6692人の患者における0.5%PVP-Iうがい薬と点鼻薬の忍容性と使用感 観察研究

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

うがい・鼻腔スプレー
Tolerability and usability of 0.5% PVP-I gargles and nasal drops in 6692 patients: Observational study

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7834306/

オンラインで2021年1月4日公開

ムバラク・ムハメド・カーン、サプナ・ラムクリシュナ・パラブ⁎

要旨

目的
  1. 耳鼻咽喉科受診者を対象に,0.5%PVP-Iうがい薬および点鼻薬を耳鼻咽喉科受診前の必要条件として5ヵ月間使用し,その有用性を評価する.
  2. これらの患者に0.5%PVP-Iを8日間定期的に使用してもらい、その耐性を評価する。
研究デザイン

観察研究

実施場所

二次医療の耳鼻咽喉科センター

方法

2020年4月15日から 2020年9月15日までに、オフィスでの耳鼻咽喉科診察のために通院しているすべての患者を研究対象とした。合計6692人のオフィス患者を対象に,0.5%PVP-Iうがい薬と点鼻薬の実現可能性、使用性、忍容性を評価した。

結果

0.5%PVP-Iうがい薬および点鼻薬のオフィスでの使用について、実施可能性および使用性の観点から総合的な実用性を評価した。実現性・有用性は、耳鼻咽喉科受診前の患者に対する医療従事者の0.5%PVP-Iうがい薬・点鼻薬の調剤方法の容易さの観点から検討した。耐容性は,味の変化,歯や鼻の皮膚の汚れ,鼻の刺激などの点で評価した。0.5%PVP-Iの使用による重篤な反応や副作用の報告はなかった。

結論

本研究では,0.5%PVP-Iのうがい薬および点鼻薬の実用性と使用感が良好であることが報告され、患者から医療従事者への感染、およびその逆の感染の防止に役立つ可能性があると考えられた。

エビデンスレベル

4.

キーワード

ポビドンヨード、SARS Cov、SARS CoV 2,MERS、予防、PVP-Iうがい薬・点鼻薬、COVID 19,抗ウイルス剤、SARS CoV 2,耳鼻咽喉科受診、グローバルヘルス、公衆衛生

1. はじめに

コロナウイルス感染症2019(COVID-19)の原因となるSARS-CoV2は 2019年12月下旬に中国の武漢で初めて報告され 2020年1月30日に世界保健機関(WHO)によって国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態として宣言された。SARS CoV2ウイルスは、咳やくしゃみを介した呼吸器飛沫や、汚染された表面から粘膜への物理的接触によって感染する。エアロゾル化したウイルスを最小限に抑えて感染を減らすことが重要だ。現在のところ、COVID-19の治療法やワクチンはなく、WHOが推奨する手洗いや社会的距離を保つなどの予防策しかない。ポビドンヨード(PVP-I)は、100年以上前から主に創傷感染症の予防や管理に使用されてきた防腐剤である。その抗菌性、抗ウイルス性、抗真菌性、そして安全性は十分に証明されている。Eggersらの研究[1,2]では、SARS(2002-03年の重症急性呼吸器症候群のパンデミック)やMERS(2012-13年の中東呼吸器症候群のパンデミック)のパンデミックの原因となったコロナウイルスに対するPVP-Iの試験管内試験抗ウイルス活性が実証されている[1,2]。 彼らの試験管内試験研究[1,2]では、有効なPVP-Iの最低濃度は0-23%であった。私たちは、PVP-Iが唾液や鼻汁で希釈されるのを補うために,0.5%の濃度でうがい薬や点鼻薬として使用していた。これは、SARS CoVとSARS CoV-2が類似していることと、PVP-IがSARS CoVに対して殺ウイルス作用を持つことから、COVIDの厳しい時代に、我々医療従事者の防護策として始めたものである。0.5%のPVP-Iは市販されていなかった。0.5%PVP-Iは市販されていなかったので,市販の10%PVP-I溶液から調製し,耳鼻咽喉科受診前の必需品として点鼻薬やうがい薬として使用した。耳鼻咽喉科受診者6692名(COVIDの有無にかかわらず)に0.5%PVP-Iうがい薬と点鼻薬を使用し、中咽頭粘膜と鼻咽頭粘膜の予防対策を行ったことを報告する。我々は,0.5%PVP-I点鼻薬およびうがい薬の再利用に関する以前の研究[3]において、SARS-COV-2の患者から医療従事者への感染、およびその逆の感染を防ぐために、プロトコル化された0.5%PVP-I点鼻薬およびうがい薬を現在のCOVID 19パンデミックで使用すべきであると提案した。我々はまた,手術中の中咽頭,鼻腔,中耳,乳様突起のウイルス量を減少させるために,0.5%PVP-Iを灌流液として使用することを提案した[4]。本研究では,一次エンドポイントとして点鼻薬とうがい薬の調剤の実施可能性と使用感を,二次エンドポイントとして耐性を報告した。

2. 方法および材料

2020年4月15日から9月15日までの5カ月間、当院のセカンダリーケア耳鼻咽喉科センターで耳鼻咽喉科の診察を受けた患者の総数を対象に観察研究を実施した。これらの患者には、診察の15分前に0.5%PVP-Iうがい薬と点鼻薬を調剤した。これには、COVID-19の症状の有無にかかわらず、口や鼻の中や周辺での処置や、これらの部位を通過する処置を受けている患者が含まれた。甲状腺疾患、PVP-Iに対する過去の既知のアレルギー、5歳以下の小児、妊娠中および授乳中の女性は研究から除外された。当院で耳鼻咽喉科を受診した計6692名の患者を対象に,0.5%PVP-Iうがい薬と点鼻薬の使用可能性、使用感、忍容性を評価した。0.5%PVP-Iの使用については,診察前にすべての患者から書面による同意を得た。1日あたりの耳鼻咽喉科の平均受診件数は51.47件であった。研究グループの月ごとの分布を表1に示した。初期の4月、5月、6月は、Covid 19の影響で国が全面的に閉鎖されていたため、患者数が少なかった。

表1 オフィスでの患者における0.5%PVP-Iの月別使用量
2020年の月 患者数
4月 230
5月 315
6月 990
7月 1791
8月 1926
9月 1440
合計 6692

6692名の患者のうち、3105名の患者には0.5% PVP-I点鼻薬が投与され、8日間、定期的に各鼻孔に3~4滴ずつ使用され、4321名の患者には0.5% PVP-Iうがい薬が投与され、8日間、1日4回使用された。主要評価項目として,0.5%PVP-Iうがい薬および点鼻薬の使用可能性および使用感を、副次評価項目として、8日間投与された患者のうがい薬および点鼻薬に対する耐性を評価した。本研究は,施設内倫理委員会の承認を得た。患者とその親族にPVP-Iうがい薬と点鼻薬について説明した。患者の詳細はすべて記録された。

採用した詳細なプロトコルは以下の通りである。

2020年4月15日から 2020年9月15日までに当センターで耳鼻咽喉科を受診したすべての患者に、COVIDの有無にかかわらず,0~5%のPVP-I溶液をうがい薬および点鼻薬として投与した。PVP-Iのうがい薬と点鼻薬の調剤は係員が行い、患者は点鼻薬とうがい薬の投与から 15分後に診察を受けた。また、患者には0.5%PVP-Iのうがい薬と点鼻薬を配布し、8日間、自宅で定期的に使用してもらった。

PVP-Iの0.5%溶液は、市販のPovidone Iodine IP 10% v/wを精製水に溶解したものを使用した。

1mlのPVP-Iを20mlの無菌水/精製水に入れて使用する。

2.1. 塗布方法

使い捨ての紙コップに0~5%のPVP-I溶液10mlを入れてうがいをし、検査の15分前に0.5%のPVP-Iを使い捨てのプラスチックスポイトで両鼻孔に4~5滴ずつ投与した。患者は最低30秒間うがいをするように指示された。

0.5%PVP-Iのうがい薬と点鼻薬の投与方法の容易さから,実施可能性と使用性を検討した。耐用性は,味の変化,歯や鼻の皮膚の汚れ,鼻の刺激などの点で評価した。投与した0.5%PVP-Iうがい薬と点鼻薬に対する耐性をリッカート尺度で評価した(表2)。万一,不都合な副作用が発生した場合には,使用を中止し,直ちに病院に報告するよう求めた。

表2 リッカート尺度
  • 1.1。

    0.5%PVP –うがいや点鼻薬の準備が簡単

同意する→強く同意する 中性 同意しない 強く同意しない
  • 2.2。

    0.5%PVP –うがい薬と点鼻薬は簡単に調剤できます

同意する→強く同意する 中性 同意しない 強く同意しない
  • 3.3。

    0.5%PVP –うがいは歯の汚れを引き起こしません

同意する→強く同意する 中性 同意しない 強く同意しない
  • 4.4。

    0.5%PVP –うがいは喉の炎症を引き起こしません

同意する→強く同意する 中性 同意しない 強く同意しない
  • 5.5。

    0.5%PVP –うがいや点鼻薬は味の変化を引き起こしません

同意する→強く同意する 中性 同意しない 強く同意しない
  • 6.6。

    0.5%PVP –うがいや点鼻薬は私が持っていた苦情に対して効果的に働きました

同意する→強く同意する 中性 同意しない 強く同意しない
  • 7。

    0.5%PVP –点鼻薬は鼻の炎症を引き起こしません

同意する→強く同意する 中性 同意しない 強く同意しない
  • 8.8。

    0.5%PVP –I点鼻薬は鼻の皮膚の汚れを引き起こしません

同意する→強く同意する 中性 同意しない 強く同意しない

3. 結果

当院の耳鼻咽喉科受診者6692名に0.5%PVP-Iうがい薬と点鼻薬を受診15分前に投与した。診察室での0.5%PVP-Iうがい薬と点鼻薬の投与の可能性と有用性を評価した。0.5%PVP-I点鼻薬を定期的に使用することを勧められ調剤された3105名の患者のうち、2753名のみがフォローアップを受けることができた。また,0.5%PVP-Iうがい薬を日常的に使用している4321名の患者のうち、3742名のみがフォローアップと評価に参加できた。0.5%PVP-Iうがい薬と点鼻薬に対する耐性を、係員がリッカート尺度で評価し、フォームに記録した。その結果、21名(0.76%)の患者が0.5%PVP-I点鼻薬の使用初日に鼻のかゆみを訴え、その後の使用を中止した。しかし,0.5%PVP-I点鼻薬およびうがい薬について、重篤な副作用やアレルギー反応を報告した患者はいなかった。リッカート尺度で評価したすべての質問において,0.5%PVP-Iうがい薬および点鼻薬の使用について、93.54%が味の変化なし、89.36%が歯の汚れなし、86.38%が喉の刺激なし、92.22%が鼻の皮膚の汚れなしという好意的な回答が得られた。

0.5%PVP-Iのうがい薬と点鼻薬は、医療従事者に1日3~4回、5ヶ月間使用された。その結果、コービッド19に関連する症状が出た人はいなかった。

4. 考察

鼻腔、上咽頭、口腔、中咽頭は、SARS-CoV-2のウイルス負荷が高い素地であり、中咽頭内で最もウイルス負荷が高い[5]。In vitroの研究では、鼻杯細胞と繊毛細胞が最もACE2を発現していることが示されている[6]。そのため、病気の進行や合併症を抑えるためには、ウイルスの力価を下げることが何よりも重要だ。私たちは、耳鼻咽喉科検査の前に必要なものとして,0.5%PVP-Iの点鼻薬とうがい薬を定期的に使用している。PVP-Iは簡単に調合でき、使用も簡単である。オフィスでの使用でも、自宅での8日間の使用でも、患者さんに十分に受け入れられている。

ポビドンヨードは、クロルヘキシジン、オクテニジン、ポリヘキサニドなどの他の一般的な消毒薬と比較して、最も広い抗菌スペクトルを持つと考えられており[7]、グラム陽性およびグラム陰性の細菌、細菌の芽胞、真菌、原生動物、数種のウイルスに対して有効性を示す。また,口腔内の衛生状態が様々な人を対象に,1%PVP-Iを処置前の抗菌剤として評価した研究では,その効果の持続性が示されている[8]。微生物濃度の低下は,少なくとも4時間は持続することがわかった[8]。さらに、PVP-Iは、細菌性膣炎で観察されたように、細菌感染後の自然な微生物叢を回復させるといういくつかの証拠がある[9]。

PVP-Iは、A型肝炎、インフルエンザ、中東呼吸器症候群、突発性急性呼吸器症候群のコロナウイルスなど、世界的に問題となっているウイルスに対して高い殺傷力を示すことから、世界保健機関(WHO)は必須医薬品のリストに加えている。PVP-Iは,抗菌剤としての多様な用途,世界中での入手のしやすさ,優れた安全性と忍容性を備えており,安価で強力な,広く利用可能な防腐剤の選択肢となる[10]。

PVP-Iの活性成分はヨウ素である。作用機序は、遊離ヨウ素が放出されることから始まり、微生物の代謝経路を破壊し、細胞膜の構造成分を不安定にし、病原菌に不可逆的なダメージを与える[11]。

PVP-Iは何十年も前からうがい薬として使用されている。PVP-Iうがい薬の安全性はよく知られており、刺激性やいかなる副作用もない。また、長期使用による味覚機能の変化や歯の着色、甲状腺への影響もなかった[[12], [13], [14], [15]]。

鼻腔内PVP-Iの使用は新しい概念ではない。術前の鼻腔内除染は、整形外科手術を受ける患者の術後の感染性汚染を軽減するためのルーチンのステップであり、毒性や有害事象の報告はない[16]。PVP-Iの副鼻腔粘膜への反復投与は、慢性副鼻腔疾患に対する安全で効果的な治療法として記述されている。この適用により、粘膜繊毛のクリアランスや嗅覚に有意な影響は見られなかった[17,18]。これらの研究によると、PVP-Iは1.25%の濃度で副細胞の伝染性や繊毛の拍動頻度に病理学的な影響を与えなかった[19]。

使用後4時間の微生物の減少は、中咽頭、口腔、鼻咽頭のウイルス負荷を標的とした0.5%PVP-Iうがい薬および点鼻薬の使用後の検査時に低リスクの期間を与える。医療従事者への感染リスクを低減するだけでなく、定期的に使用することで、陽性患者のウイルス力を低下させ、病気に感染する全体的なリスクを低減することができる。

0.5% PVP-Iをオフィスでの耳鼻咽喉科検査に使用する利点は以下の通りである。

  1. 0.5%PVP-Iのうがい薬や点鼻薬を使用した後の検査は、リスクを伴わない。
  2. 調製と投与が容易である。
  3. 味に変化がない
  4. 歯や鼻の前庭の皮膚を汚さない
  5. 鼻の炎症などの深刻な副作用があまりない
  6. 嗅覚や粘膜繊毛機能に影響を与えない
  7. 甲状腺機能に影響を与えない [15] 。
  8. 安全に使用できる

4.1. 制限事項

  1. Covid 19陽性患者における0.5% PVP-Iの生体内試験でのウイルス殺傷効果を相関させるために、今後、無作為化対照試験を実施する必要がある。

我々は、オフィスでの耳鼻咽喉科検査、オフィスでの内視鏡処置、計画された外科的処置、挿管を,0.5%PVP-Iによる消毒なしで行うべきではないと提案する。

5. 結論

耳鼻咽喉科検査の前に0.5%PVP-Iのうがい薬や点鼻薬を使用することで、検査のためのリスクフリーな間隔を確保することができ、患者から医療従事者への感染のリスクを低減することができる。市販の10%PVP-I溶液から新鮮な状態で調製される。本剤は、市販の10%PVP-I溶液から新鮮な状態で調製されており、調製および分注が容易である。実現可能性が高く、使い勝手がよく、使用に対する耐性も良好である。

コメント コメント欄を設置しました!

タイトルとURLをコピーしました