LDN (低用量ナルトレキソン) – なぜ効果があるのか?

低用量ナルトレキソン(LDN)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

LDN (Low Dose Naltrexone) – Why It Works So Well

www.facebook.com/drdalebredesen/videos/591587775575419

Dale Bredesen 0:00

皆さん、お元気ですか?今回の会議では、皆さんがそれぞれの状況に応じて適切な治療を受け、元気に過ごされていることを願っています。今日は、Ann Hathaway 博士とジュリー・Gさんのお二人にお越しいただき、本当に光栄です。ようこそ、そしてようこそ、ジュリー。お招きいただきありがとうございます。来てくださってありがとうございます。私たちは、この場が素晴らしい機会になると思いました。よく話題になるのが、低用量ナルトレキソンLDNの使用についてです。LDNは自己免疫疾患や炎症性疾患など、様々な症状に使用されています。もちろん、この方法は1985年に発表された有名なバハリ博士の論文で初めて広まりました。バハリ博士は依存症患者を対象に研究を行っていましたが、通常量のナルトレキソンを使用すると、人々が好まない様々な副作用があることを発見しました。しかし、彼らの興味深い点は、エンドルフィンの高揚感を得られる顕著なリバウンドがあることでした。さらに興味深いことに、エンドルフィンは免疫系と密接に関係しているため、免疫系をサポートする素晴らしい効果が得られるのです。彼は、抗ウイルス剤や3剤併用療法が登場する1990年代よりもずっと前に、HIV感染者に使用していました。このように、非常に興味深い組み合わせがあります。さて、アルツハイマー病などについて考えるとき、私たちはCOVID-19について考えます。以前にもお話ししましたが、自然免疫系の活性化が続いているという珍しい組み合わせです。つまり、慢性的な炎症が起きているのです。アルツハイマー病は、COVID-19のサイトカインストームのように、サイトカインの霧雨を浴びているようなものなのかもしれません。それと同時に、適応システムが十分に機能していません。単純ヘルペスを排除するにしても、Pジンジャやバルブレスを排除するにしても、ボレリアやバルトネラを宣言するにしても、あなたがさらされる可能性のあるあらゆる種類のものを排除するにしてもです。私たちもそのような状況にあるわけです。ですから、炎症を鎮めつつ、免疫系、特に適応系をサポートするものがあればいいと思います。低用量のナルトレキソンはまさにそのようなもので、多くの人が使用しています。幸運なことに、今日はこの薬を処方してくれるハサウェイ先生がいますし、素晴らしい経験をしたジュリー・Gさんもいます。まずは、ハサウェイ先生から、どのようにして患者さんに処方するかを決めているのかを教えていただきたいと思います。

Ann Hathaway 2:36

ええ、これはとても興味深い物質です。というのも、この物質は、非常に異なる反応を示すカテゴリーに属しているからです。ナルトレキソンは、50ミリグラムや100ミリグラムを服用すると、オピエートやヘロイン、オピエートの過剰摂取を元に戻す作用があることをご存知でしょう。しかし、低用量ではホルミシス反応と呼ばれるものがあり、体の中での反応が大きく異なります。オピエート受容体をブロックすると、当然、痛みが増しますよね。しかし、低用量であれば、痛みや体内の炎症を抑えることができたのです。このように、低用量のナルトレキソンが効果を発揮するケースは非常に多岐にわたります。私は、多くの自己免疫疾患にナルトレキソンを使用してきました。低用量のナルトレキソンで起こりうる問題を知っておくことは重要であり、5ミリグラムの間の非常に低い用量から始めて、非常に敏感な患者には通常の1〜1.5ミリグラムの用量を与え、その後、用量を増やしていくことが良いでしょう。通常は3~4.5ミリグラムを治療に使いますが、私は多くのがん患者に使ってきました。がん患者にも使用しています。慢性的な頭痛や腰痛など、さまざまなタイプの慢性的な痛みにも効果があります。このように、私は低用量のナルトレキソンを使用したことがありますが、ほとんどの場合、非常に効果的でした。

Dale Bredesen 5:09

神経炎症は、アルツハイマー病やアルツハイマー病予備力にも重要ですし、パーキンソン病にも重要です。レビー小体病や前頭側頭型認知症にも重要です。順番に挙げていきましょう。神経の炎症は何度も何度も出てくるのです。ですから、これは非常に合理的なアプローチなのです。認知機能が低下している患者さんの中には、LDNを併用されている方もいらっしゃいますよね。そう言ってもいいでしょうか?

Ann Hathaway 5:41

そうですね。アルツハイマー病をはじめとするすべての神経変性疾患では、脳内の免疫細胞であるミクログリアの活性化が亢進していることがわかっています。ですから、プレアルツハイマー病やアルツハイマー病の様々な要因に対処するための全体的な戦略として、低用量のナルトレキソンを加えることは非常に理にかなっていると思います。低用量ナルトレキソンを加えることは確かに理にかなっていると思いますし、私の多くの患者さんに低用量ナルトレキソンを試してもらっています。

Dale Bredesen 6:34

ええ、その通りです。確かに、あなたがおっしゃったように、このリバウンドによるホルミシス効果は素晴らしい反発効果をもたらします。そして、私たちは、本質的に運動は低用量の筋肉損傷であると考えています。そして、その運動に反応して、より多くの筋肉を作って改善しているのです。ですから、低用量のナルトレキソンは、ある程度、免疫系のための運動なのです。ジュリーさんは、以前にも医師から処方されたことがあると思いますが、その時の経験を少しだけ教えてください。

Julie G. 7:06

オメガ3を摂取していると、オメガ3指数が上がりますが、特に違和感はありません。私は非常に変わったと感じています。LDNを服用すると、とてもリラックスして、とても穏やかな気持ちになります。エネルギーも非常に豊富で、よく眠れます。つまり、飲む前と飲み始めた後では、明らかな違いがあるのです。そして、私の健康状態を改善するという非常に重要な目的もありました。私は免疫不全でIgGが低いのですが、飲み始めた最初の月にIgGが100ポイントもアップしたのです。すごいですね。また、私は潜在性甲状腺機能低下症を患っています。そして、私は薬を半分に減らすことができました。2日後には甲状腺機能亢進症になりました。1.5ミリグラムから始めて数日後には、頻脈が出てきました。何が起こっているのか分かりませんでした。そして、私の主治医が言っていたことを思い出しました。「もし、甲状腺が活発になりすぎた症状が出始めたら、すぐに薬を減らすように」と。だから、私が飲んでいる薬は最も重要なサプリメントの一つだと思います。

Dale Bredesen 8:50

そうですね。飲むタイミングについても少しお話しましょう。実際、この薬を発明した人は、自分自身で10年間服用していたそうです。この方法の大きな利点の1つは、投与量が多すぎない限り、副作用が非常に少ないということです。

Julie G. 9:12

そうですね。私は早く寝てしまうので、できるだけ遅い時間に飲むようにしていますが、これは難しいですね。早すぎると、早く目が覚めてしまうんですよね。体内にエンドルフィンが充満し始めると、一日を頑張れるようになるからです。以前は、朝に1~2杯のコーヒーが必要でした。今では、コーヒーはいいものですが、確かに必要ないですね。目が覚めると、ものすごい集中力とエネルギーが湧いてきて、本当に幸せで穏やかで落ち着いているんです。これはとても有益なことだと思います。特にキャリアのプロEにとっては、私たちは炎症のプロであるエリエルと私は、あなたの講演の多くで気に入っています。彼は私たちのことを、武装した兵士のようなものだと表現していましたが、私たちの免疫システムは何があっても対処できるようになっています。一方、他のアプロ・イチノは、とてもリラックスしていて、ヒッピー・コミューンに住んでいて、平和で愛に満ちているタイプです。私はLDNを飲み始めて、向こう側の世界に入ったような気がします。これは素晴らしいことです。

Dale Bredesen 10:25

興味深いですね。そうですね。多発性硬化症の例としても使われていますね。MSとアルツハイマーの間には、興味深い関係があると考えていますね。MSの場合は、大きな炎症成分と自己免疫成分がありますが、残念ながら小さな変性成分もあり、MSの人は何年もかけて変性していく傾向があります。しかし、多くの類似点があります。そこで人々は、認知機能が低下している人にも使用すべきではないかと考えています。残念ながら、1980年代に行われた初期の試験では、100ミリグラムという大量の量を使用しましたが、驚くなかれ、改善は見られませんでした。しかし、一般的なLDNは、1日3ミリグラム程度の少量投与で、はるかに効果が期待できます。また、副作用についてもお話いただけますか?例えば、不眠などが問題になることがあるとおっしゃっていましたが、これは高すぎる量から始めた場合の問題で、低めの量から始めて徐々に増やしていくというお話でしたね。通常、最終的には3ミリグラム前後を目安にしていますか?

Ann Hathaway 11:43

私の患者さんの多くは3ミリグラムで、少なくとも50%は4ミリグラムから4.5ミリグラムまでが最適な量だと思います。私は患者さんに、効果と副作用を比較して、どこに問題があるのかを考えようと話しました。いくつかの副作用があります。まず、良い副作用としては、ジュリーが話していた気分の改善が挙げられます。長期的にです。これは興味深いことでした。自己免疫性甲状腺機能低下症の若い女性が何人かいましたが、その人たちは服用後、不安な食事をやめ、気分が良くなり、体重も正常になりました。ですから、明らかに、オピエートの増加反応の一部はエンドルフィンの増加です。これが神経の炎症を抑えるという大きな役割を果たしているのです。しかし、私が注意を促している副作用には、睡眠障害や、非常に鮮明な夢を見る人もいます。そうですね。怖い夢を見たり、とても鮮明な夢を見たりする傾向がある人には、十分な注意が必要ですね。最初は3mg程度のごく少量から始めて、徐々に増やしていき、耐えられるかどうかを確認してください。私が心配しているのは、この点です。これまでに1人か2人の患者さんが、過度に興奮して、例えば心拍数が早くなったりしたことがありました。また、どんな量でも耐えられないという人も2人ほどいました。すべての人に当てはまるわけではありませんが、患者さんには注意を払い、話をよく聞かなければなりません。そして、もし患者さんが耐えられないようであれば ドラマチックな夢や怖い夢が苦手な人には、朝に投与するという方法もあります。絶対に夜に飲まなければならないわけではありませんが、できれば就寝前に飲むことをお勧めします。

Dale Bredesen 14:18

ええ、それはとても良い点ですね。では、たくさんの良い質問がありますね。それでは、koreaの質問をいくつか紹介しましょう。自閉症でウイルス性脳炎の治療に使われたことはありますか?これは本当に興味深い点です。確かに、免疫をサポートすることで、抗ウイルス作用があります。バハリ博士が最初にこの薬を使ったときに懸念したことの1つに、人々が興味を持った理由がありました。リンパ腫が実際に拒絶反応を起こす場合もありますし、HIV患者では日和見感染が少ないこともわかりました。癌が少ないと全体的に良い結果が得られ、痛みも少ないことが分かりました。気分的な効果、炎症の抑制、自己免疫力の低下についても言及しましたね。彼は、あなたが蛇足のように聞こえるようになったと言いました。もちろん、いつも疑問に思うのは、私たちが経験していることは、単に年齢のせいなのか?という疑問が出てきます。だからこそ、この製品が良いと思えるのかもしれません。もしかしたら、私たちの多くは免疫システムが最適ではないのかもしれません。それが問題なのではありません。もし、ウイルス性脳炎についての質問があれば、HIVと同じように、抗ウイルス剤を使用することが非常に有効でしょう。しかし、免疫系をサポートすることは素晴らしいことです。自閉症の人の中には、ウイルス性脳炎ではない人もたくさんいます。遺伝子の変化、様々な毒素、特発性など、様々な原因が考えられます。しかし、確かに、役に立つ可能性はあります。繰り返しになりますが、主治医に相談されることをお勧めします。これは重要なことです。自閉症スペクトラムの人に使ったことはありますか?

Ann Hathaway 16:04

確かに、自閉症スペクトラムでは、ある程度の神経の炎症があることは理解できます。その点からも、私にとっては理にかなっていると思います。確かに、私の診療所には自閉症スペクトラムの人がいて、その中には低用量のナルトレキソンを服用している人もいます。しかし、重度の自閉症を治療したことはしばらくありませんが、そのような患者はその分野を絶対的に専門とする人のところに行く傾向があります。しかし、自閉症スペクトラム障害の場合は、かなり機能的な人が多いのです。LDNは、自閉症スペクトラムに付随する不安や抑うつなどの問題にも役立つと思います。そうですね。

Dale Bredesen 16:53

それは良い点ですね。自閉症のコミュニティでは、アルツハイマー病と同じようなことが言われていますが、多くの人に腸が関係していて、毒素や感染症、炎症など、さまざまな要因があるということです。つまり、これは多因子性疾患、あるいは疾患ですらなく、認知機能の変化に見られるようなスペクトラムを持った多因子性の問題であるということが、繰り返し示唆されているのだと思います。次のスーザンさんは、機能的な医師から処方された4.5ミリグラムを毎日飲んでいると言っています。そうですね。先ほどアンが話していたことと同じようなことですね。それは良いことですね。うまくいけば、あなたの助けになるかもしれませんね。キムが「自己免疫についてはどうですか?そうですね。この分野は、おそらく最も推奨されている分野です。全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、多発性硬化症など、私たちが自己免疫疾患と考えているものが対象です。キム氏は,0.5~1の低用量から始めると言っていましたが、あなたも同じように低用量から始めましょう。ビハリ博士が最初にこの薬を使ったとき、100ミリグラムから始めて、どんどん下げていって、エンドルフィンの増加で求めていた素晴らしいリバウンドが得られるかどうかを慎重に研究しました。その結果、3ミリグラム以下になるとカットアウトすることがわかりました。つまり、半分か1ミリグラムになると、良い反応が得られなくなるのです。しかし、人によってはまだ反応がある場合もあります。だからこそ、調整が必要なのです。ジュリー、あなたが最終的に自分で調整して今の状態になったことについて、少し話してもらえませんか?

Julie G. 18:36

そうですね。私は、最初は1.5でした。正直に言うと、最初の日は、本当に調子が悪かったです。つまり、すぐに役に立ったわけではありませんでした。でも、その効果を信じて続けました。そして、2日目には心拍数がおかしくなりましたが、それについては注意を受けていました。それで、1.5まで続けて、甲状腺の薬を減らしました。そして、1週間ほどしてから3にしました。これはとても素晴らしいことでした。その後、4.5まで上げました。そして4.5になりました。以前、午前中は元気が良すぎて、午後には疲れてしまうと言ったと思います。私のスイートスポットは3の部屋だったのです。

Dale Bredesen 19:24

いいですね。多形性紅斑の場合は、医師が炎症を抑えるためにあらゆることを試しています。そうそう、それが再燃すると、認知症の症状がひどくなるんですよね。ええ、とても良い指摘です。そのため、この問題はまた発生します。炎症を引き起こしているものは何であれ、全身性のものであることが多いのですが、アンが言ったように、脳内のミクログリアであることもあります。このようなことが認知機能の問題を増大させることは疑いの余地がありませんし、何度も何度も見てきました。あるいは、何らかのストレス要因に遭遇すると、間違いなく一歩後退し、その後、再び回復に向けて努力しなければなりません。アルツハイマー病の原因であるアミロイドベータは、自然免疫系の一部であることを忘れてはなりません。アルツハイマー病に関連するアミロイドβは、自然免疫系の一部であることを忘れてはなりません。つまり、この物質を放出するということは、βも放出するということです。ですから、それを減らすことができれば文句なしです。もちろん、その炎症を引き起こしている原因を突き止めることも必要です。しかし、あなたのケースでは、症状が悪化したときには、医師にLDNを勧める可能性について相談すべきかもしれませんね。ウェンディは「3ミリグラムをどれくらい続けるべきか」という質問をしていますが、これはABBの素晴らしい点ですね。バハリ博士は、12年、14年と問題なく使い続けている人たちがいることを指摘しています。もちろん、当時はHIV感染者にも素晴らしい結果が出ていました。トリプルセラピーの前の時代のことです。このように、長期的に悪影響を及ぼすような副作用がないことが、この薬の魅力の1つです。そこでお聞きしたいのですが、「もういいだろう、そろそろこの方法から手を引いてもいいだろう」と思う人はいますか?もしそうだとしたら、どうやって決めますか?

Ann Hathaway 21:26

そのような経験はありません。私の周りには、臨床の現場に入ると、人が離れていってしまう人がたくさんいます。例えば、体調が良くなったのに、1年も2年も会わない人がいます。その後、彼らから連絡があり、「調子が悪いから会おう」と言われることがあります。そして、よくあることの1つが、なくなってしまったことです。というのも、LDN(低用量LDN)は処方箋薬だからです。処方箋品の場合、毎年、その人に会って確認しないと、補充してもらえないわけですね。そうですね。忙しくて忘れていたけど、もうLDNを飲んでいないわ」と気づく人もいます。忙しくて忘れていました。LDNを使用している人たちがこう言うよりも、私はそういう経験をしてきました。だから、LDNをやめてみようかと言われるかもしれません。私は「もちろんです」と答えます。時には薬を飲まないでいても、あまり気にならない人もいます。そういうこともあるでしょうね。しかし、もっと多いのは、人々が戻ってきて、「低用量のナルトレキソンを補充したいのですが」と言うことです。

Dale Bredesen 22:56

脱却するときには、とてもゆっくりと脱却することをお勧めしますか?

Ann Hathaway 23:01

そうしましょう。でも、正直なところ、ほとんどの人は自分の意思でやめていきます。そして、「やめたら副作用が出てしまった」というような話は聞いたことがありません。

Dale Bredesen 23:13

わかりました、良い点ですね。

ジュリー・G 23:15

私は、LDNのサポートグループにいくつか参加しました。LDNのサポートグループに参加しましたが、LDNの初期効果が得られなくなった人もいました。1~2日休んでから再開する人もいます。そうすると、また素晴らしい効果が得られるのです。このようなサイクルを繰り返している人もいますね。

Dale Bredesen 23:37

これは本当に良い点ですね。ちょっとした休暇を取って、それを振り返ることができれば、より良い効果が得られるでしょう。これは本当に良い点です。次は、ゲイルさんからの相談です。ゲイルは、予防のために低用量のナルトレキソンを処方してほしいと言ってきました。ゲイルさんの言葉は、まさに正鵠を射ていると思います。質問してくださってありがとうございました。これは、私たちがいつも話していることです。予防のためにどれくらいの量を投与するかは別として、人々にケトーシス状態になることを勧めるべきでしょうか?症状が出始めたら、大きな問題になる可能性があることを覚えておいてください。幸いなことに、予防のために必要なことは、回復のために必要なことほどではありません。また、繰り返しになりますが、待てば待つほど、やらなければならないことは増えていきます。ですから、できるだけ多くの人に、予防や、初期症状の早い段階での治療を受けてもらいたいと思っています。素晴らしい質問ですね。あなたにお聞きしたいのですが、あなたのところに来ている人の中には、予防のために来ている患者さんが何人もいますよね。あなたはこのようなことを検討しますか?あるいは、このようなことが武器の一部になることを示唆するような特定のメタボリックプロファイルがありますか?それとも、いつも症状が出るまで待つのでしょうか?

Ann Hathaway 24:56

それは理にかなっていると思います。何らかのリスクを抱えている人が、他の種類の慢性炎症のアプリを持っているとしたら、意味があると思います。私はそれが理にかなっていると思います。また、低用量ナルトレキソンはほとんどすべてのケースで良性なので 特にApple社のキャリアの方や、自己免疫疾患の方、慢性的な痛みを抱えている方などには、予防のために検討しない理由はないと思います。もちろん、線維筋痛症にも非常に効果的であることが研究で明らかになっています。線維筋痛症は、中枢性の痛みと考えられており、中枢に原因があります。しかし、線維筋痛症は、より特異的な神経炎症性の問題なのです。そうでしょう?ですから、予防のために低用量のナルトレキソンをぜひ検討したいと思います。そうですね。

Dale Bredesen 26:22

それは良い点ですね。私たちが考えるべきことの1つは、明らかに炎症の影響を受けている人たちがいるということです。特にタイプ1の炎症体質の人は、リスクが高くても、予防のために参加していても、すでに高いHSCRPを持っているのであれば、その炎症体質を考慮する必要があるでしょう。もう一つは、あらゆる種類の自己抗体を持っている人がいます。自己抗体パネルを見ると、全体的に光っています。私はこれを次のステップと考えています。なぜなら、自然免疫系が活性化されているだけでなく、適応系も活性化されているからです。しかし、残念ながら病原体に焦点を当てたものではなく、様々な自己抗体を持つような広範囲なもので、これもまた非常に良い結果をもたらす可能性のあるグループです。一方、免疫力が高く、自己抗体がなく、炎症が続いていない人は、あまり効果が得られないかもしれません。ジュリーさんは、これまでの素晴らしい経験から、ある程度、予防モードに入っていますよね。そこで質問なのですが、あなたの免疫システムは明らかに良い状態にあります。しかし、HSCRPが高いわけでもなく、炎症マーカーが続いているわけでもありませんよね。しかし、あなたがおっしゃったように、ApoE4はそれ自体、炎症を促進するタンパク質です。ですから、確かに、あなたには、それを考える正当な理由が1つあるでしょう。そして、あなたが指摘したように、腸炎を患っている人は誰でも、より炎症を起こしやすい反応をすることになるでしょう。これは、タック・フィンチ教授が私たち全員に教えてくれたように、おそらく500万年から700万年前の原始的なヒト科の動物が助けてくれたものです。では、ジュリーにとってはどうでしょうか?これはもう必要ないな」と思えるものは何でしょうか?

Julie G. 28:20

私の場合は、おそらくそれをやめて、何か違う感じがするかどうかを確認する必要があると思います。そうですね。例えば、1週間休んでみて、何か変わった感じがするかどうかを確認するような、持続的な期間です。でも、そのようなことをしたいとは思いませんでした。また、標準的な炎症マーカーはすべて低値でしたが、私はSARSと診断されています。私はSARSと診断されているので、他の炎症性バイオマーカーが非常に高い時がありましたが、それらはすべて下がっています。VCRの治療を受けてからは、TGFβ1とCの数値が変化しています。ですから、3型の人にとっては、これは素晴らしい機会だと思います。

Dale Bredesen 29:09

そうですね。慢性炎症反応症候群(SIRS)という言葉があるように、炎症を抑えることは、原因となるものを取り除くためにも良いことですが、反応そのものを取り除くためにも良いことなのです。そうですね。ここで、レオが非常に適切な質問をしています。もちろん、末梢神経障害は非常に一般的なもので、他の退行性変化と同様に、さまざまな原因があります。末梢神経障害は、栄養状態の変化、進行中の炎症、さまざまな感染症、毒素など、さまざまな原因で起こります。この方法を末梢神経障害の患者さんに使ったことはありますか?

Ann Hathaway 29:51

それはないと思います。私は、長年にわたり、慢性炎症性の患者さんが末梢神経障害を患っているのを何度も見てきました。これはいいアイデアだと思います。今回のフェイスブックライブの準備をしていて思ったのは、患者さんに低用量のナルトレキソンを使用する機会がどれだけあるかということです。今回のFacebook Liveとその準備の効果の1つは、低用量ナルトレキソンの使用についてもっと考えるようになり、できればもっと多くのことを学ぶことができると思います。

Dale Bredesen 30:43

素晴らしい指摘ですね。そして、Martaが私は保留になっていると言っていますが、Leoの話の続きをしなければなりませんね。その通りです。多くの人が慢性的な痛みに使用しています。確かに、医師に相談してみてくださいね。マーサによると、私は4.5ミリグラムを服用していますが、数ヶ月服用しても変化はありませんでした。何が違うのかというと、何のために飲んでいたのかということです。そして何が起こったのか?もしかして?もしかしたら、もう少し低用量にする必要があるかもしれません。わかりません。しかし、確かに、何に違いがないかを知ることは役に立つでしょう。免疫機能を高めるから飲んではいけないと言われました。紛らわしいですね。そうですね。あなたはとても良い点を指摘していますね。免疫系のアダプトゲンであるかのように、自然発生的な部分や炎症的な部分を抑制し、ある意味では自己免疫を抑制しているようにも見えます。免疫系が病原体などの問題に反応するように反応を鋭くし、他のものへの反応を広げないようにしています。実際、Msにも使用されています。Msの専門家に相談してみるのもいいでしょう。理論的には、免疫系をサポートするという事実が問題になる可能性があることを、あなたの権利として考えるかもしれません。しかし、これまでの経験では、Ms.には有害ではなく有益であると思われます。

Ann Hathaway 32:34

私は血液脳関門を見てきました。また、眼筋無力症の先輩であるGravisのマーカーと同様に、自己抗体も下がっています。また、ハシモト患者の多くは、自己免疫マーカーが低下します。私たちが求めていたのは、もちろん臨床的な効果であり、様々な面で患者さんの気分が良くなることでした。しかし、それだけではなく、臨床マーカーの観点からも客観的な効果が得られています。わかりました。

Dale Bredesen 33:13

では、次は 見てみましょう。さて、マイケルズは、ジュリー、あなたにとってのLDNの効果は非常に印象的で、共有してくれてありがとう、と言っていますが、LDNの使用には医師の処方箋が必要ですか?そして、はい、これはこれはお薬ですか?はい。言及

Julie G. 33:29

家庭医のところに行って、これをくださいと言っても、おそらく無理でしょう。そうですね、機能性医学の医師、あるいはそのような人と一緒に仕事をする必要がありますね。あなたはどう思いますか?それでは。

Ann Hathaway 33:45

LDNリサーチトラストという組織があり、低用量ナルトレキソンに関するほとんど全ての科学的研究をリストアップしています。ほとんどの機能性医学の医師は低用量ナルトレキソンに精通していると思いますが、機能性医学を始めたばかりの医師の中にはそうでない人もいるかもしれませんが、LDNリサーチトラストは素晴らしいリソースです。

Dale Bredesen 34:28

そうですね。そうですね、どれも本当に良い質問です。レジーナさんは、4.5の近くでは呼吸の問題に注意してください、と言っています。そして、この用量で呼吸困難になった患者さんがいたら教えてください。

Ann Hathaway 34:44

私は、そのようなことが起こりえないので、それをしていません。しかし、先ほど申し上げたように、ポイント5の投与でも心拍数が上昇した患者さんがいました。ただ、それには耐えられませんでした。ですから、医師と協力して、慎重に取り扱わなければなりませんし、かかりつけの医師にお願いして処方してもらうのではなく、経験のある人と協力したいものです。

Julie G. 35:15

あなたが何を言っているのかわからないでしょう。

35:19

そうですか。そうですね。

Dale Bredesen 35:21

そして、ここで見てみましょう。アンドレアは、「あなたがLDNを支持していることに非常に失望しています。私は彼女がハシモト抗体を増やしているのを見ました。ジュリアでは、心拍数の増加という問題を取り上げていますが、これは一般的には反対の結果になります。これは根本的な原因究明ではありません。アンドレア、あなたがこの話をしてくれて本当に良かったです。これはとても重要なポイントですね。そうですね。私もアンナも、古典的な医学、つまり処方箋を使った医学を学んできましたが、何年も患者さんを診て、研究を重ねるうちに、根本的な原因を追求する医学が必要だという結論に達しました。私たちは、システムバイオロジーや、これらの要素がどのように組み合わされているかということに非常に興味を持っています。それは間違いありません。しかし、忘れてはならないのは、認知機能が低下した人を目にしたとき、2つのことが起こるということです。私たちが彼らを助けるか、彼らが死ぬかです。つまり、認知機能の低下がアルツハイマー病につながるという、恐ろしい末期症状なのです。ですから、私たちは停滞期に入る人たちを目にします。そこで問題になるのが、どうすれば彼らを改善できるかということです。どうすれば将来的に問題が起こらないようにすることができるのか?その質問の一つは、免疫系を改善できるかということです。なぜなら、免疫系は、私たちが何度も何度も目にしている、割合制限のある問題の一つだからです。ですから、あなたの言う通りです。私たちは、根本的な原因究明のために最善を尽くしています。しかし、認知機能が低下し、アルツハイマー病のようになってしまう人たちのために、何かできることはないかと考えています。あなたの指摘は非常に正しいです。私たちが予防と回復のために最善を尽くさなければ、現在生きているアメリカ人のうち約4,500万人がアルツハイマー病で亡くなることになります。しかし、私は、あなたの指摘をよく理解しています。そして、あなたがやっていることを確認するために、何度もチェックしてください。これはジュリーが素晴らしい仕事をしているところで、彼女はすぐにフォローアップをしています。私の認識力に何が起こったのか?私のエネルギーに何が起こったのか?そして、それが真実であるからこそ、フィードバックを得るのに役立っているのだと思います。また、すべての人に最適な治療法ではないことも同じです。これは個別化された精密医療です。一人一人に合った方法です。マリアンは、「慢性的なライムにも効果がありますか?ジュリー、あなたがライム病の専門家であるシュヴァイツ博士のところに行ったことがあるのは知っています。その点については、あなたがお話しできるかもしれません。

Julie G. 38:22

慢性的なライムは、慢性的な炎症ですからね。私は15年ほど前から慢性Bzosisを患っていましたが、それが私のサービスに対するタイプ3の直接診断につながりました。慢性的なライムにも効果があると思います。

Dale Bredesen 38:47

ええ、素晴らしい指摘です。そうですね。心房細動にも効果がありますか」という質問です。理論的には、もし甲状腺の活動が活発になれば、心房細動の問題が増えることになると思います。ですから、私は非常に注意しています。繰り返しますが、このことについては主治医とよく話し合ってください。もし、あなたが心房細動を患っているなら、そしてあなたの患者でLDNを服用している人の中に心房細動を患っている人はいませんか?

Ann Hathaway 39:18

心房細動がある場合は、非常に注意が必要ですね。確かに、私たちはそのことを心配しています。甲状腺の投与量を増やせば、刺激やアドレナリンの分泌量を増やすことになるので、その点を心配します。それは体に刺激を与えるものです。ですから、慢性的な間欠性心房細動のある人に低用量のナルトレキソンを投与しても絶対にダメだとは言いませんが、細心の注意を払う必要があります。

Dale Bredesen 39:54

そうですね。また、Kimさんからは、LDNと他の薬について、「相互作用を心配していますか」という質問がありました。甲状腺の問題についてはすでに話しましたよね?Julieが指摘したように、LDNとの相互作用を心配している他の薬はありますか?

Ann Hathaway 40:11

他の薬との重大な相互作用は見たことがありません。私の患者さんの大部分は、多くの薬を服用していません。確かに、アリセプトやナメンダとの相互作用を心配することはありません。矛盾しているとは思いません。私は通常、患者さんにこれらの薬を投与することはありません。しかし、もちろん、すでにこれらの薬を服用している患者さんもいます。そして、低用量ナルトレキソンの禁忌とは考えません。抗うつ薬との相性も良いようですね。確かに、私には抗うつ剤を服用している患者さんがいます。そうですね、思いつきません。ええ、そこには強い問題がありますよね。あの。

Julie G. 41:14

1つだけ考えられることがあります。もし、あなたが事故に遭い、痛み止めが必要になったとしたら、その痛み止めが他の場合と比べて効果的でない期間があるでしょう。というのも、私はLDNを始めてすぐにスキー事故を起こしてしまい、LDNを続けることにしたからです。握力を失い、脳震盪を起こしたにもかかわらず、痛み止めの薬は一切飲みませんでした。なぜなら、LDNの効果が非常に高かったからです。このようなことを気にする人もいるでしょうね。しかし、鎮痛剤の抑制は、服用直後の3~4時間に限られると思います。つまり、比較的短い時間の出来事なのです。

Dale Bredesen 42:03

しかし、ジュリー、覚えておいてほしいのですが、これで何が起こるかというと、毎日、内因性エンドルフィンが高くなります。ですから、スキーの事故に遭っても、最初のうちは痛みを感じなくなるでしょう。そうですね。カレンは、私は自由T3ではなくT4を逆T3に変換する傾向があるので、医師からこれを試してみるように言われたと言っています。確かに、これは多くの人に見られることですが、特に慢性的なストレスを感じている人は、逆t3に変換する傾向があり、それが懸念されます。これは興味深いことです。検討すべきことだと思います。逆t3型と遊離t3型、LDNを使用している人との間で、変化は見られましたか?

Ann Hathaway 42:51

確かに、複数の異なるタイプの機能的医学的介入によって逆T3が低下した人を何人も見てきました。しかし、低用量ナルトレキソンが逆T3を低下させる変化として、いくつかのケースを見てきたと思います。そうですね、それは妥当な考えだと思います。

Dale Bredesen 43:16

メリッサによると、線維筋痛症の人の多くはLDNでうまくいくそうですね。この点については、以前にもお話されていましたが、非常に良い点です。確かに検討すべき点ですね。Deborahは、LDNが睡眠の問題を解決することができることを知っておくことが重要だと言っています。私の患者がTHCをやめたのですが、彼女が睡眠をとっているのを見て、あなたが気づいたように彼女の気分が改善しました。ええ、とてもいい指摘ですね。そして、CBDオイルについてもよく耳にしますね。最近では、CBDオイルの代わりに睡眠をとることを考えるべきでしょうか?私たちは、LDNを使って眠ることを考えるべきでしょうか?

Dale Bredesen 43:55

さて、それでは次の質問にバーバラは、これはうつ病にも使えるのではないかと質問していますが、どうでしょうか?もちろん、ここ数年、うつ病と炎症について多くのことが書かれています。だから、ちょっとしたことに左右されると思います。公平を期すために言うと、私は精神科医ではありません。しかし、リーキーガットや炎症に関連したうつ病を患っている人々にとっては、機能的精神科医に相談すべきことかもしれません。確かに、あなたがおっしゃったように、多くの人の気分に良い影響を与えているようです。ここで見てみましょう。ここで1つやってみましょう。カレンは、先ほど話したように、医師が推奨する逆T3とチェックを維持するように言っているところを見てみましょう。今、私は少し低めの量と逆T3を飲んでいますが、他に何か良い方法はありますか?なるほど、素晴らしい指摘ですね。もちろん、医師と相談して、最良の結果を得るためには、段階的に調整する必要があると思います。マリアは、この製品を飲む前にどのような血液検査をすることをお勧めしますか?また、LDNを開始する前に、患者さんにどのようなことをお勧めしますか?

Julie G. 45:26

ええと、そうですね。

Ann Hathaway 45:29

私はたくさんのテストをしていますし、「広く網をかける」という言葉がありますが、そうしたいと思っています。だから、新しい患者さんを診察するときには、多くの医師が考えるような大量の検査をします。その中には必ず炎症マーカーが含まれていて、少なくともCRPとsed rateは含まれています。そうでなくても、IL-6やIL-2を使う場合もありますよね。AMAを感染したいのであれば、自己免疫疾患の兆候があるかどうかですね。AMAの陽性率が高くても、自己免疫疾患の診断を受けていない人もいます。一種のマーカーとして知っておくとよいでしょう。甲状腺抗体なども、低用量ナルトレキソンを最適な用量で投与した後に、変化や改善があるかどうかを調べることができます。これらは、認知機能が低下している人がいる場合に考慮すべきことです。また、さらに研究を進めたい場合には、血液脳関門の抗体や抗チューブリン抗体など、神経変性プロセスに関与している可能性のある抗体をより詳細に調べるパネルを作成することもできます。このように、低用量のナルトレキソンで改善が見られるかどうかを調べてみるとよいでしょう。

Dale Bredesen 47:03

炎症性サイトカインを減少させることがわかっています。IL-1の値が高い人は、TNF、αなどすべてのサイトカインを減少させることができます。さらに、シューメーカー博士が推奨しているC4AやTGFβ1なども、これによって影響を受ける可能性があるのではないでしょうか。それでは、これで終わりにしましょう。残りの質問はオンラインでお受けしましょう。皆さん、素晴らしい質問をありがとうございました。また、専門家による考察もありがとうございました。ジュリアン、あなたの議論に感謝します。皆さんのバックグラウンドと、これを利用していることを考えると 非常に参考になりました。このパンデミックから抜け出すために、どうか安全を確保してください。皆さんが元気でいることを願っています。皆さま、良い春をお迎えください。ありがとうございました。ありがとう、デール。ジュリー、ありがとう。皆さん、ありがとうございました。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました