WW3・核戦争アンチウォードットコム

核兵器を使う前に合図を出すプーチンを当てにするアメリカ
US Counting on Putin To Signal Before Using Nukes

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

by レイ・マクガバン 投稿日: 2022年5月12日

5月10日、上院でロシアとの核戦争の可能性について証言した国家情報長官アブリル・ヘインズには脱帽だ。

諜報活動の観点から、彼女はありのままを語った。CIAのウィリアム・バーンズ長官が5月7日付のフィナンシャル・タイムズ紙で語った核使用の典型的な質問より一歩踏み込んだ内容であった。バーンズ氏は、ロシアのプーチン大統領がウクライナで「負けるわけにはいかないと考えている」と指摘した。バーンズ氏はこうも付け加えた。

プーチンがこの時点で抑止されるとは思わない。なぜなら、彼はこの侵略を開始するために行った選択に多くを賭けており、今まさに、倍返しすることで前進できると確信しているのだろう。

バーンズが5月1日のVIPSメモを読んだかどうかは別として、ウクライナ紛争はプーチンにとって必勝であるという重要な判断について、彼と私たちが同じ考えであることを確認できたのは、率直に言ってよかったと思う。

ヘインズは、VIPの警告(ロシアへの「存亡の危機」)をさらに一歩進めた。マーク・ワーナー上院議員(民主党、バージニア州選出)の質問に対し、ヘインズ氏は、飲み込みが悪く、珍しく少し口ごもりながら、「大きな質問」に答えた。

私たちはウクライナを支援しているが、最終的に第三次世界大戦に陥ることは望んでいないし、行為者が核兵器を使用するような状況には陥りたくない。ベリエ将軍が示したように、プーチンが核兵器を使用する可能性が差し迫っているわけではない、というのが私たちの考えだ。ベリエ将軍が指摘したように、プーチンが核兵器を使用する可能性は差し迫ったものではなく、彼の政権とロシアにとって事実上の存亡の危機がない限り、彼がそれを行う可能性は低いと考えている。

ウクライナでの戦争に負けそうだと感じ、NATOが事実上介入してきたり、介入しようとしている場合、そうなる可能性があると思う。

しかし、核兵器に至る前に、エスカレーションの文脈で彼がやることはたくさんあり、また、そうする前に、彼がこれまでやってきたことを超える何らかの合図に関与する可能性があるということだ。

この三段論法で論理を追う勇気があるか?

大前提:核兵器を使って第三次世界大戦になるのは避けたい。

小前提:プーチンはウクライナでの戦争に負けたと認識すれば、核兵器を使うかもしれない。

結論:このように、アメリカはプーチンにウクライナで負けていると「認識」させるために必要なことをする。

 

シュールな話ではないか?でも大丈夫、プーチンは核兵器を使う前に、まず「今までのことを超える」合図をするはずだ。そうに違いない!

プーチンはパラノイアになる必要はない

リンジー・グラハム上院議員の暴言も、ナンシー・ペロシ下院議長やチャーチ・シューマー上院議長の「ウクライナにおけるロシア勝利」の公約も、ロイド・オースティン国防長官の宣伝する「ロシア弱体化」目標も、プーチン大統領にコンプレックスを与えるには必要なかったのである。また、彼が “政権交代”によって排除されるべき人々のリストのトップにいることは、彼にとってある種の驚きでもない。不思議に思うのは、米国の著名な政策当局者が、目前の危険性をよく理解せずに-ヘインズやバーンズのような情報機関のトップが目の前でその危険性を説いても-淡々と進めていることだ。

もちろん、プーチンは幻想を抱いているわけではない。2014年に米国が仕組んだキエフのクーデター(「史上最も露骨なクーデター」という正しいレッテルを貼られた)が、こういうことだったということを彼は十分承知している。このクーデターによって、クレムリンはロシアが直面する実存的脅威に対する理解を深めた。確認が必要だとすれば、それは–驚くべきことに–米国国防情報局からもたらされた。DIAの2015年12月の「国家安全保障戦略報告書」で、DIA長官のヴィンセント・スチュワート中将はこう断言した。

クレムリンは、米国がロシアにおける政権交代のための土台を築いていると確信しており、その確信はウクライナでの出来事によってさらに強まった。モスクワは、米国がウクライナの危機の背後にある重要な推進力であるとみなし、ヤヌコビッチの打倒は、米国が組織した政権交代の努力という長年確立されたパターンの最新の動きであると信じている。

パラノイアであろうとなかろうと、プーチンがウクライナで負けたと「認識」すれば、核兵器が使われる可能性があるということは、そんなふうに平然と扱えることではないだろう。合理的な政策立案者は、上に描いた運命的な三段論法の前提の下にある結論を変更することをお勧めする。

 

レイ・マクガバンは、ワシントン都心部にあるエキュメニカル教会「Church of the Saviour」の出版部門「Tell the Word」で働いている。CIA分析官として27年のキャリアを持ち、ソ連外交政策課長や大統領日誌の作成者・ブリーファーなどを歴任。Veteran Intelligence Professionals for Sanity (VIPS)の共同設立者でもある。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました