ロバート・マローン抵抗戦略・抵抗運動

誓約書「私たちは、強制された未来を拒否します。それは私たちの未来ではありません」

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

notourfuture.org/
誓約書へのサインのお願い

誓約書

 

私たちは、強制された未来を拒否します。それは私たちの未来ではありません。

歴史上初めて、世界中の政府が私たちの生活の質を低下させるような手段を講じました。COVID-19に対する強権的で破壊的な対応は、住民全体の閉鎖、注射とマスク着用の義務付け、表現の自由の積極的な弾圧を含み、来るべき事態の前触れとなり得ます。

このような自業自得の被害は、平均寿命、個人の自由、表現の自由を世界的に侵食している政治・経済権力の集中化に対する協調的な推進力を反映しています。このような意図的な後退は、新たな暗黒時代の始まりを告げるものです。

何世代にもわたって、人々は自分たちの能力を向上させ、より良い未来を次の世代に引き継ぐために闘ってきました。私たちが断固とした行動を取らない限り、これは終焉を迎え、私たちの子供や孫が暗い未来に直面することになるかもしれません。選挙で選ばれたわけでもなく、責任を負うこともない超国家機関の影響を受けた世界中の政府の政策が、私たちの未来にとって有害であることはますます明白になってきているのです。

現代の医療は時代とともに良くなっていると言われます。しかし、もしそれが本当なら、アメリカの学童の慢性疾患率が1986年の12%から現在の54%に上昇することはなかったはずです。明らかに、理由はどうあれ、現在の医療政策は子供時代の喜びを破壊し、子供たちの未来を不自由にしているのです。

この他にも、世界中の政府が権威主義的で暗い未来への足がかりを築こうとしている分野があります。

  • 無秩序な通貨印刷によるインフレの蔓延と持続不可能な債務
  • 平和のための交渉ではなく、戦争を支持する好戦的な姿勢
  • 戦争によって悪化した食料とエネルギー価格の不自由さ
  • ネットゼロ・エネルギー・クライシスによる脱産業化
  • オンラインプラットフォームや企業メディアと協力し、「公共の利益」のためにニュースや事実を検閲すること。
  • 言論の自由を抑制する法律の制定
  • アイデンティティ・ポリティクスによる社会の分断の助長
  • 科学と学問の政治化・腐敗
  • 生産性の高い農地の強制的な買い占めによる食糧不足の危機
  • 世界保健機関(WHO)に世界的なパンデミック管理政策を指示する権限を与えようとするもの。
  • デジタルIDとプログラム可能な中央銀行デジタル通貨(CBDC)は、人類をディストピア的なコントロールグリッド(事実上の刑務所)に閉じ込める可能性を秘めている。

これらの悲惨な行動はすべて、完全に回避可能でした。一方、現在私たちの生活に影響を与え始めている政策の多くは、国連アジェンダ21と30および持続可能な開発目標に基づいて政府が採用したものです。SDGsの目的は、ネットゼロへの競争と、ポストCOVID-19世界における「健康安全保障」の追求と非常によく一致しているように見えます。これらすべては、意味のある公開討論や民主的な監督なしに、自分たちの既得権益を追求するエリートたちによって進められているのです。

政府は人類に有害な政策を実施する一方で、人々や地球、平等、多様性、持続可能性、健康、幸福に配慮していると主張しています。もしそれが本当なら、私たちの子どもたちは40年前の先人たちよりも今日、より健康になっているはずです。政府はもはや信頼できないのです。

私たちは、私たちに押し付けられているこの暗い未来を拒否します。それは暗く、粗く、希望も人間性もないものです。それは私たちの未来ではないし、私たちが子どもたちに望むべき未来でもないことは確かです。

私たちは、子供たちの未来の責任ある管理者になることを誓います。私たちは、子供たちに私たちの生活よりも良い生活を与えることを誓います。したがって、私たちは、これらの破壊的な政策に断固として反対することを誓います。

以下(リンク先)の誓約書に署名をお願いします。

notourfuture.org/

コメント

タイトルとURLをコピーしました