ロバート・マローンワクチンワクチン メカニズム・耐性

mRNAワクチン技術の概要ビデオ Robert Malone
メカニズムの基礎とリスク、ワクチンの有効性に関する新しい研究

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Overview Video of mRNA Vaccine Technology:

ロバート・W・マローン医学博士、MS

rwmalonemd.substack.com/p/overview-video-of-mrna-vaccine-technology?s=r

この25分間のビデオは、mRNA COVID-19ワクチンの作用機序を詳細に説明し、既知のリスクについても強調している。この技術をより深く理解したい方、技術について再確認したい方、また細胞生物学や分子生物学を少し学びたい方にとって、これは素晴らしい入門書となる。さあ、リラックスして、科学の世界に足を踏み入れてほしい。

ピアレビューされた研究の分析

SARS-CoV-2 オミクロン Variant (BA.1) に対する中和抗体、BNT162b2 mRNA ワクチンの2回目と3回目の投与後1週間から18週間後。JAMA Netw Open. 2022;5(5):e2212073. doi:10.1001/jamanetworkopen.2022.12073

この論文の要旨は、まず、初期の臨床試験において、SARS-CoV-2中和抗体が初期のウイルス変種による感染や疾患に対する防御と相関していたことに触れているが、著者らは触れていない–この相関は、さまざまなオミクロン変異株では実証されていない。

ファイザー/バイオテックワクチンに焦点を当てた今回の研究の著者らは、モデルナが実施した研究において、ワクチン接種集団の中和抗体価の低下が観察されており、これはデンマークにおけるポリメラーゼ連鎖反応により確認されたオミクロン感染やイギリスにおける症候性オミクロン感染に対するワクチン効果の低下に相当することを指摘している。 この研究には奇妙な選択バイアスがあり、男性のみを対象とし、有効性や効果のエンドポイントに関するデータを取得したり分析したりはしていない。

この研究では、中和抗体価と感染・疾病予防との間に相関があることが実証されたと繰り返し主張しているが、この主張を裏付けるために、オミクロン以外の変異株の過去のデータに頼っている。

  • この研究では、BNT162b2の2回目と3回目の投与後、わずか数週間でオミクロン特異的血清中和抗体価の急速な低下が検出された
  • 65歳以上では、2回目の投与後、オミクロン特異的血清中和抗体価はほとんど認められなかった(図2,パネルB参照)
  • 65歳以上では、3回目の投与後8週目までにオミクロン特異的な血清中和抗体価はほとんど認められなくなった

これらの結果を明確に示した図2を見てほしい。

この結果は、BNT162b2の2回目、3回目の接種後のワクチンによる防御抗体反応は、高齢者(入院や死亡のリスクが最も高いコホート)では、非常に低く、一過性であることを明確に示している

この論文では、中和抗体が弱まっても、保存されたT細胞免疫と非中和抗体が入院や死亡に対する防御になる可能性に言及しているが、この研究ではT細胞免疫と非中和抗体を実際に測定したわけではない。

著者らは、「特に高齢者では、追加ブースター投与が必要かもしれない 」と結論付けている。 彼らの論理に従えば、上の表を見て、65歳以上の高齢者では3回目の投与後、4週目以降に防御範囲が急速に低下していることに気づくだろう。 この研究の著者は、本当に年間13回の接種が必要(52週/4週=13回)だと言いたいのだろうか?それとも、査読を通すために書いただけなのだろうか?

また、「有効な予防の相関関係」というのは、正確な規制用語であることも関係している。これは、使用されている特定の検査(SARS-CoV-2に対する中和抗体)および検査内容とその代用として開発されているもの(防御)の間の関連性の両方について、広範囲にわたる分析と特徴づけが行われたことを意味している。今回の研究の場合、そのどちらも行われていない。したがって、この研究が測定しているもの(中和抗体と称されるもの)と、その代用となるべきもの(防御)のエンドポイントに関する結論は、この研究からは導き出せないのである。言い換えれば、この論文は本質的に規制上の重要性を持たない予備的な研究であり、必要な厳密さをもって実施されていないのである。

これらのデータに基づくより公平な結論は、ファイザー/バイオNTech BNT162b2ワクチンは、現在流通しているウイルス株に対する中和抗体反応の耐久性が(非検証または「学術研究」レベルの試験を用いて)例外的に低いということだ 対照的に、複数の国からの新しいmRNAワクチンの有効性データは、これらのワクチンの用量依存的な負の有効性(言い換えれば、投与量が多ければ多いほど、重大なCOVID疾患または死亡のリスクが高くなる)を繰り返し実証している。 これらのデータを扱わなかったことは、再び、査読プロセスの失敗、著者の不合理なプロワクチン偏向、および米国医師会雑誌の編集者のプロワクチン偏向の両方を明確に示している。

客観的でデータを重視する医師や医学者がJournal of the American Medical Associationに対する以前の信頼をいつ取り戻すことができるのだろうか、それともJAMAは(実際上)単なる製薬業界の宣伝用業界誌であり続けるのだろうか

タイトルとURLをコピーしました