COVID-19 個別の食品

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

コロナウイルスに対抗しうる食品・食べ物

食品

果物と野菜

https://www.mdpi.com/2072-6643/12/5/1466/htm

果物や野菜の摂取量は、抗酸化物質、ビタミン、ミネラル、および抗酸化、抗炎症、およびその他の有益な効果を発揮することができるフェノール化合物を含むファイトケミカルからなる栄養プロフィールのため、呼吸器 および炎症 の状態に関連した潜在的な有益性が調査されている 。実際、ポリフェノールはまた、西ナイルウイルス、ジカウイルス、デングウイルスに対して抗ウイルス効果を示す可能性がある。

果物、野菜、および健康に関する研究の最近の包括的レビュー は、この点で「1日に4食分以上を摂取する」という食事推奨を支持している;しかしながら、過剰な摂取は他の貴重な食品を置き換えてしまう可能性もあり、これらの食品には含まれていないいくつかのビタミンやミネラルの栄養素欠乏につながる可能性がある

例えば、亜鉛は肉や乳製品に多く含まれている。果物や野菜は、腸の健康に重要な食物繊維の供給源でもある。

食物繊維

https://www.mdpi.com/2072-6643/12/5/1466/htm

食物繊維の投与により、腸関門を越えた細菌の転座の発生率が低くなることが研究で示されており 、この栄養素が免疫力を調節することが示唆されている。食物繊維が免疫系に影響を与える潜在的なメカニズムの中には、腸内細菌叢の変化から生じる腸関連リンパ組織(GALT)への変化がある。

プレバイオティクス食物繊維は、消化管の上部では加水分解も吸収もされず、有益な大腸菌の1つまたは限られた数のための選択的基質となる。

実際、食物繊維の摂取は、生成される免疫細胞の種類を変化させることで免疫応答を鈍らせることや、細胞の代謝を変化させることで食事由来の短鎖脂肪酸(SCFA)がCD8+ T細胞のエフェクター機能を強化することなど、様々なメカニズムを介してインフルエンザ感染マウスの生存率を高めることが示されている。

欧米の食生活は食物繊維が不足していることが多いため、水溶性(オート麦ふすま、大麦、ナッツ、種子、豆類、レンズ豆、エンドウ豆、一部の果物および野菜)と不溶性(小麦ふすま、野菜、全粒穀物)の両方の食物繊維源の消費量を推奨されている1日あたり25~38gまで増やすことが推奨される。

現在のところ、パンデミック期間中の食物繊維摂取に関する推奨事項はないが、消化器系の問題を引き起こす可能性があるため、より多くの食物繊維を摂取することは推奨されないかもしれない。

海洋魚タンパク質

COVID-19患者の栄養補助食品としての海洋魚タンパク質のインシリコ評価

https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2020/FO/D0FO00530D#!divAbstract

20種類の海産魚類タンパク質を消化管酵素によるインシリコ加水分解を行い、多数の活性ペプチドを生成させた。その後、これらのペプチドのSARS-CoV-2メインプロテアーゼおよびモノアミンオキシダーゼAへの結合能を評価した。

さらに、いくつかの高親和性オリゴペプチド(VIQY, ICIY, PISQF, VISAW, AIPAW, PVSQF)は、2つの酵素とのデュアルバインダーとして同定された。これらのオリゴペプチドは、COVID-19および不安症に対する潜在的な阻害剤を設計するためのリード化合物として使用することができる。

味噌・醤油

松茸トリコロマは、アンジオテンシン変換酵素ACE2を阻害する。

醤油の発酵に使用されるアスペルギルス・オリザエは、ACE2ペプチドを産生することが示されている。

Lactobacillus brevisの共培養による海藻を含む発酵大豆の海藻阻害活性(英文
with Aspergillus oryzae。味噌もAspergillus oryzaeを発酵に利用している

https://vixra.org/pdf/2003.0275v1.pdf

分子ドッキング研究。Aspergillus flavusおよびAspergillus oryzae真菌に天然に存在する10の生体分子が同定された。

これらの分子は、アスピロクロリン、アフラトキシンB1、α-シクロトリアゾン酸、スポロゲン、アスペルフラン、アスペルギロマラスミンA、マルトリジン、コハク酸、アフラトレム、エチル3-ニトロプロピオン酸であり、ドッキングスコアの高い順に配列されている。

アスピロクロリンは-7.18 Kcal/moleのドッキングスコアを示し、現在使用されている薬剤であるクロロキン(-6.2930522 Kcal/mol)よりも高く、10種類のリガンドのうち4種類はクロロキンよりも高いドッキングスコアを有していた。

これらの天然の生理活性化合物は、in vitroおよびin-vivoでウイルスの増殖を抑制する能力をテスト。

https://chemrxiv.org/articles/Identification_of_Potent_Inhibitors_of_COVID-19_Main_Protease_Enzyme_by_Molecular_Docking_Study/12179202

COVID-19 治療標的としてのACE2・レニン・アンジオテンシン系
ACE・ACE2 RAS 覚書 アンジオテンシン変換酵素2を用いたSARS-CoV-2の複製のための細胞内への進入機構の概要:レニン-アンジオテンシン系に関連した治療法の可能性 抄訳 SARS-CoV-2はアン...

納豆

ナットウキナーゼ:心血管疾患の予防のための経口抗血栓薬

透析患者、健常者、心血管リスク因子のある患者へのナットウキナーゼカプセル投与は、2か月後、血液凝固第VII因子、第VIII因子、フィブリノゲンの有意な減少がすべてのグループで観察された。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5372539/

にんにく

分子ドッキング技術によるにんにく精油に含まれる17種類の有機硫黄化合物を含む18種類の活性物質の分析。

ニンニク精油の99.4%を占める17種類の有機硫黄化合物は、ACE2タンパク質およびSARS-CoV-2のメインプロテアーゼPDB6LU7のアミノ酸と強い相互作用を持つことがわかった。

最も強い抗コロナウイルス活性はジスルフィドアリルとトリスルフィドアリルに発現しており、ニンニク精油中の含有量が最も多い(51.3%)。

興味深いことに、ドッキングの結果、17物質の相乗的な相互作用が示され、ACE2およびPDB6LU7タンパク質に対して良好な阻害作用を示した。

この結果は、ニンニク精油が貴重な天然の抗ウイルス源であり、コロナウイルスの人体への侵入防止に貢献していることを示唆する。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32363255/

分子ドッキングによるSARS-CoV-2のメインプロテアーゼ阻害剤としてのアリインの発見

2019年12月に発生した新型コロナウイルスSARS-CoV-2によるウイルス性肺炎の発生により、高い死亡率を記録した。SARS-CoV-2のメインプロテアーゼ(Mpro)が、この生命を脅かす疾患の治療のための医薬化合物を発見するための重要なターゲットである可能性が示唆されている。

レムデシビル、リトナビル、クロロキンはいずれもSARS-CoV-2を抑制する役割を果たすことが報告されている。ここでは、分子ドッキング法を用いて、これらの薬剤とSARS-CoV-2のMproとの結合安定性を調べた。

その結果、アリインとSARS-CoV-2 Mproの複合体のリガンド-タンパク質結合安定性は、他の薬剤よりも優れていることが明らかになった。これらの結果から、アリインはSARS-CoV-2 Mproの阻害剤として有望な候補となる可能性が示唆された。したがって、今回の研究は、SARS-CoV-2の予防・治療に何らかの意味のある指針を与える可能性がある。

https://www.future-science.com/doi/full/10.2144/btn-2020-0038?url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori%3Arid%3Acrossref.org&rfr_dat=cr_pub++0pubmed&

抗ウイルス作用の可能性のある食品

カレー?クルクミン?

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6509173/

https://www.recordchina.co.jp/b780941-s0-c30-d0148.html

きのこ 酵母ベータグルカン

250-500mg

海洋由来の抗ウイルスレクチン

あおさ

https://research-er.jp/articles/view/86499

ムラサキガイ、ホヤ

Crenomytilus grayanusレクチン

https://link.springer.com/article/10.1134/S1068162007010190

紅藻(グリフィスシン)

https://plantmedicines.org/plant-medicines-fight-wuhan-coronavirus/

https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0064449

赤とさかのり、白とさかのり、赤かえでのり、青かえでのり、糸寒天、赤のり

https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/0906/spe2_01.html

紅藻類

https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/0906/spe2_01.html

COVID-19の治療における伝統的な漢方薬の役割のネットワーク薬理学に基づく分析

http://apm.amegroups.com/article/view/38241/29299

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0010482520300627

酢酸

https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs00405-020-06067-8

非重症COVID-19患者の補助療法としての酢酸消毒の可能性

SARS-CoV-2はコロナウイルスによる新型パンデミックインフルエンザであり,主に鼻と鼻咽頭を感染源とする呼気飛沫感染を主な感染経路としている.本研究では,酢の有効成分である酢酸の上気道消毒剤としての効果を評価することを目的とした.

29例を登録し,2群に分けた:第1群(14例)は適応外のヒドロキシクロロキンとロピナビル/リトナビルを併用した群,第2群(15例)はヒドロキシクロロキンのみを併用し,0.34%濃度の酢酸消毒薬を吸入した群であった。両群とも15日後にアンケートによる症状評価を行った。

酢酸治療を受けた患者(第2群)では、個々の症状の改善が認められた患者数は、他の患者(第1群)の2倍であったようだが、数が少ないためロバストな統計解析はできなかった。

その潜在的な利点および高い利用可能性を考慮すると、酢酸消毒は、非重症のCOVID-19の症例における有望な補助療法であるように思われ、さらなる調査に値する。

ナトリウム

COVID-19  低ナトリウム・カリウム・電解質バランス
電解質バランス・低ナトリウム血症・腎障害 低いナトリウムバランスによるCOVID-19の重症化 ナトリウムバランスが低いと、より重度のCOVID-19につながる可能性があることが提案されている(Postら、2020)...

アスパラガス

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32579064/

COVID-19におけるアスパラガス由来フィトケミカル In-silico研究での抗ウイルス剤としての可能性

本研究では、インドのアーユルヴェーダハーブであるアスパラガス・レースモサス(Willd.)からSARS-CoV-2に対する強力なリードを分子ドッキングとダイナミクス研究を用いてスクリーニングし、同定した。

ドッキング解析は、Schrödinger suiteのGlideモジュールを用いて、SARS-CoV-2の2つの異なるタンパク質(NSP15エンドリボヌクレアーゼとスパイク受容体結合ドメイン)について行った。アスパラシド-C, アスパラシド-D, アスパラシド-Fは、そのドッキングスコアと親和性から確認されたように、両方のタンパク質に対して最も効果的であることがわかった。

ハイライト

Asparagus racemosusは抗ウイルス性を有するShatavariのファイトケミカルはインシリコドッキングとMDで有望な結果を示した。

Asparaoside-CとAsparoside-Fは標的タンパク質と良好な結合を示した。

Asparagus racemosusはSARS-COV-2(S)および(N)タンパク質の阻害剤として有望であると期待されている。