全身振動

認知・運動能力に対する職業的振動暴露の影響

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Effects of occupational vibration exposure on cognitive/motor performance

Accepted 18 July 2014

概要

29種類の機械を用いて、全身振動(WBV)の職業上の暴露レベルを測定した。2つの異なるWBV曝露プロファイルが発見され、車両の変形を伴う制御された曝露状況で再現された。45人のボランティア被験者を募集し、WBVが認知能力や運動能力に及ぼす影響を評価した。テストは、刻々と変化する状況に対する注意の配分とその結果としての反応との関係を調べることを主目的とした行動判断テストと、ハンドリングメカニズムの正確さと注意力を調べることを目的としたオメガテストの2種類を選択し、適用した。その結果,振動暴露レベルが障害の程度に影響することがわかった。振動レベルが高くなると,エラーの修正に要する時間が2倍以上になるため,被験者のパフォーマンスレベルは低下する。また,性別や年齢で比較しても,有意な差は見られなかった。得られた結果は、作業車両の特性を改善することで、対応する悪影響を軽減し、結果的に対応する労働条件を改善するために使用することができる。

産業界との関連性

得られた結果は、作業車両における振動への曝露を低減し、関連する悪影響を最小限に抑えることの重要性を強調するために使用することができ、その結果、対応する労働条件を改善することができる。

1. はじめに

あらゆる職業環境には、数多くのリスク要因が存在する。特に、バス、トラック、フォークリフト、重機など、人が運転したり操作したりする機械を操作する仕事では、全身振動(WBV)にさらされることがよくある。WBVにさらされることによる影響として、文献で最もよく引用されるのは、自己申告による「腰痛」である。これは、このテーマに関するいくつかの疫学研究によって確認されている(例えば、Bovenzi and Hulshof, 1998; Bovenzi et al 2006; Magnusson et al 1998; Gallais and Griffin, 2006)。M.BovenziとM.J.Griffinは、暴露プロファイルと報告された症状を体系化しようと試みた研究者の2つの例であるが、彼らの研究のほとんどは、以下の通りである。

WBVに曝露した場合と曝露しない場合の認知・運動能力を比較評価する必要性は、既存の文献で明らかになっている潜在的な影響から生まれた(Blüthner et al 2002,Cronin et al 2004,Jiao et al 2004,Mansfield et al 2006,Schust et al 2006,Lin et al 2008,Messina et al 2009,Mani et al 2010年)。

Griffin and Hayward (1994) は、新聞から引用した文章の読みやすさに対する WBV のホリゾンタル成分 (X 軸と Y 軸) の影響を調査した。変数としては、振動曝露時と非曝露時の読解音節数を使用した。その結果,3.15~5Hzの振動周波数と1.0および1.25m/s2の加速度を組み合わせた条件では,統計的に有意な読解速度の低下が見られた。最も顕著な減少は、どちらの加速度値においても4Hzで発生した(Griffin and Hayward, 1994)。

Kubo et al 2001)は、人間がWBVにさらされたときの影響に関与する成分の総合モデルを提案した。著者らは、振動にさらされたときの人体の反応は、3つの反応セットで説明できると仮定した。

  • 1) 身体のある部分から別の部分への振動の物理的な伝達によって表現される反応、
  • 2) 血圧や心拍数などの変化によって表現される生理的な反応、
  • 3) 心理的な反応。振動によって引き起こされる様々な症状、例えば、身体的な症状(疲れ、あくび、眠気、目の疲れ、ぼーっとする)精神的な症状(イライラ、忍耐力の低下、注意力の散漫)神経的な症状(頭痛、腰痛、めまい、吐き気、肩こり)が現れることで示される心理的な反応である(Kubo er al)。

Ljungberg et al 2004, 2007a,b)は、3つの別々の論文で同様の結果を報告している。著者らはまず、騒音とWBVを併用または単独で行った場合の、認知能力への影響を調べた。反応時間に有意な変化は見られなかったが、参加者は複合暴露が孤立した暴露よりも煩わしいと評価した(Ljungberg et al 2004)。認知的な曝露後の効果を評価するために、著者らは曝露後の課題を提案した。振動にさらされた後の注意課題では、パフォーマンスの低下が明らかになった(Ljungberg and Neely, 2007a)。さらに、生理的反応として、生物学的ストレスマーカーとされる唾液中のコルチゾールレベルへの影響を調査した。得られた結果は、唾液コルチゾールで測定される生理的ストレスへの実質的な影響はなかった(Ljungberg and Neely, 2007b)。

Newell と Mansfield (2008) は、危険な作業姿勢と WBV への曝露がタスクのパーフォーマンスに与える影響を評価するために、視覚刺激に対する反応時間とそれに対応する運動反応を評価する方法を考案した。課題は5種類の作業姿勢で行い、1.1m離れたモニターにランダムな順序と間隔で方向矢印が表示され,被験者はキーボードの対応する矢印を押して反応した。その結果、WBVへの曝露と姿勢が、被験者の反応時間と正解率にマイナスの影響を与えることが明らかになった。また、被験者が椅子のアームレストなしで課題を行った場合、反応時間が有意に長くなることがわかった。姿勢は、エラー数の増加の有意な要因ではなかった(Newell and Mansfield, 2008)。

(Jiao et al 2004)は、心拍数とWBVへの曝露の間に正の関係があることを記録した。14の主観的な疲労症状に基づいて、そのうち4つの症状がWBVによって有意に影響を受けることが証明された。すなわち、肉体的な疲労感の増加、横になりたいという欲求、肩こり、気力の欠如である(Jiao et al 2004)。

さらに最近では、(Li et al 2012)が、WBVへの曝露によって前頭前野領域の活性化が高まり、その結果、余分な酸素やエネルギーが必要になるという証拠を発見した。彼らは、この活性化の増加が、WBVにさらされる職業における疲労の発生に寄与している可能性を示唆している(Li et al 2012)。

本研究の目的は2つある。1つ目は、分析した作業車両の運転者のWBVへの職業的曝露を可能な限り包括的に特徴づけること、2つ目は、得られたWBVプロファイルへの曝露が認知・運動能力に及ぼす影響を評価することである。

WBVへの職業上の曝露の特徴については、複数の著者が論文を発表している(Malchaire et al 1996; Maeda and Morioka, 1998; Paddan and Griffin, 2002; Funakoshi et al 2004; Kumar, 2004)。しかし、著者らの知る限り、「実生活」での暴露の影響を評価したものはない。したがって、この種の評価戦略は、プロのドライバーや重機オペレーターが行う作業の実際の要求に近い結果を示すと著者らは考えている。そのため、この実験的アプローチは、ドライバーへの情報提示の新しい方法を見つけたり、ユーザーのインターフェースデザインに対する新しい要求を特定したりするのに役立ち、WBVへの職業上の暴露の影響に関する新しい知識を生み出すことができる。

2. 材料と方法

2.1. サンプル

本研究の第1の目的を達成するために,バス,ゴミ収集車,フォークリフト,トラック式掘削機,ダンプカー,トラック式ローダー,バックホーローダー,コンパクター,振動タンデムローラー,ホイールローダー,ファームトラクターなど,29種類の車両の振動レベルを測定・評価する大規模なフィールドワークを実施した。

2つ目の目的のために、被験者は、大学キャンパスの学生、スタッフ、教員、客員教員に個別に招待状を送り、無作為に選ばれた。対象となったのは,年齢21~62歳(平均33.1±10.0歳)のボランティア45名(男性25名,女性20名)である。この45名のボランティアは、25歳未満(15名)25歳以上35歳未満(11名)35歳以上45歳未満(13名)45歳以上55歳未満(5名)55歳以上(1名)の5つの年齢カテゴリーに分かれてた。

2.2. 暴露評価

三軸加速度計(DYTRAN 3143M1)を搭載したリアルタイム振動分析装置(QUEST VI-400pro)を用いて、WBVに対する職業上の曝露の特徴を調べた。WBVへの曝露の測定と評価の基準は、ISO 2631-1:1997のガイドラインに従った。考慮された測定時間により、許容可能な統計的精度が確保され、評価対象となる「典型的な曝露」に対応した振動測定が行われた。すべての測定は、シートパッドの加速度センサをオペレータの体軸に合わせて配置し、実際の作業を行っている間に行われた。評価には、機械オペレータが確認した典型的な作業中に採取された3つの異なるサンプルが含まれる。総サンプリング時間は1台につき30分以上とした。

この研究の2つ目の目的を達成するために,2.5トンのバン(Citroen Jumper 2.5D)の後部を,大人2人と試験装置を収容できるように改造した。この改造では、2つの独立したシートと、テストを行うための機器を収容するサポートプラットフォームが導入された。被験者の座席には、ダイトラン製3軸加速度センサーを搭載したパッドを置き、試験中の加速度値をモニターした。その後、被験者ごとに得られた値をもとに暴露プロファイルを作成し、同時にすべての試験が同様の条件下で行われたことを確認する。もう1つのシートは、研究者が被験者を補助しながらテストを行うために設置された。運転手は一人であったが、無線で研究者と連絡を取ることができた。バンの運転は,すべてのテストで運転作業の一貫性を確保するため,常に同じ人(人間工学研究所のスタッフから採用)が行った。

ポテンシャルドライバーの認知・運動能力に対するWBV曝露の影響を評価するためには、すべての被験者、すべてのテストにおいて曝露条件が変わらないようにする必要があった。そこで,異なる種類の舗装を含み,試験の再現性を確保するという2つの重要な基準を満たす閉回路試験道路を選択した。1つ目の基準では,通常のアスファルトと凹凸のある石畳の2種類の舗装を選択した。歩行者や他の車両などの障害物がないクローズドなサーキットであるため、テスト中は一定の速度で走行することができる。2種類の舗装が存在することで,舗装の規則性と不規則性に基づいて,加速度の値が低いものと振動の大きさが高いものの2種類のWBV暴露プロファイルを作成することができた。

このWBV暴露プロファイルが,評価対象の車両に登録されている暴露プロファイルと類似していることを保証するために,性能評価試験では以下の3つのシナリオを採用した。

  • – 条件1:バンが停止している状態。
  • – 条件2:通常のアスファルト舗装上を約30km/hで走行している状態。
  • – 条件3:凹凸のある石畳を約20km/hで走行した場合。

2.3. 認知・運動評価

本研究の第二の目的は、WBVの曝露が被験者の認知・運動性能に及ぼす影響を評価することであるため、移動中のシナリオで実施でき、かつ必要とされる機動性(バンの後部に設置するため)に適合した特定のタイプの評価を提供するために、適切なテストを選択する必要があった。これらの条件を満たすものとして、アクションジャッジメントテストとオメガテストが選ばれた。

行動判断テスト(AJT)は適性検査であり、主にプロの運転免許候補者の資格基準を提供するために使用された(Takei and Company, 1996)。このテストは、実際の運転作業の「環境」を近似的に再現し、刻々と変化する状況下での注意の分散と対応する反応の関係を評価するために考案されたものである。このテストでは,被験者はステアリングホイールを使って,2本の針(視野の左右両方)を最初から最後まで操作し,針と周辺の赤い線が接触しないようにして,矢印の頭ではなく,それぞれの矢印の首の側面を通過させることが求められる(図1)。

この性能試験ツール/機器には、16本の赤い矢印と周辺の赤い線が記された水平な円盤の回転速度が一定になるように、シンクロナスモーターが搭載されている。試験時間は3分30秒で、各1分10秒の3つのステージに分かれている。試験時間は3分30秒で、1分10秒ずつの3段階に分け、各段階ごとに独立した結果を登録した(図2)。

試験の性質上,被験者は試験をこなしていくうちに成績が向上し,最終段階で最も少ないミスを犯すようになると予想される。この効果は、Takei and Company (1996)によって、「訓練効果」と呼ばれる練習によるパフォーマンスの向上と表現されている。今回のテストでは、式(1)のように、最初のステージのエラー数(A)と最後のステージのエラー数(B)の差を考慮して、トレーニング効果の値(L)を求める。

この「トレーニング効果」は、WBVにさらされることで損なわれることが予想される。判定基準は、トレーニング効果の値(L)とエラーの総数(C)に基づいており、表1から得ることができる。これらの判断基準を用いて,3つの振動暴露試験条件における被験者のパフォーマンスを分類した。

表1に示すように,判定値は2から 2の範囲であり,判定値が低いほど,エラーの総数が多いことを意味する。判定値が0以下の場合は、運転免許を取得することができない。トレーニングの効果の程度は,被験者の認知能力を評価するのに利用できる。一方,エラー数は,被験者の運動能力を示す指標となる。

オメガテスト(OT)は、メカニズムを扱う際の正確さと注意力を調べるために考案されたツールである。このテストを使用することにしたのは,バックホー・ショベルやクローラー・ショベルなどの機械を操作するという特定の作業において,WBVにさらされることで被験者の正確さや注意力がどの程度損なわれるかを評価する必要があったからである。テストツールには,2つの横並びのノブ(左のノブは「左下から右上」,右のノブは「左上から右下」)が装備されており,ギリシャ文字のオメガのような形をした蛇行線に沿ってポインタを動かすことができる。この動きは,エッジに触れずに行う必要がある(図3)。図4は,OTの初期設定である。OTの適用に先立ち,適用マニュアル(EAP, 1975)に示されたプロトコルに従って,各被験者に指示を与えた。

ポインタがエッジのいずれかに触れるたびに,エラー数(NE)と総エラー時間(DTE)の両パラメータが中央記録装置に記録(蓄積)された。DTEは,エラーが発生してからその修正(ポインタをエッジから遠ざける)までの経過時間である.また,タスクを実行するための総時間(TT)も登録された。OTデザインは運動評価に重点を置いているが、TT値が低いほどポインタの動きが速いことを示しているため、TTはタスク完了に向けた注意を強調している可能性もある。このような速い動きは,被験者が精度を落としてでもより速くタスクを完了したいという衝動に駆られた結果であることが多い。

両テストとも,被験者がテストに慣れてきたときに生じる可能性のあるスキル/学習効果を最小限に抑えるため,WBV 曝露条件の順序を無作為化した。
各テストは,各テスト条件(1,2,3)について被験者が 1 回だけ実施し,その結果,合計 270 件のテスト結果が得られた。

2.4. データ解析

収集したデータの統計分析は,IBM SPSS Statistics(version 19, 2011)を用いて行った。サンプルの特性の決定には,SPSS の記述的統計ツールを使用した。

2 つのグループの車両(表 2 および表 3)の平均加速度値を分析し、これらの車両が 2 つの異なる振動プロファイル(x 軸、y 軸、z 軸)を持つと考えられるかどうかを判断するために、t 検定を使用した。試験中の WBV の曝露条件、すなわち 2 つの曝露条件(各軸について)の分析にも t 検定が用いられた。

WBV曝露条件が被験者のパフォーマンス(AJTとOTの両方)に影響を与えているかどうかを分析するために、ペアサンプルt-テストを使用した。

性別がテストの結果に影響を与えているかどうかを検証するために,実際の測定値を測定値のランクに置き換えて,独立標本ManneWhitney U検定を使用した。年齢がテストの結果に影響を与えるかどうかを検証するために、被験者を年齢別のカテゴリーに分類した。1つのカテゴリーの被験者数が少なかったため(n ¼ 6)独立標本の KruskaleWallis 検定を使用した。

3. 結果と考察

本研究の第1の目的は,29種類の車両のWBV曝露プロファイルを明らかにすることである。これらの車両は,その一般的な用途,すなわち通常運転する路面の種類(通常舗装と不規則舗装)に応じて2つのグループに分けられた。第1グループには,X軸で0.02m/s2~0.43m/s2,Y軸で0.01m/s2~0.35m/s2,Z軸で0.07m/s2~0.47m/s2の範囲の低いWBV値を持つ車両が含まれた。残りの車両は第2グループに入れた。このグループのWBV値は,X軸が0.24m/s2~0.72m/s2,Y軸が0.11m/s2~0.76m/s2,Z軸が0.17m/s2~1.56m/s2の範囲となった。表2および表3には、両グループの3軸(前後軸(X)横軸(Y)縦軸(Z))のそれぞれについて得られた加重加速度の平均値が簡単に記載されている。

2つの車両グループの平均加速度値(X軸、Y軸、Z軸)については、t検定により両者の違いが明らかになった(X軸:t ¼ 61.051; dF ¼ 44; p < 0.001,Y軸:t ¼ 32.015; dF ¼ 44; p < 0.001,Z軸:t ¼ 48.063; dF ¼ 44; p < 0.001)ことから、これらの値を用いて2つの異なる暴露プロファイルを設定することができる。
3種類の異なるWBV暴露テストシナリオ条件により、表4に示すようなWBV暴露プロファイルが得られた。

表4は、認知・運動能力を評価するために実施した90のテストから得られた加重加速度値をまとめたものである。これらの結果は、各軸(X、Y、Z)の WBV 値のかなりの範囲を示している。

また,表4の分析結果から,人体の垂直軸(Z軸)の加重加速度が最も高く,アスファルト舗装と石畳でそれぞれ0.20および0.54m/s2を記録したことが確認できた。このように高い値を示しているが,このZ軸の加重加速度の範囲は,第1グループのバスで得られたものと同様であることを強調しておきたい(表2)。

図5は,グループ1の車両の加重加速度平均値(X,Y,Z軸)の箱ひげ図である。この図から,グループ 1 の車両について決定された WBV 値の範囲を確認し,同じく図 5 に示された試験条件 2(アスファルト)で観察された WBV 値と比較することができる。

この図では,条件2で得られた加重加速度平均値(X軸,Y軸,Z軸)がグループ1車両の範囲に収まっていることが確認できる。

グループ2の車両とそれに対応する条件3(石畳)についても同様の分析が可能である。図6は,グループ2の車両の加重加速度平均値(X軸,Y軸,Z軸)の箱ひげ図である。この図から,グループ2車両のWBV値の範囲を確認し,条件3のテストで観測された値と比較することができる。この図では,条件3で得られた加重加速度平均値(X軸,Y軸,Z軸)がグループ2車両の範囲に入っていることが確認できる。

3つのWBV暴露条件で45人のボランティアについて得られたAJTの結果を表5にまとめた。これらの結果は、エラー総数の基準(AJ_TEのスコアで表される)を適用した後に得られた値を比較した場合だけでなく、トレーニングの効果の基準(AJ_Lのスコアで表される)を適用した後に得られた値を比較した場合にも、興味深い統計的有意値を示した。

AJ_TE は、表 1 を解釈した結果の行動判断スコアである。このパラメータで得られた結果をペアサンプルt検定で調べたところ、より高い値のWBVにさらされたときに、行動判定値(AJ_TE)が有意に減少することがわかった。具体的には、平均行動判定値(AJ_TE)は、1.11(条件1)から0.71(条件2),0.62(条件3)へと減少した。

AJ_Lは、表1の解釈からも得られる行動判断スコアである。しかし、AJ_Lスコアは、被験者が示した学習能力から得られる。この学習能力は,テスト試行中のエラー数の減少の期待値で評価され,式(1)から得られる.このパラメータについて得られた結果をペアサンプルt検定で調べたところ,WBVの値が大きいほど行動判定値(AJ_L)が統計的に有意に減少することがわかった。具体的には、行動判定値(AJ_L)の平均値は,0.47(条件1)から0.11(条件2),0.29(条件3)へと減少した。

したがって,条件2(0.11)ではより強い学習障害が発生し,条件3(0.29)では発生しないようである。

また、年齢や性別などの要因が、学習値(L)やエラー総数(TE)の分布に影響を与えている可能性も検証された。しかし,実施した独立検定では,これらの要因の影響を示す統計的有意性は認められなかった。年齢別の独立標本 KruskaleWallis 検定と性別の ManneWhitney U 検定の詳細は、それぞれ表 6 と表 7 にまとめられている。

AJTで得られた結果は、認知・運動能力に対するWBV曝露の効果の存在を示していると思われる。しかし、この効果は、認知能力よりも運動調整能力に顕著に現れているようである。この運動障害は、トータルエラーの基準(AJ_TE)に関して明らかであり、停車中の車両を使ったテスト条件と移動中の車両を使った2つの条件の間に見られた階段状の差はより有意であった(アスファルト:t¼ 1.809,dF¼ 14,p¼ 0.077,石畳:t¼ 2.253,dF¼ 44,p¼ 0.029)。トレーニング基準(AJ_L)が認知的要素により重点を置いていると仮定すると、実施した統計的検定では、停止している車両の条件と通常のアスファルト路面を移動している車両の間でパフォーマンスが低下していることが明らかになった(t ¼ 2.264; dF ¼ 44; p ¼ 0.029)。この運動障害は、(Li et al 2008)が20分間の垂直・座位WBVを受けた被験者で発見した位置感覚エラーと比較することができる。これらの位置感覚エラーは、WBV曝露の影響として腰部の姿勢を感知し制御する能力の低下が起こる可能性を示唆している。

条件2のWBV曝露量と条件3のWBV曝露量が有意に異なるにもかかわらず、これらの条件におけるAJTの結果は、同じように異なるものではなかった。AJ_TE基準では、有意な差は見られなかった(t ¼ 0.389; dF ¼ 44; p ¼ 0.700)。1つの可能な説明は、WBV曝露による障害は、複数の著者によって報告されたWBV曝露の健康への影響とは対照的に、運動調整システムに直線的な影響を及ぼさないことである(Bovenzi and Hulshof, 1998; Magnusson et al 1998; Bovenzi et al 2006)。注意基準(AJ_L)の分布については、t-testの結果はそれ以外の点を示しており(t ¼ 1828; dF ¼ 44; p ¼ 0.074)、つまり、WBV暴露値が高いほど、被験者の認知能力に直接影響を与えていることになる。

オメガテストでは、最終的な結果に応じて被験者を評定し、被験者は総エラー時間(DTE)に応じて分類される。表8は、OTの適用により得られた結果の記述統計を示している。

この研究で得られた結果は,振動暴露レベルの増加に伴い,不動のバンの状態と比較して,エラー数(NE),総エラー時間(DTE),テストを受けるための総時間(TT)が増加することを示している。

表9では,3つの異なる振動条件を比較し,停車中のバンとアスファルトの振動プロファイルで得られた結果(t ¼ 5.843; dF ¼ 44; p < 0.001)と,停車中のバンと石畳の振動プロファイルで得られた結果(t ¼ 4.342;dF ¼ 44; p < 0.001)との間に,統計的な有意差が見られた。OTは主に運動精度を評価するため,WBV曝露の結果,運動障害の証拠が見つかったと考えることができる。2つのWBVプロファイル(条件2と条件3)の下での被験者のパフォーマンスの統計的な違いは、振動レベルも考慮すべき変数であることを示しているようだ(t ¼ 3.647; dF ¼ 44; p ¼ 0.001)。WBVへの曝露が反応時間に悪影響を及ぼすという証拠は、NewellとMansfield(2008)によっても発見されている。

テストを完了するのに必要な総時間(TT)の平均値は、WBVによって増加した。

(TT)の平均値は、WBVにさらされた結果、増加した。OTでのポインタの移動に要する時間(TT)の増加は、タスクに注意を向ける能力の低下を明らかにしているのかもしれない。この事実は、エラーの数 (NE) とその修正に要する時間 (DTE) も増加していることから、被験者のパフォーマンスを低下させていると考えられる。

ポインタをOTの経路に沿って移動させる時間の増加は、(Kubo et al 2001)が発見した結果からも説明できる。これらの著者は、WBVへの曝露と、呼吸数および血圧の上昇との間に、統計的に有意な関係を見出した。また、WBVを受けた被験者の心理的反応については、目の疲れ、ぼーっとしている、イライラ、焦り、注意力の低下、頭痛、背中の痛み、めまい、吐き気、肩こりなど、疲労の概念に関連する症状の増加が挙げられている。OTのポインターを動かす時間が長くなったのは、この研究に参加したボランティアの一部が経験した「焦り」に直接関係していると考えられる。疲労の概念に関連した症状の増加は、OTを実行するのにかかった合計時間(TT)の値の増加だけでなく、エラー数(TE)とその修正時間(DTE)の増加を説明するのに役立ったが、注意力の低下は後者の2つの変数に直接影響する。

さらに統計的な検証を行ったところ、このパフォーマンスの障害は被験者の性別に関係しないことが明らかになった(Halted: c2 ¼ 4.681; dF ¼ 4; p ¼ 0.322; Asphalt: c2 ¼ 2.960; dF ¼ 4; p ¼ 0.564; Cobblestone: c2 ¼ 5.729; dF ¼ 4; p ¼ 0.220)。

本研究は、機械オペレーターや大型車両の運転者がよく訴える不快症状の解明に貢献するものである。より具体的には、注意力の低下、短期記憶、不安や苛立ちに関連する症状である。

このような重機やトラックのキャビンには、より多くの情報通信機器が搭載されている。WBV曝露による障害に応じて、読み取りエラーや制御操作の失敗を最小限に抑えるために、これらの機器や対応するインターフェースの設計を見直す必要があり、また、ユーザーインターフェースの設計に新たな要求を見出す必要がある。

また,この研究では,バックホー・ショベルやクローラー・ショベルなどの重機の操作者がWBV曝露によってどのような影響を受けるかをよりよく理解するために,WBV曝露によって被験者の特定の作業に対する正確さと注意力がどの程度損なわれるかを評価しようとした。このような重機の操作には、運転作業だけでなく、操縦、掘削、積み込みなどの作業も含まれる。

4. 結論

この研究で行われた車両運転者のWBVへの職業的暴露の特徴は、登録された振動レベルが同様の研究の著者によって得られた値の範囲内であることを示し、2つの異なるWBV暴露プロファイルを確立することができた。これらのプロファイルは,特に第 2 の機械グループを考慮した場合,WBV への職業上の曝露を防止するためのより積極的なアプローチを提唱しているように見える.

WBV曝露をシミュレーションするために採用された手順は、実際の曝露状況と同様のWBV曝露プロファイルを被験者に提供しているようである。

WBV曝露の結果、認知機能障害よりも運動機能障害の方が大きいことが明らかになった。テストした2つのWBVプロファイルの下での被験者のパフォーマンスに統計的に有意な差が見られたことは、移動中の車両における振動暴露レベルが、特に車両の運転者に要求される正確さと精度を考慮しなければならない変数であることを示しているように思われる。

また、WBV曝露の結果、注意力の低下が認められた。この障害は、特に機械オペレーターの複雑な作業を考慮すると、労働安全上の問題を引き起こす可能性がある。また、WBV曝露と事故やヒヤリハットの発生との因果関係を明らかにするため、さらなる研究を検討する必要がある。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました