Geert Vanden Bossche、来るべき超変異株を警告「西洋文明に終止符を打つかもしれない」
Geert Vanden Bossche Warns Coming Super Variant “Could Put an End to Western Civilization"

サイード・ハイダーバンデン・ボッシュ変異株・ウイルスの進化

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

サイード・ハイダー 0:02

皆さん、こんにちは!今回もゲルト・ヴァンデンボッシュ博士とご一緒させていただきました。今回もご参加いただき、本当にありがとうございます。

あなたと話すのは何ヶ月ぶりでしょうか。本を出版されたようですが、実際に入手可能かどうかはわかりません。アマゾンとの間にいくつかの問題があったようです。それについて教えてください。

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ  0:20

ええ、正確なことはわかりません。これが検閲だとは考えにくいです。この本は本当に完全に科学的なものなので、一部の人々は、それが送信され、それが検閲されているふりをしたり、短くしたりします。しかし、私たちがヨーロッパでこの本を出版しているという事実が原因かもしれません。

そして、それはまた、アマゾンで配布されています。そして、アメリカでのアカウントが違うということです。つまり、同じ本、同じタイトル、同じ著者、など。アマゾンに何度も問い合わせたのですが、具体的な回答は得られていません。

しかし、私たちはこの件に取り組んでいます。数日以内に、この本が入手可能な大きな広告を出す予定です。もちろん、私たちは他の多くの人々の助けを借りて、他の代替策を見つけました。

そして、この本がアメリカだけでなく、世界のさまざまな地域で広く利用できるようになることは間違いないと言えるでしょう。しかし、もちろん、この問題のために、少なくともヨーロッパではなく、他の国々での出版は、残念ながら遅れているのです。

サイード・ハイダー 1:40

もし、あなたがウェブサイトを持っていて、それを人々に伝える準備ができているのなら、人々はそのウェブサイトに行くことができます。

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ  1:44

私のウェブサイトにアクセスすると、すぐに本を見つけることができます。ただ、本が入手できるリンクをいくつも貼っていますが、これらのリンクは完全なものではありません。まだ完全には確定していないので、ソーシャルメディアなどでも告知していく予定です。

また、販促キャンペーンも行われると思います。つまり、この本はアメリカでプロモーションされることになります。ですから、何らかの方法で、この本の出版を人々に知ってもらうことになります。

しかし、今のところ、一番いいのは、私のウェブサイトにアクセスして、自動的にこの本に出会うことでしょう。ウェブサイトのトップページに掲載されています。

サイード・ハイダー 2:30

これは、連帯ドットオージーにおける科学の声であり、まさに、本は脱出不可能な免疫逃避です。この本のテーマと、以前にもお話したことがあるのですが、新しい情報があればお聞きしたいのですが、まずは本の内容から。

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ  2:54

まず、タイトルについてですが、パンデミック、つまり人間の介入に影響されない普通の自然のパンデミックは決してパンデミック、変異株ではないという意味で、このタイトルはかなり豊かだと思います。1918年にインフルエンザが大流行した時のように、パンデミックを起こした変異株、あるいはその系統と、固有性を強いられた系統は全く同じだったんです。

パンデミックの終わりには、もちろん常に変異株が存在しますが、どの変異株も優勢になることはありませんでした。今回のパンデミックでは、アルファベータやガンマデルタオミクロンが出現しただけでなく、支配的な存在になりました。

ですから、免疫逃避型パンデミック、つまり免疫逃避型変異株のパンデミックについて語るなら、それはもはや自然なパンデミックについて語ることではない、ということが自動的にわかります。これが1つのポイントです。

もう1つは、私がずっと言い続けていることですが、ウイルスはまださらに進化しており、もはや群衆免疫がないほどコントロールされていない、ということです。そして、このパンデミックの結末は自然が決めるという意味で避けられないということです。

このパンデミックの結末についてあまりポジティブではありませんが、ウイルスがより強毒化すると予測してきたのは事実ですし、時系列に関しても間違っていました。

また、この本の中で、なぜ私が時系列に関して間違っていたのか、なぜこの時系列が遅れたのか、基本的には免疫システムが追いつくまでの間だったということを説明しています。

しかし、それでも私の意見、最終的な結果に関する予測は変わりません。ウイルスはより強毒な形態に進化するということです。なぜそうなるのか、その理由を。しかし、これがタイトルの説明です。

「逃れられないパンデミック」、「私たちはここから逃れられない」、「逃れられない免疫逃避パンデミック」、そして「逃れられる免疫逃避変異株のパンデミック」です、

サイード・ハイダー 5:03

あなたがおっしゃったことの中で最も興味深かったのは、タイムラインが間違っていたということだと思います。なぜタイムラインが間違っていたのか、もう少し詳しく教えてください。

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ  5:11

ええ、物事を非常に単純に考えてみてください。私は、明らかに誰も注目していない現象を取り上げました。この本で本当に詳しく説明されていますが、私はこれをCIRと呼んでいます。Yunのリフォーカシングでは、非常にシンプルに、免疫のリフォーカシングについて考えてみてください。

実際、その意味するところは、ワクチンブレイクスルー感染症、つまり、ワクチン接種を受け、オミクロンにさらされ、症状が出た人たちが典型的ですが、これがワクチンブレイクスルー感染症と呼ばれるものであることを思い出してください。

ワクチンブレイクスルー感染症の結果、免疫応答は免疫優位エピトープとは異なるエピトープに方向転換されます。つまり、スパイクの免疫支配的エピトープ、つまり古典的な抗体を誘発するエピトープや、支配的ドメインを提供するエピトープは、支配的エピトープと競合するため、抗体を誘発することができないのですが、これが支配的エピトープと呼ばれる所以です。

しかし、もし感染が拡大した場合、中和抗体はウイルスを完全に中和することはできませんが、これらの支配的なエピトープに結合することはできます。そして、これらの支配的エピトープに結合することで、もちろん、これらの支配的エピトープをマスクすることができます。

そして、この支配的なエピトープが、一般的に、文献に記載されているように、広範な中和抗体を引き起こすことになるのです。しかし、この保護はあまり長くは続かず、数週間しか続きませんでした。なぜなら、抗体は、たとえ広義の中和抗体であっても、サブドミナントエピトープに向けられたものであり、免疫原性は弱く、したがって、ウイルスは容易に免疫保護を克服することができるからです。

そのため、一日の終わりに焦点を当てたサー立体免疫は、免疫逃避を促進することになるのです。しかし、もちろん、追加の保護期間を持つ前ではありません。なぜなら、この広範な中和作用があるからです。この中和作用は、もちろんウイルスの進化を遅らせる効果があり、ワクチン接種者を感染から守り、ウイルスの進化を遅らせています。そしてそれは、免疫系が少なくともしばらくの間は追いつくことができた理由を説明しているようなものです。

現在進行中の免疫逃避の前に、ウイルスが進化し続けていることは明らかで、オミクロンにはさまざまな変異株が存在します。ですから、最終的には、この現象がパンデミックの進化を変えることはないでしょう。しかし、免疫の再集中という現象のために、それが遅れているのです。

免疫の再集中という現象は、私たちワクチン研究者がよく知るところです。なぜなら、かつて優勢なエピトープが非常に多様だったからです。そのため、ワクチンを作る際には、多くの異なる変異株から守るワクチンを作りたいのですが、それが難しいのです。

そこで、人々は人工的に、優勢な可変エピトープをマスクして、サブドミナントエピトープが免疫応答を誘導できるようにしようと試みてきました。なぜなら、サブドミナントエピトープは通常、より保存されており、その結果、より広く、より多様な変異株を防御する抗体を誘導することができるからです。

このことは、ワクチン事業からわかっていることですが、パンデミックを操作する際に、中和抗体を誘導することで自然に誘導することもできます。中和抗体はしばらくすると、優勢な変異株を十分に認識しなくなりますが、優勢なエピトープを量産すれば、保存されている優勢なエピトープと同じ効果を発揮します。

米国では、中和抗体と多くの専門家が知っています。多くの医療機関は、「ああ、もちろんブレイクスルー効果があります」と、このことに非常に興奮しています。しかし、ちょっと待ってください。まず第一に、人々はまだ重症の病気から守られていますし、感染症からも守られています。

しかし、それが長期間続くわけではなく、例えば数週間程度しか続かないことは明らかです。他のCOVID-19ワクチンとは対照的に、mRNAワクチンはなぜリフォーカシングを促進させるのか。つまり、mRNAワクチンを集団に接種すると、免疫の逃避がより顕著になるのです。

Syed Haider 10:26

面白いですね。そこで、もう一歩踏み込んでみましょう。なぜ不自然なパンデミックが免疫の逃避につながるのか、説明できますか?例えば、なぜウイルスが自然な免疫反応から逃れる変異株を進化させないのでしょうか?

また、1種類のワクチンですべての人にワクチンを接種しているのに、なぜこれほど多くの変異株が見られ、変異株が進化し続けるのでしょうか?変異株を追いかけているわけではなく、ブースターを開発したのです。

しかし、ブースターは1回だけなんですよね?毎月ではありません。私たちは人々に新しい主張のワクチンを接種していますが、なぜ自然のものでは免疫逃避が起こらないのか、なぜ数カ月ごとに変異株が出現し続けるのでしょうか。

ゲルトヴァンデンボッシュ 11:05

この違いを理解するために必要なことは、基本的には、常に現れるインスタントラーメン、特にコロナウイルスでは、ウイルスが複製されると、自動的に変異株を見ることになりますが、変異株が元の系統に比べて競争上の優位性を獲得したときにのみ、それが支配的になることです。

つまり、環境次第ということです。もし環境が敵対的であれば、変異体の中にはたまたまその敵対的な環境の中で、元の系統よりもはるかに優れた複製ができるものがあるかもしれません。そしてもちろん、この変異株が優性になります。

もしそうでない場合、つまり、集団の免疫化を同時に行わなかった場合、大規模な敵対的環境が発生し、短期間で集団の大多数が免疫反応を起こすことになります。この免疫反応、つまり集団免疫反応は、もちろんウイルスにとって敵対的環境となります。

その環境というのは、大規模なものです。人口の5%にワクチンを打ったからといって、敵対的な免疫環境とは言えないのです。例えば、自然のパンデミックでは、パンデミックを起こした元の系統と比較して、ポペックには競争上の優位性がないため、いくつかの波から3つの波が起こり、その後、集団免疫力が体系的に発達していきます。

もちろん、短期間に突然、集団の大規模な集団にワクチンを接種することになります。そのため、変異株の中には競争力を持つものも出てきます。つまり、単に出現するだけでなく、競争上の優位性を獲得し、支配し始めるのです。ですから、ガンマ・デルタ・オミクロンが出現したとき、突然、あっという間に支配的な存在になったのです。

ここで非常に重要なのは、オミクロンが出現したことで、実際にワクチンによる感染症が大量に発生し始めたということです。もちろん、重症のワクチン接種者からは守られましたが、多くの人が軽症や中等症の症状が出ています。そして、今言ったように、いくつかのブレイクスルー感染症は、免疫の再集中化によってもたらされます。

分子疫学者はこれを大規模免疫逃避と呼んでいます。オミクロンファミリーに多くの変異株が存在するのも、このためです。つまり、オミクロンが出現した時点で、たとえ集団予防接種を中止したとしても、現在進行中のパンデミックの進行を阻止することはできなかったでしょう。

もちろん、集団予防接種を継続し、さらに子供などの集団にも予防接種を始めたとしても、パンデミックの原因を根本的に変えることはできないでしょう。なぜなら、オミクロンは免疫の逃避を加速させ、大規模な免疫の逃避に変えてしまうからです。ですから、オミクロンは、このパンデミックにおける「帰らざる地点」であり、非常に悲しい出来事なのです。

サイード・ハイダー 15:58

オミクロンが帰還不能点であったとおっしゃる理由をもう少し詳しく説明してください。オミクロンの何が特別なのか?

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ 16:04

オミクロンの方が感染力が強かったので、循環しているのです。そして、それがワクチンによるブレイクスルー感染を引き起こし、ワクチンによるブレイクスルー感染によって免疫の再集中が起こり、再集中によって免疫の逃避が促進されるため、オミクロンは免疫の逃避を自己燃料化しています。

したがって、いったんオミクロンが集団で流通するようになると、ウイルスの進化力学のさらなる進化に関しては、そこが帰着点になってしまうのです。また、免疫の逃避に関しては、もちろん、重症化に対する防御はまだ残っています。

また、ワクチン接種を受けていない人は、自然免疫が発達しているため、病気からどんどん保護されます。ですから、臨床的には、副作用の話をしなければ、ワクチン接種に関連した免疫抑制による病気の話をしなければ、かなり冷静な判断ができるのです。

しかし、その裏ではウイルスが進化を続けていたのです。分子疫学者などが発表した論文によると、このように多様な変異株が存在し、その変異が増幅され続けていることは、私だけが言っているのではありません。そうでしょう?そこで私が言いたいのは、これは非常に婉曲な言い方ですが、あまり好ましくない方向へ進化しているのではないかということです。

サイード・ハイダー 17:46

私たちはもう環境を変えていないんです。では、ある意味環境が安定してきたのに、なぜ進化し続けるのでしょうか。つまり、感染してしまうのです。ほとんどの人は、この時点で、バクストのスタンを空け、そしてまたバクストが戻ってきて感染すると考えています。しかし、彼らの免疫システムは変わっていないんです。では、なぜ免疫系は進化し続けるのでしょうか。それは、免疫系が置かれている環境が変化していないためです。

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ 18:14

パンデミックの理解における最大のギャップは、免疫学の見識の欠如です。私たちは、ウイルスが進化していると考えています。しかし、免疫系も進化しているのです。感染症から身を守るための抗体、あるいは抗体が中和するための抗体という意味で、特にオミクロンでは、免疫応答、適応免疫応答がどのように進化しているのかを示すことができました。

中和能力を失った抗体があると、例えば、私たちはラウンドを作らないので、突然、スパイクプロテインの受容体結合ドメインなどに30以上の変異が生じ、機能的な抗体の中和能力が劇的に低下するということが、多くの人々によって発表されています。

その結果、中和しない抗体が作られるようになったのです。例えば、トランス感染と呼ばれる現象があるためです。この現象は、ウイルスが進化したときに、抗体によって阻害されるものです。オミクロンが出現したときに現れた変異株についてお話ししましたが、免疫の再集中が起こると、この変異株は再び感染します。

そして、この再感染によって、例えば、病原性を抑制する非中和抗体の数が増えるなど、さまざまなことが起こります。つまり、これらのシステムは並行して進化しているのです。そして今、私たちが目にしているのは、まだ多くの変異があることです。

繰り返しますが、私が言うのではなく、分子疫学者も、集団レベルの免疫圧が原因でこのような進化が見られるということに同意しています。しかし、このような集団、つまり免疫圧は、実は大量接種が主な原因であることを、彼らは教えてくれません。

その最大の例が、中和抗体に対する抵抗力を持つオミクロンの果実でした。つまり、集団予防接種の結果、オミクロンが流通し始め、オミクロン自身が免疫から逃れるようになったのです。

つまり、現在私たちが目にしている変異株は、間接的にはやはり集団予防接種の結果であり、これは環境が進化しているためであり、免疫防御が非中和抗体によって大きく左右されるため、完全なものなのです。

覚えていますか、これはとても面白いことです。これは、誰もが理解すべきことです。コロナウイルスやインフルエンザウイルスは、通常、中和抗体によって防御されることが分かっていますが、これは非常に簡単です。中和抗体を持っていれば、ウイルスを中和することができ、保護されるのです。

しかし現在では、中和抗体はもはや保護にならないことが分かっています。その上、ウイルスは以前よりも感染力を増しています。それでも、人々は重症化から身を守ることができます。そして、病気に対しても、かなりの程度、守られています。

COVID-19以外のコロナの病気のことではありませんよ。そうですね。つまり、私たちが理解していない非常に奇妙なことが起こっていて、私たちはまだ、免疫反応による保護を受けているのです。私たちがまだ守られていることがどうして可能なのか、誰も理解していないのです。

そして、T細胞やこのようなばかげたものを持ち込んでくる人がいますが、私はそれを拒否してきました。私の本でも、この保護は交差反応性T細胞によるものではないことを説明しています。つまり、免疫学的な適応や進化が、ウイルスをコントロールすることを可能にしていると説明しているのです。

問題は、今、人々が享受しているこの免疫保護は、果たして強固なものなのか、ということです。これは強固なものなのか?記憶力はあるのか?そして、それを長期化させることはできるのか?そして、その答えは「ノー」です。

だからこそ、ウイルスはこれを克服し、さらなる進化を遂げることができるのです。私の予想では。なぜこんなことを言うかというと、すべて本の中で説明されているのですが、ウイルスの病原性を抑制する非中和抗体からウイルスが逃げ出すことができるからです。

糖鎖、糖類を進化させることによって、誰も糖類のことを話していません。ウイルスの30〜50%は糖で覆われており、免疫原性や免疫炎症イベントなどに多大な影響を与えることを想像してください。そして現在、ウイルス上に糖鎖が伸びる場所があり、そこでペプチドの全領域を覆い隠し、免疫反応、例えば非中和抗体から逃れることができる、という明確な証拠があります。

このように、ウイルスは複雑ですが、人口免疫の圧力によって進化しているのです。つまり、集団の宿主の免疫も進化しているのです。そして、この相互作用がこの全体のダイナミクスを引き起こしているのです。つまり、ダイナミックなのはウイルスの進化だけでなく、免疫の保護も同じなのです。

それがダイナミックであるということです。通常、これは単に群衆免疫につながります。なぜなら、群衆免疫の最大の特徴は、感染力、つまりウイルスの感染力を弱めることだからです。しかし、そのようなことは起こっていません。ウイルスはまだ拡散しており、広範囲に広がっています。

集団免疫の一種であり、集団免疫を生み出しているわけではありません。それでも、現時点では重症化から人々を守っているのです。私の本の副題に「高度にワクチン接種された社会は不意打ちを食らうでしょう」とあるのはそのためです。中和抗体がないため、当面は重症化から保護され、ある程度は病気から保護されますが、これを説明するのは非常に難しいのです。

このことを明確に文書化することで、人々が議論し、「ああ、あなたは正しくない。私はそうは思わないが……」などと言い合えるように。しかし、「こんな予測不可能なことは知らなかった」などと言われるのは避けたいと思いました。

私の本の結論は、パンデミック時の集団予防接種が有害な結果をもたらすことは、当初から予想できたことだったということです。そして、そのことは、この本の中で、科学に基づき、実によく説明されていると思います。ですから、タイトルのせいで、人々がこの本を検閲することもあり得ますが、内容のせいで、賢明な判断ができないかもしれませんね。

サイード・ハイダー 26:11

群衆免疫とその働きについて、あなたは「感染力を抑制することによって働きます」と言いました。しかし、このような一般的な理解では、例えば、私たちは風邪を考えますが、風邪は非常に感染力が強いですが、それほど深刻ではないと思います。つまり、私たちは毎年流行するすべてのウイルスの感染力を抑制しているということなのでしょうか。

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ 26:43

しかし、もちろん、一般的に起こることは、ウイルスが感染力を持ち、集団の中で広がり、人々が免疫を獲得することです。しかし、基本的に、集団免疫について完全に誤解されているのは、風邪やコロナ・インフルエンザ、エンテロウイルスなど、一般的に急性自己限定性感染症を引き起こすウイルスの場合、これらの種類のウイルスについては決して起こらないことです。

そして、80%90%の人が感染していなかったのです。もちろん、軽い症状や、数日間寝込んだりする人はいたかもしれませんが。しかし、多くの人々、若い人々、子供たちは、症状すら出ていなかったのです。では、どうして外国の病原体が私たちの国や大陸に侵入してきたのに、人々は簡単にそれに抵抗できるのか?それは、自然免疫のおかげです。

自然免疫は、ウイルス負荷の大部分を取り除いてくれます。つまり、適応免疫で対処する必要があるのは、ごく一部のウイルス粒子だけなのです。そのため、ウイルスが集団に蔓延したときに、非常によく訓練されるものなのです。

自然免疫、つまり細胞ベースの自然免疫は、ワクチンで鍛えることはできませんし、もちろん適応免疫も引き出すことはできません。そしてそれは、人々がそれを比較するとき、私は病気になります。ワクチンによって誘発される抗体は、通常、中和抗体の高い力価が誘発されますが、自然感染によって誘発される抗体は、通常、ずっと低い力価です。

なぜ自然感染ではこのような力価が低いかというと、ウイルス負荷の大部分は、いくつかの異なる変異株を認識する殺菌免疫によって取り除かれるからです。そのため、適応免疫系による抗原刺激は軽微で、ウイルスの大部分がすでに除去されているため、力価も低くなります。

このように、自然免疫系の効率は高く、力価の低下も早いのですが、ワクチン学は自然免疫を理解していないため、まだ「ああ、そうなんです」と言っています。しかし、ワクチン学は自然免疫を理解していないため、「そんなことは分かっています」と言うのです。

自然免疫の効率は低いのですが、この自然免疫があるからこそ、私たちは集団免疫を持つことができるのです。群衆免疫とは、集団における感染レベルを低下させることであり、免疫学的にまったくナイーブな人であっても、感染する可能性が非常に低いため、保護されることを意味します。

今、ワクチン接種が行われていますが、もちろん、保健当局は「自然感染による免疫はあります」と言います。そして、その上にワクチンがあるわけですが、これらをすべて合わせると、ハイブリッド免疫という、とてもセクシーな言葉になります。この言葉はとてもセクシーな言葉ですが、その正確な意味は誰にもわかりません。そして、これが免疫のすべてです。いや、集団免疫のパラメーターは感染率であり、感染率は非常に高いままです。

現在も流通している変異株、オミクロン・スールの変異株は非常に高い感染力を持つことを忘れないでください。ですから、この感染率を低下させることは全くありません。つまり、感染率を劇的に低下させることができなければ、パンデミックを終わらせることはできないということです。

ですから、このパンデミックは現在も続いているのです。そして、パンデミックはコントロールされておらず、非常に恐ろしいことです。このウイルスは進化しています。保健当局も、科学者さえも、このウイルスがどこですか?に向かっているのかわからないのです。そうですね。もちろん、これは非常に恐ろしいことです。

サイード・ハイダー 31:17

では、ワクチンを接種した人は、生まれつきの免疫力が感染によって鍛えられることはないのですね?

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ 31:25

これはとても良い質問です。私の著書で詳しく説明していますが、イエスでもありノーでもあり、ワクチンを接種した人の中にも、自然免疫を発達させ、それを訓練することができる人が実際にいます。ワクチンの種類にもよりますが、mRNAワクチンは免疫原性など免疫学的な影響において、他のCOVID-19ワクチンとは全く比較にならないほど優れているとすでに述べました。

また、何回注射を受けたかにもよります。また、ワクチンを接種する前にウイルスにさらされたことがあるかどうかにもよります。しかし、少数派のワクチン接種者は、確かにワクチン未接種者と同じ程度に自然免疫を発達させ、訓練することができるでしょう。

しかし、この免疫の再集中という現象は、自然免疫系を傍観していることにもなるのです。なぜなら、免疫の再集中が起きると、自然免疫系はもはや訓練されなくなり、訓練が放棄される可能性さえあるため、これらの人々はもはや自然免疫に頼ることができなくなるからです。

そして、中和抗体のない人もその保護を失うとなると、頼れるのは訓練された自然免疫だけとなり、それがワクチン未接種の人たちの現状なのです。だからこそ、ワクチン未接種の人が感染症にかかったり、病気にかかったりすることが少なくなってきているのがわかるでしょう?

つまり、訓練された自然免疫のおかげで、もしこれがなければ、そして一部のワクチン接種者では、予防され、もはや起こりえないのであれば、良い状態とはいえないのです。

サイード・ハイダー 33:33

DNAよりもmRNAの注射の方が悪いとか、その理由を説明していますね、

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ 33:38

出来るだけ早く説明したいと思います。私ができる限り簡単な言葉で説明すると、ウイルスが細胞に感染することを想像してください。ここで私はmRNAについて話しているのではありません。ウイルスの感染について話しているのです。

コロナウイルスが細胞に感染すると、もちろんスパイタンパク質ができ、ウイルスの複製中のある時点で細胞の膜に存在することになります。その時点では、スパイクがヌクレオカプシドを包む必要があるため、一種の成熟前の段階であり、その後、感染した細胞から起動することになるのです。

これは全体のプロセスですが、成熟前の段階では、まず感染細胞の表面で発現しています。では、免疫系がこの成熟前の段階のスパイクプロテインを認識しない理由はあるのか?いいえ、これは異物であり、免疫系はこれを認識するはずです。

それにもかかわらず、自然感染では認識されないのです。なぜでしょうか?それは、もちろん、ウイルスが発現するタンパク質を作るために持っているすべての情報が含まれているからです。他にも、抗原提示を阻害するペプチドや、T細胞の刺激を阻害するペプチドも存在します。

つまり、感染細胞の表面でsタンパク質が発現していても、免疫系がそれを認識することはないのです。なぜなら、抗原提示がある種のペプチドによってブロックされているからです。そのため、成熟前のスパイクプロテインを認識することができ、実際、低親和性抗体を産生します。

この低親和性抗体は、優勢なエピトープをマスクすることはできても、中和することはできません。このように、mRNAワクチンはそれ自体がリフォーカシングを促進するため、免疫の逃避を劇的に刺激し、また、自然免疫系を回避したり、流出させないように傍観したりする可能性が非常に高くなります。

だからシアーズ・ステアリック。免疫再集中には、免疫逃避を早めるという2つの大きな影響と、自然免疫系を傍観させるという2つの影響があります。つまり、他のCOVID-19ワクチンとは対照的にmRNAワクチンが、皆が話しているような副作用を引き起こすだけでなく、免疫学的に言えば、新しいリフォーカシングにつながるのです。

一方、この発現は自然感染時にも起こります。しかし、ウイルスが提示する他のペプチドによって免疫系が麻痺しているため、このペプチドを認識することができません。もしウイルスがこのようなことをできなければ、感染の初期段階ですでにウイルスの複製が損なわれてしまうため、重要です。私の本の主なメッセージの1つは、「これはもっと複雑なことなんです。これは受け入れがたいことであり、信じられないことです。

サイード・ハイダー 37:50

では、DNA注射も同じように機能するのですね?いいえ、同じようになります、

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ 37:53

mRNAワクチンのmRNAは、非常に安定するように処理され、操作されていましたね。しかし、DNAワクチンでは、mRNAを安定化させるための特別な処理は行われていないのです。ウイルス細胞がトランスフェクションされると、スパイクプロテインを提示し、最終的にはもちろん本格的なスパイクプロテインを放出することになります。

抗原提示細胞はヘルパーT細胞細胞を刺激し、スパイクプロテインを認識できるようにします。しかし、DNAワクチンでは、スパイクプロテインが抗原提示細胞に取り込まれ、ヘルパーT細胞を誘導するまでに、mRNAはすでに分解されてしまいますが、mRNAワクチンでは、スパイクプロテインの発現を延長させるために、特に安定化する必要があるからです。

DNAワクチンとmRNAワクチンを比較した研究がいくつかあります。免疫の再集中という点では、もちろん、免疫の再集中とは呼びません。しかし、広範な中和抗体の誘導に関しては、mRNAワクチンで起こり、他のワクチンでは起こらなかったと言えるでしょう。

サイード・ハイダー 39:21

免疫システムに関して、私には理解できないことがあるようです。では、DNAが作り出すmRNAがすぐに分解されることがなぜ重要なのか?というのも、mRNAを撃たれてもDNAを撃たれても、どちらの場合もスパイクプロテインは細胞表面に提示され、そしてどちらの場合も抗原に取り込まれて与えられるからで、それが免疫反応の面でどのように違いを生むのでしょうか。

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ  39:46

しかし、タンパク質が提示されると、両方のケースで同意し、その後、トランスフェクトされた細胞から本格的なスパイクが放出されると、サイトということですね?その時、タンパク質が抗原提示細胞に取り込まれ、DNAワクチンを持つSタンパク質が細胞の表面で発現しなくなるのを助けるために、この詐病が到達します。

しかし、mRNAを導入した細胞の表面ではまだ発現しています。mRNAは安定化されているので、Tヘルプが来たときに、通常は一時的に発現するはずのものが、mRNAワクチンではまだ存在しますが、DNAベクターワクチンではもう存在せず、自然感染時にはもう存在しないのです。これがその違いです。インタビュー中に短絡的な表現をしてしまい、本当に申し訳ありません。しかし、私の本の中では、この章をまるまる使っています。

サイード・ハイダー 40:50

ええ、もちろんです。読むのが楽しみです。実は、ここで免疫学を復習する必要があるんです。しかし、DNA注射の場合、細胞表面に付着したスパイクプロテインの一部を、他の細胞、つまりヘルパーT細胞細胞に提示するわけですから、その訓練になるわけです。

しかし、mRNAワクチンの場合は、スパイクプロテインの一部を取り込んだ後、再び戻ってきます。そして今度は、細胞表面に付着したままのスパイクプロテインの別バージョンについても訓練されることになります。そうすると、最終的な免疫反応も変わってくるのです。

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ  41:26

トランスフェクトされた細胞の場合、mRNAの話ですが、Sタンパク質がトランスフェクトされた細胞の表面でまだ成熟前の段階で発現している間に、ヘルプを誘導するわけです。トランスフェクトされた細胞の表面でスパイタンパク質で鯛を認識する茶ヘルプの組み合わせは、もちろん免疫優位エピトープに対して、スパイクプロテインへの低親和性抗体を誘導します。

この低親和性抗体は、ワクチンによるブレークスルー感染と同じ程度にマスクされることになります。もちろん、DNAがmRNAを産生し、mRNAがタンパク質などを産生することも必要です。しかし、mRNAは分解されやすく、非常に安定した状態になるように処理されていません。

抗原提示細胞からタンパク質が分泌され、ベクターに感染した亀の表面で発現しなくなるため、抗原提示細胞はタンパク質の発現を助けることができなくなります。これが違いであり、非常に重要な違いなのです。そして、私はこれが事実であると確信しています。

このことは、mRNAワクチンで広範な中和抗体を誘導することができるのか、ということにつながります。はい、そうです。ですから、人々はとても興奮しているのです。イスラエルでは、彼のmRNAワクチンを人々に再接種したところ、広範な中和抗体ができたということを思い出してください。

しかし、4~6週間後には、その効果は減少したのです。そして、2週間後には、さらに減少したのです。DNAワクチンでは、このような現象は見られませんでした。そして、抗体の生化学的分析、抗体の生物学的分析、さらに配列決定によって得られた結果が、その仮説と一致するかどうかを確認するために、これらの出版物をすべて読んできました。

もし誰も予測を立てず、単にワクチン接種を続けるだけだというなら、この先どうなるかは聞かないでください。私たちには何の手がかりもないのですから。しかし、私たちが知っているのは、ウイルスが複製を続け、突然変異を起こすということだけです。そして、それはすべて予測不可能です。これは社会にとって悪いニュースです。非常に悪いニュースです。

サイード・ハイダー 44:14

あなたは、この時点、つまり、いつ悪化するかというあなたの予測は、まだ来ていないと言いました。そして、人々には数週間の追加保護があります。だからといって、数ヶ月前にあなたが人々に警告していた、「これは非常に悪くなる」という時期を大きく遅らせることにはならないようです。ですから、みなさん、何人かの人は悪くなっているんです。もし、数週間しかプロテクトが効かないのであれば、変異株が発生するのを待つしかありません。

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ  44:44

これはとても賢い質問ですね。そこで私は、あなたのためにもう一歩踏み込む必要があることに気づきました。私が話していた数週間というのは、新しいリフォーカシングのためで、私が正当化しなければならない数ヶ月の遅れを説明するものではありません。

そして、私の本でも詳しく説明したように、免疫圧が高まるスピードはずっとずっと遅いのです。ですから、私の予測はかなり遅れてしまうかもしれません。しかし、今、私たちが目にしている入院患者の増加という事実を理解することは非常に重要だと思いますね。

あなたには科学的に明らかでしょう。しかし、これが本当に何によるものなのかは私にはわかりません。これは、私が予測していることの前段階の戦利品である可能性も否定できません。そうですね。巨大な波について話すなら、ウイルスの変化が、全体的な免疫圧を突破するのに十分な、ある種の全体的な変化を達成したと話すことが想像できます。

しかし、このことは、一部の人がすでに免疫力を突破していることを否定するものではありません。なぜなら、たとえ呼吸器系の症状がなくても、病原性に変化があれば、肺以外の臓器にもウイルスが感染する可能性があるからです。この人たちは、他の病気や免疫抑制の副作用で入院しているのか?これは本当に、一般的に強毒化し始めたウイルスの最初の兆候なのか?試験管内では、ウイルスはすでに強毒化されていることが分かっています。

それは分かっています。しかし、もちろん、試験管内では、非中和抗体や、生体内では、非中和抗体はありませんから、まだウイルスを抑えている状態なのです。しかし、間違いなく、すでに毒性に変化が生じています。しかし、ウイルスの表現型は完全に変化しているのです。

感染力、中和力、警戒力など、すべての変異を見てみると、これは完全に異なるウイルスです。また、呼吸器に限らず、他の臓器にも感染する可能性があることが分かっています。ですから、今、すべてが混ざり合っているようです。そして、あなたはLong-COVIDの研究にとても興味があるようですね。

というのも、通常、このウイルスは急性自己制限性感染症として排除されます。しかし、この排除がうまくいかなくなると、細胞傷害性T細胞は発生しなくなりますが、例えば、細胞傷害性でないT細胞が、多くの炎症性サイトカインなどを産生し、慢性炎症性感染症につながる可能性があります。

私はいつも、免疫炎症性疾患や自己免疫のあるすべての病態において、必ずT細胞が存在すると言っていますが、特に細胞溶解性T細胞ではなく、サイトカインや炎症性サイトカインなどを産生するT細胞が関与していることがよくわかります。このように、免疫系は完全に制御されているのです。

そして、その結果、多くの炎症症状が引き起こされ、慢性化する可能性があるのです。再感染しているのです。ですから、私はいつも「群衆免疫」ではなく「群衆感受性」だと言っているのですが、人々は再感染しやすくなっているのです。しかし、現在流通している変異株やオミクロン以降のウイルスは、非常に高い感染力を持つことが分かっています。

そうですね

サイード・ハイダー 49:41

本当に感受性の高い人たちは、初期に死んでしまったと考える人もいます。そしてそれは、パンデミックの初期に起こったことなのです。ですから、残ったのは感受性の低い人たちなのです。当初、あなたは「免疫の逃避が起こり、はるかに強毒化すると予測することは、ワクチン接種者と未接種者の両方にとって危険です」と言ったと記憶しています。

しかし、その後、あなたは、危険でないのは主にワクチン接種者であると言ったと思います。では、感受性が高い人たちが死亡することを前提に、残りの人たちはこれに対して感受性が低いということに同意するのでしょうか、しないのでしょうか。

そして、やはりリスクがあるのはワクチンだけだとお考えなのか?それとも、すべての人がそうだとお考えですか?

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ 50:30

この現象はすべて動的なものであることを理解する必要があると思います。ですから、もし私が、集団予防接種によってウイルスが感染力を増すことは、ワクチン未接種の人々にとってリスクであると言ったとしたら、それは完全に正しいことで、多くのワクチン未接種の人々が苦しみ、病気に感染しています。

しかし、ワクチン接種を受けていない人たちが、より訓練された自然免疫を発達させ始めたため、事態がどのように進展したかを知ることができたのです。では、ワクチン接種を受けた人たちは、これまでよりずっと保護されていたと言えるのでしょうか。

いいえ、そうではありません。オミクロンが来たとき、多くのワクチン未接種者がこの病気にかかり、中には重症とまでは言いませんが、ベッドに寝泊まりしなければならないほど重篤な状態になった人もいました。では、何が起こったのか?多くの人が、デルタ抗体をまだ持っていたのです。

そしてオミクロンが登場しました。もちろん、デルタ抗体はオミクロンをうまく認識できませんでした。オミクロンには重要な変異がいくつもあったからね。ですから、これらの抗体はデルタ抗体を成長させたOBに結合することはできても、中和することはできず、代わりに病気の増強につながるのです、はい。

これは、デルタ抗体が十分に減少する前に誰かがオミクロンに感染した場合にのみ起こりうることです。このような状況になるのは、感染圧力が高いとき、感染率が高いとき、デルタに感染した直後に再感染する可能性が高くなります。つまり、urnワクチンを接種した人が病気にかかったのは、集団の感染率が高かったからであり、αβγδからオミクロンまでの感染率の高さは、集団ワクチン接種によってもたらされたものなのです。

ですから、ワクチン未接種か保護されているか、ワクチン未接種かそうでないかのような発言をすることは常に間違いで、このことは進化しているのです。また、保健当局が定義を変え続けているのもそのためです。当初は感染に対する保護があった、次に病気に対する保護だけではなかった、次に重症の病気に対する保護だけだった、などです。

これは、ウイルスの進化を反映しているだけです。今、私たちは、ワクチン未接種者の自然免疫系が非常によく訓練されている状況にあります。つまり、少なくとも通常の生活をしているワクチン未接種者が、中程度の病気にかかることは稀になっています。

ワクチン接種を受けていない人に比べ、ワクチン接種を受けた人の方が明らかに有利であったのが、今ではワクチン接種を受けていない人は強固な自然免疫系に守られ、ワクチン接種を受けた人は非常に脆弱な防御しか受けられないという状況に変わっています。

つまり、このようなことは絶えず進化しており、影響を受けやすいものは影響を受けにくいということです。私たちは別のウイルスについて話しているのであり、集団における別の免疫状態について話しているのです。つまり、定義通りの感受性がある、あるいは定義通りの感受性がない、ということではなく、これらのことは進化しているのです。

しかし、最初は非常に感染しやすかったかもしれません。このようなことを理解するのは非常に難しいので、今日話したことが明日には真実でなくなるということです。これがウイルスの進化であり、免疫系の進化でもあります。私たちはこれを適応免疫系と呼んでいますが、免疫系とそのような状況に適応しています。

サイード・ハイダー 55:02

悪くなる前ですか?そしてどの程度悪化するのか?それを知る術はあるのか?

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ 55:08

質問最初の質問には答えられますが、私は非常に慎重になりました。なぜなら、私は最初の頃に間違っていたからではありません。私が知らなかったのは、この免疫再集中メカニズムで、基本的には、ワクチンが完全に非中和抗体に頼る必要がない程度に、免疫逃避を自己増殖させているのです。

つまり、これは全く新しい概念だったのです。そして今、私が言ったように、ウイルスはこの非中和抗体を回避する方法を進化させつつあります。正直なところ、このようなことは一度も起こったことがありません。これは完全に前例がないことです。

私の免疫学的分析によると、この免疫圧の高まりはかなり緩やかです。しかし、これは数週間、数ヶ月かかるものなのか?私はすでに予防策を講じており、本当に警戒しているのです。そして、本当にとても心配しています。

明日、あるいは2週間後、3週間後、1カ月後に、これらのワクチン接種の多い国のいずれかで発生しても、私は驚かないでしょう。私は基本的にそう考えています。しかし、3カ月、4カ月と時間がかかっても、パンデミックは群衆免疫を獲得しなければ終息しません。

どうすれば集団免疫をつけることができるのか?もちろん、ワクチン接種を受けていない人は殺菌免疫を獲得します。しかし、入院して社会から隔絶され、ウイルスのキャリアとしての役割を果たさない限り、そうはいきません。私は、このパンデミックはウイルスの根絶によって終息すると確信しています。

なぜなら、ウイルスはもう感染する方法を持たず、蔓延することもないからです。しかし、これは私たちが大規模な介入をした代償と言えるでしょう。そして、このパンデミックでは、生物学的な理解もなく手がかりもないまま、人命という高い代償を支払うことになります。

それは、言いたくないことです。しかし、もし私がこのことを200%確信していなければ、この本は書けませんし、書けません。なぜなら、私にとっては、本当に本当に感覚の問題ではないからです。今、パンデミックがなくなったと言う人もいるようなので、なんとも言えません。

パンデミックが終わったと言う人もいるようですが、対策はすべて緩和され、実感も死亡率も上がっています。ですから、多かれ少なかれ正常な範囲内にある、などです。そして、それこそが非常に陰湿であり、だからこそワクチン接種の多い国の社会は不意を突かれることになります。ですから、それが必要になるのです。

そうでなければ、群衆免疫を発達させることはできないからです。群衆免疫がなければ、パンデミックは防げませんし、ワクチン接種でも防げませんから、悲しいことですが。

サイード・ハイダー 58:32

どのような国が安全だと思いますか?イスラエルのような国では、90%以上の人が予防接種を受けていますし、他の国では76%程度でしょう。では、ウイルスを阻止するためには、どれくらいの免疫力を持った人が必要なのか?あなたは

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ 58:49

というのも、まず第一に、どのようなワクチンを使ってきたかによって決まるからです。mRNAは?ワクチンは圧倒的に悪いのですか?また、この集団の中でどれくらいのスピードで免疫を獲得してきましたか?

私が免疫圧について話しているとき、それは常に限られた時間内に集団レベルの免疫反応を起こすことと関係があることを忘れないでください。それがプレッシャーとなるのです。ですから、イギリスやイスラエルなど、積極的にワクチン接種を行っている国々は、最も損失が大きくなる国だと思います。

サイード・ハイダー 59:31

集団免疫につながるような、ワクチン未接種の人々が一定の割合で存在するのでしょうか。今現在、集団免疫ができていると思われる場所はあるのでしょうか。

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ 59:39

というのも、1つの国について話すのはとても難しいことで、人々は「代表的ではありません」と言うでしょう。彼らはヨーロッパの政策や戦略に固執していますが、アフリカ全体では、ワクチン接種の割合は非常に低いのです。これが1つ。

第二に、彼らは私たちがするような弱い立場の人たちを、老人ホームなど同じ場所に集めていません。これは私たちの現代社会で行われていることです。そして、アフリカの平均年齢はヨーロッパよりもずっと低いのです。これらのことを総合すると、アフリカでは問題なく群衆免疫が形成されると思いますし、ワクチン接種の多い国ではもっと問題があります。

30%、40%しかワクチンを接種していない国でも、mRNAを使ったワクチンでは深刻な損失に直面する可能性があると思います。大量接種と同じ種類のワクチン、同じレジメンで、異なる国で同じ条件を作り出し、それをすでに循環しているウイルスに適用すると、私が話しているような大きな劇的な波が、独立して発生する可能性があります。

イスラエルで始まって、他のヨーロッパ諸国、そしてアメリカなどにも広がっていくとは限りません。ウイルスが循環しているのですから、同じように厳しい条件でウイルスに免疫圧をかければ、これらの波は独立して発達しますよね。

ただ、グローバルに、ハイワクチンと銘打っている国に関しては、これが30%なのか40%なのか、50%なのか。先ほど申し上げたように、ワクチン接種のスピードやワクチンの種類にもよりますし、もちろん、ものすごい勢いで接種している国もあれば、2回の注射でやめてしまった国もあります。

このように、物事は複雑なのです。私は、保健当局や科学者までもが、このことを人々に説明してきた単純さに愕然としています。そのようなニュアンスの議論が行われるべきでしたが、一度も行われたことはありません。残念ながら、私はこれほど複雑な問題を扱ったことがなく、実際、議論が行われなかったり、非常に偏った議論しか行われなかったりしたことがあるのです。

サイード・ハイダー 1:02:23

この時点で世界に解決策があるのでしょうか?にこれを防ぐ方法、軽減する方法はあるのでしょうか?

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ  1:02:31

私が言いたいのは、私も現実的になる年齢になったので、解決策は、やはり抗ウイルス剤を大量に投与することだと思うのですが、治療的なものではなく、予防的なものです。なぜこんなことを言うかというと、私たちが扱っているのはすでに感染力の強いウイルスだからです。

中和抗体に耐性のあるウイルスを扱っていることは、私たち全員が認めています。もし、このウイルスがさらに強毒化すれば、単に重症化するだけでなく、重症化の度合いを高めることになります。そうなると、早期治療も手遅れになるのではと危惧しています。

そこで、私が責任者なら、ワクチン接種の多い国で直ちに3人の全人口を対象に、もちろんワクチン接種者だけに予防的に抗ウイルス剤を投与することになるでしょう。生涯にわたって行う必要はありません。しかし、この抗ウイルス剤とワクチン接種を受けていない人の殺菌免疫とで、感染を管理し、ウイルスをコントロールすることができるのです。

今言ったように、この感染を劇的に減少させなければ、パンデミックを終わらせることはできません。人々を死なせるか、ウイルスを殺す抗ウイルス剤で予防的に介入するか、それが必要です。ですから、ワクチンは、ウイルスを殺す抗ウイルス剤を投与する必要があります。ウイルスを死滅させれば、感染力は弱まり、根絶やしにすることも可能です。

サイード・ハイダー 1:04:09

あなたの仕事仲間にも、あなたと同じようにこの問題を心配している人がいるのか?私があなたに尋ねたのは、おそらく1年以上前に初めて話したと思いますが、あなたと同じようにこの問題を理解している免疫学者やワクチンオロジストの人たちが、個人的にこの問題にどう反応しているのか、ということでした。

そして、あなたの意見に賛同する人もいますが、彼らは声を上げようとはしない、と言っていましたね。このような状況の中で、現在の状況はどうなっているのか?というのも、アビーさんは組織と一緒に仕事をされていますよね、私もそう思うのですが。

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ  1:04:43

ええ、あなたのところではどうなのかはわかりません。しかし、今注目すべきは、私たちの健康専門家、科学者、あるいは明らかに人々を教育しようとしたり、声を上げたりする所有者がいない、壮大な沈黙を経験していることです、沈黙は本当に顕著です。

ファクトチェッカーは、少なくとも私が知る限り、明らかに廃業しています。私が書いた本が目の前にあるのですが、彼らはこれを事実確認するのに大変な苦労をするでしょう。出版物が少ないとか、大学に行っていないとか、獣医の経歴があるとか、そういう個人的な理由で責められるのでなければ、もちろん、こういうことを言うのはいつでも可能です。

しかし、科学的には、いや、私たちは早すぎたのだと気づいている人が多いのではないでしょうか。しかし、焦点は、もちろん、副作用にあります。そして、副作用については、まだ多くのことを隠すことができますし、すべての報告書や他の研究と一緒に来ることができます。

そして、あなたは疑問を抱きます。どの報告書が一番信用できるのか、などです。私はいつも言っているのですが、副作用は非常に劇的です。多くの人が声を上げ、行動を起こすのは良いことです。しかし、中和抗体に耐性のある感染力の強いウイルスが出現し、さらに強毒化するとしたら、すべての副作用は、高度にワクチン接種された集団で起こりうるダメージに比べれば、たいしたことではありません。

それにもかかわらず、この問題に深くかかわっている人はほとんどいないようです。そうですね、分子疫学者が関わっていて、彼らは今の状況を憂慮していますし、今見ているような変異を述べている査読付き雑誌もあります。警鐘を鳴らしているのに、彼らは声を上げないのです。

多くの人が、政治家や厚生労働省、さらには医師に対して激怒しています。私は、このような事態が進行していることを知りながら、それを理解しながら声を上げない科学者たちに、本当に怒りを感じます。しかし、私が言っているようなことが起きているのに、どうしてこの種のことに注意を払うことができるのでしょうか。

たとえ人々が「そんなことは起こらない」と言ったとしても、私の本と論証は、少なくともこうしたことを真剣に受け止めるに十分な説得力があると思います。そうでしょう、真剣に考えるのです。しかし、それさえも、そうではありません。そうでなければ、このような沈黙はありえないからです。

ですから、これはあなたの短い質問に対する間違った答えなのです。そして、そう、沈黙です。この非常に重要なテーマについて、科学的に関与し、会話や議論を引き出そうとしている人たちに関して、今最も注目すべきなのは、この点です。なぜなら、集団レベルで起こることは、もちろん個人としての私たち全員に影響を与えるからです。

サイード・ハイダー 1:07:49

パンデミック(世界的大流行)に備えてワクチンを接種することはない、と繰り返しおっしゃっていましたね。では、最初から、初日から、やってはいけないことだということは明白だったのでしょうか。

そして、「何を考えているんです」と人々に訴えようとしたのか?それとも、時間が経つにつれて理解できるようになったのか?

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ 1:08:12

ああ、それは、もちろん、私が学んだことはたくさんあります。私が知っている本に書いてあることはすべて、最初から新しいものだと言うつもりはありません。全然違いますよ。また、私が時系列に関して間違っていると言ったのは、あなたのリフォーカスでこの現象が起きたからです。

誰も説明していないのは、ワクチン接種などの結果、このようなことが起こりうるということです。しかし、パンデミック時のワクチン接種は、ウイルスを誘導して免疫力を低下させるだけだということが、私にははっきりとわかりました。

ワクチン接種をする場合、殺菌ができないからです。この人、この女性にワクチンを接種すると、免疫反応が始まりますが、この免疫反応は未熟で、不完全なものです。そのため、免疫反応を高める必要があるのですが、その免疫反応を高めている間に、すでにその人を感染させてしまっているのです。

ですから、これを病気の潜伏期間中のワクチン接種と比較することができるのです。これはどの教科書にも載っていることですが、病気が潜伏している人にワクチンを接種することは絶対にありません。6,7年前に西アフリカで行われたエボラ出血熱のワクチン接種の際にも、潜伏している可能性のある感染者の接触者にワクチンを接種しました。

そのような人たちにワクチンを接種したのですが、その際に使用されたのがベクターでした。メルク社のワクチン、アライブ・ベクターです。そして、そこでも同じように多くの死者が出たのです。私はこのことを自分のウェブサイトに書き、その論文はCDC、NIH、ビル&メリンダ・ゲイツ財団など世界中に送られました。

誰もがそれを読みましたが、何の反応もありませんでした。そして、これは私にとっても同じことでした。パンデミック時にワクチンを接種すれば、潜在的に人々をウイルスにさらすことになり、そのウイルスに対する防御の準備が整わないまま、突然変異体が支配的になり始めるという競争上の優位性が生まれてしまいます。

さまざまな変異体が出現するだけでなく、それらが優勢になり、パンデミック中に起こったことのない原罪や原系統を置き換えていることがわかりました。そう、これは非常に明確なことなのです。私にとっては、今言ったように、もちろん、たくさんのことを学びました。私のキャリアの中で最も興味深く、興味をそそられるテーマであるにもかかわらず、その結果が非常に悲しいものになる可能性があるということです。そうですね。

サイード・ハイダー 1:10:51

では、この結果について、予想される深刻さの範囲はどの程度でしょうか?どの程度ひどい結果になるかを推定する方法はありますか?

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ  1:11:04

つまり、損失という意味ですか、それとも医療制度に対する負担という意味ですか?それとも

サイード・ハイダー 1:11:10

致死率とか、何人接種したとか、そういう意味で?最悪の場合、負けると思いますか?

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ 1:11:17

私は、最終的には、高度にワクチン接種された国では、あなたが知っている、それは推測であると思います。しかし、私に言わせれば、高度にワクチン接種された国では、確かに人口の1/3まで失う可能性があると思います。

明日から始まるというわけではありません。入院が増え、多くの人が慢性疾患を患うようになり、急性死亡が増えるでしょうし、その上、このようなことが起こるかもしれません、。

私たちは、最終的にそのようにするつもりはない人々の数または原因より慢性的な右とすべての状況に応じて、すべての依存これは高度にワクチン接種された国を覚えていると言って、ある時点で、私はこのことについて非常にオープンです。私はこの水晶玉を持っていません。もちろんの私は唯一の科学に自分を基礎づけることができます。

しかし、私は「驚くことではない」と言い続けてきました。そうなるとは言っていません。ローマ帝国、ペルシャ帝国、ギリシャ帝国が崩壊し、西洋文明が終焉を迎えても不思議ではありません。なぜなら、これらの国はすべて、このワクチンを接種するよう国民に大規模な強制をしてきたからです。

そして、この種のパンデミックに対して完全に間違った免疫反応を導き出したのです。私が反ワクチン論者でないことは、誰もが知っています。それどこでしょうか?、私は正しい方法で免疫反応に影響を与える可能性を信じています。しかし、もしあなたが、ワクチン派と呼ばれる人たちのように、ワクチンが効くと確信しているのであれば、それを使うでしょう。

そして、間違った状況で使用した場合、突然効果がなくなることを否定するのでしょう。それは、正しい適応症で薬を使えば、それは完璧ですが、華々しい効果があるのは否定される、というのは誰もが認めるところでしょう。しかし、もしその薬剤を全く間違った適応症で使用し、その結果、何も起こらなくなり、害がなくなると言うのであれば、それはかなりありえないことです。

その可能性はかなり低いと思います。ですから、私たちはもちろん、見てみなければなりません。もちろん、私が間違っている可能性も否定はしません。しかし、私は、特に免疫学の観点から、あらゆる科学的根拠を提示していますし、人々は議論することができますが、私は、それが単一の議論に基づくものではないことをお伝えします。

この本には何分にもいっぱい書いてあります。少なくとも、私のメッセージを真剣に受け止めてくれるだけの科学的根拠があると思うのですが、それができていません。いつになったら、一方的に放っておく必要があるのしょうか?今言ったように、オミクロンが出現して以来、私にとっては取り返しのつかないことになりました、取り返しのつかないことになったのです。

保健所が言っているのとは全然違うんです。私は、ああ、素晴らしいことですから、重篤な病気はあまりないのだと言ってきました。むしろ軽度なのです。そして、ワクチンの免疫力を高めているんですよね。もしあなたが複雑なものを扱っていて、よく理解できないのであれば、この複雑なパズルからいくつかの要素を取り出すことはいつでもできます。

この複雑なパズルからいくつかの要素を取り出して、人々に納得してもらえるようなストーリーを構築するのです。そうすれば、人々はこう言うでしょう、「ああ、そうです、入院の件を見てみろ、かなり奇妙だ、オミクロンはかなり穏やかだ」と。

そうです。そして、非常に感染力が強い。ですから、彼女の免疫力を誘導することができるのです。そして、人々が本当に納得するような、どんな権威のあるものよりも、おそらく物語を擁護し、支持するのに最適な場所なのです。ああ、そうか、わかりましたよ。

あなたの言うとおりです。私たちはこのワクチン接種を続ける必要があります。しかし、物事が複雑になると、それは非常に厄介なことです。なぜなら、人々はこの非常に複雑なパズルの中から好きなものを選んでしまうからです。そして、これらのことを、信憑性があるように、嘘であるように、可能性があるように、まとめてしまうのです。

Syed Haider 1:15:19

ディープ、さまざまな種類のワクチンを作ろうという話がありますね。

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ 1:15:29

ワクチンの場合、T細胞ワクチンやナチュラルキラー細胞ワクチンを販売することはできないのか?

サイード・ハイダー 1:15:34

NK細胞ワクチンです。Finn gatesとFauci先生は粘膜ワクチンについて話しています。NK細胞ワクチンも含めて、新興パンデミックへのワクチン接種に使用できないようなワクチンはあるのでしょうか。

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ 1:15:48

私がいつも言っているように、ほとんどの人を自然に守ってくれる重要なものは自然免疫です。自然免疫は教科書にも載っていますし、免疫防御の第一線です。2025年前に望んでいた免疫防御の第一線は、30年前の人々の思い込みとは対照的に、自然免疫は訓練することができ、自然免疫の適応的記憶を作り出すことができることを、人々はすでに示し、発表しました。

もちろん、能力に関しては限界があります。それは、国境の歩兵です。敵が大量に侵入してきた場合、歩兵は侵入してきた敵の一部を逃がす必要があります。しかし、特殊部隊であるT細胞のBは、大量には対処できませんが、非常に特殊な対処が可能です。

つまり、NK細胞は、ワクチンとは呼びたくないのですが、この種の自然免疫のうち、病原体非特異的なものをあらかじめ刺激しているに過ぎないということですね。そうなんです、まったく違うんです。古典的なワクチンとは別のパラダイムなのです。

ワクチンと呼ぶのが嫌なのはそのためで、実は、ワクチン接種を受けていない私たちが今自分で行っていること、つまり自然免疫を鍛えることを促進するものなのです。繰り返しますが、科学者というのはこういうもので、ああ、ここが国境です、ここが入口の入り口だと考えているんですね。

そこで免疫反応を起こせば、ウイルスは最初から捕まえられるし、侵入することもできない、素晴らしいことです。そういう人たちは、その粘膜免疫を忘れています。まず第一に、粘膜の抗体を恒常的に非常に高いレベルに保つことは非常に難しく、常に刺激しなければなりません。

また、第二に、これらはまだ抗体であり、免疫の逃避を促すことができる抗体でもありますね。ですから、これらの抗体を搭載することも必要です。そして、もし抗体が減少し、それが非常に急速に減少した場合、またしても免疫逃避を引き起こす最適な力価以下になってしまいますよね?免疫不全の問題を解決しているわけではありません。

もちろん、このような時代には、現在のワクチンが最適でないという不確実性があります。私がまだビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の上級プログラムオフィサーだった頃、私はこれらの提案を即座に中止していました。私が言ったように、出席中のワクチン接種では、この結果は非常に悪いものになると、事前に本に書いておくまでもなく分かっていました。

粘膜ワクチンって言えるんですよね。入口で免疫を刺激するから効くのではなく、免疫の逃避の問題が解決されないのです。そして、この力価を高いレベルに保つ必要があり、継続的に免疫をつける必要があるのです。ですから、これは解決策ではありませんし、集団レベルで実施することはできません。

サイード・ハイダー 1:19:44

NK細胞バッグやナチュラルキラー細胞の削除は、非特異的な刺激になりますから、繰り返し行うものなのでしょうか。

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ  1:19:59

これは病原体非特異的なものです。つまり、免疫系を惑わすために、感染の初期段階で、ウイルスが使っている自己模倣モチーフを認識するのです。

つまり、ウイルスが細胞に感染し、ウイルスが完全に活動できるようになる前、あるいは細胞から離れることができるようになる前に、表面にいくつかのタンパク質を発現し始めると、燃えるような状態になることを思い出してください。

もしその時点で、ウイルスが免疫系に攻撃されるようなことがあれば、もはや複製することはできません。そこで、ウイルスやその他の病原体には、自己を模倣するペプチドが付属しており、免疫系を転覆させて、感染の初期段階では、発現している外来タンパク質を認識できないようにします。

そのため、ウイルスは複製して子孫を残すことができます。もちろん、その子孫はその後、抗原提示細胞に取り込まれ、その後、論文にあるような古典的な免疫反応を起こすことになるのでしょう。しかし、その間、あなたはウイルスに複製する機会を与えてしまっているのです。

もちろん、もしこのペプチドが免疫反応を阻害するものであれば、感染を早い段階で食い止めることができます。しかし、自己模倣ペプチドは病原体によってのみ発現するため、病原体非特異的であると言っているのですが、例えば、腫瘍細胞にも見られます。

NK細胞によって認識されるのです。医学博士もご存知のように、多くのがんは、私たちが自分で治すことができるのも、NK細胞のおかげです。これが、数年前に私が発明した、さまざまな種類の病原体に含まれる自己模倣ペプチドを特定するためのコンセプトであり、原理なのです。

そして、これらの細胞の多くは、複数の自己模倣モチーフを持つか、あるいは多くの病原体の間でシフトしており、NK細胞を活性化することでできることは、実は、自己模倣モチーフを共有していれば、同時に多くの異なる病原体を攻撃することができるということです。

もちろん、これはワクチン産業が興味を示さない概念であり、同時にいくつもの病原体を予防できるワクチンは、商業的に大きな利益を生むものではありません。このように、非常に魅力的なテーマであることに変わりはありませんが、残念ながら実現するかどうかはわかりません。

 1:22:51

とはいえ、どうなんでしょう?の場合、どのように刺激するのか?

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ  1:22:55

必要なのは、実際、私が話している自己模倣ペプチドは、MHC分子のペプチド結合成長では提示されません。MHC分子には、ペプチド結合成長があり、抗原提示細胞に取り込まれたタンパク質を消化する通常のペプチド、エトセトラがあります。

これらの自己模倣ペプチドは、ペプチド結合成長の外側で結合することによって、最終的にペプチド結合基で提示されるのではなく、ペプチド結合溝の変形を引き起こし、古典的な抗原提示が行われないため、免疫システムを破壊してしまうのです。

そこで私は、簡単に合成できるペプチドを、宿主細胞のペプチド結合成長の外側に付着させる方法を考案したのです。なぜなら、このペプチドは自己ではなく、古い自己を模倣したペプチドであり、ペプチド結合増殖体で古典的なペプチドを提示するのと同じように、高密度に提示しなければならず、そうしなければ免疫反応を刺激することはできないからです。

そうですね。つまり、そういうことなのです。ですから、とても簡単な技術なんです。しかし、メインストリームではなく、メインビジネスに反していますね。

サイード・ハイダー 1:24:26

それは癌にも有効でしょう、

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ  1:24:28

もちろん、アレルゲンの中には自己模倣ペプチドを持つものもありますね。ですから、たまたまNK細胞ワクチンを作れば、多くの病原体やアレルゲンに効くワクチンを作ることができるのですが、それは単に自己模倣モチーフが模倣されるからです。

ですから、人々はコロナや他のウイルスに注目し始め、「このウイルスにHIVが反応するのか、すごいな」と言うのです。私たちのヒトゲノムの一部が今ここにあるのです。これらのオレゴン・イズムはすべて、ある程度、自己または自己に似たペプチドを共有しているのです。

これまでのところ、この論文の役割はわかっていませんでしたが、基本的には免疫の破壊によって、ウイルスに少なくともこの最初の複製サイクルを達成するチャンスを与えているのです。そして、ウイルスが完全に複製されると、抗原提示細胞を利用して排除され、例えば、感染細胞を破壊することができるT細胞を得ることができます。

このようなウイルス感染症を、急性自己制限性感染症と呼ぶのはそのためです。パンデミックもまた、急性自己限定的(自然治癒する)な現象である理由です。パンデミックは半年間続き、その後、ウイルスが排除され、風土病となり、あるいは根絶やしになるのですね。

サイード・ハイダー 1:25:49

なるほど、ありがとうございます。少し遅れてのスタートでしたが、インタビューはできました。ええ、どうぞ、メールは受け取っていますよ。だから登録したんです。ですから、願わくば、この本が最終的に入手可能になったときにアラートで知らせたい。決算です。

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ  1:26:01

私たちはまた、あなたのような、私たちのメッセージを伝える機会をいつも親切に与えてくれたチャンネルなどに、リストをヘッドセットで送る予定です。私たちはこれらの人々のリストを持っていて、あなたはその中に入っていて、アメリカでの発売について最初に知ることになります。

本当に間近です。そうです、サイトでも、インタビューを紹介してください。ウェブサイトにも掲載を続けていますし、言葉を広めるという目的も同じですからね。もちろんです。

サイード・ハイダー 1:26:32

そうですね、なるべく早くアップするようにします。リンクを送りますので、できれば数日中にアップしてほしいです。それでは、ありがとうございました。

ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ  1:26:40

あなた。完璧です、ありがとうございます、お元気で。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました