは深さも戦力もないため、彼らと対峙する立場にはないということです。そして、ミリーもまた別のことを知っています。彼は何が起こるか知っています。彼はロシアが完全にアプローチを変えるのを見てきました。

彼らは片手を後ろに縛られた状態でウクライナに入りました。彼らは地上軍の20%以内は決して使用せず、そのうち11万人だけの軍隊を、最初はウクライナで使用し、8月には完全に守勢に回ったのです。そして、それ以来、彼らは角で引っ張られた自分たちの立場を強固にしたのです。

将軍たちはプーチンに、これを終わらせるには軍事的にやるしかない、軍事的に終わらせるなら、大規模な攻撃、より多くの軍隊、より多くの物資が必要で、それには時間がかかると言いました。そこでロシア側は、「よし、時間と地力を引き換えに、陣地を固め、損失を最小限に抑え、ウクライナ人に自らを消耗させよう」と考えたのです。

ミリー氏はこれらのことをすべて知っています。そして、彼は現実を理解していないような人たちと話しているので、心配しているのです。それが危険なのです。ですから、大統領のところに歩いて行って、「大統領、私たちの通常戦力は全滅の危機にあります」と言いたくはないのです。

というのも、私たちはどうにかしてこの事態に引きずり込まれ、よろめいたからです。この事態を打開するには、ロシア側と話し合って脱出を図るか、核で対応するしかありません。そして、彼はそこに行きたがりません。ワシントンの頭脳明晰な人たちは誰もそこに行きたがらない。

中国とワシントン、あるいはGEとバイデンの間で行われた議論の中心は、核兵器はどこにも使われないということを明確にしたことでした。絶対にありません。ですから、彼は相手が戦争という現実を理解していない人たちであることを、とても心配しているのだと思います。

アーロン・メイト 6:41

つまり、私が理解している限りでは、ミリー氏はバイデン政権の他の協力者をあらかじめ排除しており、その協力者はこれを本格的な米軍の関与へと押し進めたいと考えているのでしょうか?

ダグラス・マクレガー 6:52

私はそれが可能だと思います。このように言ってみましょう。私は、ポートレートが打ち出したこの概念は、民間人にとって非常に魅力的だと思うのです。過去30年間、私たちは国務長官によって一連の介入を推し進めてきたことを思い出してください。

彼女がパウエル将軍と交わした有名な会話を覚えていますか?パウエル将軍、あなたはこの素晴らしい軍隊について話し続けていますね?なぜそれを使わないんです?もちろん、パルスの主張は、「軍事力を無差別に使うことはない。使うのは、そうせざるを得ない最後の手段のときだけだ」しかし、砂漠の嵐作戦からの教訓は、ネオコンやグローバリストにとって、この素晴らしいおもちゃの数々を見よ。ということです。このおもちゃをどこにでも持っていくことができます。みんなをいじめて服従させることができるのです。

しかし、そこに問題があります。問題は、ロシアをいじめ抜いて服従させることはできないことです。中国もそうです。東欧で負けるのは目に見えています。ミリー氏はそのことを理解しています。彼はそれを理解し、ブリンケンやクレーンを恐れています。

サリバンやバイデンはそれを理解していません。彼らは同調圧力を飲んでしまったからです。24日以降の冷却材は何でしょう?2月24日以来、あなたも私も、そして他のみんなも、ウクライナの勝利の演説を聞きながら座っていたのです。

ウクライナ人が勝っている……彼らが勝っているように見えます。地図を見てみましょう。勝ってない10万人以上の死者と数十万人の犠牲者が出ています。膨大な量の機材が失われ、破壊され、盗まれています。彼らは今、最後の手段にでているのです。

彼らは何も提供するものがありません。彼らはハンマーが現れて、自分たちを打ち砕いてくれるのを待ち望んでいるのです。ですから、メロディが言ったように、期待できることはすべて終わったのです。交渉するべきですが、彼は何を得るのか?

それはありません、ロシアを叩き潰す、彼らを打ち負かすしかないのです。彼らは理解する必要があります。私たちはこの教訓を伝えなければなりません。狂気の沙汰です。

アーロン・メイト 8:56

これはCNNの記事ですが、国務省の官僚は国防総省よりタカ派だというあなたの主張に対してです。これはCNNの記事ですが、ある当局者は、国務省はミリー将軍とは反対の立場にあると説明しています。この力学は、軍の上層部が米国の外交官よりもはるかに熱心に外交を推し進めるという、独特の状況を生み出しています。

ダグラス・マクレガー 9:24

もちろんです。私たちは少なくとも20年間、おそらく30年間、アメリカ国民に嘘をついてきました。なぜ嘘をつき続けてきたのか?私たちは世界で最も偉大な軍隊だと言ってきました。誰も私たちに挑戦することはできません。しかし、それは決して真実ではありませんでした。そして、1991年以降、その能力のほとんどを解体してしまったのです。

現在あるものは、30年前の面影はありません。また、あれほど成功したリスクをもたらした技術も、もはや独占することはできません。つまり、将軍たちは一週間おきに新しい戦いでクリスマスの飾りつけをし、自分たちは英雄で、何でもできるんだと皆に言っているのです。

しかし、それは無理な話です。そして、彼らはハッタリをかましたんです。ビリーはこう言ったと思います。「これはとても危険なことだ。こんなことはしたくない、制御不能になる前に終わらせる必要がある」と。

ところで、私たちがここに来る前に話したように、2発の流れ弾がコースから外れてポーランドとの国境を直撃し、2人の世論調査員が死亡しました。それで今、ポーランドの国防会議が開かれています。何が出てくるか分かりません。

ロシア側は、「非常に残念だ、道を踏み外してしまった」と言うのではないでしょうか。「今後、このようなことがないように最善を尽くす」と言うのではないでしょうか。世論がそれを受け入れることを選択するかどうか。それはわかりません。

しかし、私はNATOがロシアに出動して戦おうという意欲は全く感じません。私にはそれが見えないのです。世論調査にはその気があるかもしれません。ルーマニア人の何人かはそうかもしれませんが、それはすべて私たち次第です。私たちはバックボーンです。私たちは中心です。私たちはそれをリードしなければなりません。

アーロン・マテ 11:16

ウクライナの軍の状況について、もう少しお話を伺います。先ほどおっしゃったように、従来のイメージでは、ウクライナは勝っています、それを立証するために。識者はカルサンやカーキッドでのウクライナの勝利を挙げるでしょう。しかし一方で、ニューヨークタイムズのこのような記事もあります。

戦場でのロシアの後退にもかかわらず、ロシア軍はウクライナのインフラに対して効果的なミサイルとドローンキャンペーンを続けており、米国の防衛当局者と軍事アナリストによれば、ウクライナの防空網がひどく緊張していることが明らかになりました。

そのためか、あるアメリカ政府高官は最近ポリティコ誌に、「また10万人の命を奈落の底に突き落とす前に、なぜ和平交渉について話し始めないのか」と語りました。少なくとも私が知る限り、戦争の初期にはなかったようなコメントを、今、アメリカの高官から得ているのは、驚くべきことです。

ダグラス・マクレガー 12:16

ロシア語を話す国民の多くが住む地域を占領した後、戦略的防衛に乗り出すというモスクワの決定は、実際、ロシアにとって非常にうまく機能しました。ウクライナ人はこの終わりのない一連の攻撃で何千人もの兵士を失いました。今、人々は車の咳を指して「ほら、あそこでは成功したんだ」と言います。

しかし、たった2000回の突撃で、しかも対空砲火です。ロシア軍を止めるものは、ロシア国境のすぐそばの川にたどり着くまで、何もありません。そこでロシア軍は 2000人の兵士が必要です、彼らを犠牲にするつもりはありません、彼らを引き揚げて、ウクライナ人をそこに移動させろ、と言ったのです。

ところで、ウクライナ人がそこにいる間に、スタンドオフ攻撃でできる限り多くのウクライナ人を殺そう。そして、それが彼らのやったことです。ウクライナ軍は3〜4割の兵力を失いました。3万人の兵力のうち、相当な損失です。カラソンでは、3万人のロシア兵が町に座っていましたが、さらにプロ川までダムがあり、もしダムが決壊すれば、文字通り町が水浸しになってしまう状況でした。

彼らはダムが決壊することを望まないと判断しました。そして、兵士たちが水浸しになる危険も冒したくなかったのです。そして、自分たちが持ちこたえられることも知っていました。それは問題ではありませんでした。彼らは簡単にこの場所を保持することができました。

彼らは巨大な防御を構築していたのです。しかし、最高司令官は言いました、大統領、私は彼を脱出させたい。今すぐには必要ない……いつでも戻って取りに行けます。撤退させ、休ませ、再整備し、今年後半に予定されている大規模な攻勢のために再利用しよう」と。

ロシアは常に、地盤は自分に有利になる場合にのみ役立つものと考えています。戦略的に合理的であれば、右往左往して地盤を放棄してきた長い歴史があります。モンゴル人とはそのように戦い、フン族とも戦い、トルコ人とはそのように戦い、タルタル人とは皆そうでした。

率直に言って、ナポレオンやフランスとも戦いましたし、後にドイツのセグウェイや第二次世界大戦でも戦いました。優位に立てば、それだけで優位に立てるのでなければ、地盤自体に大した価値はないのです。それを維持することです。そのために、彼らはあのラインの上下を調整してきたのです。

彼らは防衛しやすい地形を保持するよう戦線を調整しました。なぜなら、攻撃してくる相手をできるだけ多く倒しながら、できるだけ少ない労力で防衛したいからです。ロシアはその方法を知っています。彼らはそれを非常にうまくやってきました。

ウクライナ側は人手を使い果たしたので、これは長続きしないでしょう。装甲部隊に燃料を供給することもできなくなりました。燃料がないため、装甲部隊の大半を撤退させなければなりません。このままでは終われません。戦場で負傷した人々を避難させることができません。

負傷で死亡する人があまりにも多いので、100台のM1,1-3、様々な条件のものを送っていますが、そのほとんどは負傷者を避難させるための救急車として使用されることになります。強度の高い戦場では、ヘリコプターを飛ばして人を運ぶことはできないからです。

ベトナムや韓国では、ヘリコプターが現れ、負傷者を乗せ、命を救ったという話があります。しかし、ロシア側には統合防空網がありますから、そうはいきません。ですから、ウクライナ側では空軍は無力なのです。空軍で行けば、すぐに大量の飛行機を失うでしょう。また、最近発表されたように、空軍の即応率もあまりよくありません。ですから、将軍たちがついに白状し、こんなことはするな、と言ったのだと思います。

さて、彼らはプライベートでどこまで話したのでしょうか?分かりません。しかし、ミリー氏は何かを押し付けられることを恐れているのだと思います。ですから、彼は挑戦したんです。そして彼は自分の得た反応に満足しませんでした。ですから、リークしようと思ったのでしょう。おそらくこれから数日で、私たちの側がどれだけひどい状態なのか、より明確にわかるようになるでしょう、それが役に立つでしょう。

アメリカ国民はそれを知る必要があります。我が国にはそれほど大きな戦力はなく、戦力は最高の状態ではありませんが、戦力の割合としては、我が国の全歴史の中で最も多くの将軍や提督がいるのです。木から落ちてるんです、たくさんの司令部にたくさんの提督や将軍がいるんです。笑い事ではありません。恥ずべきことです。冗談のようなものです。

アーロン・メイト 16:33

今週、ビル・バーンズCIA長官がロシアのカウンターパートと会談しました。ホワイトハウスは戦争終結のための話し合いはしていないと主張しました。彼らは和解について話していません。核兵器の使用を避けるためにエスカレートしないようにする必要があると話しています。あなたはそれを信じますか?

ダグラス・マクレガー 16:52

あなた以上に、私は知りません。ビル・バーンズは、彼の経歴を考えると、どんな状況でも停戦を議論してはいけないと言われているのではないでしょうか?なぜなら、会談を行うなら、まず最初に停戦を取り決めなければならないからです。なぜなら、ウクライナ人は勝っているのですから。

ですから、停戦は望んでいません。ですから、彼らはおそらく真実を語っていると思います。仮に今ロシアのところに行ったとしても、停戦は無理でしょう。しかし、交渉を開始することは可能でしょう。しかし、彼らの最初の要求をどこまで思い出せるか、それを言うなら?実はとてもシンプルなんです。

ウクライナは中立でなければなりません、NATOのNATO軍のウクライナでのメンバーであることはできません。その2、ウクライナから分離した2つの共和国、彼らに自治権を与える必要があります。彼らはロシア人です。その3クリミアは正統なロシア領として認める必要があります1700年代からずっとロシア領だフルシチョフが酔っ払ってキエフの共産党に言ったことです。

クリミアはナンセンスです。で、最後にミンスク協定に戻って、国内に住むロシア人に他の国民と同等の権利を与えろ?ということでした。今になって突然、ロシア人から何が貰えると思ってるんです?大したものは得られないでしょう。ですから、彼らは耳を傾けると思います。しかし、私はそれがあなたを非常に遠くに連れて行くと思います。

アーロン・メイト 18:22

ウクライナがロシアとクリミアを結ぶ勇気橋を攻撃した後、ロシアは、間違いなく、今日までウクライナの民間インフラに対する最も壊滅的な攻撃で応じました。最近もそのようなことがありました。もし停戦が成立せず、新たに動員された何百、何千という軍隊で再び大規模なロシアの反攻があった場合、それはどのようなものになると思いますか?

ダグラス・マクレガー 18:49

まず第一に、一点だけ訂正させてください。私たちは民間インフラと言い続けています。しかし、もしあなたが戦争中で、電力網が軍隊に供給している場合、電力網を破壊すれば、それは民間人を傷つけることを目的としているのではなく、軍事能力からエネルギーへのアクセスを奪うことを目的としていることになるのです。

ですから、ロシアが意図的に民間人をターゲットにしていないことを理解する必要があると思います。しかし、ドネツク・ルハン・スキャンやクリミアなどでは、ロシアの民間人を意図的に標的にするためにMARSが使用された証拠がたくさんあります。

ウクライナは原始的で民主的で完璧なので、そのような話はしていません。ロシアは邪悪で、権威主義的で、恐ろしい。しかし、実際のところ、ウクライナ側とロシア側では、軍事的価値のあるものにはかなり固執しており、きれい事では済まされないのです。

さて、話を戻します。私はコソボ作戦で統合作戦センターの責任者を務めました。最初の1週間半で、純粋な意味での軍事目標があっという間になくなりました。セルビアは発展途上で、ほとんど第三世界のような国でした。まだ発展途上の国だったんです。それで、会議を開くことになったんです。

「どうする?Hugoの工場を襲うか?ユーゴスラビア軍向けの車両を生産している工場があるじゃないか。よし、ヒューゴ工場を襲うんだドナウ川に架かる橋は?軍用に使われた橋は2つだけだ。しかし、ガニアン川には23の橋がある。ユーゴスラビア軍に使えるか?そうだ」そして、23の橋すべてを攻撃しました。

私が言いたいのは、戦争になると、最初は民間人だけのものだったものが、戦争が長引き、国民が動員され、より多くの人が巻き込まれるようになるということです。

戦争が長引けば長引くほど、国民が動員され、より多くの人が巻き込まれます。これは軍事利用の可能性があるのか?コソボの空爆では、それが行き過ぎたと思います。ロシアはまだそこまではしていないと思います。しかし、いったん主要な攻撃が始まれば、抵抗を示すものはすべて消滅すると思います。

アーロン・メイト 21:17

あなたが過去に提起したことですが、NATO軍がセルビアのテレビ局の本部を爆撃したとき、それは行われたのですか?それが軍事的な目標であるという考えで?それとも偶発的なものですか?あなたはNo.に関与していましたか?

ダグラス・マクレガー 21:36

当時の議論は、それがセルビアのプロパガンダに使われ、NATOと私たちの意図について虚偽と嘘を広めているというものでした。

アーロン・メイト 21:49

アメリカの路線と矛盾する情報を放送していたため、正当な軍事目標とみなされたのですね。

ダグラス・マクレガー 21:56

そうです、私たちに対する抵抗が強まるかもしれないからです。

アーロン・メイト 22:00

そのことを振り返ってみて、つまり、あなたはそのターゲットに関与していたのですか?今それを振り返ってみて?どのように感じていますか?

ダグラス・マクレガー 22:08

私は標的の一部ではありませんでしたが、標的の涙があることを思い出してください。彼らは主に空軍で、その使命に専心している人たちです。当初は、確か6つのレベルの「標的の涙」がありました。つまり、ターゲットが指名され、承認されるまでに、6段階の審査を受けなければならないのです。

問題だったのは、ごく初期の段階で、「もう標的を使い果たした、他に打つべき標的はない」と指名されてしまったことです。そのため、「もっとターゲットを見つけろ、さもなければこの空爆作戦は3週間後に終了する」という指示が出されました。

そうなると、潜在的に敵対的で危険な存在であると評価し始めるわけです。私が言いたいのは、私たちは非常に幅広く、一般的で、軍事力の行使に寛大で、今説明したように、後から振り返れば間違っていると思われるような方法で物事を評価する傾向があったということです。

さて、これは戦争犯罪なのでしょうか?ある男の戦争犯罪は、別の男の偉大な業績です。つまり、それほど明確なものではなく、いわゆるグレーゾーンの話です。しかし、私がこれまで見てきたところでは、やはり遠くからロシアを見ていると、彼らは何を攻撃するかについてずっと慎重で綿密なのです。

つまり、水道、エネルギー、燃料基地、ディーゼル、ガソリン、軍事用だけでなく、あらゆる種類の精製能力、生産能力などを破壊するのであれば、そうしなければなりません。

私たちはこれから毎日、ロシア軍を目にすることになるでしょう。そして、大規模な攻撃が行われるまで、毎晩のように、残っているものを少しずつ削っていくようなものです。

ウクライナ人を凍らせるのが今の関心事です。ヨーロッパ人、特にドイツ人を凍らせることが今の関心事です。私たちはそれを実現させました。そして、私たちがそれを引き起こしたのです。

ロシアが引き起こしたのではありません。私たちが引き起こしたのです。そしてロシアはこれが彼らの意図したものでないことを理解しています。白人はこの作戦の最初に戻って、特別軍事作戦、非常に限定的で、非常にターゲットを絞った、そしてそれは結果を出すように設計されていました。

それは起こりませんでした。根本的な前提が誤っていたのです。彼らは、私たちが何十億ドルもの軍備を持ち込むとは思ってもいませんでした。MARSなどの複合施設を運営するために、元または現役のイギリス人契約社員を民間人の服装で送り込むとは思ってもみなかったのでしょう。

時には、そのようなことの全容が分からないこともあります。NATOの職員が来て、作戦・戦略レベルでウクライナの職員に補給することを、彼らが予想していたとは思えません。NATO本部が離れたところから効果的に戦争を指揮することを期待していたとは思えません。

つまり、ロシアは大きな誤算を犯したのです。その誤算を修正しなければなりません。つまり、この戦争を終結させるためには、非情にならざるを得ないのです。そして、これらのことは、率直に言って、ミリー氏には分かっていることだと思います。そして、ミリーだけであるはずがありません。ですから、彼はそうしたんだと思います。彼は中に入り、真実を話し、そして戻ってきたものにとても満足しなかったのです。

アーロン・メイト 25:44

あなたが言ったことは、このロシアの戦争は、ウクライナ人を凍結させ、ヨーロッパ人を凍結させる必要がある、ということです。もしあなたがワシントンで戦争を止められる立場ならあなたがウクライナ人とヨーロッパ人の命を単に気にしないのでなければ、なぜその選択肢を追求しないのかわかりません。

ダグラス・マクレガー 26:02

アーロン、私はその部門で大きな懸念の証拠をあまり見たことがありません。なぜなら、もし私たちが本当にそれを心配していたなら、この戦争をここまでさせることはなかっただろうからです。前にも言ったように、あなたやあなたの同僚に、私はアメリカのどの大統領も、東ヨーロッパでロシアとの戦争に巻き込まれることを想像できませんでした。

第一に、その地域の真の利益は、戦闘を終わらせること、そして何が何でも解決策を支持することです。私はかなり早い時期と2月末に論説を書きました。中立の軍隊、インド、オーストリア、その他の軍隊を呼び寄せ、ロシア人とウクライナ人の間に立ち、停戦ラインを確立するための軍隊を作らせることを提案しました。

そして、話し合いで解決策を見出そうというわけです。しかし、誰もそのようなことには興味を示さなかったのです。ところが突然、現実主義的な意見がやっと1つ出てきました。他にも軍服姿の人がいるはずです。彼らは、これはもう止めるべき時だと言っています。しかし、私たちはそうすることができないと思います。

アーロン・メイト 27:14

ロシアはこの点で十分な努力をしたと思いますか?プーチンがドンバスに和平監視団を提案するという話をしたことがありました。しかし、私の目から見ると、これは間違っているかもしれませんが、彼らがこれを本当に大きな問題にしているのを見ませんでした。

国連安保理で、戦争を避けるためにはドンバスの人々を守る国際平和維持軍が必要です、さもなければ自分たちで行くしかありません、誰もやらないのですから、と言っているのを見たことがありません。

アメリカはウクライナに戻り、その砲弾はウクライナのロシア系民族のものですからね。ですから、国際平和維持軍が必要なんです。ロシアは武力行使を避けるために、できる限りの努力をしたと思いますか?

ダグラス・マクレガー 27:52

まあ、ドンバスの町や村に住んでいる多数のロシア人が、アゾフ連隊の隊員に絶滅させられる寸前だったところ、ロシア軍と戦車が到着して、町や村が焼かれて銃殺されるのを間一髪で救ったと語っていることは知っています。それは本当に危険だったわけです。

プーチンはおそらく、国連をあまり信用、信頼していなかったと思います。そして、その点については、おそらく彼の言うとおりだと思います。なぜなら、私たちには彼らの生活に影響を与える方法があるからです。私たちはドルベースの経済、金融、金融機関、IMF、世界銀行など、すべてを支配しています。

中央アフリカ、ラテンアメリカ、東南アジアのどこかで、アメリカに立ち向かって、「すみません。私たちはあなたに同意していない」

ロシア側の言い分ももっともだと思います。私たちは、このような状況ではロシアに共感するかもしれませんが、目立つことは私たちの利益になりません。ですから、私たちに投票するのです。ですから、自分にとってあまり助けになるものはないだろうという結論に達したのは間違いではなかったと思います。

彼の最大の問題は、今日のワシントンを支配しているものが何であるかを理解していなかったことです。この陰謀団は、ロシアとその政権を破壊するために、地獄か大水かを問わず決起しています。

第二に、彼はQIfで私たちが実際に行っていることの大きさを理解していなかったと思います。そしてウクライナ。

アーロン・メイト 29:39

そのコントロールは、あなたにとってどの程度広範なものだとお考えですか?

ダグラス・マクレガー 29:43

絶対です。絶対的なものです。もしアメリカ大統領が和平交渉の開始を望んだら、彼はゼレンスキーに色目を使って黙れと言うでしょう。今、スレスネスがレンスキーの周囲には過激な民族主義者がいて、彼を処刑するという説があります。

もし彼がそのようなことをするのであれば、私は知りませんし、肯定も否定もできません。しかし、もし彼がウクライナのことを気にかけているのなら、命を守るためにそのリスクを負う必要があるかもしれません。これまでのところ、私は彼がそうする意志があるという証拠を見たことがありません、もしあなたが

アーロン・マテ 30:19

フィオナ・ヒルの話ですが、米国当局が4月にウクライナとロシアの間に和平協定の概要があったことを確認したそうです。なぜそれが阻止されたのかは語られませんでした。しかし、プーチンは、ゼレンスキーに近い情報源に基づき、英国の首相であるボリス・ジョンソンがやってきて、ゼレンスキーに、もしロシアと平和協定を結ぶなら、西側はウクライナを支援しない、基本的に戦い続けるよう命じ、ゼレンスキーはこれに従ったと主張しており、実際にウクライナのメディアはこれを最初に報じました。

ダグラス・マクレガー 30:53

私たちは、ロンドンとワシントンは、ボリス・ジョンソンがそこに行き、最初にワシントンで議論されることなく起こったことではありません、と言ったこの事実の問題でカバで結合されていることを何か心に留めておく必要があります。ですから、彼らは一緒に乗り込んできたのでしょう。

そしてロンドンは、私たち以外に、ロシアとの戦争を最も強く主張している国です。特殊作戦部隊の活用、トレーナーの導入、ウクライナへの可能な限りの支援、イギリスでの何千人ものウクライナ軍の訓練など、そのようなことはすべて行われてきました。私は、ボリス・ジョンソンのように見るのではなく、ロンドンをワシントン軸の一部として、ワシントンのために行動していると見るべきだと考えています。

アーロン・メイト 31:45

ウクライナの危機の中で展開されている並行した問題、それは台湾についてお聞きしたいのですが。つい最近、ワシントン・ポスト紙に、「中国の脅威が高まる中、議会は台湾の迅速な武装化を模索」というタイトルの報道がありました。

この記事では、台湾への年間30億ドル規模の軍事支援が議会で承認されたということですが、これについてどう思われますか?

ダグラス・マクレガー 32:16

バイデンが世界に向けて、中国による差し迫った侵略の脅威はないと発表したとき、私はとても驚きました。その通りだと思いますし、証拠が全く見当たりません。なぜなら、安定と平和はビジネスにとって不可欠だからです。

中国は人類史上最大の建設ラッシュで、あの国のあちこちに第一世界のインフラを作り、戦争をしてそのインフラを大量に破壊して、アジアで非常に難しい立場になることは分かっています、アジア諸国は恐怖におののくことでしょう。

実際、一番簡単なのは、もし中国が台湾を攻撃したいのなら、その証拠がないのですが、待機することです。中国が攻撃を開始したらすぐに、翌朝、誰もが私たちの玄関口にやってくるでしょう。中国は競争相手だというのは嘘です。

中国は私たちが好まないことをします。しかし、私たちが中国と抱えている問題は、必ずしもシーナスの問題ではありません。フェンタニルが米国に入ってくるのが嫌なら、ポーランドから4万人の軍隊を呼び戻してメキシコとの国境に配置し、沿岸警備隊を南シナ海やペルシャ湾から追い出して、本来いるべきカリブ海や太平洋に配置すればいいのです。

フェンタニルは止められるが……完全に止めることはできません。それはわかっています。しかし、95%から98%は阻止できるのです。言い換えれば、私たちの問題である問題に対処することです。そして、それを実行することは可能です。

そういうことをするのは難しいことではありません。そして、それに対応するために、いくつかの法律を変えなければなりません。しかし、これは国家的な緊急事態であり、昨年は10万人のアメリカ人が亡くなりました。少なくともフェンタニルの一時停止によるその数は、国家的緊急事態のアーロンと呼ぶべきでしょう。そして、中国との戦争になると、それは愚かだ。

アーロン・メイト 34:19

まあ、ワシントンの両党には、それを望む人たちがいるようですが。

ダグラス・マクレガー 34:27

彼らは中国を身近に見たことがなく、中国軍やアジアについて何も知りません。彼らは世界のその部分を理解していないのです。そして、多くのナンセンスなことを聞かされています。この背景には、防衛産業やロビー団体だけでなく、多くの資金があることも忘れてはなりません。

実際、台湾にはここで活動するロビーがあり、彼らは他の外国のロビイストをモデルにして、わが国の政治プロセスに入り込んで影響を及ぼすことができるようにしています。繰り返しになりますが、これらは私たちの問題です。しかし、誰もそれに対処しようとはしません。

なぜなら、環状道路の内部では自己肥大が進み、何が本当で何が嘘なのか、何が真実で何が偽りなのかがわからないからです。何を言っても無駄です。アクセスや権力を買いたたく環状線内部の機械と競争しているのですから。もしあなたが丘の上で働いているなら、それに抵抗するのは非常に難しいことです。

アーロン・メイト 35:20

そういえば、今話しているように、下院の運命はまだ不明ですが、共和党が下院を支配することになりそうです。そうなった場合、ウクライナの代理戦争への資金提供に関して、何か方針転換があるとお考えでしょうか?

ダグラス・マクレガー 35:36

短期的には?いや、もう一度言いますが、今、あまりにも多くの人々がこの馬鹿げたアイデアに投資しています。そして、彼らは戻ってきて、アメリカ人に、これは非常に悪いものであるにもかかわらず、素晴らしいアイデアだと言っています。そして、アメリカ人は主に主流メディアを通じて誤情報とナンセンスの食事に接していることを忘れてはなりません。

ご覧になったことがあるかどうか分かりませんが、ある朝、ステュー・バーニーと一緒に出演していたんです。あれは事故だったんでしょう。誰かがマクレガーを連れてこいと言ったに違いません。彼は軍人です。彼は私がウクライナ人を助けるためにロシア人を呼ぼうと言うと思ったんでしょう。

そしてこの戦争が始まったとき、私はそこに参加しました。ゼレンスキーは英雄ではない、と言ったんです。そして、私はバンドの本当の起源と自然について話そうとしました。

私は彼が大統領になったとき、ウクライナ語を一言も話すことができなかったのです。彼の唯一の言語はロシア語でした。そして、彼はオリガルヒに拾われてその職に就きました。ですから、アルテシアの代わりにおっ、ロイ。まあ、ありがとうございます、一つの見方だと思います。私は2度と招待されてない率直に言って、アメリカ人は真実を聞いていません。

彼らが聞いているのは、ウォール街やメディア、ハリウッドなど、極めて潤沢な資金を持つ一部の人たちの話です。ビル・ゲイツなどです。彼らは皆、自分たちが持っているアジェンダの一部として、これに署名しています。しかし、それはアメリカ国民の利益にはなりません。

シアトルやカンザスシティの歩道に立って、「キャリアよ、NATOやアメリカのために、ロシアと戦いに行きたい人は何人いる?」と言ったとしましょう。あまり多くはないでしょう。多くの人は、NATOって何だろうと思うでしょう。そして、地下の国連は、ウクライナはどこだと言うでしょう。

放送をしなければなりません。そして、私は人々を責めるつもりはありません。私たちはアメリカ人であり、素晴らしい国であり、2つの巨大な海の間に住んでいます。私たちは自分たちだけの島なのです。それが見事に功を奏しているのです。もし私たちが常に戦争を起こすことをあきらめることができれば、人々を選別して罰する代わりに、すべての人とビジネスをすることで多くのお金を稼ぐことができるようになるはずです。

私たち自身の経済システムが悪化し 2008年よりもさらに深刻な金融危機に陥ることが明らかになるにつれ、短期的にはあまり変化が見られないと思います。その時、人々はこう言ったと思います。「ああ、ちょっと待ってくれ、そのボタンを押して、もう1兆ドルものお金を作り出す前に?これはどこに行くのか?なぜ私たちはこれを支持するのか?」という声が聞こえてくるかもしれません。

しかし、それはここの人々が傷ついているからです。彼らは傷ついているのです。しかし、傷はもっとひどくなるはずです。ひどくなればなるほど、彼らはもっと文句を言うようになり、人々はもっと耳を傾けるようになるはずです。

アーロン・メイト 38:29

ダグ、最後に何か一言お願いします。ウクライナでの紛争の結果として勃発する核戦争の脅威について、あなたはまだ懸念していますか?

ダグラス・マクレガー 38:39

私はそうは思いません。今のところ、核の正気を問う科学者たちの誰かが、私たちは20%、の確率で核紛争の可能性があると言っています。残念ながら、完全に排除することはできません。しかし、バイデンが中国に行ったときに、この問題が出てきて、習近平と心から同意し、核兵器の使用はあってはならないと言ったいくつかの言葉に、私はいくらか安心しました。

なぜなら、ロシアは絶対に核兵器を欲していないことを知っているからです。というか、なぜそうするのか?グアダラハラやメキシコ、北方領土で核兵器を使いたいと思うでしょうか?もしあなたがアリゾナやニューメキシコに住んでいたら?もちろん、そんなことはしません。

ロシアでは、核の放射性物質がロシアに降り注ぐことを誰も望んでいないので、ロシア人がこれをやりたい、あるいはやりそうだという考えは馬鹿げています。なぜなら、精密誘導ミサイルや軍需品、ロケット砲、大砲で好きなだけ損害を与えることができるからです。彼らは必要なものをすべて持っているのです。ですから、そうならないことを願います。そうでないと思います。しかし、私はそうでないことを望みます。

アーロン・メイト 39:45

ダグ・マクレガー元陸軍大佐元国防総省の上級顧問いつもありがとうございます。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました