COVIDプロパガンダ年表、2020年3月~4月
「スイス・ポリシー・リサーチ」アーカイブ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ

スイス・ポリシー・リサーチパンデミック 総括・批評ロバート・マローン

rwmalonemd.substack.com/p/covid-propaganda-timeline-march-april

COVID propaganda timeline, March-April 2020

注:原文の文献リンクは省略しています。

ロバート・W・マローン医学博士

2023/08/01

国際的な視点から、2020年3月から4月にかけて、世界的な「公式シナリオ」が作成され、焼き上げられ、企業メディアによって世界的に配信された重要な時期に、コビッド危機の主要な出来事は何だったのだろうか?

「スイス・ポリシー・リサーチ」(以前は「スイス・プロパガンダ・リサーチ」)と呼ばれる独立機関がリアルタイムでこの時期の出来事の連鎖を捉えており、それはこの時期に世界的に調和された形で展開され、その後の3年間、国民の恐怖と政治的反応の両方を駆り立てたプロパガンダを矛盾させ、文書化したものである。私の感覚では、この時系列の要約は不利だ。米国と世界の企業メディア(特に米国外交問題評議会と密接な関係にある恐怖ポルノ専門放送局CNN)は、明らかに5つの目の情報機関や、国家、非国家、多国籍、NGOのさまざまなアクターと緊密に協力し、偽りのシナリオを推進するために行動した。

この年表を見直すと、コビッド危機とこの世界的な「公衆衛生対応」の重大な不始末に関するSPRの要約(現在では正確だと認識されている)が、2020年3月から4月のこの時期にどれだけ正しく理解され、解釈されていたかに唖然とする。

2020年3月24日に投稿されたこのミームは、私たちの政府、5つの目の情報同盟、グローバル企業メディア、信頼されるニュースイニシアチブ、WHO、国連によって、私たち全員に展開された恐怖、検閲、プロパガンダ、サイバーストーキング、中傷の世界的に調整された意図的で計画的なキャンペーンの本質をとらえている。

「スイス・ポリシー・リサーチ」とは何か?

スイス・ポリシー・リサーチのウェブサイトは、この組織を次のように説明している:

「2016年に設立されたスイス・ポリシー・リサーチ(SPR)は、地政学的プロパガンダを調査する独立した超党派の非営利研究グループである。SPRは独立した学者で構成され、読者からの寄付以外の外部資金は一切受けていない。我々の分析は多くの独立系メディアによって発表され、20数カ国語に翻訳されている。」

ウィキペディアは、(私を含め)多くの人が英国MI6の公式プロパガンダの代弁者と見なすようになってきているが、この組織を次のように説明している:

「スイス・ポリシー・リサーチ(SPR、2020年5月中旬以前はスイス・プロパガンダ・リサーチ)は、2016年に開設されたフェイクニュースサイトである

スイス・ポリシー・リサーチのサイトは、QアノンはFBIの心理戦だという主張や、COVID-19パンデミックに関連する説など、陰謀論を広めて批判されている。ドイツの公共放送TagesschauはSPRをプロパガンダの道具と呼んでいる。」

国民の認識や物語を操作するCIA(および同盟関係にある。「ファイブ・アイズの諜報機関)の役割をより詳細に理解することに興味がある人のために、SPRは「CIAとメディア」のセクションで詳細な情報の優れたアーカイブを提供している。

  • 「アメリカ国民が信じていることすべてが偽りであるとき、われわれの偽情報プログラムは完了したとわかるだろう」1981年2月、ウィリアム・ケーシーCIA長官はロナルド・レーガン米大統領と会談した。この会合に出席していたバーバラ・ホネガーによる引用である。ケーシーは、情報の80%以上は新聞や雑誌のような公然の情報源に基づいていると見積もっていた。したがって、ソビエトに偽情報を流すには、アメリカ国民に偽情報を流す必要があった。
  • 「CIAは今も昔も中央情報機関ではない。CIAは大統領の外交政策顧問の秘密活動部門である:偽情報はその諜報活動の責任の大部分であり、アメリカ国民はその嘘の主要な対象である。元CIAケース・オフィサーで内部告発者のラルフ・マクギーは、1983年の著書『Deadly Deceits』の中でこう述べている。出典」

ここ数年、スティーブ・バノンは、コビッド危機の間に起きた不正行為を隠蔽するために、インターネットと関連するウェブ上のリソースは削除され、印刷メディア(特に書籍を含む)が、実際に起きたことの唯一の信頼できるアーカイブになるだろうという主張を繰り返してきた。『スイス・ポリシー・リサーチ』組織の事件に関するどちらの説を信じるにせよ、私個人としては、同組織のアーカイブからの以下の情報は正確であり、役に立つと思う。

2023年6月に更新されたこのCOVID関連の重要な事実の要約は、もともと2020年3月にSPRによって投稿されたものである。これらを見直すと、(ウィキペディアの特徴に反して)現在では驚くほど主流になっているようであり、(例えば)個人的には、リスク/ベネフィットのデータと分析は、もはやどの年齢層においてもSARS-CoV-2スパイクベースの遺伝子ワクチンの使用を支持するものではないと確信するようになった(ポイント4参照)。

コビッド危機の主要ポイントの概要

  1. 致死率: 一般集団(老人ホームを除く)における新型コロナウイルスの感染致死率(IFR)は、ほとんどの国で約0.1%~0.5%であり、これは1936年、1957年、1968年の中型インフルエンザパンデミックに最も近い。
  2. 年齢分布: 死亡者の年齢の中央値は、ほとんどの欧米諸国では80歳以上(米国では78歳)であり、死亡者の約5%は医学的な前提条件がなかった。多くの欧米諸国では、コビッド死亡者の約50%が老人ホームで死亡している。
  3. ワクチンによる防御:コビッド・ワクチンは重症化に対する予防効果は高かったが、急速に低下した。ワクチン接種では感染と伝播は防げなかった(2021年6月以降判明)。ワクチン接種に比べ、先行感染がより持続的な免疫をもたらした。
  4. ワクチンによる傷害: コビッドワクチンは、心血管系、神経系、免疫学的反応を含む重篤で致死的なワクチン反応を引き起こす可能性がある。このため、健康な小児や50歳未満の成人におけるコビッドワクチンのリスク・ベネフィット比には疑問がある。
  5. 過剰死亡率: 世界的なパンデミックによる過剰死亡率は2,000万人近くであり、これは世界の通常死亡率と比較すると約15%、世界人口と比較すると約0.25%である。パンデミックによる間接的な影響や戸締まりによる死亡もある。
  6. 症状感染者の約30%は症状を示さない:全体の約95%が軽度または中等度の症状を呈し、入院を必要としない。特に肥満は重篤な感染症の主な危険因子である。
  7. 治療 高リスクまたは高曝露の人には、早期治療または予防的治療が病気の進行を防ぐために不可欠である:数多くの研究から、コビッドに対する早期の外来治療が入院や死亡を有意に減少させることが判明している。
  8. 長期コビッド:症状のある人の最大10%が急性コビッドまたは長期コビッド、すなわちコビッドに関連した症状が数週間から数ヵ月続く。急性コビッド感染が軽症であった若年者や以前は健康であった人々も、長期コビッドに罹患する可能性がある。
  9. 感染経路: コロナウイルスの主な感染経路は屋内のエアロゾルであり、屋外のエアロゾル、飛沫、物体の表面はほとんど関与していないようである。無症候性感染は感染全体の50%を占めると思われる。
  10. マスク: これはパンデミック以前の研究ですでに知られていたことである。N95マスクでさえ一般集団の感染率には影響しなかった。さらに、フェイスマスクの長期使用や不適切な使用は健康上の問題を引き起こす可能性がある。
  11. ロックダウン: 初期の国境管理(オーストラリアなど)とは対照的に、ロックダウンはパンデミックに大きな影響を与えなかった。しかし、世界銀行によると、戸締まりは1億人近くの「歴史的に前例のない世界の貧困の増加」を引き起こした。
  12. 子どもと学校:インフルエンザとは対照的に、小児が重症コビッドにかかるリスクはかなり低い。さらに、子どもたちはパンデミックの牽引役にはならず、学校の閉鎖は一般集団の感染率には影響しなかった。
  13. PCR検査: 高感度のPCR検査は偽陽性や偽陰性を生じやすい(急性感染後など):全体として、PCR検査と抗原集団検査は、一般集団の感染率には影響を及ぼさなかった(例外:国境管理を維持するため)。
  14. 接触者追跡: 手動による接触者追跡や携帯電話の接触者追跡アプリは、感染率に影響を及ぼさなかった:すでに2019年、WHOのインフルエンザパンデミックに関する研究では、接触者追跡は「いかなる状況においても推奨されない」と結論づけている。
  15. ワクチンパスポート:ワクチンパスポートは、ワクチン接種では感染を防ぐことができないため、感染率には影響しなかった。しかし、ワクチン・パスポートは、デジタル・バイオメトリクスIDや決済システムの導入の基礎となる可能性はある。NSAの内部告発者エドワード・スノーデンは、パンデミック時に監視が拡大する可能性があると2020年3月にすでに警告している。
  16. ウイルスの突然変異: インフルエンザウイルスと同様、コロナウイルスでも変異が頻繁に起こる:ワクチン研究から生まれたと思われるオミクロン変異型は、感染力と免疫逃避が著しく高いが、致死率は80%低い。
  17. スウェーデン:スウェーデンでは、ロックダウンを伴わないコビッドによる死亡率は、インフルエンザが流行したシーズンと同程度であり、EUの平均をやや下回っていた。スウェーデンの死亡者の約50%は老人ホームで発生しており、スウェーデンのコビッド死亡者の年齢中央値は約84歳であった。
  18. インフルエンザウイルス:インフルエンザウイルスはコロナウイルスパンデミックの間にほとんど消滅した。これは「コビッド対策」の結果ではなく、対策のない国(スウェーデンなど)でも新型コロナウイルスによって一時的に置き換えられた結果であった。
  19. メディア:全体として、パンデミックに関するメディアの報道はかなり専門的でなく、国民の恐怖とパニックを増大させ、コビッドによる致死率を100倍も過大評価させた。一部のメディアは、状況を演出するために写真やビデオを使った。
  20. ウイルスの起源:遺伝学的証拠は、新型コロナウイルスが実験室由来であることを示している。武漢のウイルス研究所(WIV)とWIVに協力していた米国の研究所の両方が、類似のコロナウイルスについてさまざまな研究を行っていた。

コビッド危機の主な出来事、2020年3月~4月1日

「疫病と闘う唯一の手段は正直さである」

アルベール・カミュ『ペスト』(1947)

COVID-19に関するスイス人医師(2020年3月)

あるスイス人医師は、読者が現実的なリスク評価を行えるように、現在の状況について次のような情報を提供してくれた。

イタリア国立衛生研究所ISSの最新データによれば、イタリアで陽性反応を示した死亡者の平均年齢は現在約81歳である。死者の10%は90歳以上である。90%が70歳以上である。

死亡者の80%が2つ以上の慢性疾患を患っていた。死者の50%は3つ以上の慢性疾患を患っていた。慢性疾患には、特に心血管疾患、糖尿病、呼吸器疾患、癌が含まれる。

死亡者の1%未満は健康な人、すなわち持病のない人であった。死亡者の約30%は女性である。

イタリア衛生研究所はさらに、コロナウイルスが原因で死亡した人と、コロナウイルスに感染して死亡した人を区別している。多くの場合、死因がウイルスによるものなのか、持病の慢性疾患によるものなのか、あるいはその両方によるものなのかはまだ明らかではない。

40歳未満で死亡した2人のイタリア人(いずれも39歳)は、癌患者と糖尿病患者で、さらに合併症があった。これらのケースでも、正確な死因(ウイルスによるものか、持病によるものか)はまだ明らかになっていない。

病院の部分的な過負荷は、一般的な患者の殺到と、特別治療や集中治療を必要とする患者の増加によるものである。特に、呼吸機能を安定させ、重症の場合は抗ウイルス療法を行うことを目的としている。

(更新:イタリア国立衛生研究所は、検査陽性患者と死亡者に関する統計報告書を発表し、上記のデータを確認した)

同医師は次のような点も指摘している:

北イタリアはヨーロッパで最も高齢者が多く、空気の質が最も悪い地域のひとつである。

例えば、韓国はイタリアよりもはるかに穏やかな経過をたどっており、すでに流行のピークを過ぎている。韓国では、検査結果が陽性であった死亡者はこれまでに約70人しか報告されていない。イタリアと同様、罹患者のほとんどが高リスク患者であった。

スイスでも数十人が検査陽性で死亡しているが、平均年齢80歳以上、最高年齢97歳の慢性疾患を持つハイリスク患者であり、その正確な死因、すなわちウイルスによるものか持病によるものかはまだわかっていない。

さらに、国際的に使用されているウイルス検査キットは、場合によっては偽陽性を示す可能性があることが研究で示されている。このような場合、新型コロナウイルスに感染したのではなく、毎年(そして現在も)流行している風邪やインフルエンザの一部である既存のヒト・コロナウイルスに感染した可能性がある。(1)

したがって、この病気の危険性を判断する最も重要な指標は、頻繁に報告される陽性者数や死亡者数ではなく、実際に予期せず肺炎を発症したり死亡したりした人の数(いわゆる超過死亡率)である。

現在のあらゆるデータによれば、学齢期や就労年齢にある健康な一般集団では、COVID-19病は軽度から中等度の経過をたどることが予想される。高齢者や慢性疾患のある人は保護されるべきである。医療能力は最適に準備されるべきである。

医学文献

(1) Patrickら、ヒトコロナウイルスOC43感染症の発生とSARSコロナウイルスとの血清学的交差反応性、CJIDMM 2006年。

(2) Grasselliら、ロンバルディア州で発生したCOVID-19アウトブレイクに対するクリティカルケアの利用、JAMA、2020年3月。

(3)WHO、コロナウイルス疾患に関するWHO-中国合同ミッション報告書2019,2020年2月。

基準値

重要な参考値としては、インフルエンザによる年間死亡者数(イタリアでは最大8,000人、米国では最大60,000人)、通常の総死亡率(イタリアでは1日あたり最大2,000人)、肺炎の年間平均患者数(イタリアでは120,000人以上)などがある。

ヨーロッパとイタリアにおける現在の全死因死亡率は、まだ普通か平均以下である。COVID-19による死亡率の超過は、欧州のモニタリングチャートで確認できるはずである。

更新、2020年3月17日から2020年4月1日まで

状況についての定期的な更新(すべての情報源を参照)。

2020年3月17日(I)

インフルエンザウイルスとは対照的に、小児は罹患を免れ、男性は女性の約2倍の頻度で罹患しているため、ウイルス学的見地からは死亡率プロファイルは依然として不可解である。一方、このプロフィールは自然死亡率に対応しており、小児ではゼロに近く、75歳の男性では同年齢の女性のほぼ2倍である。

若年で検査陽性の死亡者は、ほとんどが重度の持病を持っていた。例えば、21歳のスペイン人サッカー・コーチが検査陽性で死亡し、国際的な話題となった。しかし、医師は未発見の白血病と診断し、その典型的な合併症は重度の肺炎であった。

したがって、この病気の危険性を評価する決定的な要因は、メディアでよく取り上げられる検査陽性者や死亡者の数ではなく、実際に肺炎を発症したり、予期せず死亡したりした人の数(いわゆる超過死亡率)である。今のところ、この数値はほとんどの国で非常に低いままである。

スイスでは、検査を希望する人が多いだけで、すでに過負荷状態になっている救急治療室もある。このことは、現在の状況に心理的・物流的な要素が加わっていることを示唆している。

2020年3月17日(II)

イタリアのフィレンツェ大学のセルジオ・ロマニャーニ免疫学教授は、3000人を対象とした研究の結果、あらゆる年齢層の検査陽性者の50~75%は完全に無症状であり続けるという結論を導き出した。

冬季の北イタリアのICUの稼働率は、通常すでに85~90%である。これらの既存の患者の一部または多くも、今頃は検査陽性である可能性がある。しかし、予期せぬ肺炎患者の追加数はまだわかっていない。

スペインのマラガにある病院の医師はツイッター<アカウントは削除済み>で、現在、人々はウイルスよりもパニックや全身性の虚脱によって死亡する可能性の方が高いと書いている。病院は風邪、インフルエンザ、そしておそらくCOVID-19に感染した人々で溢れかえっており、医師たちはコントロールを失っている。

2020年3月18日

新しい疫学調査(preprint)によると、中国の武漢市でもCOVID-19の致死率は0.04%から0.12%に過ぎず、死亡率約0.1%の季節性インフルエンザよりむしろ低いという結論が出た。COVID-19の致死率が過大に見積もられた理由として、研究者らは、武漢では当初少数の症例しか記録されておらず、おそらく多くの人が無症状か軽症であったためではないかと推測している。

中国の研究者たちは、武漢市の極端な冬のスモッグが肺炎の発生に原因的な役割を果たした可能性があると主張している。2019年の夏、武漢では空気の質の悪さを理由に、すでに市民の抗議活動が行われていた。

新しい衛星画像は、北イタリアがヨーロッパで最も大気汚染レベルが高いこと、そしてこの大気汚染が検疫によって大幅に減少したことを示している。

COVID-19検査キットの製造元は、臨床的検証はまだされていないため、研究目的にのみ使用し、診断用途には使用すべきではないと述べている。

2020年3月19日(I)

イタリア国立衛生研究所ISSは、検査陽性者の死亡に関する新しい報告書を発表した:

年齢の中央値は80.5歳(男性79.5歳、女性83.7歳)であった。

死亡者の10%は90歳以上、90%は70歳以上であった。

持病のない死亡者はわずか0.8%であった。

死亡者の約75%は2つ以上の持病があり、50%は3つ以上の持病、特に心臓病、糖尿病、がんであった。

死亡者のうち5人は31歳から39歳で、いずれも重篤な持病(がんや心臓病など)を抱えていた。

国立医薬品食品衛生研究所は、検査した患者が最終的に何で死亡したのかまだ特定できておらず、一般論としてCOVID-19陽性死亡と呼んでいる。

2020年3月19日(II)

イタリアの新聞Corriere della Sera イタリアの集中治療室は2017/2018年の顕著なインフルエンザの波ですでに崩壊していた。手術を延期し、看護師を休暇から呼び戻し、献血が足りなくなった。

ドイツのウイルス学者ヘンドリック・シュトリークは、COVID-19がドイツにおける総死亡者数を増加させる可能性は低いと主張している。シュトリークは、心不全で死亡した78歳の男性が、その後COVID-19の陽性反応が出たため、COVID-19による死亡者数の統計に含まれることになったと述べている。

スタンフォード大学のジョン・ヨアニディス教授によれば、この新型コロナウイルスは高齢者であっても一般的なコロナウイルスに比べ危険性は高くないという。ヨアニディスは、現在決定されている対策を裏付ける信頼できる医学的データはないと主張している。

2020年3月20日

最新の欧州モニタリング報告書によると、すべての国(イタリアを含む)、すべての年齢層における総死亡率は、これまでのところ正常範囲内か、あるいはそれを下回っている。

ドイツの最新の統計によると、検査陽性者の死亡年齢の中央値は約83歳で、そのほとんどが死因となりうる健康状態にある。

スタンフォード大学のジョン・ヨアニディス教授が紹介した2006年のカナダの研究では、風邪のコロナウイルスは、介護施設の居住者などのリスクグループでも最大6%の死亡率を引き起こす可能性があり、ウイルス検査キットは当初SARSコロナウイルスへの感染を誤って示していた。

2020年3月21日(I)

スペインの報告では、65歳未満の検査陽性死亡者はわずか3人である(総数約1000人中)。彼らの既往症や実際の死因はまだわかっていない。

イタリアでは3月20日、1日で627人が検査陽性で死亡したと報告された。それに比べ、イタリアの通常の死亡率は1日あたり約1800人である。2月21日以来、イタリアは約4000人の検査陽性者の死亡を報告している。この期間の通常の総死亡者数は5万人である。通常の総死亡がどの程度増加したのか、あるいは単に検査陽性になっただけなのかはまだわかっていない。さらに、イタリアとヨーロッパは2019/2020年に非常に穏やかなインフルエンザシーズンを迎え、そうでなければ脆弱な多くの人々を免れた。

イタリアの報道によると、ロンバルディア地方で検査陽性の死亡者の90%が集中治療室以外で死亡しており、そのほとんどが自宅や一般病棟で死亡している。彼らの死因や検疫措置が死因にどのような役割を果たしたかについては、いまだ不明である。2168人の検査陽性者のうちICUで死亡したのは260人だけである。

Bloombergは “99% of Those Who Died From Virus Had Other Illness, Italy Says “を取り上げている。

2020年3月21日(II)

ジャパンタイムズ紙が問う:日本はコロナウイルスの爆発的増加を期待していた。それはどこにあるのか?陽性反応が出た最初の国の一つであり、閉鎖措置も取らなかったにもかかわらず、日本は最も影響を受けていない国の一つである。引用する: 「たとえ日本が感染者全員を数えていないとしても、病院は手薄になっていないし、肺炎患者の急増もない。」

イタリアの研究者たちは、北イタリアの極端なスモッグはヨーロッパで最悪であり、以前武漢で発生した肺炎と同様、北イタリアで発生した肺炎の原因となっている可能性があると主張している。

世界的に有名な医学微生物学の専門家であるスチャリット・バクディ教授は、新型コロナウイルスだけを死因とするのは「間違い」であり、「危険なほど誤解を招く」と述べている。バクディ教授は、現在議論されている、あるいは課されている対策は、「グロテスク」、「無駄」、「自己破壊的」であり、高齢者の寿命を縮める「集団自殺」であり、社会に受け入れられるべきものではないと述べている。

2020年3月22日(I)

イタリアの状況について: ほとんどの主要メディアは、イタリアではコロナウイルスによる死者が1日あたり800人に上ると偽って報道している。実際には、イタリア市民保護局の総裁は、これらの死は「コロナウイルスによるものであり、コロナウイルスによるものではない」と強調している(記者会見の03分30秒)。言い換えれば、これらの人々は陽性でありながら死亡したのである。

ヨアニディス教授とバクディ教授が示したように、韓国や日本のようにロックダウン措置を導入していない国では、COVID-19に関連した過剰死亡率がほぼゼロであったのに対し、ダイヤモンド・プリンセス・クルーズ船では、外挿された死亡率が1人当たり1ミリの範囲、つまり季節性インフルエンザのレベルかそれ以下であった。

イタリアにおける現在の検査陽性死亡者数は、イタリアにおける通常の1日あたりの総死亡者数(1日あたり約1800人)の50%以下である。従って、通常の1日の死亡者数の大部分は、単に「COVID-19」の死亡者数としてカウントされている可能性がある。これはイタリア市民保護局の総裁が強調した点である。

しかし、北イタリアの特定の地域、つまり最も厳しい封鎖措置がとられている地域では、1日の死亡者数が著しく増加していることが明らかになっている。ロンバルディア州では、検査陽性者の90%が集中治療室ではなく、ほとんどが自宅で死亡している。また、99%以上が重篤な持病を抱えている。

前述したように、スチャリット・バクディ教授はロックダウン対策を「無駄」「自己破壊的」「集団自殺」と呼んでいる。このように、高齢で孤立し、強いストレスを受け、複数の持病を持つ人々の死亡率が上昇したのは、実際、数週間に及ぶ封鎖措置が原因なのだろうか、という極めて厄介な疑問が生じる。

もしそうなら、治療が病気より悪い場合のひとつかもしれない。(死亡診断書の12%のみがコロナウイルスを原因としている)

2020年3月22日(II)

スイスでは現在56人の検査陽性者が死亡しているが、その全員が高齢および/または既往症のために「ハイリスク患者」であった。彼らの実際の死因、すなわちウイルスによるものなのか、単にウイルスに感染したものなのかは公表されていない。

スイス政府は、スイス南部(イタリアの隣)の状況は「劇的」であると主張しているが、地元の医師はこれを否定し、すべてが正常であると述べている。

報道によると、酸素ボトルが不足する可能性があるという。しかし、その理由は現在使用量が増えているのではなく、将来の不足を恐れて買いだめしているためである。

多くの国では、すでに医師や看護師の不足が深刻化している。これは主に、陽性と判定された医療従事者が、多くの場合完全に、あるいはほとんど症状がないままであるにもかかわらず、自己隔離を余儀なくされるためである。

2020年3月22日(III)

インペリアル・カレッジ・ロンドンのあるモデルは、英国における「COVID-19による」死亡者数を25万人から50万人と予測したが、この研究の著者は現在、これらの死亡者の多くは、英国では年間約60万人である通常の年間死亡率に追加されるものではなく、むしろその一部であることを認めている。つまり、過剰死亡率は低いままなのである。

エール大学予防研究センターの創設ディレクター、デービッド・カッツ博士はニューヨーク・タイムズ紙でこう問いかけている: 「コロナウイルスとの闘いは病気より悪いのか?パンデミックに打ち勝つには、もっと的を絞った方法があるかもしれない」

イタリアのウォルター・リシャルディ教授によれば、「死亡診断書の12%しかコロナウイルスとの直接的な因果関係を示していない」のに対して、公的な報告書では「病院でコロナウイルスに感染して死亡した人はすべてコロナウイルスで死亡したとみなされている」つまり、マスコミが報道するイタリアの死亡者数は、ウイルスによる実際の死亡者数を得るためには、少なくとも8分の1に減らさなければならない。したがって、1日の死亡者数が1800人、インフルエンザによる死亡者数が年間2万人であるのに対し、1日の死亡者数はせいぜい数十人ということになる。

2020年3月23日(I)

Journal of Antimicrobial Agentsに掲載された「SARS-CoV-2:恐怖対データ」と題するフランスの新しい研究は、「SARS-CoV-2の死亡率はフランスの研究病院で確認された一般的なコロナウイルスの死亡率と有意な差はない」ことから、「SARS-CoV-2の問題はおそらく過大評価されている」と結論付けている。

2019年8月のイタリアの研究では、イタリアでのインフルエンザによる死亡者数は近年7,000~25,000人であった。この値は、イタリアでは高齢者人口が多いため、他のほとんどのヨーロッパ諸国よりも高く、これまでのCOVID-19に起因するものよりもはるかに高い。

世界保健機関(WHO)は新しいファクト・シートの中で、COVID-19はインフルエンザよりも50%ほど遅いスピードで広がっている、と報告している。さらに、COVID-19の場合、インフルエンザに比べ、症状前感染がはるかに少ないようである。

イタリアを代表する医師は、2019年11月にロンバルディア地方ですでに「奇妙な肺炎の症例」が見られたと報告しており、それが新型ウイルス(公式には2020年2月にイタリアで出現したばかり)によるものなのか、それとも北イタリアの危険なほど高いスモッグレベルなどの他の要因によるものなのか、再び疑問が投げかけられている。

有名なコクラン医学共同研究所の創設者であるデンマークの研究者ピーター・ゲッチェは、コロナは「集団パニックの流行」であり、「論理は最初の犠牲者の一人であった」と書いている。

2020年3月23日(II)

イスラエルの元保健大臣ヨーラム・ラス教授は、新型コロナウイルスは「インフルエンザより危険性が低い」とし、閉鎖措置は「ウイルスより多くの人を殺すだろう」と述べている。また、「数字はパニックと一致しない」、「心理学が科学に勝っている」とも述べている。また、「イタリアは呼吸器疾患の罹患率が非常に高いことで知られており、他のヨーロッパの国の3倍以上である」とも述べている。

スイスの感染症専門家であるピエトロ・ヴェルナッツァ氏は、今回の措置の多くは科学的根拠に基づいておらず、撤回すべきだと主張する。ヴェルナッツァによれば、集団検査は意味がなく、人口の90%には症状が現れないからである。彼は、経済や社会全体に支障をきたさないようにしながら、リスクグループだけを保護することを勧めている。

世界医師連盟のフランク・ウルリッヒ・モンゴメリー会長は、イタリアのような閉鎖措置は「不合理」で「逆効果」であり、撤回すべきだと主張している。

スイスメディアのパニックにもかかわらず、過剰死亡率は依然としてゼロかゼロに近い。最新の検査で陽性となった。「犠牲者」は、緩和ケアを受けている96歳と持病のある97歳であった。

イタリア国立衛生研究所の最新統計報告書が英語で入手可能になった。

2020年3月24日

英国は死亡率が「全体的に低い」として、COVID-19をHCID(High Consquence Infectious Diseases)の公式リストから削除した。

ドイツ国立衛生研究所(RKI)の所長は、実際の死因に関係なく、検査陽性の死亡はすべて「コロナウイルスによる死亡」としてカウントしていることを認めた。死亡者の平均年齢は82歳で、ほとんどが重篤な予備軍である。他の多くの国と同様、ドイツでもCOVID-19による過剰死亡率はゼロに近いと思われる。

スイスの集中治療室ではCOVID-19患者用のベッドはまだ「ほとんど空」である。

チューリッヒ大学の前医療ウイルス学主任教授であるドイツのカリン・モーリング教授は、COVID-19は「殺人ウイルスではない」とし、「パニックは終わらせなければならない」とインタビューに答えている。

2020年3月25日

ドイツの免疫学者であり毒性学者でもあるシュテファン・ホッカーツ教授がラジオ・インタビュー<Youtubeは検閲され削除された>で、COVID-19はインフルエンザ(流感)より危険なウイルスではなく、より注意深く観察されているだけだと説明している。ウイルスよりも危険なのは、メディアと多くの政府の「権威主義的反応」によって作り出される恐怖とパニックである。ホッカーツ教授はまた、いわゆる。「コロナ死者」のほとんどは、コロナウイルスの陽性反応を示しながら、実際には他の原因で死亡していることを指摘している。ホッカーツ教授は、報告されている10倍以上の人々がすでにCOVID-19に感染していたにもかかわらず、何も気づかなかったか、ほとんど気づかなかったと考えている。

アルゼンチンのウイルス学者で生化学者のパブロ・ゴールドシュミットは、COVID-19はひどい風邪やインフルエンザほど危険ではないと説明している。COVID-19ウイルスは以前から存在していたが、誰も探していなかったために発見されなかった可能性さえある。ゴールドシュミット博士は、メディアと政治が作り出した「世界的な恐怖」について語った。毎年、世界で300万人の新生児が、アメリカだけでも5万人の成人が肺炎で亡くなっているという。

ボン大学衛生研究所所長のマルティン・エクスナー教授はインタビューの中で、ドイツでは今のところ患者数がほとんど増えていないにもかかわらず、医療関係者がプレッシャーにさらされている理由を説明する: 一方では、陽性と判定された医師や看護師は隔離され、後任を確保するのが難しい。一方では、治療の重要な部分を担っている近隣諸国の看護師は、国境が閉鎖されているため入国できないのが現状である。

元ドイツ文化大臣で倫理学教授のユリアン・ニダ=ルメリン教授は、コビッド19は健康な一般人には何のリスクももたらさず、したがって外出禁止令のような極端な措置は正当化されないと指摘している<ウェブページは削除されました>。

スタンフォード大学のジョン・ヨアニディス教授は、クルーズ船ダイヤモンド・プリンセスのデータを用いて、COVID-19の年齢補正致死率は0.025%から0.625%、つまり強い風邪やインフルエンザの範囲であることを示した。さらに日本の研究では、検査で陽性となった乗客のうち、平均年齢が高いにもかかわらず、48%がまったく無症状であった。このことはまた、ウイルスそのものよりも持病の方が重要な要因ではないかという疑問を投げかけるものである。イタリアの例では、検査陽性で死亡した人の99%に1つ以上の既往症があり、その中でもCOVID-19が原因であると記載された死亡診断書はわずか12%であった。

2020年3月26日(I)

米国:3月25日付の米国の最新データ(出典)によると、全国的にインフルエンザ様疾患の数が減少しており、その頻度は数年平均を大きく下回っている。政府によるインフルエンザ対策が実施されてからまだ1週間も経っていないため、その影響とは考えられない。

ドイツ: 3月24日付のドイツ・ロベルト・コッホ研究所の最新インフルエンザ報告では、「急性呼吸器疾患の全国的な減少」が報告されている: インフルエンザ様疾患の発生数およびそれによる入院数は例年の水準を下回っており、現在も減少を続けている。RKIは続ける: “受診者数の増加は、現在のところ、人口に循環するインフルエンザウイルスによっても、SARS-CoV-2によっても説明できない。」

イタリア: イタリアの著名なウイルス学者ジュリオ・タロは、COVID-19の死亡率はイタリアでも1%以下であり、インフルエンザに匹敵すると主張している。COVID-19による死亡とCOVID-19による死亡を区別していないため、また(症状のない)感染者数が大幅に過小評価されているため、高い数値が出ているに過ぎない。

イギリス最大50万人の死亡を予測した英国インペリアル・カレッジの研究著者は、再び予測を下方修正している。すでに、検査陽性の死亡者の大部分は通常の死亡の一部であることを認めていたが、現在では、すでに2〜3週間でピークに達する可能性があるとしている。

イギリス英国ガーディアン紙は2019年2月、全般的に弱いインフルエンザ・シーズン2018/2019でも、英国では集中治療室へのインフルエンザ関連入院が2180件以上あったと報じた。

スイススイスでは、COVID-19による超過死亡率はまだゼロのようだ。メディアが発表した最新の「死亡者」は100歳の女性である。それにもかかわらず、スイス政府は規制強化を続けている。

2020年3月26日(II)

スウェーデンスウェーデンはこれまで、COVID-19への対応において最もリベラルな戦略を追求してきた: リスクグループは保護され、インフルエンザの症状がある人は自宅待機となる。「この2つのルールに従えば、これ以上の対策は必要ない。社会的、経済的な生活は通常通り続くだろう。病院に殺到するような事態は今のところ起こっていない、とテグネル氏は語った。

ドイツの刑法と憲法の専門家であるジェシカ・ハメッド博士は、一般的な外出禁止令や接触禁止令といった措置は、自由という基本的権利に対する大規模かつ不釣り合いな侵害であり、したがっておそらく「すべて違法」であると主張している。

全死亡率に関する最新の欧州モニタリング報告書では、すべての国、すべての年齢層で平均値または平均値以下が続いているが、1つ例外がある。イタリアの65歳以上の年齢層では、現在、全死亡率の増加が予測されており(いわゆる遅延調整zスコア)、しかし、それでも2017年と2018年のインフルエンザ流行時の値を下回っている。

2020年3月27日(I)

イタリアイタリア保健省が発表した最新のデータによると、暖冬の影響で平均を下回っていた全死亡率が、65歳以上の全年齢層で有意に高くなっている。3月14日までは、全死亡率は2016/2017年のインフルエンザシーズンを下回っていたが、その間にすでに上回っている可能性がある。この超過死亡率のほとんどは、現在イタリア北部から発生している。しかし、COVID-19がパニック、医療崩壊、封鎖などの他の要因と比較してどのような役割を果たしているかはまだ明らかではない。

フランス

フランスの最新データによると、全国レベルの総死亡率は、穏やかなインフルエンザシーズンの後、通常の範囲内にとどまっている。しかし、一部の地域、特にフランス北東部では、コビッド19に関連して、65歳以上の総死亡率がすでに急上昇している(下図参照)。

フランスでは、検査陽性の集中治療患者と死亡患者の年齢分布と既往症に関する詳細な情報も提供している(下図参照):

  • 死亡者の平均年齢は81.2歳である。
  • 死亡者の78%が75歳以上、93%が65歳以上であった。
  • 死亡者の2.4%は65歳未満で、既往症はなかった。
  • 集中治療患者の平均年齢は65歳である。
  • 集中治療患者の26%は75歳以上で、67%に既往症がある。
  • 集中治療患者の17%は65歳未満で、既往症はない。

フランス当局は、「死亡率全体に占める(COVID-19)流行の割合はまだ確定していない。”と付け加えている。

入院患者(左上)、集中治療患者(右上)、在宅患者(左下)、死亡者(右下)の年齢分布。出典:SPF/2020年3月24日

アメリカ

研究者スティーブン・マッキンタイアは、米国における肺炎による死亡に関する公式データを評価した。通常、1週間あたり3000から5500人の死亡があり、コビッド19の現在の数字よりかなり多い。米国での総死亡者数は週に5万人から6万人である。(注:下のグラフでは、2020年3月の最新の数字がまだ完全に更新されていないため、曲線が傾いている)。

イギリス

インペリアル・カレッジ・ロンドンのニール・ファーガソンは、現在、英国にはCOVID-19患者を治療するのに十分な集中治療室のキャパシティがあると想定している。

ジョン・リー病理学名誉教授は、COVID-19症例の登録方法が特殊であるため、通常のインフルエンザや風邪の症例に比べてCOVID-19がもたらすリスクが過大評価されていると主張している。

その他の話題

スタンフォード大学の研究者による予備調査では、COVID-19陽性患者の20〜25%が他のインフルエンザや風邪のウイルスにも陽性であった。

米国では失業保険の申請件数が急増し、過去最高の300万件を超えた。それに伴い自殺者の急増も予想される。

ドイツで最初の検査陽性患者が回復した。本人の供述によれば、この33歳の男性は「インフルエンザほどひどくはない」病気を経験したとのことである。

スペインのメディアは、COVID-19の抗体迅速検査は感度が30%しかないと報じている。

2003年に中国で行われた研究では、SARSで死亡する確率は、中程度の大気汚染にさらされた人の方が、空気のきれいな地域の患者よりも84%高いと結論している。大気がひどく汚染された地域の患者では、リスクはさらに200%高くなる。

ドイツ・エビデンスに基づく医療ネットワーク(EbM)は、COVID-19に関するマスコミ報道を批判している。(他の死因に言及しない生データの提示は、リスクの過大評価につながる」

2020年3月27日(II)

ドイツの研究者リヒャルト・キャペック博士は、定量的分析の中で、「コロナの流行」は実際には「検査の流行」であると主張している。カペックによれば、検査件数は指数関数的に増加しているが、感染者の割合は安定しており、死亡率は減少している。

ドイツのヴュルツブルク大学のウイルス学教授カーステン・シェラー博士はポッドキャストで、COVID-19は間違いなくインフルエンザに匹敵し、今のところ死亡者数さえ少ない、と説明している。シェラー教授は、メディアでしばしば紹介される指数関数的な曲線は、ウイルス自体の異常な広がりというよりも、検査件数の増加と関係があるのではないかと疑っている。ドイツのような国にとって、イタリアは日本や韓国よりもロールモデルにはなりにくい。何百万人もの中国人観光客が訪れ、最低限の社会的規制しかないにもかかわらず、これらの国々はまだCOVID-19の危機を経験していない。その理由のひとつは、口元マスクの着用だろう: これでは感染を防ぐことはできないが、感染者によるウイルスの拡散を抑えることはできるだろう。

ベルガモ(ベルガモ市)の最新の数字によると、2020年3月の総死亡者数は、通常1カ月あたり150人であるところ、約450人に増加した。このうち何割がコビッド19によるもので、何割が集団パニック、システム崩壊、封鎖そのものといった他の要因によるものかはまだ不明である。市立病院は全地域の人々によって制圧され、崩壊したようだ。

スタンフォード大学の2人の医学教授、エラン・ベンダヴィッド博士とジェイ・バタチャリヤ博士は論文の中で、COVID-19の致死率は数桁過大評価されており、おそらくイタリアでさえ0.01%から0.06%で、インフルエンザの致死率を下回っていると説明している。この過大評価の理由は、すでに感染している(症状のない)人の数が大幅に過小評価されているからである。その一例として、イタリアのVo.コミュニティで行われた完全検査が挙げられるが、この検査では50〜75%の無症状者が陽性であった。

ドイツ病院協会会長のジェラルド・ガース(Gerald Gaß)博士は『ハンデルスブラット(Handelsblatt)』紙のインタビューで、「イタリアの極端な状況は、主に集中治療能力が非常に低いためである」と説明している。

COVID-19パニック”を早くから声高に批判してきたヴォルフガング・ヴォダルグ医師は、トランスパレンシー・インターナショナル・ドイツの理事会から暫定的に排除された。ヴォダルグはすでに、彼の批判に対してメディアから厳しい攻撃を受けていた。

NSAの内部告発者であるエドワード・スノーデンは、政府は監視国家を拡大し、基本的権利を制限するために現在の状況を利用していると警告している。現在実施されている管理措置は、危機の後も解体されることはないだろう。

検査数の増加に比例して感染者数も増加しているが、その比率は一定であり、ウイルスの流行が続いていることを物語っている(リチャード・カペック博士、米国データ)。

2020年3月28日

オックスフォード大学の新たな研究によると、2020年1月以降、英国ではすでにCOVID-19が存在し、人口の半数がすでに予防接種を受けている可能性があり、ほとんどの人は症状がないか、軽い症状しか出ていないと結論づけている。つまり、COVID-19のために入院する必要があるのは1000人に1人ということになる。研究

英国のメディアは、「何の既往症もなくCOVID-19で死亡した」21歳の女性について報じた。しかし、その後、この女性はCOVID-19陽性ではなく、心不全で死亡したことが判明した。COVID-19の噂は「彼女に軽い咳があったため」に生じたものであった。

ドイツのメディア科学者であるオトフリート・ヤレン教授は、多くのメディアが脅しと行政権力を強調する無批判なジャーナリズムを提供していると批判した。ヤーレン教授によれば、専門家同士の差別化や真の議論はほとんど行われていないという。

2020年3月29日

ドイツ・マインツ市の医療微生物学名誉教授スチャリット・バクディ博士は、ドイツのアンゲラ・メルケル首相に公開書簡を送り、コビッド19への対応を早急に見直すよう求め、首相に5つの重要な質問を投げかけた。

ドイツ・ロベルト・コッホ研究所の最新データによると、検査陽性者の増加は検査件数の増加に比例している。このことは、感染者数の増加は主に検査件数の増加によるものであり、流行の継続によるものではないことを示しているのかもしれない。

ミラノの微生物学者マリア・リタ・ジスモンドは、イタリア政府に対し、毎日の「コロナ陽性者」の数は「偽物」であり、国民を不必要なパニックに陥れるものであるとして、公表を中止するよう求めている。検査陽性数は検査の種類と数に大きく左右され、健康状態については何も語らない。

スタンフォード大学の医学・疫学教授であるジョン・ヨアニディス博士は、COVID-19対策のデータ不足について1時間の詳細なインタビューに答えた。

フランス在住のアルゼンチン人ウイルス学者パブロ・ゴールドシュミットは、COVID-19に対する政治的反応を「完全に誇張されたもの」とみなし、「全体主義的措置」に警告を発している。フランスの一部では、すでにドローンによって人々の移動が監視されている。

1934年生まれのイタリア人作家フルヴィオ・グリマルディは、イタリアで現在実施されている国家的措置は「ファシズム下よりもひどい」と説明する。議会と社会は完全に無力化されている。

2020年3月30日(I)

ドイツでは、一部の診療所が患者を受け入れられなくなっている。患者が多すぎるからでも、ベッド数が少なすぎるからでもなく、看護スタッフが陽性と判定されたからである。このケースは、医療制度がどのように、そしてなぜ麻痺しつつあるのかを改めて示している。

ドイツのある老人ホームでは、15人の陽性者が死亡した。しかし、「驚くほど多くの人がコロナの症状を示すことなく亡くなっている」ドイツの専門医はこう語る: 「私の医学的見地からすると、これらの人々の何人かは、措置の結果として死亡した可能性がある。認知症の人たちは、日常生活に大きな変化が加えられると、強いストレスを感じるようになる。

スイスの薬理学者によれば、スイスのベルンにあるIncellスピタルでは、COVID-19を恐れて、職員に休暇を取らせたり、治療を中止させたり、手術を延期させたりしたという。

ドイツ・ヘルムホルツ感染研究センターの疫学部長ジェラール・クラウス教授は、ドイツの公共テレビZDFで、コロナ対策は「ウイルスそのものよりも多くの死者を出す可能性がある」と警告している。

様々なメディアが、イタリアではすでに50人以上の医師が「コロナ危機の間に」戦場の兵士のように死亡したと報じている。しかし、対応するリストを見ると、死亡者のほとんどは90歳の精神科医や小児科医を含む様々な種類の引退した医師であり、その多くは自然死である可能性がある。

アイスランドでの大規模な調査によると、検査陽性者の50%は「全く症状がない」、残りの50%は「ごく中程度の風邪のような症状」がほとんどであった。アイスランドのデータによると、COVID-19の死亡率は1ミル当たり、つまりインフルエンザの範囲かそれ以下である。検査で陽性となった2人の死亡者のうち、1人は「珍しい症状の旅行者」であった。(アイスランドのデータ)

英デイリー・メール紙のジャーナリスト、ピーター・ヒッチェンス氏は、「この大パニックが愚かである強力な証拠がある。しかし、われわれの自由は破壊され、経済は機能不全に陥っている。ヒッチンスは、英国の一部では、警察のドローンが自然の中を「必要でない」散歩を監視し、報告していると指摘している。場合によっては、「人命救助」のため、警察の無人機が拡声器で帰宅を呼びかけている。(注:ジョージ・オーウェルでさえ、そこまで考えていなかった)。

イタリアのシークレットサービスは社会不安と反乱を警告している。スーパーマーケットはすでに略奪され、薬局は襲撃されている。

一方、スチャリット・バクディ教授は、ドイツのアンゲラ・メルケル首相への公開書簡について説明したビデオ(ドイツ語/英語)を公開している。

2020年3月30日(II)

いくつかの国で、コビッド19に関して「治療が病気よりも悪い可能性がある」という証拠が増えつつある。

一方では、いわゆる院内感染、つまり軽症の患者が入院中に感染するリスクがある。ヨーロッパでは年間約250万件の院内感染があり、5万人が死亡していると推定されている。ドイツの集中治療室でも、人工呼吸中の肺炎を含め、患者の約15%が院内感染を起こしている。病院内では抗生物質耐性菌が増えているという問題もある。

もう一つの側面は、確かに善意ではあるが、時に非常に強引な治療法がCOVID-19患者に用いられるようになってきていることである。特にステロイド剤、抗生物質、抗ウイルス剤の投与(またはそれらの併用)である。すでにSARS-1患者の治療において、このような治療を行った場合、治療を行わなかった場合よりも予後が悪化し、致死的となることが多いことが示されている。

2020年3月31日(I)

リチャード・カペック博士と他の研究者たちは、検査の実施数に対する検査陽性者の数が、これまでに調査されたすべての国で一定であることをすでに明らかにしている。このことは、ウイルスの指数関数的な広がり(「流行」)を否定するものであり、単に検査数の指数関数的な増加を示しているにすぎない。

国にもよるが、検査陽性者の割合は5〜15%で、これはコロナウイルスの通常の蔓延に相当する。興味深いことに、こうした一定の数値は当局やメディアによって積極的に伝えられることはない(あるいは削除されることさえある)。その代わりに、指数関数的ではあるが、無関係で誤解を招くような曲線が脈絡なく示される。

ドイツのロベルト・コッホ研究所の伝統的なインフルエンザ報告書(30ページ、下図参照)を見れば明らかなように、このような行動はもちろん、専門的な医療水準に対応していない。ここでは、検出数(右)に加えて、検体数(左、灰色の棒)と陽性率(左、青色の曲線)が示されている。

これを見ると、インフルエンザの流行期には陽性率が0〜10%から最大80%まで上昇し、数週間後には通常の値に下がることがわかる。これに対してCOVID-19検査では、陽性率は常に正常範囲である(下図参照)。

左:検体数と陽性率、右:検出数(RKI、2017)

米国のデータを用いた一定のCOVID-19陽性率(Dr. Richard Capek)。これは、現在サンプル数のデータが入手可能な他のすべての国にも当てはまる。

COVID-19陽性率(Richard Capek博士、米国データ)。

2020年3月31日(II)

ヨーロッパのモニタリングデータをグラフで分析すると、どのような対策を講じたとしても、3月25日までにヨーロッパ全体の死亡率は平年並みか、それ以下である、多くの場合、例年のレベルを大幅に下回っていることがよくわかる、 対策を講じたとしても、3月25日までにヨーロッパ全体の死亡率は平年並みかそれ以下で、多くの場合、例年のレベルを大幅に下回っていることがよくわかる。イタリア(65歳以上)のみ、全体的な死亡率がやや上昇したが(おそらくいくつかの理由による)、それでも例年のインフルエンザシーズンを下回っている。

ドイツ・ロベルト・コッホ研究所の所長は、いわゆる「コロナ死」の定義に既往症や実際の死因は関係ないことを再度確認した。医学的には、このような定義は明らかに誤解を招く。政治と社会を恐怖に陥れることは明らかであり、一般に知られていることである。

イタリアでは現在、状況は落ち着き始めている。知られている限りでは、一時的に増加した死亡率(65歳以上)はむしろ局所的な影響であり、しばしば集団パニックと医療崩壊を伴っていた。例えば、北イタリアのある政治家は、「ブレーシャのコビッド患者がドイツに搬送される一方で、近くのヴェローナでは集中治療室の3分の2が空床というのはどういうことなのか?」と質問している。

ヨーロピアン・ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション』誌に掲載された論文で、スタンフォード大学医学部のジョン・C・ヨアニディス教授は、「誇張された情報とエビデンスに基づかない対策の害」を批判している。ジャーナルでさえ、当初は疑わしい主張を掲載していた。

3月上旬に『Chinese Journal of Epidemiology』誌に掲載された中国の研究では、COVID-19ウイルス検査の信頼性の低さ(無症状の患者で50%の偽陽性)が指摘された。無症状の患者では約50%の偽陽性)であったが、その後撤回された。この研究の筆頭著者である医学部長は撤退の理由を語りたがらず、「微妙な問題」と語ったが、これは政治的圧力を示している可能性がある、とNPRのジャーナリストが指摘している。例えば2003年、カナダの老人ホームでSARSコロナウイルスによる集団感染が「発見」されたが、これは後に一般的な風邪のコロナウイルス(これもリスクグループにとっては致命的)であることが判明した。

ドイツのリスク管理ネットワークRiskNETの著者は、COVID-19の分析で、「盲目的な逃避」と「不十分なデータ能力とデータ倫理」について述べている。より多くの検査や測定ではなく、代表的なサンプルが必要である。対策の「意味と比率」は批判的に問われなければならない。

国際的に有名なアルゼンチン人とフランス人のウイルス学者、パブロ・ゴールドシュミットへのスペイン語のインタビューがドイツ語に翻訳された。ゴルドシュミットは、今回の措置は医学的に逆効果だと考えており、「全体主義の起源」を理解するためには「ハンナ・アーレントを読む」必要があると指摘している。

ハンガリーのヴィクトール・オルバン首相は、それ以前の他の首相や大統領と同様、「非常事態法」の下でハンガリー議会をほとんど無力化し、現在は基本的に政令で統治することができる。

2020年4月1日

イタリアの状況について

イタリアの医師たちは、昨年末にすでに北イタリアで肺炎の重症例が確認されたと報告している。しかし、遺伝子解析の結果、COVID-19ウイルスがイタリアに出現したのは今年1月であることが判明した。「従って、11月と12月にイタリアで診断された重症肺炎は、別の病原体によるものでなければなりません」とウイルス学者は指摘した。このことは、イタリアの状況においてCOVID-19ウイルス、あるいは他の要因が実際にどのような役割を果たしているのかという疑問を再び提起している。

月30日、「コロナ危機の間に」死亡したイタリア人医師のリストを紹介したが、その多くは90歳までで、危機には全く積極的に参加していなかった。今日、リストの生年月日はすべて削除された(ただし、最後のアーカイブ版を参照)。奇妙な手続きだ。

イタリアのオブザーバーから次のようなメッセージも届いている。イタリアでの劇的な状況について、さらに詳しく語ってくれている:

「ここ数週間、イタリアで24時間体制で要介護者のサポートをしていた東欧の看護師のほとんどが、慌ててイタリアを去っていった。「緊急事態政府」がパニックを煽り、夜間外出禁止令や国境閉鎖を発令したためである。その結果、要介護の老人や身寄りのない障害者たちは、介護者からなすすべもなく置き去りにされた。

これらの見捨てられた人々の多くは、数日後、脱水症状などのために、数年来恒常的に過負荷状態にあった病院に収容されることになった。残念なことに、学校や幼稚園が閉鎖されたため、病院にはアパートに閉じこもった子供たちの世話をする人材が不足していた。その結果、障害者や高齢者のケアは完全に崩壊し、特に、さらに厳しい「措置」が命じられた地域では、混乱状態に陥った。

パニックが引き起こした看護の緊急事態は、一時的に要介護者の死亡を招き、病院では若年層の患者の死亡が増加した。こうした死者が出たことで、担当者やマスコミはさらにパニックを起こし、「また475人の死者が出た」「死者が軍隊によって病院から運び出されている」などと報道し、棺桶や軍隊のトラックが並んでいる写真も添えられた。

しかし、これは葬儀屋が「殺人ウイルス」を恐れた結果であり、葬儀屋は葬儀を拒否した。さらに、一方では一度にあまりに多くの死者が出たため、他方では政府がコロナウイルスを保有する死体は火葬しなければならないという法律を可決した。カトリックのイタリアでは、これまで火葬はほとんど行われていなかった。そのため、小さな火葬場しかなく、すぐに限界に達してしまった。そのため、死者はさまざまな教会に安置されなければならなかった。

原則的には、このような展開はどの国でも同じである。しかし、医療制度の質はその影響をかなり左右する。したがって、ドイツ、オーストリア、スイスでは、イタリア、スペイン、アメリカよりも問題は少ない。しかし、公式の数字を見ればわかるように、死亡率が大幅に上昇することはない。この悲劇から生まれた小さな山があるだけだ。」

アメリカ、ドイツ、スイスの病院事情

アメリカのテレビ局CBSは、ニューヨークの現状を伝える番組の中で、イタリアの集中治療室の映像を使ったことが発覚した。実際、市民ジャーナリストによる何十もの録画映像によれば、メディアによって「戦場」と形容されるアメリカ東海岸と西海岸の病院は、現在とても静かである。メディアで盛んに映し出される。「死体冷蔵庫トラック」すら、使われておらず空っぽである。

メディアの報道とは裏腹に、ドイツの集中治療室の登録簿を見ても、稼働率は上がっていない。ミュンヘンのある診療所の職員は、「波が来るのを何週間も待っていた」が、「患者数は増えていない」と説明した。彼は、政治家の発言は自分たちの経験と一致せず、「殺人ウイルスの神話」は「確認できない」と述べた。

スイスの診療所でも、今のところ患者の増加は見られない。ルツェルンのカントン病院を訪れた人の報告によると、「平時よりも活気がない」という。COVID-19のためにフロア全体が閉鎖されたが、スタッフは「まだ患者を待っている」という。ベルン、バーゼル、ツーク、チューリッヒの病院も「一掃」された。ティチーノでさえ、集中治療室は稼働していないが、患者はドイツとスイスの診療科に移されている。純粋に医学的見地からすれば、これはほとんど意味がない。

その他の医療メモ

ハンブルグ大学医療センター所長のアンスガー・ローゼ博士は、外出禁止令と接触禁止令の早期解除を要求している。彼は、より多くの人々がコロナに感染するべきだと主張している。キタや学校は一刻も早く再開し、子供たちやその親たちがコロナウイルスに感染して免疫を獲得できるようにすべきである。厳しい対策を続けることは、経済危機を招き、人命も犠牲にすることになる、と同医師は言う。

スペインでは検査陽性者の15%が医師と看護師である。彼らの多くは症状を示さないが、検疫に入らなければならず、スペインの医療システムは崩壊してしまう。

病理学の名誉教授であるジョン・リー博士は、英国の『スペクテイター』誌に、「コロナ死」の定義と伝え方が非常に誤解を招いていることについて書いている。

環境毒性学の博士によって評価されたノルウェー環境毒性学の博士が発表した最新のデータによると、コロナウイルスの検査陽性率は、流行時に予想されるような増加は見られず、2%から10%の間で通常の範囲内で変動している。検査陽性者の平均年齢は84歳で、死因は公表されておらず、過剰死亡率はない。

スウェーデンは、これまで抜本的な対策をとらず、死亡率の増加も報告されていないが(日本や韓国などのアジア諸国と同様)、国際メディアから戦略を変更するよう圧力をかけられている。

ニューヨーク州のデータによれば、検査陽性者の入院率は当初想定されていたよりも20倍以上低い可能性がある。

検査陽性患者の人工呼吸の問題を扱った専門ポータルサイトDocCheckの記事がある。検査陽性患者では、コロナウイルスのエアロゾルによる拡散を防ぐため、マスクによる単純換気が公式に推奨されている。そのため、検査陽性の集中治療患者はしばしば直接挿管される。しかし、挿管は成功の可能性が低く、肺にさらなる損傷を与えることが多い(いわゆる人工呼吸器誘発性肺損傷)。薬物療法と同様、患者にもっと優しく接した方が医学的に賢明ではないかという疑問が生じる。

政治的動向に関する報告

ドイツのある国務大臣は、国民に対して「コロナ流行を食い止めるための規則違反を警察に通報するよう、警戒を怠らないように」と呼びかけている。「熱心に報告」されているのは、例えば「禁止されているグループ編成、遊び場での子供たち、パーティー、ハイカー」などである。

ドイツの憲法専門家は、「基本的権利への深刻な侵害」に警鐘を鳴らしている。憲法の専門家ハンス・ミヒャエル・ハイニヒは、「民主的な憲法国家が、あっという間にファシスト・ヒステリックな衛生国家に変わる可能性がある」と警告している。ベルリン・フンボルト大学のクリストフ・メラーズ教授は、感染症保護法は「市民の自由の権利をこれほど広範囲に制限する根拠にはなりえない」と説明する。元ドイツ連邦憲法裁判所長官のハンス・ユルゲン・パピエによれば、「緊急措置は、権威主義的で監視的な国家のために市民の自由を停止することを正当化するものではない」という。

夜間外出禁止令やその他の基本的権利の侵害をやめさせるために、いくつかの国でオンライン署名活動が開始された。同時に、医師によるものであっても、批判的なビデオ投稿が削除されるケースが増えている。ベルリンでは、ドイツ憲法が配布された基本的権利に関する登録制のイベントが警察によって中止された。


まとめ

「スイス・ポリシー・リサーチ」という組織について何を信じようと、彼らは、現在明らかに捏造された。「公衆衛生の危機」と見なされていることの初期の出来事に関する、世界中の十分な資格を持った医学的・科学的専門家の一連の出来事、データ、観察、分析、結論をリアルタイムで記録することによって、世界(そして大陪審や他の法的専門家、プロセス)に対して非常に価値のあるサービスを提供してきた。この虚構を構築し、支援し、維持する上で、国際的な企業メディアとソーシャルメディアが果たした役割は、今や目を開けば誰でもわかるように明らかである。

その後の協調的で世界的なプロパガンダ・キャンペーンは、医療倫理の重大な違反、(真の「公衆衛生」の観点から)非常に逆効果な行動の強制、有毒で効果のない医療プロトコル、薬剤、ワクチンの正当化に利用された。これは、企業メディアと西側諸国政府(特に 「ファイブ・アイズの国々)が隠蔽しようと懸命になっている不都合な真実である。

私が毎日、インタビューのたびに考えさせられる重要な疑問は、「私たちに何ができるのか」ということだ。何かアイデアはあるだろうか?