バンデン・ボッシュ

コビッドワクチンを子供に接種してはいけない! 絶対に! - ワクチン学者 Geert Vanden Bossche
Don't vaccinate your children with covid-vaccines! Ever!

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ


Geert Vanden Bossche
0:00

皆さんこんにちは、Geert Vanden Bosscheと申します。私はワクチン学者です。私は何年も何年もワクチン業界で働いてきました。私はウイルス学者として訓練を受け、ワクチン産業だけでなく、例えばビル&メリンダ・ゲイツ財団やGAVIといったグローバルヘルス組織とのワクチンビジネスにも長年携わってきました。

そして今日、私が皆さんにお話しするのは、皆さんの子どもたちのことだからです。

そして、本当に本当にお願いなのですが、子供たちにCOVID-19のワクチンを接種しないでください。

そして、なぜこれが劇的なことになるのでしょうか、私は最善を尽くして説明します。

今回は、COVID-19に対抗するワクチン接種に、子供を利用する必要はないという事実については話すことはしません。それには、あまりにも多くの、そしてあまりにも危険な副作用があります。

これらのワクチンが子供たちの免疫系に与える影響についてお話しします。

私は、これが子供にとって死刑宣告になりかねないと言っています。これは誇張ではありません。

では、これらのワクチンがどのようにお子さんの自然免疫系を損なうのでしょうか、説明しましょう。

まず第一に、これは事実であり、データです。私たちは、小児期には、弱毒性生ワクチン以外のいかなるウイルスワクチンも決して使用しません。小児期には、私たちはそのようなことはしないのです。! これは確認することができます。

この理由は、子どもの生来の抗体(自然抗体)と関係があります。子どもは自然抗体と呼ばれる特別な種類の抗体を備えています。そして、その抗体は子供時代のしばらくの間だけ存続します。そして、その後は消えてしまうのです。

この自然抗体は、子供が自分自身の免疫システムを起動させるのに非常に重要な働きをしています。なぜなら、出産後の母親は、生後間もない子供の免疫システムに関与しないからです。なので子供は自分の免疫システムを起動させる必要があります。自然抗体のおかげで、免疫システムを適切に起動させることができるのです。

では、自然抗体とは、どのような働きをするのでしょうか?まず第一に、自然抗体はウイルスを中和する能力があり、SARSだけでなく、他の多くのウイルスも中和することができます。つまり、ウイルスを広く中和することができるのです。

しかし、さらに重要なことは、生きているウイルスに結合することです。人々は常に特定のウイルスなどにさらされているのですが、生きているウイルスに結合することで、子供の自然免疫系は、自分が直面したウイルスだけでなく、他の多くのウイルスも認識できるように教育し正しい指示を与えることができるようになります。

これは非常に重要なことです。なぜなら、先ほどのお話のように、自然抗体は時間とともに消失してしまうからです。ですから、自然免疫系は、後年、自然抗体がなくなったときにも、このウイルスを認識できるように、また、他の多くのウイルスを認識できるように教育される必要があるのです。

しかし、それがすべてではありません。さらに、ウイルスと結合することで、これらの自然抗体は、自然免疫システムが自己の構成要素を認識するのを妨げます。これらは、子供自身の体の中で、認識されるべきでない成分です。そしてこれが子ども自然免疫システムが開始する仕組みの一部です。

まず、ウイルスを中和することができます。そして、自然免疫システムを教育して、直面したウイルスを含む他の多くのファイルを認識することができます。つまり、これは非常に重要なことなのです。この自然抗体が生きたウイルスと結合することで、自然免疫系を教育する重要な役割を担っているのです。

では、子供にワクチンを接種するとどうなるかというと、ワクチンを接種すると、ウイルスと強く結合する抗体が誘導され、強く結合することで自然免疫系に勝ってしまうのです。言い換えれば、自然抗体はもはやウイルスに結合することができなくなるのです。

このワクチン誘導抗体のウイルスへの結合は、全く意味がありません。なぜか?ワクチン化された抗体は、もはや循環している変異株を中和しないことは周知の事実です。ウイルスはこの中和抗体に対して耐性、大部分を持つようになったので、もはやウイルスによる感染を防ぐことはできません。さらに悪いことに、ウイルスと結合することによって、このワクチン抗体はウイルスの感染力を増大することさえあるのです。

そして、皆さんの中には、抗体依存性の感染力増強(抗体依存性増強)という言葉を既に聞いたことがある方もいらっしゃると思います。中和しないワクチンは、まさにそのような働きをするのです。

さらに、二次的には、自然抗体がウイルスに結合するのを妨げるので、自然免疫系が他のウイルスや、例えばSARSの大流行の際に直面したウイルスを認識するように教育されるのも妨げることになります。

第2は、今言ったように、これらのウイルスや他の多くのウイルスが、後年になって自然抗体がなくなっても認識できるようにするためには、この教育が非常に重要なのです。この教育は、これらのウイルスや他の多くのウイルスが、人生の後半になっても認識できるようにするために重要ですが、自然抗体はもはや存在しません。

第三に、自然抗体が生きたウイルスに結合できないようにしてしまうことです。ワクチンによる抗体と競合してしまうため、自然免疫系が自己の構成要素を認識できなくなり、当然、免疫病理学、自己反応性、体の構成要素を攻撃する免疫反応につながることになります。

ですから、生きたウイルスが自然抗体と結合することによってのみ、有益な効果がもたらされるのです。ですから、小児期には弱毒性の生ワクチンのみを投与するのです。

つまり、COVID-19のようなワクチンには、一切このような能力はないのです。

問題は、これらのワクチンによって誘導される抗体です。まず第一に、私が説明したように、ウイルスと強く結合し、自然抗体と強く競い合うことになります。なぜか?一度ワクチンを接種すると、他のワクチンではなく、循環しているオミクロンの変異株が地獄のように再循環し、常に抗体を高めてしてしまうからです。

つまり、この抗体価は常に高く保たれ、自然免疫に対抗してしまいます。つまり、子どもの自然免疫系は、もはや教育も指導もできません不可逆的なものなのです。このことをよく考えてみてください。これは取り返しのつかないことで、非常に深刻です。

「しかし、重篤な病気になる子供もいるのだから、ワクチンを接種する必要がある」と言いたいのでしょう。私は、今現在、重症化する子どもたちがいることを否定しているわけではありません。

しかし、ワクチンを打てば、その1000倍は悪くなるということを説明しています。

なぜ、ワクチンを接種していない子どもたちが時々重篤な病気になるのでしょうか。それを今から説明します。子供たちは、幼少期には自然抗体によって非常によく守られていることはすでにお話しました。しかし、時折、無症候性感染と呼ばれる、感染しても症状が出ない、あるいは少し軽い軽症の状態になることがあります。

しかし、この無症候性感染の結果として、子どもたちは、全員ではありませんが、ワクチンによる抗体と少し似た、特異的な抗体を作ることがあります。また、ワクチン抗体とは異なり、抗体の濃度や力価は低いのです。

それにもかかわらず、子供が再び感染したり、ウイルスに再びさらされたりすると、6週間から8週間の間、以前の感染によって生じた低い抗体価のままになってしまいます。この間は、先ほど説明した自然免疫反応が抑制されてしまいます。そのため、6週間から8週間の間に再感染が起こると、自然免疫反応が抑制されるため、子どもは非常に弱くなり、重症化する可能性があります。

しかし、まず第一に、これは非常にまれなことです。すべての子どもが発症するわけではありません。次に、一過性であることです。これらの抗体は、6〜8週間後に消失するワクチン抗体とは対照的に、長期間は持続しないため、抗体価は非常に低く、無症状感染の結果として抗体価を上昇させることになります。ですから、抑制もかなり低く、その上、もしお子さんが治療を受ければ、やがて完璧に回復し、生涯にわたって免疫を獲得することができるのです。

無症候性一次感染から6〜8週間後に、すでに再感染している子どもがいるのはなぜでしょうか?それは、ウイルスの感染率が高いことが関係しています。今、流行しているウイルスは感染力が強いのですが、これは私たちが選択した集団予防接種キャンペーンの直接的な結果であり、ウイルスがより感染力の強い変異株を選択し、集団に適応するように負荷をかけているのです。

今日、感染した人が数週間後に再び感染する可能性があるのは、このためです。子どもたちが重い病気にかかることは、先ほどもお話しましたが、まだまれなケースです。ですから、もしあなたがお子さんにワクチンを接種しようとしているなら、この一過性の状況を永久的なものに変えようとしているのです。

つまり、私が言いたかったのは、ワクチン接種を受けた成人青年の場合とは対照的に、大人は重度の病気から保護されるということです。これらの人々は、もはや自然抗体を持っていないので、重症化を防ぐことができるのです。

しかし、子供の場合、感染促進抗体や非中和抗体は、自然抗体と強く競合するため、人生の初期段階において免疫システムを適切に起動させることができず、外来ウイルスを認識できず、自己成分を認識するようになってしまうのです。ですから、急性コビッドの負債というとてつもない嵐になります。これは間違いなく、非常に深刻な免疫病態です。

15:56

誓って言います。私は30年にわたるワクチンの専門家です。これは冗談ごとではないのです。そして、親が非常に安っぽい宣伝、ほら、「子供に予防接種を受けさせよう」という主流のメッセージを単純に受け入れることなどあり得ません。

私が話していることは、人々が議論している副作用よりもはるかに危険なことなのです。ですから、どうかこのことを心に留めておいてください。

私からのお願いです、本当にお願いです! あなたの子どもにワクチンを接種させないでください。なぜなら多くのケースで、子どもへの死の宣告になるからです。ありがとうございました。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました