ボイコット、ダイベストメント、サンクション(BDS): パレスチナの権利を求めるグローバルな闘い
Boycott, Divestment, Sanctions: The Global Struggle for Palestinian Rights

パレスチナ・イスラエル戦争・国際政治

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Boycott, Divestment, Sanctions: The Global Struggle for Palestinian Rights

目次

  • 称賛
  • タイトルページ
  • はじめに
  • 第1章 なぜ今なのか?
  • 第2章 なぜBDSなのか?
  • 第3章 南アフリカのパレスチナ戦略
  • 第4章 アカデミーICボイコット
  • 第5章 正義の知性?
  • 第6章 「自由」対「学問の自由
  • 第7章 文化ボイコットを振り返る
  • 第8章 南アフリカではアパルトヘイトと戦い、イスラエルではアパルトヘイトを祝う
  • 第9章 南アフリカとイスラエルの間で
  • 第10章 私たちが本当に必要としているもの
  • 第11章 正義を挫く
  • 第12章 ボイコットは有効だ
  • 第13章 イスラエルの入植製品をボイコットする
  • 第14章 南アフリカの瞬間がやってきた
  • 第15章 フリーダム・フロティラの後:BDSが始まる
  • 第16章 リーダーシップ、リファレンス、そしてイスラエルの反コロニアリストの役割
  • おわりに
  • 付録1 イスラエルに対する学術的・文化的ボイコットの呼びかけ
  • 付録2 BDSの呼びかけ
  • 付録3 国際的なイスラエル学術ボイコットのためのPACBIガイドライン
  • 付録4 イスラエル国際文化ボイコットのためのPACBIガイドライン
  • 謝辞
  • 索引
  • ヘイマーケット・ブックスについて
  • 著者について
  • 著作権のページ

ボイコット、ダイベストメント、制裁を賞賛する

私はパレスチナを訪れ、人種隔離された住居や、軍事封鎖におけるパレスチナ人の屈辱を目の当たりにした。アパルトヘイト下の南アフリカで経験した状況を思い出さずにはいられない。世界中の人々がボイコットやダイベストメントという非暴力的な手段を使って、政府や機関にアパルトヘイト体制への支援を撤回させなければ、私たちは自由を手に入れることはできなかった。オマール・バルグーティの明晰で道徳的に説得力のある本書は、正義、自由、平和のために緊急に必要とされるこの世界的なキャンペーンに大きく貢献する絶好のタイミングである。

-デズモンド・ツツ大主教

パレスチナ人全体が自由と自決に対する譲ることのできない権利を行使できるようになるまで、そしてイスラエルが国際法上の義務を完全に遵守するまで、BDSキャンペーンを支援するよう国際社会に呼びかけている。BDSは、イスラエル政権によるパレスチナ人民の軍事占領、アパルトヘイト、植民地主義に直面して沈黙することを拒否する呼びかけである。BDSは、私たち一人ひとりと私たちの政府が、良心と正当な道徳的・法的責任に従い、イスラエルのアパルトヘイト政権に正義と平等を与えるよう要求することで、パレスチナの人々の命を救うために今すぐ行動できる非暴力的な方法である

-メアード・マグワイア、1976年ノーベル平和賞受賞者

これは、パレスチナの人々を抹殺するために日々活動しているイスラエルの国家機構を妨げ、最終的に阻止するために必要な政治的行動についての本である。説教ではなく、エンジニアのレポートのようなものだ。読んで、決断し、そして行動せよ。

-ジョン・バーガー(作家)

強大な権力を持つ政府が行動を起こそうとしないとき、普通の人々が先頭に立たなければならない。正義と抑圧された民衆の苦境に関心を持つすべての人にとって、必読の書である。

-ケン・ローチ(映画監督)

パレスチナに対する国際主義的支援のABCはBDSである。そして、イスラエルの残酷さと不正義に対するボイコット、ダイベストメント、制裁キャンペーンは、重要性と広がりを増している。人種差別的な南アフリカに対する反アパルトヘイト運動のように、BDSは、人権と植民地化され土地を奪われた人々の民族自決の権利のための最も困難な闘いにおいて、多大な変化をもたらす一助となっている。この感動的な本は、すべての良識ある人々がその一翼を担うことができる崇高な闘いの武器である。

-ロニー・カスリルス(作家、活動家、元南アフリカ政府公使)

オマール・バルグーティは再び、BDS運動について、反論の難しい、概念的に明晰な議論を展開している。彼の主張すべてに同意できるわけではないが、その情熱的で明快な訴えには十分な説得力がある。バルグーティは、公的責任とは何かを私たちに思い起こさせ、彼の執拗で知的な分析と主張があることを幸運に思う。イスラエルの占領を終わらせ、パレスチナ人の権利という倫理的主張を確立するためのボイコット、ダイベストメント、制裁について、彼ほど包括的で説得力のある訴えはない。

-ジュディス・バトラー、カリフォルニア大学バークレー校

パレスチナにおけるアパルトヘイトに終止符を打ち、そこに住むすべての人々に正義と平等をもたらすことは、遠い夢物語ではなく、BDSを利用すれば今後数年で実現可能な現実なのだ。

-アリ・アブニマ(『One Country』の著者、エレクトロニック・インティファーダの共同創設者

バルグーティは未来だ。彼は知的で、力があり、非暴力的だ。彼は完全に印象的だ。アメリカ人がパレスチナ人について歪んだイメージを持っているときに、このようなパレスチナの政治的関与の姿を見ることは助けになるだろう。「いつか彼らは彼を知るだろう

-フィリップ・ワイス、『モンドウェイス』共同創設者:中東における思想戦争

はじめに

包囲網に立ち向かえ……それ以外に道はない。

-マフムード・ダルウィッシュ

抑圧者と被抑圧者の矛盾が成立するのは具体的な状況においてであるから、この矛盾の解決は客観的に検証可能でなければならない。それゆえ、自分が抑圧者であることを発見する個人にとっても、抑圧される側にとっても、抑圧を生み出す具体的状況を変革しなければならないという根本的な要求がある1。

-パウロ・フレイレ

まず彼らはあなたを無視し、次にあなたを笑い、次に彼らはあなたと戦い、そしてあなたが勝つ。

-マハトマ・ガンジー

ほとんど毎日、色白の華奢な女性が、冷酷で独善的な暴漢に、自分が閉じ込められている惨めな小さな小屋の愚痴をこぼしている。彼女の終わりのない泣き言にうんざりしていたある日、彼はヤギを連れてきた。彼女の訴えは必死のすすり泣きに変わり、予想通り、彼は彼女が血を流すまで殴りつける。彼女は黙って泣き、ヤギが惨めな小屋に群がることなく、もっと広いスペースがあった日を嘆いた。

彼女が何週間も懇願した後、彼はヤギを追い払った。これで彼女は再び自分のスペースができたと感じる。虐待と搾取の繰り返しである。しかし翌朝、彼女は長い間抑圧されていた記憶の噴出で目を覚ます。彼女は彼が最初に彼女を誘拐し、奴隷として強制連行したときのことを思い出す。彼女は、自分がいかに合理化し、生存の一部として、より小さな悪として、虐待を内面化してきたかに気づく。彼女はもはや、あちこちの余分な数平方フィートなど気にも留めていない。彼女は再び完全であると感じたいのであり、自分の自由、つまり無制限、無条件の自由に勝るものはないのだ。だから彼女は抵抗し、支援を求めるのだ2。

イスラエルは60年以上にわたって、その過激な植民地主義的アジェンダを実行するための自由な手、つまり、多くのパレスチナ人を祖国から民族浄化し、彼らの土地を可能な限り奪い取ると同時に、民主主義と啓蒙という欺瞞的で神話的な評判を得るという、両世界の最高のものを享受してきた。ナチスによるヨーロッパのユダヤ人社会への大虐殺を皮肉に利用し、西側諸国全体が感じている痛みや罪悪感を、非難や説明責任から逃れるためのほぼ無敵の盾に変えることに、事実上成功している。デズモンド・ツツ大主教はこう述べている: 「西側諸国は、当然のことながら、ホロコーストとのひどい共謀に対して悔悛の念を抱いていると思う。その懺悔はパレスチナ人たちによってなされている。私はただ、西側の一般市民が目を覚まし、『こんなことに加担するのはごめんだ』と言ってくれることを願うだけだ」”3

ソビエト連邦が崩壊し、米国が唯一の超大国として台頭し、イスラエルと極めて強い結びつきを持つ軍国主義的な新保守主義者を自称する「陰謀団」がワシントンで台頭し4、特に温情主義的なイスラエルの指導者ベンヤミン・ネタニヤフが台頭したことで、イスラエルは米国内の意思決定プロセスに対する利益と影響力を最大限に高めることができた5。その10年前、1993年にイスラエルとパレスチナ解放機構(PLO)がオスロで開始した見せかけの「和平プロセス」によって、イスラエルは世界数十カ国との外交的、そして重要な点として経済的な結びつきを回復し8、イスラエルの拡大する産業、特に軍需産業にとって必要不可欠な市場を切り開いた。

皮肉なことに、軍事力、核兵器、経済力、政治力の絶頂期に、イスラエルはより脆弱になり始めた。

米国が無期限とも思える「テロとの戦い」(国際法尊重のかけらもない、国家テロリズムの最も悪質で非道徳的な形態であり、同時に多くの国の狂信的集団による多くのテロの原因でもあるため、「すべてのテロの母」と呼ぶにふさわしい)にはまり込み、イラクとアフガニスタンで大量殺戮に匹敵する死と破壊を引き起こし、米軍兵士の命が大きく失われたことで、米国内のイスラエル支持の鉄壁に亀裂が入り始めた。2008年のネオコンの敗北と民主的な粛清は、こうした亀裂を広げる一助となった。

米国におけるイスラエル・ロビーの専門家であるジョン・ミアシャイマーは、最近加速している変化のプロセスを次のように述べている。イスラエルの戦略的無能とアパルトヘイト国家への漸進的変貌の組み合わせは、米国にとって重大な問題を引き起こしている。実際、このような見方はアメリカのユダヤ人コミュニティ内部でも注目されている。たとえば、『Jewish Week』誌は最近、”The Gaza Blockade: What Do You Do When U.S. and Israeli Interests Aren’t Synch?”という記事を掲載した。両国の指導者たちは今、イスラエルのパレスチナ人に対する政策が米国の安全保障を損なっていると言っている。バイデン副大統領とデビッド・ペトレイアス中央軍司令官は最近この点を指摘し、モサドのトップであるミール・ダガンは6月にクネセト(イスラエル議会)で、「イスラエルは米国にとって資産から徐々に重荷に変わりつつある」と語った。

何十年もの間、イスラエルの支持者たちは、ほとんどのアメリカ人が両国の利害が一致していると考えるように、アメリカ国内の言論を形成しようと努力してきた。しかし、その状況は変わりつつある。利害の衝突が公然と語られるようになっただけでなく、知識ある人々は、イスラエルの行動が米国の安全保障にとって有害かどうかを公然と問うようになっている10。

このような米国の体制における相対的な変化という背景は、第2次パレスチナ・インティファーダに対するイスラエルの血なまぐさい弾圧における戦争犯罪やその他の重大な国際法違反に対する米国や欧州の草の根レベルでのより急進的な変化と相まって、パレスチナの権利を求めるよく考えられた非暴力の市民運動が花開くための肥沃な土壌を提供した。

2005年7月9日、パレスチナの市民社会は、冷酷で強力な抑圧システムに対するパレスチナの自由、正義、自決のための世界的な闘いにおいて、質的に異なる段階であると現在広く認識されているものを開始した。この抑圧システムは免罪符を享受しており、「土地なき民のための土地なき民」という全く人種差別的で神話に満ちたシオニストの基本的な教義を自己成就的予言にしようと意図している。集団意識の歴史的瞬間、そしてシオニストの入植者植民地主義に対するほぼ1世紀にわたる闘いによって、パレスチナの市民社会の圧倒的多数が、イスラエルが国際法上の義務を完全に遵守するまで、イスラエルに対するボイコット、ダイベストメント、制裁(BDS)を呼びかけた11。すべての主要政党、難民権利団体、労働組合連合会、女性組合、NGOネットワーク、そして事実上すべての草の根団体を含む170以上のパレスチナ市民社会グループは、国際社会の良心ある人々が「歴史的に不正義と闘う道徳的責任を負ってきた」ことを想起した、 南アフリカにおけるアパルトヘイト撤廃の闘いに代表されるように、国際社会の良心ある人々は、不正義と闘う道義的責任を負ってきた。 ”

2008年以降、BDS運動は、歴史的パレスチナ国内および亡命先のパレスチナ市民社会組織の最大の連合体であるBDS全国委員会(BNC)によって主導されている12。

平和、正義、権利

アフリカで最も重要な現代作家の一人であるングギ・ワ・ティオンゴは、『脱植民地化する心』の序文で、帝国主義がいかに苦闘する地球人類に「盗みを受け入れるか、それとも死を受け入れるか」という「最後通牒」を突きつけるかについて書いている。しかし、その集団的反抗に対して帝国主義が行使し、実際に日々放たれている最大の武器は、文化爆弾である。文化爆弾の効果は、人民の名前、言語、環境、闘争の遺産、団結、能力、そして究極的には自分自身に対する信念を消滅させることである。文化爆弾は彼らに、自分たちの過去を達成不可能な荒れ地と見なし、その荒れ地から自分たちを遠ざけたいと思わせるのだ。. . . それは闘争の道徳的正しさについて深刻な疑念さえ植え付ける。……勝利の可能性は、遠い、ばかげた夢とみなされる。その結果は、絶望、落胆、そして集団的な死の願望である13。

ングギはさらに、自由と正義のために闘う人々の最も適切な対応は、「断固とした闘いという、より高く、より創造的な文化でこの脅威に立ち向かうこと」だと指摘する。

BDSキャンペーンは、自分たちの土地と心の植民地化に抵抗し、自決、自由、正義、そして限りない平等を求める大多数のパレスチナ人による、そのような「断固とした闘い」の最も重要な形態のひとつである。BDSの呼びかけは、国際法と人権の普遍的原則に基づき、包括的な権利に基づくアプローチを採用し、パレスチナの人々が自決権を行使するためには、イスラエルが国際法とパレスチナの権利を侵害する3つの形態の不正を、次のような形で終わらせなければならないという事実を強調している。

  • 1. [1967年に占領された]すべてのアラブの土地の占領と植民地化を終わらせ、壁を解体する。
  • 2.イスラエルのアラブ系パレスチナ人の完全な平等に対する基本的権利を認める。
  • 3.国連決議194に規定されているように、パレスチナ難民の家と財産に戻る権利を尊重し、保護し、促進すること。

南アフリカのデズモンド・ツツ名誉大主教はかつてこう言った: 「私は、自分を主人だと思っている人のテーブルから投げ出された思いやりのくずを拾うことには興味がない。私は権利のフルメニューが欲しいのだ」14。

イスラエルとパレスチナ解放機構(PLO)が1993年にオスロ合意に調印して以来、イスラエルは、歴代のアメリカ政権、欧州連合、アラブ諸国の「指導者」たちから、程度の差こそあれ、パレスチナ人の再定義を試みてきた。その主な目的は、パレスチナの問題を、1967年以降イスラエルに占領された一部の「紛争地域」をめぐる単なる紛争に欺瞞的に縮小し、パレスチナ人の大多数の国連公認の権利を排除することである。この文脈では、正義を欠いた平和が目的となり、不正義を永続させることになる15。

いわゆる国際社会は、世界で唯一の超大国である米国の覇権的影響力のもと 2004年に国際司法裁判所が違法と宣言したイスラエルの壁建設と入植者コロニーを止められなかっただけでなく、これまで国連が承認してきたパレスチナ人の権利を共謀して弱体化させてきた。このことは、パレスチナ社会が再び「指導者」を凌駕し、その基本的権利を再び主張するよう促している。BDSの呼びかけは、歴史的パレスチナ国内だけでなく、亡命中のパレスチナ人の間でも、前例のないほどほぼ一致した支持を得て、先住民であるパレスチナの人々には、1948年のナクバ16以降、シオニストの民兵や後のイスラエル国家によって強制的に祖国を追われた難民や、自分たちの土地に残り、現在は合法化された人種差別体制の下で暮らすイスラエルのパレスチナ市民が含まれることを世界に思い起こさせた17。

パレスチナ人が、最も肥沃な土地と豊かな水資源を持つ最大の植民地ブロックのイスラエルによる併合を受け入れる「見返り」として、1967年に占領されたパレスチナ領土の大部分に対する実効支配を維持しながら、イスラエルによる占領の大部分を明白な形で終了させる; 帰還の権利を放棄すること、イスラエルをアパルトヘイト国家として受け入れること。これが、世界の覇権国が支持し、選挙で選ばれたわけでもなく、代表者でもなく、無原則でビジョンもないパレスチナの「指導者」が黙認する、いわゆる平和的解決の基本方式となっている。 ” イスラエルのシオニスト政党と西側諸国の支持者たちは、少数の例外を除いて、表向きはこの不当で違法な方式を、パレスチナ人の前にある「唯一の申し出」として、あるいはイスラエルによる威嚇的な鉄槌として受け入れている。イスラエルでは超右派が急成長し、この長年のイスラエルの方式でさえも、イスラエル国民の多数派の支持を得られなくなっている18。

実際、多くのユダヤ系イスラエル人は、人種差別の定着と意味のある和平の拒否をともなう、イスラエルにおける「ファシズム」の台頭と見なし、声高に抗議している。Jewish Telegraphic Agency(JTA)は、「イスラエルのイメージが沈む中、イスラエルのPRはどこへ向かうのか」と題したレポートの中で、イスラエルがそのイメージの「リブランディング」に多大な執着と多額の投資を行っているにもかかわらず、西側諸国の人々の心をつかむ戦いに失敗している主な理由を説明している: 「イスラエルの公的な顔であるネタニヤフ=リーバーマン=バラク政権は、国際舞台ではほとんどポイントを獲得していない。ベンヤミン・ネタニヤフ首相は和平に関心がなく、アビグドル・リーバーマン外相は人種差別的ないじめっ子とみなされ、エフード・バラク国防相は和平志向の政策を求めるのに十分な努力をしていないとみなされている」19。

ハアレツのあるジャーナリストは、イスラエルの不公正を1967年の占領に限定するのが一般的だが、それでもイスラエルの国際的な草の根レベルでの支持喪失を次のように簡潔に説明している。建国以来、そしてそれ以前から、私たちは世界に特別な条件を要求してきた。600万人のユダヤ人が殺害されたにもかかわらず、われわれはそれを黙って見ていた。

ダビデ・ベン・グリオンは私たちを諸国民への光と呼び、私たちは背筋を伸ばして、私たち小さなダビデは巨悪ゴリアテに対して強く正しく立ち向かうと言った。

世界はそのメッセージを高く評価し、外国のマスコミによれば、第二のホロコーストを防ぐために原子爆弾の開発を可能にした。

しかしその後、占領が始まり、われわれは邪悪なゴリアテ、残酷な抑圧者、諸国民の闇と化した。そして今、私たちは自らを正義だと見せかけ、失望を招いた代償を払っている。

イスラエルによる壊滅的なレバノン侵攻戦争(2006)、ガザ地区における最新の殺戮(2008~9)、そして数年にわたる違法かつ不道徳なガザ地区包囲は、イスラエルの政策に対する世界の世論の真の変革を促した。国連や主要な人権団体は、包囲がパレスチナ人、特に子どもたちの健康に壊滅的な影響を及ぼし、発育不全や貧血が蔓延していることを十分に立証している。BBCによる2010年5月の報道は、イスラエルがその包囲によって、厳しい集団懲罰の一形態として、「ガザの100万人以上の住民が年齢と性別に応じて必要とする最低限のカロリー摂取」しか認めていないことを明らかにしている21。ろうそく、各種医薬品、本、クレヨン、衣類、靴、毛布、パスタ、紅茶、コーヒー、チョコレートだけでなく、楽器22までもが、世界最大の青空刑務所、さらにはイギリスのキャメロン首相の言葉を借りれば「収容所」と呼ばれる場所に収監されている150万人のパレスチナ人に届かないようにしてきた23。

2008年から9年にかけてイスラエルが行った「キャスト・リード」作戦の最中、イスラエル軍のリン弾がガザのパレスチナ人密集地域や国連避難所に降り注ぐ悲痛な映像が世界中に配信されると、世界的な怒りが巻き起こり、経済、学術、スポーツ、文化の各分野でボイコットやダイベストメントの取り組みが行われた。前国連総会議長のミゲル・デスコト・ブロックマン神父、デズモンド・ツツ大主教、著名な芸術家、作家、学者、映画製作者、進歩的なユダヤ人団体、主要な労働組合や労働連盟、教会関連団体、多くの学生団体が、程度の差こそあれ、ボイコットの論理を支持し、「南アフリカの瞬間」がついに到来したと多くの人々を納得させた。

JTA通信はこう伝えている: 「イスラエルは、もし歯止めがかからなければ、存亡の危機をもたらしかねないような委縮の潮流にさらされている。悪夢のシナリオは、反イスラエルのボイコット、ダイベストメント(投資撤退)、サンクション(制裁)(BDS)運動がさらに支持を集め、反イスラエルの世論が欧米のキャンパスから政府へと移動し、それに続いてアメリカの外交的な保護が解除されるというものだ」24。同じような流れで 2009年5月、アメリカ・イスラエル公共問題委員会(AIPAC)の政策会議において、ハワード・コール事務局長は、BDSがアメリカの主流派に到達し、「(イスラエルを)見捨てる下地を作っている」と警告した。これは政策を転換するための意識的なキャンペーンであり、イスラエルが友人たちから支持されるのではなく、軽蔑され、保護されるのではなく、本質的な性質を変えるよう圧力をかけられるに値する国家として扱われるように変えるためのものだ」25。

莫大な資金を投じ、威圧的な権力を誇示したにもかかわらず、イスラエル・ロビーは今日に至るまで、米国のキャンパスや、信仰に基づく組織、文化人、さらには進歩的でリベラルなユダヤ人グループの間で広がるBDS支持を鎮めることにほとんど失敗している。このようにBDSの黎明期を打ち消せなかったことに直面したシオニスト・グループは、どこの国でも、特にアメリカでは、むき出しのいじめや脅迫など、ますますマッカーシー的な手段に訴え、急増しているユダヤ系アメリカ人、特に若い世代をさらに遠ざけている。シオニスト・グループは、ニンジンと棒を使ったゲームにすっかり慣れてしまい、ニンジンがどのようなものなのかさえ忘れてしまったのではないかと感じることがある。棒が効かないなら、もっと太い棒を使うのだ。

『ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス』誌に寄稿した、影響力のあるユダヤ系アメリカ人の作家であり学者であるピーター・ベイナートは、アメリカにおけるユダヤ系エスタブリッシュメントのこの失敗を当然の結論だと考えている: 数十年にわたり、ユダヤ教体制はアメリカのユダヤ人にシオニズムの門前でリベラリズムをチェックするよう求めてきたが、今や恐ろしいことに、多くの若いユダヤ人が代わりにシオニズムをチェックするようになっている。

道徳的に、アメリカのシオニズムは下降スパイラルに陥っている。AIPACやアメリカ主要ユダヤ人団体会長会議のような団体の指導者たちが路線を変更しなければ、ある日目を覚ますと、アラブ人やパレスチナ人に対するむき出しの敵意をむき出しにする正統派が支配する若いシオニストの指導者たちと、無関心から愕然とするまでの幅広い世俗的なアメリカ人ユダヤ人の大勢を発見することになるだろう26。

ジョン・ミアシャイマーは、同じ現象、つまりイスラエル・ロビーの説得力がどうしようもなく低下しているように見えることを、別の角度から説明している。ロビーのイスラエル擁護へのたゆまぬ献身は、時には米国の利益を犠牲にすることを意味するが、将来的にはより多くの米国人に明らかになる可能性が高く、それはイスラエルだけでなく、イスラエルの支持者に対する邪悪な反発につながる可能性がある。

リベラルな西側諸国においてアパルトヘイト国家を擁護することは容易ではない。一旦、2国家間解決策が破綻し、イスラエルが白人支配の南アフリカのようになってしまったことが広く認識されれば、そしてその日がそう遠くないうちに、アメリカのユダヤ人コミュニティ内部でのイスラエルへの支持は著しく低下するだろう27。

BDS運動の最初の5年間で最も重要な成果は、軍事占領、植民地化、民族浄化、アパルトヘイト(人種隔離政策)を併せ持つイスラエルのパレスチナ人に対する体制の「本質的な性質」を明らかにしたことである28。

2010年9月13日付の『タイム』誌の表紙を飾った「イスラエルが平和を気にしない理由」29は、イスラエルの政策を最も支持している欧米諸国でさえ、イスラエルが本当に平和に関心がないのだと感じる人が増えていることを示す、最も顕著な指標かもしれない。

イスラエルの合法化された人種差別システムに、国連のアパルトヘイトの定義がどの程度当てはまるのか、あるいは当てはまるのか、アナリストや法律の専門家が議論を続ける一方で、イスラエルの主流メディアでは、イスラエルを表現するために著名人がファシズムという言葉を使ったり聞いたりすることが多くなった。この用語が使われるようになった最近の理由のひとつを挙げると、イスラエルの最高裁判所は、人種差別やその他の国際法違反を正当化してきたその長い歴史に沿って、このような決定が露骨な人種差別を伴うにもかかわらず、ヤッファのアジャミ地区にユダヤ人専用のア第3部 棟の建設計画を認可した30。

イスラエル政府が「忠誠の誓い」と呼ばれる市民権法改正案を圧倒的多数で採択した直後、何百人もの学者、芸術家、その他の知識人が「ファシズムからの独立宣言」に署名した。 「31極右クネセットのマイケル・ベンアリ議員は採決後、「カハネ師の暗殺から20年が経過し、今日リクードは彼が正しかったことを認めた。アラブ人に忠誠の誓いに署名させるという彼の呼びかけをめぐってラビを迫害したリクード政権が、20年前にカハネが言ったことが正しかったと今日認めるのは、新鮮な変化だ」32 メイル・カハネは狂信的な人種差別主義者のラビで、1984年にクネセットの議員に当選した。1988年、カハネの政党カッハは人種差別を扇動したとして追放された。在任中、カハネの立法案には「非ユダヤ人からイスラエル市民権を剥奪し、ユダヤ人と異邦人の結婚や性交渉を禁止すること」が含まれていた33。彼は民族浄化を提唱し、テロ行為を企てた。彼の見解は1980年代には過激派とみなされていたが、今日のイスラエルの主流政党は彼の最も過激な立場をいくつか採用している。

忠誠の誓いへの反応として、イスラエルの受賞歴のある学者ガブリエル・ソロモンは、今日のイスラエルを1930年代のドイツと比較している: 「ユデンライン(ユダヤ人自由地域)やアラブラインという考え方は新しいものではない。. . ナチスと比較してどうするんだ』と言う人もいるかもしれないが、私は死のキャンプの話をしているのではなく、1935年の話をしているのだ。まだ収容所はなかったが、人種差別法はあった。そして、私たちはこの種の法律に向かって進んでいる。政府は明らかに、民主主義に対する私たちの無能力を宣言しているのだ」34。

イスラエルの著名な作家セフィ・ラチレフスキーは、この比較の時間軸について異論を唱えている: 「今日の闘争は左翼と右翼の闘争ではなく、民主主義者とファシストの闘争である。イスラエルはファシストと人種差別主義者になりつつある。ある意味で、私たちは1933年のドイツにあった狂気のようなものではなく、むしろ1944年から45年にかけての、狂気のせいで戦争を止めることができなかった敗戦の危機に瀕していたときの狂気のようなものだ」と言うことができる35。

イスラエルのジャーナリストで活動家のウリ・アヴネリもまた、イスラエルにおけるファシズムの恐怖を、ドイツにおけるナチスの台頭と比較している。彼は、ファシズムがイスラエル政府とクネセトを支配し始めており、極右グループが影響力を増している欧米とは異なり、「イスラエルの存在そのものがファシズムによって脅かされている」と警告している。ファシズムはわれわれの国家を破滅に導きかねない」36。

クネセトが市民や住民、さらには入国する外国人によるイスラエルやその機関へのボイコットを呼びかけることを犯罪とする重大な一歩を踏み出した後、アヴネリは「カハニズム(イスラエル版ファシズム)が端から中央舞台へと移動したことに疑いの余地はない」と書いた37。 「同じ展開に反応して、イスラエルの有力日刊紙『ハーレツ』の元編集長ダヴィッド・ランダウは、イスラエルのクネセットのボイコットを呼びかけた。

イスラエル外相のアビグドール・リーバーマンが、国連総会の壇上からでさえも、パレスチナの市民を民族浄化するよう呼びかけ39、パレスチナ占領地からのイスラエルの大幅な撤退を要求するいかなる平和的解決も拒否したことは、イスラエルを世界の亡国とみなす見方の広がりを加速させただけである40。

イスラエルの著名な学者は、イスラエル閣僚の極右政治についてこうコメントしている: 「イスラエルは現在、アビグドル・リーバーマン外相、ヤーコフ・ニーマン法務大臣、イーライ・イーシャイ内相のような閣僚がいる唯一の西側諸国である。第二次世界大戦後の西欧で、彼らと同じような考えを持つ政治家が政権を握ったのは、フランコ政権下のスペインが最後だった」41。

テルアビブに住むイスラエルのBDS活動家の母親は、息子に「リーバーマンもあなたたち(BDS)の運動に勧誘されたの!」と冗談めかして尋ねた。

イスラエルが「ファシストになりつつある」というこのような反発の高まりは、イスラエルやその他の地域の「リベラルな」シオニストの間で、1948年以来先住民であるパレスチナ人が苦しめられてきたイスラエルの植民地的で人種差別的な抑圧体制が、今度はユダヤ系イスラエル人の反体制派をも標的にするのではないかという、かつてないレベルの不安を反映している。

イスラエルのような入植者植民地国家では、民主主義はいかなる真の形でも存在したことはなく、また存在しえなかったからだ。しかし、民主主義や啓蒙主義の体裁が崩れれば、アパルトヘイト、入植者植民地主義、占領というイスラエルの体制全体も崩壊の深刻な危機にさらされる。

このような状況において、BDS運動は、イスラエルがアパルトヘイト下の南アフリカのように世界の無視者になりつつあり、予想されるすべての結果を招きかねないというイスラエル国内の恐怖を強める上で、大きな役割を果たしている。例外的な成長を遂げ、欧米の主流派の声も勝ち取ったBDSは、イスラエルの最高政治層にもまぎれもなく大きな警鐘を鳴らした。

例えば、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、2010年8月、イスラエルの著名なアーティストたちが、学者たちの支持を受け、イスラエルの不法植民地での公演をボイコットするよう呼びかけたことに対して、怒りをあらわにした: 「イスラエル国家は、国際社会から委縮の攻撃を受けている。この攻撃には、経済的、学術的、文化的ボイコットの試みも含まれている。このような攻撃、つまり内部からのボイコットの企てを受けることが、今一番必要なことだ」43。

イスラエル政府に提出された報告書45の中で、この組織はボイコット運動が具体的に何を「委縮」させているのかを、部分的に暗黙のうちに認めている: 「パレスチナ人に対する支配を終わらせ、人権を向上させ、アラブ市民の統合と平等を促進するという一貫した誠実なイスラエルのコミットメントは、委縮との戦いに不可欠である。そのようなコミットメントは、ガザやパレスチナ人との政治プロセスに対する首尾一貫した包括的な戦略に反映されなければならない」

これらの推奨される政策変更は、パレスチナ人の最低限の権利を満たしているとは言い難いが、これらの言及は、報告書の著者たちが、ボイコットがイスラエルを標的にしているのは、これらの基本的権利を否定しているからだと認識していることを示している。そうでなければ、ボイコットに対抗するためにそれらを認めることを規定する意味がない。実際、BDSはイスラエルの入植者植民地的抑圧、アパルトヘイト、そして現在進行中のパレスチナ先住民の民族浄化を委縮させようと努めている。

なぜなら、BDSの最も遠大で、まったく根拠のない主張は、この運動が「シオニスト・モデルに取って代わり、『一人一票』の原則に基づく国家を目指す」というものだからだ47!

イスラエルとは対照的に、第一線の法律専門家の中には、正統性と委縮の問題に対してはるかに悲観的な態度をとる者もいる。国連占領地人権特別報告者のリチャード・フォーク(Richard Falk)は次のように主張する。現時点では、政府間外交が何らかの重要な結果を達成できるかどうか、私は非常に懐疑的だ。1980年代後半から1990年代にかけて、アパルトヘイト政府を孤立させ、その権威を失墜させるのに効果的だった(南アフリカの)反アパルトヘイト運動と同じようなものだ。今、イスラエルとの関係でそれが起こっていると思う。世界中で非常に強力なボイコット、ダイベストメント、制裁キャンペーンが展開され、国民やNGO、市民社会の政治的・道徳的想像力をかきたて、イスラエルの行動や考え方に重要な影響を与え始めている48。

イスラエルを包囲する49

BDSはおそらく、正義と権利を求めるパレスチナ人主導の世界的な運動の中で、最も野心的で、力強く、有望なものである。BDSは、イスラエルの植民地支配とアパルトヘイトに、道徳的に一貫し、効果的で、そして決定的に知的な方法で挑戦する能力を有している。

デズモンド・ツツ、ジミー・カーター、マイケル・ベンヤイル元イスラエル司法長官など様々な図が、イスラエルは先住民であるパレスチナ人に対してアパルトヘイトを行っていると述べている50。むしろそれは、民族的・宗教的アイデンティティによって権利や特権を与えるイスラエルの制度が、1973年の「アパルトヘイト犯罪の抑圧と処罰に関する国際条約」や2002年の「国際刑事裁判所ローマ規程」に明記された国連の定義に合致しているという議論に由来する。少数派であった南アフリカの白人とは異なり、ユダヤ系イスラエル人は多数派を形成しているという理由でアパルトヘイトの罪を否定する不誠実な、あるいは明らかに誤情報である議論は、普遍的に受け入れられているアパルトヘイトの定義が多数派や少数派とは何の関係もないという事実を無視している。むしろアパルトヘイトとは、「ある人種集団が他の人種集団に対して組織的に抑圧・支配する体制の中で、その体制を維持する意図のもとに行われる非人道的行為」と定義されている51。

パレスチナ人やその他のBDS支持者は、パレスチナの自決とイスラエルとの植民地紛争の問題に対する多様な解決策を支持するかもしれないが、BDSの呼びかけは、特定の政治的方式を処方することを避けることで、いかなる正当な解決策においても、パレスチナ人の3つの基本的で不可逆的な権利を実現する必要性を主張している。BDSの呼びかけは、加速する分断に直面するパレスチナの人々を団結させるだけでなく、南アフリカの反アパルトヘイト運動や米国の公民権運動を動かした、自由、正義、平等な権利という普遍的な原則を呼び起こすことで、国際的な市民社会にアピールする綱領を提示している。

2005年7月以来 2008年から9年の冬にイスラエルがガザで大虐殺を行い、2010年5月にガザ行きのフリーダム・フローティラ(自由船団)で流血事件が発生した後ほど、BDSの成果が多く見られた時期はなかった。世界中の良心の呵責に耐える人々は、宥和や 「建設的な関与」ではなく、効果的な圧力によってイスラエルの不処罰に挑むという閾値を越えたようだ。

パレスチナで最も有名な詩人、マフムード・ダルウィッシュの悲痛な叫びである「包囲を阻止せよ」は、この文脈で突然、別の意味を持つようになる。植民地大国に特権を放棄させ、正義を求める道徳的な嘆願に耳を傾けさせようとする試みは、せいぜい妄想に過ぎない。イスラエルに私たちを人間として認めさせ、私たちの権利と尊厳の断片をイスラエルから勝ち取ろうと泥沼にはまるよりも、圧倒的多数のパレスチナ人は、イスラエルの不正の数々全体に対抗する、この包括的な非暴力の市民的抵抗を選んだのである。

イスラエルへの学術的・文化的ボイコットが始まる

入植者植民地的なユダヤ人の過激主義を白日の下にさらすことに加担することを拒否することは、イスラエルの船団攻撃やガザでの残虐行為の後に始まったわけではない。実は、イスラエルがパレスチナ社会の廃墟の上に設立される以前から始まっていたのだ。1930年2月、シオニストの指導者たちは、シオニストによるパレスチナ植民地化の激化に反対する1929年のパレスチナ暴動を非難する請願書への寄稿を、ユダヤ人を象徴する人物としてジークムント・フロイトに依頼した52。当時、シオニストの傾向を公言していたにもかかわらず、フロイトはユダヤ人植民地入植者の「根拠のない狂信主義」とみなすものに加担することを拒否し、次のように書いている。私は確かにシオニズムの目標に共感し、エルサレムにある私たちの大学を誇りに思うし、私たちの入植地の繁栄を喜んでいる。しかしその一方で、パレスチナがユダヤ人の国家になることはあり得ないと思うし、キリスト教世界やイスラム教世界が、自分たちの聖地をユダヤ人の管理下に置く用意があるとも思えない。. . . アラブ人の不信感を覚醒させた一因が、わが民族の根拠のない狂信主義にあることは、悲しみをこめて認めよう53。

イスラエルによる国際法違反とパレスチナ人の権利侵害への加担を拒否するという同じ精神に基づき、イギリスの学者たちは、イスラエルに対する国際的な学術的圧力キャンペーンを開始した先駆者である。ヒラリー・ローズとスティーヴン・ローズが始めた、EUによるイスラエルとの研究協力への資金提供の一時停止を求める請願は 2002年4月に130人の署名を集めて『ガーディアン』紙に掲載され、イスラエルとそのロビー団体からの特異な反発を引き起こしたが、同時にパレスチナの権利に対する新しい形の連帯を誕生させた。その後、イスラエルの学術・文化ボイコットのためのパレスチナ・キャンペーン(PACBI)54の呼びかけに応じて、パレスチナの大学のための英国委員会(BRICUP)が結成され、その後、イスラエルのボイコットの論理を採用することを前面に打ち出し、英国の学術組合でいくつかのキャンペーンを成功に導いた55。

2009年に設立された、米国を拠点とするイスラエルの学術的・文化的ボイコット運動USACBIは、数百人の文化人が署名したことは言うまでもないが、最近、500人の学術関係者の賛同を得たと発表した56。

最近では、2010年10月、(PACBIの原則に沿った)組織的な文化的・学術的なイスラエル・ボイコットを求めるノルウェーの請願書が、学者、作家、音楽家、その他の文化人、そしてサッカー・ノルウェー代表チームの監督であるエギル・「ドリロ」・オルセンを含むスポーツ界の有名人など、100人の素晴らしい署名者を集めた57。同じ頃、PACBIと完全な連携をとりながら、ヨーロッパ大陸のボイコット・キャンペーンが参加する「ヨーロッパ・プラットフォーム・フォー・ザ・アカデミック・アンド・カルチュラル・ボイコット・オブ・イスラエル(EPACBI)」が発表された58。

その数週間前には、インドで最も有名な作家や学者の賛同を得て、イスラエルの学術的・文化的ボイコットのためのインド・キャンペーンが発足していた。キャンペーンの声明の中で、署名者たちはこう宣言している: 「アパルトヘイト時代の南アフリカに対する国際的な呼びかけがそうであったように、このボイコットは、軍事的侵略、法的差別と迫害、経済的締め付けに基づく先住民の抑圧と追放を放棄するよう、イスラエルに国際的な圧力をかけることに貢献する効果があると確信している」59。

2010年9月、ヨハネスブルグ大学にイスラエルのベングリオン大学のボイコットを呼びかける南アフリカの嘆願書は、南アフリカの4大学の学長、デズモンド・ツツ大主教、ブレイテン・ブレイテンバッハ、ジョン・デュガード、アントジ・クログ、バーニー・ピティヤナ、カダー・アスマルなど、250人の学者や著名人から賛同を得た。南アフリカの道徳的重みを呼び起こし、先例となるこの声明は、国際法違反にイスラエルの学術機関が加担していることを非難するのに、言葉を濁すことはなかった: 「パレスチナ人が大学や学校にアクセスできない一方で、イスラエルの大学は占領を維持するための研究、技術、議論、指導者を生み出している」60。

ツツ大主教は、ネルソン・マンデラ氏の「和解と公正を、正義と不正義の間の同等性を意味するものとして読み取るよう誘惑されないように」という注意を引用し、加担しているイスラエルの機関とのつながりを断つよう呼びかけることを擁護している: 「通常通りには決してできない。イスラエルの大学は、積極的な選択によって、イスラエル政権と密接な関係にある。イスラエルに対するボイコット、ダイベストメント、制裁を求めるパレスチナ人主導の世界的キャンペーンへの揺るぎない支持を改めて表明し、雄弁にこう付け加えた:

「この地球の平和を愛する人々とともに、私はいかなる暴力も非難する。しかし、檻に入れられ、飢えさせられ、必要不可欠な物質的・政治的権利を剥奪された人々は、ファラオに抵抗しなければならないことを認識しなければならないのではないか?抵抗もまた人間を人間たらしめているのではないだろうか?パレスチナ人は、私たちと同じように、ボイコット、ダイベストメント、制裁という非暴力の手段を選んだ61」

最近では、歴史的な出来事として記録されるであろうが、イスラエルに対するBDSの呼びかけを支持する南アフリカのアーティストたちが、「アパルトヘイトに反対する南アフリカのアーティストたち」と題する宣言を発表した。アパルトヘイトの下で生き、生き延び、多くの場合抵抗してきた南アフリカの芸術家・文化労働者として、私たちは自らの闘いにおける国際連帯の価値を認める。パレスチナ人とそのイスラエルの盟友が、このような連帯を求めていることに、私たちは応える。

良心のアーティストとして、私たちはアパルトヘイトにノーと言う。私たちは国際連帯の呼びかけに応え、イスラエルでの公演や展示へのいかなる招待も受けないことを約束する。また、イスラエル政府と関係のある機関からの資金援助も受け入れない。これは、イスラエルが少なくとも国際法と人権の普遍的原則を遵守するようになるまで、私たちの立場である。それまでは、私たちも「アパルトヘイトに反対するアーティストたち」という旗印のもと、国際的な仲間たちと団結する62。

カナダでは、CAIA(Coalition Against Israeli Apartheid:イスラエル・アパルトヘイトに反対する連合)67の一員であるSAIA(Students Against Israeli Apartheid:イスラエル・アパルトヘイトに反対する学生)の大学生活動家が 2005年に世界最大のキャンパスBDSキャンペーン「イスラエル・アパルトヘイト週間」68を開始した。

イアン・バンクス、アリス・ウォーカー、ヘニング・マンケルといったベストセラー作家は最近、イスラエルに対するボイコットを支持し、著名な学者アン・ローラ・ストラーも同様である69。大スターのメグ・ライアンがイスラエル訪問をキャンセルし、エルヴィス・コステロ、ギル・スコット・ヘロン、カルロス・サンタナ、ピクシーズ、フェイスレスなどがコンサートをキャンセルしたというニュースは、このキャンペーンの可能性に対する懐疑的な見方をようやく払拭した。ジャン=リュック・ゴダール70やイエス・メン71からマイク・リーに至るまで、世界的に有名な映画監督たちもボイコットの呼びかけに耳を傾け、イスラエルの映画祭には参加しなかった。世界が(船団による)残虐行為を適切に非難するのを見ながら、私はほとんどキャンセルしかけた。そして、そうしなかった自分の臆病さを責めている……。それ以来、あなた方の政府は悪い方向に向かっている。. . . ヨルダン川西岸での違法建築の再開で、私は真剣に考え始めた……。そして今、忠誠の誓いがある。これは最後の藁だ-犯罪的なガザ封鎖が続いていることは言うまでもないが、そこでは少年を含む罪のない人々が延々と射殺されている。. . . しかし、いずれにせよ、私は今、自分の良心に従って立ち向かわなければならない[どうにもならない]立場にいるのだ72。

イスラエルへの文化的ボイコットを支持する声が最近高まるずっと以前から、ジョン・バーガー、ナオミ・クライン、アルンダティ・ロイ、ケン・ローチ、ジョン・グレイソン、ジュディス・バトラーといった著名な作家や文化人がBDSを支持してきた73。

2010年9月、文化的ボイコットの分水嶺として、150人以上の米英の演劇、映画、テレビのアーティストが、国際法違反のため、パレスチナ占領地(OPT)に違法に建設されたアリエルをはじめとするイスラエルの植民地入植地を、イスラエル国内で文化的にボイコットすることを支持する声明を発表した74。イスラエルに対する包括的な文化ボイコットを支持するまでには至らなかったが、このイニシアチブは、国際法違反と戦争犯罪を続けるイスラエルに対して、ボイコットはおろか、いかなる圧力もかけるべきでないという、米国における長年のタブーを破った。イスラエルを国家の法より上位に置き、往々にして米国の利益よりも優先させる二大政党の路線に異を唱えることは、アーティスト、ジャーナリスト、選挙で選ばれた高官、学者、あるいは他の誰にとっても大きな犠牲を払うことになりかねない米国の状況において、このアーティストの声明は勇気を超えるものだ。イスラエルの植民地的入植と「醜い占領」を非難し、この地域の「公正で永続的な平和への希望」(強調)を表明し、ボイコットの論理を不正義を終わらせる効果的で完全に正当な手段として支持する、この声明は先例となるものだ。

ボイコット反対派が、アートやアカデミー、あるいはいかなる職業も、抑圧という極めて現実的な政治体制に関与している証拠があるにもかかわらず、「政治を超越している」という理由でボイコットの対象から除外されるべきだという主張に対して、パレスチナの正義のための建築家とプランナー(APJP)を設立したイスラエルのイギリス人建築家、エイブ・ヘイエムは、建築を共犯の例として挙げている。これは、ジュネーブ条約に反して、土地や家を強制的に奪い、差別し、取得することを含むので、戦争犯罪への参加に分類することができる。

国家の政策と目的に従いながら、自分たちの役割が政治的なものであることを否定するイスラエルの建築家について、何と言うことができるだろうか。土地の強奪、家屋の取り壊し、立ち退きなど、国際法上の違法性や人権侵害のあらゆる証拠があるにもかかわらず、イスラエルの建築家やプランナーは活動を続けている。彼らは知らないと主張することはできない。77

制裁、権利放棄、経済的影響

まだ歴史の浅いBDS運動の華々しく具体的な成果をすべて「大部分が象徴的なもの」だと切り捨てるBDS反対派は、欧米では少なくとも一部のパレスチナ人の権利を支持していると広く見られている人々も含め、アパルトヘイトの南アフリカに対して行われたボイコットとは異なり、イスラエルに対するボイコットは非現実的で非現実的だと主張してきた。南アフリカにおけるアパルトヘイト支配に反対する闘いの指導者であり、現在イスラエルに対するパレスチナのBDS運動を支持している既成のアナリストたちは、このような経済的実現不可能性という同じ欠陥のある、しばしば軽率な議論が、彼らの闘いに対しても、表向きはアパルトヘイトに反対しているが、ボイコットやダイベストメントよりも「よりソフトな」戦術を好むリベラル派によって、しばしば使われたことを思い出す。元閣僚でANCの指導者であったロニー・カスリルスは、たまたまユダヤ人であったが、そのようなソフトな戦術を拒否し、『ガーディアン』紙に次のように書いている:1958年にアルバート・ルスリ酋長が国際社会に対してアパルトヘイト下の南アフリカへのボイコットを支持するよう呼びかけたとき、その反応は広範で献身的な運動となり、アパルトヘイトの終結に重要な役割を果たした。スポーツのボイコット、劇作家や芸術家たちの誓約、労働者たちによる南ア製品の地元市場への流入を阻止する行動、アパルトヘイト政権への支援を撤回するよう国家に圧力をかけ続ける中、学者の役割も前面に出てきた。. .

それから約40年後、ボイコット、ダイベストメント、制裁のキャンペーンは、南アフリカで、今度はイスラエルのアパルトヘイトに対して、再び地歩を固めつつある78。

ダーバンを拠点とする経済学者パトリック・ボンドは、2010年9月26日にラマラで行われた講演で、イスラエルの経済的「無敵性」がBDS戦術の究極的な無益性につながるという不誠実な議論に引っかからないよう、パレスチナの聴衆に注意を促した。一見、征服不可能と思われた経済大国は、多くの人が想像していたよりもはるかに早く没落してきたと彼は主張した。南アフリカも例外ではなかった79。

BDSがイスラエルに多大な経済的影響を及ぼすと期待するのはまだ時期尚早であるが、実際のところ、この運動は、イスラエルの横暴と国際法無視の代償を引き上げる大きな可能性を秘めた道筋を示し、世界中の活動家に力を与え始めている。

世界中の労働組合、特にイギリス、アイルランド、南アフリカでは、イスラエルの不処罰をなくすためにボイコットを支持した。例えば、650万人以上の労働者を代表する英国労働組合会議は2010年9月、全会一致で動議を可決し、公共部門労組のユニゾンと消防組合、パレスチナ連帯キャンペーン(英国)の支持を得た。80 南アフリカ自治体労働組合(SAMWU)は、南アフリカの全自治体からイスラエル製品を排除し、「アパルトヘイト・イスラエル・フリーゾーン」81とするキャンペーンを開始した。

スウェーデン、インド、トルコ、南アフリカ、アメリカの港湾労組は、イスラエルの血なまぐさい船団攻撃に抗議するため、イスラエル船舶の荷役ボイコットを求めるパレスチナの全労働組合とBDS全国委員会(BNC)の統一アピールに、程度の差こそあれ従った82。

早くも2009年4月には 2008~9年の冬にイスラエルがガザで大虐殺を行った余波を受けて、イスラエル製造業者協会が「質問を受けた90の地元輸出業者のうち21%がボイコットによる需要の落ち込みを感じており、そのほとんどが英国とスカンジナビア諸国からのものだった」と報告している83。

若く、創造的で、よく練られ、実行された多くのBDSキャンペーンは、イスラエル経済に直接的な影響を与えるまでには至っていないものの、近い将来かなり有望である。アメリカ全土、特にキャンパスでは、あるキャンペーンの成功や教訓が別のキャンペーンに反映され、ダイベストメントやボイコットキャンペーンが拡大している。2009年、ハンプシャー・カレッジで大学生によるBDS全国会議が開催された84。同校のBDS活動家たちが、イスラエル占領から利益を得ている企業からのダイベストメントを同校に迫ることに成功した数カ月後のことである85。この経験とベストプラクティスの共有は、間違いなく現在米国におけるBDS運動の最も重要な構成要素である、キャンパスを拠点とするグループにとって貴重なものであった。

Adalah-NY: The New York Campaign for the Boycott of Israelは、ニューヨークの環境に最適なBDS戦術をいち早く考案した。パロディ、音楽、ストリートダンスから、綿密に調査された説得力のあるプレスリリースまで、彼らは数々の成功を収め、いくつかの州や多くの国で多くの新しいキャンペーンを鼓舞してきた86。

違法植民地で製造しているイスラエルの化粧品会社AHAVAに対して、コードピンクが主導したキャンペーン「Stolen Beauty」(盗まれた美)の見事なネーミングによるメディアの勝利は、特にフランス、オランダ、イギリスなど、大西洋を横断するBDSキャンペーンに明確な刺激を与えた87。

カリフォルニア州では、BDS活動家とパートナーが、これまでで最も野心的なBDSキャンペーンを開始した。成功すれば、この法案は2011年3月以降に行われる州全体の投票に登場し、有権者の過半数で承認されれば、カリフォルニア州の法律となる。つまり、公務員退職金制度(CalPERS)と州教職員退職金制度(CalSTRS)の2つの公的退職金制度は、「分離の壁」の建設や入植地を含むがこれに限定されない、人権侵害や国際法違反に使用されている設備やサービスをイスラエルに提供している企業との間で、ダイベストメント(事業売却)プロセスを行うことを求められることになる88。

米国を拠点とするもうひとつの野心的なイスラエルからの撤退キャンペーンは、JVP89が複数のパートナーとともに開始したもので、イスラエルによる占領を終わらせるための米国キャンペーンによって承認されている。TIAA-CREFキャンペーンは、イスラエルの占領と国際法違反に関与している企業から投資売却するよう、大規模な年金基金運用会社を説得することを目的としている90。BDS運動のパレスチナ人指導者であるBNCは、TIAA-CREFキャンペーンを温かく歓迎し、支持している91。

おそらく今日までで最も経済的に重要な国際的BDSキャンペーンは、ヴェオリアとアルストムというフランスの2つの複合企業に対して行われたもので、いわゆるエルサレム・ライトレールへの関与によるものである。2008年11月にバスク(スペイン)のビルバオで、このプロジェクトをターゲットにした特別なBDSキャンペーン(Derail Veolia/Alstomと名付けられた)が開始されて以来、特にヴェオリアは、いくつかの国で同社に対する集中的なキャンペーンが行われたことが主な原因で、数十億ドル相当の契約を失っている92。

アイルランドのパレスチナ連帯キャンペーンが主導するいくつかのキャンペーンは、現在、イスラエルの「血のダイヤモンド」を標的にしたものである。イスラエルは今日、研磨済みダイヤモンドの輸出で世界をリードしており、その収益は2008年には約200億ドルに達している93。

米国やカナダなどの先進的なレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー(LGBT)グループ95も、欧米のLGBTコミュニティにおけるイスラエルのアパルトヘイト支持に異議を唱え、世界的なBDS運動の仲間入りを果たした。これは、2010年6月27日に発足した「BDSのためのパレスチナ人クィアーズ」によって後押しされた。私たちパレスチナのクィア活動家は、世界中のLGBTQIコミュニティに対し 2005年のパレスチナの市民社会によるBDSの呼びかけに沿い、イスラエルがパレスチナ人に対する多層的な抑圧を終わらせるまで、イスラエルに対する広範なボイコット、ダイベストメント、制裁(BDS)を採択し、実施することを通じて、パレスチナの正義のために立ち上がるよう呼びかける」96。

パレスチナのクィア・グループの呼びかけに続き、イスラエルのLGBTもBDSを支持する呼びかけを発表した97。さらに、LGBTグループによるいくつかのキャンペーンは、イスラエルの犯罪を、性の多様性とゲイの権利に寛容な国家として描く「ピンク・ウォッシング」に反対している98。

イスラエルによるガザ侵攻戦争以来、イスラエルに対する国家レベルの制裁も増加している。ベネズエラとボリビアはイスラエルとの国交を断絶した99。チリの議会は2010年9月、植民地入植地に由来するイスラエル製品をボイコットすることを賛成多数で決議した100。オランダでさえ2010年9月、長年イスラエルに偏った外交政策をとってきたにもかかわらず、植民地入植地の代表者が含まれていたことを理由に、イスラエルの市長たちによる国内視察を中止した101。オランダの年金基金PFZW(Pensioenfonds Zorg en Welzijn)は、総額970億ユーロの投資を行っているが、ポートフォリオに含まれるほぼすべてのイスラエル企業から資産売却を行った102。スペイン政府は2009年9月、持続可能な建築を推進する国際大学コンペティションに参加するイスラエルの学術チームを排除した。パレスチナ、イスラエル、スペイン、イギリスの市民団体による集中的なロビー活動の末に下されたこの決定を説明する公式声明は、こう断言している: 「この決定は、大学がヨルダン川西岸(占領地)にあるという事実に基づいてスペイン政府が下したものである。スペイン政府は、この地理的地域に関する欧州連合と国連の枠組みにおける国際合意を尊重する義務がある」103。

EU法の解釈を委任された最高法規機関である欧州連合司法裁判所は、占領下のパレスチナ地域に建設されたコロニーを原産地とするイスラエル製品は「ECイスラエル協定に基づく特恵関税待遇を受ける資格はない」とする、イスラエル経済に重大な影響を与えかねないブレイクスルー判決を下した104。

2009年9月、ノルウェーは、イスラエルの国際法違反に加担しているとして、世界第3位の政府年金基金がイスラエルの大手軍事メーカー、エルビット・システムズの株式を売却すると発表した。その1年後の2010年9月、ノルウェー外務省(UD)もまた、イスラエルのために建造されたドイツの潜水艦をノルウェーの港や沿岸水域でテストすることを禁止することを決定した。ノルウェーの外務大臣ヨナス・ガール・ストーレは、「われわれは、安全保障に関わる物資やサービスの輸出について、極めて厳格な制限を設けている……戦争状態にある国や戦争の危険がある国には、物資やサービスを輸出しない」と述べた105。

2010年3月には、スウェーデンの大手投資ファンドが、同じ理由でエルビット・システムズ株を見送ると発表した。同年8月には、ノルウェーの年金基金が、違法な植民地入植地の建設に関与しているとして、アフリカ・イスラエルとその子会社であるダーニャ・シーバスから資金を売却した106。

また2010年には、ドイツ最大の銀行であるドイツ銀行が、エルビット・システムズの株式2%を売却した。ドイツを拠点とする人権団体パックス・クリスティと核戦争防止国際医師会議(IPPNW)は、エルビット社からの売却を行わなかったことを理由に、取締役会の信任決議案に反対票を投じるよう銀行の株主に働きかけていた。これに対し、ドイツ銀行のヨゼフ・アッカーマン会長は、「ドイツ銀行はエルビットから手を引く」と述べた。アッカーマンは、国連グローバル・コンパクトのような自主的な行動規範に対する銀行のコミットメントに基づいてこの決定を正当化し、ドイツ銀行がエルビットの株式を保有していたことを否定した。これは、2010年3月31日の時点でドイツ銀行がエルビット・システムズの株式を2%保有しており、同社の第5位の投資家であったことを示すNASDAQが発表した数字と矛盾する107。

2010年1月、デンマーク最大手のダンスク銀行もエルビットとアフリカ・イスラエルから手を引いている。政府によるボイコットは、世界中の非政府組織によるボイコットを後押しする」109。

反植民地イスラエルによるBDS支援

重要なのは、BDSの呼びかけが、「正義と真の平和のために、良心的なイスラエル人にこの呼びかけを支持するように」と呼びかけていることである。それによって、正義と包括的で持続可能な平和を追求するパレスチナ人の自決権、自由、平等を支持する原則的な反植民地主義者であるユダヤ系イスラエル人が、闘いのパートナーであることが確認されている。

イラン・パッペ、故ターニャ・ラインハート、レイチェル・ジョラ、ハイム・ブレシース、モシェ・マチョーバー、オーレン・ベンドール、アナト・マタル、マイケル・ワルシャウスキー、コビ・スニッツ、シール・ヘヴァー、ダリット・バウム、ヤエル・レラー、ジョナタン・スタンチャクなど、パレスチナの権利を全面的に主張するイスラエルの反植民地主義者たちは、パレスチナの権利を求める闘いの真のパートナーである。彼らの多くは、パレスチナの権利に対する明確なコミットメントとは別に、まず植民地的地位を捨て、パレスチナの権利、中でも自決権を認めない限り、イスラエル人が普通の生活を送ることはあり得ないと認識している。

2009年以来、Boycott!Supporting the Palestinian BDS Call from Within(略称Boycott from Within)110は、イスラエルで拡大しつつある運動であり、パレスチナBDSの呼びかけを全面的に採用し、その原則を遵守し、占領とアパルトヘイトに反対する真のイスラエルの道を示してきた。ボイコット・フロム・ウィズインが掲げている称賛に値する原則のひとつは、進歩的なイスラエル人は、ラマラやベツレヘム、ジェニンのパレスチナ人とフムスを食べたり、「共存」のジェスチャーを共有したりすることではなく、植民地的抑圧者である自分たちのコミュニティ内で活動し、イスラエルの抑圧システムを終わらせるための教育や支持の動員を行い、パレスチナ人主導の世界的なBDSキャンペーンを支援することに、最もエネルギーを注ぐべきだというものだ。

BDSの呼びかけに賛同したイスラエルのグループには、オルタナティブ・インフォメーション・センター(AIC)111、家屋取り壊し反対イスラエル委員会(ICAHD)112、占領から利益を得るのは誰か?(平和を求める女性の連合プロジェクト)113などがある。これらの団体はいずれも、BDS運動に政治的、道徳的、そしてしばしば後方支援や情報支援を提供する上で重要な役割を果たしている。例えば、Who Profits?(誰が利益を得るのか?)は、占領に関与するイスラエル企業や国際企業の最新データベースを保持している。このリストはwww.whoprofits.org、非常に有用であり、活動家だけでなく、年金基金、銀行、国際機関の株主も、BDSの対象を選定し、それらに反対する事例を構築するために、しばしば参考にしている。

パレスチナ人が主導し、パレスチナ人主導の世界的な対イスラエルBDSキャンペーンが、特に包囲されたガザ地区でのイスラエルの大虐殺以降、目を見張るような成長を遂げたことで、いわゆるシオニスト左派の一部も、(パレスチナ人の願望と国際連帯のゲートキーパーとしての自任と結びついた)BDS運動に対する長年の戦いを放棄し、より賢明な立場を採用するようになった。BDSが欧米の主流派に参入した後、これらの人物の一部は、脚光を浴びるためには、BDSに媚び、名目上でもBDSを採用する必要があることに気づいた。彼らの新しいモットーは、「叩けないなら乗っ取ろう!」ということのようだ。

シオニスト「左派」のメンバーは、BDS運動の真の目的に焦点を当てるのではなく、先住民であるパレスチナ人の3つのセグメントすべてに対するイスラエルの抑圧を終わらせることで、パレスチナ人の権利を実現することに焦点を当てる。彼らは、「イスラエルではなく、占領をボイコットせよ」とか、「イスラエルの政策に反対するのであって、イスラエルに反対するのではない」というスローガンを掲げる。あたかも、「南アフリカに反対」することなく南アフリカのアパルトヘイトに反対できたかのように、あるいは、サウジアラビアに反対することなくサウジアラビアの女性抑圧に反対するキャンペーンに参加できたかのように!イスラエルとその例外性、人種差別国家として存在する排他的で疑う余地のない「権利」を守ることに関してだけ、私たちはこのような我慢のならないナンセンスを読むのである。その代わりに、BDSはイスラエルを国際法とパレスチナ人の権利を侵害する植民地国家として標的にしているが、イスラエル人そのものを標的にしているわけではない、という主張であれば理解できただろう。

BDS運動はイデオロギーや中央集権的な政党ではないが、BNCというパレスチナ人指導者が存在し、国際法や人権の普遍的原則を支持するという文脈でパレスチナの権利を包括的かつ一貫して扱う、よく練られた明確な目標を掲げている。BDSの呼びかけの核心は、それが促す多様なボイコット行為ではなく、パレスチナ人の主要なセグメントに対応する3つの基本的権利に取り組む、この権利ベースのアプローチである。イスラエルの占領を終わらせること、アパルトヘイトを終わらせること、そして難民の帰還の権利を否定することを終わらせることは、正義と自決への不可侵の権利を実現するための最低限の要件である。BDSを支持することは、公正な平和の基礎としてこれらの不可逆的権利を受け入れることを意味する。

さらにBDSは、反ユダヤ主義を含むあらゆる形態の人種差別と人種差別的イデオロギーに断固として反対する。民族、宗教、ジェンダー、セクシュアリティ、その他あらゆる人間的アイデンティティの属性の違いに基づいて、ある者が他の者よりも人間的であるとか、権利に値すると考える者は、普遍的な権利を求めるこの一貫した反人種主義的闘争に参加することはできない114。

現実的なレベルでは、呼びかけの原則が受け入れられた後、活動家や連帯グループは独自のBDS目標を設定し、政治的・経済的環境に最も適した戦術を選択する。文脈に配慮することは、BDSキャンペーンを計画し、成功させるための最優先の原則である。

BDSは、入植者植民地主義に対する1世紀にわたる市民的抵抗に根ざし、南アフリカの反アパルトヘイト闘争と米国の公民権運動に触発され、世界的な連帯運動に支えられた、パレスチナ独自の闘争形態として、効果的で柔軟性があり、すべての人間が平等な権利を得るための還元しがたい権利にコミットするすべての人々を歓迎するのに十分な包括性を持っている。

結論

世界中の多くの人々は、イスラエルの多層的な抑圧システムに対して声を上げる勇気、道徳的一貫性、あるいはその両方をまだ欠いている。イスラエル・ロビーの力が徐々に弱まっていることを示す説得力のある分析があるにもかかわらず115、イスラエル・ロビーはいまだに、その武器庫で、人格暗殺を行い、反体制派(米国議会やその他の議会の議員、芸術家、学者、労働組合員など)のキャリアを終わらせ、国際法と基本的人権をますます擁護できないほど蹂躙するイスラエルに関する真剣な議論を封じることを可能にする、議論の余地のない武器を手にしている。残念なことに、多くの人々はこのような問題を避けるために、沈黙を選ぶか、一線を退くかのどちらかを選んでいる。

エドワード・サイードが雄弁にこう書いている。

「私の考えでは、回避を誘導する知識人の心の習慣ほど非難されるべきものはない。正しい立場であるとわかっていながら、困難で原則的な立場から目を背け、それを取らないと決めてしまう。政治的だと思われたくない、論争の的になると思われるのが怖い、上司や権威者の承認が必要だ、バランスが取れていて客観的で穏健だという評判を保ちたい、また相談にのってほしい、役員会や権威ある委員会に入りたい、そうして責任ある主流派にとどまりたい、いつかは名誉学位や大きな賞、おそらくは大使になりたいと願っている。

知識人にとって、このような心の習慣は腐敗の最たるものだ。情熱的な知的生活を変性させ、無力化させ、最後には殺してしまうものがあるとすれば、それはこのような習慣の内面化である。個人的には、現代のあらゆる問題の中でも最も困難なもののひとつであるパレスチナ問題で、このような習慣に遭遇したことがある。パレスチナの権利と自決を支持する率直な支持者は、罵倒と中傷にさらされるにもかかわらず、真実は、恐れを知らない人道的知識人によって代表され、語られるに値するのである116。

サイードの印象的な言葉に耳を傾けながら、本書は権力に真実を語り、他の人々に権力に真実を語るよう促し、謙虚な分析的、概念的、情報的貢献をしようとする試みである。

1.なぜ今なのか?

イスラエルの不処罰に終止符を打ち、パレスチナ人の権利を実現することを目的とした、今日までで最も効果的な取り組み、すなわち世界的なBDS運動に対してである。何よりもまず、大量殺戮を回避するためである。また、道徳的な議論に気づかず、現実的な政治的アプローチを支持する人々にとっては、アラブ/中東地域全体の地政学的システムの崩壊を回避するためでもある。血みどろの大混乱を防ぐだけでなく、ボイコット、ダイベストメント、制裁(BDS)2に対するパレスチナ市民社会の呼びかけは、自由、正義、自決、平等、持続可能な平和の追求において、イスラエルに国際法と人権の普遍的原則に対する説明責任を果たさせることを目的としている。

BDSが急務であるのは、パレスチナの人々が直面している悪夢のような状況のためであり、また、国連と米国を筆頭とする世界の支配的国家が、イスラエルに国際法の下での義務に対する説明責任を果たさせないばかりか、免責を与え、実質的にイスラエルを国家法より上位の国家に変えてしまったからである。本章では、イスラエルのパレスチナ人に対する最も深刻な犯罪に焦点を当て、なぜBDSがそれらに対する効果的かつ潜在的に決定的な対応策となりうるのかについて述べる。

2007年6月、イスラエルによる占領地ガザ地区への最も厳しい包囲が始まったとき、ハマスが米国・イスラエルの支援を受けたファタハの一派から同地区の「権力」を奪取した直後であったため、イスラエルの明白に違法かつ非道徳的な集団懲罰の背後にある真の動機と政策目的を正確に分析できた人権や国際法の専門家はほとんどいなかった。この包囲が、世界最大の野外監獄と正確に形容されるような、150万人のパレスチナ人に窮屈な思いをさせ、長期にわたる結果をもたらすことを予見できる洞察力を持った者は、さらに少なかった。国際法の第一人者であり、現在国連パレスチナ占領地人権特別報告者であるリチャード・フォークは、そうした数少ない人物の中でも際立っていた。2007年、彼はこう書いている。パレスチナ人の扱いを、(犯罪化された)ナチスの集団残虐行為の記録と結びつけるのは、無責任な誇張だろうか?私はそうは思わない。ガザにおける最近の動きは、イスラエルとその同盟国が、人間の共同体全体を、生命を危険にさらすような残酷極まりない状況に陥れようとする意図的な意図を、あまりにも鮮明に表現しているからである。このような行動パターンがホロコーストを引き起こそうとしているという指摘は、世界各国政府と国際世論に対して、現在の大量虐殺的傾向が集団的悲劇に結実するのを防ぐために緊急に行動するよう、かなり切実に訴えているのである。最近、国連安全保障理事会が「人道的介入」の根拠として採択した「保護する責任」の理念が適用できるとすれば、それはガザの人々をさらなる苦痛から守るために今すぐ行動することだろう3。

フォークは、イスラエルの密閉された包囲網とその残酷さを診断しただけでなく、封鎖とそれを悪化させた2008年12月から2009年1月にかけてのイスラエルによる侵略戦争の結果として起こった緩慢な大量虐殺を実際に予測していたのだ。イスラエルがガザで犯した犯罪の規模を示す洞察に満ちた指標は、南アフリカ出身の著名な判事リチャード・ゴールドストーンが率いる国連ガザ紛争調査団が発表した報告書で明らかになった。ゴールドストーン報告書は、その忌まわしい調査結果の中で次のように述べている。調査団が収集した証拠から明らかなように、食糧供給施設、水衛生システム、コンクリート工場、住居の破壊は、イスラエル軍による意図的かつ組織的な政策の結果であった。破壊が行われたのは、それらの対象が軍事的脅威や機会をもたらしたからではなく、民間人の日々の生活プロセスや尊厳ある生活をより困難にするためであった。

1689. ガザ地区の経済力の組織的破壊と並んで、人々の尊厳に対する攻撃もあったようだ。それは、人間の盾の使用や、時には受け入れがたい状況での不法な拘束だけでなく、占拠された家屋の破壊行為や、家屋に立ち入った際の人々の扱い方にも見られた。壁の落書き、卑猥な言葉、しばしば人種差別的なスローガンはすべて、パレスチナ住民に対する屈辱と非人間性の全体的なイメージを構成していた。

1690. 作戦はすべての段階において慎重に計画された。計画段階を通じて、また作戦中の一定の作戦レベルにおいて、法的な意見と助言が与えられた。

イスラエル政府によれば、ミスはほとんどなかった。このような状況から、ミッションは 2008年末から2009年初めにかけてのわずか3週間余りの間に起きたことは、民間人を罰し、屈辱を与え、恐怖に陥れ、その地域の経済力を根本的に低下させ、自給自足する能力を失わせ、依存と脆弱性の感覚をますます強めさせることを目的とした、意図的な不均衡攻撃であったと結論づける4(強調部分追加)。

国連報告書は、米国、欧州連合(EU)、イスラエルからの偽善的な反対にもかかわらず、国連人権理事会で賛成多数で採択されたが、イスラエルとガザの未承認ハマス政府に対して、「独立した国際基準に準拠した適切な調査を開始する」よう求めている。そのうえで、イスラエルにそのような能力があるとは思えないし、ましてやそのような意志があるとは思えないと述べている。当ミッションは、正義と法の支配の尊重が平和の不可欠な基盤であると確信している。長期化する不処罰の状況は、OPTに正義の危機をもたらし、行動を正当化するものである。

1756. 人権および人道法に対する重大な違反、とりわけ戦争犯罪や人道に対する罪の疑いのある行為に関するイスラエルの捜査・訴追制度を検証した結果、ミッションは、この制度が国際基準と矛盾しているという構造的な重大欠陥を発見した。軍による「作戦報告会」が制度の中核をなしているため、効果的かつ公平な調査メカニズムが存在せず、このような違反の疑いのある行為の被害者は、効果的かつ迅速な救済を奪われている。さらに、このような調査はイスラエル軍当局の内部で行われるため、独立性と公平性に関する国際基準を満たしていない5。

イスラエルを国際刑事裁判所に付託して責任を問う必要性は、以上のことから導き出される唯一の論理的結論である。このことは、イスラエルによるガザへの戦争と包囲の、他の、より致命的で、長期的で、大量殺戮的な側面が明らかになれば、より自明となる。

イスラエルがガザの水と衛生施設を組織的に標的にしたことで、すでに「深刻で長期化した人間の尊厳の否定」がさらに深刻化し、国連パレスチナ占領地常駐・人道調整官のマクスウェル・ゲイラードは、「ガザの(パレスチナ人の)生活水準の急落を引き起こし、生計の浸食、基本的インフラの破壊と劣化、保健、水、衛生における重要なサービスの提供と質の著しい低下を特徴としている」と書いている6。

アムネスティ・インターナショナルが2009年に発表した報告書は、イスラエルの意図的かつ長期的な政策によって、パレスチナ人が水資源を公平に利用できないようにしていることを明らかにした。「報告書は、国連環境計画(UNEP)の先行研究を引用し、ガザの水資源が広範囲に汚染されていることと、地下水の硝酸塩濃度が「WHOのガイドラインをはるかに超えて」上昇し、幼児や新生児にメトヘモグロビン血症(ブルーベイビー現象)と呼ばれる致死的な血液障害を引き起こしていることを関連付けている。ガザの幼児に見られるこの病気の症状には、「口、手、足のまわりの青さ」、「下痢や嘔吐のエピソード」、「意識の喪失」などがある。硝酸塩汚染のレベルが高くなると、「けいれんや死亡が起こりうる」と報告書は結論付けている8。

イスラエルの攻撃と包囲による汚染は、ガザの水資源にとどまらず、土壌をも危険なまでに汚染した。イタリアを拠点とし、最近開発された兵器が紛争地域の一般住民に与える影響を研究する団体「新兵器委員会」の科学者と医師からなる独立グループは、イスラエルによる「非通常兵器」の使用と、イスラエル軍によって2度にわたって空爆されたガザ地区のパレスチナ人住民への「中期的影響」に関する調査を行った。「2006年と2009年のイスラエル軍によるガザ空爆では、土壌に高濃度の有害金属が残留し、腫瘍や生殖能力の問題、奇形や遺伝的病理など新生児への深刻な影響を引き起こした」9。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、『火の雨:イスラエルによるガザでの違法な白リン使用』と題する報告書の中で、イスラエルが意図的に民間人を標的にし、壊滅的な結果をもたらしていることを確認している。同書は、イスラエル軍が「人口密集地上空で繰り返し白リン弾を炸裂させ、民間人を殺傷し、学校、市場、人道支援倉庫、病院などの民間建造物を損壊させた」と述べ、この殺傷能力の高い兵器の反復的かつ無差別的な使用は「戦争犯罪の遂行を示している」と付け加えている10。

イスラエルによるガザ攻撃の影響に関する国際人権団体や国連機関によるこのような調査結果を裏付けるように 2009年12月20日、ガザの人権を守るアル・ダメール協会は、イスラエルによるガザ攻撃を通じて、禁止されている放射性物質や有毒物質が広範囲に使用されたことによって引き起こされた健康と環境の問題に関するポジションペーパーを発表した。イスラエルの意図的な弾薬の選択と、人口密度の高い民間人居住区や学校、さらには国連避難所まで無差別に繰り返し標的にしていることが、多くの重大で「長期にわたる」、そして「悲劇的な」影響を及ぼしているとしている、 特に、ジャバリヤ、ビエット・ラヒア、ビエット・ハヌーンでは、イスラエル軍の攻撃が最も激しかった。 ” 報告書は、放射性物質と有毒な兵器が引き起こしている「男性の生殖能力への影響」に注目し、ガザの人々の健康状態のこのような幅広い悪化が「将来の世代を苦しめる」と警告し、「包囲を解除するようイスラエルに圧力をかける」ことに向けた「深刻な対策」を求めている11。

イスラエル社会を覆い尽くし、その主流の言説と「パレスチナ問題」に対する「常識的」なアプローチを形成してきた、免罪の文化、人種差別主義、虐殺傾向の産物である。例えば、イスラエルの攻撃が終わって数週間後、ガザでの虐殺に参加したイスラエル軍兵士の証言が発表された。彼らが語る事件は氷山の一角に過ぎないが、これらの証言は、パレスチナ人に対するイスラエルの一般的な考え方や、「彼らとどう付き合うのが最善か」についての貴重な洞察を与えてくれる。この証言の重要性は、イスラエル軍が男女を問わず兵役義務に基づく「人民の軍隊」であり続け、その結果、軍隊は長い間、この国随一の人種のるつぼであり、イスラエル社会の幅広いスペクトルを正確に表しているとみなされてきたという事実によって強調される。

ある兵士は、住宅や民間人居住区にいる民間人を無差別に射殺する命令について、次のように語っている。

また、よく報道されるようになった、高齢のパレスチナ人女性を意図的に射殺した事件がどのように起こったかを語る者もいる:

「ある中隊長が、誰かがどこかの道を歩いてくるのを見た。彼女はかなり遠くを歩いていたが、十分近くだったので、(彼女を)射殺することができた……。彼女が怪しいのか、怪しくないのかはわからない。結局、彼は屋上に人を送り込み、武器で彼女を連れ出した。この話の描写から、私は単純に冷酷な殺人だと感じた」脅威を与えない年配の女性だと認識していたにもかかわらず、なぜ彼女を撃ったのかと尋ねると、兵士はこう答えた: 「それがガザのいいところだ: 道を歩いている人を見かける。武器を持つ必要もなく、何かで識別する必要もなく、ただ撃てばいいんだ」

ある陸軍精鋭旅団の誠実な兵士は、母親とその子供2人に故意に発砲し、3人全員を殺害した仲間の狙撃兵が、なぜ 「あまり悪い」と感じなかったのかを説明する。結局のところ、彼に関する限り、彼は与えられた命令に従って自分の仕事をしたのだ。そして、一般的な雰囲気は、私が話した部下の多くから理解したところでは……。どう表現していいかわからない。. . . パレスチナ人の命は、言ってみれば、わが軍の兵士の命よりもとてもとても重要なものではないのだ」12。

著名なイスラエル人ジャーナリスト、ギデオン・レヴィは、兵士たちの間で起きているこの現象を、過去9年間に何千人ものパレスチナ人、それも「1000人近くの子どもやティーンエイジャー」を殺害してきた「自然な集大成」だと文脈づけている。兵士たちがガザから語ったこと、そのすべてが、この血にまみれた数年間に、あたかも日常的な出来事のように起こった。異なるのはその背景であって、原則ではない。この36年間、装甲部隊はまだ敵の戦車に遭遇したことがなく、パイロットはまだ敵の戦闘機に遭遇したことがない軍隊は、戦車の唯一の機能は民間人の車を粉砕することであり、パイロットの仕事は住宅街を爆撃することだと考えるように訓練されてきた。

余計なモラルを気にすることなくこれを実行するために、私たちは兵士たちにパレスチナ人の生命や財産には何の価値もないと考えるよう訓練してきた。これは、占領の果実として何十年も続いてきた非人間化のプロセスの一部である13。

イスラエルによるガザ侵攻戦争中、シオニスト原理主義者のラビたちは、ガザにいるパレスチナ人に「慈悲を示さない」よう兵士に促すという前代未聞の役割を果たした。これは、一般的ではあるが狂信的なユダヤ教法の解釈を引き合いに出し、イスラエルの戦争が定義上すべてそうであるように、「復讐」や必要に迫られた戦争において、「イスラエルの地」にいる異邦人に対する大量虐殺を正当化するものであるとしている14。イスラエルの学者であり人権擁護者であった故イスラエル・シャハク15は、ユダヤ教原理主義があたかもイスラム教、キリスト教、ヒンズー教、その他の原理主義よりも良性であり、容認されるべきものであるかのように、不可解な感受性に基づいて、ほとんどの分析者が意図的に見過ごしてきたこの重大な側面を、いち早く明らかにした。

ハラハ(ユダヤ教の掟)の原理主義的解釈は、「復讐戦争」あるいは 「必要な戦争」と呼ばれるものにおいて、虐殺、16 さらには大量殺戮(子どもを含む 「非ユダヤ人」の民間人の大量殺戮)を公然と正当化していることに注目することは極めて重要である。原理主義的な教えにおける必要な戦争とは、「敵」の全住民に対して、誰一人惜しむことなく行われるものである。唯一の制限は、報復としてユダヤ人社会をさらに傷つけるような行為をすることである。だから、たとえば1万人の異邦人を虐殺すれば、イスラエルに「利益」を上回る損害が生じるのであれば、それは避けるべきである。このような狂信的な宗教的教えは、イスラエル内外の宗教的シオニスト・コミュニティの間で支配的となり、さまざまな形でイスラエルの一般市民の考え方にまで浸透している。

そしてもちろん、これまでのすべての戦争は、伝統的な「平和運動」のメンバーを含むイスラエルのユダヤ人の絶対多数によって、「必要な戦争」として認識されてきた。このパターンが崩れたのは 2006年のレバノン戦争でイスラエル軍の損害が、ユダヤ原理主義者の計算では、レバノン市民を虐殺し、民間インフラを破壊する「利益」をはるかに上回ったからである。そのとき初めて、戦争に対する実質的な反発が起こったのだ。

しかし、ガザは違った。パレスチナの武装抵抗勢力は、特に包囲されている状況を考えれば、米国の最新軍事技術や外交的、財政的、政治的支援で武装した、はるかに優勢なイスラエル軍に対して、ほとんど戦いを挑むことができなかった。両軍の死者数のバランスが極めて不均衡であったため、イスラエルではこの戦争に対する国民の圧倒的な支持が得られた。多くの自称リベラル派は、左翼でさえも、生中継されるテレビ中継で大虐殺を行う自軍を応援した。これはイスラエル社会のほとんどすべての分野で当てはまったが、人種差別的狂信の表現として目立ったのは、人気のある軍のTシャツだった。

イスラエル軍の大隊や中隊はしばしば、最もとんでもなく人種差別的なシャツをデザインして、他の大隊の前で見せびらかすことを競っている。イスラエルの日刊紙『Haaretz』は、こうしたTシャツの例と写真をいくつか掲載している17。歩兵狙撃兵用のあるTシャツには、「死んだパレスチナの赤ちゃんと、そのそばで泣いている母親とテディベアの絵の横に、『デュレックスを使ったほうがいい』と書かれている18」ジヴァティ旅団のシェイク大隊の別の狙撃兵のシャツには、「妊娠中のパレスチナ人女性が描かれており、その腹には雄牛の目が重なっている。”

いくつかの版画は、廃墟、破壊されたモスク、吹き飛ばされたモスクを描いており、1930年代のヨーロッパの反ユダヤ漫画を彷彿とさせるような、イスラム嫌悪の傾向が深く根付いていることを明らかにしている。別のデザインでは、兵士がパレスチナの少女をレイプしており、その下には 「No virgins, no terror attacks」と書かれている。

イスラエルの社会学者オルナ・サッソン=レヴィは、この現象は「国全体が受けている過激化プロセスの一部であり、兵士はその最前線にいる」と述べた。「パレスチナ人は人間ではなく、基本的な権利を与えられた人間であり、それゆえ何をしても許されるという認識がある」19。

イスラエルは単に占領によって「道徳的に堕落」したのだろうか?

シオニスト「左派」のイスラエル人アナリストが、イスラエル人の間で支配的な人種差別や大量虐殺の傾向を、比較的新しい現象、リベラリズムや啓蒙主義の古き良き時代からの逸脱、あるいは道徳崩壊の兆候として説明しようとすることは珍しくない。このような説明には共通点がある。右派の人々が示す選択的健忘症と同じ症状を裏切っているのだ。

彼らは、イスラエルの建国そのものが、大規模な民族浄化、虐殺、レイプ、何百もの村落の無謀な破壊、そして、土地を奪われ追放された土着のパレスチナ人と、明確なアイデンティティを持つ民族としての存在を消滅させようとするあらゆる試みにもかかわらず残った人々に対する、最も基本的な権利の全面的な拒否の結果であったという事実を無視している。ナクバの間、シオニストの民兵と後のイスラエル軍による先住民パレスチナ人に対する大規模な民族浄化作戦は、イスラエルの歴史家イラン・パッペなどが明らかにしているように20、ダヴィド・ベン・グリオンをはじめとするシオニストの指導者たちによって何年も前から綿密に計画され、組織的に、残忍に、何のためらいもなく実行された。その結果、80万人以上のパレスチナ人が土地を奪われ、根絶やしにされ、500以上のパレスチナ人の村が、難民の帰還を防ぐために計画的に破壊された。

今日、難民と国内避難民(IDP)がパレスチナ人口の3分の2を占めている。ベツレヘムに本部を置く代表的な難民権利擁護団体バディル・リソース・センターの調査によると、「2008年末までに、全世界のパレスチナ人人口(1,060万人)の少なくとも67%(710万人)が強制避難民となった。その中には、少なくとも660万人のパレスチナ難民と45万5千人の国内避難民(IDP)が含まれている」21。

シオニストのイデオロギーと数十年にわたる欺瞞的な洗脳の影響により、シオニストの「左派陣営」の人々を含め、今日のイスラエル人の大多数は、自分たち植民地入植者が常に原住民を相対的な人間22とみなしており、それゆえ「完全な」人間だけが主張できる平等な権利を得る権利がないことを認識することになると、都合のよい忘却にふける。メロン・ベンベニスティ元エルサレム副市長は2003年、この「対立」の本質について次のように語っている。この2年間で、私たちは移民の社会と先住民の社会との対立を扱っているという結論に達した。もしそうなら、私たちはまったく異なるタイプの対立について話していることになる。もしそうだとすれば、私たちは理性的なレベルから、個人的・集団的存在の根幹に関わる、完全に基本的で原始的なレベルまで降りていくことになる。というのも、ここでの基本的なストーリーは、対立する2つの民族運動の話ではなく、原住民と入植者の話だからだ。海の向こうからやってきた人々が、自分たちの自然の生息地に侵入し、自分たちを奪い取ったと感じている先住民の物語なのだ23。

しかし、人口の80%が難民であるガザにおけるイスラエルの蛮行は、住民の土地を奪うことをはるかに超えている。国際法の専門家たちは、イスラエルによるガザでの犯罪が、国連のジェノサイドの定義にほぼ合致するものであり、明確な意図をもって行われているかどうかを議論してきた。イスラエルによる最近のガザでの犯罪と、現在進行中の中世風の包囲は、ゆっくりとではあるが、正確にジェノサイド行為に分類することができる。ジェノサイドの罪の防止および処罰に関する1948年の国連条約の第2条によれば、ジェノサイドとは、国家的、民族的、人種的または宗教的集団の全部または一部を破壊する意図をもって行われる以下の行為のいずれかと定義されている;

  • (b) 集団構成員の身体または精神に重大な危害を加えること;
  • (c) 集団に、その全部または一部の物理的破壊をもたらすような生活条件を故意に与えること ……24

明らかに、イスラエルによるガザ包囲は、殺害、身体的・精神的な深刻な被害の発生、部分的かつ段階的な物理的破壊をもたらすよう計算された生活条件の付与を目的としており、全面的なジェノサイドではないにせよ、ジェノサイド行為に該当する25。

弁護士たちが議論を続けている間にも、パレスチナ人の「相対的人間」は、緩慢なジェノサイドのように感じられる行為にさらされている。パレスチナ人の赤ん坊の多くは、いまだ醜い姿で生まれ、「青い」姿で生まれ、あるいは発育不全や貧血に見舞われ、ガザ野外収容所での短く苦しい生活を余儀なくされている。パレスチナの土壌と水は、ガザだけでなく、いまだに容赦なく汚染されている。必要な糧食は、150万人のパレスチナ人にいまだ与えられていない。慢性疾患の患者だけでなく、治癒可能なさまざまな病気に苦しむ人々も、主流メディアのレーダーから遠ざかり、ゆっくりとした死を迎えている。パレスチナ人の強制移住はナクバ以来止まっておらず、エルサレムとその周辺、そしてナカブ26 27(ネゲブ)における最新のキャンペーンは、明らかに激化していることを示している。パレスチナ人の民族的、社会的なまとまりと共通のアイデンティティを抹殺するために、何十もの孤立したコミュニティへの分断がエスカレートしている。

要するに、パレスチナ人は待っていられないのだ。イスラエルはもはや、パレスチナの人々に対する占領、植民地化、アパルトヘイトの罪を犯した「だけ」ではない。上記の証拠が示すように、イスラエルは文字通り「パレスチナ問題」を消滅させるための最後の努力に着手している。そしてそれは、まったく平然と行われている。世界はこれを見過ごすことはできない。だからBDSなのだ。だから今なのだ。

実際、イスラエルによるガザでの最新の流血事件と、現在進行中の違法かつ非道徳的なガザ包囲は、イスラエルの政策に反対する世界の世論に真の変革を促した。人口密度の高いパレスチナ人居住区や国連避難所にイスラエルのリン爆弾が降り注ぐという、世界中を震撼させる映像は 2005年にパレスチナ市民社会が呼びかけたような、経済、学術、スポーツ、文化分野におけるボイコットやダイベストメント・イニシアチブを世界中に引き起こした。

最も刺激的で劇的な展開は、南アフリカと西ヨーロッパの国々で起こった。2009年2月、イスラエルのガザ攻撃終了から数週間後、南アフリカ運輸・関連労働組合はダーバンでイスラエル船の荷揚げを拒否し、歴史に名を刻んだ。4月には、スコットランドの労働組合会議が、南アフリカの労働組合連合COSATUとアイルランドの労働組合会議に続いてBDSを採択した。2009年5月、約12万人の英国の学者を代表する大学・カレッジ組合(UCU)は年次大会で、ボイコットを実施するための効果的かつ法的な戦略を議論するため、今年後半に組合間のBDS会議を開催するよう呼びかけた。

リチャード・フォークは 2009年3月23日、国連人権理事会での口頭声明で、BDSの世界的な広がりについて次のように述べた。イスラエルの軍事行動に対する世論の反応は、世界的なボイコット・分離独立キャンペーンの一環として理解できる市民的イニシアティブの高まりという形で、世界的な反応につながった。

2.なぜBDSなのか?

2005年7月に開始されたBDS(ボイコット、ダイベストメント、制裁)の呼びかけは、パレスチナの市民団体、政党、組織の圧倒的多数によって支持された。パレスチナにおけるシオニスト入植者植民地主義1に対する非暴力的な民衆の抵抗の長い伝統に根ざし、南アフリカの反アパルトヘイト闘争に大きく触発されたこの呼びかけは、米国の公民権運動がそうであったように、普遍的人権に根ざした権利ベースのアプローチを採用している。反ユダヤ主義やイスラム恐怖症など、あらゆる形態の人種差別を断固として拒否する。

BDSは、公正な和平の最低条件を構成する3つの基本的なパレスチナの権利を明確に定義し、パレスチナの人々の3つの主要なセグメントすべてに対するイスラエルの対応する不正行為を終わらせることを求める。具体的には、イスラエルによる1967年のガザ、ヨルダン川西岸(東エルサレムを含む)、レバノンやシリアのアラブ領土の軍事占領を終わらせること、パレスチナ市民に対する人種差別制度を終わらせること、国連が承認したパレスチナ難民の権利、特に故郷に戻り賠償金を受け取る権利を執拗に否定することを終わらせることを求めている。

イスラエルをアパルトヘイト国家と呼ぶことは、その差別制度が南アフリカのアパルトヘイトと同じであることを意味するものではない。1973年に採択され、1976年に発効したアパルトヘイトの国連の定義に、イスラエルのパレスチナ人に対する法律や政策がほぼ合致しているというだけのことだ2。

イスラエルとパレスチナの人々の間の和平を促進するための努力は、何十年もの間、決定的に失敗し、イスラエルの植民地的覇権とパレスチナ人の土地収奪をさらに強固なものにしてきた。その主な原因は、イスラエルと歴代のアメリカ政府が、現在の巨大な力の不均衡を利用して、パレスチナ人に正義と人権を欠いた和平を押し付けようと主張していることである。この不公正な「解決策」は、国際法上の基本的権利に対処することを怠り、私たちの自決権を損なうものである。

これと並行して、イスラエルへの無条件の外交的、経済的、学術的、政治的支援に見られる欧米の公式な共謀は、人権侵害におけるイスラエルのすでに比類なき不処罰をさらに助長し、正義と国際法の戒律に基づく平和の追求における効果的で非暴力的な闘争形態として、イスラエルに対するボイコットを支援するよう、世界中の市民社会を駆り立てた。

あまりにも長い間、非暴力は入植者による植民地征服に対するパレスチナ人の抵抗の主軸であったが、パレスチナ人の間では、非暴力という言葉は、イスラエルへの宥和やイスラエルの不当な要求への服従と結びつけられてきた3。第一に、過去に「非暴力」を提唱し、その結果、欧米のメディアから惜しみない注目を浴びた人々の多くは、武力抵抗を断固として中傷し、非難し、非暴力をそれに代わるものとして提示し、パレスチナの最低限の権利のみを主張した。そのため、彼らはパレスチナの草の根や、事実上すべての尊敬される市民社会組織から孤立していた。第二に、パレスチナの非暴力キャンペーンは、政府機関であれ何であれ、欧米の団体によって資金提供されることが多く、その政治的意図は、パレスチナ解放機構(PLO)が公に主張するパレスチナの国家アジェンダとは相反するものであった。非暴力と最小主義的で一見 「輸入された」政治的プログラムとの間のこの凝り固まった関連性によって、非暴力という言葉はほとんどのパレスチナ人の間で疑惑と反感の対象となった。

私はこの一般的な特徴づけには同意しかねる。私は、パレスチナの目標を達成するために、ボイコット、ダイベストメント、制裁といった非暴力的な闘争形態を断固として支持する一方で、パレスチナとイスラエルの植民地紛争の解決策として、自由、正義、包括的平等に基づく単一国家を、別路線ではあるが断固として支持する。私の考えでは、平等な人間性と抑圧からの解放を求める闘いにおいては、手段と目的の間に相関関係があり、前者が後者の結果と持続性に決定的な影響を及ぼすことは議論の余地がない。イスラエルが排他主義的で、民族中心主義的で、入植者植民地的な国家であるならば、その倫理的で、公正で、持続可能な代替案は、世俗的で民主的な国家でなければならず、パレスチナ人(難民も含む)とイスラエル系ユダヤ人の双方に、不正義を終わらせ、市民権と個人的・共同体的権利の明白な平等を提供しなければならない。そのような国家のみが、国連が承認したパレスチナの先住民の自決、本国への帰還、国際法に従った平等という譲れない権利と、イスラエル系ユダヤ人がパレスチナの地で植民地支配者ではなく対等な立場で共存するために獲得し、国際的に認められた権利という、表向きは両立不可能なものを倫理的に調和させることができるのである4。

個々のBDS活動家や支持者は多様な政治的解決策を支持するかもしれないが、BDS運動は特定の政治的方式を採用せず、一国家対二国家の議論から遠ざかり、代わりに普遍的権利と国際法に焦点を当て、それがこの運動を取り巻くパレスチナ人のコンセンサスの強固な基盤を構成している。ちなみに、BNCのほとんどのネットワーク、組合、政党は、BDS運動の領域外では、いまだに2国家解決策を提唱している。

ソビエト連邦の崩壊と第一次パレスチナ・インティファーダ(1987-1991)の早期終結に始まり、マドリード・オスロ「和平プロセス」の開始を経て、10年前まで、パレスチナの問題は、新たな一極世界の権力者たちによって、単なる厄介な要素に追いやられることはないにせよ、徐々に疎外されてきた。エドワード・サイードは「和平プロセス」についてこう考察している。もし本当に和平プロセスであったのなら、なぜパレスチナ人の悲惨な状況や人命の損失は、1993年9月のオスロ合意調印前よりもはるかに悪化しているのだろうか?また、11月5日付のニューヨーク・タイムズ紙が指摘したように、「パレスチナの風景は今、平和的統合を前提としたプロジェクトの廃墟で飾られている」のはなぜなのか。また、イスラエル軍と入植地がいまだに大量に存在するのであれば、平和を語ることに何の意味があるのだろうか?繰り返すが、RISOTによれば、オスロ以前にガザとヨルダン川西岸地区の違法入植地に住んでいたユダヤ人は11万人で、その後その数は19万5000人に増えた。世界は騙されていたのか、それとも「和平」の美辞麗句が本質的には巨大な詐欺だったのか5。

この「新しい世界秩序」の最初の実質的な結果として、1975年の「シオニズムは人種差別である」決議6が、米国の強い圧力の下、国連総会で1991年に撤回され、国際社会におけるシオニストとイスラエルの更生への大きな障害が取り除かれた。これに続いて、PLOがオスロ協定に基づいてイスラエルを正式に承認したことで、イスラエルのイメージは、植民地主義的で本質的に排他的な国家7から、国際社会の普通のメンバー、単に領土紛争に従事している国家へと、さらに変貌を遂げた。イスラエルから見れば、ヨルダン川西岸とガザにおけるイスラエルの植民地的重荷を軽減し、ユダヤ人だけの入植地を建設するためにパレスチナの土地を盗み続けていることを隠蔽するために、パレスチナ自治政府(PA)が設立された後、イスラエルはアフリカ、アジア、ラテンアメリカ、アラブ世界で野心的な広報キャンペーンに乗り出し、外交関係を確立し、成長産業のために新たな市場を開拓した。かつての宿敵たちは突然イスラエルに好意的になり、数十億ドル相当の軍需品やその他の商品をイスラエルから輸入し、アメリカ議会への道がテルアビブを通ると確信して、政治的にもイスラエルを口説き落とした。その結果、イスラエルは、オスロ以前には数十カ国しかなかった国交を、現在では160カ国以上に増やした。

一方 2000年にジョージ・W・ブッシュがアメリカ大統領に選出され、新保守主義者(かつてイスラエルの極右指導者ベンヤミン・ネタニヤフ首相の顧問だった)の仲間たちが台頭したことで、ホワイトハウスにおけるシオニストの影響力はかつてない高みに達し、ついに議会における数十年来の比類なき影響力に匹敵するまでになった。

しかし、米大統領選の直前の2000年9月、イスラエルの占領継続と占領地における植民地の巨大化を偽装するための見せかけの「和平プロセス」が何年も続いた後、第2次パレスチナ・インティファーダが勃発した。蜂起が激化するにつれ、イスラエルはアムネスティ・インターナショナルやその他の人権団体から戦争犯罪に相当すると評される手段でこれを鎮圧しようとした。このような背景のもと 2001年にダーバンで開催された国連人種差別撤廃世界会議では、シオニズムに関する1975年の議論が復活した。予想された通り、公式の会議では、米国と、それよりは劣るが強力な欧州諸国からの直接的な脅しにより、イスラエルによるパレスチナ人への多層的な抑圧に関する具体的な決議を採択することはできなかったが、NGOフォーラムは、シオニズムを人種差別とアパルトヘイトの一形態として非難した9。これは、反ユダヤ主義を含むあらゆる形態の人種差別に対する闘いは、そのほとんどがヒューマニズムと民主主義の原則に基づくものである、世界中の何千もの市民社会代表の意見の表明であった。西側諸国が公式にはイスラエルの責任を追及しようとしないにもかかわらず、ダーバンは、西側諸国においてさえ、パレスチナの大義の正当性に対する草の根の支持が、まだ効果的な連帯の形にはなっていないにせよ、依然として強固なものであることを確認した。

新たなインティファーダによって、ボイコットや制裁が活発化した。例えば、イスラエルの占領を支援する企業との取引停止を求めるキャンペーンは、米国の多くのキャンパスに広がった10。南アフリカのデズモンド・ツツ大主教は、国際的に有名な人物の中で最も早くイスラエルからの離脱を支持した人物であった11。このような初期の、大部分は頓挫した取り組みの即興的な性質は、やがて米国における国家レベルでのより高度な調整と経験の共有へと移行し、パレスチナ連帯運動や、後に公正な平和を支持して米国の外交政策を変更するために活動する300以上のグループからなる広範な連合体であるイスラエル占領を終わらせる米国キャンペーンの設立へと結実した12。大西洋の向こう側、特にイギリスでは、知識人、学者、労働組合員の間で、さまざまな形でイスラエルに対するボイコットを求める声が聞かれ始めた。こうした努力は 2002年春にイスラエルがパレスチナの都市を大規模に再占領し、破壊と民間人の犠牲を残したことで激しさを増した。

2004年までには、ボイコットを呼びかけるアメリカやヨーロッパの学術団体、労働組合、連帯組織に、主流派の教会も加わり、アパルトヘイト支配下の南アフリカに適用されたものと同様の性質を持つ、イスラエルに対するダイベストメントやその他の形態のボイコットを検討し始めた。この段階での最も重要な進展は 2004年7月に米国長老教会(PCUSA)が、431対62の圧倒的多数で採択した「イスラエルで事業を展開する多国籍企業に対する段階的な選択的ダイベストメントのプロセス」を開始するという決議で、先例となる決定を下したことである。学生団体や教職員団体が採択した同様の宣言とは異なり、長老派の動きは「象徴的なもの」や経済的に効果のないものとして片付けられることはなかった。PCUSAは2006年、イスラエル・ロビー団体による脅しと脅迫のため、ダイベストメントという言葉をやめ、「平和への投資」を選択したが13、このイニシアティブは、特に欧米の多くの信仰に基づく団体に、イスラエルへの投資停止を検討するよう促すことができた。

こうした取り組みにとって重要な進展は 2004年7月9日にハーグの国際司法裁判所(ICJ)がイスラエルの壁とパレスチナ占領地に建設されたコロニーの両方を違法と非難する歴史的な勧告的意見を発表したことである。皮肉なことに、PLOはこの重大な政治的、法的、外交的勝利を、それを土台とする準備が最も整っていない時期に手に入れた。1971年に国際司法裁判所(ICJ)が南アフリカのナミビア占領を非難する同様の勧告的意見を出したことが引き金となり、アパルトヘイト政権に対する世界最大かつ最も協調的なボイコット・制裁キャンペーンが展開され、最終的にはアパルトヘイト政権の崩壊につながった。壁に関する国際司法裁判所(ICJ)の判決は、主にパレスチナの構造的・政治的無力から、同様の反応を促すものではなかったが、イスラエルによる抑圧に対する原則的な反対運動を世界中で復活させた。

ICJ判決の数日前 2004年4月に結成されたパレスチナのイスラエル学術・文化ボイコットキャンペーン(PACBI)は、イスラエルの学術・文化ボイコットの呼びかけを発表し、パレスチナ被占領地の約60の組合、組織、団体が賛同し、「イスラエルの占領、植民地化、アパルトヘイト体制を終わらせる闘いへの貢献」として、イスラエルのすべての学術・文化機関をボイコットするよう国際社会に求めた。 「主要政党を含む170以上のパレスチナ市民団体や組合が、「イスラエルが国際法を完全に遵守するまで」、イスラエルに対するボイコット、ダイベストメント、制裁(BDS)を呼びかけたのである。いわゆる和平プロセスの15年後、パレスチナの市民社会はアジェンダを取り戻し、欺瞞的な 「交渉」によって長い間不明瞭だった正義のための国際的な闘いの一部としてパレスチナの要求を明確にした。注目すべき先例として、BDSの呼びかけは、パレスチナ人の3つのセグメント(難民、イスラエルの先住民パレスチナ市民、1967年の占領下にある人々)の代表によって発せられた。また、良心的なイスラエル国民に直接、その要求を支持するよう「呼びかけた」パレスチナ・ボイコット運動は、拡大する国際的な支援ネットワークに新たなパラメーターと明確な目標を設定することに成功し、いくつかの国々でボイコットやダイベストメント・キャンペーンに火をつけ、あるいはその信憑性を高めた。

ボイコットの呼びかけに関して、西側の連帯グループから提起された真の懸念は、その背後にパレスチナの公式団体が存在しないことである。「あなたのANCはどこですか?」というのは、パレスチナのボイコット活動家がどこでも直面する、困難で、時には切実な質問である。PLOは何年も完全に混乱しており、ほとんど沈黙を保っている。PAは、その限定された職務権限とオスロ協定によって課せられた制約から、本質的にいかなる効果的な抵抗戦略も、特に1967年の占領を超える不正義を想起させるような戦略をも支援することができない。実際、稀な例外を除けば、PAの役割はイスラエルを孤立させようとする市民社会の努力にとって、実際には有害なものであった。2009年、世俗政党の代表格であるファタハの第6回会議が、占領に対する抵抗の主要な形態として、民衆の非暴力闘争を強調する政治綱領を採択したときから、この状況は変わり始めた15。占領下で会議を開催し、イスラエルの要求を受け入れ、より本質的には、パレスチナの大義を、自決と包括的権利のための闘いから、イスラエルの不正と共存し、それらの基本的権利の一部を否定する空洞化したプロセスとして多くの識者に見られるものへと変容させたファタハに対して、多くの批判が浴びせられた16。それでも、イスラエルの占領と広大な植民地化に対抗する非暴力的手段への強いコミットメントへの熱意は、最終的にファタハが支配するPAに、イスラエルの植民地入植地の製品をボイコットし、他国にもボイコットするよう呼びかけるという同盟的な政策を採用させた17。多くのパレスチナ人は、このPAのイスラエルに対する部分的ボイコットの呼びかけを、パレスチナの市民社会の大多数が包括的なBDS措置を呼びかけてから丸5年も経ってからのことであり、「少なすぎる、遅すぎる」と見ていたが、それにもかかわらず、正当化された感覚があった。「BDSの指導者たちは、PAでさえも、ボイコットと民衆の抵抗が持つ絶大な力を理解したのだと主張できるようになった。また、イスラエルの国際法違反に対する闘いの一形態として、ボイコットを支持するパレスチナ人のコンセンサスを強調することにもつながった。

「非公式な」パレスチナ人団体については 2005年7月のBDS呼びかけを支持しなかったのはごく少数派だった。そのほとんどは小規模なNGOで、ドナーの機微に常に気を配りながら、難民帰還の権利に関する条項(「国連決議194に規定されている」にもかかわらず)を「過激すぎる」として支持を拒否したものもあった。ヨーロッパの「パートナー」からの圧力に屈し、ボイコットという言葉が反ユダヤ主義の非難を招くことを恐れた者もいた。また、当初、パレスチナの最大派閥は、数十年前から武装闘争に重点を置いてきたため、市民的抵抗の不可欠な役割を認識することができなかった。惰性で、あるいは国際情勢の変化に照らして自分たちのプログラムを批判的に評価することに消極的であったために、これらの勢力は占領に抵抗する武力モデルにはまり込み、イスラエルの主要なスポンサーであり支援者である米国が支配する国際環境において、その抵抗のある種の無差別的な形態や、具体的かつ持続可能な成果を達成するためのこれまでの失敗が提起する、道徳的・法的な問題点を無視するようになった。こうした当初の消極的な姿勢にもかかわらず、パレスチナの主要政党はすべてBDSの呼びかけに署名し、BDSをめぐるコンセンサスの輪が広がった。

自決、自由、平等を求めるパレスチナの願望を実現し、一方ではパレスチナを分断し、ゲットー化し、収奪し、他方では植民地紛争を、対立する主張と減少したパレスチナの権利をめぐる対称的な紛争として縮小したイメージで投影するという、イスラエルの二重戦略に真の挑戦状を突きつけるためには、PLOを蘇生させ、パレスチナ人の3つの主要な層の願望、創造的エネルギー、国家的枠組みを具現化するように改造しなければならない。PLOの草の根組織は、すべての政治勢力を包含した大衆参加によってボトムアップから再建される必要があり、比例代表制による自由な民主主義によって統治されなければならない。

それと並行して、パレスチナの概念的枠組みと抵抗の戦略全体を徹底的に批判的に再評価し、自決と正義のためのパレスチナの闘いを国際社会運動と結びつけることのできる進歩的行動プログラムに転換しなければならない。これらの目的を達成するための最も効果的で道徳的に健全な戦略は、政治的、経済的、職業的、学術的、文化的、運動的など、段階的で多様な、状況に応じた持続可能なBDSキャンペーンと、国際法と普遍的人権の包括的かつ明白な遵守をイスラエルにもたらすことを目的とした、他の形態の民衆抵抗に基づくものである。

BDSは、新自由主義的な西欧のヘゲモニーと多国籍/多国籍企業の専制的な支配に対するグローバルな社会運動の挑戦に、不可避的に貢献するだろう。その意味で、イスラエルとその犯罪パートナーに対するパレスチナのボイコットは、不正義、人種差別、貧困、環境破壊、ジェンダー抑圧など、社会的・経済的悪に対抗する国際的な闘いの中で、小さいながらも重要な役割を果たすことになる。BDS運動のこの側面を振り返り 2009年にデンマークで開催された環境国際サミットと結びつけて、ジャーナリストで作家としても広く知られるジョン・ピルガーは次のように述べている。地球のための正義と普遍的人権を結びつける国際主義であり、侵略し、平気で収奪する人々のための犯罪的正義である。そして最高のニュースはパレスチナからもたらされた。

. . . ネルソン・マンデラにとって、パレスチナ人のための正義は「時代における最大の道徳的課題」である。2005年7月9日、ボイコット、非投資、制裁(BDS)を求めるパレスチナ市民社会の呼びかけが発表され、事実上、世界を席巻し、(南アフリカの)アパルトヘイトの足場を崩壊させた偉大な非暴力運動が再結集した19。

この文脈では、イスラエルの軍事占領と難民の権利の否定だけでなく、より広範なシオニスト・イスラエルの人種差別的排他主義体制に異議を唱えなければならないことを強調することが重要である20。歴史的に多くの国で公民権、民主主義、法の下の平等、政教分離を求める闘いの最前線に立ってきたユダヤ人グループは、イスラエルの臆面もない民族中心主義的で人種差別的な法律と、占領地であれ、亡命先であれ、イスラエル国内であれ、パレスチナ人を相対的な人間に貶めていることは、政治的に弁解の余地がなく、倫理的にも容認できないことに気づくはずである。結局のところ、非暴力による抵抗を成功させるためには、致命的に誤った考えで占領だけに焦点を当てた闘いを超越し、正義、平等、包括的なパレスチナ人の権利を求める闘いへと移行することが必要なのである。

パレスチナの要求を占領の終結だけに絞ることが、最も簡単で現実的な道のように思われることは承知しているが、その誘惑に屈することは倫理的にも政治的にも賢明ではないと確信している。なぜなら、パレスチナ人の3つのセグメントすべてに対する無数の不正義に効果的に対処するための適切な道徳的・政治的基盤を築くものだからである。それはまた、世界中の人々の共感を呼ぶ普遍主義的な価値観に基づいている。この方向性を実現するためには、多様な政治勢力との連携が必要だが、「ソフト」なシオニストとの連携は、彼らが西側諸国におけるBDS運動の主導権を握り、その要求の上限を認識できないほど引き下げてしまわないよう、注意を払う必要がある。他方、米国、欧州、イスラエルでは、組織であれ知識人であれ、公正で包括的な平和を一貫して支持する原則的なユダヤ人の声21が、さまざまな形のボイコットを勇気を持って支持している。

しかし、国連が承認したパレスチナ人民のすべての権利を支持することは、必ずしもイスラエルのすべての機関を標的にするBDS戦術を採用することを意味しない。戦術と地域レベルでのBDSターゲットの選択は、文脈の特殊性、政治的条件、BDS活動家の準備(意志と能力)に支配されなければならない。例えば米国では、最も活動的で創造的なBDSグループであるAdalah-NY22とCodePink23の2つが、包括的な権利ベースのアプローチを持つ2005年のBDS呼びかけを支持し、パレスチナ占領地におけるイスラエルの国際法違反に紛れもなく関与している企業のみに焦点を当てた、非常に的を絞ったニュアンスの効果的なキャンペーンを実施している。同じことは、フランス最大のBDS関連連合である「アグレクスコ・カルメル反対連合」にも言える24。

占領を終わらせるだけでなく、闘いを拡大する必要性の他に、BDSの取り組みに関連して、2つの適切な点が強調に値する。第一に、包摂性、多様性、漸進性、持続可能性の原則に従うことである。さまざまな文脈の現実を反映するよう、柔軟に設計されなければならない。第二に、西側諸国は、その圧倒的な政治的・経済的権力と、イスラエルの植民地支配を永続させる上で決定的な役割を担っているため、この非暴力抵抗の主戦場であることに変わりはないが、それ以外の国々も無視すべきではない。BDS運動は、南アフリカや他の地域で始まったものを除けば、中国、インド、マレーシア、ブラジル、ロシアなど、西側諸国の独占的な権力に挑戦しようとする国々にはまだ根付いていない。これらの国々におけるシオニストの影響力が、欧米諸国よりも著しく弱いことは注目に値する。

2008年にパレスチナBDS全国委員会(BNC)が結成され25、BNCは世界のBDS運動の基準であり指針となった。BNCは 2005年のパレスチナ市民社会のBDSコールに基づくBDSキャンペーンの調整機関である。イスラエルの占領、植民地化、アパルトヘイトに対する市民的、民衆的抵抗を支持するBNCは、パレスチナの人々の3つの不可欠な部分を代表する主要なパレスチナの政党、組合、連合、ネットワークからなる広範な連合体: パレスチナ難民、占領下のヨルダン川西岸地区(エルサレムを含む)とガザ地区のパレスチナ人、そしてイスラエルのパレスチナ市民である。

BNCは、権利に基づくアプローチを採用し、パレスチナ人全体が自由と自決への不可侵の権利を行使できるようになるまで、そしてイスラエルが国際法上の義務を完全に遵守するまで、国際的なBDSキャンペーンを持続することを求める。

BDSは単なるアイデアではない。単なる概念でもない。単なるビジョンでもない。戦略のすべてでもない。確かにそれらすべてであるが、それ以上のものでもある。イスラエルに対するボイコット、ダイベストメント、制裁のためのパレスチナ市民社会キャンペーンは、何よりも、シオニストによる入植者植民地征服と、その後のイスラエルによるパレスチナ先住民に対する占領、収奪、アパルトヘイト体制に対する100年来のパレスチナの抵抗における、深く根ざした、しかし質的に新しい段階である。

世界的なBDSキャンペーンの権利に基づく言説とアプローチは、1948年のナクバでパレスチナ人民の大多数を強制移住させ、土地を奪うという入念に計画され、残酷に実行されたイスラエルの建国以来、米国と他の西側諸国のほとんどが、程度の差こそあれ、イスラエルを扱ってきた二重基準と例外主義を決定的に、ほとんど反論の余地なく暴露している26。

さらに重要なことは、BDS運動がイスラエルとその資金力のあるロビー団体を、自決、正義、自由、平等を求めるパレスチナの道徳的優位性がイスラエルの軍事力と資金力を無力化し、凌駕する戦場での対決に引きずり込んだことだ。イスラエルの犯罪性と不処罰にますます辟易し、イスラエルの緩慢で緩やかな大量虐殺が、すべての良心の持ち主に重い道徳的負担を強いていることに気づいている国際世論が、行動を起こし、迅速に行動し、疑う余地のない有効性、政治的誠実さ、ニュアンス、そして何よりも一貫した、汚れのない道徳的明確さをもって行動することを求めている。これがBDSである。

結論

今でなければいつだ?

ブラジルの偉大な教育者パウロ・フレイレは、その代表作『被抑圧者の教育学』の中でこう書いている: 「解放の達成を妨げる最も重大な障害のひとつは、抑圧的な現実がその中にいる人々を吸収し、それによって人間の意識を水没させる働きをすることである。機能的には、抑圧は家畜化する。もはや抑圧の餌食にならないためには、抑圧から抜け出し、抑圧に立ち向かわなければならない。それは、世界を変革するための世界に対する反省と行動というプラクシスによってのみ可能である」1。

パレスチナの人々は、再び抑圧的な現実から抜け出し、反省し、行動し、国際市民社会に対して、アパルトヘイト撤廃の闘いにおいて南アフリカと闘ったように、イスラエルの不正義と闘う道義的責任を担うよう求めている。パレスチナBDSキャンペーンは、イスラエルの占領、植民地化、アパルトヘイトを終わらせるために、成功に必要な要素をほぼすべて備えている。入植者の植民地主義に対する1世紀にわたる民衆的・市民的なパレスチナの闘いに根ざした、包括的な権利に基づくアプローチであり、パレスチナの先住民族の主要な構成要素に対応する3つの基本的権利を取り上げ、それゆえ、歴史的パレスチナ国内および亡命先のパレスチナ人の間で確固たるコンセンサスを得ている。

– 完全な平等、自由、普遍的人権、確固たる反差別主義的原則、国際法の遵守に基づく、道徳的に説得力のあるメッセージ。

– 不正義と抑圧に対する非暴力的で創造的な市民的抵抗の力づけとなる戦略-世界中の良心のある人々が貢献できる戦略である2。

– ほぼコンセンサスに支えられた大規模な市民社会連合が、闘いを主導し、常に進化させる。

BDSの呼びかけの中で、しばしば見落とされがちな重要な要素は、良心的なイスラエル人に呼びかけを支持するよう明確に呼びかけていることである。反植民地主義者、反人種差別主義者、つまり反シオニストであるイスラエル人は、イスラエルの犯罪的不処罰、植民地主義、アパルトヘイトを終わらせるために重要な役割を果たすことができ、また果たすべきであることを認識している。BDS運動が、さまざまな環境におけるBDSキャンペーンの設計と実施における多様性と創意工夫を提唱しているとしても、パレスチナ人の権利に包括的に重点を置いたパレスチナBDSコールは、依然として運動の参照枠である。BDSを支持するイスラエル人(主にユダヤ人)の原則的なグループは急速に増えており、このパレスチナ人への言及を完全に認めている3。3 しかし、シオニスト「左派」の一部と欧米諸国の支持者たちは、BDS運動が主流派に定着し始めた矢先、いわば最近になってBDSの「バンドワゴン」に飛び乗った。彼らは、おそらく無意識のうちに、イスラエル中心の視点、不当な主体性、膨張した権利意識、定着した植民地的特権を永続させる国際的なBDS運動の代替的な基準を発明したり、示唆しようと試みている。BDSを、その包括的で広範な権利に基づく原則から、占領、あるいは植民地的入植地だけに焦点を絞った狭いものへと転換させようとする彼らの執拗な試みにおいて、そのような声の一部は、「ユダヤ人国家」としてのアパルトヘイト的存在を強化するために、ガザと東エルサレムを含むヨルダン川西岸に住む400万人のパレスチナ人をイスラエルから排除することを本質的な目的とする「イスラエルを救う」アジェンダを公然と採用している。彼らはパレスチナ人を 「非合理的な原住民」とみなしているようだ。

南アフリカのアパルトヘイトとの闘いのように、真の連帯運動とは、被抑圧者、すなわち受動的な対象ではなく、能動的で理性的な主体であり、自らの願望と権利、そしてそれを実現するための戦略を主張する被抑圧者を認識し、それに従う運動である。BDS戦術を提唱する連帯グループは、BDS全国委員会(BNC)によって定義された原則と全体的戦略に導かれている。BNCは、パレスチナの市民社会の政党、組合、大衆組織、NGO、難民権利ネットワーク、専門家団体の最大の連合体であり、パレスチナの先住民の主要なセグメントを代表している。

BDS運動のもう一つの強みは、それが何よりも正義、自由、平等な権利の追求であるという事実にある。そのアジェンダは、南アフリカの前身がそうであったように、独断的あるいは狂信的なイデオロギーとして簡単に否定することはできない。なぜなら、人権と国際法の普遍的な原則に立脚しているからであり、それはリベラル派だけでなく、宗教的、世俗的を問わず、多様な思想的背景を持つ進歩主義者にもアピールするはずだからである。

道徳的な一貫性と普遍的人権へのコミットメントが世界的なBDS運動の最優先原則であるのに対し、BDSは運営上、文脈への配慮、漸進性、持続可能性という3つの基本原則に基づいている。したがって、良心的な学者、知識人、人権擁護者、「正義と平和」活動家、市民社会組織は、それぞれの国の政治的現実、組織能力、適切な戦術を考慮しながら、それぞれの状況においてBDSを最も効果的に適用する方法を最もよく知っている。イスラエルが国際法上の義務を完全に遵守し、パレスチナ人に対する多層的な抑圧を終わらせるまで、イスラエル企業(特にダイヤモンドや軍事製品を生産する企業)、およびイスラエルの国際法違反やパレスチナ人の権利侵害から利益を得ている、あるいはそれを支援している国際企業のすべての製品やサービスのボイコットを推進する。

2. 占領、アパルトヘイト、国連が承認した難民の権利の否定というイスラエルの体制を維持することに加担しているイスラエルのすべての学術、文化、スポーツ、観光機関のボイコットを推進する。同じ意味で、ボイコットは、イスラエルやそれに加担する機関から資金を受け取っている、あるいは、ブランド・イスラエル・キャンペーンや同様の欺瞞的イニシアティブのように、イスラエルの国際法違反を隠蔽し、白紙化する、すべての学術的、文化的、その他のイベントや活動にも及ぶべきである。そのためには、学者、学生、芸術家、文化人、スポーツ選手の間で、これらの機関が不正義と植民地抑圧を永続させる上で果たしてきた役割について認識を高めることが必要だ。広く支持されているパレスチナのボイコット基準やガイドライン7に違反して、いわばパレスチナのBDSピケラインを越えることは、過去にサンシティでプレーしたり、南アフリカに対する反アパルトヘイトのボイコットを尊重しなかった人々に対して使われたのと同じ毅然とした言葉で糾弾されるべきである。ボイコット・ガイドラインに耳を傾けることは、イスラエルの執拗かつ激化する抑圧に直面する中で、良心的な学者や文化人が最低限なすべきことである。

3. イスラエルの占領、パレスチナ難民の権利の否定、イスラエルの先住民であるパレスチナ市民に対する人種差別のアパルトヘイト体制から利益を得ている、あるいはイスラエルの占領の維持に加担しているすべての企業、銀行、その他の金融機関から利益を得ることによって、労働組合、信仰に基づく組織、8つの地方議会、民間投資ファンド、国民年金基金などによる倫理的投資を促進する。

4. イスラエル企業であれ国際企業であれ、イスラエルの国際法違反や人権侵害に関与している企業(エルビット・システムズ、ヴェオリア、アルストム、エデン・スプリングス、アグレクスコ・カーメル、AHAVA、レフ・レヴィエフ・ダイヤモンド、モトローラ、ノースロップ・グラマン、キャタピラーなど)からのダイベストメントや製品ボイコットにつながる倫理的企業責任を推進する。

5. 国際法上の義務を完全に遵守するまで、国際的および国家間の学術、文化、スポーツ(オリンピックやFIFAなど)、環境、金融、貿易、その他のフォーラムから、イスラエルとその共謀機関を追放する。

6. パレスチナのホテル、レストラン、バスサービス、ガイドなどに直接利益をもたらし、イスラエルやその航空会社、共謀している旅行代理店、その他のアパルトヘイト団体に、そのような巡礼から生じる有利な収入を与えないようにすることで、聖地への倫理的な巡礼を促進する。パレスチナの代替観光も検討されるべきである9。

7. ユダヤ民族基金(JNF)を排斥し、非課税の「慈善」団体として欧米諸国で現在認められている法的地位を認めないよう、世論に圧力をかける10。

8. 地方議会や地方政府に対し、「重大な違法行為」に関与した企業(例えばEUの規定がそうである)を公的契約から排除するよう促す国内法および国際法を、特に人権レベルで厳格に適用するよう働きかける。

9. アムネスティ・インターナショナルの中東「紛争」全当事者に対する即時武器禁輸の呼びかけに耳を傾けるよう、公務員や政党に効果的な圧力をかけること。アムネスティの、占領国と、国際法が抵抗権を認めている占領下の人々との間の道徳的、法的には成り立たない同一視に対する正当な批判にもかかわらず、この呼びかけは、イスラエルとの武器貿易と、いかなる国の港湾、領空、領海を含む主権領土を通じたイスラエルへの武器の輸送を禁止することに大きく関わっている11。

10. イスラエルが国際法およびパレスチナ人の権利に対する侵害を包括的かつ検証可能な形で終結させるまで、すべての自由貿易協定12およびその他の特恵貿易協定の即時停止を求めること。

11. イスラエルと、場合によってはそれに加担するパートナー国に対し、パレスチナの人々に対する包囲、攻撃、侵略戦争、とりわけ2009年のガザ戦争や、占領下のヨルダン川西岸地区における過去の侵略や軍事攻勢において、パレスチナの社会や経済、私有財産や公共財産にもたらした違法で無謀な破壊のすべてを、パレスチナの人々に完全に補償する法的責任を問うこと。

12. 国連人権理事会、国連総会、そしてほとんどすべての主要な国際人権団体によって採択されたゴールドストーン報告書に含まれる勧告の即時かつ無条件の履行を求め、イスラエルとすべての共謀当事者に戦争犯罪と人道に対する罪の責任を負わせ、その他の法的措置のなかでも告発された戦争犯罪人を訴追するよう圧力をかけること。

イスラエルの抑圧に異議を唱えるにあたり、世界的なBDSキャンペーンは、同様の犯罪や国際法違反を犯している他の国家に適用される基準よりも高い、あるいは低い基準に従ってイスラエルが扱われることを求めるものではない。重要なのは、パレスチナ社会の廃墟の上にイスラエルを創設し、それを正当化し、パレスチナ人に対する3層の抑圧体制を支えてきた欧米列強が、イスラエルを高尚な台座から降ろすことである。イスラエルは決して世界で最も残虐な犯罪者ではないが、欧米の「民主主義国」クラブの名誉会員として扱われ続けてきた唯一の持続的な犯罪者であり、ホロコーストはこの癒着を覆い隠すための煙幕として、冷笑的に、そしてまったく無関係に召喚されてきた。今日、イスラエルが享受している事実上比類なき例外主義と不処罰の状態は、国際法を顧みることなく、また国際法違反に対する懲罰的措置の可能性を懸念することなく、パレスチナの先住民に対するアパルトヘイト、民族浄化、緩慢なジェノサイドのアジェンダを追求することを可能にしている。

ホロコーストは、ヨーロッパのユダヤ人、ロマ人、スラブ人などのコミュニティに対して行われた大量虐殺である。したがって、ホロコーストに対するヨーロッパの良心の呵責を和らげるための代償を、私たちの生命、土地、生活において支払うことは、パレスチナ人に課せられた義務ではない。ホロコーストの罪悪感は、イスラエルによるパレスチナの人々に対する恐ろしい不正行為を正当化したり容認したりするための手段として、決して利用されるべきではない。そして、一部の進歩的なユダヤ人知識人が最近述べているように、「二度と繰り返してはならない!」という言葉は、常に誰にとっても二度と繰り返さないという意味に理解されなければならない13。

欧米の市民社会は特に、イスラエルに国際法上の責任を負わせるという独特の責任を負っている。欧米政府が、膨大な外交的、経済的、学術的、文化的、政治的支援を通じて、イスラエルの植民地的・人種的抑圧のシステムを支えるという、とりわけ根強く恥ずべき役割を担っているためである。深い加担は深い道義的責任を伴う。ホロコーストは、西側諸国がイスラエルの犯罪や大量虐殺行為を弁解の余地なく露骨に支持していることを合理化するために利用されているが、この支持は根本的に、西側諸国の覇権主義的な経済的利益、長引く植民地人種差別、権力と大量破壊、強制、威嚇の道具の独占に基づく特権と搾取のシステムを維持するための好戦的な十字軍に由来している。イスラエルの植民地覇権とアパルトヘイトを維持することは、南アフリカの前身がそうであったように、西側の体制にとって、人類に対する終わりのない帝国戦争の最も重要なフロンティアとなっている。

共謀と道徳的義務はさておき、イスラエルに対するBDSキャンペーンを推進し支援する責任は、共通の利益にも由来する。米国をはじめとする西側諸国が、イスラエルの継続的な交戦とアパルトヘイト体制に毎年何十億ドルもの資金を提供する一方で、西側諸国の一部では何百万人もの子どもたちが、標準以下の住宅、不十分あるいは存在しない医療、哀れな教育、そして彼らが成長した後も、意識的かつ官僚的に民主的な政治プロセスに効果的かつ積極的に参加することを妨げる体制に取り残されている。石油産業、軍事産業、国土安全保障産業、銀行産業が巨大な富を拡大し、市場の「健全性」を維持するために恐怖と外国人嫌いを助長しているのと同時に、欧米のほとんどの労働者は、目の前で市民権と経済的福利が侵食されていくのを目の当たりにしている。アメリカやEUが、戦争や帝国覇権への投資から、国民皆保険制度、尊厳ある住宅、批判的で文脈に即した学習と発達を促す学校制度、まともな仕事、環境修復への投資へと、その偉大な人的・物的資源に対する優先順位を漸進的に転換することは、西側の人々にとって良いことであるだけでなく、イラク、アフガニスタン、南アジア、ラテンアメリカ、アフリカ、レバノン、そして間違いなくパレスチナにとって、世界にとっても素晴らしいことである。このような変革によって、イスラエルのパレスチナ人に対する抑圧体制は成り立たなくなり、他の政権も世界の他の場所で同様の残虐行為や国際法違反を行うことが難しくなるだろう。

南アフリカを代表する国際法専門家であり、パレスチナ占領地(OPT)における人権に関する元国連特別報告者であるジョン・デュガードは 2007年にこう書いている。世界の他の国々にとって、パレスチナ問題は人権のリトマス試験紙となっている。もし欧米諸国がパレスチナ人民民主共和国(OPT)の人権に関心を示さなければ、世界の他の国々は、人権は欧米諸国が自分たちの嫌いな体制に対して用いる手段であり、世界中の人々の処遇を測る客観的かつ普遍的な手段ではないという結論を下すだろう15。

パレスチナの権利を求める世界的なBDS運動は、進歩的で、反差別的で、洗練され、持続可能で、道徳的で、効果的な非暴力市民抵抗の形を提示している。BDS運動は、弱肉強食に終止符を打ち、その代わりに法の支配を支持し、自由、平等、尊厳ある生活に対するすべての人間の権利を再確認することができる、強化され、再活性化された国際的な社会運動にとって、重要な政治的触媒であり、道徳的アンカーのひとつとなっている。

私たちの南アフリカの瞬間がついに到来した!

付録1

イスラエルに対する学術的・文化的ボイコットの呼びかけ

シオニスト・イデオロギーに基づくイスラエルのパレスチナ人民に対する植民地的抑圧は、次のようなものである。ナクバ、とりわけパレスチナ難民問題を生み出した民族浄化と土地収奪の波に対する責任を否定し、したがって、国際法に規定され、国際法によって保護されている難民と避難民の不可侵の権利を受け入れることを拒否する;

  • – 国際法と国連決議に違反する、1967年以降のヨルダン川西岸(東エルサレムを含む)とガザの軍事占領と植民地化;
  • – イスラエルのパレスチナ市民に対する人種差別と隔離の定着した制度は、南アフリカのアパルトヘイト制度に似ている;

イスラエルの学術機関(ほとんどが国家管理下にある)とイスラエルの知識人・学者の大多数が、上記の抑圧の維持・擁護・正当化に直接貢献してきたか、沈黙を通じて加担してきた、

あらゆる形態の国際的介入が、これまでイスラエルに国際法を遵守させることも、包囲、無差別殺戮、無謀な破壊、人種差別的な植民地の壁などさまざまな形で現れているパレスチナ人への抑圧を終わらせることもできなかった、

ボイコットという多様な形態を通じた南アフリカのアパルトヘイト撤廃の闘いに代表されるように、学者や知識人からなる国際社会の良心ある人々は、歴史的に不正義と闘う道義的責任を負ってきた、

イスラエルに対する国際的なボイコット運動の高まりは、指導的原則を概説するパレスチナ人の参照枠の必要性を表明していることを認識する、

国際連帯、道徳的一貫性、そして不正と抑圧への抵抗の精神に基づき、私たちはパレスチナ人学者となる、

私たちパレスチナの学者・知識人は、イスラエルの占領、植民地化、アパルトヘイト体制を終わらせるための闘いへの貢献として、国際社会の仲間に対し、イスラエルのすべての学術・文化機関を包括的かつ一貫してボイコットするよう呼びかける;

2. 国内および国際的なレベルで、イスラエルの教育機関に対する包括的なボイコットを提唱し、これらの教育機関へのあらゆる形態の資金援助や補助金の停止を含む;

3. 国際的な学術機関によるイスラエルからのダイベストメントと非投資を推進する;

4. 学術団体、専門家団体、文化団体による決議採択に働きかけ、イスラエルの政策を非難する;

5. パレスチナの学術・文化機関を直接支援するが、その際、明示的・黙示的な条件としてイスラエルとの提携を要求しない。

賛同者(2004)

パレスチナ大学教授・職員労働組合連合会、パレスチナ労働組合総連合、パレスチナNGOネットワーク(ヨルダン川西岸地区)、教師連盟、パレスチナ作家連盟、パレスチナ芸術家連盟、パレスチナ・ジャーナリスト連盟、パレスチナ女性総連合、パレスチナ弁護士協会、その他数十のパレスチナ人連盟、協会、市民社会組織。

付録2

BDSコール

パレスチナ市民社会は、イスラエルが国際法と人権の普遍的原則に従うまで、 ボイコット、ダイベストメント、制裁を呼びかける。

2005年7月9日

国際司法裁判所(ICJ)が、パレスチナ占領地に建設されたイスラエルの「壁」を違法とする歴史的な勧告的意見を出してから1年、イスラエルは同裁判所の決定をまったく無視したまま、植民地的な「壁」の建設を続けている。イスラエルがパレスチナのヨルダン川西岸(東エルサレムを含む)、ガザ地区、シリアのゴラン高原を占領して38年になるが、イスラエルはユダヤ人の植民地を拡大し続けている。占領下の東エルサレムとゴラン高原を一方的に併合し、現在は壁によってヨルダン川西岸の大部分を事実上併合している。イスラエルはまた、ガザ地区からの再派兵計画の影で、ヨルダン川西岸に植民地を建設し、拡大する準備を進めている。主にパレスチナ人の所有者を民族浄化した土地にイスラエル国家が建設されてから57年、パレスチナ人の大多数は難民であり、そのほとんどは無国籍である。さらにイスラエルは、自国のアラブ系パレスチナ人市民に対する人種差別制度を根付かせたままにしている。

イスラエルの執拗な国際法違反に鑑み、そして

1948年以来、何百もの国連決議がイスラエルの植民地政策と差別政策を違法と非難し、即時かつ適切で効果的な救済を求めてきた。

イスラエルが人道法を遵守し、基本的人権を尊重し、パレスチナの人々に対する占領と抑圧を終わらせるよう、あらゆる形態の国際的介入と平和創造が、今日に至るまで、イスラエルを説得することも強制することもできなかった。

ボイコット、ダイベストメント、制裁の多様な形態を通じた南アフリカのアパルトヘイト撤廃闘争に代表されるように、国際社会の良心ある人々は、歴史的に不正義と闘う道義的責任を負ってきた;

アパルトヘイトに反対する南アフリカの人々の闘いに触発され、国際連帯、道徳的一貫性、不正義と抑圧への抵抗の精神に基づき、私たちは、パレスチナ人民の代表として、ボイコット、ダイベストメント、制裁を通じ、南アフリカのアパルトヘイト廃止の闘いに代表されるように、不正義と闘う道義的責任を負う、

私たちパレスチナ市民社会の代表は、世界中の国際的な市民社会組織と良心のある人々に対し、アパルトヘイト時代の南アフリカに適用されたのと同様に、イスラエルに対して広範なボイコットを課し、ダイベストメント・イニシアチブを実施するよう呼びかける。私たちは、イスラエルに対する禁輸措置や制裁措置を講じるよう、それぞれの国に圧力をかけるよう訴える。また、正義と真の平和のために、良心的なイスラエル人にもこの呼びかけを支持するよう呼びかける。

これらの非暴力的な懲罰的措置は、イスラエルがパレスチナ人民の自決に対する不可侵の権利を認める義務を果たし、次のような国際法の戒律を完全に遵守するまで維持されるべきである。 1.すべてのアラブの土地に対する占領と植民地化をやめ、壁を解体すること;

2. イスラエルのアラブ系パレスチナ人の完全な平等に対する基本的権利を認める。

3. 国連決議194に規定されているパレスチナ難民の故郷と財産への帰還の権利を尊重し、保護し、促進すること。

賛同者

以下のパレスチナの政党、組合、協会、連合、組織は、パレスチナの人々の3つの不可欠な部分を代表している: パレスチナ難民、占領下のパレスチナ人、イスラエルのパレスチナ市民:

組合、協会、キャンペーン

  • 1. パレスチナ民族・イスラム勢力評議会(占領下のパレスチナ領土における主要政党の調整機関-OPT) 2.
  • 2. パレスチナ独立市民の権利委員会(PICCR)
  • 3. パレスチナ西岸・ガザ地区NGOネットワーク(PNGO)
  • 4. アラブ地域団体連合(ITTIJAH)、ハイファ
  • 5. レバノンのパレスチナNGOフォーラム
  • 6. パレスチナ労働組合総連盟(PGFTU)
  • 7. パレスチナ女性一般労働組合(GUPW)
  • 8. パレスチナ教員一般組合(GUPT)
  • 9. パレスチナ大学教授・職員組合連合(Federation of Unions of Palestinian Universities’ Professors and Employees
  • 10. 専門職団体コンソーシアム
  • 11. パレスチナ医療救済委員会連合(UPMRC)
  • 12. 西岸保健委員会
  • 13. 農業委員会連合(UAWC)
  • 14. パレスチナ農業救済委員会連合(PARC)
  • 15. ガザ保健委員会連合(UHWC)
  • 16. パレスチナ農民連合
  • 17. 占領パレスチナ・シリア・ゴラン高原アドボカシー・イニシアティブ(OPGAI)
  • 18. 障害者パレスチナ人連合
  • 19. パレスチナ女性行動委員会連合(PFWAC)
  • 20. イスラエル学術文化ボイコット・パレスチナ・キャンペーン(PACBI)
  • 21. パレスチナ草の根反アパルトヘイト壁キャンペーン
  • 22. 私立学校教職員組合
  • 23. トゥルカレム女性労働委員会連合(UWWC)
  • 24. 歯科医師協会-エルサレム・センター
  • 25. パレスチナ技術者協会
  • 26. 弁護士協会
  • 27. 非識字撲滅・成人教育ネットワーク(ラマラ)
  • 28. リハビリセンター調整委員会(西岸)
  • 29. レバノン市民社会団体連合(150団体)
  • 30. パレスチナの人権のための連帯(SPHR)、学生ベースのカナダ大学団体ネットワーク

難民の権利に関する団体/組織

  • 1. 帰還の権利擁護のためのアルアード委員会(シリア)
  • 2. アル・アウダ・パレスチナ帰還の権利連合(米国)
  • 3. アル・アウダ・トロント
  • 4. アイドゥン・グループ(レバノン)
  • 5. アイドゥン・グループ-シリア
  • 6. アルロワド文化演劇訓練センター、アイーダ難民キャンプ
  • 7. 国内避難民の権利擁護協会(ADRID)、ナザレ
  • 8. パレスチナ人の居住と難民の権利のためのBADILリソースセンター(ベツレヘム)
  • 9. 確定帰還委員会(シリア)
  • 10. パレスチナ難民権利擁護委員会(ナブルス)
  • 11. 破壊されたパレスチナの村や町の避難民のコンソーシアム
  • 12. 帰還の権利擁護委員会(シリア)
  • 13. ハンダラセンター、アッザ(ベイト・ジブリーン)難民キャンプ、ベツレヘム
  • 14. 帰還の権利擁護高等委員会、ヨルダン(ヨルダンの国会議員、政党、労組のメンバー71人の個人的賛同を含む)
  • 15. 帰還の権利擁護全国高等委員会(ラマラ)
  • 16. 国際帰還の権利会議(RORC)
  • 17. 帰還の権利擁護のためのジェルマナ・ユース・フォーラム(シリア)
  • 18. ラジ・センター、アイーダ・キャンプ、ベツレヘム
  • 19. リハビリテーション地域委員会(エルサレム、カランディア難民キャンプ
  • 20. 障害者リハビリテーション現地委員会、デヘイシェ難民キャンプ、ベツレヘム
  • 21. 帰還権擁護パレスチナ全国委員会(シリア)
  • 22. パレスチナ帰還協会(シリア)
  • 23. パレスチナ帰還フォーラム(シリア)
  • 24. パレスチナ帰還権利連合(パレスチナ、アラブ受入国、ヨーロッパ、北米)
  • 25. パレスチナ帰還権連合ヨーロッパ(オーストリア、デンマーク、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、スウェーデン)
  • 26. 帰還の権利のためのパレスチナ青年フォーラム(シリア)
  • 27. PLO人民委員会-西岸難民キャンプ
  • 28. PLO人民委員会-ガザ地区難民キャンプ
  • 29. 人民委員会-アル・アッザ(ベイト・ジブリーン)難民キャンプ、ベツレヘム
  • 30. 人民委員会-ベツレヘム、デヘイシェ難民キャンプ
  • 31. シャムル・パレスチナディアスポラ&難民センター(ラマラ)
  • 32. 女性活動センター連合(西岸難民キャンプ)
  • 33. 青少年活動センター連合(パレスチナ難民キャンプ、ヨルダン川西岸地区およびガザ地区
  • 34. 女性活動センター-デヘイシェ難民キャンプ、ベツレヘム
  • 35. ヤファ文化センター(ナブルス、バラタ難民キャンプ

団体

  • 1. アブナ・アル・バラド協会(ナブルス)
  • 2. アッダメール人権センター(ガザ)
  • 3. アダミール囚人支援・人権協会(ラマラ)
  • 4. アランカ文化協会(ヘブロン)
  • 5. アル・アウダ・パレスチナ民俗学会(ヘブロン)
  • 6. アル・ドーハ子ども文化センター(ベツレヘム)
  • 7. アルフダ・イスラムセンター(ベツレヘム)
  • 8. アル・ジール・アル・ジャディード協会(ハイファ)
  • 9. アル・カラメ文化協会(ウム・アル・ファーム
  • 10. アル=マガジ文化センター(ガザ)
  • 11. アル=マルサド・アル=アラビ(占領下シリア・ゴラン高原
  • 12. アル=メザン人権センター(ガザ)
  • 13. アル・ナーダ文化フォーラム(ヘブロン)
  • 14. アル・タグリッド文化芸術協会(ガザ)
  • 15. オルタナティブ・ツーリズム・グループ、ベイト・サフール(ATG)
  • 16. アル=ワファ慈善協会(ガザ)
  • 17. エルサレム応用研究所(ARIJ)
  • 18. アラブ人権協会(HRA)(ナザレ)
  • 19. アラブ農業開発センター(ACAD)
  • 20. アラブ農業開発センター・ガザ
  • 21. アラブ教育研究所(AEI)-パックス・クリスティ・ベツレヘム
  • 22. アラブ正教慈善協会-ベイト・サフール
  • 23. アラブ正教慈善団体-ベイト・ジャラ
  • 24. アラブ正教クラブ-ベイト・ジャラ
  • 25. アラブ正教クラブ-ベイト・サフール
  • 26. トロント大学アラブ学生共同体
  • 27. アラブ思想フォーラム、エルサレム(AFT)
  • 28. ヘブロン-フランス文化交流協会
  • 29. ナジデ協会(レバノン)
  • 30. 環境品質局(ジェニン)
  • 31. バーダー開発復興協会(ガザ)
  • 32. ビサン研究開発センター(ベツレヘム)
  • 33. カナダ・パレスチナ財団(ケベック、モントリオール
  • 34. 自由防衛センター(ラマラ)
  • 35. 科学文化センター(ガザ)
  • 36. 商工会議所(ラマッラ–アルビレ地区
  • 37. 児童発達娯楽センター(トゥルカレム)
  • 38. トゥルカレム、民衆参加委員会
  • 39. 国際児童基金パレスチナ支部(DCI/PS)(ラマラ)
  • 40. El-Funoun パレスチナ民衆舞踊団
  • 41. エンサン民主主義人権センター(ベツレヘム)
  • 42. 環境教育センター(ベツレヘム)
  • 43. FARAH-パレスチナ子どもセンター(シリア)
  • 44. ガサン・カナファニ開発協会(ガザ)
  • 45. ガッサン・カナファニ・フォーラム(シリア)
  • 46. ガザ・コミュニティ・メンタルヘルス・プログラム(GCMHP)
  • 47. ゴラン・フォー・ディベロップメント(占領地シリア・ゴラン高原
  • 48. ハルフール文化フォーラム(ヘブロン)
  • 49. ヒマエ人権協会(ウム・アル・ファーム
  • 50. ホーリーランド・トラスト(ベツレヘム)
  • 51. 老人のための聖ニコラスの家(ベイト・ジャラ
  • 52. 人権保護センター(レバノン)
  • 53. In’ash al-Usrah Society(ラマッラー)
  • 54. ベツレヘム国際センター(ダール・アン・ナドウェ)
  • 55. イスラ慈善協会(ベツレヘム)
  • 56. ジャフラ・ユース・センター(シリア)
  • 57. ジャンダー・センター、アル・アッザ(ベイト・ジブリーン)難民キャンプ、ベツレヘム
  • 58. エルサレム女性センター(JCW)
  • 59. エルサレム法律扶助人権センター(JLAC)
  • 60. ハリル・アル・サカキニ文化センター(ラマラ)
  • 61. エルサレム土地研究センター(LRC)
  • 62. 解放囚協会(パレスチナ)
  • 63. 社会開発地方委員会(ナブルス)
  • 64. 障害者リハビリテーション地方委員会(ナブルス)
  • 65. MA’AN TVネットワーク(ベツレヘム)
  • 66. パレスチナ医療援助(カナダ)
  • 67. MIFTAH-世界対話と民主主義促進のためのパレスチナ・イニシアチブ(ラマラ)
  • 68. ムワティン(パレスチナ民主主義研究所)
  • 69. 殉教者家族全国フォーラム(パレスチナ)
  • 70. 近東教会協議会難民事業委員会-ガザ地区
  • 71. ベツレヘム・キリスト教団体ネットワーク(NCOB)
  • 72. パレスチナ正義と平和協議会(エルサレム)
  • 73. パレスチナカウンセリングセンター(エルサレム、PCC)
  • 74. パレスチナ民主青年同盟(レバノン)
  • 75. パレスチナ民主連合(パレスチナ)
  • 76. パレスチナ農民協会(ガザ)
  • 77. 水・環境資源開発のためのパレスチナ水文学グループ(ガザ)
  • 78. パレスチナ囚人協会(西岸)
  • 79. パレスチナ消費者保護協会(ガザ)
  • 80. 平和と民主主義のためのパレスチナ大学生フォーラム(ヘブロン)
  • 81. パレスチナ女性闘争委員会
  • 82. パレスチナ開発女性社会
  • 83. 民衆芸術センター、アルビレ
  • 84. 囚人友の会-アンサル・アル・サジーン(イスラエル、マジャド・アル・クルム
  • 85. 公共援助協会(ガザ)
  • 86. ラマラ人権研究センター
  • 87. 聖アフラム協会(ベツレヘム)
  • 88. サン・ヴァンサン・ド・ポーレ=ベイトジャラ
  • 89. 高齢者協会-ベイト・ジャラ
  • 90. 社会開発センター(ナブルス)
  • 91. 自己開発協会(ヘブロン)
  • 92. 社会事業協会(トゥルカレム)
  • 93. ボランタリーワーク・文化協会、ウム・アル・ファーム
  • 94. 囚人・被拘禁者友の会、ウム・アル・ファーム
  • 95. 墨東・政治犯連帯グループ(トロント)
  • 96. タマー地域教育研究所(ラマラ)
  • 97. TCC-教師創造性センター(ラマラ)
  • 98. ウィアムセンター(ベツレヘム)
  • 99. 女性問題技術委員会、ラマッラーとガザ(WATC)
  • 100. エルサレム女性研究センター(WSC)
  • 101. エルサレム女性法律扶助・カウンセリングセンター(WCLAC)
  • 102. 教育と文化のためのヤファ(ナブルス)
  • 103. ヤズール慈善協会(ナブルス)
  • 104. YMCA(エルサレム東部 105. 青年協力フォーラム(ヘブロン)
  • 106. YWCAパレスチナ
  • 107. ザカート委員会(アル・カダー、ベツレヘン)
  • 108. ザカート委員会(ベツレヘム、デヘイシェ・キャンプ

付録3

イスラエル国際学術ボイコットのためのPACBIガイドライン

(2010年8月改訂)

2004年の設立以来、PACBIはイスラエルの学術・文化機関のボイコットを提唱してきた。その前提は、これらの機関がパレスチナ人の国際法で保証された基本的権利を否定する抑圧体制に加担しているというものである。この立場は、パレスチナ高等教育評議会(CHE)による「パレスチナとイスラエルの大学間の科学技術分野における非協力」1という権威ある呼びかけと一致している。特に学術機関は、パレスチナにおけるシオニスト入植者=植民地プロジェクトのイデオロギー的・制度的足場の一部であり、パレスチナ人に対する支配と抑圧の構造を維持することに深く関与している。イスラエルのアカデミーは、その創設以来、イスラエルの覇権的な政治的・軍事的体制と一蓮托生であり、一握りの良心的な学者の努力にもかかわらず、現状を支持し、永続させることに深く関与している。

CHEボイコットの呼びかけは別として、イスラエルに対するアカデミック・ボイコットを求める市民社会の最初の努力は、イスラエルがパレスチナの都市、町、難民キャンプ、村に破壊的な攻撃を開始し、パレスチナ社会の制度を標的にし、地域社会、住宅地、都市インフラに大混乱をもたらした2002年まで遡ることができる。2002年4月、欧州の120人の学者・研究者が、EUと欧州科学財団によるイスラエルへの支援モラトリアムの採択を求める声明を発表したのに続き、同年、米国、フランス、ノルウェー、オーストラリアの学者たちが、ボイコット推進のイニシアチブを数多くとった。特に注目すべきは、英国の学術組合の年次大会で 2002年以来、ボイコット関連の決議が議論され、可決されている。PACBIの英国における重要なパートナーであるBRICUP2 は、英国内外の組合運動において学術ボイコットを普及させるための継続的な闘いに尽力してきた。

2003年10月、ディアスポラとパレスチナ占領地のパレスチナ人学者・知識人グループによって、初のパレスチナ人ボイコット呼びかけが発表された。それまでのすべてのボイコット・イニシアチブを土台として、PACBIは2004年にラマラで「イスラエルに対する学術的・文化的ボイコットのための呼びかけ」を発表し、世界中で着実に成長し、持続可能な組織的学術ボイコット活動のパレスチナ的基準を提供した。2008年12月から2009年1月にかけてのイスラエルによるガザ地区への致命的な攻撃は、さらなる活動のきっかけとなり、それ以降、BDSの精神に則り、イスラエルの学術機関を対象とした取り組みが目覚ましく発展した。こうした取り組みは、オーストラリア、カナダ、アイルランド、ノルウェー、エジプト、スウェーデン、スコットランド、レバノン、スペイン、米国、イタリア、フランスなどから発信されている。特に心強いのは、PACBIに触発され、PACBIの呼びかけに基づくUSACBI(US Campaign for the Academic and Cultural Boycott of Israel)の設立である。

占領され包囲されたガザ地区に対するイスラエルの侵略戦争の余波を受け、特にガザのパレスチナ人学生・青年団体はPACBIの呼びかけを支持した3。

PACBIは、イスラエルに対するアカデミック・ボイコットを推進するために、数カ国のパートナーとともに6年間集中的に活動する中で、多くのアカデミック・プロジェクトやイベントを調査し、それらに対するボイコット基準の適用可能性を評価し、それに応じて公開書簡や声明、勧告的意見を発表してきた。この経験に基づき、また、会議から交流プログラム、研究活動に至るまで、多様なプロジェクトに学術ボイコットを適用するためのPACBIの具体的なガイドラインを求める声が急増していることを受け、当キャンペーンは、学術界のニュアンスや特殊性に具体的に対応した、明確で一貫性のある首尾一貫した基準とガイドラインを以下に示す。

これらのガイドラインは主に、世界中の良心的な学者や学術団体が、パレスチナ人のボイコット要請に従うことを支援し、この地域における公正な平和の確立に貢献することを目的としている。文化的ボイコットに関する同様のガイドラインは、PACBIによって発行されている4。

学術ボイコットガイドライン

南アフリカにおける反アパルトヘイト闘争や、パレスチナにおける入植者植民地主義に対する市民的抵抗の長い伝統に触発され、PACBIの呼びかけ5 は、学者や文化人に「イスラエルの占領、植民地化、アパルトヘイト体制を終わらせる闘いへの貢献として、イスラエルのすべての学術・文化機関を包括的かつ一貫してボイコットすること;

2. 国内および国際的なレベルで、イスラエルの教育機関に対する包括的なボイコットを提唱し、これらの教育機関へのあらゆる形態の資金援助や補助金の停止を含む;

3. 国際的な学術機関によるイスラエルからのダイベストメントと非投資を推進する;

4. 学術団体、専門家団体、文化団体による決議採択に働きかけ、イスラエルの政策を非難する;

5. パレスチナの学術・文化機関を直接支援するが、その際、明示的・黙示的な条件としてイスラエル側との提携を要求しない。

ボイコットの呼びかけに該当する学術活動のさまざまなカテゴリーについて論じる前に、そして一般的な最優先規則として、イスラエルのすべての学術機関は、そうでないことが証明されない限り、イスラエルの占領を維持し、基本的なパレスチナ人の権利を否定することに加担していることを強調することが重要である。それは、沈黙を通じてであれ、イスラエルの国際法と人権に対する侵害を正当化し、白紙に戻し、あるいはそうでなければ意図的に注意をそらすことに実際に関与していることを通してであれ、あるいは実際に、これらの侵害の設計と実行において国家機関と直接協力していることを通してであれ、である。したがって、これらの機関、そのすべての活動、そしてそれらが主催または支援するすべてのイベントはボイコットされなければならない。これらの共謀機関を明確に代表する個人が関与するイベントやプロジェクトも、同様にボイコットされるべきである。従って、単にイスラエルのアカデミーに所属している、あるいはその代表であるというだけでは、ボイコットを適用するための十分な条件とはならない。

ボイコット可能なイスラエルの研究機関への訪問や活動に固執し、パレスチナ・ボイコットに違反する国際的な学者や文化人を受け入れようとしないパレスチナ市民社会機関が増えている。ボイコットの 「ピケットライン」を越える人々を受け入れることは、植民地的抑圧者と被植民者の間に 「偽りの対称性」や 「均衡」を提示することで、ボイコットを弱体化させるだけだと、多くのパレスチナ人団体は認識している。

パレスチナ人の権利を擁護する国際的な支援者や擁護者によるパレスチナ占領地への訪問は、パレスチナ人にとって常に励ましとインスピレーションの源とみなされてきたが、PACBIと多くのパレスチナ人機関は、連帯にはボイコットガイドラインを尊重することも必要だと考えている。

この文脈において、個人の学問の自由は完全かつ一貫して尊重されるべきであるが、イスラエル人であろうとなかろうと、個々の学者が、(PACBIのボイコット基準の範囲を超えて)世界中の良心的な市民が、当該学者が特に攻撃的な行為や発言と広く認識されるもの(暴力を直接または間接的に扇動するなど)に応じて呼びかけるボイコットの対象から免れることはできない; 戦争犯罪やその他の重大な国際法違反の正当化-間接的な擁護-、人種的中傷、人権侵害への実際の参加など)。 ). このレベルでは、イスラエルの学者は、正当な批判や、ボイコットを含むあらゆる合法的な抗議行動から自動的に免除されるべきではない。

特に、研究者、講演者、イベントが、戦争犯罪、人種差別、アパルトヘイト、基本的人権の抑圧、重大な国際法違反を明白に正当化、擁護、助長していることが明らかになった場合である。

上記を踏まえ、PACBIは、可能な限り、また関連する限り、世界中の学者、学者団体・組合、学術機関に対し、世界のアカデミズムにおけるイスラエルの正常化を促進し、イスラエルの国際法違反やパレスチナ人の権利侵害を白紙に戻し、あるいはボイコットに違反するようなイベント、活動、協定、プロジェクトのボイコット、および/またはその中止・取り消しに向けた取り組みを強く求める。

具体的には、イスラエルに対するパレスチナのアカデミック・ボイコットは、以下のイベント、活動、状況に適用される: 1. イスラエルの機関が開催または共催する学術イベント(会議、シンポジウム、ワークショップ、書籍や博物館の展示など)。イスラエルで開催されるか海外で開催されるかにかかわらず、イスラエルの学術機関またはその学部や研究所が招集または共催するすべての学術行事は、組織上の理由でボイコットされるに値する。ボイコット対象となる活動には、イスラエルの学術団体や協会がイスラエル国外の国際会議で主催・後援するパネルやその他の活動が含まれる。重要なことは、国際的な組織や団体の会議をイスラエルで開催することも含まれるということである。

2. イスラエルの大学や研究機関との機関間協力協定。これらの協定は、海外の大学とイスラエルの大学との間で締結され、通常、教員や学生の交流、さらに重要なこととして共同研究の実施を含む。こうした制度の多くは、欧州の場合は欧州連合(EU)が、その他の地域では独立系財団や政府系財団がスポンサーとなり、資金を提供している。例えば、5年間のEU枠組みプログラムは、イスラエルが唯一の非欧州参加国であり、イスラエルの大学における研究の発展にとって極めて重要であった。この協定の下で、イスラエルと欧州の大学は、主にエラスムス・ムンドゥスやテンポス制度を通じて、教職員や学生の交換やその他の活動を行っている6。

3. イスラエルにおける留学生のための留学制度。これらのプログラムは通常、イスラエルの大学に設置され、イスラエルの宣伝活動の一環であり、留学生にイスラエルの「良い経験」をさせることを目的としている。こうした制度の広報や募集は、海外の大学の学生課や学術部門(中東や国際研究センターなど)を通じて組織される。

4. 学長や学長など、イスラエルの学術機関の公式代表者による国際的な場での演説や講演。

5. イスラエルの学術機関の公式代表者(名誉学位やその他の賞の授与など)、またはイスラエルの学術・研究機関に与えられる特別な栄誉や承認。このような機関やその公式代表者は共犯者であり、このような承認は拒否されるべきである。

6. パレスチナ/アラブ/イスラエルの共同研究プロジェクトやイベント、特にEUや国際的な助成団体から資金提供を受けているもの。パレスチナの学者が研究助成金を獲得する最も簡単な方法は、イスラエルのパートナーとともに申請することであることは広く知られている。これは政治的な動機に基づく研究の最たるものであり、パレスチナの研究機関の研究能力を直接的かつ独自に強化するのではなく、卓越した拠点としてのイスラエルの研究機関の正当性を高めることに貢献している。「科学は政治の上にある」という議論は、このような共同研究を正当化するためにしばしば用いられる。PACBIの見解では、抑圧する側と抑圧される側の研究機関の間、あるいは抑圧する側と抑圧される側の学者の間に、支配の構造が残っている間は、正常な共同研究は不可能である。実際、このようなプロジェクトは現状に挑戦するものではなく、現状の持続に貢献するものでもない。一例として、水と環境の分野におけるパレスチナ/アラブ/イスラエルの研究努力は、アパルトヘイトの現実を所与のものとしている。アパルトヘイトの現実を認識することなく、パレスチナ/アラブとイスラエルの水と環境の「問題」に相応のものとして取り組むことは、その現実の継続に貢献するだけである。 文化分野と同様、パレスチナ人、アラブ人、イスラエル人が関わるイベントやプロジェクト(教育者、心理学者、歴史家などが関わるものなど)は、それぞれの物語や「トラウマ」をあたかも同等であるかのように提示することで、「両者」の「バランス」を促進するものであり、また、植民地支配者と被植民地支配者、抑圧者と被抑圧者が「紛争」の責任を等しく負っているという誤った前提に基づくものであり、意図的に欺くものであり、知的不誠実であり、道徳的に非難されるべきものである。このようなイベントやプロジェクトは、多くの場合、正義の要件に取り組むことなく、対話や「両者の和解」を促そうとするものであり、抑圧と不正義の常態化と永続化を促進するものである。パレスチナ人および/またはアラブ人とイスラエル人を結びつけるこのようなイベントやプロジェクトはすべて、パレスチナ人の権利の明確な承認に基づき、占領やイスラエルによるパレスチナ人弾圧への反対という明確な文脈の中で組み立てられていない限り、ボイコットの有力な候補となる。PACBIがこのようなイベントやプロジェクトを評価する際に考慮するその他の要素は、資金源、プロジェクトやイベントのデザイン、主催団体の目的、参加者、および同様の関連要素である。

7. イスラエル政府と他の政府または機関との間の協定または契約の枠組みにおける研究開発活動。このようなプロジェクトの研究者は、アメリカ、ヨーロッパ、その他の大学に所属している。例としては、イスラエル人と米国人の研究を支援するために1972年に米国とイスラエルの政府によって設立された機関である米国・イスラエル二国間科学財団(BSF)や、1985年に設立された欧州の政府間イニシアティブである「ユーレカ・イニシアティブ」などがある。

8. 国際企業のための研究開発活動で、イスラエルの大学の学部やセンターと契約またはその他の機関協定を結んでいる。

9. 世界の機関におけるイスラエルの団体の会員資格。このような加盟に異議を唱えることは容易ではないが、国際フォーラムにおけるイスラエルの加盟停止を要求する的を絞った選択的キャンペーンは、国際法を尊重するまで国家に圧力をかけることに貢献する。アパルトヘイト(人種隔離政策)時代に南アフリカ共和国が世界の学術団体、とりわけその他の団体で加盟を停止されたように、イスラエルも加盟を停止されなければならない。

10. イスラエルの大学を拠点とする学術ジャーナルへの論文掲載や査読、あるいはそのようなジャーナルに掲載された資料の転載許可を与えること。これらの学術誌には、国際的な団体によって発行され、イスラエルの大学に所蔵されているものも含まれる。これらの学術誌の編集部をイスラエル国外の大学に移転する努力をすべきである。

11. イスラエルの大学やボイコット可能なその他の機関において、あるいはその機関によって、著作権で保護された、あるいは一般に公開されていない素材、たとえば美術作品や視聴覚製品の利用を、その目的にかかわらず許可すること。

12. イスラエルの大学における採用や昇進の決定について、候補者の研究の査読8やイスラエルの資金提供機関のための研究提案書の査読を通じて助言すること。このようなサービスは、学者がその職業に対して日常的に提供しているものであり、加担している機関から差し止められなければならない。

PACBI

www.pacbi.org

付録4

イスラエル国際文化ボイコットのためのPACBIガイドライン

(2010年10月改訂)

2004年4月以来、PACBIは世界中の知識人・研究者に対し、「イスラエルの占領、植民地化、アパルトヘイト体制を終わらせる闘いへの貢献として、イスラエルのすべての学術・文化機関を包括的かつ一貫してボイコットする」よう呼びかけてきた1。

2006年、映画監督やアーティストを含むパレスチナの文化関係者の圧倒的多数が、何百人もの国際的な文化関係者の支持を受け、良識あるすべての国際的なアーティストや映画製作者に対し、イスラエルに対する組織的な文化ボイコットに参加するよう訴えた2。これに対し、著名なイギリスのアーティストであり作家であるジョン・バーガーは声明を発表し、何十人もの著名な国際的なアーティスト、作家、映画製作者が、パレスチナの文化ボイコットの呼びかけに賛同するよう、あらゆる国の同僚に呼びかけた3。

この文化ボイコットの精神とその論理に則って 2008年5月8日、『インターナショナル・ヘラルド・トリビューン』紙の半ページ広告で、「祝う理由はない」という旗印のもと、マフムード・ダルウィッシュ、オーガスト・ボアル、ケン・ローチなど、数十人の国際的な著名文化人がパレスチナ文化ボイコットを呼びかけた、 マフード・ダルウィッシュ、アウグスト・ボアール、ケン・ローチ、アンドレ・ブリンク、エラ・ショハット、ジュディス・バトラー、ヴィンチェンツォ・コンソロ、イラン・パッペ、ダヴィド・トスカーナ、アハロン・シャブタイを含む数十人の国際的な文化人たちが、イスラエルの「60周年」を祝う世界的な祝賀行事に反論する声明に署名した: 祝う理由はない!60周年を迎えたイスラエルは、パレスチナ難民が、「非ユダヤ人」であるという理由だけで、国連が承認した権利をいまだに否定し続けている。数々の国連決議に違反して、いまだにパレスチナやアラブの土地を不法占拠している。米国と欧州の経済的、外交的、政治的支援により、国際法に違反し、基本的人権を侵害し続けている。自国のパレスチナ市民をいまだに制度化された差別で扱っているのだ4。

南アフリカのアパルトヘイトに対する文化的ボイコット運動は、パレスチナのボイコットの呼びかけとその基準を策定する上で、大きなインスピレーションの源となった。その中で、反アパルトヘイトの文化・スポーツボイコットに対して、南アフリカのアパルトヘイト政権とその擁護者たちが世界中で展開してきた重要な議論、すなわちボイコットは表現と文化交流の自由を侵害するという議論に、国連アパルトヘイト反対センターのエヌガ・S・レディは1984年に断固として反論した。レディは1984年にこう書いている。アフリカの多数派にあらゆる自由を否定している南アフリカの政権が、世界の芸術家やスポーツマンの自由の擁護者になるというのは、控えめに言っても奇妙なことだ。私たちには、南アフリカでパフォーマンスをしてきた人々のリストがある。それは、状況を知らなかったり、金の誘惑に負けたり、人種差別を気にしなかったりしたためだ。彼らは、アパルトヘイトを楽しませるのをやめ、アパルトヘイトマネーから利益を得るのをやめ、アパルトヘイト政権のプロパガンダ目的に奉仕するのをやめるよう説得される必要がある5。

同様に、パレスチナのボイコットの呼びかけは、イスラエルの植民地・アパルトヘイト政権の目的に奉仕し続ける文化施設、プロジェクト、イベントを対象としている。

イスラエルに対する文化的ボイコットを推進するために、数カ国のパートナーとともに何年にもわたって精力的に活動する中で、PACBIは何十もの文化プロジェクトやイベントを徹底的に精査し、それらに対するボイコット基準の適用可能性を評価し、それに応じて、それらに関する公開書簡や声明、勧告的意見を発表してきた。この点で得られた最も重要な結論は、以下の2点: (a)このようなイベントやプロジェクトの多くは、不確かでグレーな領域にあり、評価することが難しい。(b)ボイコットは、加担した機関だけでなく、植民地支配とアパルトヘイトの機構を再生産する、それらの間に内在する有機的なつながりも対象としなければならない。この経験に基づき、また、映画祭から美術展、音楽・舞踊公演、会議に至るまで、多様なプロジェクトに文化ボイコットを適用するためのPACBIの具体的なガイドラインを求める声が急増していることを受け、本キャンペーンでは、文化分野のニュアンスや特殊性に具体的に対応した、明確で一貫性のある首尾一貫した基準とガイドラインを以下に示す。

これらのガイドラインは、主に、この地域における公正な平和の確立に向けた貢献として、ボイコットを求めるパレスチナの呼びかけを遵守する上で、世界中の文化関係者や組織者の指針となることを意図している。

文化ボイコットガイドライン

文化製品やイベントの様々なカテゴリーについて論じる前に、そして一般的な最優先ルールとして、事実上すべてのイスラエルの文化機関は、そうでないことが証明されない限り、イスラエルの占領を維持し、基本的なパレスチナ人の権利を否定することに加担している。従って、これらの機関(主に主要な国や公的機関)、その製品、そしてそれらが後援または支援するすべてのイベントは、ボイコットされなければならない。同様に、国際的なアーティストや文化関係者は、加担するイスラエルの文化機関やイベントにおいて、作品(映画、インスタレーション、文学作品など)の展示、発表、紹介、講演を行わないよう、また、そのような機関による作品の出版や展示の許可を与えないよう強く求められる。このような加担的な機関を明確に代表する個人が関わるイベントやプロジェクトも同様にボイコットすべきである。

ボイコットの呼びかけに耳を傾けず、「バランスをとるため」にパレスチナの施設を訪問しようとする国際的な文化人は、ネルソン・マンデラが警告した「正義と不正義の平価」を想定していることになる。パレスチナ人の権利を擁護する国際的な支援者や擁護者によるパレスチナ占領地への訪問は、パレスチナ人にとって常に励ましとインスピレーションの源とみなされてきたが、パレスチナ人は、ボイコットの呼びかけを尊重し、パレスチナ施設への訪問とボイコット可能なイスラエルの施設での会議やその他のイベントへの訪問や出席を一緒にしないことが連帯につながると考えるようになっている。ボイコットに違反してイスラエルの文化施設を旅程に入れたいと主張する外国人観光客は、パレスチナの文化施設に歓迎されることを期待すべきではない。

以下すべてにおいて、「製品」とは映画やその他の芸術などの文化製品を指し、「イベント」とは映画祭、会議、美術展、ダンスや音楽の公演、芸術家や作家によるツアーなどを指す。

以下の基準は完全に網羅されたものではなく、特に文化製品やイベントが、戦争犯罪、人種差別、アパルトヘイト、基本的人権の抑圧、国際法の重大な違反を明白に正当化、擁護、促進していることが示された場合、ボイコットのための他の常識的な根拠を先取りしたり、置き換えたり、無効にしたりするものではない。

以上のことから、パレスチナのイスラエルに対する文化ボイコットは、以下のような場合に適用される:

  • (1) イスラエルの公的機関または非イスラエル機関によって委託された文化製品が、ブランド・イスラエルまたは同様のプロパガンダを目的としている6。

イスラエルの公的機関(例. 政府省庁、自治体、大使館、領事館、国またはその他の公的映画基金など)、またはイスラエルのリブランディング活動や組織は、イスラエルであろうと国際的であろうと、組織的な理由でボイコットされるに値する。なぜなら、それらはイスラエル国家またはその共謀組織によって委託され、その結果、イスラエルの占領やパレスチナ人の権利や国際法に対するその他の侵害を薄め、正当化し、白紙に戻し、またはその他の方法で注意をそらすことを目的とした国家のプロパガンダや「リブランディング」活動を助けるために特別に資金提供されているからである。しかし、このような直接的な委託に関する情報は容易に入手できないか、あるいは意図的に隠されている可能性もあるため、このレベルの明確な共犯関係を確認するのは難しいことが多い。

  • (2) イスラエルの公的機関から資金提供を受けているが、委託を受けていない(政治的な紐帯がない)。

ここでいう「政治的紐帯」とは、特に、イスラエル政府またはそれに加担する機関の「リブランディング」またはプロパガンダの努力に直接的または間接的に奉仕することを資金受領者に義務づける条件を指す。上記(1)で定義されたイスラエルの公的機関から資金提供を受けているが、委託を受けておらず、したがって政治的な紐帯がない製品は、それ自体がボイコットの対象となるわけではない。PACBIの基準によれば、国家の政治的・広報的利益に奉仕するよう拘束されることなく、納税者としての文化労働者の権利の一部として国家から資金提供を受けている個々の文化製品は、ボイコット対象ではない。一方、そのような政治的な紐帯を受け入れることは、植民地的でアパルトヘイト的な現実を白日の下に晒し、曖昧にしようとするイスラエルの努力に加担することであり、結果としてボイコット対象となる。

この文脈では、個人の表現の自由、特に芸術的表現の自由が完全かつ一貫して尊重されるべきだが、個々のアーティスト、映画制作者、作家などは、イスラエル人であろうとなかろうと、その自由を免れることはできない、 イスラエル人であろうとなかろうと、(PACBIのボイコット基準の範囲を超えて)世界中の良心的市民が、当該文化人の特に攻撃的な行為や発言(憎悪や暴力を直接または間接的に扇動するもの、戦争犯罪やその他の重大な国際法違反を間接的に擁護するもの、人種差別的中傷、人権侵害への実際の参加など)と広く認識されるものに対して呼びかけるボイコットの対象から免れることはできない。このレベルでは、イスラエルの文化関係者は、正当な批判や、ボイコットを含むあらゆる合法的な抗議行動から自動的に免除されるべきではなく、同じカテゴリーに属する他の犯罪者と同様に扱われるべきであり、良くも悪くもない。

  • (3) イベントの一部または全部が、イスラエルの公的機関またはそれに加担する機関によって後援または資金提供されている。

一般的な原則は、イベントやプロジェクトは、イスラエルの公的機関または共犯機関の後援/庇護の下で、またはそれと提携して実施されることは、共犯を構成し、したがってボイコットに値するということである。同じことが、ブランド・イスラエルを目的とする非イスラエル機関からの支援や後援にも当てはまるかもしれない。また、イスラエルのアーティストや作家、その他の文化関係者が、国際的なイベントへの参加費用(あるいは彼らの文化的成果物)を賄うために国家資金を申請する場合、イスラエルの公式宣伝活動に貢献することを受け入れなければならないことは、今やよく知られている。そのために、文化人はイスラエル外務省と「最高の専門的サービスを外務省に提供するために、忠実かつ責任を持って、たゆまず行動することを約束する」ことを拘束する契約書に署名しなければならない。サービス提供者は、自分にサービスを発注する目的が、イスラエルの好意的なイメージ作りに貢献することを含め、文化芸術を通じてイスラエル国家の政策的利益を促進することであることを認識している」7。

  • (4) イスラエルの公的機関またはそれに加担する機関から資金提供または後援を受けていない。

上記の基準のいずれかに違反しない限り、イスラエルの公的機関またはその他の共謀機関の後援がない場合、イスラエルの文化人の個々の製品自体は、その内容やメリットにかかわらず、ボイコット対象とはならない。

  • (5) イベントやプロジェクトが、誤った対称性や 「バランス」を促進するものである。

パレスチナ人および/またはアラブ人とイスラエル人が関わる文化的イベントやプロジェクトで、それぞれの物語を提示する際に、あたかも同等であるかのように「両者」の間の 「バランス」を促進したり、植民地支配者と被植民地支配者、抑圧者と被抑圧者が「紛争」の責任を等しく負っているという誤った前提に基づいているものは、意図的に欺くものであり、知的不誠実であり、道徳的に非難されるべきものである。このようなイベントやプロジェクトは、多くの場合、正義の要件に取り組むことなく、対話や「両者の和解」を促そうとするものであり、抑圧と不正義の常態化を促進するものである。イスラエル側がパレスチナ人の不可侵の権利を明確に支持していない限り、また、占領やイスラエルによるパレスチナ人弾圧への共同反対という明確な文脈の中でプロジェクトやイベントが組み立てられていない限り、パレスチナ人および/またはアラブ人とイスラエル人を結びつけるこのようなイベントやプロジェクトはすべて、ボイコットの有力な候補となる。PACBIがこのようなイベントやプロジェクトを評価する際に考慮するその他の要素は、資金源、プログラムのデザイン、主催団体の目的、参加者、および同様の関連要素である。

PACBI

www.pacbi.org

ヘイマーケット・ブックスについて

ヘイマーケット・ブックスは、非営利の進歩的な書籍販売・出版社であり、Center for Economic Research and Social Changeのプロジェクトである。私たちは、活動家が今日の社会正義のための多くの闘いに思想、歴史、政治を取り入れる必要があると信じている。過去の勝利と敗北の教訓を学ぶことで、より良い世界を目指す新世代の闘士を育てることができる。カール・マルクスが言ったように、「哲学者たちは世界を解釈したにすぎない。

私たちは、より良い世界のために闘い命を捧げた、私たちの名前の由来であるヘイマーケット殉教者たちからインスピレーションと勇気を得ている。彼らの1886年の1日8時間労働制のための闘いは、世界中の労働者に、普通の人々も自分たちの解放のために組織化し闘うことができるということを思い出させる。

より詳しい情報、全タイトルのカタログは、www.haymarketbooks.org。

ヘイマーケット・ブックス

危機のガザ: パレスチナ人に対するイスラエルの戦争についての考察

ノーム・チョムスキーとイラン・パペ

The Pen and the Sword: Conversations with Edward Said David Barsamian(エドワード・サイードとの対話)。

ビトウィーン・ザ・ラインズイスラエル、パレスチナ、アメリカの「対テロ戦争」を読むティクヴァ・ホニグ=パルナス、トゥフィック・ハダド

希望と展望ノーム・チョムスキー

パレスチナ共産党1919-1948:国際主義への闘いにおけるアラブとユダヤムサ・ブデイリ

ベルゲン・ベルゼンの日記:1944-1945 ハンナ・レヴィ=ハス、序文:アミラ・ハス

著者について

オマール・バルグーティは独立系のパレスチナ人コメンテーターであり、人権活動家である。パレスチナの対イスラエル学術・文化ボイコットキャンペーン(PACBI)とパレスチナ市民社会の対イスラエル・ボイコット、ダイベストメント、制裁(BDS)キャンペーンの創設メンバーである。コロンビア大学で電気工学の学士号と修士号、テルアビブ大学で哲学(倫理学)の修士号を取得。

a リサ・タラキはビルジート大学で社会学を教えている。オマール・バルグーティとともに、パレスチナ・イスラエル学術・文化ボイコットキャンペーン(PACBI)の創設メンバーである。

b ハイダー・アイドは、オマール・バルグーティとともにイスラエル学術・文化ボイコット・パレスチナ・キャンペーン(www.PACBI.org)のメンバーである。

c 教育者であるジャクリーン・スフェールは、イスラエル学術・文化ボイコットパレスチナ・キャンペーン(PACBI)の諮問委員会のメンバーである。

d アリ・ムスタファはフリーランスのジャーナリスト、作家、メディア活動家である。イスラエル・アパルトヘイトに反対する連合(CAIA)のメンバーで、現在トロント在住。

貿易販売:

米国ではコンソーシアム・ブック・セールス(www.cbsd.com)。

カナダでは、パブリッシャーズ・グループ・カナダ(www.pgcbooks.ca)。

英国では、ターンアラウンド・パブリッシャー・サービス社(www.turnaround-uk.com)。

オーストラリアでは、パルグレイブ・マクミラン、www.palgravemacmillan.com.au。

その他の国については、パブリッシャーズ・グループ・ワールドワイド、www.pgw.com。

本書の著者の収益はすべて、パレスチナのイスラエル学術・文化ボイコットキャンペーン(pacbi.org)に寄付される。

本書は、ラナン財団とウォレス・グローバル・ファンドからの寛大な支援により出版された

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました