グローバルリサーチ食糧危機

政治的妨害行為によって仕組まれた世界的食糧危機に向けて:F. William Engdahl
バイデンは、食料妨害行為を隠すためにウクライナを冷笑的に利用する

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Towards a Global Food Disaster, Engineered through Acts of Political Sabotage: F. William Engdahl

F.ウィリアム・エングダール著

グローバルリサーチ 2022年5月1日

初回発行日:4月27日 2022

一部の悪い役者が、来るべき世界的食糧危機を保証するために意図的に手を打っているように見え始めている。バイデン政権の戦略家が「エネルギーインフレを抑制する」ために行ってきたあらゆる施策が、世界経済への天然ガス、石油、石炭の供給にダメージを与えたり、価格をつり上げたりしている。これは肥料価格や食料生産に大きな影響を及ぼしている。それはウクライナよりずっと前から始まっている。今、バイデンの部下が介入して、春の植え付けに最も重要な時期に、肥料の貨物鉄道輸送を妨害したという報告が流れている。この秋までには、その影響は爆発的に広がるだろう。

アメリカの春植えの重要な時期を迎え、窒素肥料だけでなく、重要なディーゼルエンジン添加剤の米国最大のサプライヤーであるイリノイ州ディアフィールドのCFインダストリーズは、「2022年4月8日金曜日、ユニオンパシフィックは、事前通知なしに、CFインダストリーズに、特定の荷主に鉄道上の自家用車量を直ちに減らすよう義務付けると通知した 」というプレスリリースを発表した。

ユニオンパシフィック社は、大手鉄道会社4社のうちの1社で、合わせて米国農業鉄道貨物全体の約80%を輸送している。CF社のトニー・ウィルCEOは、「ユニオン・パシフィックの今回の措置は、農家にとってこれ以上悪いタイミングはないだろう」と述べている。この出荷制限によって肥料が遅れるだけでなく、春の施肥に必要な追加の肥料が農家に全く届かなくなる可能性がある。この恣意的な制限をほんの一握りの荷主に課すことで、ユニオン・パシフィック社は農家の収穫を危うくし、消費者の食費を増大させているのだ” と。CFはバイデン政権に救済を緊急に訴えたが、今のところ前向きな動きはない。

直接的な妨害行為

CF Industriesは、無期限の厳しい措置の対象となるわずか30社のうちの1社であると指摘した。同社は、主にルイジアナ州のDonaldsonville Complexとアイオワ州のPort Neal Complexからユニオンパシフィック鉄道で出荷し、アイオワ、イリノイ、カンザス、ネブラスカ、テキサス、カリフォルニアなどの主要農州に供給している。この禁止令は、尿素や尿素硝酸アンモニウム(UAN)などの窒素肥料、ディーゼル排ガス浄化剤(DEF)(欧州ではAdBlueと呼ばれる)にも適用される。DEFは、現在のディーゼルトラックには必須の排ガス規制製品である。これがないとエンジンが動かない。尿素から作られる。CF Industries社は、尿素、UAN、DEFを生産する北米最大の企業であり、同社のドナルドソンビル工場は、これらの製品の単一生産工場としては北米最大である。

同時に、バイデン一味は、記録的なガソリンポンプ価格の高騰に対する偽の救済策を発表した。ワシントンは、EPAが夏の間、トウモロコシを原料とするバイオディーゼルとエタノールの混合燃料を50%増加させることを認めると発表した。4月12日、農務長官は、国産のトウモロコシとエタノールのバイオ燃料の使用を増やすという、米政権による「大胆な」構想を発表した。トム・ヴィルサック長官は、この措置が 「自動車やトラック、鉄道、船舶、航空部門におけるバイオ燃料産業の力強く明るい未来を利用し、今夏のE15燃料の使用を支援することによって、エネルギー価格を下げ、プーチンによる値上げ(sic)による消費者物価上昇に対処する 」と主張した。

大文字の “Putin Price Hike “(プーチン値上げ)は、ロシアの行動ではなく、単に石油やガスを段階的に廃止するワシントン・グリーン・エネルギーの決定によるものである。エネルギー価格のインフレは、ロシアの石油とガスの輸出に対する米国とEUの経済制裁のために、今後数ヶ月の間に大幅に上昇する。しかし、中心的なポイントは、バイオ燃料用のトウモロコシの栽培に専念する米国の農地のエーカーごとに、その食糧生産が食物連鎖から排除され、燃料として燃やされるということだ。2007年に米国の再生可能燃料基準法が成立し、エタノール燃料混合用のトウモロコシの生産目標を毎年引き上げることが義務付けられて以来、バイオ燃料はトウモロコシの総栽培面積の大部分(2015年には40%以上)を占めるようになった。この法律によって義務付けられた、トウモロコシを燃料として燃やすというシフトは、牛のインフレ危機が始まるずっと前に、食料の大きな価格インフレを引き起こしていたのである。米国は世界最大のトウモロコシ生産国であり、輸出国でもある。今、天文学的な肥料価格の時に、燃料用トウモロコシエタノールの大幅な増加を義務付け、肥料鉄道輸送がホワイトハウスの命令によって阻止されていると伝えられているが、トウモロコシ価格は天井知らずとなるであろう。ワシントンはこのことをよく分かっている。意図的なものだ。

主要産地であるロシアとウクライナからの輸出が制裁と戦争で阻止されたため、米国のトウモロコシの価格が4月中旬に10年ぶりの高値になったのも不思議はない。バイオディーゼル供給のための米国産トウモロコシのエネルギー効率の悪い使用は別として、バイデンの最新のエタノール構想は、米国のガソリン価格を下げることには何もしない一方で、増大する食糧危機に拍車をかけることになる。米国の飼料用トウモロコシの主な用途は、牛、豚、鶏の飼料として、また人間の食用としてである。この皮肉なバイオ燃料の注文は、米国の「エネルギーの独立」のためではない。バイデンは就任早々、ゼロカーボン政策の一環として、石油やガスの掘削やパイプラインを相次いで禁止することで、この問題に終止符を打った。

明らかにアメリカ政府の食糧戦争になりつつある中で、鳥インフルエンザ感染の兆候があるとして、現在27州で数百万羽の鶏を殺処分するよう養鶏業者に要求するアメリカ農務省によって、状況は劇的に悪化している。H5N1型鳥インフルエンザ “ウイルス “は 2015年に完全なデマであることが暴露された。

今、米国政府の検査官が鳥インフルエンザの判定に使っている検査は、人間のCOVIDに使われているのと同じ信頼性のないPCR検査だ。その割に検査は無価値だ。米国政府当局は、2月に最初の症例が陽性と「検査」されて以来、少なくとも2300万羽の鶏と七面鳥が、大量生産鶏CAFOの信じられないほど不衛生なケージ飼育が原因と考えられる病気の広がりを抑えるために淘汰されたと推定している。その結果、11月以降、卵の価格が300%も上昇し、生活費全般が40年ぶりの高騰を見せる中、アメリカの消費者は鶏肉タンパク源を失うという深刻な事態に陥っている。

さらに悪いことに、カリフォルニア州とオレゴン州では、数年にわたる干ばつで再び水の非常事態が宣言され、米国の生鮮野菜と果物の主要生産地であるカリフォルニア州の農家への灌漑用水を大幅に削減している。この旱魃はその後、ミシシッピ川以西のほとんどの農地、つまり米国の農地の大部分を覆うまでに広がっている。

米国の食糧安全保障は、1930年代のダストボウル以来、かつてない脅威にさらされており、バイデン政権の「グリーンアジェンダ」は、国民にとってその影響をより悪くするためにあらゆることを行っている。

バイデン米国大統領は最近のコメントで、米国の食糧不足は「現実のものになるだろう」と詳しく説明することなく発言している。また、「環境上の理由」で耕作が禁止されている約400万エーカーの農地を耕作できるようにという農民団体の要望にも耳を貸さない。しかし、食糧危機が進行しているのは、この地域だけではない。

世界的な災害

このようなワシントンの意図的な行動は、世界的な一連の食糧災害が、ここ数十年、おそらく第二次世界大戦終結以来最悪の食糧供給状況を生み出しているときに起こっている。

飼料用穀物、肥料、エネルギーのためにロシア、ベラルーシ、ウクライナにかなり依存しているEUでは、制裁がコビッド誘発の食糧不足を劇的に悪化させている。EUは、愚かな「緑のアジェンダ」を口実に、イタリア政府が農家への国家補助を制限するEU規則を無視することを禁じている。ドイツでは、緑の党の新農相チェム・エズデミールが、「温室効果ガス」排出を理由に伝統的農業を段階的に廃止しようとしているが、より多くの食料を栽培しようとする農民には冷たい対応をしている。EUは、米国と同じように食糧安全保障に対する多くの悲惨な脅威に直面しており、EUによって自殺的な制裁を受けようとしているロシアのエネルギーへの依存度がさらに高まっている。

南米の主要な食糧生産国、特にアルゼンチンとパラグアイは、周期的なラニーニャ現象に起因する深刻な干ばつの真っ只中にあり、作物を不自由にさせている。ベラルーシとロシアの肥料に対する制裁は、ブラジルの作物を脅かし、海上輸送のボトルネックに拍車をかけている。

中国は 2021年の大雨のため、今年の冬小麦の収穫が史上最悪になる可能性があると発表したばかりだ。また、中国共産党は農民に非農耕地での栽培を拡大させるために厳しい措置を取っているが、その効果はほとんど報告されていない。チャイナウォッチャーのErik Mertzのレポートによると

「中国の吉林省、黒龍江省、遼寧省では、3人に1人の農民が、春の最適な時期に作付けを始めるための十分な種子と肥料の供給がないと当局が報告している。これらの地域の関係者によれば、海外から中国に輸入された種子と肥料が上海沖の貨物船で滞留しているために、彼らは待ちぼうけになっているという。

世界最大のコンテナ港である上海は、4週間以上も奇妙な「ゼロ・コビッド」完全検疫の下にあり、終わりが見えていない。中国共産党が食糧増産を「命令」するために、中国全土の地方公務員はバスケットコートや道路までも農地に変え始めているのである。中国の食糧事情は、世界的に食糧が不足しているときに、はるかに多くの輸入を強要し、世界の穀物と食糧の価格をさらに上昇させている。

アフリカもまた、米国が課した制裁と戦争によって、ロシアとウクライナからの食糧と肥料の輸出が停止され、深刻な影響を受けている。アフリカの35カ国はロシアとウクライナから食料を調達している。アフリカの22カ国はそこから肥料を輸入している。価格が高騰し、供給が崩壊しているため、代替手段が深刻に不足している。飢饉が予測される。

国連世界食糧計画事務局長のデビッド・M・ビーズリーは、最近、世界の食糧見通しについて、「第二次世界大戦以来、これほどの前例はない 」と宣言している。

注目すべきは、バイデン財務省がロシアとベラルーシに対する最も包括的な経済制裁のリストを作成し、従順なEUに従順に従うよう圧力をかけ、世界の穀物、肥料、エネルギーの供給と価格への影響が完全に予測される制裁を行ったことだ。これは事実上、米国と世界経済に対する制裁であった。

これらは、バイデン・グリーンアジェンダ、ダボス会議、ビル・ゲイツ、ロックフェラー財団による、ディストピア的グレートリセット優生学アジェンダの一環として、アメリカ政府がフードチェーンに意図的に行った妨害行為の最新の例に過ぎない。伝統的な農業は、世界中で、偽の肉やバッタやミミズからのたんぱく質など、実験室で作られた合成食に取って代わられることになる。全ては、地球の気候をコントロールするという栄光のためである。これは本当に狂っている。

 

著者 F. William Engdahl

プリンストン大学で政治学の学位を取得し、石油と地政学に関するベストセラー作家でもある。グローバリゼーション研究センター(CRG)リサーチ・アソシエイト。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました