ロバート・マローン検閲・弾圧

偽りのニューヨークタイムズの検閲に対する警告

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Mendacious New York Times’ warning about Censorship

rwmalonemd.substack.com/p/mendacious-new-york-times-warning?s=r

記録紙が明らかに「真実の省」になった

ロバート・W・マローン MD, MS

3月29日

ゲスト論説

検閲と腐敗の砦、ニューヨーク・タイムズが世界に警告する 「アメリカは言論の自由の問題を抱えている」。”America Has a Free Speech Problem”

スカイホース出版社長 トニー・ライオンズ著

ニューヨーク・タイムズ紙は、「専門知識、調査、議論、そして長年にわたる特定の価値観に基づいた見解を持つオピニオン・ジャーナリストのグループ」として有名な編集委員会から、大胆だが明らかに不誠実な注意喚起の声明を発表した。

「現代社会が主張する寛容と啓蒙のために、アメリカ人は自由な国の市民としての基本的な権利、すなわち恥をかかされたり敬遠されたりすることを恐れずに自分の考えを述べ、公共の場で意見を表明する権利を失いつつある。」

論説委員会は、この点を強く指摘した。

「言論の自由は、抽象的なオープンさと寛容さへのコミットメントを必要とするだけではない。言論の自由には、抽象的なオープンさと寛容さへのコミットメントだけでなく、良心的な姿勢が要求されるのだ…。

アメリカ人は、他人が自由に発言する権利を信じるだけでは不十分であり、その権利を積極的に支持し、保護する方法を見出すべきだと考えている。」

もちろん、New York Timesは模範を示して教えるべきだろう。実際、ニューヨークタイムズは言論の自由を支持せず、憲法修正第1条を守らず、誠実な討論を認めていない。その日の最も重要な問題に関して、競合する視点を認めてこなかったのである。強欲な企業や腐敗した政府高官の代弁者であった。

彼らの利益を支持し、アメリカ市民の利益を犠牲にして、ロバート・F・ケネディ・ジュニアのThe Real Anthony Fauciを考えられる限りの方法で検閲したのである。ケネディの本がその週、アメリカで他のどの本よりも何千部も売れたにもかかわらず、この本をノンフィクションのベストセラーリストで7位にランク付けした。そして、皮肉にも “スタンダード・マネジメント 」と呼ばれる検閲部門が、この本自体が誤報であると判断し、スカイホース出版にこの本の広告を出すことを拒否した。”スタンダード “は、広告自体が「名誉毀損でなく、正確かどうか」だけを見るという方針を示しているにもかかわらず、である。

ニューヨーク・タイムズ紙は、ケネディを「1日に1900人近くが死亡しているパンデミックと戦うためにバイデンホワイトハウスが進めているコロナウイルスワクチンやその他の対策を信用しないようにするキャンペーンの主導的な声」として、厳しい口調の記事を掲載したのである。また、明らかにそんなことはしていないのに、政府のパンデミック対策をホロコーストになぞらえて、「誤った情報」を流布したと非難している。

最後に、彼らは「The Real Anthony Fauci」のレビューを拒否し、その歴史的な草の根的成功についてコメントすることも拒否した。

「タッカー・カールソンは、ウソつきにもかかわらず、あるいはその反動か、ロバート・F・ケネディ・ジュニアは、正真正銘のフォーク・ヒーローになりつつある」

と書いている。

彼は立ち上がり、雄たけびを上げ、権力に真実を語ったからこそ、民衆の英雄なのだ。彼はすべてを危険にさらし、多くを失った。彼は、正義にこだわるか、個人的な結果にこだわるかのどちらかであることを悟った。そして、彼にとっては多くのことがあった。

2年間言論の自由を抑圧し、特定の、近視眼的で有害な物語を擁護した後、ニューヨークタイムズの編集委員会は、検閲とキャンセルカルチャーに対して強い姿勢をとる完璧なタイミングであると判断した。

最も強力でインパクトのある憲法修正第一条の権利侵害者が、言論の自由の欠如を嘆き、アメリカ人の権利を守るためのアイデアを提供するという皮肉は、手に取るようにわかり、救いようがなく、卑劣なものだった。

映画『カサブランカ』のルノー船長が、リックのカフェ・アメリカーンの店を閉めて宣言するときのように。ギャンブルがここで行われていることにショックを受けている」と宣言した映画『カサブランカ』のルノー船長のように、ニューヨーク・タイムズ紙は喜んでその賞金を受け取った。彼らの収益性は、最近のアメリカ史上最悪かつ最も広範な検閲の期間中に急上昇した。彼らは、何千人とは言わないまでも、何百人もの医師、看護師、科学者、関心を持つ市民の言論の自由を守るために、全く何もしてかなかった。彼らは議論を封じ、自分たちと反対の立場にある人々を非難し、中傷し、信用を落とすためにたゆまず努力し、政府の腐敗に関する深刻な主張を調査することもしなかった。

それにもかかわらず、彼らは「アメリカの公論が狭められると、社会として直面する緊急の問題に答えることが難しくなる」と嘆いているのである。

政府の最高レベルの腐敗や、必要以上に深刻な病気や死につながったパンデミック対応や、全米で最も権力を持つ公衆衛生当局者が、人々を守ることよりも、大手製薬会社の投資収益最大化やリスク軽減に関心があるという真実よりも、もっと重要で緊急なことがあるのだろうか。

NYTが書いているように、最悪の検閲はキャンセル・カルチャーであり、最悪のキャンセル・カルチャーは「積み重ね」文化である。では、なぜNYTはロバート・F・ケネディ・ジュニアに関するヒットピースを掲載したのだろうか?それは、ケネディに関する他のヒットピースと本質的に同じ題材を扱っていたのだろうか?なぜ今なのか?なぜこのターゲットなのか?彼の家族は彼がワクチンについて間違っていると考えている、とタイムズ紙は指摘する。彼の友人は、彼がワクチンについて間違っていると考えている。ファウチ博士は、彼がワクチンについて間違っていると考えている。そんなこと聞いたことあるか?ワクチンの安全性について何か分析があるか?事実関係は?引用は?ファウチ博士の卑劣な腐敗については、ケネディが最近書いた「The Real Anthony Fauci」(ファウチの真実)に書かれている。いや、いや、いや、いや、いや、いや。世界中がロバート・F・ケネディ・ジュニアを攻撃しているとき、ニューヨーク・タイムズは何をしていたのでしょう?

ロバート・F・ケネディ・ジュニア、ロバート・マローン博士、ジュディ・ミコビッツ博士、ピエール・コリー博士、Paul Marik博士、ライアン・コール博士・・・その他多くの素晴らしい声が圧殺されていたとき、ニューヨーク・タイムズ紙はどこにいたのだろうか?答えは簡単、「積み重ね 」である。

NYTは 「人格攻撃」を掲載しないと言っているが、合理的な人なら誰でも、彼らが言及していない、明らかに読んでいない本の信用を落とすことを意図していると理解できるヒットピースを掲載している。彼らは、徹底的に吟味、調査、裏づけをしていない政策声明や公式メモを転送することで、疑いもなく一般市民から腐敗した政府高官を守っているのである。彼らは最悪の共謀者であり、犠牲者を守ると主張する類いのものだ。

ニューヨーク・タイムズ紙はこう書いている。

「個人レベルでは、危険を冒し、他の人が拒絶するかもしれない考えを追求し、表現する自信がなければ、人間は繁栄できない。言論が抑圧され、反対者が公論から締め出されると、社会は紛争解決能力も失い、政治的暴力のリスクに直面する。」

今のアメリカはまさにその状態である。議論もなく、公論もなく、対立を解決する能力も失っているのである。少なくとも部分的には、ニューヨーク・タイムズの方針と実践のために、我々は国を二つのアメリカに分離してしまったのである。

ニューヨーク・ポスト紙は、ニューヨーク・タイムズ紙が “偏った物語に奉仕するために嘘を掲載した 」と指摘している。彼らはタイムズを「悪意ある誤報」と非難し、アシュレー・リンズバーグ著の「The Grey Lady Winked」という本を引用している。

リンズバーグ氏は、ニューヨークタイムズを “真実を生み出す機械 」と呼んでいることが引用されている。彼は、彼らが1920年代から売り込んできた「捏造と歪曲」は、「ヒトラーのドイツ、スターリンのロシアからベトナム、イラク戦争」まで、事実をねじ曲げて世論を操作するシステムだと考えている。その「報道」は、ニューヨーク・タイムズの「企業の気まぐれ、経済的ニーズ、政治的嗜好に沿った物語を支持する」ように作られているのである。一貫して “誤った物語 “を作り出してきたと考えている。

ニューヨーク・ポスト紙は、タイムズにはそのための資源があるという。「年間20億ドル近い収入を得ているタイムズは、他の報道機関が必ず従う物語を設定するための資金、名声、経験、名声を持っている。

リンズバーグ氏は、タイムズの元ベルリン支局長がナチスの協力者であり、ニューヨークタイムズの別のスター記者がスターリンを擁護するためにソ連のプロパガンダを鸚鵡返しにしていたと主張している。

ベトナム戦争やイラク戦争に至るまでのNYTの報道は、戦争に行くことを支持するために作られた政府の偽情報のように思えた。最近では、ロシアがアフガニスタンの米兵に懸賞金をかけたという記事をニューヨーク・タイムズが掲載し、バイデン政権が後に誤報であると認めたことや、議事堂警察のブライアン・シックニックが「暴れるトランプ支持者に殺された」という記事(後に脳卒中で死亡したことが証明されたが)についてリンズバーグは指摘している。

同様に、グレン・グリーンウォルドは、ニューヨーク・タイムズが 「近代選挙史上最も成功した偽情報キャンペーンの一つ 」に参加していると非難した。2020年の選挙前にハンター・バイデンのラップトップをロシアの偽情報と断じたタイムズが、後に本物であることを認めたのだ。

ニューヨークタイムズのコビッド・パンデミックの報道は、ヒトラー、スターリン、ベトナム、イラク戦争、1月6日、アメリカ兵に対するロシアの懸賞金、あるいはハンター・バイデンのラップトップの報道と何ら変わらない可能性が高いようである。ほとんどの主要な大手ハイテクプラットフォームと同様に、彼らは米国政府の代表としてファウチ博士らと緊密に協力し、特定の物語を統制し伝播させ、政府が合法的に行えないこと-同意できない考えや企業パートナーにとって有害となりうる物語を検閲する-を行ってきたようだ。

上記のように、ニューヨークタイムズはロバート・F・ケネディ・ジュニアの著書とアンソニー・ファウチに対する彼の汚職の申し立てを積極的に弾圧した。この10年間で最も重要な本であることは明らかなのに、何の調査もなく、完全で自由で公正な議論もなく、ファウチ博士を擁護したのである。ケネディの本を無視し、書評を拒否し、広告を許可せず、ベストセラーリストでの成功を誤って伝えることによって、明らかに、コビッドの起源の背後にある真の科学や、ウイルスを制御し公衆を保護するための最善の方法についてのいかなる議論も避けるために全力を尽くした。ニューヨーク・タイムズ紙は、科学的プロセス、個人のデュー・プロセスの権利、あるいは真実の探求を全く無視することを示した。

そしてまたもや、言論の自由の重要性を説きながら、このようなことをしたのだ。

我々は、オーウェルの「1984年」に到達したのだ。二枚舌は世界共通語である。記録用紙は偽情報で世界を溢れさせ、アメリカ国民を守るために不断の努力を続けていると主張し、明らかに「真実の省」となっている。

ロバート・F・ケネディ・ジュニアの著書『The Real Anthony Fauci』(ビッグファーマ、ファウチ博士、米国政府、ニューヨークタイムズは、あなたが読むのを阻むためなら何でもする)を読むことは、反抗行為、ファシズムへの一撃、そして米国での検閲がうまくいかないという明確なメッセージとなる。

 

タイトルとURLをコピーしました