Lex Fridman Podcast未来学・シンギュラリティー・人工知能物理学・宇宙

ミチオ・カク 人類の未来、宇宙人、宇宙旅行、物理学|Lex Fridman Podcast #45

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Michio Kaku: Future of Humans, Aliens, Space Travel & Physics | Lex Fridman Podcast #45

youtu.be/kD5yc1LQrpQ

Lex Fridman 0:00

以下は、Michio Kaku との会話です。理論物理学者であり、未来学者であり、ニューヨーク市立大学の教授でもあります。私たちの現実の本質と文明の未来を探求する魅力的な書籍を数多く執筆しています。「アインシュタインの宇宙』、『物理学あるいは心の不可能な機能』、『パラレルワールド』、そして最新作『人類の未来』などがある。火星のテラフォーミング、恒星間旅行、不老不死、地球外での我々の運命など、科学的な精神が恐れずに我々の理解の外にあるテーマを会話を通して探求することは、美しく、重要なことだと思います。それこそが、今日の人工知能の姿だと思います。人間の心の謎を解き明かし、人間レベル、超人間レベルのAIシステムを構築して、世界をより良い方向に変えていくために、私たちが手を伸ばさなければならない場所なのです。以上、人工知能のポッドキャストでした。Michio Kaku との対談では、今世紀中に宇宙人と接触するか、少なくとも彼らからのメッセージを聞くことができるかもしれないとおっしゃいました。その楽観的な見方の背景にある直感を詳しく説明していただけますか?

Michio Kaku 1:25

もちろん、これは純粋な憶測です。しかし、他の星の周りを回る太陽系外惑星がすでに4000個確認され、天の川銀河のセンサスが初めて得られたという事実を考えると、これはとても興味深いことです。また、天の川銀河のセンサスが初めて得られました。平均して、すべての星にはその周りを回る惑星があり、そのうち約1/5の星には地球サイズの惑星があることがわかっています。計算してみると、天の川銀河にある1,000億個の星の中には 地球サイズの惑星が何十億個も存在する可能性があるということになります。その可能性を考えると、自分たちだけだと信じるのは、かなり馬鹿げていると思います。ハッブル宇宙望遠鏡で観測できる範囲には、約1,000億個の銀河があると言われています。目に見える宇宙には何個の星があるでしょうか?1,000億個の銀河×1,000億個の星。人間の想像を超えた数の話になります。そして、私たちだけがそうであると考えることは、むしろ馬鹿げています。

Lex Fridman 2:38

あなたは、さまざまな種類のタイプ,01234,5について話しましたが、さまざまな種類の文明のカルダシェフ・スケールでさえ、何が必要だと思いますか?もし、私たちが宇宙で孤独だというのが本当に馬鹿げた考えだとしたら?まずはコミュニケーションを通じて手を差し伸べ、つながるためには何が必要だと思いますか?

Michio Kaku 3:02

そうですね、まず第一に、コンタクトを取ったとしても、異星人の生命体の洗練されたレベルを理解しなければなりません。今世紀中には、地球外文明からの信号を拾うことができるでしょう。「I Love Lucy」や「Leave it to Beaver」など、彼らが発する日常的な通信を拾うことができるでしょう。最初にやりたいことは、彼らの言語を解読することはもちろんですが、彼らがカルダシェフ・スケールでどの程度進んでいるかを把握することです。私は物理学者ですが、私たちはエネルギーと情報という2つのパラメータで物事をランク付けします。それがブラックホールのランク付けです。星をランク付けするのもそうです。宇宙空間にある文明も同じようにランク付けされます。第1種文明は、惑星のパワーを利用することができます。例えば、天気をコントロールしたり、地震や火山をコントロールしたり、地質学的な出来事の流れを変えたりすることができます。”フラッシュゴードン “や “バックロジャー “のようなものです。タイプ2は恒星です。スター・トレック」のように、惑星連邦が近くの星を植民地化するように、星全体のエネルギーを利用して遊びます。タイプ2は、スタートレックに似ていますね。タイプ3は銀河系で、銀河系のスペースレーンを歩き回ります。そしてタイプ3はスターウォーズのような、銀河系の文明になるでしょう。ある日、私がロンドンのプラネタリウムで講演をしていると、小さな男の子が近づいてきて、「教授、あなたは間違っています」と言いました。あなたは間違っています、このタイプ4は。私は、惑星も星も銀河もあるんだよ、と言ったのですが、彼はずっと粘っていました。 今回は、連続体の力のためにノーと言っているんだよ」と。そして私はしばらく考えました。スタートレックの連続体のエネルギー源は、銀河系外にあるのだろうかと。そして、答えはイエス、時間があるかもしれません。そしてそれがダークエネルギーです。現在、宇宙のエネルギーの73%は暗黒エネルギーで、暗黒物質は23%程度だということがわかっています。そして私たちは4%しか占めていません。変わり者ですね。そして、彼らがタイプ4である可能性があることに気付き始めたのです。

Lex Fridman 5:37

タイプ4は、宇宙全体に浸透しているダークエネルギーのようなものを利用できるので、エネルギー源として宇宙全体に接続できるということですね。

Michio Kaku 5:52

その通りです。ダークエネルギーは、ビッグバンのエネルギーです。銀河が押し離されるのは、無のエネルギーだからです。無が多ければ多いほど、反発する暗黒エネルギーも多くなります。それで、宇宙の加速が加速しているのです。何もない方が、より多くのものを手に入れることができるからです。そしてそれはもちろん、定義上、指数関数的なカーブを描いています。それをディセンション・エクスパンションと言います。それが現在の宇宙の状態なのです。

Lex Fridman 6:20

では、タイプ5はどうでしょうか?宇宙の外にエネルギー源を求めることができるかどうか、そしてどのようにしてそれを実現するか。

Michio Kaku 6:33

第5のタイプは、多元宇宙になります。

Lex Fridman 6:35

多元宇宙です。

Michio Kaku 6:36

私は量子物理学者ですが、私たち量子物理学者は、ビッグバンが一度起こったとは考えていません。それはハイゼンベルグの不確定性原理に反するからです。つまり、ビッグバンは常に複数回起こっている可能性があり、現在話している間にも宇宙が作られているのです。それがデータに合致するのです。インフレーション宇宙は量子論です。ですから、宇宙が常に創造されているという有限の確率があります。これは、私にとってはむしろ美学的に好ましいことです。というのも、私は長老派として育ちましたが、両親は仏教徒でした。宇宙については、2つの正反対の考え方があります。仏教では、涅槃だけがあり、始まりはなく、終わりもなく、時間のないものだけがあります。しかし、キリスト教では、神が「光あれ」と言った瞬間、つまり、創造の瞬間がある。つまり、創造の瞬間です。私はこの2つの矛盾した考えを持っていました。そして今、この2つを1つの理論にまとめることができることに気づいたのです。宇宙には始まりがあったのか、なかったのか、ですね。そうではありません。私たちの宇宙には始まりがあり、誰かが「光あれ」と言ったような出来事がありました。しかし、宇宙の泡風呂の中には、他の泡の宇宙があるのです。そして、それらの宇宙は、私たちの3次元の理解を超えた次元に広がっているということです。つまり、ハイパースペース、言い換えれば、11次元の超空間です。つまり、ニルヴァーナとは、ビッグバンが常に起こっている、この時空を超えた11次元のハイパースペースということになります。このように、創造に関する2つの相反する理論を組み合わせることができるのです。例えば、スティーブン・ホーキング博士は、彼の最後の著書の中で、これは神の存在に対する議論であると述べています。ホーキング博士は、「神は存在しない。なぜなら、神が宇宙を創造するための十分な時間がなかったからだ。ビッグバンは一瞬の出来事なので、神が宇宙を創造するための時間はなかったのです。でもね、多元宇宙論というのは、時間の前に時間があったということなんです。そして、複数の時間があり、それぞれのバブルはそれぞれの時間を持っています。つまり、私たちの宇宙の始まりの前に、実際に宇宙があった可能性があるということです。つまり、泡風呂を思い浮かべると、2つの泡が衝突したり、2つの泡が幻視して赤ちゃんの泡ができたりすることをビッグバンといいます。つまり、ビッグバンとは、宇宙の衝突や宇宙の出芽に他ならないのです。

Lex Fridman 9:23

それは、私たちの信じられないほど神秘的な存在の美しい絵ですね。それはあなたにとって謙虚なことですか?刺激的ですね。多元宇宙という考えは、どうやって頭の中で整理したらいいのかわかりません。

Michio Kaku 9:37

私は超ひも理論を生業としています。それが私の本業です。ニューヨーク市からお金をもらって、超ひも理論の研究をしています。そうですね。超ひも理論は多元宇宙論です。超ひも理論とは、簡単に言うと、私たちが自然界で目にするすべての粒子、電子、陽子、クォーク、何であれ、小さな小さなひもの上のミュージカルストリングのグッドバイブレーションだというものです。ご存知のように、原子爆弾の生みの親であるロバート・オッペンハイマーは、1950年代に外付けの粉砕機で作られる素粒子に不満を感じ、ある日、その年に新しい粒子を発見しなかった物理学者にノーベル物理学賞を与えるべきだと発表しました。さて、今日、私たちは、それらの粒子は、この小さな小さな振動する弦上の音符にすぎないと考えています。では、物理学とは何か? 物理学とは、振動する弦に書き込めるハーモニーのことです。化学とは何か? 化学とは、この弦の上で奏でられるメロディーです。宇宙とは何か?宇宙は、弦のシンフォニーです。そして、神の心とは何か?アルバート・アインシュタインが人生の最後の30年間に雄弁に語ったこと?神の心とは、11次元の超空間で共鳴する宇宙音楽のことです。

Lex Fridman 11:06

とても美しく表現されていますが、アインシュタインの神の心とは、どのようなものだと思いますか?このひも付きの宇宙から、私たちが解きほぐすことができる糸があると思いますか?なぜ我々はここにいるのか?その意味は何なのでしょうか?

Michio Kaku 11:23

ノーベル賞を受賞したスティーブン・ワインバーグは、「宇宙について学べば学ぶほど、宇宙は無意味だということがわかる」と言っていました。しかし、私にはわかりません。私は宇宙の偉大な秘密を理解しているわけではありません。しかし、物理学の巨人たちがこの疑問について語っていることを2つ紹介しておきましょう。アインシュタインは、2種類の神を信じていました。一つは聖書の神で、個人的な神、つまり祈りに答え、水の上を歩き、奇跡を起こし、ペリシテ人を打ち負かす神で、彼は個人的な神を信じていませんでした。彼はスピノザの神を信じていました。秩序、単純性、調和、美の神であり、宇宙は醜いものであったかもしれないし、乱雑でランダムなものであったかもしれませんが、豪華なものなのです。一枚の紙の上に、宇宙の既知の法則をすべて書き出すことができるのです。1枚の紙に、アインシュタインの方程式は1インチの長さですが、超ひも理論はもっと長いのです。それで標準モデルとなるわけです。しかし、これらの方程式を1枚の紙にまとめることができましたが、そのようにする必要はありませんでした。混乱していたかもしれない。そこでアインシュタインは、自分を少年のように考えた。この巨大な図書館に初めて入り、この図書館のシンプルさ、優雅さ、美しさに圧倒された。しかし、彼にできたのは、第1巻の最初のページを読むことだけだった。さて、その図書館とは、我々がまだ見つけていない様々な不思議な魔力を持つ宇宙のことである。そして、ガリレオはこのことを聞かれて、ガリレオは、科学の目的は、天の自我がどうなっているかを明らかにすることであり、彼らの宗教の目的は、どうすれば天国に行けるかを明らかにすることだと言った。つまり、科学とは自然法則のことなのです。そして、宗教は倫理についてのものであり、いかにして善人になるか、いかにして天国に行くかということです。この2つを分離している限り、私たちは素晴らしい状態にあります。問題となるのは、自然科学の人たちが倫理についてあれこれ言い始めたときです。また、宗教関係者が自然法則について語り始めたときです。そこに大きな問題があるのです。

道徳や倫理、何が正しくて何が間違っているかという私たちの考えは、物理学の超ひも理論の手の届かないところにあるものだと考えているのですね。

その通りです。何が正しくて何が間違っているかをリスに話しても、リスには参照枠がありません。宇宙から来たエイリアンは、もし私たちを訪ねてきたら、森の中でリスと話すように私たちと話そうとするでしょう。でも結局、リスに話しかけても、リスは私たちに返事をしないので、私たちは飽きてしまいます。宇宙から来たエイリアンも同じで、地球に降りてきて、ある程度は私たちに興味を持ちますが、しばらくすると、私たちには何もないので、飽きてしまいます。善悪の判断もそうです。リスの善悪の感覚と比べてどうでしょうか?もちろん、私たちは文明を維持し、生活を豊かにし、文明を可能にする倫理観を持っています。そして、それは良いことだと思います。しかし、それは法律で強制されたものではありません。物理学の話

Lex Fridman 15:01

もし宇宙人がコンタクトしてきたとしたら 宇宙人の話が長くなってしまいましたが、お許しください。彼らは私たちと仲良くするために友好的になる可能性が高いと思いますか、それとも私たちを破壊する可能性が高いと思いますか?

Michio Kaku 15:18

ほとんどの場合、私たちを無視していると思います。もしあなたが森の中の鹿だったら、誰を一番恐れますか?巨大な16ゲージのショットガンを持ったハンターを恐れますか?それとも、メガネをかけたブリーフケースを持った男でしょうか?ブリーフケースを持った男は、あなたの生活を破壊して森全体を破壊しようとしている開発者の可能性があります。ですが、本能的にハンターを恐れるのかもしれません。しかし実際には、森の中の鹿の問題は、鹿が開発者を恐れるべきだということなのです。つまり、HGウェルズの『戦争、世界の』では、宇宙人は我々を嫌っていなかったのです。彼はその本を読んで、宇宙人は彼に悪意を持っていなかった、ホモサピエンスだ。いいえ、私たちは邪魔者でした。ですから、宇宙人の文明は、SF小説とは全く異なる見方をしている可能性があることを認識しなければならないと思います。しかし、私は個人的に信じていますし、何の証明もできません。個人的には、彼らはおそらく平和的になるだろうと思っています。なぜなら、彼らは私たちの世界から何も欲しいものがないからです。つまり、彼らは何を奪おうとしているのか?金のために何を奪おうとしているのか?いや、金はほとんどの場合、役に立たない金属です。銀色、つまりゴールドの金色だ。しかし、それはホモサピエンスにしか影響しません。リスは金に興味がありません。だから、金はどちらかというと役に立たない元素なんです。 レアアースかな プラチナベースの元素 レアアースを電子機器に使う?うん、そうかもね。しかし、それ以外には何もありません。つまり、ちょっと考えてみてください。人々はシェークスピアを愛し、芸術や詩を愛しますが、地球の外では 彼らは何も意味しない。絶対に何もない。私が超ひも理論の方程式を書くとき、銀河系の反対側に、まったく同じ方程式を別の記法で書いている宇宙人がいることを期待します。しかし、銀河系の反対側にいるその宇宙人にとっては、シェークスピアも詩もヘミングウェイも、何の意味もありません。

Lex Fridman 17:35

地球外生命体のいない存在について考えるとき、彼らは自然に、私たちが「彼の人生」と認識できるようなものになると思いますか?それとも、根本的に違うものになるのでしょうか?

Michio Kaku 17:50

さて、私たちはどのようにして知的になったのでしょうか?基本的には、3つのことが私たちを知的にしました。ひとつは視力です。私たちはハンターの目のような立体的な視力を持っています。捕食者と獲物ではどちらが賢いか。捕食者は獲物よりも賢く、ライオンやトラのように顔の正面に目があるのに対し、ウサギは顔の横に目があります。なぜかというと、ハンターはターゲットに照準を合わせなければならないからです。待ち伏せ、カモフラージュ、忍び寄る、ステルス、ごまかし、これらは多くの知性を必要としますが、ウサギはただ走るだけです。これが第一の基準で、ステレオタイプの視力です。

2つ目は親指です。対称性のある親指は、爪や技術的なものかもしれません。手と目のコーディネーションです。目の調整とは、環境を操作する方法です。

そして3つ目は言語です。ママ熊は子熊に人間のハンターを避けなさいとは言いませんよね。熊は自分で学習したんだ。世代から世代へと情報を伝えることはありません。この3つが知能の基本的な要素です。ある種の側面、反対側の親指や触手、ある種の爪、そして言語です。

さて、簡単な質問をしてみましょう。この3つを備えた動物はどれくらいいるでしょうか?私たちだけ?私たちだけです。つまり、霊長類は言葉を持っています そう、彼らは20語くらいまでしか話せないかもしれません。しかし、赤ちゃんは1日に1語、1日に数語を学び、一般的な大人は約5000語を知っています。ゴリラに教えることができる言葉の数は、母国語を含めて20歳くらいが限界でしょう。このように、知能の違いが見られます。私たちが宇宙から来た異星人に会うとき、彼らは肉食動物の子孫である可能性が高いでしょう。何らかの方法で環境を操作し、その知識を次の世代に伝えようとしているはずです。皆さん、それだけです。

Lex Fridman 20:09

では、機能的には、私たちが認識できるような似たようなものがあるのでしょうか?

Michio Kaku 20:15

そうとは限りません。なぜなら、ホモサピエンスであっても、おそらく最終的には、一部がサイバネティックになったり、遺伝子が強化されたりするだろうと思うからです。すでに、ロボットはどんどん賢くなっています。現在、ロボットはゴキブリ程度の知能しかありません。しかし、今後数年で、ロボットはネズミのように賢くなり、ウサギのようにもなり、運が良ければ、猫や犬のようにもなるでしょう。そして今世紀末には、誰にもわからないが、ロボットはおそらく猿と同じくらい賢くなっているだろう。さて、その時点で、もちろん、彼らは危険な存在になる可能性があります。猿は自己認識をしていますからね。彼らは自分たちが猿であることを知っていますし、我々とは異なる目的を持っているかもしれません。一方、犬はというと、犬は混乱していて、人間を犬だと思っていて、自分がトップの犬だと思っています。彼らは劣等生なのです。だからこそ、泣き叫んだり、私たちの後をついてきたり、いつも私たちを舐めているのです。トップの犬に対して、猿は全く幻想を持っていません。私たちは猿ではないことを知っています。だから、将来的には、ロボットが殺人的な思考をしたときには、脳にチップを入れてシャットアウトしなければならないと思います。しかし、それは100年後の話です。200年後には、ロボットが賢くなって、脳内のフェイルセーフ・チップを取り外すでしょう。その時は気をつけてください。私は、ロボットと競争するのではなく、ロボットと融合すべきだと思います。私たちはサイバネティックの一部になるべきです。だから、宇宙から来た異星人に会ったとき、彼らは遺伝的にも、サイバネティックにもなっているかもしれないと思うんです。強化された、遺伝子的にもサイバネティックにも強化された。ワオ。そう

Lex Fridman 22:08

近い将来、そして200年後の話をしましょう。あなたの考えでは、近い将来に有望なのはブレイン・マシン・インターフェイス、つまりコンピュータが脳と直接会話できるようになることですか?イーロン・マスクはニューラルリンクでその研究に取り組んでいます。また、他の企業もこのアイデアに取り組んでいます。そこに将来性を感じますか?また、近い将来に影響を与える可能性はあるのでしょうか?

Michio Kaku 22:32

どんなテクノロジーにもプラス面とマイナス面があります。私は『The future of the mind』という本を書いています。マウスの簡単な記憶を記録し、その記憶をインターネットで送信することができます。最終的には、ウェイクフォレスト大学とロサンゼルスで霊長類を使ってこれを行う予定です。そしてその後、アルツハイマー病患者用のメモリーチップを開発する予定です。アルツハイマー病の患者さんでテストします。なぜなら、アルツハイマー病の患者さんは記憶を失うと、もちろん徘徊します。そして、チップを持ち、ボタンを押すと、記憶が海馬に押し寄せ、チップが自分の住んでいる場所や自分が誰なのかを教えてくれるのです。このように、メモリーチップは間違いなく登場するでしょう。そして、これはいずれ人類の文明に影響を与えると思います。インターネットの未来とは?インターネットの未来は、脳です。脳とは、インターネット上で感情や気持ち、感覚を送るときの私たちのことで、この方法で他の人間とテレパシーで交信するようになるでしょう。これはすべてに影響を与えるでしょう。エンターテイメントを見てみましょう。サイレント映画を思い出してください。無声映画の時代には、チャーリー・チャップリンがとても有名でした。しかし、トーキー映画が登場すると、誰もチャップリンを見ようとしなくなりました。こうして、一世代分の俳優が職を失い、新たな俳優たちが登場することになったのです。次は、映画がレイ・ネットに取って代わられることになるでしょう。なぜなら、将来的には、誰が映像の入ったスクリーンを見たいのかと言われるでしょう。それは映画と呼ばれる映像を鳴らすこと?そう、我々のエンターテイメント産業だ。この数十億ドル規模の産業は、動く映像と音のスクリーンで成り立っています。しかし、感情、気持ち、感覚、記憶がインターネット上で伝えられるようになったらどうなるでしょうか。それはすべてを変えるでしょう。人間関係が変わるでしょう。なぜなら、他の人々の苦しみを共感し、感じることができるようになり、テレパシーでコミュニケーションができるようになるからです。そして、これはもうすぐです。

Lex Fridman 24:56

あなたは次のように述べています。脳については、将来、心はとても興味深い概念になると述べています。エンターテインメントの話をしたと思いますか?しかし、それは私たちの個人的な関係にどのような影響を与えるでしょうか?

Michio Kaku 25:07

うまくいけば、人間関係を深めることができるでしょう。人類の歴史のほとんど、つまり人類の歴史の90%以上において、私たちは20~100人程度しか知り合いがいなかったのですから。そう、それだけなんです、皆さん。それがあなたの部族でした。それがあなたの部族であり、宇宙であなたが知っている人は、たぶん50人か100人だけだったのです。町ができると、もちろん数千人にまで広がりました。電話の登場で、突然、電話で何千人もの人と連絡が取れるようになりました。そして今、インターネットを使えば、地球上の全人口にリーチできるのです。

Lex Fridman 25:45

これは普通の流れだと思います。そして、そのような世界の他の地域とのつながりに加えて、テレパシーやモーションなどを共有できる感覚が加わることで、同胞とのつながりがさらに深まると考えているのですね?はい、そうです。実際に。

Michio Kaku 26:03

この質問に関しては、多くの科学者と意見が異なります。多くの科学者は、テクノロジーは中立的なものであり、両刃の剣であり、一本の剣であり、片方の剣は人に斬りつけることができ、もう片方の剣は無知や病気に斬りつけることができると言うでしょう。私はそうは思いません。テクノロジーには道徳的な方向性があると思うのです。インターネットを見てください。インターネットは知識や認識を広めます。そして、それがエンパワーメントを生むのです。人々は知識に基づいて行動し、そのような生き方をする必要はないと気付き始めます。独裁者の下で苦しむ必要はない、自由の下で生きる方法は他にもある、と気付き始めたら、人々は行動を起こし、権力を握るようになり、それが民主主義を広め、民主主義国は他の民主主義国と戦争をしなくなるのです。私は科学者なので、データを信じています。だから、紙を用意して、すべての戦争を書き出してみよう。小学生の頃から習っていたと思いますが、すべての戦争、何百もの王、グリーンの皇帝、独裁者、これらすべての戦争は王、女王、皇帝、独裁者の間で行われ、2つの主要な民主主義国の間で行われたことはありません。ですから、このテクノロジーが普及すると、そしてそれはブレインネットの登場によって加速すると思いますが、それはつまり、戦争はまだあるだろうが、もちろん他の手段による政治もあるだろう、ということです。しかし、戦争の激しさや頻度は減るでしょう。

Lex Fridman 27:35

AIなどのテクノロジーによる長期的な生存リスクの心配はしていますか?つまり、戦争が遠い記憶となった未来の素晴らしいビジョンだと思います。しかし、今は別のエージェントがいて、そこには、害のあるAIシステムを作ることができる紛争を起こすことができる誰かがいるのです。AIシステムのことを心配することはありますか?

Michio Kaku 28:03

そうですね、それは実存的なリスクです。しかし、私が思うに、実存的なリスクは今世紀のものではありません。ロボットが徐々に犬や猫、そして最後には猿の知能に近づいていく中で、私たちの孫がこの問題に直面することになると思います。しかし、私たち自身もデジタル化すると思います。テクノロジーとの融合だけでなく、人格、記憶、感情もデジタル化されていくでしょう。中世には二元論というものがありました。肉体が死ぬと、魂は天国それが二元論です。それが20世紀になって、神経科学が登場して、「ばかばかしい。脳を見ると必ずニューロンと書いてあります。沢山のニューロンが発火しているのです。今、私たちは二元論に戻っています。今、私たちは人間の記憶、感情、感覚をデジタル化し、自分自身のデジタルコピーを作ることができることに気づきました。それが「コネクトーム・プロジェクト」です。現在、数十億ドルを投じて行われているのは、体の遺伝子の配列を調べるゲノムプロジェクトだけではなく、人間の脳の全接続をマッピングするコネクトームプロジェクトです。そして、それ以前にも、すでに今日、この瞬間にも、親族をデジタル化してくれるシリコンバレーの企業に連絡を取ることができます。なぜなら、親と話をしたい人もいるからです。親との間には未解決の問題があります。いつの日か、そう、企業が親族をデジタル化し、合理的な複製で親族と話ができるようになるでしょう。私たちは生きているだけでデジタルな痕跡を残します。私たちの祖先は、教会の本に1行、たった1行が残っていればラッキーだったのです。それだけです。それが彼らのデジタル記憶のすべてでした。つまり、彼らのデジタルな存在全体が、たった数文字のアルファベットで人生全体を要約していたのです。今、私たちはあらゆるものをデジタル化しています。くしゃみをするたびに、それをデジタル化してインターネットにアップしています。だから、私たちは自分自身をデジタル化して、デジタル不死を手に入れようとしているのだと思います。生物学的な遺伝子の不死だけでなく、デジタルの不死もあるわけですが、それをどうするのか?私はそれを宇宙に送るべきだと思います。人間の脳をデジタル化して、それをレーザービームに乗せて月に撃ち込めば、1秒で月に到着します。火星に飛ばせば、20分で火星に到着し、冥王星に飛ばせば、8時間で冥王星に到着します。ちょっと考えてみてください。ニューヨークで朝食をとることができます。そして、月で朝のおやつタイム。そして、昼には火星に向かって走り出し、午後には小惑星帯に向かう。そして、夜にはニューヨークで夕食をとって戻ってくる。すべては光の速さでの一日の仕事である。つまり、ブースターロケットも無重力問題も必要ありません。隕石や月の上のことを心配する必要もありません。月には、レーザービームの情報をするメインフレームがあります。その情報をどこでアバターにするのか?そして、そのアバターはどんな形をしているのか?あなたが望むものは何でも?ちょっと考えてみてください。あなたは月や火星でスーパーマンやスーパーウーマンになれるかもしれません。光の速さで宇宙を旅して、自分の個性を好きな乗り物にするのです。さて、ここで私の首を絞めることになります。これまで私が言ってきたことは、すべて物理学の法則の範囲内にあります。さて、物理法則の外に出てみましょう。そして、ここからが本番です。これはすでに存在していると思います。地球の外には、スーパーハイウェイがあるかもしれません。何十億もの魂を持ったエイリアンが銀河を横断してザッピングしている、レーザーレポートのレーザーハイウェイがあるかもしれません。さて、ここで質問です。私たちは、そのようなものが存在するかどうかを判断できるほど賢いでしょうか?いや、これは地球という惑星の軌道のすぐ外に存在する可能性がある。そして、それを証明することも反証することもできないほど、私たちの技術は愚かなのです。

Lex Fridman 32:38

このレーザースーパーハイウェイにいる宇宙人に助けてもらわなければなりません。人間が解釈できる信号を送ってくれるだけでいいのです。つまり、最終的にはコミュニケーションの言語に帰結するということです。しかしそれは、実際に空が満たされているというエキサイティングな可能性です。

Michio Kaku 32:58

宇宙人で埋め尽くされた空が、すでにここにあるかもしれないというエキサイティングな可能性です。そして、私たちはあまりにも愚かなためにそれに気づかないだけなのです。いいですか、エイリアンは緑の小人がいるような形である必要はありません。彼らはどんな形でも良いし、彼らの創造物のアバターでも良いのです。それどころか、我々と同じような存在になる可能性もある。その通りです。彼は決して

Lex Fridman 33:18

私たちの誰かがエイリアンになるかもしれません。

Michio Kaku 33:21

動物園では、動物の真似をする飼育員がいることをご存知でしょうか。偽の動物を作り、動物がその偽の動物を恐れないように入れます。そしてもちろん、これらの動物の脳は、脳はクルミくらいの大きさです。彼らはこのダミーをあたかも本物のように受け入れます。だから、宇宙にいる異星人の文明は、「そうか、人間の脳はとても小さいんだな。私たちは彼らの世界にアバターとしてダミーを置くことができますが、彼らはそれに気づかないでしょう。

Lex Fridman 33:51

宇宙人の視点から見ると、それはとても面白いことでしょうね。人間のデジタル化に加えて、生物学的にも、いつの日かテクノロジーによって個々の人間が不老不死になるとお考えですか? 単に人間の本質をデジタル化する能力だけでなく?

Michio Kaku 34:11

そうですね、人工知能が遺伝子不死の鍵を与えてくれると思います。今後数十年のうちに、誰もが自分の遺伝子配列を知ることができるようになります。老人のゲノムが何十億も、若者のゲノムが何十億も手に入るでしょう。それをどうするのか?それをパターン認識機能を持つAIマシンに通して、エイジジーンズを探すのです。つまり、若さの泉、あの皇帝が今までに挙げた王様や女王様が若さの泉を人工知能で見つけるのです。人工知能は、この年齢遺伝子がどこにあるのかを特定します。まず、老化とは何か。老化とは何かがわかりました。老化とは、エラーの蓄積である。以上 老化とは、遺伝子のエラーの蓄積である。つまり、細胞はやがてオリエントの老化に向かって鈍くなり、死んでいくのです。実は、それが人が死ぬ理由なのです。ゲノムのミスが細胞の活動に蓄積されていくことで、人は死ぬのです。でもね、将来的にはCRISPRのような技術で遺伝子を修正して、永遠に生きることができるようになるかもしれません。そこで質問します。私たちは今、車の中で老化しているところです。車を与えてください。老化はどこで起こりますか?うわー、明らかにエンジンですよね?そこにはたくさんの可動部品がありますからね。燃焼が行われているのもそこですね。では、細胞の中ではどうでしょう?ミトコンドリアです。私たちは、老化が起こる場所を知っています。もし、細胞のミトコンドリアに蓄積された多くの過ちを治すことができれば、私たちは不老不死になれるかもしれません。

Lex Fridman 35:59

お聞きしたいのですが、もしあなた自身が不老不死になれるとしたら、そうしますか?

Michio Kaku 36:06

デモしますか?いや、しばらく考えてみます。というのも、もちろん、不死になる方法にもよりますが。有名な破傷風の神話がありますよね。オーロラは夜明けの女神で、テタヌスという人間と恋に落ちました。オーロラはゼウスに不老不死の贈り物を恋人に与えてくれるよう懇願しました。ゼウスはオーロラを哀れに思い、ピシネスを不死身にしました。しかし、オーロラは間違いを犯しました。大きな間違いです。彼女は不老不死を求めましたが しかし、彼女は永遠の若さを求めることを忘れてしまったのです。 サポートのめまいは、年々老いていき、骨の袋のようになってしまいましたが、決して死ぬことはありませんでした。Never Die quality of lifeは重要です。だから、不老不死の若さがあれば、死生観は素晴らしいアイデアだと思います。さて、私は個人的に信じていますが、これを証明することはできません。しかし、私は個人的に、私たちの孫は30歳に達するという選択肢があるのではないかと思っています。そして、30歳という年齢を気に入ってくれるかもしれません。知恵があり、年齢と成熟の恩恵をすべて受け、なおかつ永遠に生きることができるからです。健康な体でね。私たちの子孫は、何世紀にもわたって30歳でいることを好むかもしれません。

Lex Fridman 37:43

人間の存在には、死すべき存在だからこそ意味のある側面があるのでしょうか?

Michio Kaku 37:49

目を覚ましている間は、このように考えることはありません。しかし、目を覚ましている間中、実は私たちは自分の死や死期を意識しています。大学に行くと、もうすぐ中年になってキャリアを積む時期であることに気づきます。そして、その後は退職して、死ぬことになるのです。ですから、若者であっても、子供であっても、何も考えずに、自分の死を意識しているのです。なぜなら、自分の寿命に限界があると書いてあるからです。高校を卒業しなければならない。大学を卒業しなければなりません。なぜかって?だって、死ぬんだもん。なぜなら、高校を卒業しない限り、あるいは大学のグレッグがいない限り、老後を迎えても、引退して死ぬだけのお金を手に入れることはできないからです。人々は無意識のうちにそのことを考えています。なぜなら、それはあなたの存在のあらゆる側面に影響を与えるからです。あなたが高校や大学に行き、結婚し、子供を持つという事実は、あなたの許可がなくても、時計が時を刻んでいるのです。

Lex Fridman 38:56

危機感を持ちます。あなたは自分でやっていますか?つまり、あなたが物理学について語るときや、私たちが未来のテクノロジーについて語るときには、とても興奮と情熱があります。あなた自身は、自分の死について瞑想していますか?時を刻む時計について考えていますか?

Michio Kaku 39:14

なぜなら、もしそれが自分の行動に影響を与え始めたら、自分がいつ死ぬかという予想に合わせて行動を変えるようになってしまうからです。では、若さについて話しましょう。そして次に、死について話しましょう。そうですね。ラジオで科学者にインタビューするとき、私はよく「何が違うんですか?あなたは何歳でしたか?何があなたの人生を変えたのですか?と聞くと、いつも大体同じようなことを言うんですね。いや、彼らはノーベル賞受賞者や主要研究所の所長など、非常に著名な科学者たちです。彼らはいつも、「10歳のとき」「10歳のとき」と言うのです。何かが起こった。それは、プラネタリウムに行ったことであり、ノーベル賞を受賞したギブン・ワインバーグを見るための望遠鏡であり、ハインツのベーグルのための化学キットだった。アルバート・アインシュタインのための惑星についての本だったり、コンパスだったり、何かが起こって、それが彼らに実存的なショックを与えたのです。10歳までは、すべてがママとパパ、ママとパパ、それが自分の宇宙、ママとパパだと思っていたのですが、10歳を過ぎたあたりから、ママとパパの先には何があるのだろうと考え始めます。その時、あなたは啓示を受けるのです「ああ、宇宙があるんだ」と気づいたときです。その感覚は、生涯にわたってあなたの心に残るでしょう。宇宙を眺めていたときのあの衝撃は、今でも忘れられません。そして、科学史上最大の破壊者にぶつかってしまった。科学者の最大の破壊者は中学生です。中学生になったら、皆さん、もう終わりです。全てが終わります。なぜなら、中学生の人たちは、おい、バカ、つまり、お前はそんなオタク的なものが好きなのか、と言うからです。そして、友達からは敬遠される。突然、君たちは変人だと思われてしまう。そして、科学者はつまらなくなった。ノーベル賞受賞者のリチャード・ファインマンが子供の頃、父親が彼を森に連れて行ったそうです。父親は鳥のことを何でも教えてくれました。なぜ鳥はあのような形をしているのか、羽や色、くちばしの形など、鳥に関するすべてのことを教えてくれました。ある日、いじめっ子が将来のノーベル賞受賞者に近づいてきて、「おい、ディック、あの鳥の名前は何だ?」彼は知りませんでした。彼はその鳥の名前以外はすべて知っていました。だから彼は「知らない」と言った。すると、いじめっ子が「どうしたんだ?お前はバカか?」そして、その瞬間、彼は理解したのです。彼は理解したのです。ほとんどの人にとって、科学とは鳥に名前をつけることだと気づいたのです。それが科学の仕事です。無名のものにたくさんの名前をつけるのは ねえ、みんなあなたのことを頭がいいと言っているわ。あなたは頭がいい、あなたは恐竜の名前をすべて知っている、あなたは計画の名前をすべて知っている?いいえ、それは全く科学ではありません。科学とは、原理、概念、物理的な絵のことです。それが科学なのです。私が好きなアインシュタインの言葉に、「子供に理論を説明できなければ、その理論はおそらく価値がない」というものがあります。つまり、すべてのグレーな理論は大きな言葉ではないということです。相対性理論は、時計、メートル、棒、ロケット、機関車のすべてです。ニュートンの重力の法則は、ボールや回転する車輪などについてのものです。物理学や科学というのは、暗記するものではなく、そういうものなのです。それが一生残るんですよ。だから、年を取っても、科学者たちは、腰を下ろしたときに、あの興奮を、最初の望遠鏡で感じた興奮を、今でも覚えているのです。それが彼らを前進させるのです。

Michio Kaku 43:42

ところで、私が8歳のとき、私にも何かが起こったことを指摘しておきましょう。私が8歳のとき、ある偉大な科学者が亡くなったことが全紙に掲載されました。そして、彼の机の写真を一面に掲載したのです。それも、新聞の一面に彼の机の写真が載っているだけの簡単なものだ。その机には本が置いてあり、それが開かれていて、キャプションには多かれ少なかれこう書かれていました。「これは、現代の最も偉大な科学者の未完の原稿である」と。それで私は、どうして完成させられなかったのかと考えました。何がそんなに難しいんだ?完成させられないことが?もしあなたが偉大な科学者だったら?これは宿題のようなものですよね。家に帰って解いたり、お母さんに聞いたりして、なぜ解けなかったのかを考えます。私にとって、これは殺人ミステリーでした。これは、どんな冒険物語よりも素晴らしいものでした。現代の偉大な科学者たちがなぜ何かを完成させることができなかったのかを知りたかったのです。そして何年もかけて、その科学者にはアルバート・アインシュタインという名前があり、その本は「万物の理論」であることを知りました。未完成だったのです。今では、その本を読むことができます。そして、彼が自分の道を見失っていることに気づき始めました。3回目の挑戦で、1回目の挑戦で。彼は時計や稲妻やメータースティックの話をしました。そして、特殊相対性理論を教えてくれました。それが原爆をもたらしたのです。小学校2年生の時の絵は重力で、ボールが曲面上を転がるものでした。そして、ビッグバン、宇宙の創造ブラックホールを与えてくれました。そして、3回目の挑戦。彼はそれを逃してしまった。彼には指針となる絵がまったくなかったのだ。実際、私が持っている引用文によると、彼は「私はまだ探している、私はまだその絵を探している」と言っています。彼はそれを見つけられなかった。現在では、その絵が超ひも理論だと考えられています。

Lex Fridman 45:49

超ひも理論は、私が好きで署名したこの神秘的なもの、つまり量子力学で重力を統一することができます。そのため、私はこの理論を理解することができませんでした。

Michio Kaku 45:59

その通りです。母なる自然には、左手と右手の2つの手があります。左手は小さなものの理論で、右手は大きなものの理論です。左手は小の理論、右手は大の理論です。小の理論とは、量子論、つまり原子とクォークの理論です。大の理論とは相対性理論であり、ブラックホールやビッグバンの理論である。問題は、左手は右手と話をしないことです。彼らはお互いに嫌っています。左手は離散的な粒子に基づいており、右手は流動的で滑らかな表面に基づいています。この2つのものをどうやって1つの理論にまとめるかというと、お互いに嫌っているのです。現代の最も偉大な頭脳の持ち主たちは、この問題に取り組んで失敗しました。今日、これまでのあらゆる挑戦を乗り越えた唯一の理論は、超ひも理論です。だからといって、超ひも理論が正しいとは限りません。間違っている可能性も十分にあります。しかし、今が唯一のゲームなのです。何人かの人が私のところに来て、「教授、私は超ひも理論を信じていません。代わりになるものを教えてください」と言います。私は彼らに、「何もありません。それに慣れてください。

Lex Fridman 47:07

私たちが手に入れた最高の理論ですよ。

Michio Kaku 47:09

私たちが持っている唯一の理論です。

Lex Fridman 47:10

あなたが持っている唯一の理論です。弦は、原子や粒子、奇抜なものと同じように、宇宙観を刺激するものです。しかし、特に弦は、宇宙をある種のコンピュータのような情報処理システムとして捉えることを促します。あなたはこのように宇宙を見ていますか?

Michio Kaku 47:33

いいえ、実際には、宇宙全体がある種のコンピュータであると考える人もいます。そうです。そのため、すべてがシミュレーションであると考えるのですね。そうです。私はそうは思いません。誰かが再生ボタンを押しただけで、私たちはスクリーンの上で踊る人形にすぎないようなスーパービデオゲームがあるとは思えません。ここではシミュレーションの話をしていますが、違うと思いますか?ニュートン力学でさえ、天気は、単純な天気であっても、何兆も何兆もの原子で構成された複雑なものであり、有限の時間ではシミュレーションできないと言っています。言い換えれば、天気を記述したり、天気をシミュレートしたりできる最小の物体は、天気そのものなのです。人間をシミュレートできる最小の物体は、人間そのものです。そして、量子力学があったとしたら、それはほとんど不可能になる。従来のコンピュータでシミュレーションした場合、量子力学ではあらゆる可能な宇宙、平行宇宙、多元宇宙を扱うため、計算が暴走してしまうのです。ここまで来ると、宇宙がシミュレーションであると主張する方法は1つしかありません。これについては、量子物理学者の間でまだ議論が続いています。百科事典をブラックホールに放り込んでも、情報は失われないことがわかった。最終的には、ブラックホールの表面に現れます。さて、ブラックホールの表面は有限です。実際、ブラックホールに保存できる情報の最大量は有限であることが計算できます。信じられないかもしれませんが、これは計算可能な数字なのです。さて、もしブラックホールから私のための宇宙が、それぞれの宇宙で考えられる最大の宇宙であるならば、それぞれのブラックホールは有限の情報量を持っていることになります。したがって、エルゴデータ、エルゴ、宇宙の情報の総量は有限である。これは気が遠くなるような話です。これは、すべての可能性のある宇宙が数えられるということが、私には信じられないことです。 そして、すべての可能な宇宙は、一枚の紙に書くことができる数に要約することができます。すべての可能な宇宙、それは有限の数であり、今は巨大です。プランク長と呼ばれる長さに基づいた、人間の想像を超えた数ですが、これは数です。もしコンピュータがその数をシミュレートすることができれば、それは宇宙がシミュレーションであることを意味します。つまり理論的には、情報量が有限であるがゆえに

Lex Fridman 50:14

情報量が有限であるため、理論的にはコンピュータが存在しなければなりませんが、エンジニアリングの観点からは作ることができないかもしれません。

Michio Kaku 50:23

つまり、宇宙全体をシミュレートできる宇宙を構築できるコンピュータは、宇宙そのものを除いて存在しないということです。つまり、あなたの直感では、私たちの宇宙は非常に効率的だということです宇宙がシミュレーションではないと考える理由は2つあります。有限のチューリングマシンでは宇宙をシミュレートできません。第二に、なぜ超知的生命体が人間をシミュレートするのか?考えてみれば、ほとんどの人間は、ある意味では愚かです。つまり、人間はありとあらゆる種類の馬鹿げたことをしますよね?そして、それを芸術と呼び、人類の文明と呼ぶのです。それなのに、なぜ高度な文明が『サタデー・ナイト・ライブ』をシミュレートするために、そんな努力をしなければならないのでしょうか?

Lex Fridman 51:14

それは面白いアイデアですね。しかし、創造という行為が人間を予測できないということもあり得ると思いますか?単に初期条件を設定して、たくさんの物理法則を設定するだけです。そして、ただ面白半分に、何が起こるかを見るために、その物を発射するのです。ですから、必ずしもすべてをシミュレーションしているわけではありません……何が起こるかを予測できるという意味では、すべての要素を同じようにシミュレーションしているわけではありません。しかし、初期条件を設定し、法則を設定して、どんな楽しいことが起こるかを見るのです。

Michio Kaku 51:43

ある意味では、それが生命の始まりです。1950年代、スタンレーはミラー実験と呼ばれる実験を行いました。小さなガラスビーカーの中に、水素ガスやメタン、有毒ガスなどを液体と一緒に入れ、火花を散らしました。そして、数週間放置し、数週間後に戻ってくると、何もない混沌とした状態からアミノ酸が生まれていたのです。もし彼がそれを数年放置していたら、タンパク質、タンパク質分子を無料で手に入れていたかもしれません。それはおそらく、生命が偶然に始まったことを意味します。そして、おそらく数百万年放置していたら、そのビーカーの中でDNAができたかもしれない。というわけで、「ああ、DNAの生命は、十分に時間をかければ、すべて偶然だったかもしれない」と考えています。覚えておいてほしいのは、私たちの宇宙はおよそ138億年前のものだということです。生命を含め、様々なことが偶然に起こるには十分な時間です。

Lex Fridman 52:51

私たちは美しい小さな偶然の瞬間に過ぎないかもしれません。そして、宇宙の歴史の中には、ほぼ無限にそのようなものがあるかもしれません。私たちのような多くの生物は、おそらく宇宙が作られたものの縮図ではないでしょう。

Michio Kaku 53:08

神様ありがとう。そうでないことを祈りましょう。周りを見渡してみてください。そうですね。左を見て、右を見て。

Lex Fridman 53:16

人類が初めて火星に足を踏み入れるのは何年後だと思いますか?

Michio Kaku 53:20

2030年代に人類が火星に到達する可能性は高いと思います。実際のところ、物理学的な理由で火星に行けないということはありません。これは工学的な問題です。非常に難しく、危険な工学的問題です。しかし、これはエンジニアリングの問題です。私の著書『人類の未来』では、今世紀末にはおそらく最初の宇宙船ができるだろうと、その先まで推測しています。最初の宇宙船は、企業とはまったく似ていないでしょう。パラシュート付きのレーザービームで発射される小型のコンピューターチップが搭載されるでしょう。スティーブン・ホーキング博士が提唱したブレイクスルースターショット計画では、光速の20%で近隣の星に船を送り、約20年後にケンタウルス座アルファ星に到達することができます。その先には、核融合発電があるはずです。核融合発電は、ある意味で究極のエネルギー源の1つですが、不安定です。そして、現在、核融合発電はありません。それはなぜか。まず第一に、星はほとんど無料で形成されます。大きなガスの束があれば、それが星になります。つまり、何もしなくても星になるのです。なぜ核融合は地球上に置くのが難しいのか?それは、宇宙の星は単極ではないからです。球状の単極であり、球対称であり、球対称のガスの構成を星に圧縮するのは非常に簡単であり、最大の自然現象です。問題は、磁気が二極性であることです。サイドチェーンには北極と南極があります。長い風船を絞ってみてください。片側を絞ると反対側に膨らみますよね。さて、核融合装置の問題点はそこにあります。北極と南極の磁気を利用してガスを絞ります。そうすると、あらゆる種類の異常や恐ろしい構成が発生します。星のように均一に絞るわけではないので、ある意味、地球上での自由な核融合は非常に難しいのです。しかし、それは避けられないことであり、最終的には海水から無限の電力を得られるようになると私は考えています。海水が地球の究極のエネルギー源になるわけです。

Lex Fridman 55:40

なぜですか?その直感とは?

Michio Kaku 55:42

海水から水素を抽出し、核融合炉で水素を燃焼させることで、メルトダウンなしに無限のエネルギーを得ることができるからです。核廃棄物もありません。なぜメルトダウンが起こるのでしょうか?メルトダウンが起こるのは、非効率な原子炉が原因です。ウラン原子を分割するたびに核廃棄物が発生し、原子炉1基あたり年間30トンの核廃棄物が発生します。そしてそれは高温になります。何千年、何億年も高温なのです。だからメルトダウンするのです。でもね、核融合炉の廃棄物はヘリウムガスなんですよ。ヘリウムガスは、実は商業的に価値があります。ヘリウムガスを売るとお金になります。ですから、核融合炉の廃棄物はヘリウムであり、商業的なビジョンプランで見られるような核廃棄物ではありません。

Lex Fridman 56:30

核融合を制御することで、これをタイプ1に変換することができるということですが、文明とはそういうものなのでしょうか?

Michio Kaku 56:40

そうですね、タイプ1の文明のバックボーンは、おそらく核融合発電でしょう。ちなみに、私たちはタイプゼロです。私たちは死んだ植物からエネルギーを得ていますし、石油や石炭もありません。しかし、タイプ1になるまでには約100年かかると言われています。実際、カール・セーガンの計算によると、私たちは1.0の4にかなり近い7ポイントくらいだそうです。例えば、インターネットとは?インターネットは、私たちの世紀に入ってきた最初のタイプ1テクノロジーの始まりです。最初の惑星テクノロジーがインターネットなのです。すでにインターネット上では、タイプ1の言語は何ですか?インターネットでは、英語と中国語(北京語)が主流です。また、文化はどうでしょうか?タイプ1のスポーツ、サッカー、オリンピック、タイプ1の音楽、若者の文化、ロックンロール、ラップ、タイプ1のファッション、グッチ・シャネル、タイプ1の経済、EU、NAFTA、などがあります。タイプ1の文化、タイプ1の文明の始まりが見えてきたわけです。そして必然的に、それはこの惑星を超えて広がっていくでしょう。

Lex Fridman 57:56

彼は、光速の20%のチップをアルファ・ケンタウリに送り込むことについて話しました。しかし、もう少し近い将来、惑星の植民地化や火星の植民地化のために、私たちがまだ生物学的な体を送らなければならないとしたら、その考えについてどう思いますか?私たちが2つの惑星を持つ種族になることはあるのでしょうか、それともすぐにあるのでしょうか?

Michio Kaku 58:22

恐竜は宇宙計画を持っていなかったことを思い出してください。だからこそ、彼らは今ここにいないのです。なぜ、この部屋に恐竜がいないのか?彼らには宇宙計画がなかったからです。私たちには宇宙計画があり、それは保険のようなものです。私は、火星に行くために地球を破産させたり、地球を枯渇させるべきだとは思いません。それはあまりにも高価で現実的ではありません。しかし、地球に何か悪いことが起こったときのために、火星に移住する必要があります。そのためには、火星をテラフォーミングしなければなりません。火星の温度を6度上げることができれば、極地の氷冠が溶けて水蒸気を放出し始めます。水蒸気は温室効果ガスなので、氷冠の融解がさらに進むことになります。つまり、これは自己実現の予言になるのです。自分自身を養い、自己触媒となるのです。火星の気温を6度上昇させる「6度」を達成すると、それが飛び火して極地の氷冠が溶け、液体の水が再び川に流れます。運河は水路であり、火星の海でもあります。かつて火星には、アメリカと同じくらいの大きさの海がありました。その可能性もあります。では、どうやって火星に行くのか?どうやって火星の温度を6度上げるか?イーロン・マスクは極地の氷山に水素弾頭を撃ち込むことを望んでいます。そうですね。それはどうでしょうか?極地の氷山を溶かすために水素弾頭を爆発させた場合の効果についてはあまり知られていませんし、夜に暗闇で光って新聞を読みたいと思う人はいないでしょうからね。ですから、太陽電池衛星を使う方法は他にもあると思います。火星を周回する衛星から太陽光を極地の氷山に照射し、極地の氷山を溶かすことができるのです。火星にはたくさんの水がありますが、ただ凍っているだけなのです。

Lex Fridman 1:00:24

あなたの描く未来像は、とても刺激的で素晴らしいものだと思います。何百万人とは言わないまでも、何千人ものメテオにインスピレーションを与え、教育してきたと思います。名誉なことです。お話を伺ってありがとうございました。

Michio Kaku 1:00:38

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました