COVID-19 パンデミック/社会的影響

この記事は約22分で読めます。
Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

コロナウイルス 社会への影響

サイトのご利用には利用規約と免責事項への同意が必要です。

パンデミックによる社会的影響

コロナウイルスの死は「一人当たり10年以上の命の喪失をもたらす」

COVID-19で亡くなる人の多くは、基礎となる慢性疾患を持つ高齢者であるため、COVID-19の影響が誇張されているのではないか?

COVID-19の結果として失われる実際の生命の年数は比較的少ないのではないかとの推測もある。

グラスゴー大学の新しい分析では、COVID-19で亡くなる人の典型的な慢性疾患の数や種類を考慮した後でも、COVID-19による死亡は1人当たり10年以上の寿命を失うことがわかった。

COVID-19で亡くなる人の中で、一人当たりの失われた人生の年数は、冠動脈性心疾患などの疾患と似ている。 政府や国民が、COVID-19の個人への影響を誤って過小評価しないために、このことを理解しておくことが重要である。

Coronavirus deaths ‘result in more than 10 years of life lost per person’
A research team from the University of Glasgow has started looking at a ‘more realistic measure’ of the disease’s impact.

パンデミックの真のコスト

The True Costs of the COVID-19 Pandemic
It will kill many directly, but the effort to fight it will incur a huge toll on other aspects of our health and well-being

(米国)

  • 数千万人の失業者
  • 在宅勤務が容易な白人との人種間不平等
  • 12%の米国人は400ドルの予想外の出費を支払えない
  • 学校閉鎖による10%のシングルマザーの育児と仕事の二重負担
  • 失業は脳卒中リスクを2倍に
  • 社会的孤立は死亡リスクを30%高める

偏った報道

NCBI - WWW Error Blocked Diagnostic

COVID-19パンデミックに関するニュースは、表向きは一般の人々に情報を提供し、支援することを目的としていたが、結果的に否定的な感情が増大したことと相まって、ビデオメッセージの大部分は、対処戦略や健康維持のための行動を奨励し、促進するためにメッセージを再構成する機会を逃していた。

上記の安全対策に加えて、対処のためのいくつかの推奨事項には、感情的な支援の利用と提供、ストレス軽減のテクニックの適用、自己と他者への思いやりの行使が含まれる。

The role of emotions in crisis responses: Inaugural test of the i...: Ingenta Connect

影響を受ける人々

不確実性と判断の難しさ

科学的証拠に基づいて費用対効果の分析を行うにはあまりにも不確実性がある。 COVID-19のパンデミックの性質を踏まえ、現時点では、コストと利益の必然的かつ不完全な分析の結果に基づいて、何かを行うかまたは何もしないかについて決定を下すべきではない。

Attention Required! | Cloudflare

リスクの高いグループ

高齢者
  • 重度のcovid-19の直接的リスクが最も高い
  • 一人暮らしの可能性が高い
  • オンラインコミュニケーションの利用が少ない
  • 社会的孤立のリスクがある
若者
  • 危機的な時期に乱れた教育の影響
  • 長期的には景気後退時の雇用不振
  • それに伴う健康状態の悪化のリスクが最も高い。
女性
  • 介護者になる可能性が高く、学校閉鎖中に保育が必要になると収入が減る可能性がある。
  • 一部の人は家庭内暴力が増加する可能性がある。
東アジアの民族の人々
  • パンデミックが中国と関連しているため、差別やハラスメントのリスクが高まる可能性がある。
精神衛生上の問題を抱えている人
  • 社会的孤立のリスクが高いかもしれない。
  • 薬物を使用している人、または回復期にある人は、再発や禁断症状のリスクがある。
障害のある人
  • 支援サービスの中断により影響を受ける人
  • コミュニケーション能力が低下している人(学習障害、識字率の低下、英語力の低下など)は、政府の重要なコミュニケーションを受けられない可能性がある。
ホームレス

自力での孤立ができないか、支援サービスの中断の影響を受けている可能性がある。

  • 刑事司法制度の人々
  • 刑務所内での孤立の難しさ
  • 家族との接触の喪失
未登録の移民
  • 保健サービスを利用できない、または利用したがらない可能性がある。
不安定な契約や自営業の労働者
  • 仕事を失って無収入になることで悪影響を受けるリスクが高い。
収入が少ない人
  • すでに健康状態が悪く、経済的な蓄えがなくても不安定な仕事に就く可能性が高いため、特に深刻な影響を受ける。
施設(ケアホーム、特別支援施設、刑務所、移民収容センター、クルーズ客船)にいる人々
  • これらの施設が増幅器として機能する可能性がある
Attention Required! | Cloudflare

パンデミック 忘れられた人々

移民、難民、亡命者

移民、難民、亡命者の状況 ほとんどの国が国境を閉鎖した今、戦争や不安定さのために自国を脱出した人々は、避難所を見つけるのに苦労している。移民の多くは医療サービスへのアクセスが悪く、清潔で安全な水へのアクセスすらできない。

コロンビアには約600万人の国内避難民がおり、ここ数年で約200万人のベネズエラ人が移住してきた。この移住者の大多数は、適切な住居、医療、社会的支援を欠いている。

彼らはまた、外国人恐怖症や差別の犠牲者でもあり、COVID-19を国内に広めていると非難されている[10]。 流行の最前線にいるのは医療専門家(HCP)であり、限られた医療資源で仕事をしなければならないため、パンデミックの影響で仕事量が増えている。彼ら自身も感染症に非常にさらされている。

これらの要因は、強力な医療システムに支えられていないことへのフラストレーション、および周囲の人々への感染への恐怖に加えて、2003年のSARS流行時に見られたように、長期的な影響を伴うストレス、うつ病、および不安障害の症状の有病率を増加させる[11]。

医療従事者

中国湖北省のCOVID-19流行に関する研究では、493人の医師と764人の看護師を対象に実施され、約半数がうつ病や不安障害の症状を示していることがわかった。

また、参加者の多くは不眠症を報告し、70%が精神的苦痛を感じていた。女性と看護師-第一応答者の割合が高い-は、より多くの影響を受けていた。ストレスの多い状況で働くことの結果は、HCPに限ったことではないことを指摘することが重要である;ストレスの多い状況は、患者のケアのパフォーマンスも低下させる [12]。

高齢者

COVID-19の合併症を呈するリスクが高いため、社会的遠ざかりの政策のほとんどの主要な対象グループである高齢者は、多くの人が永久的に孤立した状態で生活しており、社会的ネットワークを持たず、社会的活動も限られているため、より強力な心理社会的支援を必要としている[13,14]。

精神疾患のある人

精神疾患のある人も同様の状況に直面している。なぜなら、社会的距離を置く政策が症状を悪化させる可能性があるからである。

大家族・女性、子供

経済的に制約を受け、劣悪な住宅事情で暮らす大家族は、LMICでは非常に一般的である。閉じ込めと孤立の組み合わせは、家族内の対人関係の対立のリスクを高め、その結果、家庭内での引きこもり対策が続く限り、子どもや女性はドメスティックバイオレンスのリスクを高めることになる[15]。

離婚の増加

中国の当局は、同じ空間を共有して長時間一緒に過ごすことの結果について家族に警告している。3月には、カップルが家庭滞在禁止令を受けてから1ヶ月以上が経過した後、離婚を申請する人の数が大幅に増加した。

専門家は、日々の葛藤による衝動的な決断が離婚につながる可能性があると主張している[16]。

子どもたちへの影響

子どもたちへの直接的影響は大人よりも深刻ではないが、目に見えないところに隠れている。

第一に、末っ子(まだ生まれていない子どもを含む)は、家族のストレスや不安に対して最も脆弱である可能性がある。彼らへの影響はすぐには明らかとはならないかもしれないが、親のどちらかでうつ病や不安があると、子供の精神的健康問題のリスク増加と関連することを示す研究は多数ある。

これに対する定石方法はないので、介入と親のための心理療法などのサポートは、多くの家族にとって変革的なものになるだろう。

第二に、家庭に閉じこもっていると家庭内暴力の増加につながるようだ。

家庭内で暴力を経験したり、目撃したりしている子どもたちは、人生の中で心理的な困難に陥るリスクがはるかに高い。多くの地方自治体や学校のスタッフは、パンデミックの間、脆弱な子どもたちや家族を支援するために素晴らしい仕事をしているが、学校が閉鎖され、医療やソーシャルケアのスタッフによる家庭訪問が減るにつれて、このような状況にあるより多くの子どもたちが耳に入らず、気付かれないままになってしまうだろう。

第三に、そして子どもたちの将来の健康と機会という点で、景気後退の影響は、おそらく最大のものとなる。

過去10年間の英国では、経済的な痛みの負担により、平均寿命の失速とともに、広く影響が生じた。

不況に取り組むために制定された政策は、最も貧しい地域社会の家族に最も大きな影響を与え、貧困の中で生活する子供の30%が貧困の中で生活し、フードバンクを利用する家族の数が大幅かつ持続的に増加した。

今回の経済ショックはもっと大きなものになるかもしれないが、課題をどのように共有するかについて、われわれは選択をすることができる。子どもたちにこのショックの負担を強いるべきではない。

Children and covid-19
Children will face many hidden negative effects from the new coronavirus– it's not too late to avert them, says Paul Ramchandani

自閉症

COVID-19 and autism
The current pandemic of Covid-19 has created a paradigm for possibly gaining greater insight in two conditions:1)Inflammatory maladies in pregnancy, a…

自閉症におけるIGF-1とIL-6

隔離による影響

室内空気汚染

WHOは、室内空気汚染への曝露により、室内空気の質の悪さに起因する疾患によって2016年だけで世界で約380万人の早死につながっていたと推定している。

室内空気の質の悪さに関連する最も一般的で深刻な疾患には、急性下気道感染症、慢性閉塞性肺疾患、肺がん、心血管疾患、喘息などがある。

さらに、環境保護庁(Environmental Protection Agency)によると、室内の空気は周囲の空気の約 2~5 倍、場合によっては 100 倍もの汚れを含んでいる。

そのため、現在のコロナウイルス感染症のように室内で過ごす時間が増えている場合には、室内空気に関わるあらゆるリスクを十分に考慮しなければならない。

Potential threats of COVID-19 on quarantined families

家庭内の毒物中毒

COVID-19: Home Poisoning Throughout the Containment Period - PubMed
COVID-19: Home Poisoning Throughout the Containment Period

COVID-19の感染を防ぐために世界中で自宅隔離措置が行われているが、毒物管理センターでは、予想外の相談を受けている。

コロナウイルスに対する不釣り合いな恐怖は、過剰な家の掃除や、個人的な衛生や食品洗浄のための洗浄剤の誤用など、劇的な行動の変化をもたらしている。

例えば、漂白剤を他の洗浄剤に混ぜることで生じた塩素への曝露の数が増加している。

学校が閉鎖されたことにより、家庭では幼い子どもたちが、親の薬、アルコール水溶液、有毒の可能性のある植物、手作りの製品など、危険ではあるが一般的に存在する物質に曝されることが多くなっている。

さらに、コロナウイルスに対抗するための危険な自己治療の試みは、エッセンシャルオイル中毒、日常行っている治療の中断、あるいは反対に、証明されていない薬の使用などが、家庭内での事故のかなりの割合につながっている。

これらの汚染対策に加えて、中毒後に医療を必要とする多くの人々が、救急外来で汚染されることへの恐怖により医療から遠ざかってしまうことも、もう一つの障害となっていることを認識しなければならない。

高齢者の不活動リスク

高齢者におけるCOVID-19アウトブレイク時の身体的不活発化のリスク。行動への呼びかけ

筋肉量は体力と関連しており、高齢者の全死因死亡率の強力な独立した危険因子となっている。2週間の運動不足(1日の歩数が75%減少)は、~8%の筋力を低下させることが示されている。

一見低い値であるようだが、2週間のリハビリテーションを行っても低下した筋機能は回復しない。

Error - Cookies Turned Off

軽度脳卒中患者の見逃し

COVID-19のパンデミック中、ニュージャージー州の医療センターにおいて、脳卒中患者の診断率が低下している。これは、軽度の脳卒中患者が病院へ行くことを意図的に回避した結果ではないかとする仮説。そしてより深刻な後遺症への懸念。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7221408/

銃乱射事件

Gun Violence During COVID-19 Pandemic: Paradoxical Trends in New York City, Chicago, Los Angeles and Baltimore - PubMed
Gun Violence During COVID-19 Pandemic: Paradoxical Trends in New York City, Chicago, Los Angeles and Baltimore
ニューヨーク市警によると、4月4日現在、172件の銃乱射事件が発生しており、これは2019年と比較して11.7%増加し、2018年と比較して18.6%増加していることを示している。同様にボルチモア警察署は4月4日時点で180件の発砲事件を報告しており、2019年と比較して2.0%増加した。

シカゴでは、同PDが2020年以降の発砲事件を516件報告しており、2019年と比較して23%増、2018年と比較して6%増となっている。対照的に、ロサンゼルスPDは2019年と比較して9.3%減少しているが、2018年と比較して10.3%増加していると報告している。

人口の多いNY、シカゴ、ボルチモアの都市では、COVID-19パンデミックの真っ只中で銃関連暴力が増加するという逆説的な傾向がある。

失業者の数が増加していることから、銃関連の事件に巻き込まれる可能性は、職場以外で過ごす時間と相関している可能性がある。

もう一つの説明としては、社会経済的地位の低い人々が失業し、途方もない金銭的ストレスを経験するようになると、収入のために強盗に頼るようになる可能性があり、それは2019年と比較してニューヨーク(22.4%)とシカゴ(10%)の強盗率の増加に反映されている。

銃による暴力が増加しているもう一つの可能性として、この期間にアルコールの売買が増加していることが挙げられる。これまでの研究では、アルコールがリスクテイク行動を増加させ、口論に巻き込まれたり、凶悪犯罪を犯す確率を高めることが示されている。

パンデミック期間中のアルコール消費の増加により、WHOは政府がアルコールへのアクセスを制限することを提唱する声明を発表した。アルコールの販売と消費の増加と失業率の上昇は、銃器暴力の発生率の増加に大きく寄与する致命的な組み合わせである可能性がある。

貧困地域の影響

貧困地域に住む人々は、貧困のより少ない地域に住む人々の2倍以上のCOVID-19による死亡率を経験している。

イングランドの最貧困地域におけるCOVID-19による死亡率は、人口10万人当たり55.1人であったのに対し、貧困の最も少ない地域では25.3人であった。

ウェールズでは、最貧困地域では人口10万人当たり44.6人が死亡しているのに対し、貧困の最も少ない地域では23.2人が死亡している。

Attention Required! | Cloudflare
米国の集中治療室の数は、10万人あたり34.7、ウガンダは0.1しかない。

人工呼吸器の製造が6週間でスケールアップするか、病院が急速に建設されるという見通しは非現実的である。

低所得国ははるかに若い人口を抱えているため、死亡率は低くなる可能性がある。

しかし、ウイルスに関するデータのほとんどは中国、イタリア、米国などの国 若い人口の緩和効果が、栄養失調、マラリア、HIV、結核などの脆弱性に対して、どれだけ相殺してくれるかがわからない。

「長期的に持続すれば、人口全体の極端な社会的距離や移動制限は、脆弱な輸出依存経済にとって非常に有害であり、人々の対処能力を超えて生計コストを増大させてしまうかもしれない」
と、ロンドン衛生熱帯医学大学院のフランチェスコ・チェッキ氏はブログ記事で述べた。

スラム街には9億人から10億人の人々が住んでいると推定されており、多くの場合、高密度な地域に住んでいる。一般的には、3~5人で1つの部屋を共有し、家族で1つのトイレと、場合によっては水道の蛇口を共有する。

英国マンチェスター大学のダイアナ・ミットリンは言う。「これはかなり恐ろしいシナリオだ。」

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7195112/

開発途上国

コロナ対策が、特に中低所得国で既存の医療サービス、財政的リソースを混乱させる恐れ。 例えば、エボラ出血熱が発生した時に、予防接種が一時的に停止し、エボラによる死者の2倍の子供たちが、はしかで死亡した。

https://www.thelancet.com/pdfs/journals/laninf/PIIS1473-3099(20)30304-2.pdf

Children and covid-19
Children will face many hidden negative effects from the new coronavirus– it's not too late to avert them, says Paul Ramchandani

エボラ出血熱

covid-19が定着し始めると、コンゴ民主共和国では数ヶ月ぶりに新しいエボラ患者が検出されたとピーター・ユン氏が報告

コンゴ民主共和国東部(DRC)では、致命的な流行を終わらせる宣言がなされ、コロナウイルスの拡散を止めるための努力でロックダウンが行われる直前に、新型エボラの症例が検出された。

「これは、三重の緊急事態だ 」と、人道支援団体である国際救助委員会のケイト・モーガー氏は声明で述べた。

「現在進行中の人道的危機に直面している脆弱な人々、COVID-19の拡散、そして今、再び現れる可能性のあるエボラ危機に直面している。」

「これだけの混乱と死を世界中で引き起こしているのであれば、私たちコンゴ人はハエのように押しつぶされてしまうかもしれない。」

Facing two deadly viruses
As covid-19 begins to take hold, the Democratic Republic of the Congo has detected its first new Ebola cases in months, reports Peter Yeung

食料飢餓

Food in a time of COVID-19
Disease is often said to be a great leveller, striking the rich and poor alike. However, the COVID-19 pandemic has thrown into stark contrast the inequalities i...

国連世界食糧計画は、COVID-19によって引き起こされた混乱が、世界中で飢餓に直面している人々の数を2億4千万人近くに倍増させる可能性があると推定している。

抗議、略奪、暴動さえも報告されているグローバル・サウス(南半球の発展途上国)では、労働集約型の食糧システムが、賃金喪失と生産の喪失という「二重の打撃」に直面している。COVID-19に関連した飢餓は、直接感染よりも多くの人々を殺す可能性がある。

物流システムの失敗

しかし、実際には食料が不足しているのではなく、むしろ物流とシステムの失敗が原因である。レストランや他の調理業への卸売供給の需要が一夜にして低下したことで、驚異的なレベルの食品の浪費が発生している。

ニューヨーク・タイムズ紙は、アイダホ州のある農家が100万ポンドの農産物を埋めたと報じている。他の農家は収穫されていない豆の畑を耕している一方で、何百万ガロンもの牛乳(米国の一日の生産量の5%に相当)が側溝に捨てられている。

生産者は食糧を必要としている被災した人たちに食糧を提供したいと思っているかもしれないが、現在の産業システムでは食糧の輸送、包装、保管の経済性からそれは不可能である。

多くの収穫を頼りにしている熟練労働者にとって、国境管理の厳格化は、国境を越えることを悲惨で法外な経験にしている。ヨーロッパでは、フランスの農場が失業した都市部の労働者を募って畑仕事を手伝ってもらおうと呼びかけたが、それに応じた労働者はすぐに去っていった。

英国の「Pick for Britain」キャンペーンでは、収穫や農作業のために 7 万人の英国人を募集しようとしたが、反応はあまりにも微々たるものだったため、ルーマニアの農民労働者を受け入れるために特別な飛行機がチャーターされた8。

皮肉なことに、これらの労働者たちは、東欧からの移民を恐れて Brexit を主張した新聞と同じ新聞の一面で喝采を浴びたのである。トランプ大統領が 4 月 23 日に発表した、米国へのすべての移民受け入れの即時停止は、迅速かつ静かに移民農 業従事者を免除した。

私たちの産業農業システムにおける食品安全性の問題 は、作物と同様に労働者にも適用される。農場や生産施設で働く労働者は、何時間も並んで働き、改善された保護具や労働条件を与えられなければならない。

代替案として、サウスダコタ州では、1つの町で438人の人口の半数が陽性反応を示し、その全員が3,700人の労働者が働く施設で働いていたというようなアウトブレイクが発生している。

フードバンク

フードバンクは、いくつかの弛みを取るかもしれないが、それらは永久的な解決策ではない。飢餓産業複合体」の代表的な批判者が指摘するように、米国のフードバンクは、今では何百万人もの人々が食料品の列に並んでいるのにもかかわらず、そもそも賃金を低く抑えることで最も利益を得ている企業と手を取り合っている。

フランスのような国は金融支援が利用できると保証しているが、市場、職人的な食品会社、レストランなど、多くの中小企業が倒産に直面している。後者は、再開できたとしても、安全上の理由から客席の縮小やコスト増を余儀なくされることになるからだ。

食料主権のパラダイム
しかし、パンデミックをきっかけに「食料主権」の新たなパラダイムが生まれるかもしれない。コミュニティガーデンではボランティアが急増している。
多くの国のスーパーでは小麦粉が不足が報告されているが、小規模の自営製粉所では、自家製パンづくりの急増を受けてビジネスブームが起きている。

食品エコノミストは世界的な「ジャスト・イン・タイム」の食品配達チェーンは本質的に破綻の危険性があると何年も前から警告してきた。

おそらく、より分散化された食糧システムへのシフトは、農家、中小企業、労働者、顧客、そして世界の飢餓に苦しむ人々が切実に必要とする安全保障を提供するだろう

Food in a time of COVID-19
Disease is often said to be a great leveller, striking the rich and poor alike. However, the COVID-19 pandemic has thrown into stark contrast the inequalities i...

超過死亡者

インペリアルのモデリングチームは、アフリカでの最悪のシナリオでは248.3万人が死亡することを予測している。

より多くのより良いデータに基づき、アフリカのほとんどの国が厳しい政策対応を導入した後、封じ込め対策が失敗した場合、パンデミックの初年度に8万3,000~19万人がCOVID-19で死亡する可能性があると予測している。

これらの新しい予測はインペリアルの予測よりも10倍以上少ないが、19万人のCOVID-19の過剰死は相当な犠牲者である。それでも、これらの数字に欠けているのは、COVID-19への対応による多くの間接的な影響によって死亡する人々である。

パンデミックの間接的影響-特定の疾患領域

ジョンズ・ホプキンス大学は、Lives Saved Toolを用いて、118の中低所得国と中所得国において、子どもと妊産婦の死亡の増加は壊滅的なものになると報告している。様々なもっともらしいシナリオに基づいて、著者らは、パンデミックの最初の年に、避けられないショック、医療システムの崩壊、またはパンデミックへの対応における意図的な選択の結果として、230万人もの子どもの追加死亡と13万3,000人の妊産婦の追加死亡が発生する可能性があると推定している。

ロンドン衛生熱帯医学大学院の報告書によると、定期的な予防接種クリニックの受診中に獲得した感染症に起因するCOVID-19の過剰死亡が1人につき、アフリカでの定期的な小児予防接種を維持することによって予防された子どもたちの死亡が最大549人に上る可能性があることがわかっている。

WHOとUNAIDSによって開催されたHIVモデリング報告書では、HIV疫学の5つのモデルを用いて、サハラ以南のアフリカにおけるHIV関連の死亡および新規感染に対するHIV予防および治療サービスの様々な潜在的な中断の影響を、1年と5年の期間にわたって推定した。

その結果、抗レトロウイルス療法(ART)の供給が6ヶ月間完全に中断されると、1年間で現在の年間HIV死亡者数の合計を上回る過剰な死亡が発生すると予想されることがわかった。サハラ以南のアフリカでは、50万人以上のHIV死亡者が追加で発生する可能性がある。同様の混乱は、HIVと一緒に生まれた子供の数を倍増させることにもつながります。

WHOのグローバル・マラリア・プログラムでは、41カ国で重要なマラリア治療へのアクセスが途絶する可能性について、9つのシナリオを検討しました。殺虫剤処理済みのネットキャンペーンがすべて中止され、効果的な抗マラリア薬へのアクセスが75%減少するという最悪のシナリオの下では、2018年に報告された死亡者数から100%以上増加し、過剰なマラリア死亡者が40万人に近づく可能性があると報告している。

ストップTBパートナーシップは、インペリアルカレッジ、アベニールヘルス、ジョンズ・ホプキンス大学と共同で、3カ月間のロックダウンと10カ月間の長期的な復旧を行うと、2020年から2025年の間にさらに140万人の結核死亡者が発生する可能性があると試算している。

COVID-19が健康システムに与える影響の大きさ

2017年の世界疾病負担プロジェクトでは、サハラ以南のアフリカで約770万人が死亡したと推定されています。そのうち、40万人は輸送中の事故やその他の不慮の負傷によるものであった。

隔離は、交通事故による死亡者数の減少につながる。屋外の汚染が減れば、同様に死亡者数も減るはずだが、室内の大気汚染にさらされる量が増えることで相殺される可能性がある。

しかし、日常的な医療サービスの提供の中断に起因する全死因死亡率(負傷死を除く)の増加は、1年間でわずか1~3%であり、今週発表されたWHOのAFROの新しい推定値にたどり着く。7.3万人から21.9万人の非COVID-19死亡に対し、COVID-19死亡は8.3万人から19万人である。

特に世界的な景気後退の避けられない健康への影響を考慮していないため、このような逆算の思考はするべきではない。また、学校閉鎖に伴う人的資本への影響も考慮していない。

日常的な医療サービスの中断に起因する全死因死亡率(傷害死亡を除く)のわずか1~3%の増加は、WHO AFROが発表したCOVID-19死亡の新たな予測と同じ数のCOVID-19以外の死亡をもたらすだろう。このBack-of-of-an-envelationの計算は、私たちに思考を迫られる。

今、必要とされていること

私たちは、このパンデミックへの適切な対応には、ニュアンスのある、エビデンスに基づいた、継続的に洗練された政策が必要であると信じている。

広くモデル化された「何もしない」か「完全なシャットダウン」かの選択は、多くの文脈において非現実的であると同時に、研究が強調し始めているように、有害な可能性があるため、政策立案者にとっては役に立たない二項対立である。

私たちは、COVID-19による死亡とCOVID-19以外の死亡の間の避けられないトレードオフを公然と考慮した、良識的で文脈に敏感な政策を必要としている。

これらは提案されており、各国政府がこのパンデミックを乗り切るための道筋を描く際に考慮されるべきである。以下にいくつかの提案を列挙するが、このリストは網羅的なものではないことに注意されたい。

全面的隔離の代替案
  • 症状のある人の自己隔離
  • 一般的な物理的距離(接触ごとに感染の確率を下げるため)
  • COVID-19の対処能力とテスト能力の拡大と合わせて、「ロックダウンの解除み」を強めていく。
  • ハイリスクグループの遮蔽(限定的な接触と基本的なニーズへの支援を伴う再定住や隔離を含む。
  • 電話や地域/国営放送を利用した情報介入
  • 地域における公衆衛生の推進(地域のインフルエンサー、地域の保健ワーカーと協力して、手指衛生や呼吸器のエチケットの推進を行う)
  • インフォーマルな居住地での特別措置(手洗い場、検疫スペース)
  • 物理的な距離を縮めるための高密度市場の規制
  • 移動制限への局所的アプローチ(大規模な移動を制限する、移動時にはフェイスマスクを必要とする、封じ込めへの局所的アプローチを採用する)
タイトルとURLをコピーしました