集団予防接種を続けても、SARS-CoV-2 Spikeタンパク質の進化能力はオミクロン版を超えるだけ

バンデン・ボッシュ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Continued mass vaccination will only push the evolutionary capacity of SARS-CoV-2 Spike protein beyond the Omicron version

「オミクロンの方が感染力が強い!」

「オミクロンの方が病気の経過が穏やかになる!。」

「オミクロンはワクチン媒介免疫を逃れる!』

「オミクロンはスパイク(S)タンパク質の中に驚くほど多くの変異がある!』

「オミクロンは突然変異が多すぎるので自滅する。これらは結局、ウイルスの複製を不能にするだろう!」

「オミクロンは不吉だ」

「オミクロンは無害だ 」

「オミクロンはHIV患者が繁殖させた ‘オミクロンを広めた南アフリカは非難されるべきだ!」

「上記のすべてにかかわらず、我々は新しいワクチンを必要としている。抗オミクロンワクチンです! そのようなワクチンはオミクロンを飼いならし、パンデミックを停止させ、オミクロンを常在国に追いやるだろう!」

 

キーオピニオンリーダー(KOL)も公衆衛生(PH)も、このパンデミックの進化のキネティクスに関することを何も理解していない。ハードコアな科学者たちは、着実に発生しているSARS-CoV-2の多数の変異株の分子スタンプ収集に多くの時間を費やしているが、木を見て森を見ずである。臨床医は、この病気のさまざまな症状に困惑している。ワクチン業界は、間もなく医学界の盲腸から追放されるであろう「ワクチン」という名前の製品を売ることができれば、上記のようなことは気にしない。

科学的素朴さと傲慢な誇大妄想が相まって、PH-KOLと産業界の強力な連合体は、SARS-CoV-2が広範な免疫圧力を受けた場合の進化能力を劇的に過小評価している。オミクロンはその一例に過ぎず、他の国でも同じようなS方向の変異を持つ変異株がすぐに出現することは疑いの余地がない。SARS-CoV-2の感染力に対する集団レベルでの免疫圧力が最適ではなく、感染圧力が広範囲に及ぶという同じ条件が、異なる結果をもたらすと考える理由はないだろう。あるいは、大量のワクチン接種により、より感染力の強い変異株の優れた繁殖地として人口を準備している国は、オミクロンやその仲間たちに高いレベルのもてなしをするだろう。

科学的に歪んだシナリオが火に油を注ぎ続ける中、オミクロンが制御不能なパンデミック列車の終着駅になるとは考えにくい。なぜなら、以前の無症候性感染(例えば、以前に優勢であった別の変異株による感染)によって生じた短命で機能の低い抗S抗体(抗体)は、もはやオミクロンを認識しないからである。実際、オミクロンの耐性は、ワクチン由来の抗体に限らず、無症候性/軽度の感染により自然に誘導された低親和性の抗体にも及ぶ可能性が高いと考えられる。その結果、そのような過去の感染による抗体は、もはやウイルスとの結合において関連する生来の抗体と競合しないであろう。したがって、無症候性/軽度の感染症にかかったことのある人は、第一の免疫防御に全面的に依存してオミクロンに対処することができるようになる。これにより、「専門家」は、ウイルス(実際にはオミクロン)の毒性が(デルタよりも)弱くなり、常在菌に移行する途中であるという印象を持つことになる。しかし、全体的に「軽症」というパターンは、オミクロンが優勢になり、高い感染率を引き起こすまでの間だけである。このような状況になると、前回の感染後すぐに再感染する可能性が高まるため、短命で親和性の低い抗S抗体が生来の抗体と競合する集団が増えてくる。オミクロンの感染率が高ければ、寿命の短い低親和性の抗S抗体が人口の大部分で減少するのを防ぐことができる。このことと、(必然的に)抗オミクロン・ワクチンを大量に接種し続けることとが相まって、大規模な集団がオミクロンの感染力に免疫圧力をかけることが可能となる。しかし、これらの免疫反応はいずれもウイルスの感染を抑制することはできない(業界で使用されているタイプのC-19ワクチンには感染を抑制する能力がないことが広く認められている)。

大量のワクチン接種は、C-19ワクチンに対するウイルスの抵抗性を促進する。ウイルス抵抗性は、SARS-CoV-2(オミクロンなど)の感染力を高め、最終的にはSARS-CoV-2が代替の細胞表面決定基を利用して許容範囲内の細胞に侵入できるようになるかもしれない。

私は、最適ではない免疫圧力が持続すると、最終的にSタンパク質のアロステリック変異(1)が生じると確信している。このような変異は、中和する抗体がSタンパク質に結合するのを防ぐのではなく、受容体結合ドメイン(RBD)を変化させ、中和する抗体に認識されないドメインが、寛容な宿主細胞上の代替受容体分子に結合することを可能にする。このようなアロステリックな突然変異は、ウイルスがACE2に結合するのを妨げるのであろうか?そうかもしれないし、そうでないかもしれない。SARS-CoV-2の受容体を介した侵入は、ACE2に限らないことはよく知られている(1)。いずれにしても、このメカニズムでは、ワクチン接種や自然疾患からの回復時に獲得した以前の中和抗体は、もはやウイルスを中和することはできないが、それでもウイルスとの結合は可能である。中和せずにウイルスとの結合を可能にしたままの抗体は、Ab依存性疾患増強(ADE)を引き起こす危険性がある。ウイルスの本質的な毒性が変化する可能性は低いとしても(毒性遺伝子に免疫の圧力がかかっている証拠がないため)ADEの発生は、ウイルスの病原性を強化・加速させるため、同じ効果をもたらすことになる。そうなると、壊滅的な病気を引き起こす経路は異なるものの、マレック病で説明したような状況が発生する可能性がある(2)。マレック病ウイルスが宿主(家禽)の自然免疫防御を突破し、ワクチンを接種していないニワトリの防御的な適応免疫に先んじて対抗するほどの強毒性であるのに対し、アロステリックなSARS-CoV-2変異株は、ワクチン接種者の自然免疫反応を突破し(ワクチンが関連する自然免疫 抗体を抑制するため)ワクチンの抗体に抵抗するだけでなく(ACE2内の伝統的な受容ドメインを迂回するため)ADEにより病原性を増すことになる。

大規模なワクチン接種は、必要に応じて、許可された細胞で代替の受容体ドメインを使用する能力を含め、ウイルスの進化能力を十分に発揮させることになることは否定できない。このような劇的な変異に伴うフィットネスコストは、病原性の向上によって報われると思われる。私は、このようなダイナミクスによって、自然免疫が損なわれていない個体が自然淘汰され、そうでない個体が淘汰されるようになることを心底恐れている。このような自然淘汰は、自然免疫がウイルスを殺菌して感染を阻止するため、SARS-CoV-2の根絶につながるが、その結果は想像を絶するものになるだろう。ウイルスの根絶によってパンデミックを終わらせるために支払う代償は、集団免疫を発生させてウイルスをパンデミック状態にさせるために支払う代償とは比較にならない。集団予防接種を強制している人々は、後者ではなく前者を選択しているのであり、この行為は史上最大の罪として記憶されることになるだろう。

参考文献

www.ncbi.nlm.nih.gov/labs/pmc/articles/PMC7883063/

journals.plos.org/plosbiology/article/fileid=10.1371/journal.pbio.1002198&type=printable

(1) 本記事では、アロステリック変異とは、RBDの外側に位置する免疫原性のあるS結合ドメインが変化し、抗ウイルス抗体に認識されることでRBDの構造が変化し、中和抗体の結合が阻害され、RBDと細胞表面との結合が可能になることと定義している。

Geert Vanden Bosscheは、ベルギーのゲント大学でDVMを取得し、ドイツのホーエンハイム大学でウイルス学の博士号を取得した。彼はベルギーとドイツの大学で非常勤講師を務めた。その後、いくつかのワクチン企業(GSK Biologicals社、Novartis Vaccines社、Solvay Biologicals社)に入社し、ワクチンの研究開発や後期のワクチン開発でさまざまな役割を果たした。

その後、シアトル(米国)にあるビル&メリンダ・ゲイツ財団のグローバル・ヘルス・ディスカバリー・チームにシニア・プログラム・オフィサーとして参加し、ジュネーブにあるワクチンと予防接種のためのグローバル・アライアンス(GAVI)にシニア・エボラプログラム・マネージャーとして参加した。GAVIでは、エボラワクチンの開発に向けた取り組みを追跡した。また、GAVIを代表して、WHOを含む他のパートナーとのフォーラムに参加し、エボラ出血熱対策の進捗状況を確認するとともに、世界的なパンデミックへの備えの計画を策定した。

2015,ゲルトはWHOがギニアで実施した輪番制の予防接種試験で使用されたエボラワクチンの安全性を精査し、疑問を投げかけた。2015年にWHOが『Lancet』誌に掲載したデータに対する彼の批判的な科学的分析と報告書は、エボラワクチン接種プログラムに関わるすべての国際保健機関と規制当局に送られた。GAVIに勤務した後、ゲルトはケルンのドイツ感染症研究センターにワクチン開発室の室長として入社した。現在は、主にバイオテクノロジー/ワクチンのコンサルタントとして活躍する一方、ナチュラルキラー細胞ベースのワクチンに関する独自の研究も行っている。

電子メール: info@voiceforscienceandsolidarity.org

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました