太陽自然療法(ヘリオセラピー) 概説

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

太陽光・日光浴の健康効果

不当な扱いを受けている太陽光

Sunlight and Vitamin D: Necessary for Public Health

公衆衛生機関の間違ったメッセージ

世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(International Agency for Research on Cancer)は、真昼間の屋外活動を避けること、全身を覆うような衣服を着用すること、通常露出している皮膚には日焼け止めを毎日使用することを推奨している。

米国がん協会は、Slip! Slop! Slip! Slop! とWrap! 米国外科医総監は、屋内の紫外線や太陽からかどうか、紫外線(UV)曝露を減らすことに焦点を当てた行動への呼び出しを広報している。

これらの勧告は、すべての皮膚癌の減少に焦点を当てたが、健康のためのビタミンDの重要性の簡単な認識を伴っているが、彼らはビタミンDが皮膚で合成することができる正確な時間帯(午前10時から午後3時の間)の太陽を浴びることの回避を促している。これは、必要なビタミンDはすべての食品や栄養補助食品を介して得ることができるという主張を示唆するものである。

無視されている太陽の様々なご利益

これらの推奨事項は、米国で毎年350万人が新たに非黒色腫皮膚がんに罹患し、2000人が死亡するのを防ぐという観点からは理解できるが、我々には長い文化的歴史があり、太陽を鑑賞し、治癒のために紫外線を利用してきたという事実を無視している。

さらに、私たちが日焼けに注意して火傷をしないようにしていれば、私たちは太陽から皮膚を保護するための生理学的適応を持って進化してきたという事実も無視している。

彼らは、緯度に基づいて増加した太陽の露出は、いくつかの異なるタイプの癌、1型糖尿病、多発性硬化症、および他の疾患からの保護に関連付けられているという事実を無視している。

また、これらの研究者らは太陽の光を浴びることでビタミンDの産生以外にも有益な生理学的変化が誘導されるという事実を無視している。

現在の太陽保護の推奨事項を順守することで、非黒色腫皮膚癌の減少につながる可能性は高いが、その減少は、日光浴とサプリメントの組み合わせによって25-ヒドロキシビタミンD(25(OH)D)の平均血中濃度を40ng/mLに倍増させることで達成できる、他の癌や心血管疾患による死亡者数の減少の可能性に比べれば、その減少の可能性は低いだろう。

日光を避けることの潜在的な弊害と、人の健康へのプラスの効果が軽視されていることから、「公衆衛生のためのビタミンD」というセミナーが開催された。

このセミナーは、カリフォルニア大学サンディエゴ校で開催されたGrassrootsHealthの主催で開催されたもので、このセミナーでの講演者の意見をもとに、日射量をよりバランスのとれた方法で回復させるための行動計画を策定することを目的としたものである。

ヘリオセラピー(自然太陽療法)の歴史

光線治療でノーベル医学賞を受賞したニールス・フィンセン

太陽の治癒力を利用した医療(ヘリオセラピー)のルーツは古代にまで遡る。

近代、特に20世紀前半では、ヘリオセラピーはヨーロッパと北米の両方で広く利用され、特に皮膚結核の治療に利用され、ニールス・フィンセンは1903年に光線治療法に関する研究で、ノーベル医学賞を受賞した。

この研究の多くは、ビタミンDが発見される前に行われており、紫外線による皮膚内での合成が発見されていたが、それは100年前に報告された病気からの回復の主な要因となっていた。

抗生物質によって忘れ去られたヘリオセラピー

しかし、抗生物質の発見により、結核の薬物治療の時代が1950年代に始まり、ヘリオセラピーは使われなくなり、今日では事実上忘れ去られている。

抗生物質の大きな利点は、それに伴う費用や個人の生活の乱れを伴う長期入院を回避できることであった。しかし、それは効率性の問題であって、有効性の問題ではなかった。

結核とヘリオセラピー

結核は現在、世界の人口の30%を患っている。今日ではあまり研究されていないが、この疾患におけるヘリオセラピーの効果、そしておそらくその利点は、ビタミンDの合成を超えたものである。

(1)結核のさまざまな症状に対する抗生物質治療とヘリオセラピーの相対的な効果

(2)ビタミンDだけでこの疾患におけるヘリオセラピーの治療効果を説明するのに十分かどうかについては、まだわかっていない。

日光曝露に対する生理的な効果

ビタミンDの増加

日光曝露に対する最もよく知られている反応は、ビタミンDレベルの増加である。アフリカの2つの部族、牧畜民のマサイ族と狩猟採集民のハドザ族では、血清25(OH)D濃度が平均46ng/mLであることが示されている。

両部族とも、人類の起源と考えられている赤道東アフリカに住んでおり、先祖代々の人類と毎日、ほぼ同じレベルの日射量がある。

高血圧の低下作用

生理的反応はビタミンDの産生にとどまらない。皮膚がUVA放射線で刺激されると一酸化窒素が放出され、血管拡張と血圧低下を刺激する。UVAへの積極的な曝露中、ある研究では拡張期血圧は約5mmHg低下し、曝露後30分間は低下したままであった 。

拡張期血圧が5mmHg低下すると、脳卒中のリスクが34%、冠動脈性心疾患のリスクが21%低下する 。

UVB曝露がUVAによるDNA損傷を防ぐ

皮膚が日光に曝露されることによるもう一つの生理的反応は、角質層(表皮の一番外側の層)の肥厚とメラニンの産生による皮膚の色素沈着の増加である。この対になる反応は、実際にはUVB曝露の利点を保持しながら、より深く浸透してダメージを与えるUVA光線から皮膚と深部組織を保護する。

UVAとUVB曝露の両方が増加した皮膚の色素沈着につながるものの、メカニズムは異なり、UVBがメラニン合成のアップレギュレーションを担当することで、DNA へのUV損傷に対する保護効果を持っている。

この応答を作成するための最良の時間は、最大のUVBの可用性(午前10時から午後3時)の時間と一致している。

βエンドルフィンによる幸福感

さらに、ヒトの皮膚はUVB曝露に反応してβ-エンドルフィンを産生する。これらのオピオイドペプチドは、幸福感を高め、免疫系を強化し、痛みを和らげ、リラクゼーション、創傷治癒、細胞分化を促進してくれる。

メラトニンとセロトニン産生による概日リズムの調整

眼を介して受信される光信号は、概日リズム制御のためのメラトニンおよびセロトニンの産生を調節し、季節性情動障害においても役割を果たしている。

疾患に対する日光・ビタミンDの作用

がんと日光被曝およびビタミンDの関係についての研究は、数十年前に、がん死亡率と地理的な関連性から始まった。1941年にApperlyは、ビタミンDがまだ明示的に関与していなかったにもかかわらず、緯度と日光被曝に基づくがん死亡率との関連を報告した6。

1980年には、GarlandおよびGarlandが、ビタミンDの状態の代理として日光被曝を用いて、緯度と結腸がんとの関連を報告した 7。1990年までには、ビタミンDの欠乏が乳がんの主な原因であるという仮説が立てられていた 35-。

過去10年間に、世界各国のUVB照射量とがん発生率の分析を行ったところ、赤道から遠く離れた国では、赤道に近い国に比べてがん発生率が高いという規則的なパターンが示されている。このパターンは、大腸がん8、乳がん9、膵臓がん、卵巣がん、脳がん、膀胱がん、腎臓がん4、多発性骨髄腫5にも当てはまる。

太陽のUVB照度と逆相関するガンの死亡率

米国では、白人米国人の15種類のがんの死亡率は北東部で最も高く、南西部で最も低い;これらの死亡率は太陽UVB放射照度と逆相関している。同様の知見は、オーストラリア、中国、日本、スペインでも報告されている。これらの疫学研究に加えて、25(OH)Dの血清濃度を用いた他の研究でも、がんリスクとビタミンDの状態との間に強い逆相関があることが明らかになっている。

ビタミンD欠乏者の3倍高い結腸がんリスク

欧州10カ国を対象とした2011年の研究では、25(OH)D濃度が最も低い人(平均8ng/mL)は、最も高い人(平均50ng/mL)に比べて結腸がんのリスクがほぼ3倍であったことが報告されている。

十分なビタミンDレベルをもつ女性の低い乳がん発症率

乳がんについては、Loweらは、25(OH)D濃度が48ng/mLの女性の発生率が10ng/mLの女性と比較して50%低いことを明らかにした。

2011年のMohrらによる同様の所見では、45ng/mLでは12ng/mLに対して短期の発生率が50%減少することが示された 。

11件のケースコントロール研究を対象とした最近のメタアナリシスでは、診断時の25(OH)D濃度に対する乳がん罹患率を比較したところ、5ng/mLと比較して45ng/mLでは罹患率が70%低いことが明らかになった 。

 

緯度が高く、雲が多いほどビタミンDの状態は低下することが予測されるが、逆の関係にあることも事実である。引用された疫学研究では、ビタミンDの減少による影響があるとしても、それを日光曝露によって生じる可能性のある他の作用による影響と区別することは不可能であるため、この区別は重要である。ヘリオセラピーの作用機序は、ビタミンD合成の増加に加えて、その他のスペクトル効果として認識されなければならない。

ビタミンD投与による全がんリスクの低下

2件の介入研究では、がんに対するビタミンDの効果が報告されている。Lappeらはランダム化比較試験(RCT)デザインを用いて、カルシウムとビタミンDを、血清25(OH)Dを29~38ng/mLに上昇させるのに十分な量で投与した閉経後女性では、全がんリスクが約70%減少したのに対し、カルシウムのみを投与した女性では全がんリスクが約40%減少したことを示した 。

ビタミンD投与患者のがん細胞の減少

別の研究では、リスクが低く、生検で早期前立腺がんと証明された男性に4000IU/日のビタミンD3が投与された 。治療の1年間で、25(OH)Dの平均循環濃度は33~66ng/mLに上昇した。2回目の生検では、この研究に登録された患者の半数以上で悪性腫瘍陽性のコア数が減少したことが示された。補充を受けていない同じ診療科の患者では、同じ期間に陽性コア数の増加が認められた。いずれの研究においても、ビタミンD補給の結果としての有害事象は認められなかった。

ビタミンDの欠乏がさまざまながんとどのように関連しているかについて提案されているモデルは、がんの進行に関するDINOMITモデルであり、ビタミンDががんの発生および拡大を抑制するメカニズムを概説している 。

1型糖尿病

ビタミンDの状態の改善は1型糖尿病のリスク低下と関連している。ビタミンDの状態が季節や緯度によって異なるのと同様に、日光浴の利用可能性によってビタミンDの状態が変化するが、1型糖尿病の発症率は毎年冬/春にピークを迎え、リスクは赤道からの距離によって直接変化する(多くのがんと同様に) 6。

1型糖尿病の罹患率が最も高いフィンランドでは、生後1年目のビタミンD補充の頻度と投与量が1型糖尿病罹患率と関連している。

具体的には、乳児期に定期的にビタミンDサプリメントを投与された人は、サプリメントを投与されなかった人と比較して、31歳までに1型糖尿病のリスクが90%近く低くなっている。サプリメントを受けている人の中で、少なくとも2000IU/日を受けている人は、2000IU/日未満の人に比べてリスクが80%低かった 。

1965年から2005年にかけて、フィンランドでは1型糖尿病の発症率が劇的に増加した;同期間に、推奨されるビタミンD摂取量は4500IU/日から400IU/日に減少していた。

関連性と因果関係は一致しないが、この現象を他の方法で説明することは困難である。糖尿病リスクの質的に類似した差がEURODIAB研究で報告されているが、この研究では、乳児期にビタミンDの補給を推奨している国は、推奨していない国に比べて15歳までのI型糖尿病発症率が低かった。

米国の軍人を対象としたネステッド・ケースコントロール研究では、25(OH)D濃度が14ng/mL未満の人は、40ng/mL以上の人に比べて3.5倍の1型糖尿病リスクを有していた 。

大規模コホート研究では、インスリン抵抗性と空腹時インスリン濃度の両方が血清25(OH)D濃度と逆相関しており、糖尿病におけるビタミンDの寄与が生物学的に妥当であることが示された。エビデンスは、人口のビタミンDステータスを改善することで、1型糖尿病の発症率が著しく減少することを示唆している。

妊娠

最近になって、我々は病気の発生起源と周産期環境が生涯の健康にどのように影響を与えるかを理解し始めた。世界的には、妊婦の間で深刻なビタミンD欠乏があるが、まだ妊娠中のビタミンDの役割は主に無視されてきた。

疫学的データは、妊娠中のビタミンD欠乏が母体の子癇前症、歯肉炎、および母体の歯周病、胎児の発育障害,、歯列障害,、乳児の呼吸器合胞体ウイルス感染症のリスクの増加を引き起こすことが示されている。

早産リスク

インドの最近のRCTでは、妊娠中にビタミンDの補充を与えられた女性は、補充を与えられなかった参加者と比較して、早産のリスクが61%低く、高血圧性合併症のリスクが47%低いことが示された。

400IUでは妊婦と乳児の充足度への効果はなかった

別のRCTでは、4000 IU/日のビタミンD補充は、妊婦とその乳児の充足度(≥32 ng/mL)を達成する上で安全で効果的であることが示されたが、400 IU/日では効果がなかった。

実際、少なくとも32 ng/mLを達成した女性は、妊娠糖尿病、早産、早産、子癇前症、妊娠高血圧障害、感染症のリスクが低かった。

40ng/mLで早産のリスクが約50%低下

全体的に、25(OH)Dの血清濃度が40ng/mLに達すると早産のリスクが約50%低下する。米国の早産率は11.4%であり、年間260億ドルの関連費用がかかるため、妊婦に最適な25(OH)D濃度40ng/mLを達成することは、この人的・経済的負担を大幅に軽減することになる。

太陽ビタミンD合成 サプリメントにない利点

Sunlight and Vitamin D: A global perspective for health
Vitamin D is the sunshine vitamin that has been produced on this earth for more than 500 million years. During exposure to sunlight 7-dehydrocholesterol in the
ビタミンD中毒を防ぐ・ビタミンDレベルの調整能力
ビタミンD3の皮膚産生を太陽の光でコントロール

プレビタミンD3が生成された後、太陽光に曝露されると、太陽のUVB放射を吸収して、ルミステロール3とタキステロール3という2つの主要な光生成物に異性化する。

このように、皮膚が太陽光にさらされた場合、7-デヒドロコレステロールの約15%しかプレビタミンD3に変換できない。また、プレビタミンD3からビタミンD3を作った皮膚が太陽のUVB放射にさらされると、UVB放射を吸収して、いくつかのスーパーステロールと5,6-トランス-ビタミンD3に変換される。

したがって、人がどれだけ日光にさらされても、過剰なプレビタミン D3 やビタミン D3 は光分解されて石灰化活性を持たない生成物に変換されるため、ビタミン D の中毒は発生しない。

皮膚の抗腫瘍効果

このことは、これら無数の光生成物が、表皮細胞の成長を調節したり、皮膚癌のリスクを軽減するなど、他の生物学的効果を持たないことを意味しているわけではない。

ルミステロール3は、1,25-ジヒドロキシルルミステロール3に変換されると、皮膚の抗腫瘍効果を持つ可能性がある 。したがって、プレビタミン D3、ビタミン D3、およびその光生成物を生成するために日光を浴びることは、単にビタミン D3 サプリメントを摂取したり、食事からビタミン D3 を摂取したりする以上の利点があるかもしれない。

最適な健康のためのビタミンDレベル

ビタミンDはシグナルに対する細胞応答の最適化

他の多くの微量栄養素と同様に、ビタミンDは重要な細胞生物学的プロセスに必要な要素ではあるが、十分な要素ではない。つまり、ビタミンDは、これらのプロセスを実現するためには存在しなければならないが、それ自体がそれらのプロセスを刺激したり引き起こしたりするわけではない。

要するに、ビタミンDの状態が低いと病気や機能不全を引き起こすというよりも、内部および外部からのシグナルに対する細胞の応答が損なわれるということである。

すべての組織、細胞に存在するビタミンD受容体

現在では、体内の基本的にすべての組織や細胞がビタミンD受容体を持っていることが認識されている。さらに、ほとんどの細胞は25(OH)Dをその活性型である1,25-ジヒドロキシビタミンD ,25(OH)2Dに変換する能力を持っており、私たちの毎日のビタミンD消費のほとんどはこの方法で行われている。

細胞内でのこの変換により、各組織は必要に応じてビタミンDを利用することができる。また、ビタミンDが存在しない場合、私たちの体のどのシステムも、その最適な潜在能力を発揮することができないこともまた、次のとおりである。このように、ビタミンDの状態が低いと、必然的に様々な機能障害や病気に関与していることが明らかになった。

どれだけのビタミンDが必要か?

最適な健康状態を得るためにどれだけのビタミンDが必要かという問題に対処するためには、まず、望ましいエンドポイントを考慮する必要がある。くる病のような既知の病気を回避することが目的であれば、骨の健康を最適化することが目的である場合に比べて、必要な量は少なくなる。

さらに、ビタミンDの生理的必要性に焦点を移すと、必要性を判断するためのいくつかの基準 が提供される。その中には、

  1. 機能的な適応や補償の必要性を最小限に抑える摂取量、
  2. ヒトの祖先で見られるレベル
  3. 重要な生命機能を支えるための必要な量を含む。

これらの基準を以下に詳しく説明する。

48-52ng/mL

適応的補償の一つの現れは、ビタミンDの状態が低いときに起こる副甲状腺の生産量の上昇である。ビタミンDが介在する腸内カルシウム吸収は副甲状腺活性を低下させるが、ビタミンDがカルシウム吸収の制限因子でなくなる点は、副甲状腺ホルモン濃度が最も低くなる点である。これは、25(OH)Dの血清濃度が48-52ng/mLの範囲にあるときに起こる 。

上述のように、先祖代々のヒトのビタミンDの状態を推定することは、アフリカの2つの部族について行われてきた。彼らの平均25(OH)D濃度(約46 ng/mL) は、人類の進化の数千年にわたって自然淘汰によって人間の生理機能が微調整されてきたレベルの最良の推定値を提供している。

ビタミンDの重要な機能は、母乳中の母から子への栄養素の移行である。乳児のビタミンDの必要性を十分に満たすためには、母親の血中コレカルシフェロール(ビタミンD3)濃度が10 ng/mLを超えていなければならないが、これは血清25(OH)Dが48 ng/mLを超えた場合にのみ起こる 。現在の一般的なビタミンDステータス値では、D3は母乳に移行しない。したがって、現在推奨されている25(OH)D濃度は、この重要な生理機能をサポートするのに十分ではない。

要するに、3つの生理学的基準はすべて血中濃度が48ng/mL前後に収束している。臨床的に明らかなくる病を避けるには25(OH)D濃度20ng/mLで十分であるが、生理機能を維持し、最適な健康状態を促進するには十分ではない。

約6000IU/日?

ビタミンDは、紫外線への曝露、食事からの摂取、またはサプリメントから摂取することができる。生理的ニーズを満たし、最適な健康を維持するために毎日必要なすべての供給源からの摂取量は、約6000IU/日と推定されている 76,。

PubMed
個人差が大きいため血清濃度を調べること

しかし、紫外線曝露によるビタミンDの産生能力や食事からの吸収能力には個人差があり、また個人の必要量にも個人差があるため、25(OH)Dの血清濃度を調べることは依然として重要である。

費用便益分析

2010年の米国における主要な死因30のうち、19の死因がビタミンDの低値と関連しており、その中には様々な形態の心血管疾患、様々な癌、糖尿病、アルツハイマー病、高齢者の転倒や骨折などが含まれている。

ビタミンDレベル40ng/mlの達成によって、33万人の死を失くせる。

米国の人口がビタミンDのステータスを40 ng/mLに高めた場合、毎年33万6,000人もの死亡が減少する可能性がある(関連する疾患に起因する210万人の死亡のうち)。

これには、心血管疾患による死亡が18万人、大腸がんによる死亡が2万人、乳がんによる死亡が1万2000人、その他のがんによる死亡が7万人、アルツハイマー病による死亡が1万5000人減少すると推定されている。

13兆円の削減

毎年の死亡者数の減少に加えて、関連する疾患のケアの直接のコストは、毎年約1300億ドル削減されます。25(OH)D濃度を上げることは、米国では病気の負担を減らし、寿命を延ばすために最も効率的で費用対効果の高い方法であると考えられている。

公衆衛生機関のメッセージは間違っている

ビタミンD欠乏症がこれほどまでに蔓延している理由としては、米国外科医長、医学研究所、世界保健機関による公衆衛生上のメッセージが挙げられるが、いずれも日光への曝露を避け、日光を浴びる際には衣服や日焼け止めを着用して皮膚を覆うことを推奨している。

これらのメッセージは、主に非黒色腫の皮膚がんを減らすことに焦点を当てていることに注意する必要がある。毎年合計500万人の皮膚がん患者が治療を受け、年間81億ドルの費用がかかっており、皮膚がんによる死亡者数は年間13,000人に上ると言われている。

メラノーマ

皮膚がんの中で最も致死性の高いメラノーマは、死亡者の70%~75%を占めており 、費用の40%を占めている。公衆衛生上のメッセージに反して、すべての皮膚癌、特にメラノーマが、適度な日焼けに直接起因するわけではない。

20歳前の痛みを伴う日焼けは、すべてのタイプの皮膚がんの強力な予測因子であるように思われるが、慢性的または生涯にわたる日焼けは、非黒色腫皮膚がんのリスクの増加と関連しているが、悪性黒色腫のリスクは減少している。

結論・推奨事項

最適な健康と幸福を得るためには、太陽の全スペクトル(全波長)が不可欠である。人間は太陽光に応答してビタミンDを生成するよう生理的に適応しているが、ビタミンD合成に必要な波長以外のスペクトルも同様に効果があるようである。

ビタミンDを得るために食事から摂取することもあるが(最近ではサプリメントから摂取されたりもする)、自分自身で作り出すことができる我々の自然の能力を無視してはいけない。

私たちの意見は、腕、肩、体幹、脚に適度な太陽の露出(に必要な時間未満で)を避けるのではなく、求めるべきであるというものである。その限られた時間が達成された後は、皮膚を覆うか、日陰を探すのが適切かもしれないことには同意する。

日光を浴びることの利点はビタミンDの産生にとどまらず、
  • 一酸化窒素の放出、(高血圧の低下)
  • β-エンドルフィンの産生、(幸福感)
  • サーカディアンリズムの調節など、
まだ十分に研究されていない他の生理学的反応も含まれており、これらはすべて生涯にわたる健康と幸福のための重要な要素である。

日光を避けるという現在の政策は、一般の人々に害を及ぼす可能性が高い。紫外線よりも長い波長の太陽スペクトルの一部の影響が知られていないのは、主にそれらの領域に対する皮膚および全身の反応を測定するための適切なツールが不足しているためである。

したがって、我々は、米国外科医総局、世界保健機関、医学研究所、およびその他の保健機関が、一緒に、または別々に、日光曝露の利点と有害性を包括的に定義し、定量化し、それらを検出し、定量化するために必要な測定方法を開発するために、早急に努力することを提案する。

この努力に続いて、安全で有益な個人レベルでの被ばくに関する具体的な勧告を作成すべきである。

また、暫定的な戦略として、結核の薬物治療と並行して、ビタミンDによる恩恵と、ビタミンDの状態への効果を超えたヘリオセラピーによる恩恵の両方を得るために、太陽光照射とビタミンDの補給の両方を行うことを推奨する。

 

ビタミンD合成のための日光必要量

VitaminDWiki |
Vitamin D Wiki: Best vitamin D information

40 ngのビタミンDを摂取するための太陽の数分

  • シアトルのより緯度の高い場所では2倍の時間がかかる。
  • シニアでは若者の3倍の時間が必要
  • 横になって寝ているよりも立っている場合は2倍の時間が必要
  • 肥満では2倍以上必要
  • 黒い色の皮膚では5倍以上必要
  • 早朝または昼下がりの日差しでは2倍以上必要
  • 春または秋の太陽ではは 2倍以上必要
  • 都市でスモッグがある場合、 おそらく2倍または4倍以上必要

太陽光ビタミンD合成 減少要因

Exercise and Fitness in the Age of Social Distancing During the COVID-19 Pandemic
加齢
皮膚によるビタミンDの合成率は年齢とともに低下する。

同レベルのビタミンDを合成するのに、60歳以上の人では20歳未満の人よりも3〜4倍長い日光を必要とする。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/2997282/

皮膚の色の濃さ

皮膚が色黒の人は、白い色の肌の人と比べて、ビタミンDの生成に約5倍の時間が必要。

Ultraviolet Exposure Scenarios: Risks of Erythema From Recommendations on Cutaneous Vitamin D Synthesis - PubMed
Exposure to sunlight is a major source of vitamin D for most people yet public health advice focuses overwhelmingly on avoiding exposure of unprotected skin bec
290〜330 nmの波長

太陽光線に含まれる290〜330 nmの波長は、ビタミンDを破壊もする。そのため、太陽の下で一定量費やしてもある時点からはビタミンDは生成されない。

画像、イラストなどを保持する外部ファイル。オブジェクト名はde-5-51-g10.jpgです。

タイトルとURLをコピーしました