The Ripple Effect Podcast #338 (Dr. Robert W. Malone | mRNAワクチンの発明者が語る)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

ワクチンロバート・マローン博士

The Ripple Effect Podcast #338 (Dr. Robert W. Malone | The Inventor of mRNA Vaccines Speaks Out)

Ricky Varandas 1:09

波及効果ポッドキャストの別のエピソードについて、私はあなたのホストです。今日のエピソードは素晴らしいものでした。ロバート・マローン博士は、mRNA技術の発明者で、今ではPfizer modernaによって有名になった技術です。この技術は、ファイザー・モデルナのCOVIDワクチンに使用されている技術です。

そして、私たちは驚くべき会話をしました。このポッドキャストをやっていて素晴らしいと思うのは、誰かが1時間、2時間と長く話してくれたとき、その会話があなたをどこへ連れて行くのかを見るのが楽しいということです。

また、私は常にカジュアルな会話を心がけています。そして、本当に重要で面白い情報を共有できるようにしたいと思っています。でも、それだけでなく、これを楽しみたいのです。そして、本当に両方を同時に行うことができるのです。そして幸運なことに、この番組のカジュアルさゆえに、本当に面白くて興味深いポッドキャストが生まれるのです。

そして今日もそうです。彼は、タッカー・カールソンのように多くの番組でインタビューを受けています。彼はTucker Carlsonやthe last American vagabond、dove, big trees, the high wireなど多くの番組でインタビューを受けていますが、それとはまた違った視点で見ることができると思います。今回の対談では、彼のこれまでの経歴を踏まえた上で、本当に楽しく、気持ちの良い会話をすることができ、彼と話すのがとても楽しかったです。

番組終了後には、「ああ、あれは素晴らしかった」と思えるような番組でした。なぜなら、時々、驚くような会話をすることがあるからです。それはどこでも、あるいはジムででも、誰かと会話をすることになります。ジムで誰かと会話をしていて、「すごい会話だな」と思ったり、面白い視点やアイデアを共有したり、バーで誰かが隣に座ったりすることもありますよね。

しかし、それを録音し、人々がそれを聞いて一緒に体験したり、旅に出たりすることができる場所で共有することができる。それは本当に貴重なことだと思っています。もうこのイントロが長くなってしまいました。長いポッドキャストになりますが、皆さんに聴いていただくのがとても楽しみです。それでは早速、他の内容に入っていきたいと思います。

この番組は “Valley for Valley “です。経済的な支援ができなくても、番組をシェアしたり、レビューしたり、番組のことをみんなに伝えたり、自分のソーシャル・メディア・プラットフォームやどこにでも番組を投稿してください。また、番組を支援したい方は、「Ripple Effect podcast merge calm」へのマージストアをご利用ください。

また、Patreonのページもありますので、そちらでもご支援いただけますし、rockfonのチャンネルもありますので、そちらでもご支援いただけますし、PayPalのアカウントもありますので、そちらでもご支援いただけますし、これらはすべて番組の説明に記載されています。

以上です。このポッドキャストを楽しんでください。私がこのポッドキャストを楽しんだように、皆さんが楽しんでくれることを願っています。そして、次の番組でお話ししましょう。どうぞ、聞こえますか?

Robert W Malone 4:08

聞こえますよ。どうお呼びすればいいいでしょうか?リッキーとかリックとか、どうやって話しましょうか?

Ricky Varandas 4:15

お待たせしました、リッキー・リック、呼び方は何でもいいです……ほとんどの人がリッキーって呼んでるけど、何でもいいですよ。

Robert W Malone 4:25

セニョール・リッキー。いいですね。ありがとうございます。ただ確認したかっただけです。そうですね、あなたの録音許可を受け入れました。音声はどうですか、それともこれでいいですか?

Ricky Varandasス 4:45

ええ、いい音声です。つまり、私はPro Toolsで録音したのです。ですから、もし万が一、後から少しでもきれいにしたいと思ったら、いつでもオーディオ編集をすることができます。オーディオ編集をして、少しでもきれいにしようとすることはいつでもできますが、多かれ少なかれ、この音には満足しています。そうですね。いい音声です。ところで、私に付き合ってくれて本当に感謝していますが、私は何もカットしていません。録音されたものがリリースされるわけではありませんからね。だから、もし私が馬鹿みたいな声を出したとしても、それはそのままで、私はそれをきれいにすることはありません。でも、ええと、でも、一緒にいてくれて本当にありがとう。時事問題について率直な意見を述べると、人々は興奮し、このような話題にとても感情的になるので、率直であることが本当に難しい時代に、勇気を持って率直な意見を述べてくださったことに、いくら感謝しても足りません。このようなインタビューに勇気を持って応じてくれたことに、まず感謝したいと思います。そして

Robert W Malone 5:43

Rickyさん、お待たせしました。はい。ありがとうございました。すみません。妻にコーヒーを持ってくるように合図しているところです。

わかりました、続けてください。すみません

Ricky Varandas 5:52

あなたはどこにいますか?ブーン先生?

Robert W Malone 5:55

ウェストバージニア、いや、バージニア、セントラルバージニアのマディソン郡です。バージニア北部のコンプレックスのすぐ南、シェナンドーのふもとにある50エーカーの馬牧場です。すごいですね。これはあなたが望む以上の情報かもしれませんね。

Ricky Varandas 6:11

知っています。それはそれでいいんです。そうですね。つまり、私は東海岸にいます。私はマサチューセッツ州にいます。私も東海岸にいます。つまり、ポルトガルで生まれ、マサチューセッツで育ち、でも

Robert W Malone 6:23

本当にポルトガル生まれなんですね。よくできていますね。それで、ルシターノを育てました。馬です。おお、いいですね。どの馬ですか?そうです。だから、機会があればポルトガルに行っています。そして、今年の秋にも行く予定です。大きなリストとしては、トンネル・ショーとケージ・ケージ?

Ricky Varandas 6:38

おお、それはすごいですね。ああ、僕は4歳のときに入ったんだ。何かのインタビューであなたの話を聞いたのを覚えていますが、基本的に心を安らかにするには、家族と一緒に農場にいることが必要だと話していましたね。そして、幸せになるためには何もいらない。私がこの番組で常に話している共通のテーマは、私の両親が北ポルトガル出身であることを見てきたことです。私の両親は、そこではただの農民でした。彼らは農民の歴史の中で生まれました。物資はありませんでした。水道もありませんでしたが、大家族でした。彼らはいつもワインを持っています。私の父はワインを作っています。私の祖父もワインを作っていましたし、曾祖父もワインを作っていました。

Robert W Malone 7:20

いい質問ですね。世界一のワインはポルトなんですか?そうです。

Ricky Varandas 7:24

そうですね、面白いですよね、あまり知られていませんが。でも、ポルトガルのポルトガルワインは、ワインの小さな隠された秘密のような気がします。多くの人がポルトガルワインを求めていないのです。しかし、ポルトガルには驚異的なワインがあり、しかもマリオのおかげで非常に安価なのです。

Robert W Malone 7:45

ええ、彼らの赤、彼らの赤は本当に強力なスーツです。そうそう、そこなんですよ。そう、ポルトガルのワインは買わない方がいいですよ。コストが上がって、買えなくなりますからね。

まれに、安価なワインを買ったとしても、毎晩夕食時にワインを飲むので、常に高価なワインを飲んでいる余裕はありませんが、たいていは真ん中に宝石があるように、本当に安いものは頭が痛くなります。普通、ワインはそれで怖くなってしまう。そして、ミドルクラスには宝石があり、次に高級品があり、ミドルには本当に良いワインがたくさんあります。子供たちが寝静まった頃、妻と私はボトルを開けます。どんな味がするのか、どんな香りがするのかわからないまま、ボトルを開けて、一緒に楽しみます。

好きか嫌いか、何かをつまんでいるときは、食べている間にどうやって味を変えるかなどの会話をします。これはちょっとした楽しい体験なのですが、なぜこれが関係しているかというと、他のインタビューであなたが話していたように、農場では心が安らぐということは、誰かの性格やその人がどこから来たのか、その人のオリジンストーリーを少しでも知っているということだと思うのです。また、何でもそうですが、何かの歴史を知ることで、今をよりよく理解することができると思います。あなたの人となりを知ることで、あなたがなぜ勇気を出して表に出てきて、自分の意見や見ているものを率直に話すのか、その理由を知ることができました。つまり、「ウィキペディア」を作った人の一人であり、他の人たちも含めて、歴史はこうしている間にも書き換えられているのです。しかし、mRNA技術の発明者が、自分が実際に発明した技術について話しただけで検閲を受けるというのは、あまりにも不条理で、私の心を揺さぶります。なぜなら、ある分野の専門家をゲストに迎えて、私が魅力を感じていても、リスナーが魅力を感じていないような他の分野の話をしてしまうことがあるからです。

それでは最後に、カリフォルニア出身の私からのコメントです。私はポルトガルが大好きです。なぜなら、海の適切な部分に沈む夕日、背中には山があります。ビーチはとても素晴らしいです。世界でも有数のサーフィンができるんだ。そして、人口密度が低い。本物のお城もある。何が気に入らないって?ポルトガルの話はこれくらいにしておきましょう。ここでは利害関係はありません。私はTAPエアウェイズのスポンサーではありません。

Ricky Varandas 10:27

子供の頃、タップに乗ったことがあるんですが、とても面白かったです。ああ、美しい国ですね。世界中を旅している多くの人々を知っていますが、多分、私は少し偏見を持っていると思いますが、他の人々から、そこの人々がどれほどフレンドリーであるかを聞いています。それを聞くと気分が良くなります。国についてもそうですね。また、この国は非常に中立的な国であり、世界の多くの紛争に巻き込まれることはありません。それが少しは役に立っていると思います。

Robert W Malone 10:49

ええ、そういう意味ではスイスのようですね。権威主義的な独裁政権を生き抜いてきたことで、文化的にも大きな影響を受けました。私の経験では、彼らは文化的なルネッサンスを経験しています。特に、歴史的に家庭の外での役割を持たなかった女性たちが、非常に魅力的なことに取り組んでいると思います。ポルトガルの若年層は、アメリカではあまり見られないような知的な活動をしています。

Ricky Varandas 11:25

ええ、そうでしょうね。私たちは、夏に1~2ヶ月間、ポルトガルに滞在しました。私の経験や知識は限られていますが、現地の家族と話したりしています。でも、この国にはたくさんの美しいものがありますよね。私たちが彼らの観光を少しでも手助けできればと思っています。なぜなら、2020年以降は

Robert W Malone 11:49

打ちのめされていることはわかっています。そして彼らはまだこの問題に直面しています。私はポルトガル人の若い記者とポッドキャストをしましたが、その機会を喜んでいました。Enoughは、「でもそうですね、素敵な場所で素敵な文化ですね」と言いました。カリフォルニア出身の私にとっては、ポルトガル語が話せなくても居心地がいいんです。

Ricky Varandas 12:16

ビーチでくつろぐ人々、ワイン文化、外に出てお互いに楽しむ人々など、とてもカリフォルニアらしいと思います。私たちは人生に追われ、特に東海岸ではペースの速い生活を送っていますが、時にはブレーキを踏んで、何世紀にもわたって享受してきたシンプルで小さなことを楽しむことが必要です。

そうですね。早速ですが、あなたの起源に関するストーリーを教えてください。あなたのオリジンストーリーはとても面白いと思います。魅力的な小ネタがたくさんありますよね。この話は、多くの人が興味を持っているであろうmRNA技術の歴史と並行しており、おそらくポルトガルへの愛よりもはるかに興味があるでしょう。しかし、私たちは、あなたの背景、あなたの歴史、そしてそれがどのようにしてmRNA技術へと導いたのかについて、少しずつ説明しています。

Robert W Malone 13:16

これは、Wayback Machineを使っています。カリフォルニア大学デービス校の学部生だった頃にさかのぼります。コンピュータサイエンスを専攻していた私は、残りの人生を窓のない部屋でコンピュータのモニターを見つめて過ごすのは嫌だと思い、コンピュータサイエンスから生物学へと移行しました。今、私は窓のない部屋でコンピューターのモニターを見つめていますが、収入はコンピューターサイエンスの道に進んだ場合の25%程度です。だからこそ私の息子は2人ともコンピューターサイエンティストなのです。

私が医師になろうと決めたのは、様々な理由があったのですが、分子生物学に携わりたいと思ったからです。当時は乳がんの研究をしていたので、学部生の頃は、マリー・ガードナーとボブ・カーディフという二人の指導を受けながら、医学部病理学教室の重要な研究室で実験用のネズミになっていました。ボブは最近、UCSFでAnca遺伝子を発見し、ノーベル賞を受賞した研究室の出身です。私が在籍していた頃、マレーとプレストン・マークスらが1983年から 1984年の初めにかけて、レトロウイルスであるマウス乳腺腫瘍ウイルスモデルを用いて、サルの免疫不全症候群の原因となるレトロウイルスであることを立証しましたが、当時は誰もが知っていました。

これは、集団思考を理解する上で、重要な話です。医学やコンセンサスでは、誰もがエイズは精液が血液に混入して起こると知っていましたし、モグラの硝酸塩ポッパーを乱用していました。それがエイズの原因なのです。レトロウイルス仮説は、当初は否定されていました。私の師匠であるマリーは、昔のHBOの映画を見たことがあると思いますが、バンドが演奏する中で、マレーはボブ・ギャロと一緒にルーク・マンターニャを訪ねました。研究室に戻ってきた彼は、エイズの原因となるウイルスをポケットに入れていることを自慢げに話し、ホールで踊り出しそうになっていたのを覚えています。彼は明らかに無許可でそれを税関に持ち込んだのです。

私の本当の原点は、この研究室で分子生物学、サザンブロット、ノーザンブロットを行っていたことにあります。そうしてRNAを扱うことを学んだのです。その結果、私のように医学博士課程に入学した若い医師科学者がやるべきことは、遺伝子治療、つまりレトロウイルスベクターによる遺伝子治療に一生を捧げることだと確信しました。これは、80年代半ばの当時、ホットなアイデアでした。帯域幅の問題がありますので、聞こえていますよ。そうですね。いいですね。ビデオをインストールしました。

そうです。そのような環境の中で、私は自分のキャリアを科学的なキャリアトレーニングの中で、遺伝子治療を目的としたレトロウイルスベクターの使用に関連して開発されたアイデアに託したいと考えました。そして、そのための機会を探しました。そして、世界で最も良い場所は、ソーク研究所とカリフォルニア大学サンディエゴ校でした。どうぞ。フリーモントのテッド・フリードマンです。二人で働いています。ソーク研究所のエンダース研究室は、めちゃくちゃ競争が激しく、基本的に熾烈なポスドク研究室だったので、行かないように注意されました。そして、私はまだ大学院生でした。

しかし、今にして思えば、私の若い頃のエゴは、ここに行けばいいことがあると思っていました。しかし、警告に耳を傾けるべきではなかったのです。レトロウイルスとは、細胞外に存在するウイルスで、RNAの形をしており、逆転写酵素を使ってDNAの形に変換されます。そのため、1850年代のものとかではなく、レトロと呼ばれています。

Robert W Malone 18:18

そういう性質のものなんですね。そして、それはパッケージ化されたRNAなのです。ですから、パッケージ化された細胞に合成RNAを導入して、そのRNAの構造や、単純なものをパッケージ化するのに必要な配列について質問できるようにしたかったのです。しかし、大学院生としてやるべきことは、何かを見つけ出すことです。それが原動力でした。

そのためには、高品質で大量のRNAを製造する技術を確立し、同じバッチで複数の実験を行えるようにしなければなりませんでした。また、RNAを細胞に注入するための効率的な方法ではないことを証明する方法を開発しなければなりませんでしたが、それを可能にする出来事が次々と起こりました。一方、私はダン・セントルイスというポスドクの指導を受けていました。彼は、レトロウイルスを使ってマウスの細胞に遺伝子を導入し、そのマウスの細胞を再びマウスに移植して外来のタンパク質を発現させるというトランスの研究をしていました。ダンの実験は順調に進んだのですが、

その後、壁にぶつかりました。何らかの理由で、外国のタンパク質の発現が、約3週間後にマウスで止まってしまうのだ。というのも、エンダースの研究室では、もうひとつの研究テーマが遺伝子発現だったからです。転写などを制御することです。つまり、遺伝子のオンとオフをコントロールすることです。主要な仮説は、ある種の遺伝子サイレンシングが起こっていて、外来のレトロウイルス配列をオフにしているというものでした。半分は医学生だった私は、本を読み漁り、外来タンパク質に対する免疫反応であるという結論に達しました。当時、遺伝子治療の世界では、これは異端でした。なぜなら、遺伝子治療という知的構造全体がうまくいかないことを意味していたからです。悪い遺伝子の代わりに良い遺伝子を入れることで、先天的な代謝異常を改善するという考え方です。以上が、70年代のテッド・フリードマンの素晴らしい洞察を最もシンプルにまとめたものです。

Robert W Malone 20:34

これが遺伝子治療のコンセプトになりました。問題は、免疫系はそれが良い遺伝子であるか悪い遺伝子であるかは気にしないということです。気にするのは、機能的には、私が説明しているように、免疫系には知性があり、進化的に違いを認識するということです。そして、通常の自分を認識する細胞を削除します。先天的な代謝異常を持つ子供の場合、病気の原因となっている悪い遺伝子は、免疫学的には正常な遺伝子として認識されます。そこで、良い遺伝子を入れて、この欠陥を持った幼い子供を治そうと考えるわけです。

しかし実際には、その子の免疫システムはその遺伝子を見て、「いやいや、これは外来の遺伝子だから、それを発現している細胞を殺してしまおう」と言うのです。ダンの実験ではそれが起こったのです。遺伝子治療に人生をかけていた私にとって、これは大きな問題になるだろうと思いましたが、私の人生のもう一つの過去が活きてきたのです。

この研究室から 2つの核となる技術が生まれたのです。1つは私が担当したもので、mRNA、合成、送達、発現、細胞と組織に関するものでした。もう1つは、研究室の上級ポスドクであるディンコという男性で、ヴァレリオはアデノウイルスベクター開発の最先端にいました。彼は研究室を辞め、オランダでクルーセルという会社を設立しましたが、約3年後に私のところに来て、「ロバート、君の言うとおりだ、クルーセルを遺伝子治療の研究室から遺伝子治療の会社、そしてワクチンの会社へと方向転換させる必要がある」と言いました。これらの遺伝子治療やmRNAは、ウイルスベクターを使わないワクチン技術ではないかと言われると、名称の面ではトマトのような議論になるかもしれませんが、実際にはどちらもワクチンの適応症に適用される異なるタイプの遺伝子治療技術です。

また、より古典的な遺伝子治療戦略やRNAサイレンシング戦略などにも使用できます。これらは、外来の遺伝物質を細胞内に送り込むものです。その用途は多岐にわたりますが、その中でも最も簡単なものがワクチンです。ワクチンは、遺伝子導入のための超効率的なものを必要とせず、ほんの少しのタンパク質を必要とするからです。そのため、遺伝子治療技術のエントリーレベルのアプリケーションとして、低空飛行の果実のようなものです。私の場合、その発見とは、RNAを正電荷を帯びた脂肪でコーティングして細胞や組織に送り込むことができるというものでした。

この論文は、発表された1990年当時、荒らしに相当する人たちによって一斉に否定された重要な科学論文で、コールドフュージョンに例えられたり、科学がそれを発表すること自体が不適切だと言われたりしました。その後、世界中の何千、何万という研究室で再現され、DNAワクチンが誕生しました。1989年後半には、大量の特許が出願されました。これらのアイデアや技術を網羅した特許が夜な夜な作られていた。

これらの特許は、私が靴下を脱いで入社したVitaleという会社が所有していましたが、当時はまだモーリス・ヒルマンが在籍していたので、ミッドセンチュリーの小児用ワクチンの創始者であるメルク社にカルフォルニア・ライセンスを供与しました。メルク社は、その条件の中で、公共の場で発表する際には自分たちがその発見の功績を称えることを認めてほしいと主張しました。

メルク社とヴィタール社が20年間、ワクチンの開発を試みて失敗したことを除けば、この分野全体が消滅したのも不思議ではありません。彼らは10億ドル以上を費やしたが、そこから製品は生まれなかった。特許は切れ、Vitale社は倒産し、メルク社は基本的には逆合併のような形で解散した。その後、Cure vac bio in techやit’s setなどの新しい企業が爆発的に増え、それが今日の地位を築いたのです。もうひとつの重要な要素は、DARPA(米国防総省)のプログラムで、特にmRNA遺伝子治療とワクチンをターゲットにしていました。これがモデルナの資産となったのです。つまり、モデルナはDARPAの産物なのです。

Robert W Malone 26:19

私たちがよく知っているモデルナワクチンは、NIHのワクチン研究センターで開発されたものです。このようにしてVRCは誕生しました。VRCはBicolの背後にあるアイデアを追求し続けています。その中でも、カリコとワイズマンが発見したRNAの免疫原性と、RNAを工学的に加工してわずかに異なる組成にすることの利点という、2つの重要なブレークスルーを追求しています。これは重要な発見です。完全に可能になるわけではありませんが、物事が少しだけうまくいくようになります。

その中でも特に大きな変革をもたらしたのは、ピーター・カリスの研究でした。カナダのブリティッシュコロンビア大学のピーター・カリスのチームは、この問題に40年も取り組んできました。彼らは、より優れた脂質の配合技術を開発しました。彼らの技術は、バイオインテックバイザーのカラバンケに直接使用されています。そして、それをリバースエンジニアリングしたものがモデルナに使われているのです。

以上、私が経験したRNAワクチンの歴史を序論しましたが、他にも様々な意見があります。私が医学的発見をしたとき、カリフォルニア大学サンディエゴ校の塩たちの間で、誰がその技術を持っているのか、誰が特許を取得するのか、誰が特許から得られるお金を得るのか、といった大規模な争いが起こりました。 私は象の中の小さな羊のようなもので、あれをやれ、これをやれ、他の人と一緒にするな、などと言われ、かなりハードな体験をしました。そして私はPTSDになってしまいました。これも私の原点のひとつで、良い意味でも悪い意味でも大科学を経験したことになります。そして、それは私にちょっとした傷を残しました。それが、私が馬と一緒に過ごすことを楽しむもう1つの理由であり、率直に言って、とても癒されるのです。そうですね。

Ricky Varandas 28:39

科学とは証拠に基づいた情報や研究のことだというのが、人々の解釈だと思います。多くの人は、科学がビジネスであることを忘れていると思いますが、そうではありません。科学や医学を含むすべての産業では、多くのビジネス慣行が行われています。営利を目的とした産業では、製品が何であれ、同じような争いが起こるものです。通の友人であるデルの番組「the high wire」でインタビューを受けたときに、特許の話や誰が特許を感染したかという話が出てくると、突然みんなが血の匂いを嗅ぎ始めて、攻撃的になったという話をしていましたね。そして、ご存知の通りです。

Robert W Malone 29:25

血とは言わないけど、ベンジャミンとは言いますね。 でも、彼らは匂いを嗅いでいました。

Ricky Varandas 29:31

そして、このような状況の中で、中間管理職としての役割を果たしています。つまり、あなたは、「情報は重要ではないのか?あなたの視点を完全に変えてくれましたか?

Robert W Malone 29:47

これが、あなたが触れている認知的不協和で、私のちょっとした故障の原因になりました。つまり、私は寺院にいたのです。当時は6人のノーベル賞受賞者がいて、ジョナス・ソークがいました。フランシス・クリックもそこにいました。私は科学の神殿に行ったのです

私は科学を信じていましたし、それは純粋で高貴な追求だと思っていました。しかし、私は科学とは何かという壁にぶつかってしまったのです。それは、あなたが言うように、お金や権力、ビジネス、地位、名声、富のことです。そして、私が「ノーベル賞フィーバー」と呼んでいるものは、それを具現化したものなのです。率直に言って、私たちはまさにその真っ只中にいます。自分の貢献がノーベル賞に値すると確信し、世界を納得させようとしている人たちがたくさんいます。そして、このことがロバートの歴史からの脱却という部分の根底にあるのかもしれません。

これは文書化されていて、実際に起こっていることです動機はいろいろありますが、私にとっては、今、あなたが触れてくださったことが、私の認知的不協和の核心でした。それは、私がこの世界に素朴に入ってきて、科学や真実についての理想を信じていたのに、現実との遭遇に耐えられなかったということです。穏やかに言ってみましょう。

Robert W Malone 31:15

ええ、ええ、それはこの物語の中でとても重要な部分だと思います。そして、私はとても有名なカナダのYouTuberを知っています。彼女の顔は何ですか?彼女は小さなビデオをたくさん作っています。コメディアンのような感じです。ええ、彼女はあなたとあなたの方法についてのビデオを作りました。

ロバート・マローンとは?「ジョン・ガルトとは何者か」のリフだと思いました。しかし、私は彼女の頭の中に入ることができないと推測しています。ええ、でも彼女が出したものにはとても感謝しています。

そうですね。彼女は、歴史を書き換えたり、ウィキペディアを変えたりしていることを話していましたが、このようなこともあるんですね。歴史家と話していると、歴史は勝者によって書かれている、というようなことを常に繰り返しています。しかし、実際にそれを目の当たりにすると、それがいかに簡単なことなのかがわかるのです。例えば、私には6歳の男の子と4歳の女の子がいますが、ある日振り返って 2020年に何が起こったのかをグーグルで調べたいと思うかもしれません。なんてクレイジーな時代なんだろう、親父の解釈は知っているけど、実際に何が起こったのか調べてみよう、みたいな。見つかるのは、主流の科学、主流のメディア、企業、政府が大衆に強制的に教えたがっている記事だけで、このインタビューや、率直な意見を述べている他の人のインタビューは見つからないでしょう。つまり、特定の情報を抑えてしまうことで、歴史を塗り替え、このタイムラインの認識を永遠に変えてしまうことになるのです。

Robert W Malone 32:56

それが私の発見です。私が魅力的だと思うのは、学者が自分の文献を引用するだけだということです。当時、私は産業科学者でしたから、何が出版されるかをコントロールすることはできませんでした。企業のベールを通さなければならなかったのです。実際、Vital社は、私が特許の有効期間中に作った分野で研究を続けられないように積極的に働きかけてきましたし、他の人たちをブロックするだけでなく、私をブロックしようとしました。なるほど、これがハードボール(強硬手段)のやり方なのかと。私が魅力的だと思うのは、学者は学術文献を引用するだけで、特許文献は引用しないことです。そのため、特許を読んでも、その特許にはすべてのアイデアが記載されているにもかかわらず、DNAワクチンの話でも同じことが起こりました。

自分が発明したと主張する人がたくさんいましたが、私がその話を証明して捨ててから何年も経っていました。このようなことが起きたのです。それは特許にも反映されていますが、彼らはその特許を引用しません。特許に含まれるデータも引用しません。しかし、彼らは何度も、魅力的なレビュー論文が複数あると主張し、私の妻はひどく怒っています。なぜなら、彼らはこのような話ばかりするからです。そして、世の中に出回っている論文でさえも、引用しないか、例えばwikiでしか引用しないのです。例えばwikiでは機関を引用していますが、私の名前や実際にそれを行った人の名前は挙げていません。でも、それが彼らのものになるんです。広く引用されていて、少しずつでも名前を引用しているんです。つまり、非常に意識的な戦略のように見えるのですが、実際にはそうではありません。そしてそれは、主流のメディアやメッセージを通して強化されています。

例えば、私の親友であるカタリン・カリコーは、90年代半ばに私が指導し、彼女をこの分野に導いた人物です。だからこそ、彼女は最初のRNA論文で私を謝辞として引用しています。彼女は、バイオテクノロジーとUPNの両方に関連する主流メディアで積極的に宣伝されており、これらすべての最初の発明者としてロビー活動を行っていると思いますが、彼らは彼女の苦難を物語っています。ハンガリーからの移民が大変だったことは否定しませんが、彼女が独裁政権下でハンガリーのスパイだったことは、都合よく無視されています。だから、「なぜ、あなたとあなたの妻がこのような問題を提起したのか」と聞かれることがあるんです。歴史から抹殺されたことがあまりにもひどいので、何か言わなければならないと思ったのです。

Ricky Varandas 35:51

私が言おうとしていたのは、「何が最初に始まったのか」ということです。率直な意見を述べるようになったのは?ワクチンについての懸念を表明するようになりました。そして、何が起こったのでしょうか?それが最初に起こり、その後、歴史の書き換えが過剰に行われるようになったのです。

Robert W Malone 36:13

このように、歴史の書き換えはかなりはっきりしていました。そして、私はキャリアの中でずっとそのことと向き合ってきました。なぜかというと、人は名声と富を求めているからです。テクノロジーの分野で重要な役割を果たしたと評価されると、バイオテック企業の副社長や、カリフォルニア大学アーバイン校の立派な研究室と補助金付きの正教授のような、魅力的な役職に就くことができるのですこのようなストーリーを利用することで、人々は直接的な利益を得ることができるのです。

カタリン・カリコは、スイスとスペインで2つの主要な賞を受賞しています。そして、アメリカでもヨーロッパの慈善家から賞を授与されました。このように、直接的な金銭的利益だけでなく、あらゆる種類の正当性やその他の周辺的な利益がもたらされています。私にとって、あなたがおっしゃったように、靴下から学んだ厳しい教訓は、名声や富を求める情熱やドラマは、幸せにはつながらないということです。

そして、人はなぜこのような行動をとるのか、ということをたくさん内省してきたと思います。それを理解しようとすることが、私の物語の一部なのです。不老不死を求めること、そして魂の隙間を埋めることだと思います。そして、このドラゴンを追いかけて成功した人、失敗した人から何度も聞かされるのは、そのストーリー性です。子供たちが大きくなったときに、もっと一緒にいてあげたかった。私たち夫婦は、なぜかそのことを強く意識しています。

私たちは結婚して、高校時代の恋人同士で、40年以上になります。私たちは自分自身と子供たちのために尽力していますし、私は健全で倫理的な生活をしています。先日、Twitterに投稿した言葉ですが、LinkedInが謝罪した後、私がLinkedInを訴えるのではないかと期待している人がいました彼らは、「復讐しようとする人間は、まず2つの墓を掘るべきだ」と言いました。これは非常に重要な知恵の一片だと思います。このようにして戦うことができますが、結局は泥の中で豚と格闘するだけになってしまいます。そして、それは幸せをもたらさず、心の平穏も得られないのです。

そして、私は60代前半になりました。そして、「ロバート、あなたはもう年長者だ。でも、もし私が若い同僚にこのことを伝えられるとしたら、すべてのドラマがだんだんと無意味になっていく時が来るということです。そして、人生を振り返ったときに、自分は実際に何をしたのか?自分の人生に変化をもたらしましたか?物事をより良くすることに貢献しましたか?家族や子供の面倒を見たり、道徳的な生活を送ったりしたでしょうか、私は宗教家ではありません。それを公表するのは申し訳ありませんが、私は科学者です。私は科学者であり、それが現実なのです。しかし、私は、強い宗教的信念を持っている人を軽蔑しているわけではありません。しかし、だからといって、仲間を思いやる気持ちや、道徳的な生き方を求めるべきではないとは思いません。これが、私の論理です。それが私の論理であり、私がこの問題と折り合いをつけた理由です。

しかし、PTSDと常に戦わなくて済むように、これらの出来事の多くを脳の中に封じ込めてきました。そのきっかけとなったのは、突然、スイスのジャーナリストから電話がかかってきて、「RNAの記事について話したい」と言われたことでした。RNAの話をしたい」という連絡は初めてだったので、

とても驚きました。私たちは、すべてのデータを箱に詰めて30年間も保管していたのです。そして、その人は詳細を知りたがった。そこで私たちはデータを取り出し、それを調べ、私が長い間隠していたことを思い出したのですが、妻はこの件や歴史の書き換えなどについてかなりの情熱を持っていました。妻は、歴史の書き換えやその他のことについて、かなり情熱的になっていました。

そこで彼女は、すべての文書を集めてストーリーを書き、文書を掲載しました。そうすると、「あなたはRNAを発明した人ではありませんよね。そこで私は、「特許が発行されていますよ、ここにリンクがあります。また、それは慰めにもなりました。私はここで、これまで以上に多くのことを共有しています。もし私がしゃべりすぎていたら、誰か黙っていてください。

Ricky Varandas 42:03

いやいや、この話は全体の中でとても興味深い部分だと思うな。私は、人の話の中にある非常に人間的な側面を聞くのが好きですが、私たちはただの情報、情報にとらわれてしまうことがあります。私たちは、情報、情報、情報だけに夢中になることがあると思いますが、その情報とは、個人的なストーリーを持つ人々のことです。

Robert W Malone 42:21

そして93年頃、私は仕事をしていました。なんとか医学博士号を取得し、インターンと病理学を終え、たくさんの大きな助成金を獲得し、UC Davisで遺伝子治療プログラムを立ち上げていました。私のキャリアの中で、助成金や契約で100万ドル以上の資金を得て、さらに上級の教員をプログラムに採用するというのは、前代未聞のことでした。率直に言って、これはちょっとした海賊的な活動で、学部長にはあまり認められていませんでした。

しかし、それが現実だったのです。そんなとき、カロリンスカの人から電話がかかってきて、「飛行機に乗って私と話をしないか?罪のない人を守るために名前は伏せておきます。私はカロリンスカに飛んで行き、当時の准教授だったと思いますが、自己複製するRNAを使った戦略の先駆者でもあった男性と話しました。そして、そのデータについて話しました。この話は、今後の展開次第では、重要な出来事になるかもしれないと感じました。なぜなら、ノーベル賞を受賞したカロリンスカの役割が前面に出てくるからです。

ノーベル賞の話が持ち上がっていますが、私はノルウェーの非常に高い地位にある人からアドバイスを受けました。彼は、「ロバート、君を推薦する手紙を出さなければならない」と言っていました。それで私は古い友人に電話をして、カーフライトスキャナーを使って「どうすればいいのか教えてくれ」と言いました。私は無知なんです。ここでいったい何をすればいいんだ?これは私にとって全くの未知の世界です。だって、ジャーナリストと提携して、ロビー団体を雇って、データを取れって言われてるんです。

そして彼は、「いや、いや、いや、いや。それはすべてノイズです。でも、みんなそうしているんですよ。彼が言うには、デューデリジェンスを行う熟練した委員会があるとのこと。彼らはとても優秀です。そして、彼らはこのようなものに影響されることはない、と彼は主張する。そこで私は、「じゃあ、君が手紙を書いてくれないか」と言うと、彼はまず「はい」と答えた。それから、「僕にはとても書けません」と言ったんだ。彼は「私は過去に委員会のメンバーだった」と言いました。彼にとっては利益相反になるわけですが、彼は「心配ない」と言いました。その結果がこれです。

彼は実際にBob Maloneと言って電話を始めました。世界中のジャーナリストから電話がかかってきて、ボブ・マローンのババロンの話で持ちきりなんですよ。申し訳ありません。彼が言うには、「信用するな、お前が何をしたかは知られていない。彼らはあなたがいつ何をしたのかを正確に知っているのです。そして私の知る限り、あなたが最初であり、彼らが何をしようとしているのか私には予測できません。だから、でも、でも、彼らがあなたの貢献とその時期を知らないことを心配しないでください。だから、それだけをお願いしました。大賞というのは、いろいろな変数があるもので、率直に言って、私が言っているようなことを言うと、可能性が低くなるので、ちょっと逆説的ですね。しかし、倫理的には、責任あるプロフェッショナルでありながら、自分の利益を守らなければならないような状況だと思います。でも、ブレット・ワインスタインのポッドキャストは、3人の老人がテーブルを囲んで3時間も話をしていたのが、ウイルスに感染してしまったんですよね。あれは変ですよね。何か本当に奇妙なことが起こっています。ですから、私たちは今、歴史上でもユニークな瞬間にいると思います。

Ricky Varandas 46:39

そうですね、ブレットが率直な意見を述べ、大成功を収めている自分のYouTubeチャンネルを危険にさらすことをいとわなかったことについては、大いに評価したいと思います。つまり、彼の家族の収入は半分になってしまったのです。これは、彼がAIの言葉について話したからですよね。私たちはYouTubeをやっているのかいないのか?私の番組はどこでも見られます。どこでも見られますからね。ですから、私は積極的に参加します。私は何も検閲していません。検閲はしません。YouTubeから追い出されてもいいから、どこでも見られるようにしておきたいのです。

Robert W Malone 47:20

YouTubeではイベルメクチンの言葉は使えないんですね。そうですね。だから3時間のものが削除されたんです。先のピアコーリーのものも。さて、ここで魅力的なことがあります。これはニュース速報です。ここで初めて聞いたでしょう。アンドリュー・ヒルがイベルメクチンのメタ分析を発表しました。私はまだそれを投稿していません。今朝7時からノンストップでポッドキャストをやっていたからです。

しかし、メタ分析ツールと新しいビッグデータを使って、イベルメクチンが効果的であることをはっきりと示していますが、100%の効果はありません。特に初期に使用した場合、部分的には効果があります。しかし、これらはすべて、その再利用可能な薬剤に対する非常に大きな反発であり、逆説的でもあります。

YouTubeから謝罪の言葉はあるのでしょうか?それはないでしょう。それは期待していません。しかし、ご存じのように、人々のキャリアは傷つき、評判は汚されました。この40年前に安全性が証明された薬のせいで、解雇されたり、中傷されたりしています。私はアンディのデータを追っています。アンディは私に、いつ出版物として発表するか相談してきましたが、私たちは、ビッグデータの研究が出てくるまでは発表を控えるべきだと考えました。そして今、彼はそれを公表することを決めました。

彼は非常に責任感が強く、彼を中傷する人たちもいますが、それは彼がビル・ゲイツから資金提供を受けているからであり、インターネット上の様々な手段の1つであるビル・ゲイツが世界を操っていることとほぼ同じなので、連想による罪悪感がありますが、データは公表されましたそして、イベルメクチンがSARSコビーに対して、病気の初期に投与しても効果がないという立場は、ますます受け入れられなくなっていると思います。ちなみに、削除されたのは、スパイクが細胞毒性を持つと言ったからではありません。ブレットは、「スパイクは細胞毒性を持つ」というクリップを何百万回も見ていますが、YouTubeはそれを削除していません。ええ、とても奇妙な時代ですね。

Ricky Varandas 50:05

そうですね。特許戦争の舞台裏で何が起こっているのか、あなたの歴史や内部事情を知っているからです。つまり、今の特許を見ても、世界中の研究所が「ワクチンを作れる、人々に届けよう、もっと安く、もっと早く作れる」と言っています。本当に人々にワクチンを届けるのであれば、なぜこれらの研究室に安く作らせて、より早く届けることができないのでしょうか、彼らは特許を保持したいのです。ですから、あなたのようにカーテンの裏を見たことがあり、物事の仕組みを見たことがある人は、おそらく何が起こっていても驚かないでしょうし、これがどのように展開しているのか、特定の理由によるすべての検閲をどのように知っているのかということです。

Robert W Malone 50:54

というわけで、これらの項目についてフィードバックをいただきました。今までに何回ポッドキャストをやったか数えられません。そしてそれらはすべて異なるオーディエンスに向けたもので、だからこそあなたのオーディエンスが何であるかを尋ねたのです。私が意図しているのは、単に保守的なトークラジオなどをやるのではなく、そのようなものを提供したいということです。

より多くの人に伝えようとしています。私はメインストリームメディアからブロックされていますよね?信頼されるニュースイニシアティブ(trusted news initiative)では、主流メディアとの関わりを明確にブロックしています。だから、私にはそれがありません。それは意識的なものでした。OK、彼らは私をブロックするだろう……それに対処してくれ、代替案は?新しいメディアを利用することです。

そして、この、ポッドキャスターの大群、あなたたちは型破りです。いいことだと思います。率直に言って、あなた方は情報と情報の自由の未来への希望です。しかし、しかし、これは異様で奇妙な時代です。つまり、ブレット・ワインスタインのポッドキャストがウイルスに感染したことで、突然、決断が下されたのです。そして、人々。何らかの理由で私のメッセージを聞きたいと思ったのです。多くの人から寄せられるフィードバックは、私が過激なことを言っているにもかかわらず、ある意味では穏やかで安心させてくれる存在だというものです。

これは私の人生の現実であり、何十年もの間、民間企業と政府の接点で働いてきたからです。そうでしょう?私は何度も感染症の発生を経験しています。私にとって、6人が言ったことのほとんどは、誰も学ぼうとせず、同じ過ちを何度も何度も繰り返していることです。しかし、3時間の終わりにブレットと私が触れたように、ここには非常に異なるものがあります。それは、メインストリームメディア、ビッグテック、製薬、政府の融合から生まれる奇妙な出現現象です。

そしてそれは、私たちをいくつかの暗い場所に連れて行くものです。想像できると思いますが、私は今朝630時にベッドから起き上がり、すぐに白いシャツを着ました。そしてスポーツコートを着て、ドイツ人のグループと2時間ほどオンラインで話していましたが、彼らはかなり興奮していました。そして彼らはそれを理解しています。ドイツの知的歴史は何が起こっているのかを完全に理解しているんです。そして、彼らはそのことにとても興奮しています。

それに、ここで「N」という言葉を使う必要はないと思います。アフリカ系アメリカ人のことを言っているのではありませんからね。ところで、当時30年代に左派政党であったドイツ社会党の右派とは何なのか、人々は本当に混乱しています。ヒトラー氏が率いる国家社会主義者です。ジョージ・オーウェルは未来への警告としてこのような文章を書きましたが、私たちは今、あなたが指摘したような世界に生きています。

私が会ったことのない、ブログを書いている友人は「What’s your face」と指摘しています。これはかなり本格的なMinistry of Truthの時間です。そして、これがどのようにして起こるのか、その概要を見極めるのは難しいことです。私は、WHOとの間に何かの協議があったとは想像できません。

Robert W Malone 55:32

ドナルド・トランプのオフィスで、トニー・ファウチと大手メディアとの間で、何か打ち合わせがあったとは考えられませんが、ホワイトハウスでアマゾンなどとの打ち合わせがあったことは知っています2020年のアウトブレイクの初期に。それが検閲の決定につながりました。そして、それがラクダの鼻だったと思うのです

なぜなら、私の妻が書いて、2月の第1週に自費出版としてアマゾンに出した、この小説コロナウイルス(人間の生存に関わるウイルスの名前)に備えて人々が自分自身を守るための本がアマゾンから削除され、彼らのポリシーに反して、私たちにその理由を開示せず、そのことについて何も伝えようともしなかったからです。

その直後にホワイトハウスで行われた一連の会議の記録が、最前列で見ていたワシントン・ポスト紙に掲載されましたね。このように、メディアや情報を政府が管理するという方針は、最初から存在していたのです。私はトニー・フォーチを知っており、文字通り何十年もトニー・フォーチと付き合ってきました。私は小さな、ダビデのような存在です。彼はゴリアテです。だからこそ、公の場で、そして私という人間の中で、時折、自分の石を振ることを止められないのです。ですから、私はファンではありません。ワシントン・ポスト紙に掲載された40通のメールの中で、ファウチ博士は、私たちにとって何が良いのかという個人的な意見や、エビデンスに基づいた医療を代用することに抵抗がないことが明らかになっています。

新しい言葉を覚えたので、リスナーの皆さんにも紹介します。それは「高貴な嘘」(Noble platonic lie)と呼ばれるものです。プラトンのように、高貴とは、嘘をつくことが最善の利益になるという信念のことです。調べてみると、その背後にある論理は、プラトンにまで遡りますが、エリートは公共の利益になると信じている真実を伝えることが正当化されるというものです。婉曲的に言えば、情報を誤魔化しても構わないという信念が、これらの多くを支えているのです。

しかし、私たちが使っている3文字の言葉に「Lie」(嘘)というものがあります。これは正しい言葉だと思います。そして、高貴なプラトニック・ライの信念があります。この信念はNIHのリーダーからWHOのリーダーにまで及んでいて、私の意見では、より大きな利益のためにはミスした真実を言っても構わないという信念です

その一つが、ワクチン製品に関連するリスクや有害事象を完全に開示することは許されないという信念です。なぜならば、人々がワクチンを受けることを躊躇してしまうからです。その結果、より多くの死者が出ることになるからです。これが論理の流れです。これを分解すると、根本的なレベルで、個人の権利よりも集団の権利を重視しているということになります

さて、ここからが私の主張ですが、これは重要なことだと思いますので、このスレッドを続けることをお許しください。今、私は生命倫理に橋をかけようとしています。そうですね。連邦法にはコモン・ルールと呼ばれる成文化されたものがあります。これは、第二次世界大戦にさかのぼる一連の事柄から派生したもので、ニュルンベルク裁判、ニュルンベルク規約、ヘルシンキ協定、ベルモント報告に始まり、コモン・ルールと呼ばれる連邦法があり、医療研究に関係しています。定義上、彼らはこれを好まないので、私はおそらく検閲を受けることになるでしょう。

でも、私は規制の専門家ですからね。私にとって、これらは客観的な事実です。政治的な問題ではありません。物事の本質を突いているのです。私は緊急使用許可を書いた人を知っています。法令やFDAの方針では、日常的に扱われています。ですから、緊急使用許可を得て使用できるようになった製品は、実験的なものであり、定義上は実験的な医療製品です。

Robert W Malone 1:00:27

これは、署名入りのインフォームド・コンセントに関連する特定の要件を免除するものです。それがこの問題の発端で、それはずっと引き伸ばされてきました。そして、おもちゃの生地のように、時間が経つにつれて少しずつ歪んでいきましたが、それが始まりでした。

そして、しかし、これらは、現時点では実験的な医療製品であることに根本的なレベルで異論はなく、これらのワクチン、米国で認可されているこれらの遺伝子ワクチンは、したがって、真実であり、陰謀論ではなく、私たちは皆、世界史上最大の医療実験に参加しているのです。それが真実なのです。そしてそれは世界規模の実験なのです。最低限、これを導く生命倫理があります。その生命倫理は、基本的に3つの重要な要素を持っています。そして、脇には小さな公理があります。早速ですが、これらを序論しましょう。

まず1つ目は、リスクを完全に開示することです。つまり、薬を買うときに、小さな文字で書かれた紙を取り出して、起こりうることをリストアップするような、きめ細かな開示です。熱が出るかもしれない、頭痛がするかもしれない、痛みが出るかもしれない、下痢をするかもしれない、というような平均的なものから始まって、それらを読むまでに至るのです。そして、「こりゃ、死ぬな」と思うわけです。しかし、それらは下の方にある非常に稀な事象です。しかし、それらは直接関連しているかもしれませんし、そうでないかもしれませんが、薬剤の投与と時間的に関連していても、因果関係はあまり確立されていません。医療研究用製品や、ボランティアとして医療研究に参加する人々には、この程度の粒度の情報が開示されなければなりません(ボランティアという言葉を強調しておきます)。

2つ目のポイントは、これらのリスクを理解しなければならないということです。つまり、血小板減少症やアミノメチル、ラジャ、脳静脈などの派手な医学用語を使ってリスクを隠すことはできないということです。ラジャとか、脳静脈血栓症とか、凝固障害とか。中学2年生でも理解できるような一般的な言葉を使わなければなりません。そして、参加者であるあなたは、それらの意味を理解してもらわなければなりません。なるほど、共通言語ですね。

3つ目のポイントは、完全な自主性が必要だということです。医学研究に参加するかどうか、個人的に選択すること、これは連邦法で定められています。そして、いわゆる強制や誘惑があってはならない。現在の状況では、大統領から下の全員がこのワクチンを受けなければならないと言っている場合、それは強制と呼ばれています。これは実験的な製品に対する誘引と呼ばれるもので、すべて認められません。しかし、私たちはそれらのガードレールを通り抜けてきました。今、私たちがそれを正当化しているのは、このウイルスの脅威から解放されるという地域社会の集団の権利が、個人の権利を上回っていると信じているからです。

さて、話を戻していくつかの言葉を述べますが、公衆衛生局の誰かがナチスだと言っているわけではありません。しかし、ニュルンベルク裁判で起こったことについてお話します。その論理は、囚人や、ユダヤ人を含む特定の民族グループなど、社会の主流ではないと考えられている被徴用者を、耐寒性や耐寒性の向上を可能にするような医学研究に従事させることを正当化するものでした。つまり、このドイツ国家の利益は、個人の利益に勝るということです。それが正当化の理由でした。さて、私たちは皆、ニュルンベルクという場所に集まり、西側諸国を集めて、長い裁判を行いました。

そして最後に、これは非常にひどい犯罪であると判断し、これらの男たちを全員絞首刑にすることにしました。このようなことをしたMDSのメンバー全員をね。なるほど、そういうことだったんですね。私はデルと一緒にいるわけではありませんが、hcipの全員がニュルンベルク裁判のように暴露されるべきだと言ったのは、少しやりすぎでした。しかし、私はそうは言いません。しかし、これらはすべて、医療研究に関連する個人の権利と集団の権利について、欧米が深く掘り下げた結果、「それはダメだ」と全員が明確に判断したことから生まれたものだということを覚えておくといいでしょう。

そして、当時も今も、それは変わらないのです。今では、個人にこのようなことを課しても構わないという正当性を構築しようとする、この件に関する新たな思想があることを知りました。社会の利益のために、その論理を構築することが、今、真剣に知的、学術的に追求されているのです。個人的には、その場にいたくないので、ポルトガルに向かいます。ポルトガルに行って、馬に乗ってビーチに座って、やりたくもないことを自分の体に強制されるような世界には行きたくありません。その点では、個人的な権利については妥協しています。

リバティでは、そしてアメリカ国民の大多数もそうだと思います。このように、私たちは起源の物語の些細なことから、人権や個人の権利と社会の権利という深い深い問題、知的な問題へと発展してきました。しかし、検閲を正当化し、行動を正当化し、すべてのメッセージを正当化するために好まれている議論を分解してみると、人々に2つのことを伝えています。これらのワクチンには副作用がないのです。もしあなたが副作用を経験しているとしたら、それはどのような感じなのかということを議論しているのです。

そして、どんな情報や議論も検閲することが正当化されます。潜在的なリスクを開示していると認識され、それがワクチンの摂取や躊躇につながる可能性があるからです。今の検閲の正当性は、リスクの完全な開示に人々がアクセスできないようにすることなのだと思います。

つまり私たちは、ニュルンベルク裁判にまで遡る共通ルールの3つの基本的な考え方のうち、少なくとも2つに違反しているのです。しかし、私たちはそれでいいと思っています。なぜなら、公共の利益が個人のリスクを上回ると信じているからです。

Ricky Varandas 1:08:37

ナチスのテーマを持ち続けるのはとても危険です。つまり、「Joseph」や「gurbles」、「undaunted」はプロパガンダの代表格なのです。エドワード・バーネイズについて学び、大衆をやる気にさせ、コントロールする方法を本当に理解すれば、彼らがどのようにして再摂取し続けるかがわかるでしょう。

ワクチンを接種すれば、マスクをしなくてもいいんです。人々はそれを繰り返しています。そう言われると、論理的に意味をなさないことを理解しているのか、と思うことがよくあります。なぜなら、製薬会社でさえ、あなたがそれを手に入れるのを止めようとか、阻止しようとは主張しないからです。

Robert W Malone 1:09:20

それよりもひどいですよね。さて、そうですね、私たちはこのようなメッセージングを受けています。これは別の問題です。これが公衆衛生への深い幻滅につながっているのです。そして、先ほど申し上げたように、これは「高貴な嘘」に戻ります。ワクチンでは感染を完全に防ぐことはできないということを、誰もがはっきりと明言しているわけです。

そして、新しい亜種を手に入れた今、あなたはマスクの着用に戻らなければならないのです。これは誰の政策なのかということですが、私たちが受け取ったメッセージには、たくさんの基本的な論理があります。レッドピル、すみません、先ほど別の言葉で言いましたが、少しだけ心を開いて、ここにある何かがしっくりこないと言えば、多くの人がこのことに不安を感じていると思います。しかし、その不安をどのような構造で表現すればいいのかわからないのです。しかし、もしあなたが自分の心を開いて、「ここで何が起こっているのか」と言うことができれば、あなたは根本的な論理を分解し始めることができます。

残念ながら、多くの人はそのような訓練を受けていませんし、そのような能力もありません。私がお手伝いしているもう一つのことは、「では、ここにある根本的な論理を認識しましょう」ということです。そして、それを明確にしましょう。そして、自分で決断するのです。自分の体なのだから。でも、ここで何が起こっているのかを明確にしましょう。

私は生命倫理の論文の中で、バッファロー・スプリングフィールドを引用しました。そして、何が起こっているのかを見てみましょう。私たちは今、ベトナム戦争のような瞬間を迎えていると思います。特に、若年層が大学に戻るためにワクチン接種を強制されているという話題があります。これは、アメリカの主要な構成員である郊外の母親や若年層を苛立たせるもので、それなりの理由があります。

しかし、これを分解してみると、多くの主張には欠陥があることがわかります。例えば、ワクチンの接種率を70%にして、全員の拘束力を解除し、集団免疫を獲得しなければならない、というようなものです。申し訳ありませんが、それは嘘だと言わせていただきます。なぜ嘘だとわかるのでしょうか?集団免疫の計算方法と、集団免疫に必要なものを私は知っているからです。そして、集団免疫に到達するために必要なワクチン摂取量を計算できるような臨床試験のデータを持っていないことも知っています。なぜなら、ワクチンの臨床試験の主要評価項目は、深い病気にかかっているからです。主な評価項目は、「伝播性」ではありません。伝播性とは、もし私が感染した場合、あなたや私の家族を感染させる可能性はどのくらいかという指標です。あるいは、私の家族に?あるいは仕事で?親しい人との接触?これが伝染性です。これらのワクチンはほとんどの場合、それぞれのワクチンの伝播性に関するしっかりとしたデータを持っていません。そのため、集団免疫のために必要な摂取量を計算することができません。そして、あなたが有効性に対して示している90%という数字は、病気や死からあなたを守るための有効性です。

さて、実際のところは、数字です。私はCOVIDを感染したことがあり、長い間COVIDを間衣sんしましたが、死にませんでした。当時、私が手に入れた唯一の薬は、私が感染の過程で発見したペプシドでした、そうですね、多くの中傷を受けました。ところで、ペプシドの化学名であるフェルマータ・ディーンがCOVIDの文脈でどのように作用するかについての新しいデータが発表されましたが、私が発表した理論や私のチームが発表した理論に加えて、BARDAが行ったように、SARSの治療に胃酸薬を使ってCOVID同士で使うという話をしている彼らをおかしいと言うのは簡単です。

しかし実際には、ヒスタミンのH2ブロッキングに関係する、確かな科学と作用機序に基づいているのです。それはさておき、私たちはこのような情報をすべて隠蔽し、人々を家畜の羊のように強制してきました。なぜなら、隣人のためになるからです。その論理を少しだけ分解してみましょう。集団免疫の部分に加えて、CDCが計算した重症化や死亡のリスクは、発生当初から米国内で累計して管理されているという論理です。例を挙げると,0歳から 18歳までの子供の場合、COVIDによる死亡者数は、パンデミック開始から 18歳までの間に合計386人となっています。18歳から 29歳までの死亡者数は2,000人ほどです。

非常に少ない人口での死亡者ばかりです。ちなみに人口分布を見ると、若い人に偏っています。お年寄りは私のように死んでしまうからですね。そういうものなんだよ。私たちは皆、死を免れないのですから、若い世代に偏っています。全ての死は、確かに16歳以上65歳以下に集中しています。そして、年齢が上がるほど指数関数的に増加していきます。

しかし、ほとんどの場合は、ハッシュタグ「団塊の世代の病気」が付いています。あなたの読者層は、ハッシュタグを付けていると思います。つまり、そういうことなのです。団塊の世代を殺しているのです。若者を殺しているわけではなく、子供を殺しているわけでもない。そして、論理的には、団塊の世代を守るために、関連するリスクを伴う全員にワクチンを接種する必要があります。賢明な考えでは、団塊の世代にワクチンを接種し、リスクの高い人々にもワクチンを接種します。

おじさんを救うかどうかを決めるのは私の仕事ではなく、おじさんがどんな小さなリスクでもワクチンを受けたいかどうかを決めるのです。それは彼の選択であり、彼の体であり、自己免疫疾患を持っていてそれを受けたくないのかもしれないし、どんな経緯であれ、遺伝子治療のアイデアが好きではないのかもしれない。それは彼の問題だ。しかし、ジョーおじさんを守るために、子供や若い人にワクチンを打つ必要があるということではありません。

これは、これまでに発売されたすべてのワクチンの論理に反しています。高齢者、健康な人、普通の人、成人、青年、子供、乳幼児、妊婦、免疫抑制剤を含む特別な集団など、主要な人口統計グループの機能として、常にリスクベネフィットを評価しています。そして、保険会社が良くも悪くも使っているツール、品質調整生存年計算と呼ばれる保険数理表を使って、正式なリスクベネフィット分析を行います。正式なリスクベネフィット評価を行う場合、品質調整生存年という言葉を分解してみると、若年層に偏っていることがわかります。

つまり、もし死亡した場合、将来60年以上の寿命がある子供の死は、60年の人生を失うことになりますが、運が良ければ平均してあと5年は生きられるかもしれない8歳の子供の死は、5年間の生産的な人生を失うことになるのです。保険会社が死亡補償などを決定する際に使用する、このような計算をしてみるとわかると思います。

年老いて死ぬと、人間は無価値になる、それが現実だ。保険業界では、きれいごとではなく、そうなっています。しかし、若い人が死んだり、障害を負ったりすると、生産的な生活を何年も送ることができなくなります。ですから、これは品質調整生命年の計算です。もし、彼らが過去にいつもやっていたように、これらの特別なコホートごとに品質を計算したとしたら、少しでも客観的な立場にあるほとんどの医師は、同調圧力に屈しなければ、「子供にワクチンを打つべきではない」と同意すること請け合いです。それは理にかなっていません。そして、私たちは困難な試合をすることができます。

しかし、私の考えでは、若い成人にもワクチンを打つべきではありません。死や病気のリスクをかなり高い頻度で抱えている人たちにワクチンを接種するのです。また、連邦法には他にもいくつかの奇妙な条項があり、基本的にUAEの対象となる薬剤のリスクがある場合は、インフォームド・コンセントを得る必要はないという論理が裏付けられていると思うのです。

Robert W Malone 1:19:05

何て言ったか忘れましたが、基本的には、新しい医療製品の有害事象のリスクが比較的小さいか、ほとんどないと考えられる場合です。この時代には、インフォームド・コンセントを得る必要はありません懐疑的な人は、政府がワクチンにはリスク要因がないと主張することに固執していると言うかもしれませんもしリスク要因があったとしたら、政府のやっていることの論理は完全に破綻してしまいます。しかし、それとは別に、これまでに3つ、4つの事例を紹介してきましたが、これらを分解してみると、世界の健康コミュニティや政府、公衆衛生当局から発信されているメッセージは、論理的な検証には耐えられないということがわかりました

私は、世界のコミュニティにいるあなたやあなたの視聴者に、何が起こっているのかを理解してもらおうとしています。私はワクチン反対派ではありませんし、30年間ワクチンに携わってきました。これは根本的に私の技術であり、どちらかというとワクチンの側に偏っていると思います。私の個人的な意見としては、彼らはスタートが早く、緩く、だらだらと早すぎたと思います。問題やリスク、スパイクの生物学的性質については、毎日のように発見されていますが、テキストスパイクや少し改良されたスパイクを使用することについては、自分たちの考えに異議を唱えなかったのだと思います。

しかし、戦争の最中にはこのようなことが起こるものです。私は、彼らが悪い人間であり、裁かれるべきだと言っているわけではありませんし、そのような人もいますが、しかし、起こってしまったことです。私は、人々は自分のことを知り、自分で決断する権利があると思います。遺伝子ワクチンではない、より伝統的なワクチンのような選択肢があってもいいのではないでしょうか

そして、法律によって、私たち全員がそうしなければならないのです。今のところ、私たちは国に所有されているわけではありません。これは、私たちが実際に失う可能性のある自由であることを認識すべきでしょう。そのためには、声を大にして、「いや、これはダメだ」と言うべきでしょう。基本的な原則として、あなたが読者であろうとなかろうと、ワクチンを受けたいと思うかどうかは、個人の選択だと私は思います。国が強制できるものではありません。というか、そうだとしたら、私が育った世界とは別の世界、パラレルリアリティになっているのではないでしょうか。で。というわけで、私は根本的な問題をこう捉えています。お役に立てれば幸いです。

Ricky Varandas 1:22:31

ええ、本当に興味深いのは、誰もがワクチンに関する情報を誰からでも得ているということです。製薬会社だけでなく、あなたが言ったように、政治家、セレブ、コンテンツクリエーター、ミュージシャン、誰もがワクチンを接種して正常な状態に戻そうとするコマーシャルを見ています。

例えば、高齢者を守るためにワクチンを接種しているのに、自分が感染したり広めたりするのを防ぐことはできません。これはどういうことなのでしょうか?マスクは他の人を守るためのもので、私が他の人に感染しないようにするためのものだと思いますが、ワクチンは私が感染するのを止めないので、マスクがワクチンを接種することと関係があるのかどうかもわかりません。

また、あなたが他のインタビューで使っている言葉、例えば「アメリカの放浪者」のブライアンや「デル・ビッグ・ツリー」のように、集団思考やそれがいかに危険かということです。ナチス・ドイツ……このテーマは使い古されているかもしれませんが、人がいかに群れに流され、自分のしていることに疑問を持たないかということを、私はそれほど昔ではないので、最近の例として挙げています。

あるいは、世のため人のために何か悪いことをしていると心から信じている真の信者になることもあるでしょう。このような考え方はとても危険で、人々をそこから抜け出させるのはとても難しいのです。また、アメリカでは選挙の直前にすべてを政治的にするという素晴らしい仕事をしました。

私はあなたと同じように、政治的な無神論者なんです。私は、政治的な無神論者であり、宗教的でもありません。ただ、情報を見たり、アイデアを探ったり、さまざまな視点を得たりするのが好きなんです。ロジャー・ストーンやジェシー・ベンチュラ、グレッグ・パレスなど、左派系の人たちもいます。私としては、オープンな会話をしてくれる人たちに出演してもらいたいと思っていました。

でも、これらのことについて話すのは不可能でした。今でもそうなのですが、選挙の緊張が高まった後、彼らは分断統治の手法を使って、私たち全員にあらゆることについて喧嘩をさせるという素晴らしい仕事をしました。彼は、イベルメクチンの一番いいところは、すべてが政治的になってしまったため、トランプがそれを持ち出さなかったことだと言っていました。そうですね。トランプ氏が話題にしなかったことで、政治的な問題にならずに済んだことが、イベルメクチンの一番の利点でした。そして、それがファウチ博士の特徴でもあります。ジョエル・ハーシュホーン博士は、イベルメクチンやヒドロキシクロロキン、ビタミン、ビタミンD、ビタミンC、亜鉛などを使って成功している医師たちについて、本を全部書いています。そして、これらの医師はすべて弾圧されました。このような人々が弾圧されていたのです。

ファウチ博士は政府高官の中で最も高い報酬を得ています。つまり、彼は医学界全体に大きな影響力を持っているのです。そんなことを考える人がいるなんて 2020年以前のことを考えると頭が下がる思いです。大多数の人々は、政府には我々以外の利益があることに同意し、企業は利益だけを考え、より大きな利益を求めず、突然、虚偽の広告で何度も問題になった大手製薬会社や、FDAを信用するようになるのではないかと感じます。

Robert W Malone 1:26:20

ファイザーの実績は良くありません。

Ricky Varandas 1:26:23

そうですね、聞いている人にとっては、基本的には、「そうなの?mRNAについてはどう思われますか?リスク・リターン・レシオを見ると、たとえ高齢者であっても意味がないと思いませんか?

Robert W Malone 1:26:49

医薬品やワクチンの開発における基本的な考え方は、すべてのものには毒性があるというものですが、現在のところ、十分に高いリスクがあります。では、ワクチンには毒性がないと言う人はいますか?それはプロパガンダだとすぐに言えるでしょう。つまり、すべてのものにはある程度のリスクがある、これが真実なのです。そして問題は、そのリスクが利益を上回るかどうかです。メリットがリスクを上回っているのか?もしあなたが高齢者のコホートにいるなら、イベント発生率は、

まあ、このように説明しましょう。私たちは皆、車に乗ったり、飛行機に乗ったりします。車の中で人が死んだり、飛行機の中で人が死んだりすることは誰でも知っています。しかし、私たちは個人として十分に成熟しているので、ある時点で自分にそのようなことが起こる可能性はごくわずかだとわかっています。

私たちが聞きたいのは、重大な有害事象、例えば血液凝固の問題で脳が死んだり、心臓が損傷したりする可能性があるのかということです。これらのリスクは、病気や死亡につながるほど高く、ウイルスによる病気や死亡のリスクを上回るものなのでしょうか。

私の考えでは、それは個人的な選択です。私は、このケースはかなり強いと思います。もし、あなたがこのような60-65歳以上のコホートにいるのであれば、それはかなり説得力があります。特にCDCが心筋症を正式に承認した今、データを見ると、個人的には心筋症の方が多くなっていると思います。

これらのデータベースがどのようにして成立したのか、何が問題なのかについては、ニュアンスを変えて説明することができると思います。しかし、子供、乳幼児、青年、若年成人へのワクチン接種がリスクベネフィット比で有利であると言い切るのは難しいでしょう

ウィスコンシン州ベロイトの同僚と一緒に行った研究では、危険因子が何であるか、本当に肥満であるかに大きく関係していますし、私たちの混合薬を使用せずに治療した患者のCTSを見てみました。彼らの治療を受けた患者のCTSを見ると、どの患者もこの巨大な脂肪の層を得ているのです。私は誰かの個人的な医療情報を開示しているとは思いません

しかし、彼らは肥満しています。肥満は大きな危険因子です。さて、あなたを見ていると、私は肥満だと言わざるを得ませんが、それほどでもありません。少しだけです。私は厳密には肥満です。自分では食生活をコントロールしようと努力していますが、私は年寄りなので、年をとるとこういうことが起こるのですが、特にアメリカでは、その中間の範囲にいる人は、それが自分にとって意味のあることなのかどうか、医師のアドバイスを受けながら判断しなければならないと思います。そのためには、情報を入手するしかありません。

あるいは、ただ流れに任せて、「みんなが私にワクチンを打てと言うから、私も打つことにする」と言うこともできます。インターネット上のスラングではsheepleと呼ばれています。すみません。でもね、それはあなたの選択です。それが私の言いたいことです。でも、20歳から60歳までの間の範囲では、考えなければならないと思います。自分の仕事が何なのか、被ばくのリスクが何なのか、背景にある医学的条件が何なのかを考えて、十分な情報を得た上で決断しなければならないと思います。

しかし、国が「ワクチンを接種しなければならない」と言う権利はないと思います。これが私の意見です。そして、もう一つの問題は、リスクプロファイルが進化しているということです。私たちはリスクについてより多くのことを学んでいますが、まだ公式に承認されていないリスクもたくさんあると言えます。例えば、ウイルスが再活性化して、帯状疱疹のような症状が出ることがあります。

女性の場合は、月経や自然流産などの生殖に関する問題がありますが、まだ検証されていません。現在、大規模な臨床試験が行われています。妊娠中のリスクについては、もし私の娘であれば、妊娠第1期と第2期にはこのワクチンを受けないでください、もし受けるのであれば、妊娠前にワクチンを受けてください、もしそれが可能であれば。第3期は、自然流産を起こさないことがはっきりしています。

Robert W Malone 1:31:50

有力な仮説の1つは、抗血小板抗体が関与する自己免疫疾患です。それは、時間をかけて発現するものです。私たちにはまだ時間がありません。ですから、どのくらいの頻度で発生するのか、実際にはわかりません。ですから、リスクは進化していくものです。私の目に映る確率は、このバランスのリスクの部分です。私たちがこの尺度を持っていて、意思決定をしているとしたら、リスクは、私たちが時間をかけてより多くのリスクを学んできたので、より多くのリスクが同時に発生する可能性があります

重篤な病気や死亡のリスクは下がってきているようですが、下がってきているかというと、感染した人の中にいるだけです。また、治療方法についても多くのことがわかってきました。抗凝固剤などの薬を入手しています。ウイルス学者として、またワクチン学の専門家として言わせてもらうと、ご存知のように、ウイルスが新しい種に移ると、歴史的に見て、より病原性が高くなります。そして、これもまた科学的な言葉ですが、その後の連続した通過によって時間とともに減衰していきます。つまり、新種の宿主の中で進化していくのです。

そして、その決定要因。最近のポッドキャストでアリソン・モローと一緒にこの話をしましたが、確か誰かと一緒だったと思います。簡単に説明すると、ウイルスの進化の原動力は、子孫を大量に生み出すため、驚くほどの進化の圧力調理器であるということです。一般的にウイルスの進化の圧力は、新しい宿主を越えると、病原性が低くなり、感染力が強くなるというものです。そして、未知のデータにあるデルタ変異体は、私には病原性が低く、感染性が高いように見えます。

さて、もしあなたが自然免疫という言葉を使っている類の人であれば、私は個人的にこの言葉が好きです。私は個人的にこの言葉が好きです。あまりにも自然免疫のように聞こえるからです。しかし、それは人々が使っている言葉です。自然免疫とはどういう意味かというと、私は感染したことがあります。そして、それはその後の感染から保護してくれるということです。つまり、自然免疫という言葉が使われているということです。

私の目には、その可能性は高いと映りました。このようなことを考えている他の多くの生物学者は、同調圧力に屈するような人ではなく、現状に投資している人だと思います。自由な発想を持つ生物学者たちは、特にオランダや獣医学の学者たちは、これはウイルスの進化の正常な進行であり、新しい宿主に感染すると、病原性は低くなり、感染力は強くなる傾向があると言うでしょう。考えてみると、進化の観点からすると、宿主が病気で寝込んだり死んだりすることは、ウイルスにとっては利益にならないからです

宿主が歩き回ってウイルスをまき散らし続けることが、ウイルスの進化上の利益になるのです。そして他の人々を感染させるのです。そして、時間の経過とともに、そのような終着点に導く傾向のある自然選択があります。私の仮説では、これらの新しい変異体では、病原性を高めるための本質的な進化の原動力がないことがわかり始めているのです。

その逆なのです。ワクチンの使用率に関わらず、病原性の低いウイルスや感染力の高いウイルスが進化的に選択され、自然感染や免疫付与のために集団の奥深くに広がっていくことになると思います。そして最終的には、以前にウイルスにさらされたことのない若年成人の集団で、低レベルで主に循環するものに戻るでしょう。これが、小児感染症や、ウイルスが地球を一周するような波のようなものが見られる理由です。ウイルスがある集団に浸透し、皆が多かれ少なかれ、自然感染経路を通じて集団免疫を獲得し、その後、その集団(例えばブラジル)ではウイルスが循環しなくなります。

Robert W Malone 1:36:26

その後、時間の経過とともに、ウイルスにさらされていない新しい出生コホートが生まれてきます。そして、誰かがどこかの国に行って、航空会社と呼ばれる地味なウイルス伝搬管を通って戻ってきて、それを人口に持ち込むことで、それまでウイルスにさらされずに生まれてきた十分に大きな若者の集団ができあがり、それが軌道に乗ります。疫学や生物学の概念では、ごく少数の人しか感染しないからです。

つまり、ブレットはSARSコビーを根絶できると考えていますが、私は彼が正しいことを願っています。すみません、私は皮肉屋なんです。もし、私が学者であっても、また、超音波学者であっても、私は「無理だ」と言うだろう。イベルメクチンがあなたの言うように良いかどうかは別にして。そうはならないんですよ根本的な力関係があるので、ウイルスは小さなニッチを見つけてそこに隠れています。私の意見では、私たちは一生何らかの形でこのウイルスと付き合っていくことになるでしょう。そして、すべてを根絶したウイルスを打ち負かすことができるという、くだらない話があります。厳密なウイルス学・疫学・ワクチン学の観点からすれば、そんな話は狂気の沙汰としか言いようがありません。

Ricky Varandas 1:38:10

しかし、ウイルスと一緒に暮らしています。つまり、それは太古の昔から私たちが行ってきたことなのです。つまり、そのようには思えないのです。

Robert W Malone 1:38:15

そのような言葉がありまよね。怖そうですね。私は友人と話しましたが、昔は病気になると仕事を休んでいたことを思い出しました。寝たきりでなければ、上司に怒られていたんですよね?だって、「外出していたのに、欠勤したら、仕事ができないように寝ていなければならないとはどういうことだ」ってね。それってどういうこと?つまり、鼻水や咳などの軽い症状があったとしても、仕事に行ってウイルスをまき散らし、仕事に行ってウイルスをまき散らしていたということです。

Robert W Malone 1:38:53

オーストラリアで行われた子供を対象にした素晴らしい研究によると、泥んこ遊びをさせてもらった子供の方が健康的だという結果が出ています。子供の頃に泥遊びをしていないと、大人になってからもアレルギーや様々な問題に悩まされることになります。馬小屋に行って、糞をかき集めてくるといいよ。それは良いことです。

私はフルタイムの仕事として、小さな家族経営の建設会社を持っています。そして、私はいつもこのことを言っています。もし細菌がそんなに危険ならば、建設作業員は現場で右往左往して死んでしまうでしょう。もし、手を洗う場所がなければ、作業員は昼食を食べることができないでしょう。彼らはランチを食べています。

つまり、彼らはあなたのランチを食べようとしているのです。私たちは今日、汗だくになりました。私の父にとっては自然な流れでした。父は農家で育ったので、手を使って仕事をしていましたし、外にも出ていました。ですから、父は建設業が好きだったのです。そして、彼らは最も健康な馬です。つまり、彼らは一日中働いていて、ほとんど手を洗わず、汚い意味ではなく、忙しいので手を洗ったり消毒したりする時間がないということです。

Robert W Malone 1:40:32

リッキーは知らないかもしれませんが、私は科学者になる前は大工や農作業をしていたので、それも私の歴史の一部です。私のLinkedInのプロフィールを見ると、若い頃に取り組んだ建設プロジェクトが紹介されています。サンタバーバラのホエールハウスと呼ばれるもので、彼はかなりの緊張感を持っていたので、私も同感です。しかし、私はたくさんのシダー材を切りましたが、いまだに見ることにアレルギーがあります。

Ricky Varandas 1:41:06

大変な仕事ですが、自分の手を使って何かをすることにはやりがいがありますし、外に出ることも大切です。心の健康のためにも。

ブルーゾーンのことですね。私は、人間の体と心は、人間として、生活の中の肉体的な部分に適応してきたと確信しています、つまり、手を使って何かをしたり、汗をかいたりすることです。つまり、クラシックカーのようなものですね。この車は動くように設計されているんです。だから、保管しておくと、消耗しないから物が長持ちするんだと思うでしょう。しかし、実際には地獄に落ちます。あなたの体も同じように、座っているときは、動いているときや活動しているときよりも、疲れや怠さを感じています。

Robert W Malone 1:42:07

肥満はCOVIDキラーと呼ばれています。

Ricky Varandas 1:42:11

その通りですね。つまり、動いている体は動いているままなのです。つまり、それがもうひとつのポイントなのです。私はいつも人々に言っているのですが、マイク、それは脂肪貯蔵と呼ばれるもので、必要なときに貯蔵しているのです。何もしていないなら、食べない方がいいんじゃないか、と思うんです。そしてこれは行く。つまり、あなたは栄養学の話をしたいと思っています。私が子供の頃、フードピラミッドは穀物ばかりで栄養価がないと嘘をついていましたが、それはもう通用しません。そして、私たちはただ、基本的にあなたを素敵な人に変えなければならないのです。狂気の沙汰ですよね。私たちを信頼してください、という考えですね。そうですね。

Robert W Malone 1:42:47

ところで、これは……。これも規制強化の典型的な例ですが、米国農務省(USDA)と推奨食品摂取量は、まさに規制強化のケーススタディです。米国農務省は、何年も前から複数の政権で、モンサント社と密接な関係を持つ人々によって運営されていることに注目してください。誰かが私に「規制の取り込みとは何か」と尋ねたとき、私はFDAの話はしませんでした。まず、米国農務省の話をしました。というのも、米国農務省は顔に出るので、避けて通ることはできません。

しかし、私たちは、規制の取り込みを超えて、この奇妙な統合へと進んでいます。それは、複数の産業プラットフォームで経済活動を行っている人々のための水平統合です。それは、大手技術者、大手メディア、製薬会社、政府などです。そして今、政府が学術界に資金を提供する役割を担っています。だからこそ、政府の公式見解を擁護する自称思想警察のような学者が出てきてしまったのです。

すみません。それが今の状況で、すべてが統合されています。そして、私たちが直面しているのは、Brettが創発現象について語るときのコンセプトだと思います。偉い人たちがダボス会議に集まって、どうやって世界を支配するかを決めたということではありません。決めたのかもしれません。私にはわかりません。私はそこにいない。彼らは私をその会議に招待しない。しかし、彼らが招待しないとは言えない。でも、そこまでしなくてもいいんです。もっと簡単な説明はこうだ。私が見ているのは、かなりの能力を持っているということですね。談合ではありません。談合もありますが、無能が多いのです。

結果として、私たちが見ているのは、世界をどのように組織化するかについて、私たちが時間をかけて行ってきた一連の決定の結果なのです。そして、産業間の水平統合に対する財政的インセンティブです。

Ricky Varandas 1:45:16

ええ、間違いなく、私の最大の問題は、すべての人がすべての情報を手に入れて、自分で決められるようにすることだと思います。だからこそ、検閲の検閲問題はとても重要なのです。しかし、1つの物語を強制的に与え、議論の1つの側面しか見させていない状態では、決めることはできません。私の考えでは、私たちの意見や視点、意思決定は情報に基づいていると思います。情報をコントロールすれば、人々をコントロールすることができます。そして、それはまさに今起こっていることなのです。

Robert W Malone 1:45:49

そして、そして、私が言ったように、申し訳ありませんが、私はもう一度そこに行きます。ジョージ・オーウェル氏が過去から未来へ向けて書いた「1984」という本があります。彼は、基本的に、「こういうことが起こるから注意してほしい」と言っています。この本の中では、言葉のコントロール、使うことが許される言葉、考えたり話したりすることが許される考えが、新しい言葉の中心になっています。

つまり、言葉をコントロールすることがニュースピークです。最近では、政治的に正しい言葉などという言葉も使われています。しかし、オーウェルはこの言葉を使っていました。歴史の書き換えやニュースピークの使用など、そのすべてが真実省の責任だったのです。Trusted News Initiativeのことを知ったとき、私に火がついたのは、真実省が世界規模で生き返ったからです。私はそれがおかしな話だとは思いません。

読者の皆さんにお伝えしたいのですが、Trust to news initiativeについて理解したければ、Googleで検索すればいいのです。冗談ではなく、British Broadcasting Corporation、BBC trusted news initiative、COVIDと検索してみてください。去年の秋にBBCが発表したプレスリリースを見ると、彼らは誇らしげにこう言っています。「新しいリーダーシップのために、トラステッドニュースイニシアチブ・コンソーシアムを率いて、世界保健機関や各国の保健当局の公式発表と一致しない、ワクチンに関係するものをフィルタリングする仕事をすることにした」と。

つまり、文字通り、何かを考えたり話したりすることが許されないのです。それは官僚が出しているものとは違います。それが新しいルールだと。それが新しいルールだと。

Ricky Varandas 1:48:04

そうですね。Project Veritasが話したFacebookの内部告発者のように、ワクチンを躊躇している人にはこのスコアが与えられます。そして、そのスコアが一定の数値になると、検閲や追放が始まるのです。Facebookのワクチン副反応グループには25万人が参加していて、基本的にはワクチンの経験や副反応があった人の経験を共有していましたが、Facebookから完全に削除されてしまいました。

Robert W Malone 1:48:40

私はこれを究極のガスライティングと呼んでいますが、彼らは私に泣きついてきました。強調しておきますが、ポッドキャスターの皆さんは、この意味を知的に理解するために、自分自身がワクチン関連の有害事象があって健康を害していると、事実かどうかを信じている人だと想像してみてください。「ワクチンは安全だから、そんなことがあるはずがない」という情報に常にさらされている状態です。

しかし、あなたは自分が経験したことを知っていますか?そう、自分の中で「私はおかしい。私は狂っているに違いない。なぜなら、これらの権威者が真実を語っていると信じているからです。そしてオンライングループに参加して、「いや、君は狂っていない」と言う他の人に出会うのです。そして彼らは削除されてしまいます。そうなると、あなたは孤立してしまいます。

あなたはこのような経験をしています。友人、親戚、家族、ニュース、メディア、あらゆるものに囲まれて、あなたはおかしいと言われているのです。これがガスライティングの定義です。これがそうです。これは深刻なガスライティングであり、もしあなたがこのような人でなければ、このような人の一人であれば、あなたはすでに動揺し、落ち込んでいます。そして今、あなたはこの大きな社会的強化を受けているのです。

あなたは落ち込んでいるだけではなく、狂っているのです。これらの人々の中には自殺する人もいます。そうなんです。リスナーの皆さんのためにも、このことを少しでも頭に入れておいてください。そしてそれが、私たちがここでやっていることの結果なのです。

Ricky Varandas 1:50:26

怖いのは、政府やハイテク企業が、「私たちは誤報や偽情報からあなたを守っています」といつも言っていることです。私たちは、私たちは、私たちは、私たちは守っています。これは共産主義の中国が国民に言っていることなんです。歴史上の独裁者たちが国民に言うのは、我々は君たちを守るためにやっているんだ。それは社会の改善のためです。

それは私たち全員のためです。私たちは悪事を働こうとしている悪人ではありません。道徳的ではない理由で何かをしているわけでもありません。私たちはあなたを守っているだけで、人々はそれに騙されているのです。つまり、「ゆでガエル」のような発想で、ゆっくりと水を沸騰させていく。次の瞬間には、気づかないうちに熱湯の中に入っていた、というものです。

私たちは安全のために自由を犠牲にしているのです。私は愛国心の強い人間ではありませんでした。先週末、ハンプトンビーチに行ってきましたが、彼らのモットーは「Live Free or Die」です。これは、アメリカで見られるモデルのようなものです。人々はそういったことにとても情熱を持っていました。そして私自身も、ああ、こういうことは重要だなと感じています。このような感じです。

Robert W Malone 1:51:45

そうですね。申し訳ありませんが、その話の続きをさせてください。私が最初に行ったポッドキャストは、ロンドンのPhilip Macmillanという紳士とのものでした。彼は医師です。ポッドキャストが終わって、彼が言うには、私たちは録音をオフにして、話を続けたんです。彼が言うには、ロバート、トランプが大統領に就任していたときは、これらの人々が言ったことはすべて悪いことだと私は思います。

そして、トランプ氏が退任した今、彼らの話を聞いていると、ますます納得がいくのです。トランプとの対立反抗的なものを持たないことが、なぜかその紳士、その立場のためになっている。彼は今、あなたが表現したことを正確に理解しています。そして彼は、よりリバタリアン的な視点で説得力のある論理を見出すことができました。

つまり、私もリバタリアニズムの顔を知っているのです。私はリバタリアンではありませんが、リバタリアニズムの顔はテネシー州にもありますし、ジョージア州北部に住んでいたこともあります。基本的にリバタリアニズムは、もしあなたが今年ボランティアの消防団にお金を払わなかったら、あなたの家が燃えてしまったら、雪の結晶のように消えてしまえばいい、なぜならそれが現実だからだ、そうでしょう?払ってないから結果が出るのです。

オーケー?私はオーケーじゃありません。そんな社会で生きていくなんて。だから、そこには全面的なリバタリアニズムがあります。でも、税金を払わずにテネシー州に住むことを選択することもできます。個人的には、消防署があって多少の税金を払うほうがいいと思います。他のこともね。それが私の考え方なんです。

率直に言って、バージニア州はテネシー州とニュージャージー州の間のハッピーミディアムのようなものだと思っています。でも、他の人たちはそうではないと思っています。それが連邦システムの素晴らしいところで、州にはこのような多様性があるのです。しかし、あなたが今言ったことは、ヨーロッパを含め、世界中で言われていることです。

そして、もう1つの逸話を紹介したいと思います。グレン・ベックに出演する人はいないと言われています。私は3回もグレン・ベックに出演しました。誰が考えたんだろう?この方とは3日間で1時間半ほど過ごしましたが、政治的には私とは別の世界に住んでいるようです。そして、最後にはグレン・ベックが私に「この会話は本当に楽しかった」と言ってくれました。

私が気に入ったのは、政治的なことを完全に排除していたことです。グレン・ベックがこのように言ったのは、少し心を揺さぶられたような気がします。私が見ているのは、私たちが話しているこれらの問題は、古典的な左右の軸とは直交しているということです。そして、これらの問題があるからこそ、幅広い政治的スペクトラムの人々が共通の価値観について議論することができるのです。

世界が大金持ちに支配され、毎年ダボス会議が開催されるような社会に私たちは住みたいのか、ということへのちょっとした警鐘だと思います。それが私たちの望む世界なのです。例えば、中国から学ばなければならない、中国のようにならなければならないという論理が、様々なジャーナリストから出されています。グローバルな競争に勝つためには、中国のようになる必要があるのです。

中国の権威主義的で中央集権的な経済、ハイブリッド資本主義のモデルには多くの利点があると。彼らがどれほど素晴らしいことをしているか見てみましょう。世界を支配しています。だから私たちも彼らのようになる必要がある。このような論理が展開されているのです。そして私たちは、その論理が欧米で実践されているのを目の当たりにしていると思います

私たちは、それを見たときに、それを認識する必要があると思います。そして、これがその具体例だと言うのです。これは本当に私たちが望むものでしょうか?それとも、喜んで受け入れるべきものなのでしょうか?私は以前、スイスに住んでいたことがあります。スイスは面白いところです。

Ricky Varandas 1:56:33

私は……私は生まれました。 そこで仕事をしてました。

Robert W Malone 1:56:35

本当に。アメリカ人は、スイスのシステムが「私を踏みにじるな」という人々の幻想のようなものだということを知らないのです。つまり、州がショーを支配しているのです。それはアメリカに似ています。連邦制の芸術家は、ロクリアン・バーンが常に開催されているわけではありません。キャンペーンが大きな力を持っています。ところで、スイスのお店に櫛を買いに行くと、中国製ではなく、スイス製の可能性が高いです。しかし、自分が支払ったものを手に入れることができるのです。もしあなたが完全に自由な社会に住みたいのであれば、そのようにしてください。

ところで、私はもうGmailではなくproton mailを使っています。スイスから来ました。検閲とGoogleのモニタリングにはうんざりしているからです。そこにはプロトタイプがあります。でも、それにはコストがかかりますよね。私たちは同じようなグッズをすべて持っているわけではありません。申し訳ありませんが、中国から安いジャンク品を調達しているからです。ハーバー・フレイトに行ってハンマーを買えば、それが1年もたないことは誰でも知っています。同じようには使えないでしょうが、それで十分なのかもしれません。私たちは建築について話しているのですから。でも個人的には、日本製のクボタのトラクターがとても気に入っていて、故障しないんですよ。

そうだね。そのためには追加料金を払ってもいいと思っています。そして、もしもアナログがあったとしたら、私はGMC dually 30 502,000に乗っています。lbzなんです。だから良い方なんだよ、これが。で、たまに作り直さないといけない。でも、それが私の選択です。そして、私たちはその世界で生きることができるのです。

中国のモデルの中で生きる必要はありません。私たちは同じ生活水準ではないかもしれませんが、私はあなたや読者、あるいはあなたの視聴者に、もしかしたらその価格には価値があるのではないかと提案しています。そして、Made in Americaというジンゴイズムがあるように、何が行われているかを考えてみてはいかがでしょうか。

しかし、それにはメリットがあります。しかし、それはあなたが先を争うことになり、それほど多くのグッズを手にすることができなくなるからです。そして、あなたは自由のためにグッズを交換したいと思っています。私は、馬小屋に住んでいます。中流階級の生活をしています。サノスのリストを繁殖させたり、コンサルタントをしたり、人々を助けようとしたりしていますが、私は、億万長者ではありません。

Ricky Varandas 1:59:38

でも、あなたは幸せや愛、そして人生で大切なもので豊かになっています。つまり、これはエドワード・バーネイズがマーケティングのテクニックを駆使して、私たちに必要のないものを買わせようとしたことに遡ります。より多くのものを持っている隣の人に常についていくのではなく、自分が持っているものに感謝し、持っていないものに文句を言うのをやめて、もっと時間を使うことを教えるべきだと思うのです。

Robert W Malone 2:00:18

そしてお互いに。それが幸せをもたらすのです。私たちがここでやっていることはこれですか?私たちは話し合ったり、アイデアを共有したりしています。私は7月4日を息子と娘、そして2人の孫と過ごしました。

Ricky Varandas 2:00:41

それは何ですか?それ以上のものはありませんよね。そうですね、つまり、私たちが番組を始めたときに、私が最初から正しかったかどうかはわかりませんが、3人の老人が話しているのを誰が聞くのか、というような話をしたときに、面白いんです。面白いのは、私が子供の頃、父が私の寝室の真下にワインセラーを持っていたという話を思い出すことです。近所のポルトガル人たちは皆、ワインを作っていました。

私は2階の自分の部屋にいたのですが、彼らが一晩中、そこに座って話したり笑ったりしているのが聞こえました。ワインセラーの中で何をしているんだろうと思いました。年を重ねるごとに、これこそが人生の醍醐味だと思うようになりました。ちょっとしたおつまみや楽しい仲間、ワインがあれば、ただ座っているだけで人生最高の夜を過ごすことができるのです。

世界の偉大な変化も、偉大な思想家も、他の思想家に囲まれていました。そうやって、これらのことを発展させていくのです。2013年にポッドキャスティングを始めたとき、共同司会者が「自分たちの会話を録音してリリースしよう」と言い出しました。友達と飲みに行って、何時間もあっという間に過ぎてしまい、ただ笑って、話をして、もしかしたら議論もしているかもしれない、そんなジェット経過ターのような会話をするんだ。それが一生の思い出になるんです。なぜそれが楽しいのでしょうか?

ポッドキャストとは、単純化すれば、3人の老人が座って3時間も話しているだけのものですよね。でも、あなたがやっていることは、美しい瞬間をとらえて、それを世界と共有することですから、その魅力はよくわかります。私は、人に会うのが大好きです。彼らの話を聞くのが好きなんです。私のアイデアに挑戦し、悪いアイデアを排除しようとする目的で彼らのアイデアに挑戦することを快く思ってくれる人たちがいるのが好きなんです。それはとても美しいことです。どこに行っても、私たちは生活していました。

マイケル・サンデル教授という人がいて、彼はハーバード大学の哲学者でした。私は大学に行ったことはありませんが、彼の大ファンなんです。でも、彼はハーバード大学の教授なんです。彼はいつも、『お金で買えないもの』という本を持っていることを話していました。そして、「資本主義経済ではなく、資本主義社会がある」という話をしていました。そうでしょう?そして、すべてはお金であり、利益であり、どれだけ多くの物質的なものを手に入れられるかということなのです。

Robert W Malone 2:03:33

私たちが本当に道を踏み外してしまったのは、経済学の言葉を人文学の言葉に置き換え始めた時だと思います。そして、経済学の指標を使って成功を評価するようになり、別の指標を共有するようになりました。

Ricky Varandas 2:03:55

申し訳ありませんが、私はしばらくの間、それを撤回します。

Robert W Malone 2:03:56

妻が何か食べないといけなくなりそうです。

Robert W Malone 2:04:01

Philip McMillanと話していました。私はこのロンドンの男の立場について言及したのを覚えていますが、ちょうどあなたが話しているこのスレッドについて、検閲と科学の問題について話していました。そして、個人崇拝や科学の世界で自己宣伝をしようとする人たちのことも。それが私の口から出てきたんです。私は、何も考えずに自然に出てきたと言いましたが、これはトカゲの脳のようなものです。科学は私たちが一緒に歌う歌なのです。合唱団として歌うための関係を壊してしまうのです。それが、本当に間違ったことなのです。

議論の場を狭めていることもそうです。人格崇拝のようなものがうまくいかないのは、学術的に注目されている学者のオピニオンリーダーが、ピラミッドの頂点に立つために他の人を貶めようとすることが原因で、あなたが言うような相互作用が失われてしまうからです。それから、民主主義の根源はアテネにあることを皆さんにお伝えしたいと思います。私たちが話していることは、まさにそのアテネ・ギリシャの理想なのです。それが西欧社会を生み出したのだと思います。私たちは、コミュニティとして、試験で議論し、アイデアや論理について互いに挑戦するという考えを持っています。楽観主義者の中には、私たちは新たな覚醒に向かっていると考える人もいます。それを脅威に感じる人もいます。

しかし、もし私たちが新たなルネッサンスを迎えたとしたらどうでしょうか。そこでは、思考や議論、交流を、車や家の大きさ、あるいはバンパーステッカーにあるような「最も多くのおもちゃを持って死んだ者が勝者である」ということよりも高く評価しています。そこから脱却して、お互いを大切にしたらどうでしょう?そして、お互いを大切にするとしたら?もうちょっと。というわけで、もしあなたが気にしないのであれば、私はその考えに基づいて出発したいと思います。

Ricky Varandas 2:06:34

そうですね、素晴らしい終わり方です。ロバート・マローン博士、お時間と率直な意見を述べてくださった勇気に感謝します。私は、これらのアイデアが、世界に対するあなたの個人的な見解であることを疑いませんでした。なぜなら、多くの場合、内部告発者や世間の流れに逆らう人々を見ると、彼らはそれを行うゲームよりもはるかに多くのものを失っているからです。

彼らが声を上げるのは、道徳的な理由からであり、正しい理由があるからなのです。私の番組だけでなく、時間を割いて話をしてくれた皆さんの番組にも参加して、この情報を広める手助けをしてくれて、本当にありがとう。私が好きなのは、このような長文の会話をすると、人々はここに何の意図もないことがわかるということです。あなたはただ、自分の視点や情報を発信し、自分のストーリーを共有し、人々に判断を委ねているのです。それが、私たちがすべきことなのです。残念なことに、大きな技術と検閲が私たちを許しませんが、本当にありがとうございました。残りの夜と昼を楽しんでください。あなたの一日を。

Robert W Malone 2:07:40

私は、私たちがケースバイケースで会うことを願っています、そして、ほら、キンヤを殺しに行って、そして、いつの日かおいしい食べ物を分かち合うことを願っています。

Ricky Varandas 2:07:55

ええ、もちろんです。つまり、私たちはニュージャージーを少しばかり馬鹿にしていたのです。ニュージャージーの唯一の良いところは、新しい仕事で、その小さなコミュニティに美味しいポルトガル料理店があることです。

Robert W Malone 2:08:08

まさにその通りで、彼らの多くは火山活動の結果としての島々から来ています。それとは全く別の話ですが。私はこれらの島々が大好きで、もし選択できるのであれば、私はそこに行きます。私の妻はこの硫黄の匂いが好きではありませんが、それらの人々の多くは火山活動の結果としてあの地域に移住してきたのです。そして、私はポルトガルの人々が大好きです。どうもありがとう。

Ricky Varandasス 2:08:39

ありがとうございました。2時までお待たせして申し訳ありませんでした。楽しんでください、週末の残りの日を楽しんでください、そして将来また話ができることを願っています。

Robert W Malone 2:08:52

同様に、ええ、ありがとう。どうもありがとう。チャオ、気をつけて。

  • 翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 機械翻訳による誤訳、文章省略の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker